スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クルミ 13 恵み子学校

前回

生意気な口を聞かれた狐達は、怒って追いかけてきた。紫狼を騙そうと必死の三吉。さてどうなるやら

はじまり、はじまり


「やっとお出ましかよッ

「それはすみません、お待たせしたようですね」

ふん!ここに薄緑の子猫が入っただろッ」

「そいつに用があるんだよッ!さっさと出しなよッ

「三吉に用ですか?」

「三吉って言うのか?あのクソガキ!

「そのガキだよッ」

「あたし共の身内です。何かあるのでしたらあたしが聞きましょう」

そーかい!あのクソガキったら、あたしらを恵み子の学校に案内するように言われたら爪立てて手を握りやがるわ、『痛いっ』て言ったら、『大人のくせに』弱虫だの何だの言いやがって、あんまり躾が悪いから尻でも叩いてやろうって追いかけて来たのよ!」

「ほほほ、それはそれは、それでは後でお尻を叩いておきましょう」

「あんたにしてもらわなくたって、
あたいらがしてやるよッ!

「ほほほ、その汚い手で三吉に触れようというのか?」

なんだってぇーッ?もう一辺言ってみやがれッ!」

「ここは恵み子の学校がある神聖な場所。お前達のような者の来る場所でない」

「なんだって!えっ?ここは恵み子の学校なのかい?」

「そうです」

「それなら、知らぬ間に来てたんだよ」

「そうみてえだな」

「そしたら丁度良いさ。ここには紫狼とかいうクソ狼がいるだろう?そいつに用があって態々来てやったんだよ!出しやがれッ!

「何のようです?」

「ふふ、クルミと言えばわかるだろうよ~」

「紫狼、紫狼」

遠くで茂吉が呼んでいる。

「はい、今参ります」

「へっ?てめえが紫狼かッ、すっとぼけやがって!

「名乗る謂(いわ)れもありません」


何だとーーッ!!


「紫狼」

「はい」

紫狼は今にも掴み掛かろうとした男狐の間をするりと抜けると茂吉の元へ走って行く。二人の狐は後を追うが、すでに三吉を追いかけるのに体力を使い果たしているのでヨレヨレ足がもつれている。校舎の前にいる茂吉と紫狼が話し終わってもまだ二人の元には辿り着けない。

挿絵参照↓↓↓  絵をクリックすると大きくなります
gamandes.jpg

「紫狼、いいですか、堪忍ですよ」

「はい、父様先生」

「あたしは校長室にいますよ」

「はい、わかりました」

茂吉が校舎の中に去ると、やっと狐達がやってきた。

「ハアッハアッ・・・ったく、すばやいぜ」

「本当だよ」

ぜいぜい


「体が相当に鈍っているようですね?」

五月蝿いッ!それよか、クルミの事どう始末をつけるんだよッ」

「親の面目、どう始末をつけるんだよッ!」

「ほほ。あなたは、いつクルミのてて親になったのですか?」

「・・・・」

「五月蝿いねッ、あたいと結婚したんだから、れっきとした、てて親だよ!

「そうですか、それでは中にご案内します」

「やっと話しをする気になったのかい?」

「端からそう言いなよ」

紫狼は取り敢えず待合室に連れて行く。

「こちらで少々お待ちを」

「けッ、逃げるんじゃないよッ!

紫狼は怒りで毛が逆立ちそうになるのを茂吉に言われていたので我慢をした。校長室に入ると、茂吉がにこやかに迎える。

「紫狼、コーヒーを飲みなさい。落ち着きますよ」

「いりません

「何をそんなに腹を立てる?お前までその様に興奮していてはいけませんよ」

「ですけど」

「ふふふ、いいから飲みなさい。それからこちらに連れて来るように」

紫狼は仕方なくコーヒーを飲んだ。

「父様先生、あんな奴ら追い出せばいいのです」

「そんなことをしても又来るだけですよ、いいから連れて来なさい」

「・・・」

紫狼は不満気に部屋を退出すると待合室に向かう。待合室の椅子にふんぞり返っている二人の狐を睨(にら)みたいのを我慢して言う。

「こちらにどうぞ」

「おい、こっちに来いとよ―」

「あ~ら、さんざ待たせておいて、茶の一杯も出ないんだね~?」

紫狼は怒りを堪えもう一度言う。

どうぞ、こちらに」

「ふん!聞こえてるよッ!あんた行こうよ、子供を誘拐しておいて何だよ、偉そうにッ」

「俺がビシっと決めてやるよ」

さて、どうしてクルミの居場所がわかったのだろう?...

