スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クルミ 50 灰色の狐

前回

母の生き様を知ったお順、一夜にて灰色となる。


はじまり、はじまり


挿絵参照↓↓↓  絵をクリックすると大きくなります
haiironokitune.jpg

「悪口をつく元気もなさそうですね」

「あたい、、、あたい悔やんでます...母親に会って謝りたいッ
謝りたいッ!・・・唐カンさんにもぉッツ・・・」

「お由はまた狐として産まれたいと申しておりました。そして多分、唐カンもそうなるでしょう。今度はあの二人が障害なく結ばれるような生き方をすることになるでしょう」

「あたい・・・あたいはあの二人の子になりたいッ!
子になって今度こそ、親孝行をしたいッ!!

「今のお前ではその願いは叶わぬ」

「どうしたらいいのですか?どうすればいいのですか?
どうか教えて下さいッ!!

「お前は唐カンと会うまで母親を思い出す事なく生きてきた。他方ではお前憎しで母親を忘れぬ者がいる、、、其れは誰であろう?」

「....そ、それは...コノミとクルミだと思います」

「その通りよ。己の非道は親を忘れ、子を忘れてきた事に尽きる。双方共にお前を必要としてきたと云うに、哀れではないか。

お由はお前に恥じぬ生き方をしたのに、お前は泥に塗(まみ)れていた。親とは名ばかり、まともに子育てもしないお前を恨む事なく、仲良く生きていた。なのに姉妹の仲を裂き、コノミを僅(わず)かな銭で売り、またクルミを売ろうとした。

コノミの哀しみは暗く深い。なれど愛情深き娘はお前の母親の看護を知らずにしている」

えっえぇーー!?それって母が看護してもらった豆腐屋のおかみさん?・・・」

「これも天の計らいなのであろう。お由は最後に己の孫に面倒を看てもらえた。そうとも知らずに感謝して、、、」

「ぅッ、ぅうううっ、、、うわぁああーーーーんッツ

「お順。お前がこの世で為さねばならぬことは、コノミに心の底から詫びることではないか?そして唐カンの遺言通りに櫛をコノミに届けること。だが、すぐに許されることはないだろう」

「でも、あたいのこと恨んでいるのに会ってもらえるのでしょうか?」

「お順、何故分からぬ?恨みが深いと云うのは愛情がそれだけ深いと云える。愛憎とは裏返し、クルミの母にもなろうとした情愛深きコノミが、産みの母を憎まなくてはならぬ、その身の不幸を哀れとは思わぬか。

心にそんな闇を抱え、この先を生きさせるのか?お前があの子の闇を払わずに誰が払える!!

あたいです!あたいがする事ですっ!」

「この櫛を持ち、今から粒傘村に向けて出立するがいい。信竹に支度をしてもらいなさい」

「はい!」

「心晴れる生き方をしてみなさい」

はい!ありがとうございますッ!」

「紫狼、紋次の糸を解いてお上げ」

「はい」

紫狼は呪文を唱え、尾に付いた糸を切る。お順は体が軽くなった気がした。

「これでお前の尾には糸はない。逃ぐる気があれば雑作もないであろう...するもしないもお前の勝手」

「わかりました!行って参ります!

母の形見の櫛を持ち、お順は旅立つ。

「ふふ、岩平も信竹もご苦労様でしたね」

「とんでもございません」

「あたしは何もしてませんから」

「岩平は一般病棟の院長も兼務しているのだからいいのですよ。それに信竹、いつもありがとう」

「そんな勿体のうございます!あたしのような只の医者にこんな大役を仰せつかりまして、身に余る光栄です」

「信竹は只の医者ではありませんよ。ここには生涯を終える為に来る者ばかり、そして看護する者は曰(いわ)くつきの者ばかり、、、生半(なまなか)の者にできる仕事ではありません。それを事故一つ起こさずに、今日まで成し遂げています。大したものですよ」

