スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クルミ 9 初めてのわがまま

前回

突然、目が見えなくなったクルミ、茂吉はガスを招聘する。


はじまり、はじまり



「茂吉様、ガスめがお役に立てるものなら何でも致しましゅよ」

「先生、ありがとう御在ます」

ガスは長旅も何のその、さっそくにクルミを診てくれた。

「ふむふむ...この子狐は大分、肝の臓がやられてましゅなぁ」

「そうなのですか?」

「ぅうむ。それが目に来てると思えましゅる」

「いかがすれば?」

「まずは一歩も歩かせてはなりましぇぬ。そして濃い蜆汁を毎日欠かさず飲ましぇ、後は処方した薬を飲ましぇましょう。それでまず、様子を見ましょう」

それからガスは日に何度もクルミを診てくれた。
「他にも何かありましぇぬか?」と言ってくれるので茂吉は学校での講義を頼む。快く恵み子の学校や医者の学校でも特別講義をしてくれた。

高名なガスに感銘を受けた者は後にガスの元へ弟子入りをする。一月もすると、目の濁りもとれ、いつの間にか元の澄んだ瞳に戻った。そして、すっかり皆になつく。

だが、心の中には売られて来たという蟠(わだかま)りを内に秘めたままだ。ガスは目が良くなったクルミに安心して帰って行く。それからは見る見る内に元気になった。

クヌギはそんなクルミを愛した。クルミもクヌギのそばから離れようとしない、姉のコノミを思い出すのだろう、、、茂吉も紫狼も親子姉妹のように仲良くしている二人を愛した。

クヌギは御係所の仕事に本格復帰した後も寝る時はクルミと一緒に寝ている。そうして、少しずつここでの生活に慣れてきたクルミだった。

売られて来たとはいえ、とてもここでの生活が気に入っている。優しい者達に囲まれ、怒鳴られる事も叩かれる事も無く、ご飯も沢山食べていいと言ってくれる。

だけど少しだけ嫌な事があった...クルミは怒られるのを覚悟して言ってみた。最初は遠慮して口答えも我が儘も言わなかったが、試しに少しだけ言ってみる。

小さい声で

「あたい、蜆汁なんかもう飲みたくない・・・」

挿絵参照↓↓↓  絵をクリックすると大きくなります
hagimetenowagamama.jpg

叩かれるかと首を竦(すく)めてたが周りを見ると、何故か皆はニコニコしている。聞こえていないのかと、もう一度勇気を振り絞って言う。


あたい、もう飲みたくないのッ!


そばに居るクヌギが嬉しそうにしている、皆はクルミが子供返りをし始めた事に喜んでいるのだ。そんな事は知らないクルミはいつ怒られるのだろうとびくびくしている、茂吉がニコニコして答える。

「今まで頑張って飲んでいましたものね、クルミは偉かったですよ」

「えっ?怒らないのぉ?」

「どうしてですか?」

「だって我が儘言ったのに」

「そんなことありませんよ、ねえ皆」

「本当に偉かったよ~」

「良い子だねー!」

其れぞれがクルミを褒めてくれる、クヌギは黙ってクルミの肩を撫でてくれた。

「それでは違うものを食べましょうね」

今までクルミだけお汁が違うのはいけないと、皆も付き合って蜆汁を飲んでいたのでクルミの我が儘は逆に嬉しかった、良い心根の者達である。

皆でさっそく台所に行くとクルミの食べたい物を作る事にした。クルミは憶(おぼ)えている少ない料理の中から一度だけ姉のコノミが作ってくれたお汁粉が食べたいと言った。

それを聞いて恵み子達は不憫だと泣く、、、どうにもクルミが可愛くて仕方の無い者達なのである。さっそく小豆を洗って弱火で火にかける、小豆が煮上がるまで皆はクルミと一緒に遊んだ。はしゃいで手に負えないくらいだ。

出来上がると、お餅が沢山入った美味しいお汁粉を皆で食べる。クルミは大きなお餅を二つも食べた。そしてぽんぽん腹のクルミを寝室に寝かせ、すやすや寝ている姿を見て安心する。

