スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お種愛し 2 大切な妹

前回

兄恋しさでお種は走りだす。最初は良かったが途中で倒れてしまう、周りにいた旅人の中に木平がいた。


はじまり、はじまり


木平は卍宿に寄った。
茂吉と逢うことは自分が正しく生きている証のような気がして『気にしなくていい』と言われても止めることが出来ない(本編、第八章)

その日も楽しくお茶をごちそうになっていた。

「そうそう、新入りがいるので紹介をしましょう」

紫郎に連れて来られた三吉は、挨拶も堂に入っている。

「恵み子の道を歩み始めたばかりの三吉です。宜しくお願いします」

「おんやまぁ!たまげだぁ~、挨拶も並の童子どは違うっすなぁーわすはすがない薬売りの木平だす。こちらこそ恵み子様に挨拶してもらうなんて畏(おそ)れ多いいだす」

「へへ」

「三吉や、木平は薬をできるだけ安く売り困った者には身銭を切り助ける、と云う素晴らしい篤志(とくし)の狸ですよ」

「そっだらごど言われだら、わす・・・恥ずかしいだす」

三吉はこの狸良さそうな木平に好感を持つ。世界中を旅している木平の話は多岐に富んでいて面白く、滞在中にとても仲良くなった。

「あのぅ、、、木平おじさん、頼みがあるんだけど」

「なんだすか?三吉様の頼みなら何でもきくだすよ」

「やだなぁ~三吉様なんて言わないでよ、三吉でいいよー」

「じゃあ、三吉坊でいいだすか?」

「へへ」

「何だす?」

「手紙をね、菰傘村のお種に届けて貰いたいんだ」

「お妹様だすか?」

「うん。ここに来るのにあいつにはよく説明もしなかったし、よ吉も産まれたって聞いたから、お種の我慢もそろそろ限界かな?って、、、」

「お安いご用だあ、任せて下さい」

こうして木平は菰傘村へ手紙を届けにいく途中だった。木平から差し出された手紙【お種へ】見覚えのある字に涙が出てくる。

挿絵参照↓↓↓  絵をクリックすると大きくなります

aninokimochi.jpg


元気か、お種
おいらはとても元気に暮らしている。
友達もいるんだよ【くるみ】って言う生意気だけどとても頭のいい子狐なんだ。
おいらもタジタジになるほどさ。
ここにいると教えてもらうことばかりで、知ることがとても楽しいんだ。
村に居た時はお種や皆の世話でそんな暇もなかった。
責任があったからなんだ。
勝手かもしれないがおいらの責任をお種に引き継いで貰いたいんだ。
お種は妹だから甘えん坊だし、泣き虫だけど今はよ吉がいるから姉ちゃんだ。
お加奈にとっても姉ちゃんだ。
お前に頼めるかな?
おいらはお種なら出来るって信じているんだ。
おいらも頑張るからお種も皆の姉ちゃんとして頑張ってくれ

