スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第六章 天翔猫 二人旅2


前回

ノン吉に誘われるままに付いてきた桃吉だったが、旅は楽しかった。
人の時に見ていた筈なのに、ここの緑は違っていた。
心地よく吹く風にまで、歓迎されているように浮き浮きしてくるのが、不思議だった。
疲れたと文句を言いながら、なにか嬉しい。
踏みしめる地面さえ、柔らかく足を撫でる気がする。
やっと追いついた場所では、すでにノン吉が食事の準備を始めている。
旅慣れたノン吉に水辛子を教えられた桃吉だった。


はじまり、はじまり




「気に入ったの?」

「はい!もお、凄ぉ~く気に入っています!」

「早いね」

「俺自身も驚いていますッ。こんなんでいいのかぁなぁ?って思う程です!」

「いいんでないのー。それよか、早く摘みなよ」

ふた握り程の水辛子を摘むとノン吉が止めた。

「そんなもんでいいよ、辛いからよ」

「へーッ、そんなに辛いんですか?」

「少し食べてみなよ」

一口食べると辛みが舌に走った。(にがッ)

「本当だー!あっ、これ食べた事がある!ステーキの横に添えてある葉っぱだ」

「そう言えば、桃は生臭してたの?」

「えっ?なんですか、なまぐさって」

「肉食の事だよ」

「勿論してましたよー。俺、肉大好きでしたもん!あ?、、、でも、ここに来てから食べたいと思わなくなっているなぁ、、、何でだろ、、、不思議だなぁ」

「ふふ。ここは天の神々様の世界だから肉食なんて許されていないのさ」

「そうなんですか?」

「そうさ。食べていいのは野菜と魚だけだよ」

「へーッ、魚はいいんだ」

「だから、五斗は干物屋やってるじゃないか」

「そうですね」

「許されない事をしたから人国はこちらの世界から飛ばされたのよ」

「えッ?どういうことですか??」

「元々は天の神々様は、『人国』の他に今の俺達が居る『猫国』『狸国』『狐国』『河童国』等と人間が云う処の『十二支の国』をお創りになった」

「それって、あの十二支の事ですか?」

「そうさ、今では人を支える立場だから十二支。本当は其れぞれが国を為していたのさ。遠い遠い昔にはな、神々は初め、沢山の国を創られた。

そして肉食を禁じた。諸悪の根源とのお考えからだ。肉食をする為には相手を侵(おか)し、騙し、殺す。

肉を食らう為に相手国を侵し、相手を騙し、相手を殺して、その肉体を盗む。
そういう全てを含めて禁じたのだ。最初の内は其れぞれが守っていた。

処が禁じていた大原則を無視した国があった」

「人間ですね?」

「その通りだ。人国のアマとスサの兄弟王は、元々争い好きのどうしようもない者達だった。いつも不満を持ち、苛々(いらいら)していた。そして、事件は起きた」

「なんですか?」

「竜族の王であるヤマタを些細な事で喧嘩になり、殺した」

「え"っーーー!」

「竜族は元から数が少ない。妹のコウは哀しみのあまり、五体をバラバラに引きちぎり消えた、、、その他の竜族も行方不明だ」

「なんでそんなこと・・・」

「ヤマタは怒りの魂の侭(まま)、スサに取り憑いた。
スサは内なるヤマタの為に心が病み、そして怒りの感情しか持たなくなった。

挿絵参照  ↓↓↓  絵をクリックすると大きくなります

susanou.jpg

いつしか、怒りの吐け口として肉食を始めた。それだけでも大罪なのに、人国は肉食を続ける為にとんでもない
方向に走り始めた。

手始めは戌国を奴隷にし、家来にした。そして当然の様に他国の侵略を始めた。

最初は親切ごかしに近寄り、信用した相手を言葉巧みに騙し、到頭自国の領土にしてしまった!民は奴隷になり、無惨にも食料となった」

「え"ぇ".....」

「それを知った陽の神様の怒りたるや凄まじく、まずは意気地なく人国の奴隷になった十二国を完全に潰された。

そして一番罪深い人国に取掛かろうとした時に、五黄様が死を賭して必死にお願いをしたそうだ。このまま人国をお潰しになれば、例え騙されたとはいえ確かに存在していた十二の種族が全て消える事になる。

