スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クルミ 5 キナの店

前回

余りに細く小さな手、紫郎は涙が止まらない。


はじまり、はじまり


本来なら有り得ない激情が紫狼の体を駆け巡る。
今日は恵み子の確認と親への挨拶だけで帰るつもりだったが、クルミは満足に食事も摂れていない状態で、とても段階を踏んでいる場合ではない。

一刻も早く此の場からクルミを連れて行きたい!

時間を掛けていれば、この子はもしかしたら死んでしまうかもしれない、、、しかし恵み子とは茂吉が認めなければならない。

紫郎は葛藤する。

恵み子と云う特別な子は稀にしか産まれて来ない。産まれて来たとしても恵み子の職業に就けるのはほんの一握り。実際茂吉が千年近く役所を運営していても、僅か二十人ばかり。

恵み子候補は産まれるが、真に恵み子に成り得るのは滅多に無い。幼くして恵み子として茂吉に選ばれたのは三吉とこの紫狼くらいなものだった。

普通は長い年月を掛け徹底した調査をし、本人と親と再三に渡る面会をして『これなら間違いない』と確信をすると茂吉に伝える。

茂吉はどんなに忙しくとも恵み子を確認しに行くのは必ず自分で行く、そして魂に話しかけ「我と我が同胞と恵み子の道を歩や」と聞き、魂と契約をする。紫狼だけがしていると思い込んでいるがそうではない。

恵み子と認められ迎えが来るのは、十代半ば前後の子供達が圧倒的に多いい。親とゆっくり大切な時間を過ごし、双方を納得させ引き取る。そうなったのも、実は紫狼が訴えたからである。

茂吉が藤平に言っていた、立ち直れない程に落ち込んだのがこの紫狼だった。【魂納めの宮】で再会するしかなかった親に、ひと言も言わず家を出た事を心底、後悔した。だから茂吉に訴えた。

自分と同じ目に他の恵み子達をさせたくはなかったからだ。そんな忸怩(じくじ)たる思いもあったが、そのことを吹き飛ばしてしまう程、クルミは悲しいくらい痩せて小さかった。

自分を見て泣いている紫狼を見て不思議に思う。いつの間にか警戒心は無くなっていた。よく見るととても綺麗な狼で優しく穏やかな声で話す。

クルミの知っている男達は酒臭い息でぞんざいな口を利くが、紫狼は自分と同じ高さになって話しかけてきた。自分の膝が汚れるのもお構い無しに、クルミやキナの膝の砂を払ってくれた。

「ねぇ・・なんで泣いてるのぉ?悲しいの?」

キナは何かを決めたように泣いている紫狼を店に誘う。

「兄さん、こんな往来じゃ幾ら何でも人目があるからさ、ちょいとこちらにお出でな」

キナはクルミの手を右手で取り、左手で紫狼を掴むと二人を連れて店に入る。カウンターに座るように言うと、さっそくクルミに朝ご飯をこさえた。

挿絵参照↓↓↓  絵をクリックすると大きくなります
kinanomise.jpg


大根の煮物・小松菜と油揚げの煮浸し・若布の味噌汁、ご飯は炊きたてだった。キナは遠慮する紫狼にも馳走してくれた。

「つまんないものばかりで恥ずかしいけど腹の足しにはなるからね」

クルミはものも言わずに一生懸命に食べている。昨日の晩から何も食べていないのだ。キナはそんなクルミを見ながら泣いている。

「そう言えば、あなたのお名前は?」

「えっ?あらやだ!」

キナは急いで泪を拭くと微笑むが、化粧が落ちて凄い顔になっている。だが、紫狼が余りに自然なので本人は全く気付かずスペシャルな笑顔で答える。

「あたい、キナよ♪」

「あたしは紫狼です」

「ふふ、色男の名前は忘れないわよ~」

下を向いて夢中でご飯を食べていたクルミがご飯のお代わりを貰おうと顔を上げるとビックリする。

「おばちゃん、顔が真っ黒になってるよー」


え゛ッ!?