三吉


お種は黙ったままだ。

「大丈夫だすか?」

「兄ちゃんにお友達がいるの?」

「くるみ様だすなぁ~三吉様と難しい字を教え合ったり、いつも楽しそうにすてますなあ」

「あたい、兄ちゃんはおじちゃん達に囲まれて一人ぼっちかと心配していたんだ」

「そうだったんだすか?」

「兄ちゃんはあたいだけでなく皆の兄ちゃんだったから・・・考えたら兄ちゃんに友達っていなかった、、、あたい達の世話ばかり焼いていた。

「・・・・」

お種はじっと考えた...そして突然、立ち上がる。

「あたい、、、あたい頑張る!兄ちゃんに任されたんだもの、メソメソしていたらガッカリするもの」

「その意気だすよ!」

あっ!よ吉をそのままにしていた、いっけなーい!おじちゃん、又ね!兄ちゃんに『あたい頑張る!』って言っといて!よそのおじちゃん、おばちゃん達ありがとぉ~」

お種は手紙を急いでポケットにしまうと一目散に走り出して行く。

木平は呆気にとられたが、元気よく走っていくお種の後ろ姿を見て安心した。三吉は手紙を見せながら木平に言っていた。

「会いたいだろうとか、寂しいだろうとかそんな事を書いたらダメなんだ。あいつは一層悲しくなる。それよりも、よ吉達の姉ちゃんとしての責任を持たせることが大事なんだ」

「凄いことを言うだすなぁ」

「だっておいらの大切な妹なんだよ、立派になってほしいじゃないか」

木平はキッパリと前を向いて言う三吉を思い出す。

お種はもう三吉に会いに行こうとはしないだろう。それよりも託された責任を全うしようと努力するに違いない。


追記

お種はその夜、疲れすぎた所為なのか目が覚めてしまった。襖越しに両親の声が聞こえる。

「三吉はどうしているのかねぇ」

「頑張ってるに違いないだろうが」

「わかっているよ、でもさぁ.....」

「お種に聞こえたらどうすんだよッ、あいつだって猫一倍どころか何十倍も我慢しているんだぞ、俺達が三吉のことを話したら切なくなって会いに行くかもしんねえだろ」

「やだよ、そんな事になったらどうすりゃいいんだよー、お種まで手放すなんてあたいは死んでも嫌だよー!」

「縁起でもねえこと言うな、もう寝ろよ」

「うん、そうするよ」

お種は冷たい訳じゃなかった両親に安堵した。寧ろ自分に気を遣っていた事を知ると心の底から嬉しかった。

「兄ちゃん・・・あたい頑張るねッ」





おわり




これにて中短編の段は一応の区切りと致します。
一週、お休みを頂いて7月3日から長編の【くるみ】をスタートさせたいと思っています。
この物語は本編、第九章で卍宿に旅立った三吉の其の後から始まります。
猫国はマダマダ続きます、どうぞ末永くご贔屓下されますようお願い申し上げます。

ぴゆう

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

姐さん、こんばんは~^^
なんとまぁ、ナイスなタイミングの手紙だこと!!
恵み子・三吉、お種の操縦方法まできめ細やかだわ。
しかも情の深い、いい手紙だわにゃ。
心がホッとあったかくなる。
こんな手紙、書いてみたいやねぇ・・・いえ、もらってみたいわさ。

風呂敷の柄、法被の色柄、道具箱、薬籠、背負い篭。
そして再び登場、お種の肉球。
手間暇かかった挿絵も、毎回の楽しみのひとつです。

それにしてもさぁ、木平ってこんなに「イケタヌ」だったっけか?
私のイメージでは、おっさん狸だったんだけれど。
ちょっと惚れそうな、いい男タヌ♡
いゃ~ねぇ~白ちゃん、冗談だってばぁ!(爆)

えぇ、えぇ、末永くご贔屓にしちゃいますわよ。
長編の【くるみ】も、期待しております。
姐さん、諸事にくさらず、頑張っておくれやす!

さて、「本編、第九章」から、復習しておくかにゃ。

お種ちゃん、お手紙をもらえてよかった〜
お種ちゃん、がんばってね。でもがんばりすぎないで。

いろんな人の思いって、コトバにしないと伝わらない
ことがありますね。母や父の思い・・・
私ももっと子どもたちと会話をしなくっちゃ。

一通の手紙、でも、最愛の人からのメッセージが心に沁みると
一瞬で道がぱ~っと開きますね!!
私にも経験があります。

とても良いお話で、ほろっとしました♪
やっぱり、人を動かすのは愛ですね~❤

長編がいよいよスタートですか!!
くるみと三吉が出てくるんですね!
すご~~~っく楽しみです♪

p.s.
いつも、色々と応援ありがとう~ですっ!=^ェ^=

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

三吉くん、ほんとうはもっとたくさんのことを書きたかったんだろうね、と思いました。

お種ちゃんの自立を考え、これだけの文章で切ってしまった胸中を考えると悲しいです。

しかし、それが恵み子としての責任であり役目なんでしょうね。

それぞれの道を歩まねばならないふたりのこれからを祈るばかりです。



今度からの長編を楽しみにしてます(^^)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

手紙は手紙でいいですよね。
普段言えないことを書くことができますからね。
こういうのは親しい人ほど書くと効果があると思います。
身近な人でも。

みんなの姉ちゃんとして頑張れ、
それをお前に頼みたいって 尊敬してる兄ちゃんに言われたら
がぜん勇気が湧いてくるよね。
信頼されてるんだなってわかるもん、
三吉、さすがだぁ~~

そしてやっぱり両親は 心配してたんだねぇ。
いい家族だな、
お種も将来 立派なおニャゴになるだろうな(*^。^*)

こんばんわ~!
さすが、三吉。
小さいけれど、恵み子だわ~!
ちゃんと、わかってる。
だから、恵み子になるのだろうけれど・・・。
お種ちゃんも三吉の妹だけあって
ちゃんと理解できるのね。
うん、いいお話。

それにしても、お種ちゃん、
将来、美猫になりそうな気配・・・❤

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ありゃ??

