スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クルミ 55 古い写真

前回

怒りに任せてお順を叩くコノミ、朝太郎が憎いのは昔のお順であって今のお順ではないと訴える。


はじまり、はじまり



朝太郎はお順の後を何とはなしに付いて行く、そして見ていた。あまりに責められるお順が哀れになり、自分の悪事を言うことになっても、止めたいと思った。

朝太郎の告白を聞くと夫婦は驚き、呆れる。だが朝太郎の気持ちもわかる。コノミとて鬼ではない、到って優しい心の持ち主。

「いやね、コノミさん、富吉さん。何かあっしみてえなのが知り合いみたいに口を聞くから、気を悪くされるでしょうが、すっかりお順さんに聞いていたもんで、知っているみたいで、、、すいやせん」

「・・・」

「いいんですよ」

「だけど我慢して聞いてくだせいよ。謝るっていうのは、口で言う程、楽じゃねえんですよ。それを顏が腫れ上がる程叩かれても、泪流しているなんてのは、腹の底から詫びていなけりゃ無理なんですよ。わかりますか、あっしなんか口じゃ平気で悪かったよなんて言いますよ。

だけど腹から悪いなんて思った事なんて、これぽっちも無しで来ましたよ。しつこく、くどくど言われりゃ『こんなに謝ってんのにわからえのかって』逆に怒り返したりしてね」

「いや、そうですよ、あっしだってそうですよ、商売してますから、いろいろありますから、よくわかります。客に文句を言われりゃ、その場は頭を下げるが、その場限りですよ。こいつだって商売を一緒にしているんだから、分かっている筈ですよ。それがこの頃、店が大きくなったもんで、奥様面してこんなみっともない事するんですよ」

「あんただって『旦那様』って云われているじゃないか、何さ自分ばかり良いカッコしてさ!」

「・・・」

「あっしは心底、詫びるお順さんを許してやって欲しいだけです!本当に分かり合えるのは、血肉を分けた母子だけって言いますもんね」

「朝太郎さん、その通りですよ!さっ、あっしと中に入っておくなさい、朝餉はまだでしょう?こんなわからず屋放っておいて、お袋さんとご一緒にどうぞ!あッ・・あれれ、お袋さんは??」

お順は伸びていた、朝太郎に突き飛ばされた勢いと叩かれ続けていたので気を失っていた。


あっ?!お袋さん!!


「あっ、お順さん、こいつはいけねえや、あっしが突き飛ばしたから」

朝太郎が抱え上げようとしたその時、コノミが止めた、そっとそっとお順に近寄る。

「母ちゃん・・・母ちゃん・・・あんなに身なりに五月蝿かったのに・・・こんなに汚い・・・」

コノミは母に付いた泥を払いながら、泣いた。泪は頬を伝ってお順の顏に落ちる。温かい泪に気が付く、腫れて膨(ふく)れた瞼の先に、コノミの泣いている顔。


コッ、コノミぃーーーっつ!すまなかったよぉおおーーーッッ!!


母ちゃんーーー
もういいよ、いいんだよ、来てくれただけでいいんだよ。
ゔわ゙ぁああああーーーん


抱き合う母子に富吉も朝太郎も、店の者達も泣いた。

コノミはお順が来る筈がないと思っていた、いくら茂吉の手紙に書いてあっても、信じられなかった。手紙を貰ってからは、否定しながらも期待する。そんな自分にも腹が立つ、なのに用事を探しては外に出る。狐の姿がないと尚、腹が立った。

『ほらご覧な!来るわけないさ、幾らなんだって子供に謝るもんか、あれだって親のつもりだもの、あたいに無駄足させて、あの女狐ーッ、そうだ、来たとしてもきっと、お銭をねだりに来るんだよ、そうだよ、そうに決まっている。チキショウ!!』そんな苛々がつのっていたコノミだった。

