スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クルミ 54 謝る

前回

これも何かの縁、朝太郎に全てを話し、心を決めたお順。


はじまり、はじまり



「ああ、足が進まなくて店の前やら裏に周ってみたり何度も行ったり来たり、気がつきゃ、村はずれまで歩いていた、、、どうにも向かない足に困り果て、へたり込んでいたとろこをあんたが声を掛けてくれた。

理由はどうあれ、あんたの御陰であたいはあの店に行けたし、次いでにあんたは裏木戸まで開けてくれた。『行くしかないやね!行って来い!』って言われてるみたいだったよ」

すっかり明るくなった陽に向かい、深呼吸をすると歩き出す。

「あっしの事を言いなさるんで?」

「ふん!子供を売り飛ばした親と盗人と、どれだけ罪に違いがあるのさ?あたいは償い一つしてない、、、心配しないでおくれ、言いやしないよ。それよか、あたいの話しに少しでも考える事が出来たら、もう盗みは止めなよ」

振り返りもせずに歩き出す、目指す先は一つだ。板塀がひどく高く感じる、、、開いている裏木戸も重たく、朝太郎にかっこの良い事を言ったが中々一押しが出来ずにいた。

旦那様ーっ!

「もう、そんな大声を出すんじゃないよ、まだ皆様はお休みの時間なんだから。それに幾ら言っても、ほら、また戸締まりを忘れてる、仕方ないねえ」

お順が手を掛けた時と富吉が板戸を触れたのが同時だった。

「あれ?」

あっ!

お順は勢いよく中に入ってしまう。

「あ゙っ?すみませんッ!」

「いえ、こちらこそ気なしに戸を開けたものですからすみません!あの、何か御用ですか?」

「…あのぉ...こちらにコノミさんは・・・?ぉ、ぉ順と言ぃまス、、、」

「もしやして、コノミのお袋様では?」

「えっ!?あの、あの、あなたは富吉さんですかッ!?」

そのまま突っ伏してしまう、顏を上げる事が出来ない...

「何をなさっているんです!さあさあ、遠いい所をよくぞ来ておくんなさった!さあ、とにかく頭をお上げなさって下さいっ」

「で、でもッ・・・なぜあたしがおわかりで?」

「茂吉様からお手紙を頂いておりやした。『姿は灰色の狐になっているが、きっと訪ねて来ようから』と、それはそれは丁寧なお手紙を下さいましたんで」

「茂吉様が・・・」

「はい、それからはもしや朝早くお着きか?それとも晩か?と毎日毎日、こうして見に行くのがあっしの日課でした」

「なんと!それではこんなあたいの為に?・・・」

「何をおっしゃいます!あなたは紛れもなくコノミのお袋様。婿のあっしがお迎えするのが当たり前ですよ」


「ぁ゙あ゙あーーッ!ゔわ゙ぁああああーーーん


お順は泣いた、泣くしかない。騒ぎを聞きつけ、コノミが駈けって来る。

何しに来やがった!?クソ婆っ
てめえなんかに今更謝られても戻りゃしないよっ!
帰れッ!、帰れぇええーーーっつ!!


バッチーーン!


富吉がコノミを思いっ切り叩く。

何しやがるっ!お前にあたいの気持ちの何が分かるって言うんだッ!」

「いい加減にしろ!お前は今じゃ子の母、も少し大人になんなっ!!

「五月蝿いやっ、あたいはこの婆に宿年の怨みを晴らすんだよ!」

「いいんです、いいんです、富吉さん、コノミの好きにさせてやっておくんなさいっ」

お順は止めに入る富吉を押さえ、コノミの前に膝を付く。コノミは叩かれた所為もあり尚更、檄こうしている。

「この婆!こんな無様なナリしてっ、こうしてやる!こうしてやるっ!あたいが、あたいがどんなに苦しい思いをしてきたか教えてやるーーッッ!!

叩いて、叩いて叩きまくった!お順はどんなに叩かれても泣いているだけで何も言わなかった...

