スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第四章 藤平と三吉 三吉軍団3

藤平に許可をもらったので、一目散にお加奈の居る子供部屋に向かう。(ニャ~ぃ)
子供部屋に行くには大台所を通る。

「足をきれいにお拭きなさい」

優しい声でお米が三吉達に声を掛ける。まだ十五なのに良く屋敷の手伝いをする。とうに遊ぶのを卒業した屋敷の子供達の一人だ。お米に足を拭くのを手伝ってもらいながら、弥吉にお加奈の熱が下がった事を聞いたと伝える。何故かお米の顔が赤くなる(ポッ)三吉は目ざとくお米の変化を見ると囃し(はやし)立てる。

「お種ぇ、島吉ぃ~、小吉。今、お米姉ちゃんの顔が赤くなったのお前達見たかい?」

「あら何を言うの」

「赤ぁぁ~ぃ」

「まっかっかぁ~ぁ」

「ニャアニャア」子猫達まで囃し立てる。

「姉ちゃん、怪しいね」

「あゃちぃぃ」

「あやち~」

「ニャアぁ」

黙りそうもない子猫達を前にしてお米は途方に暮れている。

「こらぁ、またお米をからかってぇ」

怒りながら、ここ一番の古株のお滝がドスんドスんとやって来る。お滝は屋敷の家内を任されている、横幅と身長が同じに見える程肥えている。たまに藤平にも生意気を云うくらいの怖い者知らずである。お滝に怒られて、三吉と子猫達は舌を出している。

「お加奈のお目めが開いてるよ、行っておあげな、そのかし静かにおしよ」

「はーい」

三吉と子猫達は急いで子供部屋に行く。襖を開けるとお加奈が布団に横になっている。
明るい日差しが障子を透かして入っている。遮るように大きな衝立てが置いてある。目をパッチリ開けてこちらを見ている、小さなお加奈。

挿絵参照↓↓↓  絵をクリックすると大きくなります
okananomimai.jpg

世の吉に聞いて納得はしていても、母親に看病をしてもらえないお加奈が可哀相で三吉はお加奈を見ると叫んでいた。

「お加奈ー!」

「かニャぁぁー」

「かニャー」

「ニャア~」


返事をするお加奈。

「ニャアニャア」

「お加奈はもうお熱が下がったんだって。もう少しだけ寝ていようね」

「ニャア」

「お加奈が大好きな飴玉持って来たからね」

「あたい、お加奈のそばに居る」

「おいらも」

「ニャぁ~」

「そうだね、少しなら怒られないだろから。それにおいら藤平のおじちゃんに御用もあるから終わったら迎えに来るよ。お加奈、又来るからね」

三吉は襖を閉めると少し泣いた。わかってはいても、親が子供を捨てるのはいけないと思った。
貧乏でも絶対に一緒に暮らすべきだと三吉は一心にそう考えた。三吉は勇ましく、藤平の居る場所を探す。ウロウロ探している内に渡り廊下を渡って母屋に入った。高い天井に大きな柱、古くて威厳のある部屋に圧倒され、元気な三吉も心細くなっていく。

「あれ三吉、どうしたの?藤平様はお待ちだよ」

表の用を任されている草助だった。

「どこにいるの?おいら余りお屋敷が広いから迷っちまったの」

「泣かないだけ、えらかったよ。屋敷の子でも迷って泣くもの」

「へへ。でも、おいらも心細くて泣きそうだったよ」

「ふふ、さっおいでよ」

草助は厳めしい母屋を通り過ぎて、三吉の知らない渡り廊下を歩いて行く。着いた先は美しい洋館だった。重々しいドアを開けると明るいホールになっている。






とても励みになります。\(^o^)/ 
★PC_ぽちっとお願いしまーーす★

人気ブログランキングへ


拍手とコメントをありがとうございます。
戴いたメッセージのお返事は拍手欄にしています。
(鍵コメは管理人は読めますが返事ができません)
どうか宜しくお願いします。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

