スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クルミ 30 戸の宿

前回

コノミに何が何でも会うと決めたクルミ。今はまっしぐらに突き進むだけだ。


はじまり、はじまり



一方、茂吉達はどうしているのだろう。
蟻の帝子と知らせ蜻蛉の紙次が戻り、帝子から報告を受ける。

「茂吉様っ、クルミ様の行った先がわかりました!

「早く、早く言いなさい!

「はい。何でも足跡が戸の宿周辺にあったそうです。でも不思議な事に何歩か歩いただけのようでその後足跡はなく、何処に行ったのかもわからないようなのです。とにかく其れきりで消えてしまわれているそうです。今、周辺にも探りを入れておりますから、明日中には知れるかと」

!!、戸の宿とは一体どういう事でしょう」

「父様先生、もしかしたらクルミは勾引(かどわ)かされたのでは?」

「おお、だから紋次の糸でも探りようがなかったのかもしれない。何か駕篭とか袋に入れられていたのかもしれない、、、可哀相なクルミ...こうしてはいられない!さっそく戸の宿にいきましょう!」

はい!あたしもお供を致します」

「茂吉様、戸の宿周辺としかわからないままでは・・・」

帝子が慌てている二人に言う。

「帝子、大丈夫ですよ。もしクルミを勾引かす様な悪い奴らでも野宿は避けたいでしょう。まだ夜は冷えますしね。それにあそこには宿が有ります、きっとそこに泊まったのでしょう」

「流石は茂吉様です。帝子は惚れ惚れします♪」

「ふふ、帝子は可愛い事を言います。紙次もさぞや疲れたでしょう。色々と苦労を懸けましたね。さっ、もう休みなさい。ありがとう」

二人は外に出ると茂吉は早速、雲階段を呼び寄せる。その時急いで駆け寄って来る者が居た、三吉である。

父ちゃん先生ーッ!紫郎兄ちゃーん、何処に行くのぉーー?」

「おお、どうしたのです?もうネムネムの時間ですよ」

「寝てなんかいられないよ!おいらだってクルミが心配で心配でしようがないんだものぉ」

「三吉や、どうやらクルミの行方がわかりそうなのです。今少し辛抱してお待ちなさい」

イヤだぁー!おいら、きかないよ、絶対に一緒に行くもの」

「いけませんよ、そんな我が儘は」

「紫狼、三吉も心配なのでしょう。仕方ないです、連れて参りましょう」

「本当!?わぁーい!おいら大人しくしているよ」

「父様先生は三吉に甘いのですから。ふふ、わかりました」

茂吉達は雲階段に乗り、急ぎ戸の宿へと向かう。戸の宿では狸の殿次が茂吉達の来訪にひっくり返って驚き、この宿では最高級の部屋に通される。

挿絵参照↓↓↓  絵をクリックすると大きくなります
tonojyuku.jpg


嬉しそうにお茶を出す殿次は、まるで狸が変わったよう だ。来訪の意図を知るとクルミの事について詳しく話す。クルミをクルミ姫と呼び、荒くれ達も今は教えてもらったオオバコ汁を売る事に精を出し、まともになっていると感謝をしていた。

茂吉から【恵み子】であると聞かされ二度驚く殿次は、すまなさそうにテレとトチが蓮台を作り、クルミを乗せ猫宿に向かったと云った。

「なぜ、猫宿なのですか?」

「へい、何でもクルミ姫の姉様がいらしゃると云う話しでしたが、其れ以外はとんと...」

「ねえ、クルミが言ってたけど、姉ちゃんが郭ってとこに売られたって」

三吉が口を挟む。

「なるほど。クルミの姉は猫宿のどこかの郭に売られたのかもしれませんね、、、だとしたら紫狼、あの子を連れて来た時にキナと云う河童から何か聞いていませんでしたか?」

「迂闊(うかつ)でした。何も聞いてはいません、ただ、売られたとしか・・・あっ!キナは今、猫宿におります。狸宿ではうまく商売がいかないので、猫宿に店を出したとこの前手紙が届きました。父様先生、さっそく猫宿に参りましょう!」

普段の茂吉なら、町の者が驚くので雲階段は成る可く目立たないようにするが、今回は気が急くので町の中心に雲階段を着けた。下りて行くと既に町の者達は平伏して控えている。