挿絵参照↓↓↓  絵をクリックすると大きくなります
ayamaru.jpg


「こうしてやる、こうしてやるッーッ!、、、」

「もういいだろ!お袋さんの顏があんなに腫れちまったよ」

「五月蝿いっ、放っといておくれ!叩き殺してやるんだっ!」

その時だった、大きな熊がお順を突き飛ばすとコノミの前に土下座した。

コノミさん!どうか許してやっておくんなせッ
あっしが出て来る幕じゃねえのは良く分かっているが、このまま叩き殺されたらお順さんがあんまりだ!どうかあっしの話しをっ」

「あっ、あなたは、どちらさんで?」

「誰だいッ、何すんだッ!これは他人が口出す問題じゃないよッ!」

「へい、わかっておりやす!ですが、これだけは聞いておくなさいッ、あんたが憎むお順さんは今のお順さんじゃねえですよッ!」

「なんだって!?」









つづく

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ようやくお順はコノミに謝る事が出来たんですね。
子供達に対する自分の非道を考えれば、コノミの恨みが
少しでも薄らぐように、溜まっていた憎しみを吐き出して、
自分の悪行もたたき出して欲しかったのではないでしょうか。
茂吉様の行き届いた配慮とそれに応える富吉さんの優しさには
いつもながらほろりときます。
そんな時、お順はかばってもらう事で、自分の行いはいい事も
悪い事もいずれは自分に跳ね返ってくる事を学んだことと思います。

ぴゆうさん流の挿絵、きれいですね。
怒っているコノミは以前のお順のように見えてしまいます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

おはようございます~~♪
コノミちゃん 凄い迫力ですね。
でもこの位しないと今までのわだかまりは消えないことでしょうね。
そしてお順さんも叩かれることによって少しは罪滅ぼし!?
お順さんもかなり反省してる様子の挿絵ですね。

確かに、昔のお順とは、全然違いますが、そんな簡単にコノミが受け入れるとは思いません。だって、自分を売った母親ですよ。そんなに簡単に許せずはずは、ないです。コノミの怒りが胸に痛いです。きっと、コノミの痛みをわかるのは、コノミ自身と、クルミだと思います。許すことは必要だと思いますが、仏様じゃないし難しですよね。ご心配おかけしました。完全復活しました。ずーと忙しかったので、体も疲れてたかと。漢方試してみようかな?

姐さん、遅くなりましたm(__)m

コノミの怒り、至極ご尤もでさぁ!!
ま、これぐらいじゃ済まない事をしたんだよね、お順は。
怒り心頭になるコノミの苦労を想うと、胸が痛むよ。
しっかしまぁ、富吉は良く出来た婿さんだこと。
そして、茂吉さまの今更ながらの心配り・・・感心したわぁ。

挿絵、味があって、とってもよかった。 ←舐めた訳ではないがのぉ(笑)

仲介に入った朝太郎の働きが、楽しみですにゃ。
コノミに上手く伝わって、蟠りが吹っ切れるといいね。
そして、仲のいい母娘になれますように・・・心から祈ります。

号泣~~~(´Д⊂。・゜・。

辛いんだか悲しいんだか嬉しいんだか
もう、なんだか分かんないけど号泣~~!!!
うああああああああん(´Д⊂。・゜・。

きっと、全部なんだろうな・・・・・・・
お順の気持ち、コノミの気持ち
冨吉の気持ち、朝太郎の気持ち・・・・・
全員の気持ちは全部全部、それぞれ全く違う気持ちだけど
全部全部、泣きたくなるような気持ち・・・・・

意外にも朝太郎が助け船を・・・・・
これで母娘、抱き合う未来が訪れるのかな・・・

頑張れ!!朝太郎!!!!!
頑張れ!!みんな!!!!!!

