スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第三章 とんびと鷹 見る目がない2


「そういえば、お前に食われた俺の可愛い尾っぽ、今頃どうしているかな?」

「へい、さっき厠(かわや)に行って来やした。なんか腹をこわしちまって…きっと、兄貴の尾っぽにあたったんじゃないかと(チロッ)」


何ぉぉー!?
俺の可愛い尾っぽを厠にだとぉぉー??糞まみれにしやがって!ちきしょーッ、返せ!返せ!
俺の尾っぽをこんにち只今、返しやがれー!!



「(え"??)さっき、いい事言ってたから、兄ぃも中々のお方よって俺、見直してたのにー。」

「えっ、そうなの?」

「そうですよ、兄ぃは『よし良し尽くし』の男だって」

「まっ、そこまで五斗に言われちゃ~な、仕方もねぇやにぁ~(ニャヒ)」

「さすがだなぁ、兄ぃはぁ」

「よせゃい!照れちまうよぉ~、やっぱりそう思うかぃ?」

勝手にしろと言いたくなる程のあほコンビ…一向に用事を済ませる気がない。


挿絵参照↓↓↓
yonoandgoto.jpg


「五斗、いいもんやろうか」

「へい、なんですか?」

世の吉はポッケから、半分つぶれたチーズを取り出した。

「あっ、これ!ノン吉兄貴お手作りのスペシャルちーず!!食べようと思ったらなかった・・・皆食べたがってたのに・・・独り占めしてたんだ!!」(ズッコイ)

「馬鹿だなぁ、俺は後で五斗に食べさせたい一心でだな・・・」

「本当ですか?歯形がついてますけど(ジロッ)」

「・・・味見だょぉ」

「あやしい・・・」

「いらないんならいいょ、食べちゃぅよ」

「食べます!食べます!」

スペシャルちーずは口に含むと、旨味がじゅわーっと広がり、あっという間にとろけた。


うんミャーーぃ!!


世の吉は満足そうだ。二人で徳利に残っていた酒も飲み干した。

「五斗吉、見てみなょ、空があんなに青いよ」

まったく、猫を見る目のないノン吉だった。
いつのまにやら大鼾(ぐうーぅ)夜更けになっていた。

「兄ぃ、起きて下さいょ~風邪引いちまうといけねぇよ」

「あっ!いけねぇ、あんまりいい心持ちだったもんで寝ちまったなぁ」

「へい」

「あれ?兄ぃ、今時分に蛍が…」

「何がょ」

「でっかい蛍ですぜ!見た事もねえような…」

「(ムンギュ)つかまえたぁ!」


ふんぎゃーッ!!


「てめぇぇ~!オイラの尾っぽ、又食おうとしやがって!」

「あっしは蛍を捕まえただけですょ」

「だぁ~かぁ~らぁ~、五斗ちゃん。それはオイラの尾っぽなのッ」

「えぇーー!?」

「おめえが食っちまったオイラの尾っぽの代わりに兄貴が『蛍玉』というのをオイラに付けて下さっただろぅ?夜を楽しみにしてなってサ」

「あ、そぉーいや、そうでした。いいなぁ~兄ぃは~さすがノン吉兄貴は珍しいものをお持ちですょ」

「あのお方のポッケはまさに宝の山だね」

「まったくで。そういや兄い、大分遅くなっちまった、そろそろ帰りやしょう。可愛い姉さんが待ってますょ」

「ヘッ、嬉しい事を言ってさ。ちょんの間お前も家に寄ってきなょ。なんかすっかり酔いが醒めちまったぁ(フゥぅ)つまんないから呑みなおしだ。五斗!付き合いなょ」

「いいんですか?」

「相手なしじゃ、寂しいょ」

「だって俺みたいなスットコドッコイが、兄ぃのお相手したって気の利いた話も出来ねぇし、よっぽど姉さんみたいな綺麗どころがお相手した方が…」

「いいんだょ、今日はお前と飲みたいのょ」

「知りませんょ、姉さんに怒られますょ」

「そんなこと、気にすんなって。なぁに、文句なんか言ったら『このオカメ猫!出て行きやがれっ~~』ッてなもんょ」

「本当ですか?」

「おう!そうよ!さッ、行くよ」


♪上見りゃキリぃなし~阿呆らぁしとぅ~、下見て咲いてる百合の花ぁ~~♪


世の吉は鼻息荒く、五斗吉を連れて大いばりで帰って行く。(スタコラ、スタコラ)





とても励みになります。\(^o^)/ 
★PC_ぽちっとお願いしまーーす★

人気ブログランキングへ


拍手とコメントをありがとうございます。
戴いたメッセージのお返事は拍手欄にしています。
(鍵コメは管理人は読めますが返事ができません)
どうか宜しくお願いします。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

見に来ました~

お話おもしろいですね~
絵上手ですね~いいな

お話でるたび、楽しみです♪

小説拝見致しました。

会話文で続く小説を読むのは初めてなんで、新鮮でした。

これからもがんばってください。

chika☆さん、いらっさ~い!

chika☆さんv-406まで、ありがとうございます。

嬉しいなぁ~頑張ります。

ブログに遊びに行きますね!

