スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クルミ 47 雪の夜

前回

無理やり座らされたお順、源吉は何を話すのだろう。


はじまり、はじまり


「耳さえ聞いてりゃいいって事さ」

「ふん、さっさと話しなよ」

「俺は掴まるまで大盗賊だのと云われていい気になっていた...墨吐きなんて二つ名も烏賊が墨吐いて逃げちまうみたいに鮮やかに盗みに入っていたからさ。

家人を殺めるなんて一度もないし、盗みに入ったお店(たな)が潰れたなんて聞いた事もねえ。まっ、其れが盗人の俺のちっぽけな誇りだったと思いねぇ」

「・・・」

「掴まって『魂沈めされても悔いなき!』ってな。それが有無も云わせず蟻牢だ!魂沈めじゃねえ。命あるだけ、まあいいかって片っぽじゃそうも思っていたさ...それで三年経って病人の世話だとよ。

何かあるのかと最初はびくびくしていたが、一向にそんな気配もねえ。その内に暇なもんで、病人と話すようになった・・・適当な奴もいなかったしな」

「あんただって適当にしていたんじゃないか!」

「そうさ。こ助さんも最初は手も懸からねえで、どこが病気なのかと思う程元気だったんだ。だけど、お前は聞いた事あるかい?こんな言葉。[治る病は卍宿、見込みあるならガス病院、死んで帰ろう裏卍]」

「何よ、それ」

「ここはその【裏卍】なんだよ。普通の者には縁がねえ、訳あり者の居る場所さ」

「そしたら、あんたの病人も罪人なのかい?」

とんでもねえッ、とんでもねえ話しさッ!
お天道様が逆さになっても有り得ねえ話よっ!!」

「そうなの?」

「ああ、そうさ!お前はお世話しているご仁の事を、何も知らねえままで済ます気か?」

「あたいは来たばかりだし、そんな暇はないよ」

「何が来たばかりだ!愚図愚図してりゃあ、泣きを見るのはお前さ・・・今のうち、今のうちに話さなきゃ駄目なんだよっ」

「え?・・・」

「こ助さんは俺に気を許してくれ、話すも辛い過去を話してくれるようになったんだ・・・あのお方は腕のいい指物師(さしものし)だったんだよ。その日はご贔屓の旦那に頼まれ、こさえた箪笥を届けに出掛けていたらしいんだ。

旦那にえらく喜ばれて、つい話し込むうちにすっかり遅くなっちまったらしい。その晩はひどく雪が降って来て足下も悪いって、気が進まなかったが旦那に無理に止められ、結局お屋敷に泊まる事になったそうだ。雪深い夜で一晩で驚く程降り積もったらしい。

挿絵参照↓↓↓  絵をクリックすると大きくなります
yukinoyoru.jpg

朝になって旦那から過分にお代を頂戴して、雪を掻き分け、掻き分け家路に急いだそうだ。其れと云うのも、おかみさんが足を怪我されていて、松葉杖なくては歩く事も出来ない上に、乳飲み児もいるんで朝飯に間に合うようにと急いだ。

だが雪がひどく積もっていたから難儀して、どうにか家に辿り着いた時はすでに昼過ぎだったらしい。戸にまで降り積もっていた雪を退かして漸(ようや)く家に入ると、えらく家の中が寒かったそうだ。

戸の近くに不思議にも炭が置いてあった、、、まだ燻(くすぶ)っていたのもあったらしい。こ助さんはおかみさんが気を利かして家に入ったら暖かいように、玄関の土間に炭でも置いていたのかと思ったそうだ。

とにかく寒いから囲炉裏の火を点けようと、ふと開いてる襖の先を見たらおかみさんがまだ寝ていたらしい。こ助さんは少し腹が立った『亭主が仕事から帰って来たのに起きてもいいんじゃないか?』ってな。