「本当に立派ですよ」

「紫狼様まで、お恥ずかしいことです」

「それから源吉は学校にきちんと通っています。中々に良い筋らしいですよ」

「そうですか!こ助も喜びますね」

「そう云えば、こ助の魂はもう一度狸になりたいと夜し吉に願ったそうです。あの家族も今度は事故なく平穏に暮らせる様になるでしょう」

「ありがとうございます」

「紫狼、心配そうな顔をしてますね」

「お順に糸がないので・・・」

「ふふ、あれもクルミの親。こうまでしてお順を構うのも全てクルミ可愛さから、クルミもこのままでは寂しすぎます」

「そうだったのですか!?」

「あのお順は恵み子様の母親なのですかっ?」

「二人には言い損ねていたがそれ故、蟻牢の者でないにも関わらず、ここに来させたと云う事です」

「成るほどー!合点しました」

「クルミに会えるような母親になって欲しいですね」

「なるしかないでしょう、お由の子に今一度なりたければ」

「そうですね」









つづく






木曜日にアップするつもりでしたが、熱が下がらず、
ボーっとしていて頭が働かないのです。
終わりも近くなり、ホッとしたのか、気が緩んだのか
しつこい風邪をひいてしまい、治りません。
一日延ばしにするのは申し訳ないので、
来週の水曜日にアップをしたいと思います。
コメ返も遅れてしまって、本当にスミマセン。
お許し下さい。


ぴゆう

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

まずは、拍手ボタンをポチっとな^^
姐さん、おばんですわぁm(__)m

あらま、バッチイ狐になっちゃって。
色気だけは、誰にも引けをとらないお順だったのに。
そうだね、出直しが利くうちは、
何度でも出直すといいのさ。

心が完全に入れ替わったら、罪滅ぼしが終わったら、娘に許しを貰えたら。
きっと、あの綺麗なキツネになるんでしょう^^
クルミに会える様な親になる・・・うん、そういうことだね。
物語も、そろそろ 『詰』 に入りましたかニャ。
まだまだ「つづく」でいておくれ~~~。

そうだ、書き忘れた。
前回のコメに???をいれた答えが載ってました。
ぐふふ、やっぱ当ってたんだ^^
なにやら妙に嬉しいもんだ♪
んじゃ!

菊池寛の「父帰る」という小説を思い出しました。

展開も思い出しました。

……最後には父は許されるということも思い出しました。

がんばれお順。ここがふんばりどころだぞ。

人生一度くらいは、自分の母と娘を嬉し泣きさせるくらいのことはやってみろ!(^^)

良かったなあ~・・・・・

読んでて涙が出ました・・・・・・
詫びを入れたき人達は既に鬼籍に・・・・・
でも、この世界では
ちゃんともう一度
その人達と生き直せる道が残されてる・・・

それには自分が邪険に扱ってきた子供たちに
真に許される必要がある。

お由さんはそうは知らずとも
立派に慈しみ深く育った孫娘に看取られて
最期の時を幸せに過ごせたことでしょう・・・

今度はお順の番。
酷い目に遭わされても子は親を慕うもの。
コノミにもクルミにも許されて
今度こそ、真の幸せな生涯を送れますように・・・
いえ、きっと、いえいえ絶対に送れるね!!!

だから、ぴゆうちゃまの猫国はどこまでも温かい・・・

こんにちは。

あらっ、こんな感じの見た目になっちゃったのね。
今のお順さんを物語っているよう。
これから、だんだん心も体も美しくなるのかな。
いや、なって欲しい。

突然、あの母さんが現れて・・
つづきが楽しみです。

これもすべてクルミのため、というのに合点がいきました。
本当はお順のように救いのない悪女にここまでさせるというのは大変な事でしょうから。
これからが償いの日々ですね。償ってもすべて許されるほど甘くはないですが。
コノミとクルミは、どういう態度を取るでしょう。
自分を捨てた親でも、やっぱり親ですもんね・・・。


ようやくお順も心を入れ替える時が来たようですね。
その証が、美しかった容姿が醜く変貌した事でしょうか。
今度は、醜くてどうしようもなかった心を美しく変貌させて
貰いたいものです。
お由は正しく生きて来たご褒美として、たとえ気付かないにしても
可愛くてたまらないはずの孫に看病して貰ってたんですね。
母も子もきれいな心の持ち主なのに、お順だけがなぜあんな性格に
なってしまったのか?何かがあったのでしょうね。
茂吉様は心の奥底まで見抜き、先の先まで見通す力で、すべてをできる限り
良い方向に導いて下さる、真の指導者だと思います。
こうなれば、お順は本当に改心して応えていくしかないでしょう。
そう期待します。
挿絵に今のお順がよくでていますね。