せめてどのような形でも宜しいから存在くらいは許して欲しい。
陽の神様は五黄様の懇願を受け入れたが、十二の種族に未来はなかった。

人国に存在は許されても、それはもはや奴隷か食料にしか過ぎず、人国にしても、永遠に争っているがいい!と陽の神様から完全に見放された」

「悲し過ぎますね、、、」

「そうだな、だが自らが選んだのだ。仕方もない事だ。五黄様は陽の神様に行き過ぎがあれば、このように死をも覚悟されての諫言も辞さない。

陽の神様は逆にこの事を大変に喜ばれ、それからのご寵愛(ちょうあい)は驚く程だった。

黙って成り行きを見守って知らんぷりを決めこんでいた狸、狐、河童国の王達は、妖力を半分に減らされた上に五黄様に永遠に従うよう『理(ことわり)』に定められた。


【我の言葉は五黄の言葉】とな。」



「すッ、すごいですね!凄過ぎるッ!!」

「そうだな。だから人国に今でも好き自由に出入り出来るのは、原則として五黄様だけなのさ。

人国は飛ばされたとはいえ存在している訳だし、いつまた他の国に触手を延ばすかも知れないから、五黄様も注意はしているんだ」

「なんか俺、兄貴から聴く程、五黄様の偉大さが伝わってきますよ」

「だろう?だって本当の事なんだもん」




とても励みになります。\(^o^)/ 
★PC_ぽちっとお願いしまーーす★

人気ブログランキングへ


拍手とコメントをありがとうございます。
戴いたメッセージのお返事は拍手欄にしています。
(鍵コメは管理人は読めますが返事ができません)
どうか宜しくお願いします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

おはよん^^

・・・すげ~話だわさv-405

このお話を読んだ人の半分くらいは、持ってるかも知れない「古事記」とか「日本書紀」とか引っ張り出して、色んな事を確認したがるんじゃないのかな~~v-398


「アマ」と「スサ」、それに「ヤマタ」かぁ・・・・
竜族なんだね。凄い設定だよe-420e-420
何だかこう・・・不思議な感覚。
知ってたのに、全く知らないような錯覚に陥るようなお話。

今回のイラスト、凄く素敵。
いつもの物と全く違う雰囲気が、お話の内容を引き立ててるよv-345v-345
どんどん中枢が近付いて来てるね。

蘭、いらっしゃーい!

ファンタジーだから・・・v-12
私の妄想。
確認なんかされたら、ボロボロとボロが出るがなももしv-404


知らない物語として受け入れて欲しい。
アマやスサとしたのも、名前をそのまま使用することが、畏れ多いい。
気が引けた事もある。


納涼大会と言われると思うていた。
良かったぁv-411

おはようさん^^

 挿絵がまた力作ですなー
恐ろしい程美しいところがさらに不気味。こわっ。
 

どーちん、いらっしゃーい!

ニャハハハv-391

納涼大会です。

スサとヤマタを両方描くと、こうなったでございます。

なんで面を付けてると思う?ドロドロヒューーーーーv-39

鼻がなくなっているからぁ~~

キャーーーーーーーーv-12

おはよう。

ぴゆうさん!
ランキング両方1位だよ。
ちょっとこの2日程ポチしてなかったから
アタシ遅れてるのかな??

今回のお話も聞いたことあるお話を織り交ぜられてて
なんかとっても引き込まれました。
なんか繋がってる感じ!!

それよりもなによりも!!!
今回の挿絵なんですけど ゾクッとしました。
ぴゆうさんはほんわかやんわりした挿絵ばかりだったので
こんな風な絵も描かれるんだとスゴイって!

おぉ!
なんだか、スケールがでかいですな。
五黄さま、ここまですごい猫だったんですね~
十二支は十二の種族・・・ロマンだなぁ。。。

ryuさん、いらっしゃーい!

またまたぁ、v-16豚は昇り過ぎて、滑りまくってます。

トン、ツル、テンでございます。


今回は少し嫌なお話で、でもそれも猫国です。

光もあれば影もあるかな。

ゾクッとしましたか?

ニャハハハv-283

ごめんなさい、たまと云う事でご勘弁をv-410

ぱぴさん、いらっしゃーい!

へい、実はけっこう話デカなので・・・

長いわ、でかいわ。

どうなってんだい!v-403

鋭いツッコミをありがとう。

ぱぴはん、知らぬ間に腕を上げおましたなv-91

いろんなこともあったりしますけど、それが猫国なのかもしれません。

どうか、お付き合い下さいねv-415

すみません・・・・
朝から、お弁当の残りの煮込みハンバーグ食べちゃいました。

すみません、すみません・・・・

ヤマタ・・・そういう方面から攻めてきましたか。
さすがです!

