スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時雨のお波 7 菰傘村の菰笠猫

前回

市中引き回しの晒し者だけってのもねぇ〜


はじまり、はじまり


さあ皆!この鼻毛伸ばしのデレ助共をこの侭ってのもねぇ」


勘弁してえーーッ!二度としないからぁあッ!


金輪際いたしませぇーーんッ


「わしが悪かった、歳に免じてくれぇーッ


年寄りは勘弁してくれよぉぉッ


汚ねえぞッ、三馬鹿爺ぃッ!


うるニャイわいッ!わしらは可愛いぷりちぃ爺ちゃん達だ!これからは縁側で大人しく昼寝だけしてるから勘弁してくれ~~」

「婆ちゃん達、どうするの?」

「どうもこうもないよ、こんな皺垂れ爺『色に歳無し』って言ってたのは何処のどいつですかってんだ!ねえお銀ちゃん」

「今更、縁側で昼寝が聞いて呆れるわッ!お陽ちゃん、年寄りだからって遠慮は無用だよ」

「それじゃ、どうしようかねえ~」

「開きにしてやる!」お紺。


ひゃややあーーーーッ


「それよりドロドロに煮て、豆腐にするのはどうだい?」お三。


いゃややあ---ー―ッ


「いいや、焼(く)べて鋳型に嵌(は)めてやろうよ」お道。


ひや゛ぁ゛あ゛あ゛ーーーーッッ


「ねぇ、母ちゃん」

「何だい?お種」

「この前、父ちゃんがツルツルになって面白かったけど、あれにすれば?」


ニャンだとぉおおーーー!?やっと伸びてきたんだぞおーーッ!この糞ガキーッ」


「父ちゃんが糞ガキだって」

何だってッ!あたいの可愛い娘に向かって糞ガキだとぉッ?ふ-ん、、、あんたは今日只今(こんにちただいま)から宿なしだよ」

ひゃーーーッ!ご勘弁を~ッ!お種ちゃ~ん、父ちゃんが悪かったァ~」

フン!!

世の吉は観念をしたようだが、他のにゃ郎共は声を限りと泣き叫ぶ。


ごめんニャさーい、ごめんニャさーい


「それだけはご勘弁をーーーッ

「頼むから、そのような非道だけは」

「外を歩けねえ」


五月蝿いよ!スケベ猫!


「そしたら、【開き】か【ドロドロ】か【鋳型】か【ツルツル】、どれがいいかねえ~」

「選ばせたらよ」

「そりゃいいねぇ、さすがお道。亭主を鋳型に嵌めたいかえ~?」

「勿論よぉ、鋳型にギュウギュウ嵌めてチロチロじっくり焼いてやる」


お道ぃーーい!止めてくれよーーッ!


「ならどれがいいのよ?」


え゛


「.....っ・・」


ツルツルだってえーー


「ちよっとまっ、待ってくれーッ、俺は『つ』って言っただけだあー(泣)」

「さっ、さっぱりとやっておくれ」

「はいよ、これぞ腕の見世処だよ、お種カミソリ持っといで」

「はーい」


ひゃーー、勘弁してぇえーーッ!


「耳の一つや二つ無くなったって構わないよ」


ぎゃや--―!!


「じっとしないとそうなるよ」

お陽の腕は冴え渡り、あっという間にぞりぞりと鍛冶屋の健吉を坊主猫にしてしまう、お後も抵抗空しく全て坊主猫になった。それからのにゃ郎達は毛が生えるまで菰笠(こもかさ)を被っていたそうだ。まさに菰傘村である。

これには当然のように後がある。

何故ならば『大工の白ちゃん』こと五黄が出て来ない。白ちゃんも世の吉達と同じように鼻毛を抜かれきっていた。白ちゃんはその日、お波を驚かせようと店の裏から入ろうとした。

処が自分より先に店に入る者の姿が見えた、その者らは何故か頬かむりをしている。そして子連れでもある。
白ちゃんは二人が店に入るのをじっと見ていた。幸いにも深い霧が白ちゃんの真っ白な姿を隠す、気付かれないよう用心して近づきそっと障子越しに中の様子を伺う。

「む・・・・」

店の中にはお陽とお種がいて顏を見合わせニヤニヤしている。

トントン

「お波ちゃ~ん、俺だよ五斗ちゃんだよ~」

お波に成り代わって受け答えするお陽に五黄白ちゃんはたまげた。五黄白ちゃんは「ニャっ!!」と一言洩らし掻き消えた。
           
           
           ?