しかし亭主の前で項垂れる薄汚い母、叩きながらも内心では驚きだった。朝太郎に言われるまでもなく、コノミの知る母と目の前の母との違いに戸惑う自分。

顔立ちも声も同じ、間違いなく母なのに、トゲトゲしかった雰囲気も毒ずく舌も今はまるでない。得心した時、優しいコノミに戻っていた。

そう、コノミはいつもきれいな母が好きだった。たまに優しくされると嬉しくて仕方なかった。クルミが産まれてから、三人で仲良く暮らしていた時があった。忘れていた遠い記憶を思い出す。

親子は今までのやり直しをするように一日、一日を過ごす。コノミは渡された櫛の話しを聞くと、不思議な巡り合わせに驚く。いつか【魂納めの宮】でクルミに会った時、この櫛を上げようと二人で話し合う。

その後のお順は茂吉の許しを得、卍宿病院に務めている。裏卍に務めたかったが、それは許されなかった。毎年、鈴蘭百合をコノミに、キナに、そしてガス病院に送っている。お順はたまに休みを貰うと、生き直しをしている源吉や朝太郎に会う。朝太郎は今では源吉と一緒に修業をしている。

さて、クルミとはどうなったのか。

茂吉が計らい、会える様にしたのだがクルミが聞かない。『会えば気持ちが変わり、元に戻るかも知れない』と言い張る。『このまま良い母でいてほしいから、あたしと会うことを目標にして頑張って欲しい』と言う。茂吉はいつか時間が気持ちを変えるだろうと、そっとしておく事にした。


            ♢            



それから数十年後。
沢山の見舞いの者、医者も看護師もある病室の前に溢れている。この病人は余程、皆に好かれているのだろう。誰もがその病人の死期が近いことを知り、押し黙っている。その中を一人の狐が押し分ける様に進んで行く。その美しい姿を見ると、自然と暗い顏も和らいでしまう。

「すみません、通して頂けますか」

美しく成長したクルミだ。ようやく入れた病室の主は今にも息を引き取ろうとしている。

母ちゃん、あたしです、クルミです。やっと会えました」

目を薄く開けたお順の目は、どこまでも優しく澄んでいる。顏の白髪も増え、灰色が白くなっていた。髭も大分抜けている。

「ぁーーあ・・・」

か細い手をクルミに差し出す。

「母ちゃん、頑張ったね、頑張ったね、あたしはどれほど嬉しかったかしれない、母ちゃん・・」

「ク・・ルミ、、、やっと会えた。これで思い残す事なく宮に・・逝ける」

「母ちゃん・・・」

枕元に古びて薄汚れた写真がある。気まぐれて撮ったのかはわからないが、そこには確かにクルミの誕生を喜ぶ母子の姿が写っている。

挿絵参照↓↓↓  絵をクリックすると大きくなります
furuishashin2.jpg


それからのお順はクルミの温かい看護を受けた。よほど嬉しかったのであろう、三日後、、、安らかに旅立つ。
振り返れば、いろいろあった母子だった。家族だけで暮らした日々は少なく、離れていた時がずっと長かった。

だがお互いが思いあう心に距離も隔たりもない。クルミが姉の無事を祈る、母の生き直しを願う、コノミもお順もしかり、会うことはなくとも紛れもなく家族だった。

別れた後の生き方が母子を本当の家族にしたのだろう。








おわり






クルミも一年に亘りましたが、ようやく終わりました。
振り返れば、この物語を書き始めたキッカケは、
三吉のその後を書きたいが始まりでした。
友達が欲しいな・・・
浮かんだのは赤い耳と尾っぽのおしゃまな狐の女の子、名前はクルミ。
決まった途端、彼女は目をくりくりさせながら、自分の物語を話し始めました。
そして最終話となり、今は唯、ホッとしています。
長い間、お付き合い下さいました皆様に、心より御礼を申し上げます。
また、充電期間をしばらく頂き、復活をしたいと思います。
次回は爺ちゃん、婆ちゃん達が主役の中編です。
お題は三猫文殊旅。
猫国はまだ続きます、いつになったら終わるのやら・・・
どうか宜しくお願い申し上げます。