大相撲大会の時に茂吉に怒られていたので、茂吉の姿を見ると急いで平伏(ひれふ)した。知らせを受けた町の顔役も急いで現れる。

「も、茂吉様ッ!いかがされたのでしょうかッ!?」

顔役の点吉は大相撲大会の時の騒動を、いとも簡単に治めてしまった茂吉に敬服しきっている。

「ああ点吉、すまないね、気が急くものだから、こんな町中に下りてしまって」

「とんでもございませんいついかなる時も茂吉様のご来駕(らいが)を喜ばぬ猫宿の者はおりません!」

「ふふ、皆に畏(かしこ)まれていると話しも出来ませんよ、さっお立ちなさい」

「とんでもねえ」

点吉のそばにいる者が言う。

「あれから町中の掃除は町内ごとに当番制にしやした」

「ふふ、其れは素晴らしいですね」

「父様先生、ご用件を」

「ああ、そうでした。点吉、こちらにキナと云う河童が店を出していると思うのですが、どちらです?」

「はて?お前達知ってるか?」

「ああ、それならつい最近できたおかまバーですよ」

「どちらです?」

「へい、ご案内いたしやす」

茂吉達一行は、ぞろぞろキナの店である《バー黒河童》の前に着く。




つづく


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

姐さん、おばんどすm(__)m

あららら、さすがの茂吉さま、情報網を張り巡らせて早々お出ましだ。
それも、オカマのキナにまで辿り着いちゃったよ(笑)
町の中心部に雲階段て・・・そりゃ、み~んな驚くわな。
で、キナとの話はどんな展開を見せるやらね(^_-)-☆
ますます楽しみになってきたよ♪

バー黒河童に到着・・・・・でも、つづく (ち苦笑!)


クルミちゃん、姉さんに会えるかな~
そしてみんなはクルミちゃんに会えるのかなぁ。
でもいい方に流れていきそうなので、
安心して先を楽しめそうな予感^^

ふふふ^m^
茂吉様でも焦っちゃう事あるんですね~
ま、当然みんなビックリだったでしょ(笑)
雲階段、ワタシも欲しいです!!!

こんばんは〜

やっと朗報が舞い込んできたのですね。
それにしても、この慌てよう・・・
会えるまで、一波乱も二波乱もあるのかしら。
気があせりますな〜

クルミちゃんが動き回らなければ
早く会えるんだけどね、
でもきっとまだ 巻き込んで改善しないといけない
者がいるんだろうな(^m^)

しかしアリさん情報網はさすがにすごい!
クモ、アリ、トンボ、
すべての能力者に尊敬されている茂吉は
やっぱり超すごいんだなぁ。。。

やっと、茂吉クルミの足跡をたどることができましたね。これで、茂吉とクルミが会えれば、きっとお姉ちゃんにも会えるとおもいます。このまま、いい方向に進んでクルミと幸せになって暮らしてるお姉ちゃんと会えたら、冷えていたクルミの気持ちもきっとほぐれて行くと思ってます。どんなに周りに茂吉や、紫狼などがいて、クルミの事を大切に思ってても、クルミ自身がそれに気がつかないと、クルミは幸せになれないです。早く、みんなの気持ちきずいてほしいです。肩は大分良くなってきました。ムラタクが銭湯好きで、毎週行くのですが、私は銭湯は苦手で・・・。家のお風呂にバブ入れて温めてます。出店まであと少しなので、頑張ります。

おはようですにゃあ。

茂吉の情報網を使ってもやっとという感じですね。
まあそれでもクルミの近くに行きつつあると・・・。
早く行って安心させて欲しいなあ。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ああ、三吉、久しぶりです。
きっと彼も心配だったのですよね。ちゃんと連れて行ってあげるところ、茂吉は優しいですね。
じわじわと情報があつまり、キナにつながった!
もうすぐ会えるでしょうか。
でも、クルミちゃんの冒険、もう少し見守りたい気もします。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

やっと、近づいてきたかな?
それにしても、ちょっとの間に、クルミは、随分成長したかもしれない。
可愛い子には旅をさせるって、正解なんだろうな。
でも、まだ、色々ありそうな気配が
・・・。

こんばんは(^0^*)ノ

まさか、かどわかしの犯河童までがキナのところにいるとは
みんなビックリするでしょうね~~!!!
しかも、クルミは居なくなっちゃってるし・・・

いっぽうのクルミは無事にコノミ姉さんに逢えるのかしら??
まだまだ色々ありそうですね(^^;)

