スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第五章 九尾のお蜜 女猫お蜜2

0mitugouu.jpg


挿絵参照↑↑↑   絵をクリックすると大きくなります

お蜜は下の階にいるお熊に声を掛ける。

「お熊~、旦那様がおいでだよ。お食事の支度をお願いよ」

お蜜は食事の仕度ができる間にお茶を入れる。

「ねぇお前さん、この部屋どう思う?」

「どうって」

「うふ。気に入ってくれたかしら」

お蜜はとてもきれいな藤色の猫である。耳毛だけは白く、とても良いアクセントになっている。

九本の尾は藤色から濃い紫色へとグラデーションになっていて、他の猫とは比べようもなく美しい。五黄は見る度に思うのだが、お蜜の九本の尾っぽが、からまないのが不思議でならない。

「お前さんたら、何考えてんのよぉ~あたしが何度も呼んでいるのにッ」

「へっ?いや別に。随分きれいだなあって見とれていたんだよ」

「もお、お前さんたら、いやあねぇぇ~、本当のこと言って」

「・・・・・・」

五黄は忘れていた。お蜜は半端じゃないナルシストだったことを。
それが原因で猫になった事をすっかり忘れていた。

お蜜の自慢話を適当に聞いているとドアをノックする者がいる。

「お嬢、お食事をお持ちしました」

「ありがとう、お熊。入って頂戴」

お熊は入って来ると手際よくテーブルに食事をセットした。

「お熊は元気そうだね」

「はい、旦那様。旦那様がいらっしゃるのがわかっていれば、もっと美味しいものを用意しましたのに」

「どうしてそんな事を言うのだい?」

「だってこんな代り映えのない品ばかりで・・・」

五黄はここの豆腐料理が好きだった。貞の作る九味豆腐は絶品であるだけでなく、どのように加工しても豆腐本来の美味しさが生きている。

特にお熊が調理する豆腐料理の数々は飽きる事がない。

「俺はお熊の作る食事が大好きだよ。お蜜には悪いけど、ここに来るのはお熊の料理を食べたいと思って来るのかもね(笑)」

「ひどいわ~!あたしはおまけなの?」

お蜜はそう言いながらも、身内同様のお熊を褒めてもらうのがうれしい。お熊はお蜜をかばう為には平気で誰にでも憎まれ口をきくものだから、好いてくれる者もいないし、まして褒めてくれる者等五黄以外にはいないと思い込んでいる。

「旦那様はこの熊めの拙い手料理をいつもお誉めくださる。熊は果報者でございます」

「ふふ、大仰な事を言うよ。それじゃ頂きます」

五黄は食事をどんどん平らげていく。お蜜もお熊もいつもながらの食べっぷりに感心している。

「ねぇお熊~、これお豆腐かな?とても喉ごしが良くて美味しいのだけど」

「はい。それはざる豆腐より弛(ゆる)めのものを使います。とても柔らかいので青竹に入っています。
井戸でよく冷やし、その冷えた処に夏なら茗荷、生姜の極々細い千切りを。

今は春ですので、たらの芽を茹でて煮浸しにしてから、これも良く冷やして、お召し上がる直前にそっと豆腐の中に忍ばせます。

そこに冷えた胡麻だれを掛けたのでございます」

「さすがだねぇ~、豆腐の甘さとたらの芽の苦みが堪らなく美味しいよ」

「お気に召されて何よりでございます」

「本当に美味しくて気に入ったよ。藤平へのお土産にしたいよ。でも、太吉の豆腐屋でもあるのかな?」

「これはまだ、どこにも売っていません。貞によりますと加減が難しく弟子達にも教えられないそうです。
ですから、ぜひお土産にしてお持ち下さいませ」

「お熊ったら何を言うのよッ!お土産なんてぇ~、もう帰るみたいじゃないの・・・」

「そんなことないよ、ねえお熊」

「はい。旦那様がお土産にしたいと仰って下されたのを貞が聞けば、喜ぶと思います」

「ふふ、お熊は貞と気が合うのかい?」

「とんでもないことです。あの馬鹿は御嬢の御苦労も忘れて、自分だけが苦労していると思っている唐変木です。この前だって散々に叱ってやりました。

尾の毛を禿げにしてまで、役立っているお嬢をわかっちゃいないんです。
猫一倍自惚れが強いお嬢が、この頃は傍目(はため)でも目立つ程におなりで、、、

誰にも会わずに閉じこもって、昼間はシェスタだとか云って、子分達には言い訳までなさって、、、あの馬鹿たちは何にもわかっちゃいません。

見て下さいまし!御嬢の尾を」





とても励みになります。\(^o^)/ 
★PC_ぽちっとお願いしまーーす★

人気ブログランキングへ


拍手とコメントをありがとうございます。
戴いたメッセージのお返事は拍手欄にしています。
(鍵コメは管理人は読めますが返事ができません)
どうか宜しくお願いします。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