でもって、頑張って!ぴゆうちゃま!!!
ごめんねえ~~(´∀`;)\
完成品を渡せなくて~~~i-201
でも、私のも私が作ったんじゃないのよ~~!!
お店のオーナーさんが作ったのよ~~!!!(爆)

コノミちゃんの反応のほうが普通だよなあ……。

それでも不毛な暴力は不毛な暴力を呼ぶもの……。

どこかで憎悪を断ち切らないと永遠に続きかねないし、そういった意味でけじめをつけることは大事です。

もし、ここでお順とコノミちゃんが和解できなければ、お順に対する怒りや憤懣が、ねじれた感情となって、コノミちゃんのかわいい子供たちに向けられるかもしれないもの……古来そういった話には事欠きませんからね、本を読むと。

とにかくソフトランディングを望みます……。

私も、コノミの感情の方が普通だと思ってしまいます。
コノミ自身のこともそうだけど、この母親はクルミまで苦しめたんですから。
いつも思うのです。
肉親などを殺され、捕まった犯人が心を入れ替え、「本当に申し訳なかった」と土下座してきたら、自分はどうするだろうと。
罪を憎んで人を憎まずっていう、悟った判断ができるだろうか・・・って。
やっぱり私は、絶対に許せないと思います。きっと心が狭いんだと思うけど。
だからこのシーンでは、コノミのほうが苦しいんだろうなと思って見てしまいます。殴ってしまうことは、止めさせたいけど。
怒りをすべてぶつけていいのだと、思うんです。

はあ、そりゃそうだ。
自分で自分のことずっと子どもと思い続けていたら、
それはそれで無責任なんですよね。
大人っていうのは責任を背負うから大人なんですよね。
なんの責任かはその人の過去と業によるもになるんでしょうが。

コノミが恨む相手は、今のお順じゃなくて・・・。
そうなんですよねぇ!
今のお順じゃなく、あの頃のお順なんだ。
過去の恨みは、過去のものにしないと、前には進めない・・・。
ってことかな?
それにしても、コノミは、いい旦那さまと一緒になったものだと思う。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんばんは。

朝太郎と出会い、その熊がコノミの家の裏木戸を開けた事で、
熊と話しもし、思い切ってコノミに会う勇気を得たお順。
迷いながらも富吉の暖かさに触れ、コノミの怒りを真正面から
受けとめるお順。
叩き殺してやりたいほどの憎しみをお順にぶつけるコノミ。
熊の話によってコノミの怒りもおさまるのかな。

何もかもぶちまけて本当の親子になって欲しい。




こんばんは^^

ろくに面倒を見てもらった訳でもなく、売り飛ばされたコノミが

そう簡単にゆるしてくれるとは、お順もおもってはいないだろうけど

叩いた方も痛いのよね。手も心も。

残りの人生かけて償ってほしいよ。

心の狭い私としては、許せないけれど・・・

茂吉さまの願いが叶いますように^^

挿絵のお花が怒りの空気を和ませていてほっとする。

いきなり暑いね~

体調はいかがですか?

園主さん、いらっしゃ~い!

こんにちはー

やっと出来ましたね。

お順に葛藤があり、逡巡する気持ち。
心に整理をつけるには一定の時間が必要でした。
それは迎えるコノミにも言えることです。
今まで、蓋をして忘れたふりをしてきたのが本当でしょう。
そうしなくては生きていけなかった。
そんなコノミに考える時間を与えたのが茂吉です。
お順が突然、現れれば怒りだけで顔も見せないでしょう。
お互いに心の準備があったことは大きなことだと思います。
憎い相手を待てと言われ、いつ来るかもわからずに、今日か明日かと待つ身。
興奮し、こう言ってやる、ああしてやるとコノミは考えていたでしょう。
手紙が来てから大分経つのにまだ来ない。
どういうこと?嘘に違いない。そう言って茂吉様を騙したんだ。
もう、それはそれは色々と考え考え、疲れたでしょうね。
沸騰から熱湯へと移行する。
お順は熱湯になったコノミに叩かれたのです。
大分、違うと思います。

全くですね。
さすが親子です。
ぷぷ
いつもありがとうございます。
v-410

鍵コメMさん、いらっしゃ〜い!

