スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お種愛し 1 イライラ



この話は菰傘村の騒動がある前のこと、お種の小さな物語。


はじまり、はじまり


お種は近頃、面白くない。
三吉が旅立って(本編、第九章)すぐに【よ吉】が産まれ、世の吉一家はそれなりに忙しかった。

よ吉が産まれたのは嬉しい。嬉しいけど何か面白くない...可愛い弟が出来たのだから、しっかりしないといけない。

太吉達にも負けるわけもいかない。小さいなりに頑張ってきた...でも、布団に入ると以前なら隣に寝ていた三吉が居ないことが堪らなくなる。

世の吉夫婦はよ吉と寝ている。お種は『お姉ちゃんなんだから』と言われ違う部屋で寝ているのもつまらないし、寂しい...でも、それは何とか我慢出来た。

我慢がならないのが【よ吉】のことしか言わない両親だ。三吉のさの字も言わない。『どうしているのだろぅ?』とか話したくても「さ」と言っただけでお陽は『忙しい!』と言い、世の吉はプイと出かけてしまう。

取り尽くしまがない。
藤平に勇気を出して訊きに行くと『【恵み子】というとんでもなく偉い御役人様になった』とか『【魂納めの宮】でしか会えない』とか、色々と話してくれた。

何となくわかる気もするが、それでも両親の態度が冷たいと感じていた。その日は朝から快晴だった。

お陽はすっかり姉らしくなったお種に当然のようにお守りを頼む。

「よ吉を頼んだよ、今日は朝から予約で一杯なんだからねー」

「うん、あたいに任せて」

「ふふ、どうして大したものだねぇ~ありがとう。頼むよ」

よ吉はおっぱいも飲んで機嫌よう寝ている。お種は直ぐにおぶることもなく、顔を眺めた。
毛の色も何もかも兄にそっくりだ、じっと見ていると涙が出てくる。

「兄ぃちゃん..........」

挿絵参照↓↓↓  絵をクリックすると大きくなります

nichan2.jpg


それは突然だった!お種は慌てて家を飛び出す。三吉に呼ばれているように感じた。
とにかく行くのだ!走った、走った。

どこまで走っても道は続いている。見知っている顔に声をかけられても、構わずに走った。
だが、その足取りが段々とおかしくなる。

お種は走り通しなのだ。フラフラしだして、とうとう道の真ん中で倒れてしまった。
驚いたのが行き交う旅人達だ。

幼子が突然倒れたのだから、周りを囲んで大騒ぎになる。そこを通りかかった者が居た。

「どうすたんだ?」

「ああ、木平さんじゃないの」

「何でも、水も飲まないで走り通しだったんだと」

「あんれまぁ!そっだら無茶なごとを」

お種は旅人から水をもらい、何とか話せるようになった。

「無茶だよぉー、こんなおチビがさー」

「おばちゃん、ありがとう。もう大丈夫」

「大丈夫って?親御さんはどこなの?」

「ん、、、あたい、あたい行かなくちゃ!」

無理やり立とうとしてもフラフラしている。

「いげねえッ、いげねぇよー」

木平が倒れそうなお種を支える。

「このわらす(童子)は何処から来たんだべか?」

「どうも菰傘村みたいだよ。見たことがあると思っ、、、あ!こりゃ髭結床のお種ちゃんじゃないか!?」

「ああ、お陽さんとこの?」

お種は黙っている。

「へば、この童子が・・・三吉様の御妹様?」

お種は三吉という名に瞬時に反応した。

おじちゃん!兄ちゃんのことを知っているの?」

「すってるも何も三吉様からお手紙を預かって来たんだすよ」

えっ!?あたい、兄ちゃんに会いに行こうと思って・・・」

「あんれまあ!んだら、ここで会えたのも縁だすなぁ~」




つづく
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

姐さん、おこんばんは^^
毎回1コメも、気が引けるがにゃ、来ちまったものは致した方なかんべ。
えぇ、ままよっ・・・な~んてね、微塵も思ってまへんねん(笑)

お種ちゃんの心情、痛いほどよ~く判るよ。
三吉がいれば、「長女」で済んだものを。
運命のいたずらで「長子」になっちまったもんで、しなくていい苦労を背負い込んで。
ほんに不憫な子じゃわ。
辛い事はなかったことにしようって大人の理屈は、子供にゃ通じないものね。

ところでさ、旅人の会話が「東北弁」なのは なしてじゃ?(笑)
わたし東北の友人が多いでな、標準語も東北弁もバイリンガルさね。
思わず訛って読んじまったわな。
姐さんの文章は、面白いや!
三吉からの手紙・・・なんだべな?

