スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第三章 とんびと鷹 見る目がない4

一夜明けた翌朝、五斗吉の家の戸を叩く者がいる。

ドンドン!

「おはよ、五斗吉!起きなょ、世の吉兄ぃだょ。昨日はすまなかったょ~開けておくれよぉ」


イヤなこったーッ!


家の中から怒鳴り声。

「そう言わずに開けなょ、なっ、開けろって言ってんだょぉ」

「勝手に開けたら、今度はその汚い尾っぽを全部食ってやるーッ」

「何をおっかないこと言ってんだょ。昨日オイラの先っぽ食って腹壊したくせにー、全部食ったら死ぬょ、河豚(ふぐ)より効くょ」

「違いない!」

「なっ、いいから開けてくれょ」

「わかりましたょ、しようもねぇなぁ、大体何のようですょ」

ガラガラー

ふくれっ面の五斗吉が出てくる。

「話って言うのは他じゃないょ」

「なんですか?他じゃないならあっちで話して下さい!」

「そんなにツンツクすんなょぉ、話も出来ねぇよ」

「出来なきゃ、さっさと帰って下さいよ。あっしは朝は店開きで忙しいんだ!」

五斗吉は戸板を外して行く、眩しいぐらいの陽光が入ってくる。

himononarabe.jpg

挿絵参照↑↑↑  絵をクリックすると大きくなります

「オイラも手伝うからさ」

「そんじゃ、兄ぃは魚を並べた網を持って来て下さい」

「はぃはぃ」

底の抜けた木箱に網が張ってある。ちょうど戸板程の大きさだろうか、いろんな種類の魚が行儀良く並べてある。

「意外に重いねッ」ヨタヨタしてる。

「まだ生ですょ、これからお天道様に仕上げてもらうんです」

世の吉から魚が並んだ網をもらうと、手際よく陽の差すほうに並べ出す。十枚程を並べると世の吉が音を上げる。

「まだあんのかよぉぉ」

「もう少しですょ」

今度は戸板を店先に出す、篭から仕上がってある干物を出して並べる。
あっちにこの干物、こっちはこの干物、と世の吉に指図して気持ちいい五斗吉。すっかり干物を並べ終えた。

「(フゥゥ)もう、いいだろ?」

「へい、もう終わりました」

世の吉は店先にあったみかん箱に座る。五斗吉にも同じにしろと五月蝿い、しかたなく横にみかん箱を並べて座る。

「五斗さぁ、忘れてないか?」

「何をですか?すっかり干物は並べたし…」

「違うょ、ノン吉兄貴のよ・う・じ・」

「用事って・・・あっ、大変だ!すっかり忘れてやした!どうしょう、兄ぃ~」

「そうなんだょ、オイラも朝になって気がついて、こりゃ~、一大事!てなもんでお前のとこに来れば、お前はムクれて話も何にも・・・」

「先に言って下さいょッ、店どころじゃないですか!」

「そうだろツ(汗)」

「もういいですょ、でっ、どうするんですよッ」

「わかんないから、お前と相談をしてるんじゃないか」

「だって藤平様って怖いんでしょ?」

「そりゃ間違いない」

「あっし達が・・・・」結論の出ない相談をダラダラしていると、三吉を筆頭にして子猫達がやってきた。





とても励みになります。\(^o^)/ 
★PC_ぽちっとお願いしまーーす★

人気ブログランキングへ


拍手とコメントをありがとうございます。
戴いたメッセージのお返事は拍手欄にしています。
(鍵コメは管理人は読めますが返事ができません)
どうか宜しくお願いします。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは。

魚の干し物の絵が最高~。 
のくにさんはお絵かきタブレットで
描いているの? 
私から見ると天才としか思えません・・・
すごい。 ポチッ。

シャイドリーマー、いらっしゃーい!

もうそんな事云われたら、地面掘って穴に入っちゃいますv-402

はい、私は輪ゴムじゃねえ!ワコムのタブレットを使用しています。
もう傷だらけで新しいのがほすぃ~~です。

ポチありがとうございますv-406嬉しいです。

こんばんは^^
先日は わざわざメールいただきありがとうございます。
なんか ものすごいホメ言葉をいただいて 
穴があったら入りたいです。笑

のくにさんの文章は とてもリズミカルで面白いですね♪
挿絵もユーモラスで表情豊か!
これからも時々覗き見にやって参りますのでよろしくです^^

ゆーしゃんさん、いらっしゃーい!