コメントしたつもりだったけど、残って無かった!!
がーーんw(゜∀゜;;)w

んーーーーーーと・・・・・・
もう、思い出せない(´Д⊂。しくしく・・・・・

でもね、とにかく泣いちゃった・・・・・
兄妹の互いを思いやる心、
親が子を大事に想う心・・・・
特に、追記でお種ちゃんが両親の話を聞いちゃうところ・・・
もう、号泣でした(´Д⊂。・゜・。
お種ちゃんも、兄ちゃんに逢えないのは辛いけど
本当に嬉しかったよね・・・・・
良いお話でした(^v^*)
どうもありがとう・・・・・・・・・

やっぱり、三吉はお兄ちゃんなんだねえ。
私は4兄妹の末っ子だったから、こういう手紙は、きっと書けなかったでしょうね。
ごめんねとか、いつか会いたいねとか、言ってしまいそう。

さすが、三吉。さすがぴゆうさん。
お種は、いいお姉ちゃんになりますね^^

こんにちにゃ。

三吉はちゃんと妹の事分かっていて
責任を持たせるために寂しいとか思わさないように
考えて手紙を送り、お種は寂しいだろうと思ってた
お兄ちゃんに友達がいることで安心し、」お姉ちゃんと
しての責任を果たそうと思う。
いい話しじゃあ。兄妹愛が伝わって来ますの。

両親も冷たいのではなく、お種の為に三吉の話しを
一切しない心遣いをしてたのを知ったお種はより責任感の
ある美人猫になることでしょう。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

離れ離れになると余計思うことはたくさんありますよねぇ
家族でも、それ以外の親しい人でも…

それ抜きにしても三吉が立派すぎて(´;ω;`)

こんばんは^^

さすが三吉、お見通しだね^^

暖かい家族だ~お種ちゃん頑張れ!!

やっと暑くなってきたよ^^でも夕方になるとまだ涼しいの。

去年よりしのぎやすいかも。 暑いの苦手なので助かっておりまする。

こんばんはー

 何だかすごく久しぶりな気がします。
 お元気でしたでしょうか? 私はそこそこ元気ですよ~

 
 会えなくても、大切な人との絆は弱くなるわけでは無いですよね。
 手紙などでその絆を強める事が出来ますが、永久に交信がとれなくなっても、どこかでは繋がっている……そう思いますv-291

llama姉さん、いらっしゃーい!

こんにちはー

のんびりしてましたぁ〜
昨日は草刈りをやりました、疲れたわ〜


さぞや、三吉もくすぐったかろう。
ぷぷ
親は当たり前のように姉ちゃんなんだからと思うでしょう。
でも本来ならば妹として三吉に甘えていることが出来た。
突然、居なくなった兄の面影を追ってしまうのも無理のない話です。
三吉はそんなお種に責任という言葉でやり甲斐を持たせたのでしょう。
そして、三吉に誓ったお種の覚悟が
前回の菰傘村の騒動を丸坊主にして終わりにさせるという知恵になったのかもしれません。

嬉しいにゃ〜〜
一枚入魂で頑張っています。
絶対に手を抜かないことが自慢になっていたりする。
へへ

狸国一のイケタヌだねぇ〜
心が綺麗だから益々いい男に磨きがかかっているね。

白ちゃんもビックリだわさ(・・)

宜しゅうにお願い申し上げます。
だよね、色々あらぁなてなもんだね。
v-392

Mieさん、いらっしゃーい!

こんにちはー

だねぇ〜
お種も覚悟が決まったのがとても良かったと思います。
いつもながら優しいのぉ〜
伝えときましょう。

それと同時に言葉のない会話ってあると思う。
その最たるものが手料理だね。
健康で元気でいてね。
大事に思って愛しているとか
言葉に出すと照れくさいけど気持ちが込められていることを食べる家族はよく分ってくれる。
毎日、とても素敵な会話をMieさんはしていると思いますよ。
v-392

ルビィちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはー

おお〜〜
とても素敵な経験だね。
めったにないことだ。

それだけは間違いないのない処だと思います。
ルビィちゃんを動かすのは子達への愛だものねぇ。
本当に素晴らしい人ですよ。
惚れるわぁ〜

くるみが最初の主人公になります。
宜しくお願いします。

遠慮しないで何でも言ってくれぇ〜
v-392

ポール、いらっしゃーい!

こんにちはー

ですね。
書いては消してを繰り返したのでしょう。
その中で残った言葉があの手紙になりました。

お種に伝わったと思いたいなぁ〜
一緒に暮らすことはなくともお互いを思い合う家族っていいですよね。

頑張りやす!
v-91

LandMさん、いらっしゃーい!