おはよう(*^^*)

>三吉は襖を閉めると少し泣いた。わかってはいても、親が子供を捨てるのはいけないと思った。
貧乏でも絶対に一緒に暮らすべきだと三吉は一心にそう考えた。


その通りだよ。
大人になってから、色々と事情はわかるようになったし、「我が子の事を思えばこそ・・・」と、あえて苦渋の選択を選ぶ気持ちもわからなくもない。
でも、やっぱり親子は離れるべきではない。
何が幸せで何が不幸なのか、それは本人にしか決められない。
親だけしか与えてあげられないモノがある。
だから、何があっても離れ離れになるのは絶対に駄目。

今日は朝から、思わず熱く語っちゃったi-229
不覚にも泣かされたお話でした・・・・。

応援!!☆

蘭ちゃん、いらっしゃーい!

蘭ちゃん・・・ありがとう。すんごく嬉しい。
三吉にとってお加奈は一番下の妹なんだよね。
小さいけど、心がでっかいのが三吉なんです。
蘭ちゃんの言葉一つ、一つに感謝v-410
また来てね
いつもv-286v-406

 ありゃりゃ、初コメがスパム対策とやらで、拒絶されてしまいました。該当文字が分かりませんから、私のブログに載せますね。トホホ。

はじめまして

こちらでははじめまして。

うちのブログのコメレスにも書きましたが、「殺された天一坊」は、調べてみたらネットでタダで読める青空文庫に落ちてました。
http://www.aozora.gr.jp/cards/000289/files/1796_22485.html
久しぶりに再読しましたが、やっぱりすごい作品だなあ。


のくにぴゆうさんの描く猫たちはかわいいですね。
わたしもこれくらいかわいい動物を描写できたらいいのにな。

昔、わたしも及ばずながら猫の出てくるショートショートを書きましたが、うーむ、恥ずかしい(^^)

リョウさん、いらっしゃーい!

じじぃ~~ぃv-391
もう、エロいのはだめですぅv-393しょうがないなぁ・・・いそいそ出かけるのくに(笑)
今、見てきました。最後にあるおっ○○ですv-12
あれがなければグ~~でした。
でも、ありがとうございます。
嬉しいなぁ、今度はおっ・・はなしでよろしく!
また来てね。

ポールさん、いらっしゃーい!

おおーーーv-406のくにの為に探して下さって・・・
さっそく読みに行きます。
何も出来ませぬが座布団を一枚、お受け取りください。

あきらめずに描いて下さい、私も最初は泣く程下手でした。今でも下手ですけど。
それでも愛する五黄達を描けるのは自分しかいない(ばっふん鼻息)
そう思って描きました。

読んで下さる皆様はそれはそれは優しいのです、挿し絵を楽しみにして下さるのです。
毎回、戴けるコメントに励まされながらどうやら続けられています。
是非、描いてくださいな。
ポールさんのおニャ、きっと味わいのあるおニャになります。

また来て下さいね。

じんときてしまった。今回のお話は胸にきます。
いいですね。
また、挿絵がいい、読んでいてお話の温度が上がります。
お加奈ちゃん、大丈夫かなぁとしみじみ見つめてしまいましたよ。
背景も、相変わらず、お仕事細かくて素敵です!
最近は何があるのか楽しみに絵の中を捜しまわってる自分…^-^;

ハク、いらっしゃーい!

ありがとう、嬉しいなぁ。
そんな風に感じてもらえるのが本当に嬉しい。

もう!面白いことを、隠しキャラなんかあーりませんv-407
それもいいかもね・・・v-389
だけど描くのが大変だよ。
また来てねぇ

はじめまして^^

のくにぴゆうさんは
本当に猫好きなのですね^^
まだまだ
登場猫物がまだつかめませんが
少しずつ読ませていただきます^^

のくにぴゆうさんも磁器が好きなのですね^^
色絵もいいですが染付も大好きです^^
福岡は佐賀に近いので
有田、伊万里、唐津などに出没しております^^

メッセージは初めてなので
いま気が付き開きました^^

こんにちは!

