スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第三章 とんびと鷹 お加奈の秘密1

sanneko.jpg

挿絵参照↑↑↑  絵をクリックすると大きくなります

「あっ、いたょっ!」

「ニャっ、ほんとだ!父ちゃーん!父ちゃーん!父ちゃ~~んってばぁぁー!父ちゃんよぉぉーうッ!


「五月蝿いねぇぇ、父ちゃん、父ちゃんなんて何度も言うなょー。豆腐屋じゃねぇんだってんだょぉ」

「だってーッ、返事もしないんだものぉぉ」

「ちょーだょぉ」

「ニャ~にゃ~」

「ニャぁ」

「ったくょ・・・、三吉が何か言うとチビ達まで一丁前に言いやがる。参ったねぇ。父ちゃんは五斗のおじちゃんとご用があるのだからして、あっちに行ってろ」

「だめだょ!おいら、母ちゃんに父ちゃんを見張ってろって言われてんだから」

「ちょーだょぉ」

「ニャ~にゃ~」

「ニャぁ」

「またお陽のやつ、余計な事を言いつけやがって。(ん?)・・・言いつける?・・・(ピーン!!)あっ、そうだょ!そうだよ!」

「何をブツブツ言ってるんですか?」

「オイラ思いついたょ!良い策をさ。何だあぁ~、何で早く思いつかなかったのかねぇぇ、もぉーっ、オイラの馬鹿ハ゜カハ゜カアルハ゜カ」

「何を言ってるんです?もごもごと・・・」

「父ちゃん!何やってんの?自分のおつむを叩いたら、お馬鹿になっちゃうょ」

「ちょーだょぉ」

「なちゃぅ、なっちゃぅぅ」

「ニャにゃん、ニャにゃ」

「いいんだょ、父ちゃんはとっくにお馬鹿になってるから」

「・・・・」

「ええーぃ、そんなことよりも五斗よっ」

「へいッ」

「灯台の爪の垢だったょ」

「へっ?」

「父ちゃん、それは灯台下暗しッ」

「うっ、うるせいなぁ~雰囲気がわかればいぃんだょ!」

「・・・・」シラーーー

「さっぱり、わかりませんでしたけど」

「何もさ、オイラ達が行く事ないのょ」

「じゃ、誰が行くんですょ?」

「ここにいるじゃないの。ピッタリのこまっしゃくれたのが」

「えっ、こんな子供に??」

「子供だからいいのょ。藤平様はオイラ達みたいな者には、もぉ~至って厳しいお方だけど、チビ達には甘いんだから」

「へぇぇーっ」

「さっきから、へぇーへぇーばっか言ってんじゃないょ」

「へいっ」

「おい、三吉」

「なぁーにぃ?」

「お前、これから藤平のおじちゃんのお屋敷に行って来な」

「なんでょ?」

「父ちゃんの代わりにょ」

「や・だ・よ」

「なんでょ?お前、母ちゃんの言う事は聞く癖に」

「それとこれとは別だょ」

「全くーぅ、しょうがないガキだね」

「だって、おいらは父ちゃんを見張っとけって母ちゃんに言われてるもの」

「いいから、行ってこい!なっ?行っておくれょ~、三吉ちゃん!」

五斗吉は変な親子の会話に笑っている。

「やだけど行っても良いょ」

「本当か?」

「うん。そのかし、角屋で何か買っておくれ」

「なんだとぉ!?駄賃をよこせってかッ?」

五斗吉は大笑いしている。

「まったく、しっかりしてるょ!さすがにお陽の子だょっ」

「あんたの子だょ」

五斗吉は笑いすぎてヒぃヒぃ言ってる。

「わかったょ。ほら五斗、出してやれ!」

「へっ?何であっしが・・・」

「仕方ないだろ、お陽のやつ、俺がチビチビ貯めていた粒銭まで取っちまいやがったんだから、スッカラカンなんだょ」

「しようもねえなぁぁ、ホラょ」

「えぇ~??こんだけぇー?こんだけじゃ皆の分まで買えないょぉぉ、もっとおくれよぉぉ~」

「あちゃぃのも」

「おいらも」

「ニャア、にゃぁ」

「わかったょ、ほら、こんならいいだろ?」

五斗吉は仕方なく財布から粒銭を出す。三吉は子猫達と喜んでお菓子を買いに行く。


♪ニャ~ぃ☆ニャ~ぃ☆♪


「あ"っ、先に駄賃を渡しちまったよッ」

「仕方ないでしょうょ、もう渡しちまったんだし、だいち、あれは言っときますけどあっしの銭です」

「いけずだねぇー、わかってるよ」

二人が一休みしていると、賑やかに子猫達が戻ってくる。


♪ニャンにゃんニャーーん♪


「あれまぁ、あんなに買い込んで。見てみてなょ」

「本当だ、両手に飴玉を持ってますょ」

「いやだねぇ~、普段甘いの食べさせてないのかねぇぇ。どこの子ょ~?」

「兄ぃの子ですよ!」

三吉と子猫達は大きな飴を頬張りながらニコニコしている。




とても励みになります。\(^o^)/ 
★PC_ぽちっとお願いしまーーす★

人気ブログランキングへ

拍手とコメントをありがとうございます。
戴いたメッセージのお返事は拍手欄にしています。
(鍵コメは管理人は読めますが返事ができません)
どうか宜しくお願いします。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

新しいのんでてるー

のがしてました すいません

あの、画像作ったんですよね? なにで、作ったんですか???

chika☆さん、いらっしゃーい!

