スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第三章 とんびと鷹 見る目がない1

「あっ兄ぃよぅ~世の吉兄ぃ~もう走れないょぉ」

「何言ってんだよッ、ノン吉兄貴が見てるぞ!」

「知らないよぅ、もうダメぇぇ~」

「しょーがねぇなぁ」

世の吉は口とは裏腹に、もつれた足で五斗吉のそばに寄ってへたり込む(ヘナヘナ~)ノン吉の姿が見えないのを五斗吉に確認をさせると、やっと安心した様子で横になる(ドテッ)

「しっかし、怖かったなぁ~、あーんなにおっかなくなれるもんかねぇ!?」

「あっしなんか、一目見て気ぃ失いましたもん!あれノン吉兄貴だったんですか?」

「そうだよ」

五斗吉は恐ろしげに辺りを見回す(キョロキョロ)

「でもなんで、ノン吉兄貴はあんなに恐ろしい姿になっていたんですかッ!?思い出してもゾっとする…おぉーっこわッ(冷汗)」

「いやなぁ~、それがさ!桃吉がふざけた口を利きやがるから、叩いてやろうとしたのがさ、どーぃう加減かオイラの手がチョイと、本当にチョイとだけ兄貴に当たっちまったのょツ、

そしたらあれだ!怖いの怖くないのって(汗)お前は見てないけど、『空は暗くなる』『風は吹く』『兄貴は変わる』地の底から響くような野太い声で…『よぉ・のぉ・きぃ・ちぃ~』
オイラ、生きた心地なかったょツ~!失神したょッ(涙)」

「なんだぁ、あっしだけでなかったんだ…」

「当ったり前よ!自慢じゃねぇが、オイラは足のねえもんとお化けにはからきしなのょ」

「確かに自慢じゃねぇですね」

「ふん!はばかりながら男一匹、この世の吉様は『顔良し』『腕良し』『頭良し』の、よし良し尽くしの男よ!(エッヘン)だけどイイ男には傷もあるって。なっ、言うだろ?」

挿絵参照↓↓↓    絵をクリックすると大きくなります
yoshiyoshi.jpg


「(ん・・・・・)言わねぇです」

「そっかぁ~?まっ、そんな俺にも欠点があるって言う訳ょ、どうだ、わかったか?」

「そんな事わかりたくねぇです」

「ふむ。まっ、いいやな。処で、ここはちょいと思案どこだぞ」

「何がですか?」

「だって、ノン吉兄貴に面倒なこと頼まれちまったもの」

「そういや、ノン吉兄貴は用を言いつけたって言ってましたね、なんですか?あっしは勢いで兄ぃに付いてきましたけど」

「なぁに、藤平様に兄貴が桃の野郎を連れて旅立った事をご報告しろって。」

「なぁーる!だからお屋敷の方に走って来たんですか?そーなんですか、わかりました。そんじゃ、いってらしゃ~い」

「おい、なんで帰るんだよッ」

「だってノン吉兄貴に頼まれたの、兄ぃだけでしょ?」

「何言ってんだょっ、兄貴は二人で行ってこいって言ってたじゃないかょっ!!」

「そうでしたっけ?」

「そうだょ、お前、耳も悪いんじゃないの?」

「えぇえぇ、どうせ悪いですよー、あっしは耳『も』悪けりゃ柄『も』悪いから嫁もきませんよッ!お陰で嫁なし子なしの独ぼっちですよ!!(フン!)」

「またそれを言うぅぅ(マイッタナ~)悪かったょッ、むくれるなょ~。なッっ、この通~り、頭を下げるから勘弁してくれよぉ。ねっ、五斗ちゃん(ニコッ)よっ!五斗の兄貴!」

「やってらんねぇなぁ~、わかりましたよ。だけど、ノン吉兄貴はなんで自分で行かないんですか?」

「藤平様は兄貴の弱り目祟り目なのょ」

「なんでですかぁ?」

「誰だって藤平様の前に出りゃシュンとしちまうょ。五黄様だって藤平様には怒られるくらいだからさ」

「あっしはあんましお目にかかった事もねぇし、干物を買いにくるのは賄い頭のお滝さんだし、一度だけ遠目で挨拶したくらいですかね。そんなに怖いお方なんですか?」

「おお~、そうさそうさ、怖いなんてもんじゃないょ!お前達はどいつもこいつも行儀が悪い。口の聞き方一つなってない、里が知れるよ!ってな。こっちの話より説教が先なんだもの・・・ありゃたまんないょ(汗)」

