スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クルミ 18 かくれんぼ 

前回

容赦なく連れて行かれる狐夫婦、三吉は憎い二人が居なくなるとホッとすると同時に、クルミの行方を問い詰められてはマズイと隠れる。


はじまり、はじまり


茂吉はどこを探してもいない三吉に可笑しい。何か本当にかくれんぼをしている気になってくる。

『ふふ、懐かしい...幼い頃は兄さんとよくしていたなあ~弟や妹達が一緒に遊べる様になるとますます楽しかった...あの子達も二人だけで遊んでいるのは寂しかろう、、、

そうよ、保育園があったわ!何故気付かなんだ、その子達と知り合えば、又遊びが広がって面白かろうて!そうしよ、そうしよ、そうしましょう~』

さっそく保育園へと行き、帰って来たのは夕方になってしまう。直ぐに帰ろうとしたが、茂吉が保育園に居る事が知れると其れぞれの学校から校長や教師や生徒達が押し寄せ、大変な騒ぎになってしまった。

茂吉が来る事は滅多にないので僥倖(ぎょうこう)と謂わんばかりに、皆してそばにやって来る。茂吉は皆から学校に関する意見を聞いたり、話しをしたりと思わぬ時間を取られてしまう。それでも帰るに帰れないので、日を改めて会うと約束し納得させる。

そして保育園の園長には近い内に、三吉とクルミを遊びに来させると約束した。園長は二人の恵み子に会えると泣いて喜ぶ。

卍宿にいても滅多に恵み子と会うことはない、ましてや親しくなる事は皆無と云っていい。それ程に恵み子は、一般から遠い存在なのだ。

やっと、宿舎に戻り三吉とクルミを探すが見つからない...流石の茂吉も心配になりだす。クヌギ達が帰って来たので訳を話すと身魂抜きの宮で働く河童のタンが言う。

「父様先生、三吉の事ですからここには居ないと思います」

「それではどこでしょう?」

「多分、灯台下暗しだと推察します」

「ふふ、流石に恵み子ですね。ふふ、楽しい事、此の茂吉を手こずらせるとはね」

「いいですね~!あたし達もお役所の辛さをあの子達が解消してくれます」

「本当です、あたしも毎日帰るのが楽しいです」

「ふふ、皆のお役に立ってますね」

「充分、立ってますよ-!」

クヌギやタン達と茂吉は校長室に向かいそっと部屋に入ってみる。紋次と透け次はまだ働いていた。茂吉を見て声を出そうとすると茂吉が指を口に当てた。

紋次と透け次は頷くと本が山になっている一角を教える。静かに近づくと小さな鼾(いびき)が聞こえてきた。

「父様先生」

魂納めの宮で働く夜し吉が小さな声で言う。

「なんですか、夜し吉」

「坊ちゃんは、おねんねの御様子ですね」

「ふふ、それではそっと出しましょうか?」

「はい」

皆がそれぞれ本を何冊か持つと直ぐに三吉が出てきた、気持よさそうに寝ている。

挿絵参照↓↓↓  絵をクリックすると大きくなります
kakurenbo.jpg

「可愛いですね~」

「ほんに」

「あれ、クルミがいません」

「本当です、どうしたのでしょう?クルミだけ違う場所に隠れているのでしょうか?」

「そんな訳ありませんよ、三吉とクルミは大の仲良しですもの」

クルミの事で皆の話し声が自然と大きくなり、その声で三吉は起きた。

「ふぁ~あ、よく寝たぁ~!」

見渡すと皆が三吉を見ている。

ありゃりゃ?見つかってる!おいら本の山に隠れたのに」

「ふふ、残念でしたね」

あっ!父ちゃん先生、どうしてわかったの?おいら間違いないと思ったんだよ」

「灯台下暗し作戦」

「あっ、タン兄ちゃん、知ってたの?」

「大当たりでした」

「おいら、まだまだだなあ...」


ははははは


皆で大笑いしてしまう。茂吉は三吉を抱きソファに座らせる。

「さて三吉、クルミが居ないようだけど、どうしたのかな?」

「おいら知らないよ」

「おかしいねえ、三吉はクルミの一番の友達なのに、クルミは今頃、お腹を空かして泣いてるよ」

「そんなことないよ、だっておいらのこずかいも上げたし、なんか買って食べてるよ」

茂吉も恵み子達も黙っていた。三吉は茂吉の態度が初めからとても自然なので、ついつい話してしまう。まだまだである。

「ふーん、だけど、もうそろそろお陽様が隠れちゃうよ。まっ暗い所にいたら、可哀相だよ」

「そうなんだよね-、おいらそれが一番の心配なんだよ。だけど、『一日くらいは我慢する!』って言ってたしなあ、、、ありゃりゃ?おいら『内緒に』って約束したのにッ!アワワ・・・」