挿絵参照↓↓↓  絵をクリックすると大きくなります
oato.jpg

翌日の五黄屋敷では藤平が昨日の騒ぎを草助から聞いていた。

「ふふ。そうか、そしたら見物だったねえ」

「そりゃあんな面白い物は二度と見れないですね」

「なんだ私も呼んでくれりゃ良かったのに」

「ああ本当に」

「ふふ、暫(しばら)くは大人しくするしかないだろうよ」

「あれ、五黄父さんは?」

「草助、お前も猫が悪いよ。白ちゃんは尻に帆掛けて、とっくに狸国に逃げたよ」

「やっぱり?父さんは大工の白ちゃんですからねー」

「何が白ちゃんだよねえ。お陽に白ちゃんまで坊主にされたら、猫国は他国の笑い者だよ」

「本当ですよ」


あはははは


にゃははは、でもあの女をこのままにしておくんですか?お手配をなさらないのですか?」

「何故かな」

「だって、とんでもないメス猫です」

「私は偉い先生と思うよ」

「どうしてです?」

「ふふ、だってそうだろう?『おニャごに騙されるでない』と幾ら私が教えていたとしても、誰も身に沁みはしない。だが今回の件で世の吉達にしても白ちゃんにしても少しは懲りるであろう。

それは教えてくれたお波先生の腕が良かったと云うもの。へそくり位、授業料と思えば安いではないか?ふふ」

「なるほどそう云うものですか」

「浮世とはあの様な者がいるから、味わいがある」




つづく




どうしよう・・
先週、あるブログで私に楽しみにしてとわざわざ書いてくださったリン友さんがいらしたのですよ。
今週になって訪問をしたのですが、わからないのです。
もう焦りまくって訪問をしまくったのですが、わかりません。
せっかく書いて頂いた記事にコメントをしてないという不手際。
なんと情けない奴。
週一で顔を出すものですから、ブログ名自体も失念しているという有様。
どうか馬鹿なぴゆうをお許し頂き、鍵でお知らせ頂けないでしょうか。
本当に申し訳なくて泣きそうです。
教えてください。
m(_ _;)m
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

にゃっははは~~~~~♪
軽快 愉快 爽快じゃ~~~っ!
歌が口から 飛び出るわにゃ。

恥ずかし村のデレ助どもが 老いも若きも 雁首ならべ
ツ~ルツルったら つ~るつる  っとくりゃ よいよい♪


忙しさに追いまくられ クシャクシャした気分が サッパリだ!!
トン面こいた白ちゃんが、少々物足りないけれどもね。

ツルッツルの白ちゃん、見てみたかったわねぇ(爆)
そうなると、背中の火焔太鼓は、ど~んな案配になるんだろーかね(爆x2)
ま、いずれ現れるんでしょ。
その時を楽しみに待ちますわな。

私もね お波さんは「人生の先生」 な気がしますわな。
デキの悪い生徒さんたちが ちーっとばっか高い月謝を払った・・・・・そんな処でしょ^^

ドジな姐さん 楽しい一幕を あにゃがとさん m(__)m
・・・あり まだ つづくんかぃ!?

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

おはよ〜

そうなってもしかたないけど・・・
それにしても、きょわすぎる〜
究極の選択。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

五黄の兄さんまで!!(^^;)

ブルータスお前もか(^^;)

男ってこうだから……(^^;)

バカだねェ……(^^;)

とほほほほ(^^;)

あはははっ(^▽^)ツルツルかぁ。
奥さんニャンたちは やっぱり優しいや。
ツルツルは元通りになるけど
開きとか鋳型は・・・別物になりそうだもん(笑)

そっか、お波さんはお見許しで済んだか。
でもきっと どこかで帳尻は合うことになるんだろうな。

あ~あ(笑)

あはははははははo(≧∀≦)o
つるつるの刑!!!!!
しかも中年以上だと、
この後生えて来るかどうかも不安なところ(爆)
自業自得だね~~~

白ちゃん(笑)たら、さっすが!!!
そういうトコもお上手だわ~~~(笑)

こんばんはー

 ネコが毛無しのツルツルになると冬が厳しいですね。さぞかし寒かろう。
 夏は涼しいかもしれませんが、蚊に刺されやすくて困りそうだニャ。


 そういえば亡き師匠のお腹が、原因不明で毛が抜けて禿げた事がありましたね~
 地肌は真っ白でしたが、それにしても何が原因だったんだろう……一説にはストレスとも言われていたけど、とにかく知らぬ間に治りましたv-291
 

白ちゃんは、さすが、うまいこと逃げましたね~~(笑)
逃げっぷりも鮮やか!
まあ、白ちゃんは、お灸すえなくたって、ちゃんと心得ておいででしょう。
白ちゃんはいいのです。
男たるもの、少しは色香を楽しまなきゃ^^(どっちの味方?)

