スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クルミ 25 依頼

前回

クルミの提案で、はこべの青汁で商売をすることになる。安い値段で売り、皆に喜んでもらう。これで半端な奴らも生きていく張りができたろう。クルミご一行は皆に見送られ猫宿へと旅立つ。



はじまり、はじまり




そう言えば、紫狼はどうしているのだろう?

      
           ♢


            
紫狼はようやく連傘のガスの元に到着をした。雲階段とはいえ、猫国を一週間かけ、北から南へと大移動したのでお順とこん竹は疲労困憊で、さすがの減らず口も出ないようだ。

紫狼は屋上に二人を放ち、一人ガスの書斎に向かう。ノックをすると「どうじょ、開いてましゅよ」いつもの声。
中に入るとガスと机を並べ、もう一人河童がいる。その河童はにこにこして、とても良い顔をしている。

挿絵参照↓↓↓  絵をクリックすると大きくなります
ilai.jpg

「ガス先生お久しぶりです。あれ?なんか、お若くなられたような、、、」

ふあふあ、若いって~大助しゃん」

「良かったですね」

「あの...すみませんがこちらの方は?あたしは紫狼と申します」

「わたしめは大助と言います。先生のお手伝いをさせて頂いてます」

まったあ~、大助しゃんは河童が悪いでしゅよ」

「だって私は弟子ですよ」

「じゃ、ガスも大助しゃんの弟子でしゅ」

「あのう...大助様とおしゃられるのですか?」

「はい紫狼様、お初にお目にかかります。どうぞ宜しくお願いします」

「こちらこそ、宜しくお願いいたします」

「大助しゃん、紫狼様は恵み子様なんですよ」

「それは、それは」

大助はガスから色々とこの世界の事を聞いているので中々詳しい。オロも驚く程、知っている。

「月狼達も紫狼様がいらしゃったのを知れば喜びましゅよ」

「月狼達はまだ修業をしていたのですか?」

月狼達は狼族の村である月影村の出身で、そこは紫狼の里でもある。紫狼は優秀な者達を積極的に卍宿の医学校に行かせ学ばせている。月狼やシャナ、海狼もそこを卒業してからガスの元で修業しているのだった。

「無論ですよ、ちっとも出て行きましぇんよ。この頃は大助しゃんにも教えてもらっているので尚更でしゅよ」

「ほほーそれはそれは」

ガスは大助との経緯を詳しく紫狼に話す。※大相撲参照

「では父様先生が猫宿に行って騒動を収めた時の事ですね」

「ほほー、しょんなに猫宿は騒動でしゅたか?」

「はい。皆、言う事を聞かないと魂沈めされると聞いて、急いで片付けをしたらしいですよ」


ふあふあ


はははは


三人で笑った。紫狼はここに来た用件を言うと「任せなしゃい」と快い返事をガスから貰う。それから紫狼は月狼達と久しぶりに会い、楽しく二、三日を過ごす、長旅の疲れも取れると再び、雲階段に乗り帰って行った。

お順とこん竹は最初の日こそは食事も長屋に持って来てもらえたが、翌日からさっそく働かされる。お順は患者の看護、こん竹は雑用だった。レレは紫狼からよくよく聞かされているので二人に全く容赦ない。

「ちょっとッ、お順!どうしてそう包帯の巻き方が下手なのッ」

フン

「いい?こうして仕上がりが麦の穂に見える様にやるのよ」

お順はレレに教えてもらっているのに、下げる頭も聞く耳もないので威張られてると思い腹が立って仕方ない。長屋に帰るとこん竹に肩やら腰を揉ませながら、愚痴三昧の日々を送っていた。

「あのメス河童!いいようにこき使いやがってさッ」

「ああ、おいら達が逆らえねえの見越してんだよ」

「頭に来るよッ!」

どうやらこの二人、魂沈めされなかったことを感謝する処か、このていたらく。腐った性根は治らないとみえる。

卍宿に帰った紫狼は焦燥し切った茂吉に驚き、事の仔細を訊く。茂吉達はあれから必死になって探した。三吉の約束した場所には日暮れになってもクルミは姿を現さなかった。

蜘蛛の紋次に頼る他ないと紋次の子分達を総動員して糸を出させたがクルミの行方は杳(よう)として掴めなかった。何日かすると紋次達の糸で真っ白になり、卍宿一帯を覆ってしまい宿(しゅく)の者も困り果て苦情を言ってくる始末。

茂吉は最初、頑として聞き入れなかったが恵み子達に説得され、仕方なく紋次達の糸を引き上げさせた。そんな時、紫狼は帰って来た。茂吉は唯の親馬鹿に成り果てていた...クルミが心配で身も世も無い様子。