急いで口に手をやる。

「ふふ、クルミには内緒にしときましょう」

「本当!?」

「本当ですよ。ねえ、皆も内緒にしときましょうね」


はーい


恵み子達はニコニコしている。茂吉も恵み子達もこんな会話を心から楽しんでいる。子供の他愛なさが何よりも気持ちを穏やかにさせる。特に三吉やクルミは久しぶりの恵み子達だし、何よりも小さくて可愛いのである。

「でも、何故クルミは野宿しようというのでしょう」

「だって、厭な親がクルミを取り返しに来たからだよ。そしたら、また売られちゃう!今度は郭とか云う酷いとこだって...クルミは役立たずだから、きっと帰されちゃうって…おいらも役立たずで居るとその内に帰される!って...」

思ってもみなかった事が三吉の口から出て、茂吉も恵み子達も唖然とする。




つづく



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お~~~~~っとっとっとっと!
出るわ 出るわ 不思議に喋っちゃうんだにゃ(笑)
ま、それだけ「純真」ということでしょう。
まーね、聞かされる方は目が点になるわね。
子供の考えって、大人の世界を反映しててさ、笑えないことが多いんだよね。
純心ゆえの吐露ってことかね。
これがね、甲羅に苔むしてくるとさ・・・・・あ、いや、止めておこ(爆)

挿絵の書籍、表紙&背表紙の凝りようったら。
姐さん、そんなに根を詰めると、肩凝るで~~~^^
三吉の寝顔に、癒されたよ♪

さて、お次は茂吉父さまの手腕に期待かな?
これをどんな風に解決に導くやら・・・楽しみじゃ。

おはようございます~~♪
あららぁ~~~三吉くん せっかく隠れてたはずなのに
はなぼこちょうちんまで出して口を開いて かなりリラックスのご様子ですね(。^p〇q^。)プッ
やっぱり子供ですね。すべてお話しちゃって。
でも正解ですね。
クルミちゃんは今回もどうしてるかわからず・・・とっても心配です。

おはようございます。

三吉さん、本の陰に隠れて寝てしまったのね。
私は・・・数学の本を開いたらすぐに
眠れます(*^_^*)

クルミちゃん・・・なんて健気な。
心から安心して生活出来ると思えるようになったら
いいのに。いや、そんなことを考えることなく
自然に生活できたらいいのにね。

こんにちは^^

鼻チョウチンってこれはないよな~と思っていたけど

実際に目撃したことがあるよ^^写真に撮っておきたかった^^

トンデモナイ親の登場でクルミの不安な気持ちと親に売られたと思っていたことが

茂吉の知るところとなってよかったよ。

クルミがどれだけ皆から愛されて、大切に思われているのかを

知る時が来たのかな。 クルミの晴れやかな笑顔が見たいよ^^


おーちゃんすっかり良くなったんだね。丸っこくなったかな^^

そりゃあ唖然とするわな茂吉さんたち……。

クルミちゃんの中のニャン間不信をなんとかしないと、ほんとにクルミちゃんは精神の暗黒面に墜ちてしまってジェダイ騎士からダース・ヴェイダーになってしまう……。

早く見つけてあげてください茂吉先生。

というか、ガス先生のもとでゆっくり修行させながら心を癒すべきでは……ってすでにバカ母がそっちへいるよ!

どこかクルミちゃんのニャン間不信を解いてくれる場所はないのか!

ううううう心配。早く続きを……!!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

かくれんぼはこどもの頃にしましたね。
あれはとても楽しいものですよね。
広範囲になると相当なものとなるので、
3時間ぐらいかけたこともありますね。
あれは大変だった。。。

こんにちは~☆

三吉もひどい親が居なくなって安心して眠っちゃったかな。
幼い三吉は他の恵み子や茂吉たちに癒しを与えていたのですね。

茂吉の優しい言葉につい答えてしまう三吉。
まだまだ可愛い子供ですな。

やっとクルミの気持ちがまわりのみんなに届いたのですね。
どんな風にクルミの思いを解いていくのだろう?

