スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時雨のお波 4 お加奈に耳あり、お種に考えあり

前回

五斗吉はお波と旅に出れると浮かれ気分、そうは問屋が卸さないのが猫国だわいなぁ〜


はじまり、はじまり


話しを店の奥で聞いていた者がいた、お加奈である。
お加奈の耳はピクピクと動く。何やら思案中、、、そして急いで外に駆け出した。

「ちょいとお加奈~何処に行くのよー?」

「お種姉ちゃんのとこぉ」

「昼には帰って来るのよー」

「はーい」

お加奈は店の裏手に周るとサッと家に入って行く。


姉ちゃ~ん!


「どうしたの?今日は早いね」

「姉ちゃん、あたい相談があるの」

「何でも言ったんさいよ、あたいは姉ちゃんなんだから」

「世の吉おじさんは?」

「父ちゃんなら何か五黄のおじちゃんに呼ばれたとか言って出掛けたよ」

「ふーん、もしかして遠出するとか言ってた?」

「何で知ってんの?何でもおじちゃんに『お伴しろ』って言われたって三日くらい前に言ってたよ。そんで今日はその事で行ってんだよ」

「姉ちゃん!島吉と小吉のとこにも行ってみようよ」

「どうしてさ?」

「いいから、行こうよ!」

「わかったよ。そしたら、よ吉を連れて行かないと」

「あたいがおぶる」

「お加奈はまだ駄目だよ、あたいがおぶる」

「つまんないのーぉ!あたいにも弟が欲しいよ~」

「今に出来るよ!さっ、行こう」

「うん!」

二人は島吉達と主導権争いをしているが、ここんとこ島吉達は負けが続いて子分になっている。二人に訊くと、やはり豆腐屋の会合とか、鍛冶屋の出張とか言っているらしい、、、

何のこっちゃ。

四人は他の子供達と手分けをして調べた。なんと亀爺さんを筆頭に他の爺さん連中もこぞって何らかの用事で出掛けると云うのだ!それも渋傘に。

子供達は薮の中に有る基地に来ると相談を始める。

「これは絶対に何かあるわよ!」

「何かって何さ?」

「島吉は鈍いんだからーッ」

「ねえお加奈、どう思う?」

「怪し過ぎるッ」

「だけど、何で皆揃って出掛けるって言わないんだろ、不思議ねえ…」

「あたいは知ってるよ」

「何よ?お加奈、元はお加奈の話しからよ、教えて」

「あたいね、父ちゃんの後を付けたの」

「どうしてよ?」

「だってこの頃の父ちゃん何か変なの。母ちゃんは気が付かないんだけど、ここんとこね、あたい父ちゃんと寝てるんだけどね、
あたいが夜中に厠に行きたいって、父ちゃんに言おうとしたら、父ちゃんいないの。だけど朝になると寝てるんだ よねー」

「そう言えば、おいらの父ちゃんも夜中に居なかったよ!朝になると居るから、おいら寝ぼけてると思ってたんだ」

「爺ちゃんが出掛けるのあたいも見たよ」

「稲ちゃんも見たの?」

「うん、あたいも爺ちゃんと寝てるけど、そんなのあったよ」

「増々怪しい

「うちの父ちゃんなんて居ないの当たり前だから、気にもしてなかった」

「それでお加奈はおじちゃんの後付けたのかよ?イヤだねえ~女は」


ばっちーん



うゎわーーーん


「五月蝿いよ。小吉はすぐ泣くんだもの」

「本当だよッ、お加奈が良い話してるのに茶々入れるんじゃないよッ!

「ひぃっく、ひぃっく」

「だからね、あたい父ちゃんが朝早くコソコソ出掛けるから付いて行ったの」


えらいッ!!