『いい加減に起きろ、昼過ぎだぞ!』って怒っても知らんぷりしてる。その内、変だなと思い、かみさんの顔を見ると息をしていない焦って隣の赤子を見ると、その子も息がない

後でわかった事だが、玄関の土間で焚いた炭が原因だったらしい。運悪く、雪が家を包むように降り積もったから、悪い煙が抜ける事なく家中に充満したらしい。

その内に炭が不完全燃焼とか云う変な状態になってどんどん悪いものを出した。かみさんも赤子もそんな事とは知らずにお亡くなりなった・・・」

「あんたと関係ないじゃない」

「いいや、間違いなく俺の所為なんだよ。俺はあの日、博打で摩(す)っちまって銭がねえわ、雪が降ってきやがったから野宿も出来ねえ。それで歩いていたら丁度お誂(あつら)え向きに一軒家があったのさ。様子を伺ってみると家人はもう寝ている。

そっと戸を引いてみたら、なんと開いた、心張り棒をかっていなかったんだ。今思えば、こ助さんの帰りを待っていたからなんだろうな...俺は『しめた!』と思って家に入り、家人にバレないように注意して竃(かまど)に火を熾(おこ)した。

だけど竃を向いていたら、いつ誰かが起きて来てもとっさにはわからねえから、いつでも逃げる事が出来るように引き戸のそばに薪を置いて、暖を取りだした。しばらくそうしていたよ。

その内、もう少し先に行けば朝太郎っていう知り合いの野郎の塒(ねぐら)が近所だった事を思いだした。何もこんなとこでしょぼい真似してなくたって、そいつのとこに行けばいいんだって。それで俺は焚き火の後始末をする事もなく出て行ったのさ」

「それがこ助さんの家だったの?」

「ああ、俺の考えなしがあのお方を不幸のどん底に蹴落(けお)としたのよっ。こ助さんは恋女房と初めての子供を一辺に亡くされた...それからは荒れなすって酒に、博打とあっという間に身を持ち崩した。肝の臓をやられるのも無理のない程の酒浸り、それで結局、ここに来られた訳だよ」

「だけど、それって事故じゃないの!あんただって好きでした訳じゃないし」

「そうかね?態とじゃなかったら良いのかよっ?やるとてやったわけじゃねえってな。そんな事はてめえに言い聞かせる慰めにしかなんねえよ。

だけど俺は一瞬、あの時、水をかけようかと思ったんだ!だが面倒だから『いいや』って、そのままにして行ったのよ。俺はてめえがした行動がこ助さんを不幸にした事だけはわかった。

少しでも気働きをすればこう成る事は分かり切っていた筈、、、俺の心ない行為がこ助さんの一生を台無しにしちまった、
もう取り返しがつかねえッ

「その事をこ助さんは知っていたの?」

「どうしようかと迷った、、、あの方の狸柄に触れると居たたまれなかった・・・だけど卑怯者の俺にはどうしても言えなかった。喉まで出かかったが言えねえ・・・

その内にあの方は目が見えなくなり、耳が聞こえなくなりと段々、弱りなさってきた。俺はこ助さんの聞こえない耳に話したよ...聞こえないとわかっていたから・・・何とか言えた。

そしたらあの方は・・・心で聞いて下さったんだな、泪を流しながら、『いいよ、いいんだ、これも運命だったんだ』って、、、」










つづく



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

そうか、そういうめぐりあわせだったのですね。
話をして初めて源吉は、自分の看病する相手の素性を聞けたわけなんだ。
ここで面倒を見る患者って、もしかしたらそういう、自分のせいで苦しんだ人なのでしょうか。
お順、これはちゃんと話をしなきゃならないですね。

源吉が、こ助に自分の罪を話すかどうか迷った気持ち、わかります。
もしかしたらそのことが、相手を更に怒りの炎で焼くかもしれないし。
だけど、許されてよかったです。
お互いに。
さあ、お順は、どうするのでしょうね。なにか源吉の言葉が心に響けばいいのだけど。