「父様先生、、、、、」

「ふふ、情けない話しよ。こうまで阿呆になるものか...」

「そんな事はありません!あたしも同じです。でも少しはお休みになられないと・・・」

「横にもなれぬのよ、クルミの顔が浮かんでしまって・・・」

がっくり項垂れてしまった。






つづく


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

姐さん、再度やって参りましたわよ^^

ふんふん、ガスしぇんしぇい+大助さんまでも登場。
しかも挿絵のスンバらしいこと!
美味しそうな練切りは「椿」かにゃ?
土瓶(急須か)の柄は「有田」かにゃ?
これじゃ、肩も凝るわさ(笑)

しっかしまぁ・・・腐りきった根性ってーのは、治らないもんだわねぇ!
この二人、どうやったら改心するものやらね。
一番許せないのは、これでも『母親』ってことだわね。

でも、茂吉さまの優しい心が、クルミちゃんの心を溶かす日が必ず来ますわにゃ。
大丈夫、クルミちゃんはシッカリ生きてます・・・と、思わず伝えてあげたくなっちゃったよ。
自分のために、これほどまでに心を痛めてくれる人が、どれだけ大切か。
クルミちゃんにも判る日が、きっと来るね。

こんばんは^^

お順達の更正にはまだ時間が掛かりそうだね。

それにしても、茂吉の憔悴ぶりは気の毒だわ

茂吉にクルミは元気だよって教えてあげたい^^

急須の柄良いね。お菓子も美味しそう^^


すまんのう。元気だよ^^

ちょこっと風邪気味だったけど、吸入を処方してもらっていたので

苦しくなることもなくて助かったよ。

レンジで温める湯たんぽが手放せなくなってしまった。

おはようございます~~♪
私たち読者はクルミちゃんの事がわかってるのに
茂吉さん達はまだわからないんですね。
それは心配ですよ。
ぴゆうさん早くクルミちゃんを返してあげて!!(。^p〇q^。)プッ

おはようございます。
挿絵の和菓子、私にもわけてほしいな〜
ほんと・・・おいしそう。

突然、子どもがいなくなったら・・・
平常心でなんていられないです。
こっそり教えちゃおうかな〜
クルミちゃまは、りっぱにやってるよって(∩.∩)

茂吉に、「大丈夫だよ」って教えてあげたいなぁ。でも、茂吉でも探せない物があるんだと驚いてます。神通力みたいで、ぱっと見つけられるかなぁなんて思ってました。クルミにはこんなに心配してる人がいるって、気づいてほしいなぁ。しかし、お順は、ほんんと変わらないですね。この2人は、心を入れ替える事できるのかなぁ?まったく、反省という言葉を知らないですね。2度と、クルミの前に現れてほしくないです。レレ、もっとビシバシやってください。風邪治ってきましたよ。ご心配おかけしました。しかし、くしゃみがひどかったせいで、腰が痛くなってきました。もう、出店もないし、ゆっくり休みます。ぴゆうさんも、気を付けてくださいね。のどはネックウォーまで温めます~。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

紫狼、月狼、海狼  狼族には立派な者たちがいて
狼大好きな私は すっごく嬉しい~♪
名まえもいいよねぇ、月に海。

ガス先生、お久しぶりです、
知り合いでもないのに(笑)
お順はともかく
コノミちゃんは優しくていい子だから
ガス先生のところで看護師さんになったらいいと思うなぁ。
廓なんかには 一秒たりとも置いておきたくないよ、
クルミちゃんも それだったら安心できるしね。

茂吉は それでこそ理を知る一番天に近い存在ですとも!

こんばんは~(^0^*)ノ

ふふふ、麦穂帯ですね!!
昔やりましたよ~~~(笑)
今は伸縮包帯が主流になりましたから見なくなりましたけど
あれ、美しいから巻くのが好きでした(^-^*)

ああ!!早く父様先生を安心させてあげないと!!!

しかし、あのどうしようもない狐たちは
まだ何かやらかしそうですね・・・

やっぱりあのふたりは、ガスのところに来たって性根は治らないようですね。
せめて反省という気持ちさえ生まれれば・・・。ねえ。

そして、こちらは茂吉。
さすがの茂吉も、全てにおいて万能ではないのですよね。
でも、そこのところが人間的、いや猫的で、いいのですが。
クルミちゃんのほうが順調なので、ここは安心して見守っています。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

人間もニャン間も狐族も、行動すれば必ずなにかの結果がもたらされます。

われわれはその結果がいくらかでもプラスになるよう考慮して、そして結果を天に任せましょう。失敗したらまたなにかのアクションを起こせばいいのです。

われわれはできることしかできないのだから、できたことに対して後悔しないように生きていかねば……。

あのバカ夫婦も見捨てるにはまだ早すぎるのだとわたしは思います。

この章の終わりくらいにはなんとかまともな生活ができるように……なっていることを天に祈りましょう。うむむ。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

llama姉さん、いらっしゃーい!