保育園に行けたら三吉もクルミももっと子供らしく友達も沢山
出来るのでしょうね。次が楽しみです。

あっという間に、見つかってしまったねぇ。三吉甘いですねぇ~。もう帰ってきてもいいのに、クルミはどこに行ったのやら。それに、茂吉もクルミが、帰されると思い悩んでたとは予想しなかったでしょうね。それほど、クルミの心は傷ついて、そう簡単には癒せないものなんですね。早く、茂吉や紫狼の優しい、偽りのない気持ちに気づいてほしいな。

三吉の純粋さは、茂吉たちを癒してくれますねえ。
茂吉も、頬が緩みっぱなしですね。

だけど、三吉が漏らしてしまったクルミの本心。
茂吉も、ドキリとしたでしょうね。
傷はまだまだ、深いようです。

こんばんは~(^0^*)ノ

そうそう!!そうだった!!!!
クルミの親たちがしょーもなさ過ぎて忘れてたけど
クルミは何処に行っちゃったのか??
ひもじい思いしてなきゃいいけど・・・
って言うか、もう心の中はひもじいよね・・・
心無い親とそのロクデナシの連れ合いが
自分を廓に売るために連れに来たと思ってて
しかも、信じてる優しい大人たちまでもが
それに応じてしまうのでないかと怯えているんだもの・・・
可哀想に・・・・・・

早く見つけてあげて、
誤解を解いてあげてね・・・・・

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

どうもありがとうございました~\(≧∀≦)/

この間は、本当にありがとうございました~~\(≧∀≦)/

遅くなっちゃって、ごめんね~~~
記事UPしたので良かったら見に来てね(^∀≦)vv-238

遅いコメントですみません~~!

子供ってね・・・言っちゃいけないって言われると、
思わず、言っちゃうんだよね・・・(笑)
何故か、そうなの・・・。
でも、みんなはびっくりしちゃうよね~~。
あ~、このあと・・・茂吉はどうするんでしょう~?
きっと、茂吉らしい解決方法がありそうだけれど・・。

こんばんは!

 忍者と呼ばれたこともある私です~
 かくれんぼと奇襲は得意ですよ。気配を消したり、絶対見つからないところに忍んだり……もっとも、あまり有意義な状況で使う事はないのですが。ある種クルミさんに似たような心境で使う事もありましたし。

 そして、隠れているときは大抵一人ぼっち。それは、寂しくもあり、不思議な時が形成される状況でもありますv-292

 

llama姉さん、いらっしゃーい!

こんにちはー

三吉の口を借りてクルミが話したも同然でしょうね。
ちびが抱え込むには余りに辛いことです。
必要とされている=ここにいる理由
になるのでしょう。
クルミは三吉と違い恵み子としてここに来たわけではない。
本人には理由付けが欲しかったのでしょう。
難しいところです。
茂吉も考えるべきでした。
恵み子だけで暮らすという特殊な環境が及ぼす影響をね。
もろもろを考えながら少しづつ進めばいいと思います。

ありがとうござーーる。
茂吉の蔵書なので手が抜けませんでした。
もっと色々しないといけないのだろうけど
根気が続かなかった。
ダメだわ

どうなるかにゃ?
v-16

りんだちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはー

一度描いてみたかった鼻提灯
ぷぷ

ですね。
抵抗を感じないくらい茂吉が自然だったし
心配する気持ちが三吉にもわかったのでしょう。
子供は純粋でフィルターなしだから、大人より心が読めたりする。
けっこう鋭いものね。

どうしているのだろう?
v-16

Mieさん、いらっしゃーい!

こんにちはー

私もでござーーる
教室の蛍光灯が眠気を誘う
黒板の時はまだいいけど、ホワイトボードはいけません。
何故かしらん?

全くでございますね。
幼子にここにいる理由を考えるなんて
いいわけがない。
いつかそうなれると思います。
応援してやって下さいね。
v-410

どーちん、いらっしゃーい!

こんにちはー

ぷぷ
お決まりてしょうが!
描いてみたかったんだぁ
へへ

マジでか!
見たかったぁ

クルミの心の中を知ることが出来たのがとても大事なことでした。
茂吉もマダマダでした。

凄いギャングなんだよ。
生意気でどうしましょう
体も倍以上で大食漢なんだわ。
デブ猫にならないようにしないと
デブは我が家では一人で沢山だよ
ホッホホホホホ
v-389

ポール、いらっしゃーい!