個人的には体罰は絶対反対だけど、ここまで周囲の人を困らせたのだから、クルミちゃんは一発殴られてもしかたないと思ってしまいました。

だけど、殴ることが許されるのは、コノミお姉ちゃんだけだと思うであります。ほかの人が手をあげたら、それこそクルミちゃんの人間不信は固定化されてしまう……。

茂吉さまがどうこの場を納めるのかが楽しみです。

それとも、お姉ちゃんと逢った後も、さらにクルミちゃんの放浪は続くのだろうか……。それはそれでありな展開だな。お供に河童二人を従えて、「クルミちゃん漫遊記」。8時40分になったら「ひかえひかえひかえ~い、このおかたをどなたと心得る、おそれおおくも恵み子のひとり、クルミ様なるぞ! 頭が高い!」(笑)

妄想がふくらんで講談書きたくなってきた(^_^;)

こんばんは、おじゃまします。
新参者の私は、まだ全体像をよく把握できていませんが、茂吉様の存在感に圧倒されます。
猫たち、特にノラ猫たちを見ていると、本当は人間には見えないものや理解の範囲を超えた世界で生きているのかも知れない、と本気で思うようになりました。
「猫を飼うと金縛りにあわなくなる」と言う話を聞いたことがありますが、うちの猫たちも、ほんのちょっとした光や見えないものを必死で追いかける時があります。
ぴゆうさんが描く不思議な世界は存在するのかも知れませんね。

次の展開と挿絵を楽しみにしています。いつもありがとうございます。

おばんです^^

おおっ いよいよ近くまで迫って来ましたね^^

クルミが無事にコノミのところまでたどり着くことができるのか

それとも途中で茂吉達と合流することができるのか、楽しみなところ。

挿絵の盆栽が美しいの~益々腕があがっているわん^^

llama姉さん、いらっしゃーい!

こんにちはー

散々待ちかねていたので、茂吉も飛んで行きたいくらいでしょうね。
羽が生えないのが不思議です。
ノン吉から借りたいくらいでしょう。

雲階段を想像すると何やらいい気分になる。
フワフワに包まれるっていいよね。
姉さんなら伽羅姫。
我が家ではみーを抱いてその気分を味わっとります。

ありがたいことだ。
頑張りやす!
v-91

★すももママ★ちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはー

今では立派な迷子なのに
クルミは元気一杯です。
茂吉達は後を追いかけながらヤキモキして可哀想です。

モチのロンでございます。
安心して下さいな

気が急いて飛んで行きたいくらいでしょうね
ぷぷ
一度、乗ってみたいよね。
v-410

Mieさん、いらっしゃーい!

こんにちはー

やっとです。
まだ会えませんが、それでも何も情報がないよりマシ
後を追いながら、クルミの活躍に目を細めていたと思います。
親馬鹿ですよね。
ぷぷ
v-410

園長さん、いらっしゃーい!

こんにちはー

全くですよね。
でもそれが出来ないのがクルミなのかもしれません。
考えているつもりでも行動が先走る。
これも勉強なのかもしれません。
今度出会う者はどちらなのでしょう?

神様から下された者達ではあっても
お互いの仕事に尊敬の気持ちがある。
とてもいい関係だと思います。
v-410

むらななちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはー

やっとです。
会いたくて堪らんでしょうね。
茂吉も紫狼も親馬鹿全開になっています。

その通りです。
自分がいかに愛されているかを
きっと第三者が教えてくれると思います。
へへ

ありまぁ、銭湯苦手なのか、残念だよぅ。
そうそう、ものすごく濃いバブもあるんだよね。
特別な時は、そんなのを試すのもいいかもしれないよ。
無理しないように、
お大事に
v-410

うにゃままちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはー

やっとですね。
茂吉とて、万能ではないのです。
王族達も同じ、皆が関わりあい、助けあう。
そんな世界でございます。

羽が欲しいくらいでしょうね。
ぷぷ
v-410

limeさん、いらっしゃーい!

