スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時雨のお波 2 べ一

前回

世の吉から耳寄り情報を聞いた五斗吉はノリノリになる。世の吉はと言うとお陽を騙し耳毛を染めてもらい準備万端だ、菰傘の阿呆コンビは何処に行くのやら?


はじまり、はじまり



「お種~父ちゃんはよ?」

「いないょ、あたい達に飯は喰っとけってさ」

「なんて男だろッ、こんなちびを放っといてさ!」

「居ない方が清々するも~ん」

「お種ったら」

「だってー、いれば五月蝿いだけでしょ?あたいは、よ吉とひらがなのお勉強してる方が好いもの」

(よ吉は三吉が旅立った後に生まれた次男坊である。まだ赤ちゃん猫)

「まったく!呆れたスットコドッコイだよッ」

「母ちゃん、あたい味噌汁温めてくるよ」

「亭主より役に立つよ」

「父ちゃん、いらないね」

「本当だ」

「にゃははは」

「ははは」

「ニャ~ニャ~」

世の吉は浮き浮きしながら静かな通りを歩く。五斗の店の前に着くと、小粒の石を投げる。

ゴゾゴソ・・・

「兄ぃ・・・」

「早く来いよ」

「へい」

二人は疚(やま)しさもあるのか、何故か駆け出す。

兄いってばー何で駈けるんですよー!」

「あっ、そうか!汗かいたら臭くなっちまう、
お~いけねえいけねえ、汗臭いなんて近頃流行らねえ」

「こんな先でしたっけ?」

「いいから付いて来な」

「あれ?兄い、なんか耳毛が綺麗ですよ」

「ふふーん、わかる?」

「わかりますよ」

「お陽にね、やってもらったの」


汚ねえーッ、

そりゃあんまり汚ねえよ!



「何でよ?」

「あっしには『行くな』って言ってたのに、自分だけ、、、
狡(ずる)過ぎる」

ジロッ


ギョッ



「お、お陽がさ『練習したい』って言うから無理矢理されちゃったよ~云わば実験台だよ?ったく参ったよー」

「そうなんですか?」

「当たり前だの引っ込んでろだよ、俺が可愛い五斗ちゃんを裏切る訳ないでしょ?」

「そうですかね?」

もう~何言ってんの?只でさえ、男振りが好い俺がよ、そこまでやっちゃいけないだろ」

「・・・」

「だってそれじゃあ五斗があんまり可哀相だよ、だろ?」

「へぃ・・・」

「なら行こう!」

五斗吉は納得いかなかったが、舌を出す世の吉はサッサと行ってしまう。店が近づくにつれ、段々賑やかな太鼓の音が聞こえて来る。

「あれ?あれは佐吉の太鼓じゃねえか?あの野郎ー、油断がならねえッ」

お囃子(はやし)も混じっている。

ちっきしょー!一吉の野郎もいやがるッ、
おう、五斗!こうしちゃいられねえ、行くぞ!

「へっ?へいッ!」

騒々しい音が洩れている。赤提灯に【べ一】と書いてある、どうやらこれで『ベッピン』と読むらしい。

「お波ちゃ~ん、来たよ~」

後から暖簾(のれん)を掻き分けた五斗吉は驚いた、村中の男達が居るようだ。

「あら、世のさんいらしゃい。あら素敵なお方、お連れさんなの?」

「そんな代物じゃないよ、五斗って云う干物臭いの」


兄いッ


「うそ、うそ、五斗さんてこんな素敵な方だったの~?あたいお波です、宜しくご贔屓に」

「でへへ、そんな素敵なんてえ、、、」

「お波、こんなの放っといてさ、俺との約束どうなってるのよ~」

「もう知りませんよ」

「座敷は空いてねえのかよ」

「あいすいません、一杯なの」

「しょうがねえや、適当に座るわ」

「すみません、それじゃお銚子をお持ちしますね」

お波ちゃ~ん、こっち充てがないよ、なんか見繕ってよー」

「はぁーい!梅さん、ちょんの間、お待ちを」

「おい、ここに座んなよ」

「へい」

どうにも狭い店内に膝付き合わせて男達が呑んでいる。世の吉と五斗吉が座ると、押された端の亀爺が落っこちた。

ドタッ


いてえッ、何すんだ!


「爺、威勢が良いな」

何をッ?世の吉ッ、表に出ろぃッ!