「そしたらね、村の外れまで行くのよ」

「うんうん」

「お店なのかよくわかんないんだけど、父ちゃんが『お波ちゃん』って呼んだの!」

「ふんふん」

「そしたらね、何か体をクネクネしてる猫が出て来て父ちゃんにくっ付くのーッ」

挿絵参照↓↓↓  絵をクリックすると大きくなります
deledele.jpg


え゛ーーーッ!何よそれッ!」

「そんでね、父ちゃんポンポンから袋を出してそのクネクネ猫に渡したの」

「何だろ?」

「お銭らしいの!」

「何でクネクネにお銭渡すの?」

「あたい、不思議だったからずっと見てたの。そしたら父ちゃんに『明日の朝に必ずここに来てね』って、、、」


憎ったらしぃいいーーーッ!!


「父ちゃん、ニャコニャコして帰ったの。でも、あたいそのまま見てたんだ!そしたらそのクネクネが父ちゃんが居なくなった後、憎たらしい事言うの」

「何て言ったの?」

「『菰傘のデレ助達は手も無いわ~。
こんなに簡単だったなんて思わなかったよぉ~、ふふふ。さてと、急いでニャンズラしないと』って!」


ニ゛ヤ゛ぁーーーッ!!


ニャんだってー!?


「お加奈の言う通りだったら、もう居ないのかな?」

「見に行こうよ!」

子供達は揃って見に行く。店の中はもぬけの殻、、、
唯テーブルに一枚の紙があった。

【菰傘のデレ助ちゃん達、お銭ありがとう。夢を見たと思ってね
時雨のお波】

ニャヤーーッ!あったま来たぞぉおッーーツ!!


「母ちゃんに言わないとッ!」

駆け出そうとした子供達をお種が止める。


ちょっと待ったぁあー!




つづく
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

姐さん、こんばんは~^^
おーーーっと、お種、止めるニャ~~~!
思わずそう、声に出しちまったわさ。

にゃはは、読みが当たった・・・てか、バレバレだったが。
そうか、クネクネがニャンズラこいちまったかぁ!(爆)
もうね、書き廻しが面白くてさ、笑いっぱなしよ。

まぁ、実にエロッぽいおにゃごだこと。
わたしも待ってた甲斐があるってもんだわ。
目じりのホクロが、妙に艶っぽいやねぇ!
四足の真っ赤なペデキュアまでも、ステキ~~~♪

して、五黄ちゃまは何処へ?
ま、まさか、そのクネクネと一緒じゃなかんべなー!?

まさか「色惚け爺猫」として一緒な訳は・・・ないべな。
そうだったらこのllamaが、タダじゃおかないよっ!!
と、伝えておくんなまし~(笑)

おばんです^^

 なんてこった^^

スケベーどもはへそくり盗られても仕方ないわ~ 

ちゃんと罰が当たるようになっているのよ^^

 お波はとんだ食わせ者だったけど、このまま逃げ切れる訳はないわ きっと!!

 お加奈ちゃん、くノ一か探偵か鋭い!  みんなの嘘がバレて何とも情けない事に

なりそうだね





 

まあ・・・どこの世界でも美人には弱いということはあるのかもしれないですね。
その辺ひっくるめて、魅惑というのでしょうけど。
猫は猫で魅力があるものですからね。

おはようございます。

う〜ん、色っぽい♪
男でなくても、ぐぐっときちゃうかも。
私も色っぽく・・・いやいや、色気より
食い気。いかんいかん。

お波ちゃんと五黄さまの丁々発止の知恵比べがこれから見られるのではないかと期待しております。

やっぱり、こんな芸当ができる女猫には、貧乏猫の小銭だけで満足するのではなく、もっとでっかいお宝を狙ってほしいものですからねえ~(^^)

子猫探偵団にしてやられてしまって切歯扼腕のお波ちゃんというのも見てみたいですけれど(^^)

やっぱーり、くねくね猫ちゃんの正体は・・・だったのねぇ。ま、だまされる方が悪いけど、だます方がもっと悪い。でも、今回は騙された五斗達が、やっぱり1番悪いかも・・・。よりによって子供達に知られてしまうなんて、情けないさぁ~。まったく、どうしょようもない男達だねぇ・・。意外と、五黄様はお見通しで、なにか企んでたりして。どうなるか楽しみだなぁ。子供は大人が思ってる以上に、敏感なんだから、気を付けないとね。

