スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パート3 陰謀は夜に限る? 男猫達の秘密の会合


《登場ニャン物》
世の吉、五斗吉、太吉(島吉の父親)、佐吉(小吉の父親)、スネ吉(金物屋)、糸吉(八百屋)、梅吉(顧問)、一吉、弥吉、その他。

けぇい吉が登場する少し前に時間はさかのぼる。

kaigou.jpg
挿絵参照↑↑↑  絵をクリックすると大きくなります

(世)「あーうっほん、五斗、もっと見やすいようにしろよ」

(五)「どーせ、字が汚いから読めないですよ」

(世)「・・・てめえぇ達、耳の穴かっぽじってよっく聞きやがれぇーーーっ!
この『腕』と『度胸』と『気っぷ』の良さで売り出し中の世の吉様がぁっ~~」

(一)「何が気っぷだよ、たかってばかりじゃん!」

(弥)「俺なんかこの前もたかられたぜ」

ピクッピクッ(世の吉の耳が反応する)


(世)「ニャにゃおぉぉっーーッ、黙っとれこのすかんぴん!!」


「・・・・」

(一)「すかんぴんニャってよ・・・」

(弥)「自分じゃんけ」

(世)「うるへぇぇーーーッ、野次は無視だ。、そんでもってだなぁ~だからよぉ~。
素人猫のてめえ達に『切った』『はった』の裏街道、指南せよとのな、、、」

(佐)「誰が言ったの?」

(ス)「知らねえぇ」

(太)「な訳ねぇだろ」

(五)「またぁ、兄ぃは先走りしてぇ」

(世)「ニャにおぉーーッ!?オレはてめえ達、うすらとんかちを、、、」

(五)「どーせ、目立ちたいだけでしょ」(キッパリ)

(世)「てめぇ五斗!それ以上言ったら、この梅吉ジジぃがびびって小便たれると云われた裂き爪が空を切るぜ!」

(梅)「へっ、わしの事?」


こんニャろぉッーーー!

ズッデン!!



・・・ったくぅ、やれやれ

(五)「兄ぃは放っといて、せっかく集まったんだし、何か話しますか?」

日頃の不満がたまる太吉がすくっと立ち上がる。

(太)「だからよ、このまま古女房共をのさばらせていいのかよ!」

(ス)「いい訳ねぇだろっての、おっかさん!」

(糸)「当たり前だのゴン太郎!」(ソウキタカ!)

(佐)「そう云うお前はとんでん平野」(オ~ヤルネぇ)

たまりかねた梅吉ジジぃが大音声(だいおんじょう)で見栄をきる。


(梅)ええぇーーーい、黙らっしゃい!!こわっぱ共!わしが仕切るわぃ!!
 えッ~っと・・・でっ、なんだっけ?」


「(ガクッ)・・・・」

(五)「もぉーッ、兄ぃ~」

(糸)「なによ?」

(佐)「なんだよー」

(ス)「俺か?」

ザワザワザワ

(五)「何で皆が返事すんですょ!世の吉兄ぃですっ!!」

(世)「オレ?ふふぅ~~ん、やっぱオレ様だょニャ」

世の吉は倒れて埃だらけになった体をパンパンと勢い良く叩く。

ゲホッ、げほっ

(五)「またぁ、嫌がらせをするぅ!元は兄ぃの発案で皆、集まったんですょ!用がないんなら帰りやすょッ!」

(世)「チョっと待ったぁ!だからオレはハナからだね」

ヒソヒソヒソ

(五)「ちょっと、ちょっと!皆も次のツッコミ考えてないで、今度こそは話を聞きましょうや」

(糸)「五斗は堅いねぇ」

(一)「んだニャ。売ってる物はふニャふにゃの干物のくせに」(ニャハハ~ニャハハ)

(五)「そんな事言ってたらカチカチのスルメで叩いてやる!」

(一)「・・・・」

(世)「よ~し、んじゃ黙ったとこで本題に入る。今日はいつもの会合とは訳が違う!ちゃんと話し合う議題がある」

(太)「なんだって?」

(ス)「そんなもんあるんかい?」

(糸)「初めてだわさ」

(世)「ええ~ぃッ、黙りやがれのコンコンチキ!いいかぁぁ、やっと子宿(ねしゅく)でニャン吉兄貴の映画が封切られると指折り数えて三ととせ、、、」       ※知っとけば面白い(五)花吹雪鉄火の舞参照

(一)「三年も待ってねぇよ!」

(世)「うるへぇぇ!まっ、そのくらい待ってた気分ってことょ。オレは何が楽しみってニャン吉兄貴の『出刃の舞』よ!」

(一)「『刺身の舞』だょ・・・」

(世)「(ニャ?)そそ、、、うっほん。そんでオレっち粒銭持って前売り券を買いに行ったと思いねぇ!そしたらどうょ、あの小家主の伝助野郎ときたら、オレっちは『五割増』とこきやがった!!」