中からお波が急いでやって来る。

「もう亀さんたら~怒っちゃイヤですよ、それより呑んで下さいよ」

「だってお波ちゃーん、世の吉が、、、」

「ごめんなさいね、こんな手狭で。あたい皆さんに申し分けなくて、、、」

「いいんだよ、なっ?爺も我慢して座れるから」

「そうだよ、お波ちゃん、ほら、こうしてこうして」

亀爺さんが無理矢理、長椅子に座ると今度は端の五斗吉が飛ばされる。

あひゃー何すんだよー」

「五月蝿いね、五斗は黙ってなってぇの」

「あらあら、五斗さんにまで、、、あたい・・・」

「いいって、いいって、あっしは兄いの上に座りますから」

「ぶーー」

「さあ、兄い達も賑やかにやろうぜ!」

挿絵参照↓↓↓  絵をクリックすると大きくなります

beichi.jpg


一吉のお囃子、佐吉の太鼓が『デンデン』『ピーヒャララ』と騒がしい。


♪寄せてぇ返すはぁ波の常ぇえ~~♪

押してぇ引くのがぁ~恋の常ぇええ~~♪


酔っぱらい共が大合唱をしている、閉まっていた障子が開き、大きな白猫が顔を出す。

「お波、こっちにも酒を」

見ていた世の吉と五斗吉が驚いた。


つづく
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

姐さん、こんばんべ~~~♪

おぉ、聞きしに勝る「お波人気」だこと。
赤提灯に『べ一』と書くほどの、絶世の美女。
一体どんな娘やら・・・。
早いとこ、お目にぶら下がりたい(笑)

しっかしまぁ、べ一ねぇ!!
一=ぴん・・・みなさんお品がよろしいんだよ。
意味など知らないさね(爆)
四一 九一 嵐 とくらぁ! けっけけ~

粋な歌まで湧いて出て、今宵は宴じゃ~♪
で、で、ラストに登場は、五黄ちゃまかぇ!?
こんな処で現をぬかしておったかの。
なにやら楽しげな展開に、こちらまで気分がよくなる。
混ざりたいにゃ~・・・て、私ゃ女子じゃったわ^^

テンションが上がったついでに、伽羅の耳毛をショッキングピンクに染めてみるか。
いや、その前にかみ殺されるな(笑)

あはん♪ 男ってやつは、いけませぬね〜
女も、どんちゃん、やっちゃいますかぁ。

あ~、アホな男ばっかり集まってますねぇ~。猫も人間も若くてきれいな女性には弱いんですね。別に気晴らしになるんだったらいいんですがね。限度を超えると、あとで怖い目(痛い目)に合うのになぁ。ばれたら世の吉も、五斗吉も、ひげ抜かれるからねぇ~。あ、抜いてもらった、少しは賢くなるかも。あんな想いで、五斗吉、夫婦になったんだよね。あの想いは忘れちゃったかい?

男っていうものは、まあ、いつの世でも、そう、

アホ

ですな(^^;)

お波ちゃんどんな悪女ぶりを見せるのかと今からどきどき(笑) トランプでも絶対ジョーカーを引かない女でしたからねえうちにいたときは。

こんにちは^^

 村の男衆が大集合っとこですな^^

ライバルが多いと余計に狩猟本能を駆り立てるのかe-363

鼻の下は長ければ長いほど、お波の女っぷりも上がるは繁盛するはってね^^

 三連休は野球三昧になりそう、老体に鞭打って頑張るわ 応援だけど^^

ああ、お波ちゃんの絵は、まだでしたか。
代わりに、耳毛を染めたり酔っ払って上機嫌の男衆が、わんさか^^
楽しそうだなあ~。

そうか、ポールさんのところの女子ですね。
ここで、どんなお嬢に生まれ変わってるのか。
楽しみです。^^

こんばんはー

 そういえば、私も昔「兄い」って呼ばれてた頃がありました。
 いえいえ……そんな……遊び人だったってわけじゃ……耳毛を染めたりなんてしてませんぜ? にゃはーとりあえず楽しかったよあの頃は~今もまた違った意味で楽しいけれどv-291


お波ちゃん、どんな『べ一』さん、なんだろう?
早くお目にかかりたい!
こんなにたくさんの男がよってくるのだから、
きっと、女っぷりも、さぞかしいいんだろうナ・・・・。
飲み屋の風景は、猫国も人間世界も
かわらだにゃ!なそうだにゃ!(笑)

お種ちゃん、なつかし~~♪
よ吉は赤ちゃん猫なんですね!どんな仔だろ~?見てみたい!!