「おーヤダ、おーヤダ、そんな事聞いたら、あっしは絶対に行きません!」

「そーだろ?誰だって藤平様には弱いのょ。オイラが酔っぱらってると思ってとんでもねぇ用事を言いつけるんだもの。でも考えてみりゃ俺達を見込んでの頼み事ょ」

「なぁーる!ノン吉兄貴は長生きだけあって見てる処は見てますねぇぇ」

「俺達には真似の出来ねぇ、長の年月を生きて来たお方ょ。そんなお方が俺達にお目をかけて下さる。五黄様だけでなく、ノン吉兄貴まで可愛がって下さる。良かったなぁ~五斗吉ょ」

「へい!」




とても励みになります。\(^o^)/ 
★PC_ぽちっとお願いしまーーす★

人気ブログランキングへ

拍手とコメントをありがとうございます。
戴いたメッセージのお返事は拍手欄にしています。
(鍵コメは管理人は読めますが返事ができません)
どうか宜しくお願いします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お邪魔しまーす♪

初めまして、コミュから飛んできました

お話し、第1章を読ませていただきました
まるで落語のようなお話のリズムが軽快でとても楽しいです ^^
これから、ちょこちょことお邪魔して
お話しを全部読ませていただきますね

それでは、また来ます♪
ってか、来て良いですか?

バケさん、いらっしゃ~い!

私もさっそく飛んできました。

黒ニャンは我が家にもいらっしゃいます。

これからどうぞ宜しくです。

いつでもウェルカム!
24時間、あなたのニャブンコブンです。

コメントありがとうです。この独特な世界感と文体と……そして絵。まさに”絵にも言われぬ物語”です。

ありがとうございます。

挿し絵は皆様に喜んで戴けているようで(涙)

文章は自分でもよくわかりませんけど、性格からなんでしょうか、どうしてもそうなってしまうようです。

ほんとに落語みたいですねえ。

世の吉もかわいいです。森の石松みたい。

「五黄っ猫だってね。スシ食いねえ」

ポールさん、いらっしゃーい!

おはようございま~~す(^O^)

森の石松ですか。
確かに似てますねぇ。
勝手だし、短気だし。
阿呆な処はかなり似てます。v-411ププ
憎めない存在なのは間違いないです。
これも世の吉ならではの妙なニャン徳の一つでしょうか。
いつも読んで戴いてありがとうございます。

藤平様って名前からして何かおっかなさそう
この展開だと世の吉と五斗吉怒られそうだ
大丈夫かな?かなり心配だ

藤平様がどんな猫なのか確かめるためにも
覚悟してまた明日来ます

MASASIさん、いらっしゃーい!

おはよーv-411

藤平はいいーー御猫様だよ。

ニャン望も厚いしね。

私は大好きでございます。

たまに珈琲を飲みに行きます。

v-398MASASIさんに、藤平ブレンドを飲ませたいです。

こんにちは

世の吉と五斗吉はいいコンビですね。
かみ合ってるのか、いないのかビミョーな感じだけどw

では、また~ (^^)/

よしいぞうさん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

全くその通り!
微妙なコンビです。

五斗も慣れてくるとツッコミがうまくなります。
ニャハハハ
v-283

世の吉も五斗吉もノン吉兄貴が好きなんですねぇ~
う~ん、師弟愛って感じでいいです♪
さやいち、そんなに誰かに頼りにされた事あるかしら???・・・ないかな(汗)?

さやいちちゃん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

なんだかんだ言って好きなのね。
カッコイイもんね。

viviちゃんに茶々丸ちゃんに一階組に
そしてぇーーーー
ラブリィ旦那ちゃんだよ。
v-398

漫才コンビの世の吉と五斗吉の話しでしたね。
籐平様に会うのに尻込みしているのかな。
五黄様でも説教喰らう方だから、漫才コンビも説教喰らうな。こりゃあ。

オム、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

藤平はしつけに厳しいからねぇ~
へへ

誰にでも一人は怖い者がいるのはいいことだよ。
ノーテンキな二人の話は続きます。
v-389
プロフィール

 のくにぴゆう

Author: のくにぴゆう
猫国の住民達の物語を書いています。
作者はコメを食べて生きてます。
コメくださ~~い!
ブログ内の小説、画像の無断転載、コピー、転用は禁止です。

もくじ
最新記事
リンク
当ブログはリンクフリーです。
最新コメント
いろいろ
今まで紹介をしなかったのですが、それも変だなと 三ニャンを宜しくお願いします。

母のみーです。 mi3.jpg

息子のちーです。 chiko1.jpg

娘のぽーです。 po1.jpg

揃い踏み mcp1.jpg

木登りおーちゃん Ochan.jpg

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ





検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
pictlayer
画像をクリックすると大きく、もう一度クリックすると閉じます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。