・・・悔いても自分の思った通りの生き方をできるかどうかは。。。
・・・と可能性を卑下したらダメですね。
可能性を信じることも必要です。
その先に何があるはともかく。

こんばんにゃぁ。

お由の生き様を知って初めて後悔の気持ちで灰色になって
しまったお順。お由の子供として生まれ、親孝行したいという
気持ちになったのですね。そうなるためには沢山の罪滅ぼしをしなければ・・。

お由も看病をしてくれたのが自分の孫だとしっていたらどんなにか幸せだった
でしょうね。
お順は与えられた機会をちゃんと実行して娘に謝れるのかな。
そうしてきちんと親子になれるのかな。
憎しみと愛情は紙一重だからそれを解くのはかなり時間もかかるだろうけど
お順の最後のチャンスだね。

ちいさい子って無邪気だけれど本能のまま…
お順も、自分の欲だけ、本能のまま…

>「あたい・・・あたいはあの二人の子になりたいッ!
>子になって今度こそ、親孝行をしたいッ!!」

やっぱり、大人じゃない…
この言葉に現れてるなと思いました。

茂吉様に諭されたとは言え、
コノミとクルミに悪い事をしたと理解出来たのは
母親が亡くなるという犠牲があって初めて成長出来たのだ思いました。
しかし…遅い!遅過ぎるわっ!!(ノ_-。)

>お前があの子の闇を払わずに誰が払える!!
>「あたいです!あたいがする事ですっ!」

おぉ~っ 素晴らしい! 凄い成長!
こんなにはっきり言えるという事は、きっと心の底からコノミ達に謝れると思います!
お順は幸せだと思います。
許されるか許されないかは別にして
こんなひどい生き方をしてきたのに、謝る機会をもらえたのですから。

コノミは、きっと…::・'゚☆  あっ!このくらいにしておきます!スミマセン!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

更生の可能性がないんじゃ・・・と思われる者も
自分の中から変わっていく。
人間社会だったら 牢屋に入れておしまいなのに
(いや、悪い者が社会の天辺か)
この世界は心底 すごいな。

コノミ、クルミ姉妹は
心の中にある怒りを激しくぜーんぶ
母親にぶつけたほうがいいね。
何日でも怒ったほうがいいね。
わがままで冷たかった母親には
言っても無駄って飲み込んでた思いが
山ほどあるだろうから。
それを全部 ぶつけることが
お順にとっても後で救いになると思うのよねぇ。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

お順は、どれほどの想いを持って
クルミたちのところへ行ったのだろう。
今回の話は、ちょっと心が痛い・・・。
母と娘の両方の立場で、それぞれの気持ちをあじわって
これからどんな方法でクルミたちに許しをこうのか、
心を通わせて行くのか?
お順の道は、まだまだ遠いかな?

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

お順が改心したのは、うれしいですが、果たしてそれで全てを許していいのかと思ってしまいます。あの姉妹は果たして、許してくれるのか?あの2人の傷はそうとう深いと思います。特に、私は遊郭に売ったことが、どうしても許せないです。子供は、どんな仕打ちをされても、母を慕うものです。きっと、2人は許してくれると思うんだけど、私はゆるしさないぞ(心が狭くってすいません)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんばんは^^

お順は恵みの子の母であることを感謝しないといけないわ。

特別更正プログラムだわ^^

これからの行く先々での皆の親切が身にしみるでしょうね。

クルミとコノミのためにもしっかりと改心してもらいたい。


ゆっくり休んでちょうだい。
熱が下がらないのは辛いね。
梅雨時はなんだか身体が冷えるのよね。
お大事に。




うわあ!!

色々気にせず、ゆっくり休んでね!!!
くれぐれもお大事に(^v^*)v-238

ぴゆうさん、大丈夫ですか?
梅雨時期は、体調を崩しやすいですね。
気にせずにゆっくり休んでください。
お大事に・・・。

おはようございます~~♪
1人の不心得者がいると 
その影響で どれだけの人が傷つくことか!!
お順も心を入れ替えて
これからは周りの幸せの為に動いて欲しいですね。

ぴゆうさん風邪ひいちゃったんですね。
梅雨時は体調崩しやすいですよね。
早く治りますように・・・

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

llama姉さん、いらっしゃ~い!