肉食の私が言うのもなんですが・・・・

のしんちゃん、いらっしゃーい!

これ見て、煮込みハンバーグをモリモリと食せるとはv-12

恐るべし、v-399のしん姫

姫が怖がると、少しでも思うた私がぁ~~ドタッv-282

甘かった、砂糖より、蜂蜜より、激甘でした。

糖分女は撃沈でお手上げv-437

五斗の干物屋さんっておいしそうでいいなぁ^^

おいしい干物はまじめな人柄とお天道様がつくりますもんね☆

そういえば桃の顔の洗い方は「唐国」のしかたですね^^

あちらでは手を動かさずに顔を動かして、洗顔すると聞いたことがあります。

いまさらここで第二章の感想をかくな!と叱られそうですwww

旅の始まりにワクワクしているんですよ♪

三代目さん、いらっしゃーい!

へい、らっしゃーいv-410

今、二章なんですか。

嬉しくありがたい事です。

干物屋で
猫国一と
言われたい

by五斗

ぼっーとしてるけど、五斗も男猫ですねぇv-403

ププv-410

こんにちわ!

びゆうさん凄い~ (storyも挿絵も)
燃えろいい女だねぇ~

肉食は諸悪の根源かぁ
確かに肉食が多いとイライラ怒りっぽくなるって言うもんね

只今仕事中に付き、家へ帰ってからゆっくり読むニャン
とりあえずぽちって退散するけど、考える事がいっぱいのお話だワン

rovinpopoさん、いらっしゃーい!

おー、あれはv-343スサよん。

一応男なの、キモイけど。

わかるわぁ~~

だってぴゆうはイケメンに弱いの・・・v-402


rovinpopoさんは理解してくれたのねぇv-406

嬉しいよーー

必ずv-286ワンチャマ達は幸せになるから。

ずずっーと先になるけど。

待っててねv-410

ぴゆう、こんにちは

五黄がどんどん偉大になって行く..

せめて、二黄くらいまでを目標に
お互い頑張りたいね!

          二黄って!!


          by 0.02黄もどき

すとす、いらっしゃーい!

におうって

臭うじゃないよね?v-294
失礼な!確かに加齢な女ではある。

仁王にはたまになる。v-403

二黄だっつーーの!

はいはい、よーくわかります。

なれません。

私、へそがあさってどころか、地球外にありますからv-19

ニャハハハv-283

こんにちは~

今日「しばしの別れ」を読ませていただきました~^^

いや~ノン吉怒ったら怖いのですね~><

昔のアニメの「ガンバの大冒険」思い出しちゃいましたv-411

ガンバ!ガンバ!ガガガンバ~v-342でしたっけ^^

今日も楽しく読ませていただきました~v-436

サザエさん、いらっしゃーい!

進んでいるのね、ありがとうv-410

ノン吉はハンパないです。

あれは半分ジョークですね。

世の吉をからかうのは面白いもの。

ニャハハハv-283

今日も猫国は晴天なりv-278

文才もあって絵も上手~
もうストーリーができて、練り上げがってるのでしょうね。
ただただ感心するばかりです。

ヤマタの憤怒が取り付いたスサ。
なんとおどろおどろしいタッチの1枚だろうか。
普段のぴゆうさんのほんわかした作品からは、
想像がつかないほど、不気味で恐ろしい…。
背景色の深緑がさらにそれを盛りたてる。
これは鳥肌ものですよ、旦那。

このお話のいわくつきのバックグラウンドも明らかにされ、
さらに物語は深みをましていく…。

Yottittiさん、いらっしゃーい!

あれまあ、さっそくコメをありがとうv-421

嬉しいです。

まぁ、そんなこと言われたら、v-16豚木昇天状態です。v-282

ブヒーーーでございます。

Yottittiさんに五黄達が愛されますようにv-410

キムラさん、いらっしゃーい!

へへv-391

納涼大会のつもりで・・・

ぞっとしてもらえたらv-12

今回から、ジリジリと猫国の色々を知ってもらえるようにするつもりです。

例えて云うなら肉味噌をフライパンで、炒りつけるが如くでござる。

どんなだ!

キムラさん、腕が一段と上がっちゃってv-91

よっイケ麺!v-391

だんだん、五黄様のすごさがわかってきて・・。
挿絵もきれいだけど、少し怖い~・・。
ポチリッ!