あのお陽の店でのビューティーアドバイザーの件はご了承戴けたのでしょうか?v-389
ププv-411又来て下さいね。
私も覗きに行きま~~す。

魚の干物の絵が堪らんです。
しかも、前掛けにまで「干物」の文字が…。笑えます。

和紙を切り取ったかのような、柔らかい絵が好きです。

キムラさん、いらっしゃーい!

またまた、粋な事をおしゃいますこと。
和紙なんて~~「わす」くらいの感じですよ。

ありゃ、まだ田舎っぺりーにを引きずっていたv-411

また、来て下さいねぇ

こんばんは^^

世の吉兄ぃの頼りない若旦那風な喋り方が好き^^
挿絵も情景が見えていいですね~(*^▽^*)
私も絵を描こうかと思った時期がありましたが・・・
自分の絵の才能が無いことに気が付きヽ(τωヽ)ノ コンナエダメダー

と思いながらもタブレットが欲しいな~なんて思っています。

では~(*´∀`)ノシ マタネ~♪

こんばんは

いつも楽しく読ませてもらってますww
挿絵もユニークで、本当に可愛いですね☆
まるで絵本のようで、いつも楽しいです♪

メールを有り難うございました♪
リンク、私も嬉しいですww
有り難うございます^^
私のブログは雑多な感じですが (笑)、それでも
宜しければ、こちらこそ、宜しくお願いしますww

是非、私も貼らせて下さい^^
あと、ブロともも嬉しいですww
とはいえ、実はいまだにブロともってよく分かって
いませんが (汗)

今後とも宜しくお願いします☆
なかなか時間がなくて、コメント残せない時もありますが、
そんな時は応援ポチにて、失礼させて頂いております。。。
すみません(汗)。。

sarahさん、いらっしゃーい!

もう、世の吉が若旦那風なんて、世の吉には絶対に知られないようにしないと・・・。
態度がでかくなりますからね。只でさえ猫一倍でかいんですから。

タブレットは楽しいですよ。
もう、マウスとは大違いです、最初に使用した時、感動しましたもの。
是非、描いてください。
出来たら見せて下さいね。

冬灯さん、いらっしゃーい!

嬉しいです、こちらこそ宜しくお願いします。
私は詩、俳句、短歌は大好物なんですよ。

冬灯さんのブログはいつも訪問するのが楽しいです。

こんにちは^^

や~~っとまとめて時間が取れたので、午前中から今までかかって、最初から読ませて頂きましたv-345

あ~この「天切り松」風な喋り方(?書き方??)がタマンナイv-9
猫好きにはタマランお話ですねe-343
皆どの登場人物も魅力的ですが、私はやっぱりノン吉兄ぃがツボですねe-266
お素敵・・・・・・・・v-346

早く続きが読みたいですv-290
それに、のくにさんの水彩画のような貼り絵のような、淡い柔らかい挿絵はものすご~~く綺麗だし素敵です!v-290

蘭さん、いらっしゃーい!

始めから読んでくれたんですか!
「そりゃちっとも知らねぇで、申し訳ござんせん」ナンチャってv-398

浅田次郎がお好きなんですか。
私はこの作家が書いた実録本しか読んだ事がなくて、恥ずかしながら検索して知りました。
間違いなく面白いと思います。何せ私の読んだ本は抱腹絶倒もんでした。

私は時代劇が大好きなもので・・・でも、三つ葉葵の権威で勝つ将軍系はずるっ子でイヤです、それよりも名もない素浪人が活躍する方が好きなんです。
なもんですから、やっぱり
「エドワード!!」
「おおーー、プリンセス」
なんてのは書けまへん。
「あんたぁーー」
「お蘭!!」
なんてね。

また来て下さいね。

どうやら一度にふたつ以上のことは考えられないみたいですなこいつら(^^)

どこをどうやったらあんな立派な子供が……。

それとも三吉も成長したらこうなるの?