キナはあれからクルミの親の隣に店を持っているのが嫌になり、狸宿に引っ越している。紫狼はとうに忘れていたが、キナに送り返した花篭が原因だった。

キナを喜ばせるのが徒(あだ)になってしまった。花篭に入れたのが鈴蘭百合だったのが全くいけなかった。何と云っても極楽山脈にだけ咲く、希少な鈴蘭百合の花だったから、近所の者が見に行く程だった。

母親は悔しかったが野次馬に紛れ見に行く。『こんなに!?』と云う程、溢れるくらいに沢山の鈴蘭百合が盛られていた。こちらの店にまで、うっとりするような香りが漂って来る。昔一度だけ嗅いだ事のある鈴蘭百合の香り...

自分の店の客にいくらねだっても高くて買えないよと言われていた鈴蘭百合なのである。それがあのくたびれおかまの元にあるのだ。キナの得意満面な顔は見るのも汚らわしい。

許せなかった...鈴蘭百合ごと火付けをして燃やしてやろうと思う程憎たらしかった。その内に、おかま河童は、挨拶一つなく出て行った。それがまた腹が立つ。




つづく




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

紫狼 偉いぞ・・・よく辛抱したっ!
思わずそう呟いてしまった。
そうか 鈴蘭百合から足がついたか。
茂吉がどう対峙するかが 見ものだわ。
お手並み拝見だね。
それにしても まぁぁぁ 腹が立つ狐夫婦だこと!
姐さんの言ってた意味が よーくわかったよ。

我慢 辛抱 そして 一拍置いて物事に対峙する冷静さ。
くーーーーーっ これが出来たらね 私の人生間違いなく変わってた。
でもね 出来ないの 残念だけど。
ポンッ ポンッ ポンッ と 言いたいことが口をついてしまう。
お蔭でどんだけ苦汁を飲んだことか・・・(笑)
江戸っ子堅気だなんて 言ってもいられないわさ。

あぁ 姐さんも同じ穴のムジナだった。
そう考えたら 一安心だにゃ(爆) けけ

おはようございます。

偉いわ、我慢しちゃうなんて。
私なら、言ってるだろうな。。。
茂吉さま・・・これからどうするんだろう。
こういうとき、器の大きさがでますよね。
お手並み拝見。楽しみにしています。

うーーわーーー!!!

本当に、心底性根の腐った卑しい心の持ち主たち・・・
でも、きっと茂吉とうさんだったら
ぎゃふんどころか、こんな奴らの心も
浄化しちゃうんだろうなあ~~・・・・・

紫狼さんもあまりに情けないクルミの実の親と
てて親になったとかほざく男狐のあまりのやり様に
一生懸命我慢・・・・・・・

美しい鈴蘭百合も嫉妬の対象にしかならない
本当に、どうしようもない女狐たちが
これからどのように料理されるのか楽しみです(^^*)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

紫狼さん、ここは抑えて。手を上げたら損害賠償を請求にくるタマですよこの親。

それにしても、クルミちゃんのほうも心配です。茂吉さんが神通力かなにかで居場所を把握していればいいのですが。万一ひとりでいるところをこのバカ親に見つかったら、人質にされて身代金を要求されかねないからなあ……。

来週の更新が待ち遠しいであります。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

この2人は、ほんとに腹が立つ立つ~!!茂吉は我慢何て言いますが、嫌、勘弁ならないですね。紫狼、噛みついてもいいよ~。どんな話を茂吉はするのかな?この2人には、何言っても無駄なような気がするのですが・・・・。キナはどこかでやり直してるのかな?幸せに暮らしてるといいのですが・・。ところで、子猫は、大きくなりましたか?元気いっぱいのようですね。ぴゆうさんに出会えて、幸せですね。

本当に、話すだけ無駄・・・いや、話すだけで、こっちの気持ちがすさんでくる母親たちですね^^;
現実世界にも、なんだか話をするだけで、こちらが荒んでしまうような話し方や、負のオーラをだしてしまう人って、いるのですが・・・。
そんな人とは、なるべく距離を撮りたいものですが。紫狼の場合は、そうもいきませんね。
茂吉は、なんといってこの場を諌めるのでしょう。

子猫ちゃんは、元気ですか?ぴゆうさんも、あまり無理をしないようにね^^

…人の世界でもそういうことはあり。
親が理不尽であれば、それを回収するのが嗜みであり。
大人であり、社会の嗜みであったりします。
そのためには法律なり、常識なりの武器を持って戦う必要があるわけですが。
これはある意味戦いなんですよね。