こんにちはー

懐かしいでしょ
大相撲が終わってけっこう時間が経つのよねぇ〜
練切は梅だったような
椿にも見えるよねぇ
美味しそうに見えることを目指したのだ
へへ
これはね、清水焼なのでござーーる。
絶対に清水なのだ。
そして模様は祥瑞でございます。
とにかくこの模様が好きなのでござーーる。
趣味バリバリ
ぷぷ

全くでございます。
何のためにガスのもとに送られたか
わかってません。
お蜜のように改心出来る日は来るのでしょうかね。

愛されるというのは何よりの妙薬だよね。
今は知らないけど、いつかね。
v-410

どーちん、いらっしゃーい!

こんにちはー

だねぇ
特にお順がね。

これが親というものだと
親から子供を奪うなんてことは、してはならないこと。

好きなのだ。
趣味を活かせてる気がした。
ニャハハ

あれあれ
外に出る時は絶対に喉をカバーしないとダメよ
冷たい風は咳を誘発するのよ。
大事にして下さい。
それはいいね。
私もレンジでチンするのやろうっと
湯たんぽもあるんだ。
v-410

りんだちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはー

そうなのですよ。
茂吉達は修羅場ってますね。
ここら辺で助け舟があるかな?
ぷぷ

どうしましょう。
帰したら話が終わっちゃうもんねぇ
堪忍なぁ〜
v-392

Mieさん、いらっしゃーい!

こんにちはー

いつでも猫国の和菓子屋さんにご案内致しますよう
ぷぷ

きっと今に助け舟が出てくると思います。
あれじゃ、可哀想すぎるもんね。
茂吉はヨレヨレだもの。
それに紫狼まで加わったら大変なことになる。
教えちゃダメよん。
へへ
v-392

むらななちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはー

この世界では万能は神様だけでしょうかね。
それでもままならぬものがあったり
普通の民との違いは、少しだけなのです。
助けあい、関わり合うことで成り立っている世界です。

レレもそのつもりでビシバシとやっているようですよ。
親切なレレだからこそ教えてくれるのです。
お順にはわからないのでしょう。
自分が親切にする時はいつも何かある
そんな性格だから他者の親切が素直にとれない。
馬鹿な奴ですよ。

咳やくしゃみが激しいと全身に来るよね。
私も腰に来る時があるもん。
大事にして、のんびりして下さいね。
v-410

園長さん、いらっしゃーい!

こんにちはー

こういうのを今は中二病というのですかね。
実家で暮らしていた小柴のクロは
蒼狼号にゃんて名前を付けていました。
狼のように優しくて、強い男の子でした。
狼、最高だよね。
日本狼って本当にいなくなってしまったのかな
悲しいことです。

「お久しぶりでしゅね、園長さんはお元気でしゅたか?
体のメンテナンスにもなりましゅから、ガス病院に遊びに来なしゃい、
大助しゃんと待っていましゅよ♡」

ガスより

とても素敵なアイデアを有難うござーーる。
そうなってもいいよね。
ぷぷ
v-410

かじママちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはー

おお~~~
経験者の方がいらっしゃるとは
ドキドキ
そうなんですよね。
伸縮包帯でそれやったら
きつくて辛いですよね。
いつの間にか、昔の話になっていました。

そろそろ、助け舟が出てくるかな
へへ

誰にも更生のキッカケがあると思うのに
二人にはないのですかね。
全く情けないことです。
v-390

limeさん、いらっしゃーい!

こんにちはー

己を省みるにゃんて
そんな言葉は頭の上を通り過ぎているのですかね。
本人が気が付かなくては
何にもならないものね。
いつになるやら?

万能ではないのです。
この世界の住民達は
どの民も、何かしら持っているし、持ってもいない。
助け合い、関わりあうことで生きている世界だと云えます。
助け舟も出てきますので安心して下さいね。
v-410

ポール、いらっしゃーい!

こんにちはー

全く其の通りでございます。

運否天賦でございますなぁ
やれることはやって後は任せるしかないですものね。

やらなきゃわからないものね。
やらないで後悔するより、行動すれば気が済むだけましだわねぇ。

ですね。
どうか見捨てないで見守ってやって下さい。
へへ
v-410

大阪ちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはー

きっと間違って鍵にしたと思える。
ぷぷ

だよねぇ
茂吉の心配はまさに親そのものだよね。
きっと助け舟が現れると思いますので
安心して見守って下さいな

ゴルラぁ〜
そんな目に合わないから!!
v-391

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

 のくにぴゆう

Author: のくにぴゆう
猫国の住民達の物語を書いています。
作者はコメを食べて生きてます。
コメくださ~~い!
ブログ内の小説、画像の無断転載、コピー、転用は禁止です。

もくじ
最新記事
リンク
当ブログはリンクフリーです。
最新コメント
いろいろ
今まで紹介をしなかったのですが、それも変だなと 三ニャンを宜しくお願いします。

母のみーです。 mi3.jpg

息子のちーです。 chiko1.jpg

娘のぽーです。 po1.jpg

揃い踏み mcp1.jpg

木登りおーちゃん Ochan.jpg

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ





検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
pictlayer
画像をクリックすると大きく、もう一度クリックすると閉じます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。