長文です。

五黄
「最近、ブログ、いいじゃねーか。人気も出てきたようだし ... 」
ぴゅう
「ええ、まあ、あたしだけの努力の賜物でして ... あはははは!」
五黄
「ヘん!何言ってやがる!俺の肖像権の代わりちゃなんだが、ぴゅう、ひとつ頼まれてくれねーか?」
ぴゅう
「へぃ、何でしょ?」
五黄
「おめえは、まだまだ猫国のことよくわかっちゃいねーようだ。ものは相談だが、俺と入れ替わってみねーか?な~に、ブログのことは、心配すんな!おめえよりうまく書いてやるから。」
ぴゅう
「 ||(-_-;)||||グサッ 」
五黄
「そんでもって、大宮のアミちゃん(三毛猫)、下妻のイチゴちゃん(ペルシャ猫)、水戸のキャットウーマン(黒猫)、千葉のモモカちゃん(招き猫)、郡山のアスカちゃん(チンチラ)、あっ、忘れるとこだった、川越のジュンちゃん(ゴールデンリトリバー)のことヨロシク頼まぁ~!」
ぴゅう
「ご、ご、ごーるでんりとりばぁ?いくらなんでもマズいでしょ。それに言っちゃなんですが、ちょいとばかり、ローカルですねえ ... 汗 あたしには生憎 ... そういう趣味は ... 」
五黄
「肖像権使用差止等仮処分申請、出されてもいいのか?あ~ん?」
ぴゅう
「いま、あたしを脅しましたね!ぜったい脅した!いいですよっ!そっちがその気なら、五黄のキャラを最低、最悪、犬好き変態猫に書き換えてやる!何せ、あたしが原作者なんだから!ふふふふふっ」
五黄
「うううっ、痛いところを ... 突きやがる!わかったよ、わかった!でも ... もし ... もし人間に飽きたら、いつで~も言って来いよっ。なーに、慌てることは ... ないさ ... 」
ぴゅう
「まだ言ってるよ ... 猫かぁ~?~?~? まっ、ブログ書きながら考えよっと~♪~♪~♪」

※内容が猫倫理に抵触する場合は、すみやかに削除してくださいませ。

こんばんは^^

珍しくこんな時間にコメしてるよんe-343

ぴゆう、さっすが!!だねe-266
お蜜さん、スンバラシイ仕上がりじゃ~~んe-2e-415
スタイルの良さ、尻尾のグラデーション、全て完璧だよe-420e-420
それに、自他共に認めるナルシストってのも頷けるほどの美貌・・・・・

五黄様が惚れ込むのもしょうがないか~~ってカンジv-290

でもね、ぴゆう。

>「はい。それはざる豆腐より弛(ゆる)めのものを使います。とても柔らかいので青竹に入っています。
井戸でよく冷やし、その冷えた処に夏なら茗荷、生姜の極々細い千切りを。

今は春ですので、たらの芽を茹でて煮浸しにしてから、これも良く冷やして、お召し上がる直前にそっと豆腐の中に忍ばせます。

そこに冷えた胡麻だれを掛けたのでございます」


これはダメ!!v-393
こんあ時間まで起きてたら、めっちゃ腹へってて。
そこに来て、こ~~んな美味しそうな文章読んじゃったら、腹の虫がぐーぐーよっv-293v-359

あ~~・・・せめて朝から読めば良かったか~~?
このままじゃ、腹減って眠れんわ~~v-406v-406


さーてお熊さん、張り切って講釈たれたのは良いけど、その差した先にあるお蜜の尻尾を見て、どう反応するのやら^^;
続きが楽しみでんがなi-278

この騒動、一件落着まではまだちと遠い・・・かな?(笑)

CoCoさん、いらっしゃーい!

キャッハハハv-407

最高じゃv-218

五黄のレコの数々v-389

大宮のアミちゃん(三毛猫)、下妻のイチゴちゃん(ペルシャ猫)、水戸のキャットウーマン(黒猫)、千葉のモモカちゃん(招き猫)、郡山のアスカちゃん(チンチラ)、あっ、忘れるとこだった、川越のジュンちゃん(ゴールデンリトリバー)

たまらん、たまらん、全国制覇をさせたいが関東に限られているのぉ~~
行き易いので私的にはOKでござる。
やはり花束と鰹節、ジュンちゃんにはゴン太のだな、うんうん、行くドーーー
五黄に後は任せたぁ~~うっひゃはーーーーっははははーーーグッバァイーーーーv-222

なんか、逆に喜んでいる?(五黄)

蘭、いらっしゃーい!