ほかの男どもは、ちゃんと反省しなさい(笑)

こんにちは^^
梅雨に入りました。
如何おすごしですか?

雨の日に
ブログ楽しみに読まさせていただきます♪

お波さん、さすがですね~!

でも、それでも、愛がありますよね~♡

水戸黄門のシリーズの中に入れたいような。

あ~、出てこないと思ったら~、大工の白ちゃんは逃げたんですかー?
見たかったかも。。。白ちゃんがニャフンとなってる挿絵も。(≧▽≦)

う~~ん、叫びが痛切だ。
こういう叫びを聞くたびに生きているって感触を受けますね。
感覚が他のひとと違うんでしょうね。
ただ、生きているという感覚を得るのは人それぞれでしょうね。

隧道の光の連載終わりました。
今まで読んで頂きありがとうございます!!
また時間が経過したら、他の連載を始めます。
よろしくお願いします。

こんばんは^^

白ちゃんうまいこと逃げていたのね^^

確かに恨まれる程の金額でもなく、勿体ないことしたな程度なところが

お波のうまいところなのでしょうね

デレ助達も短い間でもいい夢を見たのだから、仕方ない^^

近所のツツジが満開で雨が降るとさらにに香っているよ

梅の季節だね~なんだかソワソワするんだな^^

おはようございます~~♪
つるつるですか~~~(。^p〇q^。)プッ
はえそろうまで結構時間がかかるから
反省するには充分の時間があっていいお仕置きですね~~♪
生えそろうまでは菰笠被って村名前の宣伝マンですね!

五黄様は、きっと騙されてないと思ってたんですが、なーんだ、やっぱり鼻の下伸びてたんですねぇ。みんなと一緒につるつるも面白かったかもなぁ~。確かに授業料と思えば安いもんですが、やっぱりお波も許せないな~。でも、きっとあんなことを繰り返してると、いつかは天罰が下りますよね。みんなつるつるで良かったじゃん。開きや、ドロドロに比べると、全然大したことではないです。これで許してもらって良かったと思わないと。子供達にもちゃんと、謝っておいてくださいね。

そうだね、そうだね!
お波のおかげで、自分のおバカがわかったというもの・・。
女の恐さも身に沁みたかな?
女を侮ってはいけないぞよ~~。(笑)
これに懲りて、しばらくはみんにゃ大人しくできるだろうか???
謎だよね~~~(=^‥^A アセアセ・・・
まだ、続きがあるのかな?
ふふふ・・・

ツルツル いいなあ^^
そりゃあ 堪えますよねえ^^

容赦ないお仕置きに 胸がすっきりした
(なんてね)

しかし。。。なるほど!と思いながらも
手配しないっていうのは どうなのかなあ
いやいや 引っかかる奴も悪いんですよね
引っ掛けたほうも そのうち 痛い目にあうのだろうし。。。。

ってことで 自分を納得させてます^^

llama姉さん、いらっしゃーい!

こんばんはー

楽しんでもらえたようじゃ
ぷぷ
子ニャン達が歌いそうだよ。

それは何よりでございます。
リアルが忙しいのにいつもありがとう。

ホッホホホ
今頃、白ちゃんは何事もなかったのように知らんぷりをしてますね。
皆の毛が伸びる頃にお戻りかと・・・

ですね。
騙された方もスケベ心があったから、
まともな弥吉は騙されていないものね。
うまい話が向こうから来ることはないのですよ。

最後はお波の其の後です。
これで終わっては片手落ちでしょう。
v-391

Mieさん、いらっしゃーい!

こんばんはー

以前、流行ったよね。
究極の選択。
まるであれだね。
ぷぷ
v-389

ポール、いらっしゃーい!

こんばんはー

キャハハハ
情けない王族だよねぇ〜
藤平がいるから締りがあるようなもんだわ。
ぷぷ

最後に、
お襟とお波を登場をさせます。
生みの親様が納得をしてくれるといいな。
v-391

園長さん、いらっしゃーい!

こんばんはー

ぷぷ
あれはお種が機転を利かせたのです。
収まりそうにない山神様達を見て
いい落とし所を教えたような
後で村の者達にお種は大いに褒められました。

お波にはお波のニャン生があり
これから出会いもあるということでしょうか。
v-392

かじママちゃん、いらっしゃーい!

こんばんはー

全くその通り
いっそ、つるつる猫でいいやと開き直る者も出てきそう。
ぷぷ

白ちゃん、抜け目がないです。
皆に文句を言われても弥吉のように断ったニャンて平気で言うね。
間違いない。
v-391

ゆうちゃん、いらっしゃーい!