おはようございます。

そんな因縁があったのですね。

帰って来たら、妻と子が・・・どんな辛かった
ことでしょう。そして、自分の最期を、その原因と
なった人に看取ってもらう。私は運命と思えるだろうか。
いや、きっと、毎日毎日お世話をしてもらっているうちに
そう思えるようになるのでしょう。

なんだか、とっても切なくなってしまいました。こ助さんは、源吉を許したのかぁ・・・それは、自分の命がもう終わりそうで、奥さんと、子供のところに行けるとおもったからかなぁ。私だったら、絶対ゆるさないかもなぁ。だって、まだ小さい赤ちゃんも一緒なんて・・・。どちらかというと、死ぬ間際に、そんな真実気聞かされたら、心の整理ができないかも。それを許してくれるなんて、なんて懐が深いのか・・・。私は、まだまだ未熟ですね。

つらい・・・・・・

つらい・・・辛い話だね・・・・・
こんな悲しい因果、無いよ・・・・・・(;m;)

お順が面倒見させられている(お順はそう思ってるよね)
患者さんは、いったいお順とどういう関係があるのか・・・
どちらにしてもきっと、とてもつらい話だね・・・・

雪に閉ざされた家の中
亭主の帰りを待つために心張棒を掛けなかった
こ助さんの恋女房さんと
可愛い可愛い一粒種の冥福を祈るのみです・・・

最後の最後で改心できたのならばそれでひとつの価値であり生きる道であるような気がしますが。

というか、ここでお順に、ここがどういうところなのかを話してしまったら、お順から「自分で気がつく」チャンスを奪ってしまうような。「こうすると自分の利益になるからこうする」、という判断のもとで行動するなら、それは利己的な行為といわざるを得ませんし。

そういう意味では、「損得を抜きにして」お順に意見した墨吐きさんのほうが、はるかに救いに近いような、いや、なんとしてでも救われなくてはいけない人物のように思えてなりません。

もしかしたら、そうした行為をできる人しか、この場所を脱出できない、そういう仕組みが裏にあるのかな。だとしたらお順さん、永遠に脱出できないような。それはそれで、ほんとうに救われないような……。

とにかく続きを待ちます。

深いお話ですね。
そもそも他人の家に平気で忍び込む事が盗人根性ですよね。
その上こっそり火を焚いて暖をとり、その火も消さずに出て行き
そのことが取り返しのつかない大変悲惨な結果を招いてしまった。
とても許せることではないはずなのに、お順の常識は違うんですね。
こ助さんは源吉から妻子が死んだ事の一部始終を知ることで、それまで
酒を飲もうと何をしようと晴れなかった心が、納得できたのだと思います。
結果的にどうすれば自分の魂も救われることになるのか?という事に気付
いた源吉は、早くお順にその事を理解させようと必至なんですね。
これまでとちょっとイメージの違う挿絵もいいですね。

こんにちは^^

源吉が原因であることは間違いないが、不幸な偶然が重なり

悲劇が起きたのですね。

源吉は世話をしながら罪の深さを感じて

誠心誠意に世話をすることで謝罪していたのでしょうね。

最後は許してもらうことが出来てよかった。

お順の心に源吉の話がどのように響くのか、それとも良心のかけらもないのか。

体調はいかがですか?

我が家にワンダーコアがやってきました^^

効いてる感じだけど続けないとダメダメよ~



たまらないですね〜。
自分がしようとしてやったことじゃなくて、
不可抗力ってやつなんだろうけど、
罪は罪。
お順も、きっと、こんな因縁の人を看病しているのか・・・。
ちゃんと話をきかなくちゃならないね。
どんなかかわりがあったんだろう?

