スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クルミ 34 風神とクルミ

前回


木平と別れ、本当の独り旅が始まる。目の前には美しい花畑、行かずにはいられない。



はじまり、はじまり



クルミは小さな背を一杯に伸ばしても花しか見えないので諦めてトボトボ歩き出す。

「まっ、いっかぁ!だってこーんなに綺麗なんだもの」

歩いていると段々、登りになって行く。花で地面が見えない程になっているので地形がわからないが、どうやらこの先は丘になっているらしい。

「高い所なら行く先がわかるかも!わからなくてもいつかはどこかに着くわ~」

確かにそうかもしれないが、クルミは何だかこの旅の所為で大胆になっていた。歩き疲れる程だっだが何とか辿り着き、振り返ると花畑一面が見渡せる。

きゃああーー!きれーーい!
わぁ~、父ちゃん先生にも紫狼兄ちゃんにもクヌギ姉ちゃんにも、三吉にもそれからそれから、コノミ姉ちゃんにも皆に
みーんなに、見せて上げたぁーい!!

クルミは一人、はしゃいでいた。

「あれ?どうしたことだろ?こんな所に狐の子がいる」

クルミはふいに声がするので振り返る。さっきまでクルミだけだったのに、いつの間にか目の前には、青く薄い衣を着た知らない種族がそばに立っていた。

「えっ!?あんた誰なの?それにあたいが見たことない種族ね」

「ふふ、驚かしてしまったね。どうしてこんな所にいるのかな?」

「ちょっとー、まずあたいの質問に答えて頂戴」

「ふふ、怒ったかな?わたしは【風】と云うものだよ、宜しくね」

「へへ、あたいはクルミって云うのよ。でもそれって種族の名前なの?」

「うーん、わたしの名前だね。種族って言われてもなあ...」

「知らないの?知らない事って多いいわよね!あたいも自分の事なのに知らないことだらけよ。父ちゃん先生や紫狼兄ちゃんは『まだ知らなくてもいいよ』って言うけど、あたいは知りたいもの」

「そうなのかい?」

「そうよ、このお花の名前だって知りたいわ!何でも知りたいわ!」

「クルミは知りたいだらけだね。この花は【常世花(とこよばな)】というのだよ、普通の者はこの花畑には入らないのだよ」

「ふぅーん、あたいこのお花に誘われて、つい入っちゃったのかしら?」

「そうかもね。わたしもつい来てしまうもの」

「あたいと一緒ね!」

「ふふ、そう云う事になるね」

クルミが話している相手は【風神】である。

クルミは神様を見た事がないので『知らない種族』くらいしか思っていない。風神も其れが面白い、こんな事があるから、たまに下界に降りてくる。

下界ではまず最初にここに寄る。【常世花】で結界を創っているので誰も来れない。だがそんな結界をさらりと越えたクルミが面白かった、、、【恵み子】というのは楽しいものだ。

風神はもっと良い景色のとこに行こうとクルミを誘う。

「ほら、ここからだとクルミが目指している粒傘村が見えるよ」

「えっ?あたいの行きたいとこがわかるの??」

クルミが見ると遠くにうっすら、村が見える。

わぁーーー!あそこに姉ちゃんがいるのね!
よぉーしッ、行ッくぞぉおーー!!

クルミは今日中には着けると思っているがそうではない。今、見ているのは蜃気楼のようなものなのだ。嬉しそうにバックから黒飴を取り出すと風神にあげる。

挿絵参照↓↓↓  絵をクリックすると大きくなります
fujinkurumi.jpg

「あたいの気持ちよ、あたい本当は迷っていたの。でもお陰で助かっちゃった!風のお兄ちゃんありがとう!」

「ふふ、くれるのかい?ありがとう。それではわたしもクルミにお礼をしよう」

「あらいいのよ、あたいそんなつもりじゃないの。あたい黒飴大好きなのよ!三吉は蜂蜜飴。まだまだ子供なのね」

「ふふ、三吉とは仲良しなんだね」

「うん!あたいの大好きな友達よ!三吉の居た菰傘(こもかさ)村にも行ってみたいけど、まずは粒傘村に行くの。でも姉ちゃんに会ってから菰傘村に行くのはきっと無理だわ...」