こんばんは☆

またしばらくご無沙汰してしまったらお話しも
随分進んでましたね。ごめんにゃ。

クルミは自分も三吉も売られて来たと思ってたんですね。
役に立たないと親元に帰されると・・・。

三吉の演技も許されるほど、ひどい親ですねえ。
心配して娘を探しに来たのならまだしも、お金をふんだくれると
いう汚い心のまま。本当に腐ってしまっているのですね。

紫狼の怒りも尤もで、よく我慢したと思う。鈴蘭百合が居所を
教える事になるなんてね。美しい物と醜いもの・・・。

茂吉がどう解決するのか楽しみです。

ご無沙汰のうちにまたお話し進んでますね。
ごめんにゃさいです。

クルミは三吉も自分も売られて来たと思っているんですね。
役に立たないと親元に帰されると・・・。
町で親を見つけたときのショックは大きかったでしょうね。
それにしても鈴蘭百合の美しさが醜い親を呼ぶ事になるとは。
三吉のお芝居も許されるでしょう。あんなにひどい親を見れば。

紫狼も腸が煮えくりかえる思いだったでしょうけど、よく我慢しましたねえ。
娘の心配して探しにくるならともかく、お金をふんだくれると思うなんて
どこまで腐った親なんでしょう。地獄に落ちてしまえ・・・。

茂吉がどういうふうに解決するのか見ものですね。
わくわくするよ~。

こんばんはー


 学校の外層が洋風ですね!
 恵み子の学ぶ神聖なところだから、見た目もそうなのでしょうか? 誰が設計したんだろう……とりあえずてて親さんには不適合⇒浄化されそうな場所ですね……

 断舎利しながら創作活動に励みます~
 複数やる事があるので、落ち着いて行動したいと思いますv-291

とことん救えない2匹ですねー

それにしても、鈴蘭百合…
意外なところからバレるものですね;´Д`)

憎き母親の頭の中にあるであろうキナの得意顔を想像するとなんだか笑えてきますw
おかま河童はけっこう好きなので^^

llama姉さん、いらっしゃーい!

こんにちはー

紫狼も腸が煮えくり返っていたでしょうね。
ならぬ堪忍、するが堪忍でござーーる。
恵み子紫狼、漢でござる。

女性には花と思ったのでしようね。
オカマ心がわかる紫狼です。
ぷぷ

本気の茂吉でござーーる。

腹が立つよねぇ〜
馬鹿親の本領発揮ですよ

私もそうだもの。
なんつうか
丹田にいれて沈思黙考にゃんて
出来た試しがない。
それではダメだと思うのだが後の祭り。
どうすりゃいいのかね?

でかすぎる狢と思われる。
けけ
v-389

Mieさん、いらっしゃーい!

こんにちはー

穏やかな紫狼が語尾をきつくするほど失礼な奴らです。
我慢ができるのも茂吉に言われているのが大きいですよね。

どんなに大きい器でも割れる時もあるミタイナ
あの狐達はそうならないようにできますかね?
v-403
無理だわ

かじママちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはー

流石の茂吉でも、
性根が腐っている奴らの魂を
浄化をすることはできません。
残念ですけどね。

辛くても我慢しかないですね。

どんなに美しい物でも、歪んで捻くれた者が見れば
羨ましい
どうして、あんたなの?
何故?私じゃないの
悔しい
憎らしい
許せない
と、こうなる。
ぷぷ
v-391

ポール、いらっしゃーい!

こんにちはー

ぷぷ
全くその通りだよね。
でも、何処に訴えるんだか?
ニャハハハ

クルミはどうしているやら
逃げ出すほど嫌な思いをさせた親
罪深いです。

嬉しい事を言うて下さる・・・
v-406

むらななちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはー

全くそうでござる。
怒りでクラクラしているでしょうね。

無駄でしょうね、聞こうとする耳がない。
あるのは耳の飾りでしょう。

キナはとても元気にやっていると思います。
又、お目にかかると思います。
ぷぷ

おーちゃんは高熱を出しまして
養生をしていました。
環境の変化があるのでしょうね。
まるでクルミのようです。
やっと元気になりましたが
今はお外に行くのはダメなんですよ。

そう思ってもらえるようにしないと。
v-410

limeさん、いらっしゃーい!