こんばんはー

蚊が嫌だよね。
あれは本当に嫌。
庭に出ると待ってましたと白黒の禍々しいのが襲ってくるもんね。
これがまた痒いんだ。
にゃ郎達は両面テープでも貼っとけばいい。
頭も防御してくれるし蚊も捕れる。
ニャハハハ

それはある。
家はワンコがそういうことがあった。
その子は尾っぽがハゲハゲ
拾ったばかりで栄養失調気味だったから
毎日、病院に通って治したなぁ〜
今はもう、亡くなってしまったけど
とても良いシロワンコでした。
v-410

limeさん、いらっしゃーい!

こんばんはー

ぷぷ
五黄は素敵なお味方がいて心強いのぉ
只のエロジジイ猫なのにねぇ〜
ニャハハハ
今頃、狸兵衛達の前で大くしゃみをしているね。

ゴラァーにゃ郎共!
limeちゃんも言ってるどーーー
v-389

ゆっころさん、いらっしゃーい!

こんばんはー

今のところ、大雨になっていなくて良い感じですね。
湿気でカビカビは嫌ですよね。

ありがとうございます。
次回で最終、そして長編に入ります。
宜しかったら読んで下さいませ。
v-410

ルビィちゃん、いらっしゃーい!

こんばんはー

この言葉は次回にぴったりかもしれない。
ぷぷ

終わり良ければ由としたい処です。

白ちゃんがハマったらエライことですよ。
藤平も笑い事で済ませなくなる。
菰傘のおにゃご達に
威厳ゼロになりますもの。
全く、困ったエロジジイ猫だわさ。
v-393

LandMさん、いらっしゃーい!

こんばんはー

痛切に感じるのはにゃ郎だからかにゃ?
ぷぷ
生きているって感じるのは確かに人それぞれですよね。
私なんて美味しいものを食べるとしあわせ〜=生きていて良かったミタイナ。

おめでとうございます。
楽しみに読まさせて頂いています。
これからはLandMさんの短編を読んでいこうかなと思っています。
v-410

どーちん、いらっしゃーい!

こんばんはー

逃げたのよ、ニャンズラしてたのだ。

ですね。
スケベ心を巧みについた戦術でござるな。
美猫限定だろうが

もう六月だよーー
早すぎるんですけど・・・
何か光陰矢のごとしなのよ。
これっていいことなの?
何か季節を味わっている暇もない。
遊びに行きたいよーーー
v-16

りんだちゃん、いらっしゃーい!

こんばんはー

綺麗サッパリツルツルです。
ぷぷ

その通りでございます。
鏡を見る度にため息が漏れるのでしょうね。
それを横目に山神様達は大笑い。
いい絵でございます。

無料奉仕の宣伝ニャンがでけました。
ニャハハハ
v-391

むらななちゃん、いらっしゃーい!

こんばんはー

伸びきっていました。
恥ずかしいたらありゃしない。

おお~~~やはり鋭いのぉ〜
そうなのです、このままでいいのか?お波。
猫国の王を手玉に取ったのは痛快ではありますけど、けっして良いことではない。
お波は知らぬ間に生き方を修正されます。

子にゃんこ達にはずっと威張られますね。
ぷぷ
v-392

きらたるちゃん、いらっしゃーい!

こんばんはー

バカにつける薬は無いのでしょうが、今回は流石に良い薬になったかにゃ?
身に沁みたような沁みないような?
ビタビタに沁みたのが五斗吉なのは間違いがないにゃ。
ぷぷ

毛が無いのが気取ってもねぇ〜
暫くは大人しくするしかないよ。
いい気味♡

最後はお波で締めくくりたいにゃ。
v-392

あゆみちゃん、いらっしゃーい!

こんばんはー

ニャハハハ
一度見に行きたいね。

それは良かったのぉ〜
何かしないと、つまらんものね。

次回はそれなりの結着になろうかと・・・
あゆみちゃんに納得してもらえるといいな。
へへ
v-410

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

 のくにぴゆう

Author: のくにぴゆう
猫国の住民達の物語を書いています。
作者はコメを食べて生きてます。
コメくださ~~い!
ブログ内の小説、画像の無断転載、コピー、転用は禁止です。

もくじ
最新記事
リンク
当ブログはリンクフリーです。
最新コメント
いろいろ
今まで紹介をしなかったのですが、それも変だなと 三ニャンを宜しくお願いします。

母のみーです。 mi3.jpg

息子のちーです。 chiko1.jpg

娘のぽーです。 po1.jpg

揃い踏み mcp1.jpg

木登りおーちゃん Ochan.jpg

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ





検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
pictlayer
画像をクリックすると大きく、もう一度クリックすると閉じます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。