うっキキ。

蘭のスキっ腹にダイレクトに来ましたか?

気の毒じゃのうぅ~~ニャヒヒv-391

このシーンは想像しながら、ヨダレを垂らしつつ書きました、
なのでこう云う反応は望む処でごザーールv-14

絵を褒めてくれてありがとう、精進あるのみ。
それより、蘭に云われて書いている相関図に泣いてます。
泣かされとるんじゃーー。
頼むからちびっと待っていてね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

嵐の前の静けさ……のような……。

続きを読むのが怖いです(^^;)

ポール、いらっしゃーい!

ププv-411

なーぜ?わかぁるぅ~v-12  ヒューーーードロドロ

言いたいけど言わないよんったら言わないヨーーーv-391

そんなに大層なことではないけど、楽しみにしてもらえたら幸せです。

おとうふ 読んでるだけでおいしそうです
お蜜はほんとにかわいい女猫!
今日はお豆腐にしよう!

シェスタは昼間 誰にも会わないための言い訳だったのかぁ。
深い事情があったのね(ToT)
人間だって髪が薄くなったらすっごく気にするもん。
あんなに鏡いっぱいのお部屋に住んでる美猫さんだったら
余計見られたくないよね。
もしかして 尻尾の毛が元通りになったの、まだ本にゃんも気づいてないのかなぁ。。

それにしても青竹入りの豆腐の描写がうまいこと!
お熊さん、うちにもひとつ届けておくれ~

豆腐です。

「お熊さんの豆腐」
これはレシピブログに投稿すべきでしょう♪
あ、でも、素人には加減が難しいのか。
お貞さんにご教授してもらわなきゃな。

さぁ、次のお話も楽しみだぞぉ

こんばんわ~^^
コメント嬉しかったです(o*。_。)o
元気をありがとうございました☆

のしんちゃん、いらっしゃーい!

ププv-411

美味そうでしょ、お熊は好き嫌いの激しいお蜜の為に
いつも苦心して作っています。
お蜜は本当に幸せものなんです。
のしんちゃん、豆腐にするの?
私、昼間にお好み焼きを食べ過ぎて、気持ち悪くなって撃沈してました。
ああ~~この食欲大魔神から食欲を取り上げてくださーーい!
うえ~~ンv-406

園長さん、いらっしゃーい!

まっ、つまらないプライドしか持ち合わせてない、
愚か者ですv-391
全てはこれから、これから。

豆腐の宅配ですか?
貞に相談せねば、
園長さん、何個注文しますぅ?v-398

キムラさん、いらっしゃーい!

またまたぁ、
そんな大それたことをありえません。
お熊に言ってやってください。

キムラさんに褒めてもらえて、お熊は泣いて喜んでますよ。
お熊は本当にいい婆猫ですv-283
愛すべきおばぁちゃんですv-410

ちぐさん、いらっしゃーい!

とんでもないですぅv-410

私はコメをするのも、もらうのも大好きなんです。
そうしないと知ってもらえないでしょ。
私は皆様と交流するのが大好きなんです。

ちぐさん、こりずにまた来てね。
そして思った事をどんどんコメして、私には一つ一つが宝物なんです。
待ってますね、私もちぐさんのブログにお邪魔します。

お蜜さんなんという美猫!!!美しすぎるーーーっ

そしてお熊さんのおかげでお蜜さんのがんばりが色々わかりました。
うんうん、お蜜さん、私もわかってるよーー!(号泣)

お豆腐の話、おいしそう過ぎます・・・じゅるり。
こんな夜中なのにお腹空いてきてしまいました・・・。

何か食べるものあったかなーーー。オイシイ豆腐的な何か・・・。

びたみんさん、いらっしゃーい!

なんて素直な良い娘なの!
びたみんさん、きゃわいい~~v-414
でも甘い~~スィートすぎますv-391

お蜜は本当を知らない阿呆猫です、何もかも、これから、これからです。

豆腐イズうまうまーです。
私、豆腐にきな粉&黒蜜をかけるのが好きなんです。
一度デザで食べてから、たまにそうします。
ローカロリーだと言い張っては食べとります。
黒蜜かけ過ぎたら同じだろ!と突っ込まれつつ。ニャハハハ

う~ん!

みなさんのコメント読ませていただきました。
感じ方って人それぞれ!

でも文字だけでなく、行間が読み取れる人はうらやましい!!
たらの芽、来年はお豆腐の上に置きます!

イメージが あの俳優さんのイメージが!
ダブるんですよ・・・

のしんちゃん、いらっしゃーい!