リシャールさん、いらっさ~い!v-411

いいのか、悪いのか・・・わかりませんが、どうしてもそうなってしまいます。

がんばります 。

はじめまして

こんにちは。
ご訪問&コメント有り難うございました^^
私は挨拶もせずに・・・失礼しました ((汗。

楽しく拝見させて頂きましたww
面白いお話ですね~^^
挿絵もなかなか味のある絵で素敵です^^

また遊びにきます♪
今後とも宜しくお願いします☆

星月冬灯さん、いらっしゃーい。

とても律儀なお方v-410

嬉しいです、味は干物味だと思いますププ

私も訪問させて戴きます。

これからも宜しくお願いします。

あらあら

世の吉さん、鼻息も荒く『このオカメ猫!出て行きやがれっ~~』なんて…
逆に追い出されなければ良いのですが (^^;)

のくにさん、お願いがあるのですが
リンクさせていただいて良いですか?

こんばんは!

こんばんは~

今夜はコメント欄におじゃましまーす。
のくにさんの色使い、柔らかな背景も含め、絵も会話の部分も大好きです。
今回はお願いがありまして。

リンクさせていただいていいでしょうか?
ぜひお願いいたします。

ではこれからも応援してますので、無理のない程度に
がんばって更新していってくださいね♪

バケさん、いらっしやーい。

嬉しいです、喜んで(^^)

こちらこそお願いしたいですバフン!(鼻息)

世の吉はお陽に甘えん坊してるんです。

あの夫婦に付き合うと馬鹿みますよ、本当にバカバカし~~ですよ。

馬鹿っプルです、正真正銘の!私が云うのもなんですけど。

シャイドリーマーさん、いらっしゃーい。

こちらこそ、喜んで(^^)

宜しくお願いします。

シャイドリーマーさんの詩の雰囲気こそ、パステルです。
私のはパステルと云うより
「行ってる!」
どちらに?
「あちらに」
てな絵です(^^)

チーズが好きなのはネズミでは。

とヤボに突っ込んでみたりして(笑)

それにしてものん気というかなんというか、ゆるみまくってる二人ですね~。

こんなやつらばかりだったら、藤平さんはさぞたいへんでしょうなあ。

そういやあ、キッチンシートにおつまみの「チーズ鱈」を並べて、電子レンジ(オーブントースターではない)で3分ほどチンすると、水分が抜けてかりかりさくさくの焼きチーズみたいになってうまいそうでありますな。

ためしにやってみようと思っているんだけどいつもつい忘れる(ダメじゃん)

ポールさん、いらっしゃーい!

ププ、ベタなことをv-389
残念でしたぁ、猫も好きなんですぅ。

ゆるみと云うか元々、締まってないですからね。
五斗はまだましです、しかし世の吉はユルユル、特に自分にはv-391

それは旨そうですね、ちー鱈は前はよく食べていました。
そのアレンジなら、チンの前に粗挽き胡椒をかけたり、一味をかけても良さそうな。
ふむふむ。

こんばんは

やっぱり世の吉と五斗吉は名コンビだ!
かみあってないけどねw
世の吉の尾っぽは光るんですね?
おもしろい!
夜に大活躍じゃあないですか?
しかし、ノー天気な二匹だニャー(=^・^=)

では、また~(^^)/

よしいぞうさん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

段々といい味が出てきてるでしょ。

よしさんに以前、突っ込まれたテニスボールですよ。
光らないと困るでしょ。
ニャハハハ
v-389

世の吉も五斗吉も、ノン吉兄貴の用事をすっかり忘れて・・・
大丈夫なのかしら???
あぁ~怖い怖い。

さやいちちゃん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

どわってぇ~
ノーテンキコンビだもの。
頼む方が悪いと思うよ。
へへ
v-389

アレー????

あれー、世の吉と五斗吉は、まだ籐平様の館に行ってないですよね。
一眠りして忘れてしまったのかな。

それにしても、まだ世の吉は尻尾の先にテニスボールくっ付けてたんですね。

オム、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

ぷぷ
猫選ミスと言いたいが、何がきっかけとなるかはわからないものだに。

一生物ですね。
どうやら、ご自慢になったようです。
v-391
プロフィール

 のくにぴゆう

Author: のくにぴゆう
猫国の住民達の物語を書いています。
作者はコメを食べて生きてます。
コメくださ~~い!
ブログ内の小説、画像の無断転載、コピー、転用は禁止です。

もくじ
最新記事
リンク
当ブログはリンクフリーです。
最新コメント
いろいろ
今まで紹介をしなかったのですが、それも変だなと 三ニャンを宜しくお願いします。

母のみーです。 mi3.jpg

息子のちーです。 chiko1.jpg

娘のぽーです。 po1.jpg

揃い踏み mcp1.jpg

木登りおーちゃん Ochan.jpg

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ





検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
pictlayer
画像をクリックすると大きく、もう一度クリックすると閉じます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。