スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クルミ 31 憧れのお方

前回

クルミが猫宿に行ったことがわかった。表面では落ち着いている風の茂吉と紫狼、心の中は心配で悲鳴を上げたいくらいだ。


はじまり、はじまり


キナはイライラして店の中をうろついている。テレとトチは何か言うとキナが癇癪(かんしゃく)を起こすものだから怖くて声も出せない。

ちきしょーッ!どうすりゃいいんだッ?こいつら行かせても役に立たない、あたいが行くにも店が有る。手が足りねえ!
ちきしょぉーっ!!

クルミが消えた後、一心不乱に探したが見つからずどうにもならなくなりその日は諦めた。翌朝、頭の皿をよく冷やし考え直す。テレをよくよく問いつめると東雲楼の事を白状した。

まさか東雲楼にコノミが居たとは知らなかったので驚き急いで東雲楼に行き婆猫のお紋から詳しく話しを聞く。クルミが来た事もわかったので追いかける事にしたのだが、いざそうなると、このままテレとトチに行かせてもクルミを探すことが出来るか怪しい、、、

第一信用ならない。自分が行きたいが開店したての店があるので悩んでいたのだった。そんな時に店のドアが開く。

挿絵参照↓↓↓  絵をクリックすると大きくなります
akogarenookata.jpg


「こんにちは」

「ちょいとッ、店はまだなんだよ!それに休むかもしれないんだから、さっさと帰っておくれッ!」

キナの邪険な声にもめげず、ドアからちょこんと紫狼が顔を出す。

「キナさん、あたしです。紫狼ですよ」

キナは忘れもしない、愛しの紫狼の顔を見ると驚き声も出ない。一瞬の間がある、、、

キャぁああーーーッ!!紫狼様ぁ~~~♪

キナは驚くべき反射神経でドアを開けると紫狼に飛びついて押し倒し、そのまま熱烈なチューをする。

ぶっ・ちゅぅう♡♡♡・・・・・・・

紫狼は顔を真っ赤にしながら、されるがままになっている。邪険に離したらキナが傷つくと思うからだ。あくまでも紫狼は優しい。

「紫狼兄ちゃんの顔が真っ赤かだあ~!」

三吉が囃(はや)す。

「これ三吉、からかってはなりませぬ。さてキナとやら、いい加減に紫狼を離してはどうかな?紫狼」

「あっ、は、はい!キナさんお離し下さい」

「え~、仕方ないわねえ」

こらッ、キナ!こちらには茂吉様もいらしているんだぞ、いい加減にしろッ、おかま河童!」

顔役の点吉が堪らなくなってキナを叱る。キナは改めて周りを見回す、見知らぬ藤色のふわふわ猫に賢そうな目をした子猫が居た。そして店の前には町中の者達が野次猫となり凄いような猫だかり。

きゃッ!あんらぁ~すみません!」

キナは急いで平伏し縮こまっている。紫狼に立つように言われ、立ち上がったが恥ずかしそうに俯(うつむ)いている。

「ふふ、キナは紫狼が好きなのですね?」

「父様先生!」

「はい!もったいなくもキナは紫狼様とお会いしてから片時も忘れた事はございません」

「あたしは茂吉です。この子は三吉で、クルミの兄弟と云っていいでしょう」

もっ、茂吉様ーッ!?あ、あたしめは、しがないおかま河童のキナでございます」

そう言うと急いで様子伺いをしていたテレとトチを引き摺(ず)って来る。

てめえ達!こちらにお見えなのは畏れ多くも茂吉様に紫狼様に在らせられるぞッ、てめえ達がして退けた悪行三昧を
キリキリ申し立ててみやがれーッ!!

大袈裟に言うと、ボーっと突っ立っていた二人を蹴倒(けたお)し三人揃って平伏す。

「この大馬鹿者達は恥ずかしながら私めの弟達です。どうぞこの馬鹿達のお話をお聞きになって、魂沈めなり、なんなりのお裁きを御下しくださいませ」

「あ、兄貴ぃーッ!そんなあー!」

ひぇえーーーッ!

「お黙りッ!いいからとにかく事の顛末を隠し立てなくお話しするんだ!!」

テレとトチはつっかえ、つっかえながらも今までの事を話し出す。うるさい野次猫達を静かにさせようと点吉は忙しい。

「わかりました。テレ、そしてトチ、あなた達がしてきた事は褒められるものでは在りませんがクルミと出会い、気持ちを変えることが出来ました。素晴らしいことですよ」

「そうですね」

紫狼も続ける。

「へっ?...でも、あっしらどうすればいいのか・・・」

「クルミのことは心配ないですよ。後は私達にお任せ下さい」

「茂吉様、でも急がないとあの子は子供なんですから」

キナが東雲楼のお紋から聞いた話をする。

「そうですね。急ぎましょう!それからキナさん、紫狼から聞いてますよ」

「あんらぁ~恥ずかしい....」

「いいえ、クルミへの数々のご温情、この茂吉忘れるものでは在りません。テレとトチがあなたの弟であったと云う事、理由はどうであれ、あの子が無事に猫宿に着けたのも全て天のお計らいと云えます。ありがとうございます」