慌てて店の鏡を覗くとアイラインやマスカラがとれてしまって酷い有様。

きゃやーーッ!恥ずかしいッ!もう紫狼さんの前であたいったらぁあッん!!」

キナが急いで二階に駆け上がろうとした時、紫狼が声を掛ける。

「キナさん、恥ずかしがる事はありませんよ」

「だってえーッ」

「あなたはとてもお美しいですよ。美しい心の泪があなたに相応しくないお化粧を洗い流したのですよ」

「えっ」

「だってそうでしょう?この子を見て流した泪はあなたの美しい心から流れたものですよ、慈愛に満ちた泪です。とても美しかったですよ」

「あら、そんなぁ...」

キナは今の今までそんな優しい言葉を言われた事など金輪際なかった。途端に嬉しくなってタオルでごしごしと顔を拭く、途端にオス河童になる。

あれーッ?おじちゃんになってるー!」

「クルミちゃん、そんなことありませんよ。あたしには美しく綺麗なキナさんに見えますよ」

「そうなのぉ?」

「そうですよ、クルミちゃんには見えませんか?この方の美しい心が・・・」

「うぅーん、、、でもさっきより良いみたい!」

「あら、そ~お?じゃ、このままでもいけてるかしらん?」


いけてる


二人して同じに言うと可笑しくなって大笑いをした。




つづく

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

姐さん、おばんでござんすm(__)m

ふんふん 化粧なんぞ落ちても 「心の美しさ」が肝心。
紫狼も粋な事を言いますわね。
キナもメロメロじゃん♪

でも、わたしも想いは同じ。
ブッチャケると 実は 化粧が大っ嫌いですのよ!
メイクを落とした瞬間が 一番好き。
顔に膜(お面か)被って 真の美しさは出せない気がします。
そんな訳で 紫狼に一票!(笑)

クルミの最悪の環境・・・紫狼は どうやってピックアップしたんだろう。
これからその経緯を読むのが、楽しみだわん。

小松菜と油揚げの煮浸し・・・赤絵の小鉢の粋なこと。
あたい、この器、大好きだよん^^

おはようございます。

>親とゆっくり大切な時間を過ごし・・・

この時間の中で、いろんなことを教え教わりたい。
でも、あの環境ではね。クルミちゃま、
もう一生分の嫌なことを体験済みじゃあないかなっ。
そろそろ みんなが味わう
素敵な世界を、見せてあげたい。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

クルミの救いは、
キナさんがいい人だったって事かな~
イケてるかは置いといても(笑)、
本当に優しい河童さんですね^^

クルミちゃん、
この後どうなるんだろう。
お耳と尻尾のポイントが
まだカラフルじゃないのは
栄養が足りてないからかなー?

わたしが茂吉だったら、紫狼だったら、キナだったら、クルミだったら……。

考えれば考えるほど、「早く何とかしなくてはならん」と思えてきます。

茂吉さ~ん、早く来て!

そうしないとクルミちゃん、

「誰のどんな言葉も何もかも信じられない」魂になっちゃうよお!

「恵み子と云う特別な子は稀にしか産まれて来ない。産まれて来たとしても恵み子の職業に就けるのはほんの一握り。」・・・う~~む、やはり、どこの世界も稀にしか生まれない貴重な才能はいるもので、神の世界でも能力は必要なのか・・・と思ってしまうところがありますね。もっとも、単純な才能の有無というのも厳しいものですね。

キナはほんと、優しいオカマの河童なんですね。クルミはキナがいなかったら、もしかして栄養失調で亡くなってたかもしれないです。紫狼は、キナの心の美しさを見てるんですよね。友人から聞いたのでのすが、子供って、かまってもらえなくても、ちゃんとご飯をしっかり食べさせてもらえてれば、ぐれないそうです。それだけ、食事って大事なんですよね。小学校では給食がありますが、(私は中学までありました)、育児放棄されてる子供たちは、中学に上がると、ご飯がちゃんと食べれなくなります。それが原因で万引きをしたりします。ほんとに悲しい話です。クルミの夢中でごはん食べてる姿、ほんと泣けてきます・・・。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