こんにちは。

ふうん、そうだったんだ。源吉が原因で家族が死に、
そのせいでこ助さんも苦しみ病気になって。

源吉も知らぬ事とはいえ、自分の犯した罪の深さを知り、
申し訳なさで一杯になりながら、看病をし、最後に聞こえぬと思い
詫びたのですね。それがちゃんとこ助さんに届いていて許しを
得たと・・・。

お順も今みている病人とどんな因縁があるのか知らないけど、
源吉の話に心動かされてきちんと病人に向かえるといいな。
そして心がきれいになると信じたい。

こ助さんは源吉を許した時
妻子を救えなかった自分も許せたんだと思う。
そして
こ助さんが苦しい自責の念を手放すことを
長い間 一番のぞんでいたのは
亡くなった奥さんと子供さんで
2人もこのとき 救われたんじゃないかなって思った。

ひどいことをされた時
許すって絶対できないような気がするけど
それが出来る人は
回りのものすべてを変えることができるんだね。。。
自分は・・・・出来なそうだなぁ。。。


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ご無沙汰しておりました

クルミの章、47まで、とうとう追いつきました~^^
ストーリーがはっきり見えてきたら俄然読み応え違います♪

最後を迎えようとする病の床で、
自分を介護してる者が、愛する者を失わせた人間だったと知ったら
私だったら…衝撃が過ぎて、どうなるか…

これほど苦しんだはずのこ吉が
「いいよ、いいんだ、これも運命だったんだ」と
許せたのは、こ吉自身の心に何が起きてたのでしょう。

前回の、お順を引き止めて源吉が「てめぇには時間がねえんだ」
この言葉も気になります。
源吉の話、普通の人間であれば心打たれると思うけど、
今のお順に理解出来るだろうかしら。

人は親の背を見て育つと言いますが
お順のために一生懸命生きた親を
利己のためには「親に売られた」などと言うお順…
こんなお順の元に生まれてもコノミやクルミのように育つ子もいる。
やはり育ちだけではない何かがあるのかと思えます。

ここに、お順が連れて来られて引き合わされた病人は、
お順を目覚めさせる何かがあるのかしら?
それとも…お順自身に何事か起きるのかしら!

あ~想像してたら、長くなっちゃいました~!´、`=)ゞ

昨日は有難うございました

お忙しいのに昨日わざわざ有難うございました。

禁止ワード…FC2ってあるんですね~
どれかな~と、見なおしてみたんですが…
よくわからなかったけど…今日は入りましたー♪
良かった~^^

limeさん、いらっしゃ~い!

こんにちはー

その通りです。
罪なく、故なくして不幸の道を歩んでしまった者が患者です。
理不尽にも程がありますよね。
でも、それがこの世界なのです。

こ助がここに来たのは何故でしょう。
不幸にめげず、頑張っていたとしたら、やはり来ないでしょう。
でも、こ助はここに来てしまった。
腕の良い職人だったのに、その後の狸生を無駄にしてしまいました。
源吉の所為だとわかったとしても、怒る覇気も消え失せ、許すしかなかった。
何よりの後悔は自身が頑張らなかったことでしょう。
こ助は源吉に何を託したのでしょう。
v-390

Mieさん、いらっしゃ~い!

こんにちはー

ですね。

悲しい物語がありました。
やり切れない思いが余りに重くのしかかり
こ吉は結局、押し潰されてしまったのですかね。

心が通じたのかもしれません。
こ吉は許すことで来世に希望を見出し、
源吉は許されることで明日を生きられる。
そんなことかもしれません。
v-410

むらななちゃん、いらっしゃ~い!

こんにちはー

切ないですよね。

こ吉は二人ならときっと許すと思ったでしょうね。
自分が二人を失い、その後の狸生まで無駄にしてしまった。
それはやはり、後悔だったでしょう。
けして、胸を張って二人に会える生き様ではありませんでした。
源吉を許すことで自分も許される。
そんな考えをしたのかもしれません。

未熟とは、出来上がってない、若いともいえます。
それだけ伸びしろがあり、成長過程ということです。
何でも受け入れ、流れに逆らわずなんて、つまらないではないですか。
大いに未熟でいいのです。
私なんて、すぐに怒るし
未熟どころか青いまんまで処々、腐ってる。
あらまあ!売れないよ
ぷぷ
v-16

かじママちゃん、いらっしゃ~い!