こんにちはー

それはありますよねぇ〜

手紙を書くという行為だけで、すごく緊張する。
字を間違えるし、忘れている。
たまに書くといいよね。
v-410

園長さん、いらっしゃーい!

こんにちはー

尊敬をしているんだよね。
そんな兄ちゃんが居るだけでもお種は幸せだよね。

三吉は妹の性格を良く分かっているのよね。
本当にいい兄妹です。

ですね。
思いが通じあって良かったです。
これからのお種は何も迷うことなく頑張れるでしょうね。
v-410

きらたるちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはー

ですね。
情を持って理を為す
自然と出来るのが恵み子なのですねぇ〜

お種も少しづつ成長をしているのでしょう。
遠い将来、兄に会う時まで、精一杯に生きてくれると思います。
それが三吉の願いでもあるのだから・・・

ありがとうございます、嬉しいにゃ〜

ぷぷ
お種が喜びますよ。
v-410

かじママちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはー

おおーーーそういうのってあるある!
ムカツクよねぇ〜

これ又、わかるぅ〜
すまんのぅ〜

かじままちゃんは我が身に重ねて読んでくれるから
ありがたいよねぇ〜
作者にとってこれ以上のない喜びです。

この手紙は生涯の宝物になったと思います。
これから先、何度も読み返すでしょうね。

こちらこそ、ありがとうございます。
v-410

limeさん、いらっしゃーい!

こんにちはー

ですね。
それも恵み子だから、特別かもね。

それが普通だし、当たり前だと思います。
三吉の場合は会えないことが分かっているだけにそう書くしかなかったのかなと
地縁血縁を断つと謂うことは本当に厳しいものなのですよね。

ですね。
皆のいい姉ちゃんになれますよん。
v-392

うにゃままちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはー

その通りです。
そう願うことが一番だと思ったのでしょうね。
お種も兄の今までを考えた、そしてこれからを知ることが出来た。
お互いの為にも良い手紙になりました。

そして、親の気持も理解できた。
この日の出来事はきっとお種の支えになると思います。

ぷぷ
そうだといいね。
v-410

大阪ちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはー

そうだよねぇ〜
離れたからこそ、分かり合えることもある。
近くにいると当たり前すぎて何も考えないのだけど
家族も友達もそうだよね。

ぷぷ
仕方ないよ、恵み子だもの
ニャハハハ
v-410

どーちん、いらっしゃーい!

こんにちはー

そうだよね。
何でもお見通しなのかもしれない。
三吉のことだから
「家族のことぐらい把握できないようじゃ、恵み子様とはいえないニャン」
言いそうだ。

助かるよねぇ〜
暑いのは苦手だよ、もう溶ける気がするもの。
お互い、無理はしないようにするしかニャイぞよ。
v-391

ゆうちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはー

ぷぷ
元気そうで何よりだよん。
頑張っているんだろうなぁ〜
とても素晴らしいことだね。

そうで欲しいよね。
大切な人と思う心が絆を深めるのよね。
思い合うのに距離は関係ないのだと思いたい。
せめてこの空をあの人も見ているとね。
↑書いてみたかった。
へへ
v-410

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんばんは~~♪
さすが三吉くん 人を動かす術をよく知ってる。
さすが恵み子ですね。
お種ちゃんも 三吉くんと両親の心のうちをわかって安心して日常を送れますね。
めでたし めでたし!!
三吉くんのその後が この後わかるんですね~~~わくわく~~♪

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

りんだちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはー

ですね。
可愛い妹に寂しい思いをさせていることをよく分かっている。
普通なら、情に流され、会いたい寂しいと書いたかもしれません。
でも三吉はお種に目標を与えた。
それは情という大きい河の向こう岸を指し示したのだと思います
お種は真っ直ぐその向こう岸を目指すだけ、
今は迷いもないね。

久しぶりの長編になります。
宜しくお願いしますニャ〜
v-392
プロフィール

 のくにぴゆう

Author: のくにぴゆう
猫国の住民達の物語を書いています。
作者はコメを食べて生きてます。
コメくださ~~い!
ブログ内の小説、画像の無断転載、コピー、転用は禁止です。

もくじ
最新記事
リンク
当ブログはリンクフリーです。
最新コメント
いろいろ
今まで紹介をしなかったのですが、それも変だなと 三ニャンを宜しくお願いします。

母のみーです。 mi3.jpg

息子のちーです。 chiko1.jpg

娘のぽーです。 po1.jpg

揃い踏み mcp1.jpg

木登りおーちゃん Ochan.jpg

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ





検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
pictlayer
画像をクリックすると大きく、もう一度クリックすると閉じます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。