キナさんがいてくれて
本当に良かったね。
案外 世の中の主流じゃない存在のほうが
共感力があるのかもしれないって
人間世界でもよく感じる・・・

それにしても紫狼さん、さすが!
目に見えないものまでちゃんと見えてるから
お世辞じゃなくて
化粧が崩れた顔も美しいって言ったんだよね。
こういう先生に出会えたら幸せだよ~♪

クルミちゃんをすぐに救うってことは、難しいんですね。
恵み子であっても。
でもまだ、救いの手がおぼろげながら見えてきた。それだけが救いです。

世の中には、そんな特別な生まれじゃなく、虐げられてる子がたくさんいて。
そういう子が、救われる世の中になって欲しいと思うのですが。
難しいことなのでしょうかねえ。辛いです。

せめて、キナさんのような存在がたくさんいてくれたらなあ。
キナさん、明日からは、すっぴんで出てきてくれるでしょうか^^
優しい涙は、みんなを美人にしますよね。

こんばんは~(^0^*)ノ

キナねえさんは本当に良い河童姐だねえ~~
そうそう、魂の美しさは見た目だけじゃわからないもんね!!

私は子供の頃
今は亡くなった父が大好きで大好きで
お父さんが死んじゃったらどうしよう。先に死にたい。
とさえ思ってました。
で、あろうことか天涯孤独だったらこんな苦しまなくても済むのに
なんて思ったことも・・・今思うと本当に申し訳ないことですが・・・

でも、大人になった今は違います。
愛せない親を持つことは本当に辛いことです。
親がもし亡くなってもなんにも悲しみが起こらないような親を持つことこそが
本当の哀しみなんだと・・・・・
なんとなくそう思うようになりました。

何を言いたいのか分かりませんが・・・(^^;;)

酷い親は確実に存在するんですよね・・・・・・
でも、その親がいなくては生まれられなかった・・・

親子って難しい問題です。

こんばんわ~!
クルミを早く良くない環境から助けてあげたい・・。
いったいどんな輪廻でこの子はこんな辛いめにあってるんだろう・・。
でも、ひとつの救いは、キナがいたこと・・。
もし、いなかったら、クルミはどうなっていたのかな?
紫狼が、どんなふうにして、ここから救いだすのか・・・
とっても気になるなぁ。。。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

むむ。今回は絵が素晴らしいですね。
酒場な感じと和食のおつまみみたいなのが人情を誘い、温かさを誘っております。
やはり、この辺は日本人の心なのだろうか。
それとも私が酒飲みの飲兵衛なだけだろうか・・・。。
私もこういうところで飲みますけどね。
温かみが伝わる絵をありがとうございます!!

こんばんはー

 花火大会どうでしたか? 
 (隅田川のは、なにやらゲリラ豪雨があったとか聞きました)
 私は、予想以上の花火の煌びやかに目を奪われましたよ。

 しかし、人の心の美しさは時にそういったものに匹敵するんですよね。
 そういうところを見抜ける紫狼さんはさすがです。なかなか他者の本質を見抜ける方っているようでいない気がします。私は……v-292

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんにちは^^

お腹にやさしそうな食事だね^^

キナは世話好きな優しいおばちゃんなんだね

きっと色々苦労もしていると思うけど、だからこそ他人に優しくなれる人は

素晴らしいと思うよ。そうありたいものです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

llama姉さん、いらっしゃーい!

こんばんはー

ぷぷ
紫狼にはそう見えたのでしょう。

化粧をしていると夏場は特に嫌だよねぇ〜
確かにお面かもしれないよね。
人前で決して見せない素顔=本音かもしれん。

恵み子を知るのは先ず噂話からになります。
茂吉の所へは小天狗達や旅人、その他色々な情報網があるので自ずと集まります。
賢い子と云うのは自然と目立つもの、まして恵み子ともなれば掃き溜めに鶴。
噂になります。

へへ
赤絵の器って好きなんだ。
姉さんもお好きなのねん。
v-413

Mieさん、いらっしゃーい!