さぁ、新しいお話が始まった。
また楽しみに読ませて貰います。

お種の肉球 可愛かったぜ~~~♪

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

llama姉さん、いらっしゃーい!

きゃーーーーv-12
間違って今日アップにしちまっただよ
キャハハハ
そしたら姉さんが早速コメしてくれとる。
どうもありがとうござんす。

そうなんだよね。
上が突然、居なくなると云うのは理屈じゃないのよね。
お種は寂しいのよね。
そして、妹らしく兄を心配している。

この狸は本編、第八章に登場した木平です。
狸国の田舎出なのでズーズー弁にしています。
私が訛り、大好きと云うのもあります。
東北弁になっていたらすごく嬉しいです。
バイリンガルに認めてもらえたぞーー
へへ

ありがとやんす。
次回の挿絵がまだじゃ、頑張るどーー

スタンプでも作るか。
ぷぷ
v-391

お種ちゃん、寂しかったんだねえ。
そうですよね、三吉を快く送り出した世の吉一家だけど、寂しくなないかなあと、ちょっと思ってたのです。
大人は悟れても、チビちゃんはさびしいですよねえ。
小さなお種ちゃんの願いは、叶うかな?
手紙が気になります。^^

親の気持ちもわかるけど、お種ちゃんの気持ちもわかるなあ。

それにしても手紙をきちんと書く三吉はやっぱりよくできた猫だなあ(^^)

お種ちゃん、安心するかなあ。してくれるといいんだけどなあ。

こんにちは~(^0^*)ノ

三吉は、どうしてるのかな~~
って気になってたんだよね~(^^*)
兄妹は、親子とも違って
不思議な親しみや縁を感じるものだもの
お種ちゃんだったお兄ちゃんに逢いたいに決まってる!!
親子は、いつか別れるのが
この世の摂理だけど兄弟姉妹は
歳が近い分だけ、その摂理が遠く感じられるから
尚更、幼い時の別れは辛いよね・・・

このあと、どうなるのかなあ~~
楽しみ(^^*)

まだ、完全ではないですが、なんとか治ってきました。うどんはあまり良くないんですね・・。わたし、ムラタクに「うどん」って言われるほど、うどんが好きなんですよねぇ・・。ご心配おかけしました。今度は、おかゆで我慢します。三吉どうしてるんですかねぇ~。懐かしい。様がついてると、なんだかくすぐったいなぁ。お種も会いたいでしょうね。どんな内容かきになるなぁ。

ご両親がさみしくないわけがないもの、
寂しすぎて まだ話題にできないんだね、きっと。

でも三吉からの手紙が来たのを
無意識で察知するほど 
お兄ちゃんを慕っていた妹の思いもまた特別だなぁ。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

自分の大事なお兄ちゃんのことを、
一言も言葉に出して心配しない両親に
失望しちゃたのね~。
お種ちゃんは、情の深い子なんだよね。
新しい話の展開、楽しみにしてます~~!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ご無沙汰してしまいました~。申し訳にゃいです。

しばらくパソから遠ざかっている間に随分お話し
進んじゃいましたね。男共の悪事はばれて痛い
目にあわされちゃったんですね。本当に男って・・・。

新しいお話しに移ったんですにゃ。
両親が息子を心配しないはずは無いけど、
幼いお種ちゃんには名前すら言わないまわりの
様子に寂しい思いをしてたのですね。
お兄ちゃんに呼ばれた気がして何も考えず
走りだしてしまうあたり本当に兄思い。

そんな思いが兄の手紙を預かったおじさんに
会わせたのかな。

手紙の内容なんだろ?

うわ~♡ お種はカワイイですね~♪

仔ニャンの走っていく後姿って、、も~、それだけでキュンとなります。

お種の気持ちが通じたんでしょうか!

早く、手紙を読みたいですね~!!!=^ェ^=

p.s.
いつも、応援ありがとう~です!お転婆娘と毎朝5時から運動会です~。(>ω<)

おばんです^^

そりゃ~寂しいし辛いわよ。

よ吉が生まれて、毎日忙しく過ごすことで紛らわせているのかな

親父がどう思っているのかは判らんが・・・

久し振りの再会となるのでしょうか。^^会わせてあげたいな~



ううむ、結構難しい感情ですよね。生まれたばかりの子に目が向くのは仕方がないことであって、家族が増えるというのはそういうことなんですよね。3,4人目だとあまり感じないんでしょうけど、他に目が向くという体験はどこの世界でも上の子の宿命なんでしょうね。

limeさん、いらっしゃーい!