うん、うん、アタシもジンと来た(T_T)
大人の事情は子供には分からないけど
大人になって初めて分かり始めるけど
でも子供の時には理解できずに親に対して悩んだり恨んだり…
自分でも経験あります。

挿絵の猫たち可愛いです♪
薬袋に少し笑ってしまいました(*^^)v
なんか可愛いです。

v-286  v-286  v-286  ♪

こんにちは!ブロともの件ありがとうございました!!
お話じんと来ました;_;あうあう
文章も絵も大好きすぎます・・。

応援ぽちぽち!

薄雪草さん、いらっしゃーい!

ありがとうございます。
気に入って戴けたら嬉しいです。

そうなんですよ、染め付けが大好きなんです。
祥瑞は特に好きですし、赤絵も織部も好きです。
器はいいですよねぇ。
職人の心が伝わって来るような物に特に惹かれます。
また来て下さいね、私もお邪魔します。

ryuさん、いらっしゃーい!

そんな風に思って戴けるなんて幸せです。
大人の事情はあくまでも大人の都合なんですよね。
子供には関係のないことです。

薬袋に気がついてもらえましたかv-410
へへ、お加奈は藤平にとても可愛がってもらっています。
洗面器もすべてお加奈用に揃えられている物です。
また来てくださいね。
v-286v-406

びたみんさん、いらっしゃーい!

こちらこそです。
よろしくお願いしますv-410

気に入ってもらえて良かったです。
私もびたみんさんの優しい絵が大好きです。
また来て下さいね。
v-286v-406

やっぱり子猫たちが可愛いすぎる。
相変わらず、人物(猫?)の表情を作るのが上手いなぁ~。

今回のせつない人情(猫情?)話には、思わずホロッときましたよ。

「かニャぁぁー!」

キムラさん、いらっしゃーい!

ありがとうございます。

猫族は愛情深いんですよねぇ。
テレビなんですが、猛火の中を母猫が六人の子猫を救い出すのを見たことがあります。
彼女は酷いヤケドをおいながら、一人、一人くわえて助けていました。
私は猛烈に感動しましたv-406
幸いな事にその母猫と子猫達は、ビデオに感激した里親達に引き取られ、今は幸せに暮らしています(母猫のヤケドも大分回復していました)

お加奈は事情があって藤平に預けられましたが、お紺はやはり猫族の母です。
お加奈を片時も忘れた事はないのでしょう。
ただ、巡り合わせが悪かったのです。

また来て下さいね。

にゃうんたー111

おはつです。
「にゃうんたーキリバン111」
踏んで頂きまして、ありがとうございます。

五右衛門はしょせんチェーン店でございます。

リンクさせていただきました。

ぴゆう様
リンクさせていただきました。
今後ともよろしくお願いいたします。
小悪魔CoCo

ちゅ~大家さん、いらっしゃーい!

いいえ、どういたしましてです。
ちゅ~大家さん、さすがの上から目線!v-391
楽しいですねぇ~~
私のリンク先にパスタ熱血向上委員会さんがいらっしゃいます。

そこはまさに「古今東西、百花繚乱、奇想天外、千変万化のパスタメニューとパスタ道を極めんとするキムラ先生の熱く、ねっちりと、燃え狂い、踊る阿呆も食べたくなると云うすんごいブログ」を紹介したいと思います。
是非、行ってみて下さい。

のくにはそちらで年中しょうもないコメをしては絡んでます(キッパリ)

CoCoさん、いらっしゃーい!

まじですか?v-405

私の方がお願いする立場なのに・・・
ウッキャーーー、ていへんだぁ~~オロオロ
とにかく、あーして、こーして、
とにかくご挨拶に行かねばー、ネバネバ水戸納豆ーー。
こんな阿呆たれですけど、よろしくお願いします。

優しくてあたたかい絵ですね~
登場するにゃんこ達が みんな生き生きしてる♪
人間の社会もこんなふうだったらいいのになぁと
思ってしまいました。

お加奈ちゃん 熱が下がって良かったね(^o^)


園長さん、いらっしゃーい!