(弥)「どーせ、暴れるからだよ」

(ス)「そーだよ、小屋で売ってる銚子一本であんだけ酔っぱらったらよぉ~」

(太)「まったくお安くできてるよ」


(世)「てめぇーッ、太吉!表に出ろぃっ!!ギッタンギッタンにしてニャるーー!」


(五)「ったくもぉっ、話が進まないょッ!兄ぃも、一々反応しない!太吉兄いも半畳(はんじょう)入れ過ぎ!!」

(世)「わかったょ。でょ!それがょッ、オレだけならいいょ、オレだけならな。処があの伝助、菰傘の野郎は皆そうだって云いやがったんだ!どうよッ!!」


なニャオっーーーーーッ!!!


(五)「あっしは構いませんぜ」

(一)「あっしも」

(弥)「おいらも!」

(世)「てめぇら取ったり使ったりお構い無しの独りもんはダマッとれぇぇ」

ニャンだょーっ、ブーっ

(太)「そいつは勘弁ならねぇぇ!只でさえ水物の豆腐屋稼業。利が薄いってんでお玉の奴、こずかいをけちるケチル。これでもか此れでもかって(ウッ)くそ~~泣けて来るぅぅッ」

(一)「太吉兄ぃの愚痴が始まると長えから勘弁してよ~~」

(太)「馬鹿ニャ郎!てめえは男猫の悲哀ってもんがわかってねぇ!あ~~いやだ、いやだ!荳傘の修行時代が懐かすぃぃ~~」

(五)「あ~ぁ、始まっちまったょッ。しょうがねぇなぁ・・・太吉兄ぃは放っといて。そんでどうすりゃいいんですよ?」

(世)「だからね、オレが言いたいのはさ・・・そう、そうよ、けぇい吉のことよ」

(一)「そういや、野郎まだ来てねぇな」

(世)「ふふふ、それがオレ様の深謀ぼう遠慮なしってな」

「?・・・・」

(一)「『深謀遠慮』って言いたいんだな」(ダロウネ)

(世)「えっヘン!あの野郎には時間をずらせて言っといた」

(糸)「なんでよ」

(世)「あのニャ郎ときたら、一人だけ観たのよ!」

(一)「何を?」

(世)「何をって決まってんだろがぁ、このスッカラカンのピーマン野郎!ニャン吉兄ぃの最新作『鼻たれ小僧鉄火丼』をょ!」

(五)「ツッコムのも嫌になった」

「・・・・」

(世)「おかしいだろ?昨日お染が、亭主と観て来たとこきやがったのを店奥で聞いていたと思いねぇ」

(五)「またぁ~、女達の話を盗み聞きしてぇ」

(世)「うっせぇ!このオレ様の日頃の行いがだぁ、役に立っただろうが」

「・・・・」

(世)「でだなぁ~、ニャ郎にどんな手を使ったかをだな、聞きてぇとだよ、、、オレはほれ、『お猫良し』だから一人だけいい思いをしちゃ悪いとな(ウンウン)だからてめぇ達にな、、、」


兄ぃーーーっ!


(一)「世の吉兄貴様はえれぇ!やっぱ普段から御猫が違うと」

(梅)「能ある猫は爪隠すじゃの」

(世)「ふふ~~ん、今日は爪を隠すどころか研ぐんだよ」

世の吉は壁に向かって爪を研ぐ。


シャカ、シャカ、シャカーーン


(世)「おめえらもやるんだよ」


シャカシャカ、シャカシャカ、シャカーーーン


あの音はこれだったのです・・・アハハ(^_^;)
こうして男猫達は手ぐすねひいて、けぇい吉を待っていた。
哀れけぇい吉の運命やいかに

次回につづく



とても励みになります。\(^o^)/ 
★PC_ぽちっとお願いしまーーす★

人気ブログランキングへ


拍手とコメントをありがとうございます。
戴いたメッセージのお返事は拍手欄にしています。
(鍵コメは管理人は読めますが返事ができません)
どうか宜しくお願いします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

愛しのびゆうさん!こんばんわ。更新速度凄いのと、登場ニャン物の設定が大変そうです。すでに添絵を見ただけで、絵も文も、すごいの書いているなあ、と関心してしまします。
で、またキリ拍手を狙いたい、ハタハタでした。

おはようごにゃいます^^

ぷぷぷぷ(^m^)
今日は男猫達の、陰謀会合編にゃのねん^^
しっかし・・・・いつの間に書いて(描いて)んの!?
ちゃんと寝てる??
そりゃー、ぴゆちゃんの物語は私の日々の糧だけど、ムリしちゃダメよんi-241

お嬢達の「むふふ」(わかるよね?)、とっても嬉しかったわ~v-345
あまりの嬉しさに、一緒になってシャカシャカシャカ・・・・・・・
う~~ん、良い砥ぎ具合だわ!!