こんにちはー

お種の気持ちを書きたくなりました。
仲が良かった兄妹にはそれなりの物語があってもいいかなと思いました。

ですね。
もぎ取られたように感じていたでしょう。
それが三吉の望みだったとしても妹なりの葛藤があるのが当たり前だよねぇ〜

三吉らしい手紙だと思います。
v-410

ポール、いらっしゃーい!

こんにちはー

ですね。

三吉はやはり恵み子なのです。
お種の気持ちが手に取るようにわかるのでしよう。

きっと納得してくれると思います。
v-410

かじママちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはー

やっぱりねぇ。
皆、そう思っていてくれる。
ここは優しい人ばかりなんだよねぇ〜

全くその通りだわ。
親の縁より兄弟姉妹と云うのは特別なものがあるよね。
私も妹がいてくれて本当に幸せ。
かじママちゃんもそうだものね。
とても仲良しだよね。

頑張ります。
いつもありがとうニャン。
v-410

むらななちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはー

以前、胃腸科の先生に消化が悪いって言われたん。
不思議だよね。
無理し過ぎないように大事にして下さいね。

ですね。
いつの間にか、そんな存在になっているのでしょうね。

きっとお種なら分ってくれると思いますニャン。
v-410

園長さん、いらっしゃーい!

こんにちはー

両親には両親の葛藤があるのでしょうね。

ですね。
遠くに暮らしていても心が繋がっている。
お互いを思いやる気持ちがあれば生きていけるのかもしれません。
お種が見る空は三吉が見る空と同じですもの。
じわ〜ん
v-406

きらたるちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはー

ですね。
イラッとしていたのでしよう。

それも誤解なのですけどね、お種はマダ知りません。

頑張ります。
いつもありがとニャン。
v-410

うにゃままちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはー

おお〜久しぶりだよぅ〜
少しはパソに向かえるようになったのかな?
無理しないでね。

男猫ってしょうがないよね。
治る病とも思えないねぇ〜
ぷぷ

ですね。
こういうのって堪らなくなる時があるものよね。
三吉のことが心配なのと会いたい一心だったのでしょう。

間違いなくそうですね。

三吉らしい手紙です。
v-410

ルビィちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはー

かわいいよね、妹らしいよね。

おお~~~私も大好きです。

ですね、三吉も同じようにお種を心配しています。
いい兄妹だと思います。

むぎちゃん、そんなに元気ちゃんなの。
ぷぷ
きゃわいい~
v-413

どーちん、いらっしゃーい!

こんにちはー

だよねぇ〜
お陽はそうなんだろうなぁ〜

ニャハハハ
世の吉親父はどうなのだろうね。
多分、同じだと思うよ。

さてどうなるやら?

こっちは天気が定まらない感じだよ。
雲の間に陽が射すと暑いのなんのって堪んねぇ
そっちはどうでござるか?
熱中症に気をつけてね。
v-410

LandMさん、いらっしゃーい!

こんにちはー

一つましなら、一緒に成長するから気にもならないでしょうね。
お種の気持ちはとても複雑ですよね。

よ吉はとても可愛いが側にいない兄も気になる。
そんな葛藤がお種を走らせたのでしょう。
v-410

こんばんは~~♪
兄と妹か~~~私も優しいお兄ちゃんが欲しかったです(。^p〇q^。)プッ
でもお種ちゃんはお兄ちゃんがいたにもかかわらず途中からいなくなってしまったのできついものがありますよね。
これからどんな風にお種ちゃんが三吉君のことを納得するのか楽しみです。

りんだちゃん、いらっしゃーい!

こんばんはー

私も姉か兄が欲しかった。
ぷぷ

本当にそれは辛いことですよ。
お種もよく我慢してきたと褒めてあげたいです。

りんだちゃんも納得してもらえるといいな。
v-410
プロフィール

 のくにぴゆう

Author: のくにぴゆう
猫国の住民達の物語を書いています。
作者はコメを食べて生きてます。
コメくださ~~い!
ブログ内の小説、画像の無断転載、コピー、転用は禁止です。

もくじ
最新記事
リンク
当ブログはリンクフリーです。
最新コメント
いろいろ
今まで紹介をしなかったのですが、それも変だなと 三ニャンを宜しくお願いします。

母のみーです。 mi3.jpg

息子のちーです。 chiko1.jpg

娘のぽーです。 po1.jpg

揃い踏み mcp1.jpg

木登りおーちゃん Ochan.jpg

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ





検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
pictlayer
画像をクリックすると大きく、もう一度クリックすると閉じます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。