スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クルミ 43 木平とコン竹

前回

裏卍病院で罪人は一体、何をするのだろう。

はじまり、はじまり


そこで身より無く余命も無い者達の世話をする事となる。一対一で世話をする。シーツや包帯の交換から、食事の介助、下の世話に至るまで片時も離れてはならない。自分の時間が取れるのは食事と僅かばかりの休憩だけだ。

相手を選り好みする事も逃げ出す事も出来ない。尾には紋次の糸が付いているので無理な話だ。何故、茂吉はそう云った仕組みにしたのか?罪人と病人は一見何の関わりもないように見えるが、実はそうではない。

ここに茂吉たる所以(ゆえん)がある。

病人達は罪人達の所業により不幸な生き方をさせられる羽目になった者達なのだ。罪人はその病人達を看護していく内に何も知らない病人の口から聞く事となり、罪人はここで初めて己の罪深さを知ることとなる。

病人達は其れぞれに生きた証を残そうとする、、、それは物であったり、言葉であったり様々だ。何も無ければ決して相まみえなかった者達が、お互いの心に何かを伝え合う。

罪人は看取る事により幾ばくかの罪滅ぼしとなり、看護を受けた病人も罪人の心に生きた証を残す事となる。与さ松には因縁深き病人がいる。その者と明日にでも引き合わせる事となった。

茂吉はもう一冊、クヌギから違う資料を渡され、しばらく考えていたがガスへの手紙を書き、知らせ蜻蛉(とんぼ)の紙次に託す。ガスは手紙を受け取ると大助と相談をする。

「まずはこん竹を呼んでみましゅか?」

「それがいいと思います。話をしてみましょう」

こん竹はガスに呼ばれ、部屋にヘコヘコしながらやって来る。

「へい、お呼びですか?」

「仕事はどうでしゅ?」

「慣れましたか?」

「へい、あっしも最初はキツくて根をあげやしたが、今ではすっかり板に付きやした。体のだらけ錆(さび)もきれいに取れたみてえで、へい。今は患者様達のお役に立てるのがあっしの生き甲斐です!」

こん竹が変わったのには訳がある、きっかけとなる友達が出来たのだ。

挿絵参照↓↓↓  絵をクリックすると大きくなります
mokubeikontake.jpg

「しかし木平さんは良い狸振りですねえー、オスのあっしが見ても惚れ惚れしますよ」

「嫌だすよ、わすも大分に歳を取りますたよ」

「さぞや、メスを泣かしたんでしょうねぇ~」

「それは言えねえだす!」

「やっぱりねえ~、今だってブイブイ泣かせてるんでしょうね~」

「・・・・」

「あ!すいやせんッ!あっしはこれだからいけねえ、つい調子に乗っちまって、、、すまねえこって」

「いいんだすよ、わすの方がいけねえんだす」

「まっ、これを機会にあっしとも仲良くして下せえ」

「こつらこそ。わすは年に一度はこちらにご厄介にまいります。薬を仕入れたり、体を休めさせてもらっているだすよ」

「知っていやすよ。お見かけはしていたんですが、こうして話しが出来るのは初めてですよ」

「そうだすか?」

「一度、お話しをしてみたくてね」

「わすなんか大して面白い話しが出来るわけじゃないだすよ」

「でも国中を旅されてるんでしょ?あっしは旅の話を聞きたくて、、、あっしも昔は旅烏だったから」

「そうなんだすか?」

「見てくだせいよ、これは捕縛蜘蛛の糸ですよ、あっしらが逃げ出したら直ぐに分かるようになっているんですよ」

「何で又?」

こん竹は今までの経緯を全てを話す。木平は思いがけず、クルミが一人旅をするきっかけを知った。

「そうだったんだすか?」

「あっしらは・・紫狼様に命を救われたんですよ。それなのに、『いつ魂沈めをされて命を取られたって構うもんか!』って粋がっていたんですよ。

ところが可笑しいじゃありませんか、ここに来てから三度のおまんまが旨くて仕方ねえんです!酒もねえのにね。考えてみりゃそりゃそうですよ、

前は働くのが嫌でぐうたらして暮らしてましたから腹が本当に減って食べてるわけじゃねえから、美味いわけねえんですよ!

処がここに来たら、畑仕事だ、釜焚きだのと休む暇もねえ。へたすりゃ、おまんまだって食いそこねる。でも、そうやって汗水流して働いて食う飯の美味い事つったら、握り飯に梅干し一粒だって、天下一品ですよ!