「父様先生」

「なんです、クヌギ」

「あたし、この子の姉になりたい」

「もうなっていますよ」

「それなら、あたしも!」

「皆、クルミの親でも兄弟でも姉妹でもあるのですよ。この子がこれからどんな成長をしてくれるのかとても楽しみです。
少し心の中に何かあるように見えますが、今にきっと解(ほぐ)れる事でしょう」

「そうでしょうか」

「何かあれば支えになって上げれば良いのですよ。あまりにこの子は幼い....この子がこれから恵み子としての道をわかって歩むにはまだ幼さ過ぎる。

子供返りをきちんとさせなくてはなりません。それには皆の愛情が何よりも必要ですよ。今にたくさん我が儘を言う生意気な子狐にさせなくてはなりませんから、嘗(な)めるように可愛がらないとね」

「ふふ」

「楽しいですね~」

「早く生意気を言うクルミが見たいですね」

「本当ですよ!」

「我が儘娘になれるように皆で頑張りましょう」

「はーい」

恵み子達は楽しみが増えたと言わんばかりに喜んだ。そうして二年が経ち、クルミは元気に日々を過ごしている。茂吉に恵み子にしてもらったのでもう病に罹(かか)ることもない。

そして何よりも恵み子達が丹誠込め過ぎた所為か?立派な我が儘の生意気娘になっていた。少しなり過ぎたきらいはあったが皆はクルミが可愛くて仕方ないのである。

そんなある日、茂吉が突然に里帰りを決めた。



つづく





今日は皆様にお知らせがあります。
妹が蹲っているこの子を保護したのですが、病院に早速連れて行くと神経障害がありました。
どうも人に蹴られたのではないかとのこと・・・
幸い、骨折がなくてよかったのですが、首を振ったり、バタンと後ろに倒れてしまいます。
ノミも沢山、寄生虫がいたりで入院をしていましたが
(その間、顔を覚えてもらおうと毎日、日参していました^^)
先生の適切な処置の甲斐もあり、何とか退院。
晴れて我が家の息子になりました。
生後二ヶ月くらいだそうです。
おーちゃんです、どうか宜しくお願いします。
oochan.jpg
先住猫のちーにそっくりの黒雉です。
マイブームは私のトド腹に乗せて寝かせることです。
クーラー冷えの腹には真によろしい天然カイロでございます。
ぷぷ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

いっぱいいっぱい我儘言って いっぱいいっぱい傲慢になるといい。
その勢いで、しょーもない母ちゃんに恨みの一つでも言っておやり。
読みながら、そう呟いている自分に気付きました。

わがやにも「とどのつまり猫」がおりますが・・・(笑)
あいつは、私の失敗かもにゃ。
・・・と、書いていても心が浮ついてますわ。

で、で、この子が!?
が ば び~~~~~♪
うんうん、凛々しい男じゃわ^^

みなさ~ん、この写真もクリックで拡大できますわよ~~~!!


しかしまぁ、何と言う愚か者が・・・同じ人間として恥ずかしい限り。
人間不信にならずに済んで、本当によかった。
おーちゃん、姐さんと暮らせてよかったね。
姐さん、預った命・・・大切に 大切にね。

ところで、先住3ニャン組からは、受け入れOKの許可は下りましたの?(笑)

なんだかねぇ・・・コメというよりチビにゃんに喰われた感があるね^^
ま、記念だものね、いいやね~♪

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

おはようございます。
クルミちゃま、ほんとうに危機一髪だったのね。
あのまま あそこに居たらと思うとぞっとします。
そして、自分の気持ちを言える、そして優しく
受けとめてもらえる環境。よかった。

おーちゃん、凛々しい。これからの成長が
楽しみです♪

あはは(笑)
そっかーワガママ娘に、みんなで育てたんですね^m^
ワガママになれるって、幸せな事なんだね。
うんうん、クルミちゃん
本当によかったです^^
みんなの優しさに包まれて、
売られたんじゃないって事、気が付いたかな?

おーちゃん、初めまして!
わが家のちぃーたんと同じ黒雉ニャン♪
ぴゆう家に来られてよかったね~
しかし・・・・ くだらない事をする人が
やっぱりいるんですねぇ・・・・・ 
自分が蹴られたらいいのに(怒)

おーちゃん、ぴゆう家で
クルミに負けない様、元気に育ってね!

おーちゃん、にゃわいいん!!!