「どうして?」

「だってね、ついでに訊いたんだけど菰傘村ってとっても遠いいんだって!それに父ちゃん先生がひどく心配しているし、三吉ともお約束破ったし、木平おじちゃんが父ちゃん先生にあたいの事を伝えてくれるようになっているんだけどあたいも少しいけないとこもあるし、、、

でも三吉の母ちゃんって優しいんだって!優しい母ちゃんってどんな猫なのかなぁ...お種って妹、どんな子なのかなぁ~?って」

「会ってみたいの?」

「うん、、、あたい、我が儘なの...」

「ふふ、そしたら黒飴のお礼に今からクルミを粒傘まで連れて行って上げよう。そしてもう一つ、これを上げよう」

【風神】は、たおやかなドレープを創っている長い袖を引き千切るとクルミに渡す。

「あっ!そんなことしたら寒いでしょ?あたいみたいに毛が生えてないのにぃ」

「ふふ、寒くはないよ。此の衣は《青衣》と云って、これを纏(まと)って行きたい所を言えばそこに連れて行ってくれるよ」

ひゃーッ!便利なのねッ!」

クルミは受け取ると軽さに驚く、そして大事にバックに仕舞う。衣はとても大きいのに小さなバックにスルッと入ってしまった。

「それからクルミはけっして我が儘ではないよ。今のクルミにとっては知りたいと思う事は必要だからなのだよ。茂吉にはわたしがきっと伝えよう」

「えっ!?風の兄ちゃんって、父ちゃん先生の名前知っているの?」

「ふふ、わたしも知りたがりだからね。何でも知ってるよ」

「あたいと良く似てるわね!」

「そうだね」

「あたいと友達になってくれない?」

「いいとも。楽しいね、わたしにも友達ができたなんて」

「そしたら、友達記念に、も一つ黒飴上げるね!」

「ふふ、友達になれて良かったこと」

【風神】はクルミに息を『ふっ』と吹きかけた。あぁ~ら不思議!クルミは気が付くと粒傘村の外れにいた。







つづく




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

おぉぉぉぉ、ワープしたんだぁ!!!

粒傘村の外れまでなんて、粋なことするわね、このイケメン神様。

・・・と、姐さん、おばんですm(__)m
いえ、姐さんがおばんとは、言ってにゃい^^ ←このフレーズ、何度目だべか?
白湯、いただいてますかにゃ、おばん(爆)

クルミちゃん、いい処でいい神様に出会ってよかった~♪
それにしても風神て、イケメン(涎)
てか、姐さんはイケメンが好きなんだぁ!
この物語の登場人物(?)には、美男美女が多いもの^^
だから、楽しく入り込めるんだよ。
ここら辺で、ちょっと持ち上げて・・・ヨイショ。

青衣・・・姐さんは、これをなんと読ますのかにゃ?
「あおごろも」 「あおぎぬ」 それとも「しょうい」 いや「せいい」かな?
参考のために、今度聞かせてね。

やっとやっと、通常に戻ってきたと、
言いたいところですが、まだ、時差ボケておりまして・・・。
頭では通常生活してますが、身体はソチへ行ったまま・・・。(笑)

クルミ、風神様に会ってしまったようですね。
またもや、イケ面!
そして、粋なお兄さんのようですね。
すごいアイテムを手に入れたクルミ、
またまた話の展開が楽しみだな〜(^^)