こんな暮らしをしていたら不思議と命が惜しくなって来やがった。病人に優しい口を聞いてもらったり、感謝されているとこんなあっしでも『何かのお役に立てるのかな?』って。そんな罰当たりな、いい気な考えをするようになってきやしたよ。木平さん、笑ってくだせえよ」

「こん竹さんもわすと同ずで生き直しをなさっているんだすよ」

「えっ?どう言うことですか?」

「こんな事を話すのはあなたで二人目だすよ。わすの話をなんだか聞いて欲しくなりますたよ。聞いてもらえるだすか?」

「あっしで良けりゃ、話して下せえ」

木平は長い話をした、、、自分の事もそしてクルミの事も話した。こん竹は如何に自分の心ない行動が小さな子狐を苦しめていたか、その事にやっとに気が付き涙を流し詫びる。

「今のクルミちゃんは尊い恵み子様だす。謝りたいと云ってそうそう簡単に会うことが出来る様なお方ではありませんよ」

「あっしはどうしたらいいんですかッ?どうしたら詫びれるんですかっ?」

「今の様な生き方を続けるしかねえだす」

「でも・・・・」

「それすかないんだすよ...」

木平の答えに納得は出来なかったが心に沁み、奥底に何かを残す。その言葉は日が経つ程に広がり、いつの間にか満たされる。

鹿威(ししおど)しの最後の一滴が、水を流すきっかけのように、心にこびり付いた諸々の悪が流され、善良な働き者に変えた。

そうなると、一向に気持ちを変えないお順といられる訳も無く、到頭、部屋を別にしてもらい今ではまるで口を利こうともしない。

それが今のこん竹だ。






つづく


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

姐さん、こんばんは^^

ふ~ん、あのならず者の「こん竹」がねぇ・・・変われば変わるもんだわ。
当時、こん竹の後に「しょう」を付けて読んでたもんさね。
コンチクショーってね^^
そうか、木平さんが絡んで、生き直しの道を歩き初めたか。
人生を歩む中でも「きっかけ」って、大切なことだものね。

>鹿威(ししおど)しの最後の一滴が、水を流すきっかけのように、心にこびり付いた諸々の悪が流され、善良な働き者に変えた。
↑このフレーズ、最高!
私と姐さんが出会ったのも、お互い生きる上での「きっかけのひとつ」かもしれない。
運命の鹿威しに、水が満たされたのかもしれないね。
生きるってさ、支えがないと、とっても「しんどい事」だもの。

にゃはは、キツネのシッポから紋次の糸が見えるぅ!
相も変わらず、芸が細かいのぉ。
今回の挿絵は、思わず笑わせて貰った。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

おはようございます。
裏卍病院は、こんな所だったのですね。
身よりも余命もないなんて・・・かわいそう。
そばに誰かがいてくれる幸せ、また看護をする人は、
そうすることで心が治療され浄化していくのですね。

茂吉様は凄い!
罪人によって苦しんでいる被害者の世話をさせ、声を聴かせる事で自分の犯した罪の深さを正面から見つめさせ、一生懸命世話をする事によって自分がどんなことをやってしまったのかという事まで気付かせながら心から反省させる。
なんと素晴らしい仕組みなのでしょうか。
罪人に本当の反省を求めるならこうでなければならないと思います。
人間社会のように、弁護士が犯罪者の罰が少しでも軽くなるようにと、心にもないような反省文を書かせ被害者の方に送る、弁護士が自分の名声のためにやらせる策略に他ならないような気がしてならなかったのですが、猫国は理想ですね。
あの仏様のような木平さんにも、人に言えない過去があったなんて知りませんでした。
美しい挿絵の中にさりげなく見える糸も、今のこん竹には邪魔にならなくなったようですね。
でも自分の犯した罪の深さを知れば知るほど、取り返しのつかない事をやってしまったのだと気付くところは、まだ救われますよね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ほんとに嬉しいのは、

「いいこと」があったとき、

ではなく、

「いいことをしたら自分にもいいことが」あったとき、

なのかもしれませんね。

そうした幸福の上向きのスパイラルに乗れたら、まじめに生きる気にもなるのでしょうが、

今の日本は……うむむむ。


それであのバカ母は?

いまだに、「衣食足りても礼節を知らず」なんですか?

とほほほ。

深〜いお話。
こん竹は、あの暗闇の中から抜け出せたのか・・・。
それでも、一生をかけて償っていかなきゃならないものが
あるんだね。
本当に、深い、深いお話。
ところで、母親の方は、簡単じゃなかったみたい。
これからどうなるんだろう?
心底辛い思いをしないと、生まれ変わることなんか出来ないし・・・。
望みはあるのかな?

ここのところ、自分に余裕が無い私です。
コメントの調子があまり良くなくて
スルーしてました・・・。
お話は、ちゃんと読んでるよ。
ごめんね〜^^;

罪人に、自分の愚かさを認めさせるって、難しい事ですよね。
罰を与えるのは簡単だけど、それてはまるで意味がなく。
ここで、こん竹は自分の愚かさを知ることが出来たのですね。ホッとしました。
木平も、自分の気持ちを改めて見つめ直すことができたし。
犯した罪はどうにもならないけど、そうやって改心する先できっと、世の中に大事な一人になることが出来る可能性が見つかりますよね。

深ーいお話ですね^^


病人は、罪人の所業のために不幸になった者
その病人を看護する事で己の罪深さを知る…

とても理想的かつ合理的なシステム!