わあ!!クルミちゃん、良かったねえ~~!!
それにしても今まで我儘の一つも言えない程
辛い境遇に居たのね・・・
こうなってみると、クヌギ姉さんや
他の恵み子達や茂吉とうさんや紫狼さん達に可愛がられる
クルミちゃんの実のおねえちゃんコノミさんが気になります(;m;)

おーちゃん、
人に蹴られたことがあるかもしれないなんて・・・・
こんなに可愛いのに・・・・・

でも、今は幸せ!!!
良かったね~~o(^^*)oぴゆうさん家の子になれて!!
これからよろしくねっっv-238

クルミ、良かったですね~。まだ、心に傷を負っていますが、みんなの暖かい心に触れて、きっと、心も開いて行くと思います。蜆汁、毎日じゃ嫌ですよね。特に、まだ小さい子供じゃ・・。耳が垂れてるクルミは。子供らしくてとってもかわいいです。かわいいと言えば、なんと、新しい家族が増えたんですね。神経障害。それも蹴られた可能性があるとは・・・。こんな小さき者を蹴って、なにが面白いんでしょう。ぴゆうさんに、会えて良かったね。クルミみたいに、いっぱい可愛がって、愛されてね。他の3匹とは仲良くやって行けそうですか?焼きもち焼いてないですか?

我が儘が全く言えない環境っていうのは、やっぱり子供の心の成長を妨げるのでしょうね。
今まで甘えることを知らなかったクルミちゃんには、ちょっとぐらい甘やかしすぎたって、バチは当たらないでしょう。
そっか、それで最初、ちょっぴり気の強そうな女の子に見えたのね^^

ああ、かわいいキジ猫ちゃんだ。
かわいそうに、神経障害があったのですね。回復できたでしょうか。
これからは、クルミちゃんのように、いっぱい優しくしてもらってね^^
優しい飼い主さんに出会えて、本当によかったです。

おーちゃん いい子だねぇ♪
これからいっぱい幸せになれるよ、
おーちゃんが健やかでも 病気がちでも
愛してくれる人に会えたんだよ。
そういう人はなかなか居ない。
ぴゆうさんに出会えて本当に良かった(*^。^*)

クルミちゃん
いつの間にか お耳がきれいな紅い色になってる~
体の調子が良くなってきたんだね。
がまんしてきたものを 全部ぶちまけて
潜在意識の中に沈まないようにするのは
すごーく大事だけど
それをちゃんと理解している大人って少ないよね。
クルミちゃんも おーちゃんみたいに
どんなことがあっても愛してくれる者たちに
出会えたんだね。
嬉しいなぁ。

人も猫も愛がないとボロボロになっちゃいますからね。
神経障害ですか。。。なかなかですね。。。。
それでも猫も人も生きていけますけどね。
だけど、愛と絆がないといけないことではありますね。

クルミ、子供らしさを取り戻すって大事なことだよね。
今まで言えなかった我がままを思う存分言って
自分を主張するのって、必要なことだもの。

新入り『おーちゃん』、
可愛いな~。
子猫って見てるだけで癒される・・・。
我が家のキキにも似てるぞよ・・・。(=^・^=)
よろしくね~!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんにちは~~♪
くるみちゃん やっと我儘が言えるようになったんですね。
よかった。
恵み子になったからもう病気にならなくてすむなんて羨ましい(。^p〇q^。)プッ
皆が優しいのが嬉しいです。
優しいといえばぴゆうさんも優しい。
おーちゃん ぴゆうさんの家族になって幸せですね。

こんばんはー

 おーちゃんですか!
 師匠の若い頃にそっくりです……頭の良い子になるかも……しかし、弱いものを虐める人と言うのはやはりどうしても許せない私であります。やはり、悲しいと言うよりも怒りの感情が先に来てしまいますね。優しい生き物を傷つけて、のうのうと生きている人間がいると言う事を考えるだけでも、湧きあがる感情があります。あまりその感情に任せると目の前の事を見失う脆弱さもありますが、そうは器用に生きられない人間なのでありますv-292

 クルミさんもおーちゃんも良い出会いがあって本当に良かったと思います。
 世の中には僅かな幸せさえも一生与えられない、孤独さを身に受け続けたまま死んでいく者達も存在する……なんでこんなに世界は不平等なんだろう……

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんにちは^^

元気になってよかった^^

皆に大事に、嘗めるように可愛がられて^^

ますます我が儘娘になって頂戴ね~


おーちゃん、男前だわ^^

こんなに可愛い子猫になんて酷いことするんだろう。

おーちゃんがみー、ちー、ぽー家族からも嘗めるように可愛がられる事を願ってるよ

llama姉さん、いらっしゃーい!