きらたるさん、いらっしゃーい!

ニャハハハv-391

きらたるさんが怖がっとるv-12


ぴゆうの毒蛾にかかる、お人好しのきらたるさんの巻きv-415


き)あの絵、怖いんですぅ~~

ぴ)納涼大会だもの、すかたねえよ

き)いつ決めたのよ!

ぴ)すらねえけど・・・たすか?きらたるさんがゾッとしたいって言ってた気がする。

き)オラはそったらこと、言ってねえ!

ぴ)・・・・・

ニャハハハv-391

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

元々争い好きのどうしようもない者達だった。

ぐさっ

でも、挿絵の目つきにもえ~。

あんまりやると蹴られそうなので止めておきますww

たすまにあんこデビルの国を加え十三支にしていただけないでしょうか?

だめ~?

設定が気合いが入ってますねえ!挿絵はぴゆうさんの、画力が猫だけじゃない(狐だけでもない)のが解りますね。

この絵、物語のイメージにピッタリで、びびった!
アングルといい、表情といい、そう、コレだ!

たすまにあんこデビル、いらっしゃーい!

おはよーー。
返事が遅くなってごめんちゃいv-421

えっえーーv-405

奴隷だよ、その上食料だよ。

良くないと思うけど・・・・

あんこが、どMだとは・・・知らんかったv-403

ニャハハハv-283

ハタオ、いらっしゃーい!

おはよーー
返事が遅くなりました、ごめんちゃいv-421

それって褒めてんのかなv-389

まじかいな?v-391

ニャハハハv-283もっと言ってぇ~~

もうない!

ぶーーーv-16ケチ

海斗さん、いらっしゃーい!

おはよーー
返事が遅くなってごめんちゃいv-421

海斗監督!
今回はこれでOKと解釈して宜しいのでしょうか?v-391

まあまあだ。

まあまあとは、どの辺のまあまあなんでしょうか?v-389

だから・・まあまあだ。v-388

あの辺のまあまあと云う事ですか?

・・・・

では、この辺とあの辺のまあまあの相関関係は?
あれっ・・・海斗監督ーーーー待ってぇ~~話がぁ~~

v-355

やまたって竜・・・・

竜神さんのことかしら?

人間って罪深いね・・・
こうみると・・・

犬をつなぐって行為さえも
偉そうなものですよね

のしんちゃん、いらっしゃーい!

おはよーー

私ね。
タイの食堂で、v-283猫が寝そべっていたり、v-286犬がごろんとしていた光景がすごく好きだった。

チビの時、
朝になると近所のv-286ワン子が見回りしてるんだよね、散歩がてら。
v-529牛が鳴いたり、v-519雉が畑でついばんでいたり。
v-531へびの這った後が土の道路に残っていたり。
そんな当たり前の光景が好きだった。

人は自分たちの地球と云わんばかり。
驕りにしか見えない。
私には気持ち悪い世の中に映る。

そんな事が、頭の中にあるのかもしれない。
ありがとう、考えてくれた。
作者としてこれにすぐる喜びは、ないです。
ありがとうございますv-421

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

しっかりと設定を練ってあるなと感心します。

しっかりした設定がベースにあると、シリアスな文章がかなり生きてくるんですよね。重みを感じさせるというかなんというか。

神の名前をそのまま使うのが畏れ多いというコメントには少しドキッとしました。そのままどころか愛称をつけちゃったりもしてますので……orz

茶倶楽さん、いらっしゃーい!

暑くて、起きました・・・ダラダラと

ありがとうv-411

なんとか、この章まで来ました。

ここではいろいろと説明もします。

きっと補足が必要になるので、「知っとけ」も書く予定です。

愛称・・・しっーーーー内緒!v-404
マジで畏れ多いいと思っています。
まして、あの絵・・・
いけないよねぇ・・・
悩むよv-12

それはそれとして天の神様も不公平な気がしないでもないですが。

肉食を禁じたとありますが、ではなぜ「魚」は平気なのか。植物を殺して食ってしまってもいいのはなぜなのか。地を這う虫を踏んづけて殺してしまってもとがめられないのはなぜなのか。

まあそんなことまで徹底的に考えるのはジャイナ教徒(殺生戒がめちゃくちゃ厳しく、肉食は獣も鳥も魚も貝も生きているものはことごとくだめ。植物は殺さないために根は決して抜かない。小さな虫を吸い込んで殺さないために顔に布をかけ、足元は箒でやさしく掃きながら歩く。仏教とほぼ同時期に成立。今もインドに少数ながら現存)くらいですが、そういうふうに、神の公正というものは考えれば考えるほどひたすらラディカルな方向へ進んでいくきらいがある。

わたしが人格神というものを嫌いなのはそのせいもあるのかもしれません。

ポール、いらっしゃーい!