罪を自覚しない犯人は、被害者の傷を更に深くします。
本人が罪深さを自覚する事で、ようやく罪の償いが始まり…
罪を犯した者にとっても、本当の意味の更生に繋がりますよね。
現代の刑務所も、こんなシステムだったら再犯も減るんじゃないでしょうか。

どうしたらクルミに謝る事が出来るかと尋ねるこん竹に
「今の様な生き方を続けるしかねえだす」
「それすかないんだすよ...」
木平の答えが、とーーてっも深いです!
罪を本当に謝罪するのは、己自身の生き方を変える事ですよね。
こん竹は、木平の言葉で気づいたのだから、謝罪に一歩近づけたんですね~

こんにちは~。

裏卍病院とは罪人と被害者の看護を通して
お互いの気持ちに変化を与える所なんだね。
看護によって罪の深さを感じ反省し、感謝する。
病人も加害者によって傷ついたからだと心を
少しは癒すと・・・。

こん竹がこんなに変わるとは。
本当に悪い奴じゃなかったんだね。
どんどん錆ついた心があらわれて行ったんだね。

それにしてもお順は救いようが無いのかな。
いつかきれいになるといいけど・・・。

こんにちは~(^0^*)ノ

こん竹は、生き直しをしていて、
しかもちゃんと更生してきてるのに
お順はダメなんだ・・・なんと業の深い事か・・・・・・
今の日本の人間界にも沢山居るけどね・・・
どうしようもなく業の深い母親・・・・・

人は望めばなんにでもなれる。。。
とまではいいませんがね。
私ももう30超えますが、それでも自分の理想の自分になろうと努力はしてますがね。
今の生き方は変えられないかもしれませんが、
徐々に変えることはできますからね。
・・・と自分にも言い聞かせですが。

おひさしぶりです~

 色んな事があいまって再開が長引いてしまった(汗)
 GWに入りましたが、どこかお出かけしたりしますか? 
 私は遠出控えめそこそこ控えめに生活しております~体調はそこそこです。

 来ない間に、物語が更に進んでおりますね(汗)
 いやはや、どこから読もうか……少しずつ拝見させていただきますv-291
 

llama姉さん、いらっしゃ~い!

こんにちはー

ぷぷ
それは面白い、姉さんならではだね。
木平には拗ね者を惹きつけるものが在るのかもしれません。
こん竹が素直に話したのも木平だけだったのでしょう。
生き直しの仲間になることで、孤独じゃないことを知る。
そう考えると周りの者が優しく見えてくる。
不思議なものです。

鹿威しっていいよね。
何か、好きなんだわ
それに水琴窟もいいなぁ〜

ですねぇ~
何がきっかけとなるかわかりませんよね。
ブログっていいよね、
姉さんとも知り合えたしね。
そして、言葉は剣にも癒やしにもなれる。
あんまり毒を吐くのはやめようっと
ぷぷ

皆、滝の在る屋上には独りで行くことが多いいのですが、
庭には皆、語り合いに行くようです。
この糸、好きなんですわ
へへ
v-410

Mieさん、いらっしゃ~い!

こんにちはー

罪人の罪滅ぼしの場所です。
病人達は本当に悲しく、辛いことです。
世間は事故があり事件があっても忘れていく。
でも当事者にはそうじゃない。
時が経っても、いつも頭の片隅にある。
それは体を蝕む要因にもなりますよね。
罪人の心無い行動が何を生むのか、知るべきなのです。
v-391

園主さん、いらっしゃ~い!

こんにちはー

悪人って基本、想像力がないと思います。
こうすれば、こうなる。なるかもしれない。
そんな当たり前のことがわからない。
自分の行動が何故、悪いのか。
分からせるための最後のチャンスなのです。
理解し、反省ができなければ魂はバラバラにされ、
二度と再び産まれることはない魂沈めが待つのみです。

居ましたね
犯人が友達に送った手紙、反省のはの字もなく世間を嘲笑っていましたね。
その後に弁護士が書かせたものは歯の浮くような内容の手紙。
きっと定型文でもあるのでしょうね。

木平の過去は本編、八章のお蜜再びに書いてあります。
お暇な時に宜しければ読んで下さいね。

こん竹が木平と一緒に生き直しの道を歩む。
他者のために働く。
それがどれほどの者達を救うことになるか。
何より自分自身も救われることなのですよね。
v-410

ポール、いらっしゃ~い!