おはようございます。

素敵なものを見つけたら、みんなに見せてあげたい
気持ちってわかります。クルミちゃまに、そんな存在の
人々ができてよかったなって思います。

風神さま・・・中性的な魅力。
人を警戒するクルミちゃまも、風神さまの前では
とっても素直でしたね。
人の心を一瞬にしておだやかにできるって、さすが神様。

おじゃまします。
どうなる事かと心配していましたが、ついに凄い方が現れました。
挿絵を見て風神様は綺麗な女性だと勘違いしたまま読んでいて、あれっ?と挿絵を見直すと女性にすれば確かに少しごつい、ぴゆうさん好みの美青年でした。
どんな相手にも臆せず、思った事が言えて、自分が好きな飴も人にあげる事ができるクルミはどこまでも子供らしい純真な心の持ち主だと思います。
足の包帯が痛々しく見えますが、純粋な心が強運を呼ぶのでしょうね。
いい旅になって欲しいですね。ますます次回(挿絵も)を期待します。

「神様!」

「なんだい?」

「あなた、いいかたですね!」

「なんだって?」

「いいかたですね!」

「とんでもない、あたしゃ神様だよ」



……こんなこと考えるから不信心者などといわれるのかもしれん(^_^;)



そういったつまらぬギャグはおいといて、今回はクルミちゃんの成長と、神様の優しさに胸が熱くなりました。二人のやりとりを聞いているだけで涙がにじみます。歳のせいかなあ。

前回にも書きましたが、現世に生きる者が入ってはならぬ場所へ入り、超越者から智恵と力を与えられるのは、やはりクルミちゃんの「死と再生」のシンボルではないかなあ、と感じたであります。古代の神話から一貫して唱えられていますよね。たいていは悲劇に終わるのですが、今回はだれも傷つかなくてよかったです。

このイニシエーションを経ることでクルミちゃんは聖性を獲得し、恵み子としての自分なりのハードルをクリアして……なんかこう書いていると自分が「笑点」の当代圓楽になった気がしてきたのでやめます(^_^;) 腹黒な男なのだろうかわたし(^_^;)

次回が楽しみです~!

クルミがどうなるのかと心配したけど、
風神様と出会ったんだね。クルミも結構大胆だあ。
でも良かったよ。粒傘村のはずれまで送ってくれて。
次はおねえちゃんに会える?

風神様の挿絵美しいにゃ。女性かと思ったよ。
中世的なイケ面素敵。

なんでも知りたいって気持ちは、子供はとっても強いですよね。
大人はすぐに知ったかぶりして、「子供は知らなくていいんだよ」って言うけど(笑)
そんな情報は大概、たいして大切な情報じゃないんですよね^^
大切なことは、子供が自分で吸収していく。
あ、話がそれちゃった。
無邪気なクルミに、風神様もきっとほっこり心が和んだのでしょう。
あの青衣はそのお礼ですね、きっと。
クルミちゃん、お姉さんに会えるといいな。

疲れて過ぎて、ハイになってきたかな?クルミちゃん。お、人間の姿だ。珍しですね。毛が生えてないのにってクルミが言うのがおかしかったです。あっというまに粒傘村に着きましたね。さて、おねえちゃんと会える瞬間が、近づいてきたかな?そういえば、茂吉たちは、どうしてるのかな?こちらも気になります。どんどんいい人達にあって、クルミが穏やかになっていくのが、ほんとにうれしいです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんにちは~~♪
恵み子って結界もスルリと抜けられるのですね。
風神から素敵なものを頂いて 
これからどんな風に使っていくのか楽しみです。
私にも風神の袖が一枚欲しい~~~(。^p〇q^。)プッ 

みんながこんな風に素直に
「友達になってくれない?」って言えたら
戦争なんかしなくて済むのに
私たちはクルミちゃんの足元にもおよばないねぇ。。
大切なのは鉄砲玉より飴玉だ(笑)

風神さまはきっと
他の神様にも小さなともだちのことを
話してきかせるのではないかな。
そしたら他の神様もうらやましがって
クルミちゃんとお友達になりたがるかも。
なんか そんな気がする~(*^。^*)

良かったなあ~~!!