わはは。

周囲にいるのは猫ばかりだから、のん気に干物なんか作っていたらみんな盗み食いされちまいそうでありますなあ。

明日よりも今日を楽しくという連中ばかりのようですからなあ。


ちなみにこの前のチーズ鱈はこうなるそうで。

http://cookpad.com/recipe/335759

ポールさん、いらっしゃーい!

否定もしたいができそうもない・・・v-401

三吉はまっ特別な子ということで。

それはないんですねぇ、この子達は「理」の中で生きてますからね。
まるでないわけでは勿論ありませんが、基本、いいおニャ達です。

おおー、今見てきました。さっそく試します。
うまそうです、しかし、ポールさんがcookpadの読者とは・・・
恐るべしべし、何気に料理がうまい男さんでしょうか?
くわぁ~~v-405世の中には稀に万能な人っているのよね。
すご

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

おはよ

五斗吉の干物、良い。
前掛けも、良い。
2人の表情も、良い。
登場猫達の単純明快な性格が、良い。

藤平さまの登場が待ち遠しい!

かぶちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

わかり易いくらいだよね。

五斗吉はいつも世の吉に振り回されています。

でも仲がいいのは、世の吉に変な魅力があるんだと思います。

v-398

こんちは~

ノン吉の用事を忘れるとは、ニャンという事だ!
さぁ~どうする、世の吉、五斗吉?

ノン吉と桃吉はどうしてるかなぁ?

いつ見ても絵がお上手ですね~^^

では、また~(^^)/

よしいぞうさん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

ニャハハハ
ノン吉もどうかと思うよねぇ~~
いくら藤平が怖いといっても、頼んだ相手がね。
こんなもんです。
この二人は。
三歩歩けば忘れる猫頭かも。

ありがとうございます。
何気に照れるv-402

五斗の干物美味しそう(*^_^*)

二人とも用事忘れちゃって、くつろいじゃったけど大丈夫かしら?

世の吉のテニスビール尻尾、

かわいいのに味(成分)は体に毒なのね。。。

テニスボールの形をしたケーキ(スイーツ)

アンリ・シャルパンティエのテニシアを思い出した(笑)

熟すまで待たないとダメですね(笑)

にゃん先生@管理人さん、いらっしゃーい!

おはよーv-411

ぷぷ
熟しても無理だと思う。
噛みつく方もどうかと思うし、
どっちもどっちだね。

アンリ・シャルパンティエのテニシアって何々?
ムチャ、美味しそう。
涎が・・・・
v-391

「猫一倍」って_・)ぷっ


いやぁ、もう笑った笑った。天下一品のおまぬけコンビですねぇ。
そして、お陽との馬鹿ップルぶりもたまんない!(笑)

ちゃんと藤平様の所へ行きなさいよぉぉぉ
悩んでる場合じゃにゃいでしょうがっっ(^^;

秋沙さん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

お陽らしい物言いでしょ。

そうなのねぇ、この二人は菰傘の名物夫婦なのよね。
すぐに喧嘩して、すぐにいちゃいちゃ。
ふざけんなといつも言われてるよ。

お間抜けコンビもいつものこと。
五斗も世の吉に気に入られたのが運の尽きでしょう。
v-391

やっと思い出した?
何とか策を練らねば・・・まぁた怖い目に遭うかも?

さやいちちゃん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

ぷぷ
脳があったみたい。
けけ
v-389

やっと思い出したか世の吉さん。
五斗吉は完璧に忘れていましたねえ。
さて、籐平様も所にいけるのかな。

オム、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

ぷぷ
しょうもない二人だよね。
いつものことだけど・・・
ハテサテ?
v-388
プロフィール

 のくにぴゆう

Author: のくにぴゆう
猫国の住民達の物語を書いています。
作者はコメを食べて生きてます。
コメくださ~~い!
ブログ内の小説、画像の無断転載、コピー、転用は禁止です。

もくじ
最新記事
リンク
当ブログはリンクフリーです。
最新コメント
いろいろ
今まで紹介をしなかったのですが、それも変だなと 三ニャンを宜しくお願いします。

母のみーです。 mi3.jpg

息子のちーです。 chiko1.jpg

娘のぽーです。 po1.jpg

揃い踏み mcp1.jpg

木登りおーちゃん Ochan.jpg

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ





検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
pictlayer
画像をクリックすると大きく、もう一度クリックすると閉じます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。