ありがとうございますv-410

嬉しいなぁ、どうかあったまっていって下さいね。
この子達は小さい頃から深く関わり合うので、大人になっても兄弟のようです。
世の吉には兄弟同然の貞吉(荳傘村)がいます。
貞吉は幼い頃、両親の体が弱かった為に五黄屋敷で育てられました。
世の吉は貞吉を兄のように慕っています。
そんなこんなの猫国です。
また来て下さいね。

こんにちは

みんな、優しいですねww
微笑ましいです♪
ほんわか、優しい気分になれましたww

今日の挿絵はまた、一段と温かい感じで好きです♪
やっぱり可愛いので、みんな遊びに来てくれないかなぁ (笑)w

冬灯さん、いらっしゃーい!

ありがとうございます。
嬉しいなぁ、あったまってくださいね。

v-398
いつかそうなることを願いながら頑張りマス。

こんばんわースケスケです。親子は顔を見れる距離にいたいです。が、スケは結構、田舎に帰ってないなあ。、また、スケスケ書いたら見てください!

ハタオ、いらっしゃーい!

そうだよね。
親子はそうでありたいし、いてほしいよねv-410

だめだよ、帰ってごらんな、故郷はささくれた心を癒してくれるよ。
川の流れ、町並み、そこに流れる風。ハタオが立ち小便をしたであろう壁。ププ
ハタオの心を包んでくれる空気。
きっといいと思うよ。

スケスケですか?、何が悲しゅうておなごの裸をみるんかい!
服を着せろーー、それも分厚いのv-391

看病

こんばんは、ぴゆうさん(^^@)/

具合の悪いときに、優しい眼差しで見守られると

深い心の繋がりを感じるものです。

そんな子猫たちの大きくなった姿を早く見てみたいですね。

血の絆以上のものがあると信じます。

ちあ、いらっしゃーい!

もう、ぴゆうでいいがなもしぃv-410

三吉達は本当に仲良し兄弟です。

仲間と云うより、兄弟ですね。

皆に愛をもらうお加奈は幸せですv-398

おはよ

今朝もまた、心ほんわかとしてもらいました。
明日、また楽しみです。
それにしても、絵、うまいね!

かぶちゃん、いらっしゃーい!

おはよーv-411

このシーンは、好きなんだなぁ。

なんか、子猫達が可愛らしくてね。

描いてる時も楽しかったです。

ププ、嬉しいなぁ。

描いてる甲斐があるよねぇ。

少し凹んでいたから、ジワーンとして来る。

ありがとう。

v-398

三吉は心の優しい子だね。
しっかり者だし、子猫たちの面倒見も良いし。
ホントいい子だね。
お米も15歳でしっかり者の感じだしね。

では、またニャア(=^・^=)

よしさん、いらっしゃーい!

おはよーv-411

夜中だからこんばんはだろうか?
今頃、モソモソと起きました。

三吉は本当に良い子です。
束ねもできるしね。

お米ちゃんはとても良く働く娘です。
かわいいし、モテモテです。
v-410
プロフィール

 のくにぴゆう

Author: のくにぴゆう
猫国の住民達の物語を書いています。
作者はコメを食べて生きてます。
コメくださ~~い!
ブログ内の小説、画像の無断転載、コピー、転用は禁止です。

もくじ
最新記事
リンク
当ブログはリンクフリーです。
最新コメント
いろいろ
今まで紹介をしなかったのですが、それも変だなと 三ニャンを宜しくお願いします。

母のみーです。 mi3.jpg

息子のちーです。 chiko1.jpg

娘のぽーです。 po1.jpg

揃い踏み mcp1.jpg

木登りおーちゃん Ochan.jpg

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ





検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
pictlayer
画像をクリックすると大きく、もう一度クリックすると閉じます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。