こんにちはー

ご心配をお掛けしました。
体調も大分、回復しました。
これからは気合を入れて頑張りたいと思います。

ばっちい狐になったことは、本人も驚きでしょう。
ですが、そんなことに構っていられない。
それほどの事なのでしょう。

さて、それが必要なことなのか。
お順が見た目に拘っていては、何も成長してないと云えます。
術で変化したわけでない、己から変わった。
そのことはとても大事なことなのです。

あと五話で終りとなります。
どうしても気が緩んでしまいます。
困ったもんだ。

姉さんは読み込んでいてくれるもの。
当たりは当たり前だな。
ぷぷ
v-398

ポール、いらっしゃ~い!

こんにちはー

ご心配をお掛けしました。
体調も大分、回復しました。
これからは気合を入れて頑張りたいと思います。

父を許した弟
蟠りを捨てきれない兄。
夫々の立場がわかるだけに葛藤がありますよね。

迎えるコノミはどうするのでしょう。

全くその通りだよね。
お順に出来ること、先ずは心の底から詫びねことだよね。
後はこれからのことだね。
v-391

かじママちゃん、いらっしゃ~い!

こんにちはー

ご心配をお掛けしました。
体調も大分、回復しました。
これからは気合を入れて頑張りたいと思います。

お由は死んで花実が咲いたと言うのでしょうかね。
親として、お順の気持ちが変わったことを
あの世で喜んでいるでしょう。

ですね。
あれでも親のつもり
キツイことだと思います。

きっと魂納の宮で聞かされたと思います。

悲しいことにそうなのですよね。
血肉を頂いた子の宿命なのでしょうか。
憎みきれない。
それだけに哀れでございます。

ありがとうございます。
猫国は絶対にハッピーエンドにしたいです。
v-410

Mieさん、いらっしゃ~い!

こんにちはー

灰色になっちゃいました。
後悔が見える形になったのでしょうね。
姿は術でなったわけではないので
どうでしょう。
むしろ、見た目を気にしているようでは、まだかもしれません。

受け入れるコノミにもかなりの葛藤が在るでしょう。
v-390

limeさん、いらっしゃ~い!

こんにちはー

茂吉の親馬鹿は続いてました。
ですね。
初めはガス病院に送り、様子を見た。
残念ながら、こん竹のように変わらなかった。
今回のことは最終手段だったと思います。
もし、ガス病院で変わっていたのなら、
生前のお由とも会えたかもしれません。
皮肉なことです。

二人の受け止め方は夫々に違うと思います。
v-391

園主さん、いらっしゃ~い!

こんにちはー

ですね。
そうならざる得ませんでした。

確かに自らがそうなったのは、懺悔の気持ちがさせたのでしょう。
今は心と一致しているのかも

お由へのプレゼントなのでしょうね。
魂納の宮できっと知らされたと思います。

茂吉もこうなる前に改心して欲しかったでしょう。
残念ながら、お順は頑なでした。
お由には不憫なことをしましたが、死んでも無駄ではなかった。
お順も来世のために、頑張るしかないですね。

いつもありがとうございます。
へへ
v-410

LandMさん、いらっしゃ~い!

こんにちはー

先ずは謝罪ですね。
謝るという行為は簡単なことではないですよね。
これから始まるお順の旅は、それなりだとは思いますが、
どうか、応援をしてあげてください。
v-410

うにゃままちゃん、いらっしゃ~い!

こんにちはー

現実を受け入れた結果が灰色になったことなのですかね。
今のお順にはお由の背中が見える。
幼い頃から働き詰めだった母、
懐かしいことでしょう。
その母の子として生まれたいと願う。
どんなことでも出来るでしょう。

お由はきっと魂納めの宮で教えられたでしょう。

お順の本気が試されますね。
受け止めるコノミにとっても試練ですね。
壊れてしまったものを作り直す。
大変なことですね。
v-390

ごんばさん、いらっしゃ~い!