これはワコムのタブレットです、一番安いのです。
ソフトはフォトショップです。
フォトショップは難しくて・・・私のは英語表記なので今一歩どころか千歩くらいわからないです。書いて試してと亀のようにノロノロ覚えてるのが実情です。
そんなこんなで挿し絵を描いています。

また来て下さいね。

こんにちは

今日も楽しませて頂きました♪
会話が軽快な掛け合いで、面白いですww
つい、笑ってしまいます^^

次回も楽しみにしていますww

冬灯さん、いらっしゃーい!

嬉しいです、今度笑ったら座布団一枚ですよv-411

楽しみにして戴けるなんて(嬉涙)

もうバっフン、バっフン(鼻息)頑張ります。

メッセージ、ありがとうございました。
さっそく、覗きに来させていただきました。

今回は、ダジャレやボケがいろんなところに散りばめられてますね。

「馬鹿ハ゜カハ゜カアルハ゜カ」。
リズムが素敵です(笑)

こんにちは(^-^*)/

こんにちは。
今回も楽しく読ませていただきましたよ~^^
台詞の掛け合い、テンポ、最高です(^^)
読んでて思わず笑みがこぼれました。
読み手を引き込むテンポの良さと面白さ!ミナラワセテイタダキマス

続きも楽しみにしていますよぉ~ 。

携帯からポチッ!

こんにちは~~^^

午前中から友人に引っ張りまわされてて、やっとさっき帰って来ました!
早速PC開いて、遊びに来ましたよ~~♪

新しい章になったんですねv-405
ぷぷぷ~(^m^) 子供達との駆け引きが楽しい~e-343
それに可愛いわぁv-9
ホント、「さすがお陽の子供」です(笑)。

続きが楽しみi-237
ではでは、今日の「ポチ★」参りま~すv-345

キムラさん、いらっしゃーい!

嬉しいです、ぱかぱかは世の吉ならではです。
世の吉は何でもテキトーに覚えていますから(^^)

パスタ熱血向上委員会のダジャレに追いつけ追い越せです。
また、来て下さいね。

sarahさん、いらっしゃーい!

もう、そんなv-402
入る穴をもう一つ掘らないと、ププ

いつもありがとうです、私こそsarahさんの詩的な文章を見習わないと。
又来て下さいね。
ポチありがとうですv-406

蘭さん、いらっしゃーい!

お帰りなさい、首を長ーーくして待ってました。
例えが古いって?ここは古ーーーい所ですよぅ。

世の吉はいつもです、自慢するときは「さすが俺様の子」
です。
「勝手世の」と別名があります(^^)

ポチありがとうですv-406
また、来て下さいね

ほんとに落語の世界ですねえ……。

いいように賢い子猫たちに小銭をむしられて(^^)

ってこの世界にアルパカなんか普通にいるんですかΣ(゜o゜ )

いえ、なんか時代劇にアルパカが出てきたみたいでびっくりしただけです。

批判しているわけではないですからお気になさらないでください。



ええ、チー鱈続報。

700ワットで3分加熱したらこげこげになってしまい家族に大不評でした(汗)

やるときはワット数を落としてこまめに焼け具合をチェックしたほうがいいみたいです。

これでおわかりのとおり家事も料理もまったくダメなやつでして……(^^;)

ポールさん、いらっしゃーい!

いえいえ、気にしませんよ(^^)
ええと、海苔、じゃない!
ノリでそうなりました。
馬鹿と言う言葉を続けるのもイヤだったので、ハイ。


ププ、焦げてもそれなりに頂けそうですね。

うひゃ(ё_ё)
Suddenly I See !
粒銭――ほんとうにぴゆうさんは時代劇がお好き。

甘物は大切ですw
うう、こんな夜にぜんざい食べたくなった(^^ゞ

ちあ、いらっしゃーい!

ププ、ぜんざいって・・・

私のもよろすぃくぅ~~v-413

餅も二個で、栗もトッピングーー♪して下されv-391

時代劇ファンタジーと云うてもいいぞよ。
えっへん・・・威張るとこかぁ?

こんにちは

あれ~?いいんですか~?
子供たちに大事な用を任せても?
すごい不安なんですけどもw
でも、世の吉より三吉の方がしっかり者かな?!

よしさん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-426

ププ
ある意味、ノン吉より世の吉に見る目があったりして。
ニャハハハ
三吉に任せる方が間違いないと思われまする。
キッパリンコ
v-391

世の吉と五斗吉の会話はまるで漫才のようですね?
面白いです♪
しかし、三吉はしっかりしすぎてる!!
とんびと鷹って言うのは、
世の吉と三吉の事でしょうか?
そうなんだろうなぁ~

さやいちちゃん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

ボケとツッコミですね。
へへ

その通りーーー
大当リィーーー
ガランガラン♪
v-339

世の吉は子沢山ですねえ。
しかも、三吉は駆け引きに長けているようで。
さすが自慢するだけの事はあります。
っていううか、自分で行け!世の!!

オム、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

世の吉の子供は二ニャンだよ。
ぷぷ

三吉には敵わないねぇ。
ヘタらな大人は太刀打ち出来ません。
v-389
プロフィール

 のくにぴゆう

Author: のくにぴゆう
猫国の住民達の物語を書いています。
作者はコメを食べて生きてます。
コメくださ~~い!
ブログ内の小説、画像の無断転載、コピー、転用は禁止です。

もくじ
最新記事
リンク
当ブログはリンクフリーです。
最新コメント
いろいろ
今まで紹介をしなかったのですが、それも変だなと 三ニャンを宜しくお願いします。

母のみーです。 mi3.jpg

息子のちーです。 chiko1.jpg

娘のぽーです。 po1.jpg

揃い踏み mcp1.jpg

木登りおーちゃん Ochan.jpg

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ





検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
pictlayer
画像をクリックすると大きく、もう一度クリックすると閉じます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。