こんばんはー


 まさに、猫たちは見た! ですね~
 探偵ばりの情報収集……敵に回すと大変ですな……やましい事がなきゃ気にする事もなさそうだけど人間って大抵秘密があるものですからね。

 にやぁぁぁ! そんなに詮索しないでくだせぇぇぇv-12

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

あ~あ、言わんこっちゃない!ですね・・。
まぁ、自業自得・・・だけどね・・。
騒ぎにならなきゃいいけれど・・・
絶対、騒ぎになりそう!
お種ちゃん、何か考えがあるのかな~??

お波ちゃん、色っぽい~^^
まあ、こんな美人ニャンコなら、男がでれっとするのも、仕方ない・・・。
いや、仕方なくないか^^;

さて、お波ちゃん、どんな子なんでしょう。
なにか、裏があるのかな?
楽しみです^^

たいていの場合
ひっかかるのはオトコニャコで
勘が鋭くて行動的なのはオンニャノコなんだわねぇ。

さて どこで五黄さまが関わってくるのかが
見ものだぞ~(o^-^o)

おはようございます~(^0^*)ノ

あ~ら、だ~まさ~れた~~~~(笑)
子供たちの方がよっぽどしっかりしてますね~
男って、しょーもないよね(爆)
さて、これからどうなるのかな~???
五黄様登場!!だよね???
まさか一緒に騙されてる・・・なんてことは・・・・
有り得ない~~~(笑)

子供たちを侮れないですね~!!!
純粋な目でしっかりよく見てますね!

薮の中に有る基地、ってのが素敵♪

お種ちゃん、何を思いついたんだろー?
ただでは終わらなさそうですね(笑)=^ェ^=

太鼓?のコンサートはいかがでしたか?

簡単に 騙されるものなんですねえ

へそくりを とられたのは まあ仕方ないけど
このまま 終わりじゃなんだか つまらない

きっと 策があるんだろうなあ^^

続き 楽しみにしています

こんにちは~~♪
今日の挿絵 笑っちゃうくらい いいですね~~♪
でれれのれ~~が効いてる(。^p〇q^。)プッ
今回は子供たちまで巻き込んでの騒動になるのでしょうか?
どうして世の男たちはこうも美人に弱いのでしょうね。
それを知って利用するクネクネにゃんちゃん これからどうなるか興味津々!?

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

のくにびゅうさん、
今日は展示会に足を運んでくださって
ありがとうございました♪
llamaさんの楽しい会話引き込まれて
とても嬉しかったです・・・・
のくにびゅうさんは、ブログからの受ける印象と
ちょっと違ってかわいいお顔ですね(ごめんない)
妹さんにもよろしくお伝え下さい。
また、お会い出来ますように・・・・
ほんとうにありがとうございました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

llama姉さん、いらっしゃーい!

こんにちはー

ぷぷ

これはこうならねばならニャイのでござる。
ありがと~~いつも嬉しいでござんす。

良かったなぁ〜
ちょっとやりすぎたかなと思っていたん。

さぁ?
爺の癖に色ごとに歳は関係ないからね。
どうしているやら

キャハハハ
姉さん、お蜜、まま子で五黄ファンクラブでも作ったらどうだべ
最強のファンクラブになりそう。
v-392

どーちん、いらっしゃーい!

こんにちはー

けけ

罰が当たったな、いやいやこれからかだね。

お波もドキッとするよん。
へへ

お加奈も中々でござる。
鋭いのよねぇ
おんにゃの子はね。

間違いないところだに。
v-389

LandMさん、いらっしゃーい!

こんにちはー

あるある。
何処の世界も同じでございます。

お波は何せ、これで食べていますからね。
女房連中とは気合が違う。
で、コロッと騙される。
ぷぷ
v-389

Mieさん、いらっしゃーい!