こんばんはー

恨みの一つじゃ足りないぞなもし
と呟く私もいたりする。
ぷぷ

いやもう、育児疲れでございますよ。
半分ヨレヨレです。
寝る時間になるとケージに入れてます。
茶の間はおーちゃんの遊び場
フェンスで仕切るしかない。
それも今日は軽々飛び越えたぁーーーー
どうしよう・・・

みーちーぽーの許可も何も
何だこいつミタイナ感じ。
仲良くしてもらうしかない。
今は顔を覚えて、居るのに慣れさせ中です。

日一日と健康になっていくようです。
震えも出ないし、バタンと倒れなくなった。
よく食べ、うん◯もよくします。

いいの、いいの。
へへ
v-410

Mieさん、いらっしゃーい!

こんばんはー

環境って大事ですよね。
今のクルミはやっと深呼吸ができたようなもの。
四肢&尾っぽを伸ばして、ゆっくりのんびり成長して欲しいですよね。
何と言ってもメロメロばかり。
安心して下さい。

おお〜〜
ありがとうございます。
すでに親馬鹿してます。
v-410

★すももママ★ちゃん、いらっしゃーい!

こんばんはー

と〜っても丹精込めたようですよ。
ぷぷ
本当にそう思います。
幸せな事なのですよね。

残念ながら誤解したままです。

おおーーちぃーたん。
我が家のちーと同じ黒雉ちゃん。
その上もっておーちゃんも同じ。
ご縁でござりますなぁ〜
ぷぷ

そんな奴、ろくな人生を歩めはしない。
邪魔をされるんですよ。
間違いなく

ハーイ、すでに悪戯っ子ですぅ
v-410

かじママちゃん、いらっしゃーい!

こんばんはー

ですね。
子供なのに気を遣って生きていました。
コノミはどうしているのでしょう
クルミもさぞや会いたいでしょうね。

こんなちびを・・・
泣けましたよ

でも、今はとっても元気になっています。
子猫らしく悪戯だし、ボールが転がるように走るんです。
目が離せません。
今はトド腹の上で寝ています。
幸せぇ〜〜
宜しくお願いします。
へへ
v-410

むらななちゃん、いらっしゃーい!

こんばんはー

ですね。
温かいからギュッと握りしめた手が開く。
心もそうなってほしいです。

ですよねぇ~
しばらく見たくないでしょうね。
ぷぷ

耳って垂れると可愛いよね。
ピンとしている耳も可愛い。
どっちもいいな。

虐待する奴は同じ目にあって欲しい。
車にでも当たりゃいいのよ。
人だったら、其のくらいの衝撃だったと思う。

中々難しい。
今はおーちゃんが居るのに慣れてもらおうと思っています。
無理してもダメだものね。

なるべく抱っこをしてご機嫌とってます。
大変です。
v-388

limeさん、いらっしゃーい!

こんばんはー

ですよね。
歪んだものになると思います。
本来は真っ直ぐな線があそこで曲げられ、ここで止められ
ウネウネの性格にならざる得ないでしようね。

全くでございます。
丹精込めて生意気娘になりました。
ぷぷ

大分良くなりました。
最初は興奮させないようにしていましたが
今は頭が揺れることも少なくなりました。
ホッとしています。
今は成長を見ているのが楽しいです。
そう思ってもらえるように努力あるのみ。
へへ
v-410

園長さん、いらっしゃーい!

こんばんはー

不思議なものですよね。
ぽーは幼いころ、片足を事故でなくしました。
それでも元気一杯生きている。
おーちゃんも色々あるけど元気一杯です。
少しふらついたりしてもへっちゃらです。
その逞しさを見ていると
有名なドッグトレーナーのシーザーの言葉を思い出します。
「動物は今に生きている。
人は過去を見て可哀想がるがそうではない。
今が大事、今を大切に」
そのようなことを言ってました。
猫も同じでしょう。
今を大事にしていきたいと思っています。

子供の回復はすごいです。
ですね。
茂吉達も全力でサポートをすると思います。

わたしも茂吉達に負けないように頑張りやす!
へへ
v-410

LandMさん、いらっしゃーい!