こんにちはー

ですわなぁ
こんなことを心に抱えて生きていたのだから
苦しかったでしょうね。

暗黒面に落ちないのが恵み子とそれだけは言っとかないとね。
ぷぷ

バカ親たちはガスの下でどうなるやら

何処にあるのだろう
良い者だけがいる世界
そんな世界は何処にもありゃしない。
自らが切り拓くしかないのか
そう、それが恵み子というものだろう。
v-391

LandMさん、いらっしゃーい!

こんにちはー

楽しかったよねぇ〜
何だろう
見つけてほしくない
見つけてほしい
その中間のワクワクとドキドキ
今になると
子供の時に味わっていて良かったと思います。
v-410

うにゃままちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはー

ですね。
子供というのはすごい力がありますよね。

そんな処がまた可愛いのでしょうね。

クルミを言葉で納得をさせようとしても多分、無理でしょうね。
それほど大人に対する不信感というものがある。
ならどうすればいいのか
やはり愛情をかけ続けるしかないと思います。
僅かではあるけど、ここに来て過ごしてきた時間。
きっと心に届いていると思います。

間違いなくそうなると思います。
v-410

むらななちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはー

ぷぷ
全くアマアマですよね。
既に恵み子に読まれてました。

でしょうね。
それだけ深い刺が刺さっていた。
辛いことです。
でも過去がどうあれ、今を生きている。
大事なのは今なのだから
きっとわかってくれると思います。
それだけ、沢山の愛を受けていたのだから
傷も小さくなっていたと思います。

兎にも角にも原因はあの母親
傷をえぐっていますものね。
v-409

limeさん、いらっしゃーい!

こんにちはー

ですよね。
子どもとの会話って
癒やされるよねぇ〜
茂吉はデレデレのお父さんになっています。

驚きだったでしょう
それほどの悲しみを心に抱えていたこと
それに何より気づかないでいた自分
茂吉も教えられたと思います。
v-410

かじママちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはー

何処に行ったのか?

この場から逃げたくなるのもわかりますよね。
本当にそうですねぇ
心がひもじいなんて悲しく寂しいことです。

抱える闇が余りに大きすぎて
押しつぶされそうですね。
きっと少しづつ晴れてきていたろうに
この闇を失くすのは大人達の責任でもあり
クルミ次第でもあります。
どうか見守ってやって下さい。


↓は~~い、了解しましたぁ
見に行きま~~す。
v-410

きらたるちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはー

気にしないでくださいなぁ
今は私も週一のコメ返なんだもの。

そうなんだよねぇ〜
お口チャックなんて言われたなぁ
懐かしいなぁ

茂吉も考えるキッカケになったと思います。
誰も彼もじゃないのですよね。
夫々に対応しなければならない
子供たちに教えられたのです。
v-410

ゆうちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはー

忍者と呼ばれたなんて
そりゃ凄いな。
ぷぷ
かくれんぼって楽しかったよねぇ
飽きっぽいからすぐに見つけてもらわないと
勝手に止めちゃったりして
出てきて見つかって鬼になる。
この繰り返しでした。
中には辛抱強い子が居て、いつも見つからなかったなぁ
終わったよー〇〇ちゃーーんって大声で叫んだ。
懐かしいなぁ
缶蹴りも楽しかった。
達磨さんが転んだとか
ケンケンパッなんてのもあった。
ゴム跳びとか
花いちもんめ
数えきれないほど外で遊んだ。
車もなかったし変態もウロウロしてないし、いい時代でした。
v-410
プロフィール

 のくにぴゆう

Author: のくにぴゆう
猫国の住民達の物語を書いています。
作者はコメを食べて生きてます。
コメくださ~~い!
ブログ内の小説、画像の無断転載、コピー、転用は禁止です。

もくじ
最新記事
リンク
当ブログはリンクフリーです。
最新コメント
いろいろ
今まで紹介をしなかったのですが、それも変だなと 三ニャンを宜しくお願いします。

母のみーです。 mi3.jpg

息子のちーです。 chiko1.jpg

娘のぽーです。 po1.jpg

揃い踏み mcp1.jpg

木登りおーちゃん Ochan.jpg

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ





検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
pictlayer
画像をクリックすると大きく、もう一度クリックすると閉じます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。