スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クルミ 1 自己紹介

本編第九章で卍宿に旅立った三吉、この物語は其の後から始まります(猫国図で場所を確認して頂けると雰囲気が分かりやすいかなと)


はじまり、はじまり


うとうとしていた三吉が茂吉に起こされる。

「三吉着きましたよ。初めての長旅でしたから、さぞや疲れたでしょう」

あっ!もう着いたの?」

「はいそうですよ、皆が迎えに来てくれてますよ」

雲上から望む下界の校庭に恵み子達が集まっている。雲階段がスルスルと校庭に着地して茂吉達をそっと降ろす。

「父様先生、お帰りなさい」


お帰りなさーい!


茂吉にあちらこちらから、声が掛かる。

「ただいま戻りました」

恵み子達は喜び勇んでわらわら駆け寄って来る。

「父様先生!三吉はどこですか?」

「ふふ。三吉、恥ずかしがらずにね」

三吉は大勢の恵み子達に圧倒され、茂吉の後ろに隠れてしまった。前に押し出されると照れて、モジモジしている。

「さ、三吉。ご挨拶をしましょう」

促(うなが)されても三吉は暫(しばら)くうつむいていたが、覚悟を決めたように大きな声で挨拶をする。


おいらは菰傘村の三吉ですッ!宜しくお願いしますッ!


体に似合わぬ大声を出すものだから、一瞬恵み子達は驚いてシーンとしてしまった。三吉は大声を張り上げたのは失敗したと思った。だがその後、皆が大爆笑になる。

「面白いちびだねえー」

「可愛いねえ~」

「元気な子猫だね」

其れぞれが好意的な反応をした。

「ふふ、元気な子だろ?学校も賑やかになるよ」

茂吉が笑いながら三吉の頭を撫でている。

「父様、あたしを紹介して下さい」

紫色の美しい狼が一歩前に出て来た。

挿絵参照↓↓↓  絵をクリックすると大きくなります
gikoshoukai.jpg

「ああ、そうだね。三吉、この兄様は【紫狼(しろう)】と云い、これから暮らす寄宿舎の先生だよ」

「ふーん。偉いの?」

「偉いよ、あたしよりも」

えーッ!そうなの!?」

「父様先生、ご冗談を言って、、、」

「だってお前が寄宿舎では一番偉いのだよ、あたしも従わないとね」

「厭(いや)ですよ、そんなことを言っては(笑)三吉、あたしは【紫狼】と言います。雑用係ですから何でも遠慮なく言って下さいね」

実際、紫狼は茂吉にとって頼りになる存在だ。恵み子で三役所を全て経験し終わっているのは紫狼のみである。
性格も茂吉に似て、二人はとても気が合うのだ。

三吉が挨拶をするとその他の者達も次々に挨拶をした。恵み子達は総勢で二十人程で、全くの少数精鋭と言っていい。

主立った者達は僅かである。

《御係所》は狐族の【クヌギ】を頂点にして運営している。他に狼族の【朔狼】と【セセリ】御係所は係争によって軽、中、重の三段階に分かれる。

最初に訴えた者と会い種類分けをするのは五十回生以上の者達が担当する。判決は余程の事が無い限りは一人で決める。

滅多に無いがクヌギでも手に終えない場合は、紫狼や茂吉が出ばって合議する時もある。

《身魂抜きの宮》には[三羽烏]と言われている恵み子達が居る。魂の形を正確に象(かたど)る河童族の【タン】
象られた魂をそのままに身魂切りの刀で切る狼族の【星狼】切り取られた魂を体から抜き取る役目の熊族の【桐熊】

《魂納めの宮》は猫族の【夜し吉】が担当している。この者達は何れ劣らぬ者達で茂吉の良き助けになっている。

恵み子達のシステムは、五十回生までは学校で勉強をする。それを過ぎると《身魂抜きの宮》→《魂納めの宮》→最後に《御係所》に配属される。

十年毎に学生達は三役所を移動する。全ての宮を経験するのである。そして向き不向きを見極め、生涯を働いて尽くす役所が決まる。

今現在、五十回生以下の学生は五人程である。それとて三吉とは大分離れていて後少しで役所巡りを始めようとする者たちである。

只一人だけ、ここに来て二年目になる狐族の【クルミ】が丁度、三吉と同い歳だ。

「三吉、クルミを紹介しましょう。クルミ、前に出て来なさい」

「はぁ-い」

詰まらなそうに気抜けした返事をして三吉の前にクルミが現れた。三吉はクルミの姿に驚いた。

わあ!綺麗な柄だー!」

三吉に『綺麗』と言われてクルミは途端に機嫌を直す。どうやら自分と同い年の恵み子が来た事が不満だったらしい。どうしてだろう・・・?