ぴゆう拝


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

姐さん、ホンにおつかれさまでした m(__)m
そうか、すでに1年が経ったのか。
「おわり」の文字が、心に沁みますわ。
来年の今頃は・・・きっとまた同じように、黙々と歩んでいるんだろーな。

今回はね、最後まで読んでから挿絵をクリックしtました。
何故か、眼に汗をかきました。
おそらくは、夏の暑さにやられたのでしょう(笑)
別れてからの生き方で、家族になれた・・・それはそれで、切ないや。
でも、きっと、この家族は、こんな生き方をするしかなかったんでしょうね。
何の定めか、因縁か。
確かなものは何も無いけれど、次の世で仲良く暮らせることを祈ります。

うんうん、ちょっと複雑ではあったが、ステキにハッピーエンドだったよ^^
わたしはそれで 「よしっ!」 としますわ(笑) ←勝手にね(^_-)-☆
長きに亘り、日常を忘れられる時間を、ありがとうございましたm(__)m
三猫文殊旅・・・楽しみに待ってます^^

お疲れ様でした^^

毎週楽しみにしていましたよ^^

やっぱりハッピーエンドは良いね^^

”別れた後の生き方が母子を本当の家族にしたのだろう”

子供は親に、親は子供に迷惑をかけずに見守るのも愛情だよね

お順は他者に尽くすことで償い、クルミとの最期の3日間はすべてが

許されて、報われた本当に幸せな時間だったのでしょうね。

挿絵の幸せな笑顔が戻ったね。 なんか深いわ^^


一年間お疲れ様でした。

しばらくゆっくりとしてくださいませ^^

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ぴゆうさん、ひとまずお疲れ様でした^^

何ともいえない最後、
間違いなくハッピーエンドですよね!!
いつもステキですが、
今回の挿絵がまた、温かくてステキで・・・・♡
とってもいい最終回だったと思います。
美しく成長したクルミの姿も
またいつか見られるかな!?

まだまだ続くぴゆうさんの猫国物語、
楽しみにしていますね^^

ぴゆうさん、お疲れさんでした。
今回は前にも増して、涙もろい私にはこたえました。
母であるお順にとことん苦しめられ、捨てられたコノミも
心の中では今、目の前にいるような母であって欲しかったはず。
お順が本当に変わって、許しを請うために会いに来たことを確信
した時のコノミの喜びは親子にしかわからないでしょう。
善い行いは、いつの日か必ず報われる、そんな希望を持たせてくれる
本当に温かい内容だったと思います。
最後に美しく成長したクルミが、3日間だけ母の看病をした後、最期を
看取る場面を頭に描き、挿絵をクリックしてみると、もうたまりません。
美しく成長したクルミの登場が花を添えたように思いました。

ゆっくり休んで次に備えて下さい。
今度は初めから見させてもらいますので、よろしくお願いします。

いい話でした。

特に結末部は、涙が出ました。

胸が詰まってそれだけしか書けません。

ありがとうございました。

長い間、お疲れ様でした。お順はほんとうに、最後の何十年をしっかり生きてきたんですね。最後にクルミにあえて良かったです。息を引き取る時は、本当に幸せだったんだろうなぁ。今度生まれ変わる時は、きっといい母親になれますよね。どうしても、許せないお順でしたが、最後は、許せました。美しく育ったクルミも見てみたかったなぁ。次の作品も楽しみにしています。それまで、ゆっくり充電してくださいね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんにちは~~♪
遂に物語も終わっちゃったんですね。寂しい。
親子の情がとっても素敵に描かれてて感激です。
最後の3日間でクルミちゃんとしっかり親子して・・お順さんは幸せでしたね。
古い写真の親子の姿にもどれたんですね。
クルミちゃんの美しくなった姿も見たかった~~。
ぴゆうさんお疲れ様でした。
今度は 三猫文殊旅ですか。楽しみにしてます~~♪