こんにちはー

やり過ぎかなと思っていたら
意外にも好評で良かったわぁ〜

いえいえ、男は胃袋で掴めと言いますもの。
Mieさんはガッツリ掴んでますなぁ〜
v-392

ポール、いらっしゃーい!

こんにちはー

肩透かしになりそうな・・・
どうしましょ

猫国に来たら悪ニャンにさせるわけはいかないのでござる。
法スレスレでいいのでござる。
キャハハハ

やられるのはニャ郎達だね。
ぷぷ
v-391

むらななちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはー

ですねぇ〜
ぷぷ

キャハハハ、全くもってその通りでござる。

今回の五黄はどうかにゃ?

そうそう、おんにゃの子って鋭いんだよね。
山の神予備軍だもの、
侮り難し。
v-389

ゆうちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはー

ほんまじゃ!

絶対に敵に回してはいけません。
子猫ちゃん達と侮っていると痛い目みます。
けけ

何かあるのかな?
お加奈、お種を呼ぶぞよ。
ぷぷ
v-392

きらたるちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはー

全くデェ!
大馬鹿ニャ郎共の行く末やいかにぃーーー
いい気味劇場はこれからでござーーる。

お種の頭の見せ所ですかね。
へへ
v-392

limeさん、いらっしゃーい!

こんにちはー

お波は必要以上に色っぽくしています。
そうじゃないと商売にならないミタイナ
夜の蝶は色っぽいものねぇ〜

そのまんまでございますよ。
ひねりなしの一直線です!
キッパリンコ
v-391

園長さん、いらっしゃーい!

こんにちはー

その通りでござーーる。
も~~~言うことなし!
ぷぷ

もー何というか・・・
情けないというか
何というか・・・
〆は賢くて立派なもう一ニャンに登場してもらうしかニャイ。
v-392

かじママちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはー

本当にそうだよね。
これからお子ニャンに教育係をさせたいでござる。

浮気者の末路でござるな。
可哀想に(棒読み)
ぷぷ

白ちゃんはどうするのか?
ニャハハハ
v-392

ルビィちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはー

そうなのよ
純粋なのよね。

これは三吉が先頭になって作ったものです。
今でも子ニャン達は大切にしています。

お種の頭の見せ所でござる。

良かったよぅ〜
ソウルに響きましたわよ。
今度、行こうよぅ〜
v-410

あゆみちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはー

本当、簡単に騙される。
脳の構造が知りたくなるわい。

モチのロンでござる。
このままじゃ、猫国に来ている甲斐もない。
これからはいい気味劇場でございます。
ぷぷ
v-389

りんだちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはー

良かったァ〜
頑張った甲斐がありま~~す
ありがとニャン

大騒動になります。

全くその通りだよね。
でもまぁ、おにゃご達もイケニャンにはちょーー弱い。
どっちもどっちだけど
今回はおにゃご達には子ニャン達の加勢があるから
圧倒的に不利だに。
ぷぷ
v-392

ゆっころさん、いらっしゃーい!

こんにちはー

とんでもない、本当に素敵な作品を見せて頂きました。
色彩の妙とはこういうことかと思いました。
絵は本当に奥深いものですね。

あれ(・・)そんな可愛いなんて・・・・
照れます。

良いお日和で薔薇も綺麗でとても楽しかったです。
ありがとうございました。
v-410

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

 のくにぴゆう

Author: のくにぴゆう
猫国の住民達の物語を書いています。
作者はコメを食べて生きてます。
コメくださ~~い!
ブログ内の小説、画像の無断転載、コピー、転用は禁止です。

もくじ
最新記事
リンク
当ブログはリンクフリーです。
最新コメント
いろいろ
今まで紹介をしなかったのですが、それも変だなと 三ニャンを宜しくお願いします。

母のみーです。 mi3.jpg

息子のちーです。 chiko1.jpg

娘のぽーです。 po1.jpg

揃い踏み mcp1.jpg

木登りおーちゃん Ochan.jpg

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ





検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
pictlayer
画像をクリックすると大きく、もう一度クリックすると閉じます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。