こんにちはー

偶に顔を出さないとね。
ぷぷ
三吉にとっても良い経験になりますし、
同じように自分も愛されているという実感もわくと思います。

どうか見守って下さいませ
へへ
v-410

きらたるちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはー

やっとね。

だよね。
幼いながらも自分が何者かを少しづつ、わかってきたと思う。

間違いなく大人にはなるよね。
もう少しありそうです。
v-410

かじママちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはー

ぷぷ
キナも不思議な縁に驚いていると思います。
何より、まともになっている事が喜びでしょうね。

クルミの気持ちはまっしぐらに向かっているけどね。
もう少しあるかな
へへ
v-410

ポール、いらっしゃーい!

こんにちはー

あれ!珍しいことを書くもんだ。
平和主義のポールらしからぬことだわ。
きっと目の錯覚に違いない。
有り得ない発言でござーる。

コノミも殴らないと思うよぅ
ぷぷ
茂吉なんてメロメロですからねぇ
結局、ないと言っとこう。

この物語はまあ、前編、後編という感じになるのかな
今は前編ですかね。

漫遊記的なものは、この後の物語になるかな
中編と言った形でアップする予定でござる。

ポールは裾野が広いのぉ〜
流石でござる。
v-410

園主さん、いらっしゃ~い!

こんにちはー

猫国は本当に長い物語です。
お付き合いして頂けるのはとても嬉しいです。
今回は茂吉のできた猫像だけでなく親馬鹿な一面を知ってもらいたいと思いました。

全く仰る通りだと思います。
私が猫国を書くきっかけになったのも、みーのお陰でござます。
あの子に出会わなければ、猫の素晴らしさに気が付かなかったと思います。
コメ返で書いたことがあるのですが、
ある事で精神的に参ってしまい、独り、庭に出て泣いていました。
その時、まだ野良で子猫だったみー(名前は勝手に呼んでいました)が
側に何気なく近寄ってきました。
私と知り合って間がなく、まだ私をよく知らなかったはずなのに
横に座ってくれました。
「触ってもいい?」
私はあの子のフワフワした毛に癒やされました。
翌晩もやはり庭に出ました。
あの子は来てくれました。
触りながら怖がらないように
「抱いてもいいかな?」
そっと抱くと温かさとフワフワに
キザキザした心が溶けていくように感じました。
何十分も抱いているのに、何も言わず、黙って抱かせてくれました。
どんな人間かもわからないのに
その身を委ねてくれる子猫の愛の深さに包まれました。
あの子と出会えたことに感謝しかありません。
今はみーの子供たちとおーちゃんの四にゃんずで暮らしています。

とても長くなってしまいましたが、不思議な世界は絶対にあると思います。
こちらこそ、ありがとうございます。
v-410

どーちん、いらっしゃーい!

こんにちはー

その通りでござーーる。

クルミにはまだもう少し出会いがあったり
なかったりして
物語は続くミタイナ
ニャハハハ

ひぃーーー
嬉しいぞーーー
苦労しましたです。
形の良い盆栽を描くのって難しいのよねぇ
こりごりしました。
あれだけで半日かかったよ。

寒いねぇ〜
家の中でムートンブーツを履いているよ。
あれいいね、勿論フェイクなんだけど
スリッパより暖かいのだ。
お薦めでござる。
v-410

こんにちは~~♪
三吉くんも一緒に連れて行ってもらってよかったですね。
動かないで待つって結構つらいですもの。
挿絵の三吉くんの可愛いこと!!
コノミちゃん 今頃どうしてるのかしら?
クルミちゃんも幸せになってるといいのだけれど・・・続きが早く読みたくなります。

りんだちゃん、いらっしゃーい!

こんばんはー

三吉もしびれを切らしていたので
大いに張り切って参加していることは確かです。
ぷぷ

コノミは幸せに暮らしています。
唯一つの気がかりであるクルミが自分に会う為、
一生懸命に旅を続けている事も知らずにね。

頑張りやす!
v-410

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

 のくにぴゆう

Author: のくにぴゆう
猫国の住民達の物語を書いています。
作者はコメを食べて生きてます。
コメくださ~~い!
ブログ内の小説、画像の無断転載、コピー、転用は禁止です。

もくじ
最新記事
リンク
当ブログはリンクフリーです。
最新コメント
いろいろ
今まで紹介をしなかったのですが、それも変だなと 三ニャンを宜しくお願いします。

母のみーです。 mi3.jpg

息子のちーです。 chiko1.jpg

娘のぽーです。 po1.jpg

揃い踏み mcp1.jpg

木登りおーちゃん Ochan.jpg

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ





検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
pictlayer
画像をクリックすると大きく、もう一度クリックすると閉じます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。