こんばんはー

子猫だけにそう思います。

今は本当に元気です。
お腹いっぱい食べて、痒くないからよく寝れる。
多少ふらついても、転がるように駆けってます。

この子との絆を大事にしていきたいと思います。
v-410

きらたるちゃん、いらっしゃーい!

こんばんはー

そうですよね。
自分を主張するって遠慮があったら出来ないです。
やっと緒につきました。
これからです。

キキ王子にも似ているのよねぇ〜
なんか、黒雉の輪ミタイナ〜
へへ
そうなの、癒やされまくりでございますよ。
デレデレのバカ親になっています。
宜しくお願いしま~~す。
ぷぷ
v-410

りんだちゃん、いらっしゃーい!

こんばんはー

やっとです。
皆、ホッとしているところですね。
恵み子特権でしょうか。
沢山の愛で満たされたなら
分け与えることもできる。
愛されることは大事なことですよね。

優しいというかデレデレのバカ親になっていますよ。
どーしてもこうなっちゃう。
しょうもないです。
v-410

ゆうちゃん、いらっしゃーい!

こんばんはー

師匠も黒雉ちゃんだったのね。
すでに頭がいい。
バリケードをすでに超えたりするもの。
目が離せないよ・・・
目下の課題は先住猫との関係。
仲良く暮らせるようにしないと。

弱いものを守るのでなく虐める奴。
生理的に受け付けないし許せない。
虫酸が走る。
こういう輩は地獄に落ちればいいだ。
私だって同じだよ
それにこんな事で器用に生きる必要なし。

クルミやおーちゃんにそう思われるように
私も茂吉達も努力あるのみです。

何もかも違う、実は平等なんてあり得ないことなのかも
でも理想を追い求めることは大切だよね。
v-410

どーちん、いらっしゃーい!

こんばんはー

期待通りの生意気ちゃんになりそうです。
親馬鹿が勢ぞろいしているもんね。

イケにゃんかしらん。
この子、色素が薄いみたい。
でも大人猫になったらかわるのかもね。

そうなんだよ。
それが悩みの種。
うまくいってほしい。
今のところ、隔離政策でございます。
v-388

うがああああああ。コメントしたと思ったらコメントし忘れていたあ。

今、いろいろあって児童虐待の本を読んでいますが、ほんとひどいものがありますね。

特に読んでいて絶望的になるのが、「子どもは虐待を受けている理由を『自分が悪い子だからだ』と思ってしまう」、というくだりを読んだときです。だから暴力を受けながらも親に依存してしまうそうです。

クルミちゃん、少しくらい悪い子でも、有形無形の暴力を受けていい、ということはないんだよ。思い切り赤ちゃん返りして、そこから「普通の大人」になるんだよ。

そういってあげたいです。

ポール、いらっしゃーい!

こんばんはー

誰でもあるあるだよ、気にしないでぇ〜

「itと呼ばれた子」は衝撃的でした。
なんかその場から逃げ出せても傷が深すぎるんだよね。
後味が悪いものしかない。
希望とか未来とか
そんなものが薄っぺらに感じてしまう。
罪深い所業だよね。

ですね。
愛情というお布団の中でヌクヌクさせたいですよね。
しっかりクルミの胸に届いてますよ。
v-410
プロフィール

 のくにぴゆう

Author: のくにぴゆう
猫国の住民達の物語を書いています。
作者はコメを食べて生きてます。
コメくださ~~い!
ブログ内の小説、画像の無断転載、コピー、転用は禁止です。

もくじ
最新記事
リンク
当ブログはリンクフリーです。
最新コメント
いろいろ
今まで紹介をしなかったのですが、それも変だなと 三ニャンを宜しくお願いします。

母のみーです。 mi3.jpg

息子のちーです。 chiko1.jpg

娘のぽーです。 po1.jpg

揃い踏み mcp1.jpg

木登りおーちゃん Ochan.jpg

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ





検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
pictlayer
画像をクリックすると大きく、もう一度クリックすると閉じます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。