こんにちはー

きっと間違ったのではと思いますのでコメ返しますね。

しっかりアフターフォローもしていましたね。
茂吉はコノミに準備をさせたのだと思います。
突然、現れれば会わないでしょう。
それが至極、当然です。
でも、それでは何にもならない。
平行線のままです。
お互いが最後のチャンスだったのです。
怒りをぶつける
怒りを受け止める。
一つ一つが二人には大切なこと。

富吉と朝太郎がいい仲裁人になってくれます。
v-410

りんだちゃん、いらっしゃ~い!

こんにちはー

待ち構えていましたからね。
今までを思うと仕方ありませんよね。
叩き殺されたとしても致し方なし
でも、それではね。
茂吉が裏卍でしたことが無意味になってしまう。
また、お順もしかり
そして、知らせを受けていたコノミもです。

あれでも親、やっぱり不憫になってしまって
描くのが悲しかったです。
v-406

むらななちゃん、いらっしゃ~い!

こんにちはー

確かに違っていますね。
そう、違ったことが重要なのです。
今までのお順じゃない。
朝太郎の言葉により、気がつくかどうか?

コノミは今はとても幸せです。
理解のある富吉がいる、可愛い子供が居る。
商売も上手くいっている。
怒りに任せ、許さずにいることが出来ましょうか。
過去を過去として、前を向いて歩いてきたコノミ
過去に縛られ、過去に苛まれるお順。
救えるのはコノミだけです。

おお〜〜
良かったよう
若くても疲労は蓄積されるから、無理しないでね。
お薦めだよ。
v-392

llama姉さん、いらっしゃ~い!

こんにちはー

とんでもございません。
FC2が12時ピッタリのアップをしてなかったのです。
久しぶりの不調。
一時くらいに来て、アップされてなーーーい!!とびっくりして
やり直しました。
着て頂いていたのにスミマセンでした。

全くですね。
待ち構えていたので、余計にヒートアップしたのかもしれません。
平手で打たれるだけいいですよね。
ぶつ手が痛い、そんなところでしょうか。

富吉は本当に良い奴です。
貞が暖簾分けを許した弟子だけあって猫が出来ていますね。
店も繁盛して、今では中々の大店になっているようです。

ぷぷ
ありがとうです。
描いていて、ちと複雑な気もありました。
酷いバカ女だったのに、不思議なものです。

ですね。
其のための朝太郎でござるよ。
v-410

かじママちゃん、いらっしゃ~い!

こんにちはー

全くです。
こんな事をしなければならないコノミの不幸
それを思うと哀れでございます。

コノミは複雑に入り組んだ感情が一気に吹き出しているのですよね。
お順は只もう、許しを乞う立場ですから
ここに至っては怒りを静かに受け入れているだけでしょう。
富吉にしてみれば、今が幸せなのだから許してやるべきだと考える。

朝太郎は?さてどうするのでしょう。
このことが真っ当になるキッカケになるといいですね。

とんでもないでござーーる。
夏らしさが楽しいですよ。
でも、いつの間にか頭が硬くなっているのか
トンといい感じにならない。
難しいでございます。
きゃーーそうだったの!
少しだけ、安心した。
ぷぷ
v-410

ポール、いらっしゃ~い!

こんにちはー

本当に
むしろ当たり前です。
元々、子供にこんな真似をさせたのはお順なのですから
致し方ありません。

ですね、だからこその富吉であり、朝太郎です。
待たされていると本人は思っていますから
顔を見れば、怒りで沸騰したのかもね。
でも、沸騰したら後は冷めるだけです。
茂吉から与えられた、考えて受け入れる時間。
其の時間をコノミは無駄にするのでしょうか。
いいえ、そんな馬鹿者ではないと思います。
どうにもならなかったお順、
改心させられ、謝罪に来た。
ある意味、富吉とコノミに託されたのです。

明日は最終ページ。
頑張りやす。
v-410

limeさん、いらっしゃ~い!