またあ、まじコメしてぇ~~v-388

意地悪!v-8

宗教を云々するつもりはないので、やめとく。

この猫国で云うならば、それははっきりしている。

なぜならば、神は植物、魚を子として生まず、国として存在もしていない。

法の他にいる。

定義しようがない。

食べ物として、元からあった。

ただ、それだけである。

それ以上でも以下でもない。

受け入れるのが当然であり、何の疑問もない。

疑問符を持つのが進化なのか。

進化とはそうなのかもしれない。

だが、猫国に進化はいらない。

あるがままを受け入れる者だけで良いのだから。

それが神の国だと思う。

大変遅ればせながらのコメントで恐縮です。
ぴゆうさん渾身のスサ、見ましたよ・・・
こええぇぇぇぇぇぇ!!!
目が・・目が血走って・・・
顔色が人のものとは思えない・・・
すご過ぎるっ
ビビリな私は夢に出てきますよ!!!どーしてくれますぴゆうさんっ

そして話の設定がすごい。
人国の業の深さ、何ということでしょう。

一人遅れての6章読みはじめですが続きがめっちゃ気になります。
一気読みの楽しみができたところで、どっかり腰をすえて読ませていたきます!

tamaさん、いらっしゃーい!

おおーーーv-406

何という、菩薩さまぁーーーv-421拝んどこう。

ありがとう、見てもらいたかったぁ~~

渾身、しんしん込めました。でも、スゴい好きな絵でもあります。

哀しみのスサでございます。

気持ちだけは日本画を意識しました。

あくまでも、気持ちだけです。

がんばっても中々巧く行きませんが、やはり、人が一番難しい。

これからも精進いたします。

そして短気馬鹿のぴゆうをお許し戴き、ありがとうございますv-435

いつでも、いかなる時でも、tamaさんをお待ちしていますv-207

おはよ

いよいよ明かされた五黄様の偉大さですな。
ノン吉のポケットはドラえもんのようで、なんと頼もしいこと!

かぶちゃん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

偉大なんだけど、そんな風に見えないし、見せない。

五黄はいい猫だね。


ノン吉のポケットは便利だよねぇ~~

私も欲しいくらいだよ。

ニャハハハハv-283

今日のお話は考えさせられるな~
聞いた事ある話が、別の世界に飛んだような?
不思議な感覚です。

今回の挿絵はキレイというか、オカルトっぽいというか・・?!
でも良い!!

では、まったニャ(=^・^=)

よしさん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

少し趣が変わりますよね。
へへ
この挿絵は大好きなのでござーる。
きもいけど、怖いもの見たさみたいな。

人国との関係を説明する件にはどうしても登場させたかった。
趣味もありありですけど。
v-389

 こんにちは。
うん もう 五黄さんの偉大さは 置いといて…
今回 凄く 食べ物や 水がおいしそう。
夏の水の生温く  直接 ゴクゴク 水を飲む あの美味さ。
青臭く 独特の香りを放つ野菜。
食べ物がおいしそうな作品は 読んでいて楽しいよ。

ウゾちゃん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

ぷぷ

だね。
喉に流れていく感覚。
水が体に染み渡る心地よさ。
たまんないね。

良かったぞーー
力を入れているから嬉しいぞよ。
v-410
プロフィール

 のくにぴゆう

Author: のくにぴゆう
猫国の住民達の物語を書いています。
作者はコメを食べて生きてます。
コメくださ~~い!
ブログ内の小説、画像の無断転載、コピー、転用は禁止です。

もくじ
最新記事
リンク
当ブログはリンクフリーです。
最新コメント
いろいろ
今まで紹介をしなかったのですが、それも変だなと 三ニャンを宜しくお願いします。

母のみーです。 mi3.jpg

息子のちーです。 chiko1.jpg

娘のぽーです。 po1.jpg

揃い踏み mcp1.jpg

木登りおーちゃん Ochan.jpg

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ





検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
pictlayer
画像をクリックすると大きく、もう一度クリックすると閉じます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。