こんにちはー

ですね。
感情の赴くままに生きてきたからこその今の姿なのでしょう。
子供じゃない、大人じゃない。
こどなですかね。

全くその通りです。
お由が望んだ姿になってくれると期待したいです。
茂吉もガス病院で改心してくれればと思ったことでしょう。
ですが、頑なお順の心は変わることなく、不満ばかりでした。
お由にはある意味、辛いことでしたが、コノミに看護をしてもらいました。
どちらかだったのですよ。

ですね。
その機会を無駄にしてはね。
正念場だと思います。

とても残念でなりません。
また、その気になったら気楽な気持ちで再開をして下さい。
これからも遊びに来て下さいね。
ごんばさんのコメントを待っています。
v-410

園長さん、いらっしゃ~い!

こんにちはー

ご心配をお掛けしました。
体調も大分、回復しました。
これからは気合を入れて頑張りたいと思います。

確かに牢屋って更生の役に立つのでしょうかね。
何度も入る人が絶えないのが、物語っていますよね。

この世界では捕縛糸が付いたまま、社会に復帰します。
目印となり、用心されたりと大変です。
でも、受け入れるのがこの世界。
真っ当に生きていれば、捕縛糸はいつの間にか、切れたりしてね。

ですね。
心にあるドロドロをぶつければいいのです。
お順もその覚悟を決めた筈。
出来るでしょうか?いいえ、するしかないです。
v-391

鍵コメMさん、いらっしゃ〜い!

こんにちはー

いつもながら優しいですねぇ〜
お順も幸せものです。

今までが余りだから、灰色になったから反省したと
それだけで終わりになってはダメです。
旅に出て、いろんな葛藤を乗り越え
コノミに謝罪をする。
どんなにきつくても、しなければならないのはお順です。

こちらこそ、いつもありがとうございます。
v-410

きらたるちゃん、いらっしゃ~い!

こんにちはー

ご心配をお掛けしました。
体調も大分、回復しました。
これからは気合を入れて頑張りたいと思います。

茂吉に発破をかけられ、意気揚々と出発したことでしょう。
そのままの気持ちを持ち続けられるかどうか
賭けかもしれません。

お由の生き様に感動し、己の情けなさに気づく。
子としての恥ずかしさ。
コノミとクルミへの親としての恥ずかしさ。
どれも真っ当に生きていれば、
誇れた筈なのにね。
遠いいような近いような
v-391

むらななちゃん、いらっしゃ~い!

こんにちはー

ご心配をお掛けしました。
体調も大分、回復しました。
これからは気合を入れて頑張りたいと思います。

むらななちゃんが狭いのなら
私なんてナノサイズの狭さですよ。
ぷぷ

コノミは売られ、辛酸を嘗めた。
でも、妻となり母となった。
今は豊かな暮らしをしている。
過去を過去として、今回の事で消化出来るかもしれない。

方や、クルミは将来は厳しい修行の後に役人になる。
その世界には不正もなにもない、純粋な世界です。
立場上の厳しさは己にも求められるし、また、そうなろうとする。
だからこそ、コノミと別れ、恵み子としての道を選びました。

対照的な生き方を選択した二人。
どうなるのでしよう。
v-391

どーちん、いらっしゃ~い!

こんにちはー

ご心配をお掛けしました。
体調も大分、回復しました。
これからは気合を入れて頑張りたいと思います。

まさに特別更生プログラム。
茂吉の気配りですね。

厳しさも親切も味わうことになります。
真っ当になったからこそ、今までと受け止め方も違うもの。
これからです。
v-391

りんだちゃん、いらっしゃ~い!

こんにちはー

ご心配をお掛けしました。
体調も大分、回復しました。
これからは気合を入れて頑張りたいと思います。

全くですね。
人の世もそうですよね
自らが壊したものを初めから作り直す。
並大抵の覚悟では出来ぬこと。
お順の正念場です。
v-410

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

 のくにぴゆう

Author: のくにぴゆう
猫国の住民達の物語を書いています。
作者はコメを食べて生きてます。
コメくださ~~い!
ブログ内の小説、画像の無断転載、コピー、転用は禁止です。

もくじ
最新記事
リンク
当ブログはリンクフリーです。
最新コメント
いろいろ
今まで紹介をしなかったのですが、それも変だなと 三ニャンを宜しくお願いします。

母のみーです。 mi3.jpg

息子のちーです。 chiko1.jpg

娘のぽーです。 po1.jpg

揃い踏み mcp1.jpg

木登りおーちゃん Ochan.jpg

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ





検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
pictlayer
画像をクリックすると大きく、もう一度クリックすると閉じます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。