お疲れ様でした。
やっぱり、許して終われるならば、それが一番いいことですね。
今回のことは、お順のため、というより、クルミとコノミのためのラストなのだなと感じました。
罪を犯したモノは、許されてチャラになるわけではなく、やはり罪を犯した時間の事は胸に刻んで生きて行かなきゃならない。
それよりもなによりも、酷い仕打ちをうけた人々が、どう慰められるか……なんだと思うんです。
普通はなかなか難しいことです。
ただ、この物語の被害者と加害者は親子。
許して終われれば、それが一番です。
心の広い子供たちだったことに、お順はもう一度感謝しなきゃいけませんよね。
罪と罰ということ、いろいろ考えさせられるお話でした。

どうもありがとう!!!

もう1年も経ったんだ~~・・・びっくり!!
あんなに、どうしようもなかったお順が
こんなに変わって
親子が最後はちゃんと和解出来て・・・・・・
終わりの時の描写なのにも拘らず
爽やかな涙を流すことが出来て
とっても嬉しいです!!!

ぴゆうちゃま、どうもありがとう!!!
こんな素敵なお話を産んでくれて!!!!!

写真のきつね親子、幸せに包まれてるね!!
ものすごい回り道をしちゃったけど
最期に、やっとあの幸せの写真の続きに辿り着いた。

本当に本当にありがとう!!!!!
お疲れ様でしたm(^v^*)mv-238

次回作も楽しみにしてます(^^*)v-238

改心を地でいきますか。
流石はのくにぴゆうさんらしい。
私の作品はそれがないですからね。
それはそれで美徳で素晴らしいものですね。
私では書けない魅力ですね。
この作品は一区切りしましたが、
これからも読ませていただこうと思う作品です。
( ;∀;)


良かったです。

コノミだって心の奥底には母を思う気持ちがあって
それでも恨み言を吐き出さないと自分の気持ちを整理出来なかった
のですよね。今までの思いを全て吐き出してやっと母を本当は
愛してて、愛して欲しかったのですものね。

朝太郎の回りくどい(笑)説明に腹を立てながら涙を流していたのですね。

どんなに叩かれても我慢した母の償いの気持ちを受け入れて、
やっと本当の母子になれたのですね。良かった、良かった。

すっかり善人になったお順は皆から慕われる狐になって最期の時を
クルミにも許され看病を受けて穏やかに逝けたのですね。
朝太郎も心入れ替えて頑張ってるし・・・。

やはり生まれた時から本当に心が腐っている者はいないと言う事ですね。


お疲れ様でした。感動でした。
十分英気を養って次回作を書いてください。待ってますにょ~。

私、コメントしたつもりが、無い!
寝ぼけていたのかな?(笑)
よかった!よかった!
本当にハッピーエンドで、良かったよ〜(^^)
どんなに心が荒んでも、きっと、底の方には、
いいものを持っていると信じたいですね。
最近は目を覆いたくなるようなニュースが多いから・・・。
私も猫国へ行ってみたい。
のんびり幸せになれそうだから・・・(笑)
ぴゆうさん、お疲れさまでした。
お早い復帰をお待ちしています〜(^_−)−☆

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

 のくにぴゆう

Author: のくにぴゆう
猫国の住民達の物語を書いています。
作者はコメを食べて生きてます。
コメくださ~~い!
ブログ内の小説、画像の無断転載、コピー、転用は禁止です。

もくじ
最新記事
リンク
当ブログはリンクフリーです。
最新コメント
いろいろ
今まで紹介をしなかったのですが、それも変だなと 三ニャンを宜しくお願いします。

母のみーです。 mi3.jpg

息子のちーです。 chiko1.jpg

娘のぽーです。 po1.jpg

揃い踏み mcp1.jpg

木登りおーちゃん Ochan.jpg

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ





検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
pictlayer
画像をクリックすると大きく、もう一度クリックすると閉じます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。