「ありがとうございます」

紫狼も言う。

「ありがとう!おじおばちゃん」

三吉も言ってみる。

茂吉達はキナに深々と頭を下げた。猫宿の者達は有り得ない光景に只驚くばかり。後にキナの店は《茂吉様・紫狼様御用達》という看板を掲げ、大いに繁盛をした。ただ、テレとトチにゲイを仕込もうとしたが、二人はあくまで拒否し、今では兄弟で仲良く駕篭かきに精を出している。





つづく

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

きゃっほ~~~、いいね♪
今日は書きっぷりが、特別にいいや~!
キリキリ申し立てて・・・には、爆笑しました。
この形容は、江戸っ子とて、今日日使いませんわにゃ~(笑)
気分がスカッとする文章って、だ~い好きさ。

茂吉様・紫狼様ご用達かぁ。
キナの優しさと、チャッカリ加減がよく描かれてるね^^
昔住んでた町に、『区内町ご用達』と書いた車で配達してる、お米屋さんがあったな。
そんな事も懐かしく思い出しながら、楽しく読ませて貰いました。

で、来週こそは、再会・・・だろーにゃv-403

おはようございます。

グッドタイミング〜紫狼さま〜
天使に見えましたよ。
・・・そして、バッドタイミング〜紫狼さま〜
かわいそう、ぶっ・ちゅぅうだって。へへへ。

茂吉様・紫狼様御用達ですか♪
キナさんはことばや見た目がアレですが、
美しく優しい心の持ち主ですものね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

あら、紫狼チューされてしまったんですね。キナさん、三吉もいるんですよ。子供には刺激が強いかな?やっと、茂吉たちもここまできましたね。あと一息って感じです。キナのお店が繁盛して、テレとトチもちゃんとした生活を送れたんですね。これも、クルミと出会ったおかげですね。後は、クルミが大好きな姉さんに会えれば、私も幸せです。無事に会えるといいな。

おはようございます。

調子に乗ってまたおじゃまします。
おかまのキナに心底愛される紫狼様は、優しさに満ち溢れた男の中の男なのでしょうね。
ある意味、ぴゆうさんが持つ理想の男性像か?と思いました。
普通の男では、頼まれたからと言っておかまバーで働けるものではありませんから、弟たちは駕籠かきをやってた方が正解だと私も思います。
紫狼様がお一人の一見シンプルに感じる挿絵も、手がかかっているのだろうなと思いながら、楽しませてもらっています。 今後の展開を期待しています。

こんにちは~。

クルミがいなくなってキナの慌てぶりはすごい。
男になってますなあ。紫狼の前ではしおらしいけど、
茂吉や紫狼を看板に使うなんて商売上手・・。

紫狼もキナのチューをキナを傷つけないように我慢するなんて
男だねえ~。優しいよう。

次号ではついにクルミと会える?と良いなあ。

こんにちは~(^0^*)ノ

あ!!そっか!!
駕籠かきに転職したとは、これ天職だ!!
なにしろ、クルミをずっと担いでたんだものね~!!

紫狼さまは本当にお優しいなあ~~v-238
大好き!!!
次回はどうなるのかな??楽しみo(^v^*)o

「ゲイは身を助く」……。

キナが幼いクルミを助けたことがめぐりめぐってこのような素晴らしいことになったのでしょうね。クルミちゃんがゆく先々で人が幸せになっていくのは気持ちがいいです。

問題は、そういうクルミちゃん本人がひどい人間不信だということですね。すべてのことが自分を不幸せにするように見えるのでしょう。

茂吉様はそこらへんから諄々と説く必要がありそうですね……。

今回は特にテンポが良くって楽しかったです。
こうあってほしいという読むほうの願いがすっと描かれていて。
心配事が少し晴れて、茂吉たちも目標が定まってきましたね。
キナも、愛しの紫狼さまに抱擁出来て、幸せだったろうなあ~。
紫狼さま、どこまでもやさしいなあ。

テレとトチは、ゲイには向いてなさそうだから、解放して正解ですよね(笑)

そうか、人間は頭を冷やすけど
河童はお皿を冷やせばいいわけだ。
じゃ 冷やしやすい河童のほうが
人間より冷静だな(笑)

キナ達 三兄弟は
クルミと縁が深いんだね。
親じゃなくてもいいから
親身になってくれる大人がいるって
すごく大事なことだと思うよ~
クルミは小さいころ キナに会えてよかった♪

あぁ、やつと茂吉や紫狼がきてくれたね!
あ〜、安心しました〜!
キナは、何か大事なところに出てくるね。
関わった者が、幸せになっていくよね。
優しい気持ちが強いからかなぁ?

llama姉さん、いらっしゃーい!