こんにちはー

こ吉には悲しくてやりきれない物語がありました。
それが今生の宿命だったのかもしれません。

曲がっているお順には衝撃でしょう。
でも病人には、一生懸命に生きた物語があるだけです。
それを本当にわかることが出来れば
自ずと変わらざる得ない。
変わらないようでは生きる価値もないです。

二人はこ吉とまた、家族になること願って待っていました。
あの日から待ち続けていたのですもの。
来世は幸せに暮らすと思います。
v-410

ポール、いらっしゃ~い!

こんにちはー

ですね。
きっかけは人それぞれなのでしょうけど
人生の方向転換には相応しいでしょう。

いえいえ、そんな甘い場所ではありません。
自分の利益を考え行動をするなんてことは娑婆でのこと。
ここでは通用しません。
通用しないから、病人第一なのです。

静かなのは考える為、病人も罪人も考える時間はあります。
お順の場合は特別ですけどね。

源吉は自分勝手な身を恥じたからこそ、他者に気を使える者になったのでしょう。
だからこそ、お順にお節介する気になったと云えます。
源吉の生き直しが始まっています。

それが出来ない者はここにはいません。
出来ると踏んだから、お係所の役人がここに来させるのです。
ここは生き直しをする為のきっかけの場所です。

がんばりやす!
v-410

園主さん、いらっしゃ~い!

こんにちはー

全くその通りです、へとも思っていない。
自分に必要であれば、それが他人の物であっても関係ない。
使うのですよ、平気でね。
自己中の塊です。

心無い行動が悲劇を招くのも当たり前なのです。
想像力が無いから
想像力があれば、未然に防ぐことも出来る。
こうなれば、こうなる。なるかもしれない。
其のように頭を使うことができないのです。
お順がすかさず「事故じゃない」と返答をしたのも当然です。
自分に都合が悪ければ、他者の所為と考えるからです。

こ助は確かに悲しい事故で妻子を亡くしました。
でも、立ち上がることも出来たかもしれない。
それからの狸生を無駄にしてしまった後悔があったのかもしれません。
きっかけとなった源吉を許すことで、また生かされる自分がある。
来世こそはと思える。
源吉もしかりです。
生き直しのチャンスを頂けた、感謝しかないでしょう。
感謝の気持がお順へのお節介なのでしょうね。

いつもありがとうございます。
v-410

どーちん、いらっしゃ~い!

こんにちはー

そうなのです。

余りに悲しいです。
でも、あることですよね。

こ助が語る言葉の一つ一つが身に沁み
源吉を染めたのかもしれません。
こ助が生きるべき筈だった物語を
源吉が受け継ぐのかもしれません。

お順には時間はありません。
待ったなしかもしれません。

体調はマアマアみたいな
クルミもやっぱ一年近くになるから、バテてきている。

おお~~ワンダーコア。
ググったよ、ふむふむ
腰にも良さそう、贅肉にも
そうなのよ、続けることなのよ!
足を開いたり閉じたりの何だっけあのマシーン
今じゃ、邪魔物だよ。
ぷぷ
v-16

きらたるちゃん、いらっしゃ~い!

こんにちはー

そうなんだよね。
でも、不可抗力じゃないよね。
人災だよね、防げたことだよね。
源吉がもっと他者を思いやる心があれば、なかったこと。
こ助も妻子を失わず、源吉とも出会わなかった。
罪深いことです。

ですね。
お順には時間がありません。
でも、彼女は分かっていないようです。
v-390

うにゃままちゃん、いらっしゃ~い!

こんにちはー

こ助の話を聞くことで、源吉は心ない行いの結果を知り、
深く反省をするきっかけとなりました。

きっかけとはなっても、生き直しには程遠い。
それにはこ助に誠心誠意、尽くすことからだと悟ったのでしょう。
そう考えなおしてからは、
二人の間にきっと、他者にはわからない何かが生まれたのかもしれません。
こ助が生きる筈だった道を源吉は託され、
許すことで、こ助は来世にはと願う。

ですね。
お順には時間はありません。
少ない時間が何をもたらすのか
お順次第です。
v-391

園長さん、いらっしゃ~い!