こんにちはー

そうです、荒みますよね。
気分が悪くなりますよ。

いるんだよねぇ〜
口を開けば悪口とか、自己愛バリバリだったり
「我良し」
と言うのでしょうかね。
我さえ良ければ他はどうでもいい。
人は誰でも多かれ少なかれあるけど、それを隠す知恵もあれば常識もある。
過ぎたるはなんとやらです。

紫狼もびっくりになるかもね。

あれから、高熱を出して、冷や汗ものでした。
先生に通って頂いて、補液やら注射やらと
小さな体で頑張りました。
今はとても元気になりましたが、お外は厳禁なんです。
まるでクルミを見ているようでしたよ。
今更ながら本当なんですね。
ぷぷ
v-410

LandMさん、いらっしゃーい!

こんにちはー

ありありですね。
親しか寄る辺のない者をこうまで出来るのだから
怖い親です。

戦い、そうですね。
これはクルミのための戦いになりますね。
遠慮は無用と言うことでしょう。
存分にやられると思います。
ぷぷ
v-389

うにゃままちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはー

おお~~
二回もコメを書きなおしてくれたのねぇ
大変だったろうに・・
私も送信されないで、二度目、三度目とあるある。
二度目なんてすごく短くなったりする。
なのに、同じように長文で・・・
ありがとうございます。

ですね。
マイナスの考えをするのは仕方ないのですよね。
プラスに考えられる環境でなかったですしね。

三吉も憎らしくなったのですよ
爪を立てられたくらい、どってことないです。

まさかの坂だったでしょうね。
やっぱり男にデレデレして、
情けないことです。

皮肉なものです。
それほどに希少で美しい花はキナのように美しい心の者が愛でるべきです。

どのような流れになっていくのか
紫狼すら知らぬ茂吉を見るかもしれません。
どうする茂吉?
v-389

ゆうちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはー

茂吉は藤平の影響を受けていますから
洋風は大好きなんですよ。
雰囲気は明治の洋館をベースにしています。

全くでございますな。
ぷぷ

フムフム
断捨離って大事だよね。
私も陽気が良くなったので頑張りたいと思っています。
何でこんなに溜め込んでいるんだろうって
片付けると情けなくなるよ
トホホ
v-12

大阪ちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはー

全くだよねぇ〜
このままでは無理ですね。

本当にそうなんだよね。
それほど油断がならない相手ということですね。
このまま紫狼の行為が徒にならないように
そうならなくてはなりません。
善い行いが良い結果になる
それが猫国でござる。

おお~~
私も好きなんだよねぇ
カマ族って作ろうかしらん
ぷぷ
そりゃ勿論
さーてんが王様になるだろうな
「王女です!!」
言いそうだ。
ニャハハハ
v-410

何だかね~!
この親を見てると、なんでここまで・・・って気がする・・。
この父親は本当の親じゃないからしかたないとしても・・・、
母性って何なのだろう?って考えるな・・。
紫狼と茂吉が、どんなふうにこの二人に諭すのか・・
楽しみ~~!

きらたるちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはー

子供を手段にしようとした段階でダメなのでしょうね。
自分にとって利益になるか
まずそれで、相手を判断するような者は
親になってはいけない。

母性ってなんでしょう。
本当に考えますね。

諭せる耳が相手にありますかどうか?
v-391

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんばんは~~♪
恵み子の学校ってこんな夢のある素敵な建物だったのですね~~♪
なんか入ってみたくなります・・・って恵み子になれないけど(。^p〇q^。)プッ
それにしてもこの親達・・・まったく
黄門さまのように
『茂吉さん懲らしめてやりなさい!!』といいたくなりました。

りんだちゃん、いらっしゃーい!

こんばんはー

ああ嬉しいにゃ〜
茂吉も喜んでいると思います。
藤平が大好きなので洋風にしたようですよ。

是非とも遊びに行って下さいねぇ
案内は勿論、紫狼のが致しますよ

ぷぷ
「お任せてを」ニャンて言うな
v-389
プロフィール

 のくにぴゆう

Author: のくにぴゆう
猫国の住民達の物語を書いています。
作者はコメを食べて生きてます。
コメくださ~~い!
ブログ内の小説、画像の無断転載、コピー、転用は禁止です。

もくじ
最新記事
リンク
当ブログはリンクフリーです。
最新コメント
いろいろ
今まで紹介をしなかったのですが、それも変だなと 三ニャンを宜しくお願いします。

母のみーです。 mi3.jpg

息子のちーです。 chiko1.jpg

娘のぽーです。 po1.jpg

揃い踏み mcp1.jpg

木登りおーちゃん Ochan.jpg

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ





検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
pictlayer
画像をクリックすると大きく、もう一度クリックすると閉じます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。