こんにちはー

本当にそうなのかもしれないね。
いいことをすることが喜びに繋がる。
そんな人ばかりの世の中なら
苦労も楽しくなるよね。

全くもって其の通りざんす。
誰の心も知らず、己だけの世界に生きています。
情けなし
v-390

きらたるちゃん、いらっしゃ~い!

こんにちはー

こん竹の場合はきっかけさえあれば立ち直れる。
それが木平と知り合うことでした。
生涯の友になれると思います。

さて?
今のお順にあるのは不満だけ
自由気ままにできないことが辛くて仕方ない。
これからが本番になります。
ガス病院での仕事はこれからの為に過ぎません。
まだ、彼女は知りません。

その気持はよくわかります。
私も訪問だけの方への訪問返しもしなくなりました。
コメントを頂ける方だけと交流している感じ。
そんな風に決めたら、楽になりました。
v-410

limeさん、いらっしゃ~い!

こんにちはー

ですね。
茂吉は悪意のある者を理解しようとは考えていません。
それが小さかろうと大きかろうと悪は悪です。
放置すれば波及していく。

裏卍に収容される者達は心ない行為の結果を知ることになります。
こん竹はそこに行くことなく、心を改めることが出来た。
きっとガス病院に必要欠かざる人物になるでしょうね。
v-410

ごんばさん、いらっしゃ~い!

こんにちはー

ぷぷ
分かりやすいよね。

私は不思議に思うのですよ
何故、悪人を理解しようとするのか
こんな境遇だから、こんな性格だから悪いことをする
そんな悪さをさせる社会が悪いと言う。
でも、そんな社会でも悪いことをせずに善良に生きている者達がいる。
そんな人達が悪に困らされ不幸になるなんておかしいでしょう。

茂吉は悪を理解することはしません。
善良な者を守ることだけを考えています。
嘘をついてもこの世鏡で全てばれる。
悪行はさらされるのです、反省の余地もなしと判断されれば
魂をバラバラにされ、二度と再び産まれることはなく魂は沈められるのです。

全くその通りです。生き方を変えるだけで生き直しが出来る。
簡単だけど難しいことです。
こん竹はきっと頑張ると思います。
v-410

うにゃままちゃん、いらっしゃ~い!

こんにちはー

ですね。
病人と触れ合うことで知っていくことです。
罪人にも病人にもお互いの境遇は知らされていません。
親しくなることで知るのです。
それはお互いに厳しい現実かもしれません。
それでもそうさせるのは茂吉ならではなのでしょう。

労働ってキツイ、辛いだけじゃないと思います。
最初はイヤイヤでも汗をかく喜びをこん竹は知った。
知っていたからこそ、木平の言葉も滲みたのだと思います。

お順はねぇ
どうなるのでしょうかね。
v-391

かじママちゃん、いらっしゃ~い!

こんにちはー

業の深さは並じゃないね。
ガス病院で三年も働いているのにね。
不満ばかりのようです。

何でだろうね。
せっかく母親になったのにね。
なれない人も居るのに分かっていないね。
もったいないと思うよ。
子育てを味わえるって最高なのにね。
v-390

LandMさん、いらっしゃ~い!

こんにちはー

まだまだ若いではないか。
話しぶりだともっと上かと思っていたよ。
老成しているねぇ。

勿論ですとも
幾らでも変えれるのよね。
三十代ってそんなに疲れないし
とにかく短い。
過ぎてみれば、そう思うのですよ
沢山、人生を楽しんで下さい。
v-410

ゆうちゃん、いらっしゃ〜い!

こんにちはー

今回のGWは行動をしました。
小田原に翡翠葛を見に行ったり
野菜の苗を買って、小さな畑を作ったり
開墾って大変なんだよねぇ〜
昔の人は凄いよねぇ
私らなんて畳二畳分でヒィヒィだもの。
腰が痛いよ

考えれば猫国を始めた時から
終わらせる事を目的に頑張っているミタイナ
変な感じもするけどそうなのよね。
ゆうちゃんも長編、頑張ってな
v-410

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

 のくにぴゆう

Author: のくにぴゆう
猫国の住民達の物語を書いています。
作者はコメを食べて生きてます。
コメくださ~~い!
ブログ内の小説、画像の無断転載、コピー、転用は禁止です。

もくじ
最新記事
リンク
当ブログはリンクフリーです。
最新コメント
いろいろ
今まで紹介をしなかったのですが、それも変だなと 三ニャンを宜しくお願いします。

母のみーです。 mi3.jpg

息子のちーです。 chiko1.jpg

娘のぽーです。 po1.jpg

揃い踏み mcp1.jpg

木登りおーちゃん Ochan.jpg

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ





検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
pictlayer
画像をクリックすると大きく、もう一度クリックすると閉じます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。