こんばんはー

温かい家庭って大事なことだよね。
恵み子達のこれからを思えば僅かな時間。
でもそれがあるから支えにもなるし
頑張ろうという意欲にも繋がる。

クルミにはそれがないのだものね。
本当にそうだよね。
v-390

★すももママ★ちゃん、いらっしゃーい!

こんばんはー

すももママちゃんにイケ河童と認めてもらえるといいのにねぇ〜
いいや、「美人ママと言ってぇ〜♡」と言いそうだ。
ぷぷ

善い行いをしていれば形は違っても必ず帰ってくるものです。
徳と云うのは無償の行為をしてこそ積まれるものだと思います。
キナは良い河童でございます。

全く足りていません。
毎日、食べれるかどうかという暮らしです。
悲しいことです。
v-406

ポール、いらっしゃーい!

こんばんはー

何とかするのが大人の責任でしょう。
このまま放っとくなんて許せんがな。

クルミの命はこの先、紫狼がどう判断するかによります。
細い体が窮状を語っています。
助けを求めています。
何とかせい!
v-412

LandMさん、いらっしゃーい!

こんばんはー

恵み子は唯、頭が良い賢いと云うだけではないのです。
理の体現者なのです。
教えられなくとも自然と他者を正しい道に導く。
それが出来るのが恵み子なのです。

そして何よりも過酷でございます。
この職業に就く=不死になること。
なまなかでは勤め上げることは無理だと思います。
そういう才能があるということです。

それは他の者にも云えます。
職人としての才能があるもの。
商売人としての才能があるもの。
言ってしまえばその違いだけです。
v-410

むらななちゃん、いらっしゃーい!

こんばんはー

全くその通りだと思います。
尊い恵み子の命を救ったと云えます。

紫狼にはキナの内面がよく見えるのでしょうね。

それは思います。
手を掛けた食事はそれだけで価値があるもの。
命は勿論のこと、私は独創性や想像力を創るものだと思うのですよ。
手作りとは母親の味であり個性でもある。
売っているものを買って、どこの家でも同じような食事を取っていれば無理でしょう。
没個性になるのは当たり前だと思います。
想像力が欠けるのも自然の成り行きなのかもしれません。

給食は元々は食べられない子供の為にあったもの。
今の社会、何かが間違っていますよね。
v-390

園長さん、いらっしゃーい!

こんばんはー

茂吉の考え=理を実践すること。
その教えが広く沁みているからなのかもしれません。
聞きわける魂あれば、道半ばの魂あり。
混在するのがこの世界なのでしょう。
だからこそ、茂吉は頑張らないといけないし、それは恵み子達にも云えるのです。

良い心がけあるものには良いことがある。
又そうでなくてはならないと思います。
猫国はそうでなければならないのです。

紫狼にとって大事なことは魂の美しさ。
表面なんて関係がないのでしょう。
さぞやキナも嬉しかったことだと思います。
v-410

limeさん、いらっしゃーい!

こんばんはー

期待して下さい。
紫狼も経験のないことで驚き戸惑いがあるのでしょう。

意味がわかりませんよ。
境遇って何でしょう?
満ち足りて暮らせるものあれば、
そうでない者が居る。
何でですかね?
修行と思うしかないのですかね。
来世への希望が宗教を生んだとしたら
苦し紛れの方便かもしれません。
考えると暗くなりますね。

キナという僅かな明かりでも差していたのがクルミの救いでした。

本当に美しいものですよね。
v-410

かじママちゃん、いらっしゃーい!

こんばんはー

残念ながらなんだよね。

忘れられないのにエレファントマンと呼ばれたジョゼフ・ケアリー・メリックという人物。
この方はとても知的な人だったそうです。
うろ覚えなのですが、貴婦人が面白半分で面会をしに来た時、
自分は何もしません、怖がられると思いますがどうか魂を見て下さい。
そんな内容の詩を詠んだそうです。
気持ちを考えると哀れになります。
もしも、魂が見れたのなら
きっと煌めくような魂の持ち主だったのでしょうね。

それだけお父様に愛されたのでしょうね。
とても羨ましいことです。

ですね。
愛憎とは相反するものなのでしょう。
この物語の重要な要素です。

私も同じでござる。
へへ

この世界では母と子の関係をハッキリ定義しています。
今に茂吉が説明をします。
宜しくね。
v-392

きらたるちゃん、いらっしゃーい!