風神さま、美しい・・・・・
こんな美しい神様に逢ったらそれだけで寿命が伸びそうだ~~

クルミは恵み子、
恵むし恵まれるんだねえ~~~~
良かったなあ~~~(^^*)v-238

llama姉さん、いらっしゃ~い!

こんにちはー

神様らしいとこがないとね
イケメンなのはあたり前田のクラッカー
てなもんや三度笠をもう一度見たいなぁ〜
白黒画面が懐かしいなぁ

私がオバンなら姉さんはどないするネン
白湯は本当に最高だわね。

神々様は非の打ち所が無いイケメンか美女と決めております。
画力がないからなぁ〜
もっと綺麗に描きたいのになぁ
ヨイショされてない気がするぞよ

単純にあおごろもでよござんす。
奇を衒うのは好きでないのよね。
吉田兼好がこんなことを書いている。

寺院の号、さらぬ万の物にも、名を付くる事、昔の人は、少しも求めず、
たゞ、ありのまゝに、やすく付けけるなり。
この比は、深く案じ、才覚をあらはさんとしたるやうに聞ゆる、いとむつかし。
人の名も、目慣れぬ文字を付かんとする、益なき事なり。
何事も、珍しき事を求め、異説を好むは、浅才の人の必ずある事なりとぞ。

v-410

きらたるちゃん、いらっしゃ~い!

こんにちはー

ぷぷ
ソチはけっこう楽しめた。
新しい競技が沢山あったし、楽しかったよね。

もっとイケメンに描きたいのに画力が追いつかない。
髪も衣ももっとサラサラで透き通るように描きたいのになぁ
難しいよ
良いアイテムをもらいました。
どうするのかね。
v-391

Mieさん、いらっしゃ~い!

こんにちはー

ですね。
クルミは何も考えずに叫んでいたのだと思います。
それほど身近な存在になっているのでしょう。
家族なんだと思います。

神様がどのような御方かも知らず
素直な反応をするクルミ
それがとても面白いのでしょう。
神様を穏やかにさせているのはクルミかもね。
v-410

園主さん、いらっしゃ~い!

こんにちはー

やっとおおとりを出せました。
へへ
ホッホホホホ
わかりますぅ?
台湾俳優のジョセフ様を理想としてますの
キャハハハ

用心深さと大胆さ、そして大人ぶった振る舞い。
いろんなものを内包しながら成長していくのですよね。

やっと辿り着くことが出来るようです。

頑張りやす!
v-91

ポール、いらっしゃ~い!

こんにちはー

キャハハハ
加藤茶と志村けんとの掛け合いを思い出しました。
面白かったなぁ〜
単純に面白いのが良かったなぁ

いやいや、想像力がなせる業ですわね。
ない人は何も感じないもの。

常世花の花畑は現世で言う中庸の世界でしょうかね。
あの世でもなくこの世でもない
真ん真ん中の安らげる場所
だから眠くなるみたいな

<<恵み子としての自分なりのハードルをクリアして
鋭いお方でござるなぁ
次回に風神が応えると思います。
ぷぷ

頑張りやす!
v-91

うにゃままちゃん、いらっしゃ~い!

こんにちはー

大胆だよねぇ〜
いつの間にか、成長しているんだよね。

やっとでございます。
お待たせいたしました。
へへ

でしょう!
イケメンは心の栄養だよねぇ~
真っ直ぐでサラサラの髪の毛
キャーーーーーーー
v-10興奮しちゃったわよ
ニャハハハ
v-16

limeさん、いらっしゃ~い!