こんにちはー

気に入ってもらえてハッピー
もうね、お江戸にどっぷり浸かっているからね。
使いたくなるのよ
タイムマシンがあったら元禄時代に行きたいにゃーー

やはりオカマ様は商売上手
何せ、キナは幼い二人の弟を育てるぐらいですからね。
しっかりしています。

キャハハハ
最高!
なんて粋なお米屋さん!
弟子入りしたいぐらいだ。

住んだ街の匂いや喧騒
子供だから感じる空気
ポエムだわぁ〜

約束なんて出来まヘン
きっぱりんこ
v-391

Mieさん、いらっしゃーい!

こんにちはー

ぷぷ
紫狼の複雑な心境が・・・
けけ
キナにとっては最高のプレゼントだよね。

全く其の通りですね。
あれから紫狼とキナは心の交流を続けていました。
手紙のやり取りをする内、自分の下手な字を恥ずかしく思い
習字を習い、今では紫狼が驚くほどの達筆になっています。
いいことだよね。
内緒の話。
v-410

むらななちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはー

キナにとっては最高のプレゼント
こんな大チャンス、逃すわけないよね。
ぷぷ

キナは幼い二人の弟を育て上げるほど、立派な河童です。
そんなキナも弟の行く末を案じていました。
今までの紫狼との交流により、自分が一層良い者になろうと変わったように
テレとトチもクルミにより、変わりました。
良い出会いがこの三兄弟を救ったのでしょう。

必ず会えることをお約束します。
でも、もう少し出会いがありそうです。
v-410

園主さん、いらっしゃ~い!

こんにちはー

おお~~~
嬉しいこと。

そうなのかもしれません。
指摘されてフムフムと頷いてしまいましたよ。
へへ

こればっかりはねぇ
出来るわけがないですよ
キナは無理とわかっていても、側に居させたかったのでしょう。
半分親心、半分見張りミタイナ
駕籠かきは正にピッタリな職業ですよね。

有り難うござーーる。
泣いちゃいますよ
一番、手間が掛ったのがアールヌーボー調のランプでござる。
頑張りやす!
v-91

うにゃままちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはー

ぷぷ
キナにとって、善行の一つではありますが
掛け替えのない紫狼と出会ったキッカケでもあります。
今回はクルミと逢えませんでしたが
昔のクルミ=過去(老けて店もたたむ寸前)と重なり、必死だったでしょう。

いい漢と言いたいヤネ。
敢えてこの漢字を使いたくなる。

もう少し出会いもあるのよねぇ〜
へへ
v-410

かじママちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはー

全くでござる。
何がキッカケになるかわかりませんよね。
でも兄弟だから、息の合った仕事ぶりになると思います。

おお~~~
これは紫狼に言わないと・・・
知りませんよ
卍宿にいらっしゃいニャンて手紙が来ても
ぷぷ

頑張りやす!
v-91

ポール、いらっしゃーい!

こんにちはー

いい言葉じゃろ
へへ

ですよねぇ
ハッピーエンドが大好きなんだよねぇ
嫌なことは現実でもう沢山なんだわ
だから猫国では誰もがハッピーに向かって進んでほしい

今のクルミはまさにそういう状態。
人によって傷つけられた者は、人によって救われるしかない。
これからの出会いが肝心ですね。

ぷぷ
v-389

limeさん、いらっしゃーい!

こんにちはー

ありがとうでござーーる。
文才の無さがそうさせるのか
どうも気持ち良い話にしたがる
こればっかりは
へへ

キナの夢が叶った瞬間ですね。
生涯の思い出になったと思います。
茂吉の気持ちは逸るばかりでしょうね。
かわいそうに・・・ぷぷ

全くでございます。
イヤイヤさせたら大変だよ
客を睨むようなオカマ相手に呑みたくないよね。
v-410

園長さん、いらっしゃーい!

こんにちはー

ぷぷ
そんなに感心しないで
皿っと受け流してぇな〜

確かに冷静だろうと思われる。
ニャハハハ

不思議な縁で結ばれていました。
キナの善行は確かにクルミを救いましたが
それは結局、自分達兄弟を救う事になりました。
良いことをすれば、形は違えども巡り巡って
戻ってくるものですよね。
今となってはお互い様かもしれませんね。
v-410

きらたるちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはー

やっとでございます。
二人共、気が焦って仕方ないでしょうね。
顔に出さないよう、苦労をしているとこだと思います。
ぷぷ

いつも物語を作る上で考えるのは、幸せになること。
キナ兄弟もそうです。
キナの良い心がけが幸せを呼び寄せたと言えますね。
v-410

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

 のくにぴゆう

Author: のくにぴゆう
猫国の住民達の物語を書いています。
作者はコメを食べて生きてます。
コメくださ~~い!
ブログ内の小説、画像の無断転載、コピー、転用は禁止です。

もくじ
最新記事
リンク
当ブログはリンクフリーです。
最新コメント
いろいろ
今まで紹介をしなかったのですが、それも変だなと 三ニャンを宜しくお願いします。

母のみーです。 mi3.jpg

息子のちーです。 chiko1.jpg

娘のぽーです。 po1.jpg

揃い踏み mcp1.jpg

木登りおーちゃん Ochan.jpg

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ





検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
pictlayer
画像をクリックすると大きく、もう一度クリックすると閉じます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。