「あたいクルミよ、あんたより先輩だわね」

「ふふ、大して変わりませんよ」

茂吉と紫狼はニコニコしている。

「そんな事有りませんン~、あたいは二年も先にここに来てるもの」

皆はクルミの生意気を知っているので笑っている。

「さっ、三吉。それでは先輩のクルミにこれから色々と教えてもらいなさいね」

えぇーそうなの?」

「あら、何かご不満でも?」

クルミは耳聡い。

「ううん、別に・・・」

「クルミ、三吉は来たばかりなのですから優しく丁寧に教えて上げなさい。いいですか?これもお勉強ですよ」

「はーい、任せて下さい!」

「ふふ、相変わらずのおシャマちゃんです事。三吉、今日は歓迎会もあるし、疲れているだろうから少し休みなさい」

「はぁーい」




つづく





やっとクルミを皆様に紹介ができる。感慨深いでござる。
この物語は親子とは家族とは何だろうと考えながら書きました。
これから暫くの間、お付き合い下さいますようお願い申し上げます。

のくにぴゆう
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

姐さん、おこんばんは~~~♪
うーん、親子とは、家族とは・・・か。
私にとっても、永遠のテーマだすわな。
これほど厄介で、面倒で、煩わしくて、足手まといで(完全にダブってますが)・・・でも、憎み切れない「関係」は、ないでしょうしね(苦笑)

そういう意味で、クルミを捉えたお話ですかにゃ?
そのクルミと三吉が絡む。
これはこれは、興味深い話になりそうで、楽しみじゃ。

挿絵によると、尾の先と顔の一部が紅の、白毛の狐の子。
どんな毛色やら、登場を楽しみに待ちますわさ。
星狼の家紋が、猫の肉球に見えるぜ~(笑) ←んな訳ないか?
あ、でも、猫国だからいいのか?

クヌギの色っぽい姿、そして衣装。
毎回、手間暇かかってまんなぁ!

おはようございます。

モジモジ三吉に、紫狼さまの後ろに隠れている
クルミさま、かわいい〜と思いつつ読んでいたら
クルミさまは、おシャマちゃん(*^_^*)
これから どんなお話になるか楽しみです。

始まりましたね^^
どういうお話になるのか楽しみ!

挿絵が今回もとってもきれいなのですが、
くるみは隠れちゃってるのね!?
三吉が言う キレイな柄 、のくるみちゃん。
次回はお目見えなのかなー?

しかし、こちらの国でも
女の子の方がおしゃまさんなんですね^m^

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

わあい!!!

いよいよ新シリーズだあ!!!
親子、家族に関わるお話なんですね・・・
どんなお話になるのかな??
泣いちゃうようなお話かな???

綺麗な模様のクルミちゃんの姿を
早く見たいです(^^*)

親子とは、家族とは……ですか。

もしかしたら、クルミちゃん、すごくさびしい思いをした子なのかな……。

心して読ませていただきます。

そうそうたるメンバーを紹介されて、三吉、緊張したでしょうね。
紫狼さん、かっこいい^^
その紫狼さんの影に隠れているクルミちゃん。
なかなか気の強そうなおしゃまさんですが、三吉にとって、どんな存在になるのでしょうね。
年が近そうだし、いい話し相手になってくれればいいのですが。
次回はクルミちゃんの姿が、見れるでしょうか^^

両親の元を離れた三吉。彼にとって家族とは、どんな存在になっていくのかな。
そしてクルミちゃんは?
楽しみに読ませてもらいます。

こんばんはー

 20000ヒット嬉しいなな私です。

 50年以上の学校生活ってある意味楽しそう。
 思い出も友達もたっぷり作れそう、就職先もかなり保障されているみたいだし……
 

 でも、やっぱり問題やリスクは伴うんですよね(汗)
 長いなら長い、短いなら短いで。

家族と言うのは考えてみると深いテーマですからね。
それゆえにかなり心の問題であり、集団の最小のカテゴリーですからね。
家族についてを上手く語ることができたら、すべての小説がうまくかけますからね。
仕組みというのは大切ですよね。こういう世界では。
家族についても。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

どんなに素晴らしい大先輩たちがそろっていても
三吉にとっては 歳の近い子がいて ほんとに良かったと思うな~
だって たくさんの学びをした者たちは もう つまらないことで
ぶつかり合ったりしないから 
三吉は嫌なこと、悪い例から学ぶってことができないもの、
クルミちゃんにとっても きっとそうだね(*^。^*)

親子や家族かぁ。
私はいろんな思いをしたから
これは思い出すことがいっぱい出てきそうで楽しみだわぁ。

遅くなりました~~!

親子とは?家族とは?
考えさせられるテーマですね・・。
家族は他人からはじまるし・・・
親子はどう足掻いても血の繋がりは
絶つことはできないし・・・。

どんな話になるのだろう・・・?
楽しみです~~。
クルミ・・・どんな子かな?
チラッと見えるは、
なかなかの可愛い子ちゃんのよう・・♪

おつむが弱いので、身魂抜きの宮が、こんがらがる~。頑張って解読します。これから、クルミと三吉の話が始まるんですね。楽しみです。クルミちゃんのお顔が見れないのは残念だな。ちょうど、紫狼の影に隠れてますねぇ。さて、どんな事を三吉は教えてもらえるのかな?仲良くやってほしいですね。親子も、家族もいろんな形がありますよね。どんな話になるのか、楽しみにしています。

llama姉さん、いらっしゃーい!