こんにちはー

こ助の苦しさは許すことで晴れ、昇華される。
見守っていたであろう妻子。
本当にそうですね、二人は救われたのですね。

茂吉は何故にこのような酷い真似をさせるのか
妻子を死なしたきっかけを作った源吉に看護なんてね。
こ助が哀れではないか
そうです、哀れです。
でも、こ助は違う生き方もできた筈です。
でも出来なかった。
この世界は魂に諦めさせることはさせません。
こ助は諦めてしまった人生をやり直すことを決意して逝ったのです。
見守ってきた妻子と来世では幸せに暮らせることでしょう。
これも又、生き直しです。

私も出来ないと思います。
酷いことが出来る人を理解ができないからですよね。
理解しようとも思いません。
しなくていいとさえ思っている。
こればっかりは無理です。
こ助が許したのは相手の誠意が伝わったからですね。
源吉が元のままなら、あり得ないですね。
鎌首をもたげている者は、許されようとも思っていないでしょう。
今のお順ですね。
v-390

鍵コメMさん、いらっしゃ〜い!

こんにちはー

毎回、申し訳なくて・・・
こんな形でこれからはコメ返しをしようと思いました。

ですね。
頭の中が真っ白って、こんなことなんでしょうね。
妻子に対しての愛が深ければ深いほど
どれほどの衝撃となって
こ助を痛み苦しめたのか
想像もできません。

ある意味、生きる事をやめてしまったのかもしれません。
来世は何事も無く、親子三人で幸せに暮らせると思います。

もう、穴が入ったら入りたい。
体がでかいから大きく掘らないと
ぷぷ
v-16

ごんばさん、いらっしゃ~い!

こんにちはー
お久しぶりぃ〜

おお〜〜
ありがたいこと。
通して読んで頂けると繋がりますよね。

ですよね。
この世界では死に際になると魂が離れかかります。
二重になるような
だから、体は終わりになっても魂は変わりません。
源吉がこ助の聞こえない耳に言ったとしても
魂が聞いていたのです。

苦しみに押し潰され、歩むべき道を諦め、
生きることを止めてしまったのがこ助だったと思います。
それが仕方なかったとしても、後悔ですよね。
死ぬことがはっきりわかったからこそ、
もう少し頑張れた自分があったのではと思い至った。
妻子を失った悲しみに囚われていただけなら
許すことは出来ないでしょう。
きっと、許すことで自分も救われたのでしょうね。
茂吉の期待は罪人だけでなく、病人も救われることなのかもしれません。

お順の本質とは何なのでしょう。
悪だけなのか?
悪だけな筈がありません。
箱に閉じこもり眠っている善。
自身で開けて、起こさないとね。
そうしないとならないのです。
其のために茂吉が用意したと云えます。

嬉しいです。
深く読んで下さっているいるからこそです。

コメントのことですが、禁止ワードを取りました。
ハッキリ言うと殺すだの、おっぱいだの
意図しなくてもそんな言葉を使うことってありますよね。
良いキッカケになりました。
気付かせて頂いてありがとうございます。
v-435
プロフィール

 のくにぴゆう

Author: のくにぴゆう
猫国の住民達の物語を書いています。
作者はコメを食べて生きてます。
コメくださ~~い!
ブログ内の小説、画像の無断転載、コピー、転用は禁止です。

もくじ
最新記事
リンク
当ブログはリンクフリーです。
最新コメント
いろいろ
今まで紹介をしなかったのですが、それも変だなと 三ニャンを宜しくお願いします。

母のみーです。 mi3.jpg

息子のちーです。 chiko1.jpg

娘のぽーです。 po1.jpg

揃い踏み mcp1.jpg

木登りおーちゃん Ochan.jpg

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ





検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
pictlayer
画像をクリックすると大きく、もう一度クリックすると閉じます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。