ププ、いけてる組み合わせでしょv-389
私、たらの芽の煮浸しが好きなの。
もっと好きなのは「あぶらめ」なんだ。
書きたかったけど、わかり辛いかなって。

いいんですよ、イメージを膨らませてもらえるなんて幸せですv-410
のしんちゃんの五黄がいる、私の五黄がいる。
夫々の五黄が皆を愛していますv-343

こんばんは~
先ほどは訪問ありがとうございました~

九尾のお蜜さん、色っぽくてステキですv-9
「九尾の狐」をモチーフにしてるのかな?
五黄さんがイチコロになるはずですね!!
続きが楽しみですv-410

こんばんは☆

やっと復活してボチボチブログ巡りしてます。

お熊さんの豆腐料理は気になりますね。
ざる豆腐よりも柔らかいお豆腐。
イイですね。

お蜜の秘密にも迫りたいです!
悪いヤツぶって本当は何が?

yomoさん、いらっしゃーい!

こちらこそ、さっそくありがとう。

九尾よねぇ~~
ププv-398
私の大好きなキャラでござるよ。
わがままで、勝手でね、そんなとこが憎めない、愛すべき女猫なんですよ。
これから女猫の意味もわかるようになります。
また、こりずに来てね。
五黄達が yomoさんに愛されますように

ryuさん、いらっしゃーい!

ゆるゆる豆腐なんですよ。
喉をするるんと通り抜けていくのです。
ずるずるじゃないの、するるんなんだよん♪
へへv-398

お蜜の本当はこれから、これからv-410

いや~~お蜜さん、美人ですね~!
なんて綺麗な色の、しかも9本!の尻尾なんて。
それに豆腐料理の美味しそうなこと^^
豆腐、大好きな私にはたまりませんよ!!
次が楽しみ。。。♪

きらたるさん、いらっしゃーい!

きれいでしょ、グラデーションなんですよ。

お蜜自慢の尾っぽなんです。

ふわーっと広げると宝塚のトップみたいになるんですよ。

豆腐好きですか?
ムフフv-391
私もどわい好きです。

こんばんはー
お蜜姉さんの美しさにうっとりしておりましたvv

それにしても、ぴゆうさんの料理の表現ってすごいですね!
とても美味しそうで文章だけなのに涎がダラダラ・・・・
思わず豆腐とたらの芽が食べたくなりました!

今日もご馳走様でしたポチリ☆

tamaさん、いらっしゃーい!

そんなことあーーりません。
ただ食い意地がはっている故でござるよv-389

風吹けば、鍋もよし、
雨降れば、パスタかな
花咲けば、握り飯。
・・・・と何かにかこつけては食欲に繋げv-391
まさにフォーーーエンバーーー状態でござる。
ああ私のお腹はパラレルワーールド。
まさに三段腹の上行く究極の多次元腹です、ナッハハハハv-411

女心ですね・・・
紫の猫の前はやっぱり紫の狐だったのでしょうか???
充分 美しいと思いますが・・・
それ以上とは・・・

のしんちゃん、いらっしゃーい!

のしんちゃん、このお蜜が気に入ってくれてるのね。
嬉しいなぁ。

紫や藤色は特別な色です。
誰にでも許される色ではありません。
黒のノン吉にしてもそうです。
特別に選ばれ、許された色なのです。
お蜜は理解してないようですけどv-390

またきたニャー

お熊、うちにも一匹くれないかな?
美味しい料理作ってもらいたいなぁ~
ものすごく豆腐が食べたくなったよw

お蜜姐さんって美人猫ですね。

さあ~この先どういう展開が?!

では、お休みなさいzzz

よしさん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

お熊はねぇ~~
諸般の事情がこの先にあるので・・・

なんならお夏でも貸し出ししましょうか?
珈琲がないと機嫌が悪くなります。
難点は何もしないことです。
できることは食う寝る捻る(俳句、川柳)
v-283
プロフィール

 のくにぴゆう

Author: のくにぴゆう
猫国の住民達の物語を書いています。
作者はコメを食べて生きてます。
コメくださ~~い!
ブログ内の小説、画像の無断転載、コピー、転用は禁止です。

もくじ
最新記事
リンク
当ブログはリンクフリーです。
最新コメント
いろいろ
今まで紹介をしなかったのですが、それも変だなと 三ニャンを宜しくお願いします。

母のみーです。 mi3.jpg

息子のちーです。 chiko1.jpg

娘のぽーです。 po1.jpg

揃い踏み mcp1.jpg

木登りおーちゃん Ochan.jpg

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ





検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
pictlayer
画像をクリックすると大きく、もう一度クリックすると閉じます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。