こんばんはー

ですね。
紫狼とキナ、二人に掛かっています。

多分、母親の魂を成長させるためではないでしょうか。

キナはこの事だけでなく、今までも小さな徳を積んでいたのでしょう。
でも報われることなくいたのかもしれない。
しかし、今回のことで意味あるものになるのかもしれません。

徳とは小さな積み重ねなのだと思います。
v-410

LandMさん、いらっしゃーい!

こんばんはー

ぷぷ
嬉しいことを言うてくださる。
二度目のコメをありがとうございます。
v-435

昔から持つイメージなんです。
場末のスナックみたいな
ママの髪の毛はいつもカーラを1つだけ取り忘れている。
黒のスパッツは絶対に履いている。
お通しはお惣菜、けっこう自慢だったりする。
常連が生命線、ご新規はしばらくない。
そろそろ引退を考えているミタイナ

気に入ってもらえて何よりでございます。
へへ
v-410

ゆうちゃん、いらっしゃーい!

こんばんはー

全く残念でございましたよ。
屋形船で待つこと三時間!
暇で暇で仕方なかった。
やっと始まったと思ったら、風が冷たくなる。
船頭さん
「お客さん、こりゃ来ますぜ」
言うがまもなく雨が降り出す。
ポツポツがザバーーーー
稲妻が光る、雷は鳴り出す。
私らはまるで濡れ雑巾。
そして無常にも花火が中止!
全く、忘れられない思い出作りになりましたわ。

紫狼も伊達に長生きをしていないかなミタイナ
心で判断出来たら、どんなに良いだろう。
人には永遠に出来そうがない。
せめて、言葉や行動で判断するしかないよね。
ならば自分もそうあらねばと自戒するばかり・・・
v-391

どーちん、いらっしゃーい!

こんばんはー

来ないからどうしたんかいと思っちまった。
心配するだろがぁーーーー

もう歳だから、脂っこいものはよう描けまへん。
ぷぷ

苦労が身になり、知恵になる。
成長をするのに必要なスパイスかもしれん。

しかーーーし、スパイスは程良いのがいい。
効きすぎて、押しつぶされるのはゴメンだわ。

暑い、今日も干物になりそうだった。
夕方から雨が降って、涼しくなると思ったら
湿気でモワァ〜
そっちはどうでっか?
v-389


こんばんは~~♪
茂吉さんが認めなければ恵み子にはなれないのですね。
茂吉さん ここへ早めに来てくれるのでしょうか?
それとも紫狼さんが連れていく決断をしちゃうのか?
どうなるんだろう?わくわく
河童でも人間でも 姿かたちの見た目でなく
内面からにじみ出てくる美しさが一番ですよね。
キナさん花丸~~~♪(。^p〇q^。)プッ

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

りんだちゃん、いらっしゃーい!

こんばんはー

そうなの、魂と契約をするのです。

さて・・・・
茂吉が一番に信頼をしている紫狼。
彼に出来ることがある筈です。

全くそうだよねぇ〜
なのに、見た目が大事と取り繕う。
美醜は言ってしまえば時の運
ハズレを引くと損ばかり。
うまくいかないよねぇ〜
だけどキナはいいことがあるかもよん。
ぷぷ
v-392
プロフィール

 のくにぴゆう

Author: のくにぴゆう
猫国の住民達の物語を書いています。
作者はコメを食べて生きてます。
コメくださ~~い!
ブログ内の小説、画像の無断転載、コピー、転用は禁止です。

もくじ
最新記事
リンク
当ブログはリンクフリーです。
最新コメント
いろいろ
今まで紹介をしなかったのですが、それも変だなと 三ニャンを宜しくお願いします。

母のみーです。 mi3.jpg

息子のちーです。 chiko1.jpg

娘のぽーです。 po1.jpg

揃い踏み mcp1.jpg

木登りおーちゃん Ochan.jpg

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ





検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
pictlayer
画像をクリックすると大きく、もう一度クリックすると閉じます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。