こんにちはー

全くだよね。
考えてみれば知りたいという好奇心が人類の歴史を作ったようなものだよね。
いつも通る道、違う道を通ったらもっと楽しくて近いかもしれない。
大部分の者はそんなことは怖いから嫌だと言う。
でも好奇心旺盛な変わり者が行ってみると言い出す。
行ってみたらなるほど近いし、食べ物が沢山見つかった。
じゃ俺も私もとなる。
行かなければいつまでもそのまま、何も変わらない。
そんなことを考えるとオモロイよね。

やっと会うことが出来ます。
へへ
v-410

むらななちゃん、いらっしゃ~い!

こんにちはー

ハイハイ状態かもしれませんね。

偶に登場させるだけだから、いつまでたっても画力がつかない。
やっぱ人は難しい。
描き続けるしかないのだろうけど、やっぱ難しいもんだ。

やっと会うことが出来ます。
お待たせしちゃいました。
へへ

茂吉と紫狼の心配も終わるかな?
どうかな?

きっとクルミがもつ、あるべき姿なのでしょうね。
v-410

りんだちゃん、いらっしゃ~い!

こんにちはー

するりと抜けちゃいました。
やはり特別なのですよ。

ぷぷ
あると便利だよね。
りんだちゃんなら、何処に行くのだろう?
v-410

園長さん、いらっしゃ~い!

こんにちはー

キャハハハ
上手いことを言うなぁ〜
座布団十枚だに。

グルジアはどうなるのでしょうかね。
見回すと世界中で紛争が絶えない。
誰も彼も我さえ良ければいいと罵り合って傷つけあって殺しあう。
一度滅んだらいいと思いますよ。
こんな物語を読みました。

神様が一つだけ願えを叶えようと人類に言いました。
皆、好きなことを言ってました。
国も違えば願いも違う。人種も違えば同じ。男女も年代も違えばと夫々が言い合って一歩も譲らない。
誰かが言い出しました。
「願うのをやめよう。そうすれば不公平でもないし、このまま変わらないからいいじゃないか」
皆、不承不承ながらも納得して、神様に願うのは止めると伝えました。
その後、人類は滅びました。
神様は人類だけに聞いたのではなかったのです。
ブラックな落ちですけど納得しましたよ。
そりゃ、他の生き物たちからは蛇蝎の如く嫌われていますわね。
ぷぷ

素敵な予感ですね。
きっとそんな気がします。
v-410

かじママちゃん、いらっしゃ~い!

こんにちはー

おお~~~そりゃナイスなイケメン神様効果でござる。
風神様も喜ぶな
ぷぷ

良いお言葉
恵むし、恵まれる。
忘れずにメモメモ
ぷぷ
v-410

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

お久しぶりです~

 来ない間に随分進んでますね~
 申し訳ないですが、お話への感想は次回以降になります。

 いろいろご心配をおかけしましたが体調は割と良好です。
 会社にないでインフルエンザが流行りましたが、予防接巣のおかげでそれも回避でき復職一年を無事に達成しました。ここまで導いてくれた方々には心より感謝しておりますv-290

ゆうちゃん、いらっしゃ〜い!

こんにちはー

久しぶりぃ〜
どうしたのかと思っていたよん。
無理はせずにマイペースが一番ですものね。
のんびりが体にいいよ。
v-410
プロフィール

 のくにぴゆう

Author: のくにぴゆう
猫国の住民達の物語を書いています。
作者はコメを食べて生きてます。
コメくださ~~い!
ブログ内の小説、画像の無断転載、コピー、転用は禁止です。

もくじ
最新記事
リンク
当ブログはリンクフリーです。
最新コメント
いろいろ
今まで紹介をしなかったのですが、それも変だなと 三ニャンを宜しくお願いします。

母のみーです。 mi3.jpg

息子のちーです。 chiko1.jpg

娘のぽーです。 po1.jpg

揃い踏み mcp1.jpg

木登りおーちゃん Ochan.jpg

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ





検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
pictlayer
画像をクリックすると大きく、もう一度クリックすると閉じます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。