こんにちはー

おお~~~
全くその通りですねぇ。
この物語ではそんな様々な思いを書いてみました。
気に入ってもらえるといいな。

二つの物語になります。
前編後編と分けるのもいいかもしれないなぁ

次回にはバッチリと登場させます。
へへ
猫国なので肉球です。
て言うか、皆、肉球持っているよなミタイナ
ぷぷ

顔見世なので頑張りました。

いつもありがとニャン。
嬉しいです、これからも頑張りやす。
v-91

Mieさん、いらっしゃーい!

こんにちはー

ありがとニャン。
幼子を描くのは楽しいのよねぇ〜
爺婆も描くのも楽しいけど、別の楽しさがあります。

頑張りやす!
v-91

★すももママ★ちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはー

頑張りやす!

次回にはお目もじ致します。
気に入ってもらえるといいな。

モチのロンでございます。
女子はそうでなくちゃミタイナ。
すももちゃんもおしゃまだよね。
がわええ〜〜
v-10

かじママちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはー

ですねぇ〜
なんか色々とあるかもです。
ないと困るわ!
一人ツッコミでござる。
ぷぷ

次回にお目もじ致します。
可愛がってやってくださいませ。
v-410

ポール、いらっしゃーい!

こんにちはー

ですね。

おお~~~言いたいけど言えないでございますねぇ〜
ぷぷ

いつもありがとうございます。
頑張ります!
v-91

limeさん、いらっしゃーい!

こんにちはー

ですね。
菰傘村とは雰囲気が違いますものね。
へへ

紫狼はとても良い狼です。
ご贔屓して下さいね。

茂吉と紫狼も楽しみにしていますよ。

色んなことを詰め込んでみました。
頑張りやす!
v-91

ゆうちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはー

おお~~~
v-308おめでとうございます。
お祝いコメントはブログにしますね。

ぷぷ
長いようで短いのかもしれません。
時って過ぎるのが早いからなぁ〜

ですね。
三吉の場合だと何度も魂の輪廻を経験して、漸く辿り着いた場所だと思います。
長いのですよ。
v-391

LandMさん、いらっしゃーい!

こんにちはー

ですね。
これくらい尽きない種もないかもしれない。

そうありたいですねぇ〜
この作品はある家族の物語でもあります。
宜しくお願いします。
v-410

園長さん、いらっしゃーい!

こんにちはー

確かにそうですねえ。
朋輩が居るというのはいいものです。
まして同じ恵み子、気が合わないわけがないと思います。

気に入ってもらえるといいな。
沢山、詰め込みました。
へへ
v-410

きらたるちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはー

色々ありますものね。
その色々の一つかな。

本当にねぇ〜
そうなんだよね、
作り上げるものと
方や、自分を作ってきたもの。

沢山、詰め込んでみました。
女子はなるべく可愛く描くのでござる。
まま子以外は・・・
ぷぷ
v-392

むらななちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはー

ぷぷ
なわけがないがな。

そんな仕組みかな程度でいいんですよん。

次回はお目もじさせます。
宜しくご贔屓して下さいね。

色々在るうちの一つかな。

頑張りやす!

暑いから出店が大変だろうに
むらななちゃんは本当に頑張り屋さんだよなぁ〜
v-410

こんにちは☆
親子とは家族とは何だろう・・・
難しい問題ですね。
自分の事にしても解決出来る事じゃないかな。

どんな風に進んで行くのだろう。
楽しみです。
おしゃまなクルミと三吉の関わり、色々な人?達との
関わりを通して長い期間の勉強を終え仕事に着くのですね。
わくわく。

挿絵もいつも美しい。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

うにゃままちゃん、いらっしゃーい!

こんばんはー

色んな家族がいる。
トルストイがこんなことを言っている。
幸せな家庭はどこも似通っているが、不幸せな家庭は様々に不幸せである。

小さなクルミの物語になります。
頑張りやす!

ですねぇ
普通の者には荷が重すぎるのです。

嬉しいにゃーー
顔見世なので頑張りました。
v-410
プロフィール

 のくにぴゆう

Author: のくにぴゆう
猫国の住民達の物語を書いています。
作者はコメを食べて生きてます。
コメくださ~~い!
ブログ内の小説、画像の無断転載、コピー、転用は禁止です。

もくじ
最新記事
リンク
当ブログはリンクフリーです。
最新コメント
いろいろ
今まで紹介をしなかったのですが、それも変だなと 三ニャンを宜しくお願いします。

母のみーです。 mi3.jpg

息子のちーです。 chiko1.jpg

娘のぽーです。 po1.jpg

揃い踏み mcp1.jpg

木登りおーちゃん Ochan.jpg

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ





検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
pictlayer
画像をクリックすると大きく、もう一度クリックすると閉じます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。