蘭ちゃん、いらっしやーい!

私は別名、寝豚と呼ばれるほど寝てますv-16ブヒーー
日々の糧なんて、ヒヒーンだわ!
すみません、世の吉のせいだよ、親父ギャグ病に取り憑かれている。

ププ、お嬢たちはやっぱかわえのう。
スタイルいいの描くの久しぶりで、今んとこ、ノン吉しかスタイル抜群はいないもんで。
またコメちょうだいよぅ。
コメ書くの大好きなんだ。

大きな声で話す世の吉に、
周りに集まった、他の猫たちによる、連続のツッコみ。

こちらの世の中の、お花見でもよく見られそうな風景ですね。

テンポのよい会話が楽しい♪

キムラさん、いらっしゃーい!

長いでしょ、長過ぎるよね。切れなかったの・・・もう。
本当はもっと短くしなくてはならなかったのに、できなかった。
で、こーんなに長いのになってしまいました。
すんません。
こりずに来て下さいね、嬉しいです。

ハタハタぶりっこぶりぶりちゃん、いらっしゃーい!

何をおしゃるですよ、
更新速度なら、あなたにはかないま千円!
かんしんするより、笑ってくれv-411
計算ではハタハタちゃんは私に座布団を三枚は進呈していることにナール。
ムハッハハ。
どうかな、親父ギャグ、だじゃれ攻撃は。
いつでも挑戦は受けて阿藤かい!さぶっ

こんばんは。

ご訪問・コメント有難うございました。
御礼の訪問です。
応援ポチ!

サムさん、いらっしゃーい!
 
律儀な方ですね、私はそういうの大好きです。
ポチv-406ありがとう
神器攻撃はお気に召されたようで何よりですv-398
また来て下さいね。

はじめてコメします。
ぴゆうさんの絵をみていると猫ちゃんたちの表情が生き生きとしていて大好きです。
とても綺麗に仕上げられているので、絵本の世界へ来たかと思うようです。
テンポのいい会話がたのしいですね。読んでいて元気をもらえます。
応援ポチしました。がんばってください^-^

ハクちゃん、いらっしやーい!

ありがとう。
コメしてくれた方にね。やはり絵本のようだと書いて戴いたことがあります。
私の理想です、読める絵本。物語としても完成している。
そんな風になれることを願っています。
また来てね。
ポチv-406

遊びに来たーーーーーーーーーっ

お話しも、絵もいいーっ   にゃん~
次回 楽しみぃー

chika☆ ちゃん、いらっしゃーい!

ププ、いつでも遊びに来てちょーだい。
chika☆ ちゃんみたいにカワイイ女の子に来てもらえて、
菰傘のニャ郎共は浮き浮きしていますよ。(わかりやすい)
また来て下さいね。

こういうお祭り騒ぎみたいなノリは結構うらやましいですよね。
私も更新スピードは速くしたいですけど、私の小説の場合だと早すぎるとついてこれない方が多いですからね。……まあ、のんびりぼちぼちやっていこうと思います。
祭りには喧嘩はつきものですよね。もとより歴史的にも。

そう言えば、リンクをつなげていただいているので、こちらもお付けしますね。
あと、私のサイト……もとい、取り決めとして感謝の念をこめて、リンクするサイトに対しては紹介記事をつくらせていただいているのですが、つくらせていただいてよろしいでしょうか?

LandM さん、いらっしゃーい!

今回はおわびやら、お礼やらと色々ありましたので、更新が沢山ありましたが、
本編の週二アップはこれからも続けて行きたいです。
猫国の住民が増えてくれることは、最高にうれしいです。
リンクのことはどうぞ宜しくお願いします。
プロフィール

 のくにぴゆう

Author: のくにぴゆう
猫国の住民達の物語を書いています。
作者はコメを食べて生きてます。
コメくださ~~い!
ブログ内の小説、画像の無断転載、コピー、転用は禁止です。

もくじ
最新記事
リンク
当ブログはリンクフリーです。
最新コメント
いろいろ
今まで紹介をしなかったのですが、それも変だなと 三ニャンを宜しくお願いします。

母のみーです。 mi3.jpg

息子のちーです。 chiko1.jpg

娘のぽーです。 po1.jpg

揃い踏み mcp1.jpg

木登りおーちゃん Ochan.jpg

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ





検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
pictlayer
画像をクリックすると大きく、もう一度クリックすると閉じます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。