こんにちはー

本当ですね。
されたことを考えれば、むしろ優しいくらいですよね。

心は見えませんものね。
態度で表すしかないのです。
罪を憎んで人を憎まずって言葉、
其の考えって罪と人は別ということになりますよね。
まるで罪に人格が備わっていて、もう一人の人格が犯したことなのでしょうか。
私には理解できません。
そんな都合のいいことが罷り通るのなら、犯人天国です。
まさに今の日本の法律ですよね。
未成年は特別、精神に問題があれば別。
独りだけしか死んでないから死刑にしないって・・・
じゃ誰が償うの?
ヤラレ損ですよ。

だからこそ、猫国では必ず償わせることになっています。
何もせず、罪も償わずに魂納の宮に行けば、
二度と生まれ変わりが出来ず魂はバラバラになり沈められるのです。
現世が余りなので、そんな仕組みにしたのでございます。
コノミも色々と思うことがあるでしょう。
頑是ない童じゃない、もう一歩、進んで大人になるべき時が来たのだと思います。
v-391

LandMさん、いらっしゃ~い!

こんにちはー

富吉はまさに大人ですよね。
苦労が糧になっていい猫になっているのだと思います。

そんな富吉が選んだコノミ
きっといい女に違いない。
今は怒りで我を忘れているようですが、
きっとわかると思います。
v-410

きらたるちゃん、いらっしゃ~い!

こんにちはー

ですよね。
今のお順じゃないのです。
けして、過去が消えた訳じゃない、まだまだ、償いは始まったばかり
でも、最初の一段を突き飛ばすのも引っ張り上げるのも
コノミ次第です。
ある意味、茂吉から改心したお順を託されたのです。

富吉は流石の旦那ですよね。
こんな富吉が選んだコノミです。
間違いが在るわけがない。
ぷぷ
v-410

鍵コメMさん、いらっしゃ〜い!

こんにちはー

描いていても切なかったです。
あれでも親ですからね。
何でこうなってしまったのだろうと思いましたよ。
掛け違ったボタンは始めからやり直すしかない。
お順もキツイだろうが
叩いているコノミの心は
もっとずんと辛くて痛いのですもの。

ありがとうござる。
ぷぷ
v-410

うにゃままちゃん、いらっしゃ~い!

こんにちはー

確かに朝太郎の行動が変わるキッカケになるかもしれません。
ぷぷ
それも何もかも、なるべくしてなった。
出会うべきものが出会い、寄り添うべきものが寄り添った。
掛け違ったボタンを直すには
始めからやり直さなければ元にはならない。
お順はそれを始めたばかり
一番始めからのやり直しなのです。
自分が産んだ子がいかほど立派に成長したかを知ることになります。
家族で暮らしていた大事な時を
無駄にしてしまったと改めて悔いるでしょう。
でも、それも過ぎてしまったこと。
これから慈しみ合えば、いいことだと思います。
何と言っても、過去より今。
そして母子なのですもの。
v-410

どーちん、いらっしゃ~い!

こんにちはー

全くだ。
心も痛いのよね。
愛情があるから痛いのよね。

償いは始まったばかりです。
これからが大事なのです。
お順もわかっていると思います。

二人の子の心の闇を払う。
お順は使命を果たせるのかな

花があるとちょっとだけでも和むよね。

もう暑くてヘロヘロですわ
過呼吸にはなるわ
いいことなしだわさ。
どーちんはどう?
日差しが痛いよね。
v-15
プロフィール

 のくにぴゆう

Author: のくにぴゆう
猫国の住民達の物語を書いています。
作者はコメを食べて生きてます。
コメくださ~~い!
ブログ内の小説、画像の無断転載、コピー、転用は禁止です。

もくじ
最新記事
リンク
当ブログはリンクフリーです。
最新コメント
いろいろ
今まで紹介をしなかったのですが、それも変だなと 三ニャンを宜しくお願いします。

母のみーです。 mi3.jpg

息子のちーです。 chiko1.jpg

娘のぽーです。 po1.jpg

揃い踏み mcp1.jpg

木登りおーちゃん Ochan.jpg

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ





検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
pictlayer
画像をクリックすると大きく、もう一度クリックすると閉じます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。