そして、今回も、新橋演舞場か明治座、はたまた歌舞伎座にきちゃったみたいですね♪

大きな白い猫??!

まさか。。。^^

男って奴はどうしようもないものですね。
ちょっと洒落っ気出して気を引こうとしたり。
何だかなあ。
『べ一』でべっぴんですか。ふむ・・・。
それにしてもお波はやり手ですな。
男どもを手玉にとって。商売上手。

大きな白猫は・・・。

祭りは夢幻の如く。楽しみたいときは楽しめばいいというのはよく分かりますね。
生きることは夢を見て生きることと同義だと思っております。

リンクさせてもらいました

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

私もかわいい娘にお酒注がれたいです(*´д`*)

ここまで盛り上がれる連中がうらやましいですけど
思わぬ客に次は波乱な感じになりそうですねw

llama姉さん、いらっしゃーい!

こんばんはー

ぷぷ
その内、ケバい化粧のお波を登場させます。

ぴんはやっぱり一でしょ。
花札、大好き。
絵柄がたまらなく好きなんだわ。

記憶の奥に残っている映像
小坊の頃、友達の家に遊びに行った。
そこでは仇な姐さんたちが立膝にくわえタバコ
座布団の上でやっていました。
おいちょなのかな?
其の時に初めて花札と知りました。
綺麗でねぇ〜
帰ってから親に買ってくれと言ったら怒られたなぁ〜
いい思い出だね。

誰ざんしょ?
へへ
私も混ざりたいよ
ニャン族は陽気でござるから楽しいよね。

この前、ぼーっとした顔の伽羅姫を見たらピンクのお口だったよ。
それも肉球のピンクとはまた違って美しいの。
其の色なら似合いそうだな。
v-410

Mieさん、いらっしゃーい!

こんばんはー

それは大賛成だね。
どんちゃん騒ぎは楽しんでナンボだよね。

菰傘の山神様達は年に一度、お雛様の日(藤平が招待をしてくれる)におなごだけで大宴会をしています。
知っとけば面白い!!(四)
今度招待してもらおうね。
v-392

むらななちゃん、いらっしゃーい!

こんばんはー

全くねぇ〜
性ですな。

おお~~~髭とはいい事を聞いたような
ぷぷ

五斗が忘れるほど幸せと言うことでしょうかね。
やに下がった男連中と同じ行動をするのも
五斗には楽しいことでしょうね。
v-392

ポール、いらっしゃーい!

こんばんはー

アホですね。
そこが良いとこでもあり、悪いとこでもある。

楽しみにして頂けたら幸せじゃ。
お波の腕の見せ所ですにゃ。
v-392

どーちん、いらっしゃーい!

こんばんはー

アホ揃いですからね。

おお~~~そうかもしれない!
うまいこと言うなぁ〜

いい天気が続くといいね。
私は太鼓のコンサートに行くんだ。
楽しみなのだ。
v-391

limeさん、いらっしゃーい!

こんばんはー

まだでござる。
へへ

馬鹿でしょ、揃いも揃ってゴキゲンなんだわ。

ポールに怒られないようにしないと・・・
あやしい・・・
v-389

ゆうちゃん、いらっしゃーい!

こんばんはー

これはくわ先輩にですか?
ぷぷ

耳毛を染めるとしたら何色がいい?
今度、お陽に色見本を見せてもらおう。
ねっ
v-392

きらたるちゃん、いらっしゃーい!

こんばんはー

ぷぷ
もうちっと待っててね。

物凄い厚化粧をしてますよ
お仕事柄ですな。

全く変わらないよぅ〜
きらたるちゃんも呑みに行こうぞよ。
v-392

ルビィちゃん、いらっしゃーい!

こんばんはー

ありがと〜〜
お種も喜ぶよ
ぷぷ
よ吉は三吉によく似ているらしい。

嬉しいノォ〜

其のまさかでござる。
情けないが・・・
v-403

うにゃままちゃん、いらっしゃーい!

こんばんはー

全くでござる。

めったにしない、
女房の為には櫛も通さない野郎どもですよ。

商売繁盛です。
腕がいいと言うことですかな。

ぷぷ
其の通りなんです、情けないことで・・・
v-403

LandMさん、いらっしゃーい!

こんばんはー

ぷぷ
ある意味、祭りみたいなものですかね。
にゃ郎共の宴ですかね。

またまた、深いですなぁ〜
そうありたいです。
v-391

RYUさん、いらっしゃーい!

こんばんはー

宜しくお願いします
v-410

大阪ちゃん、いらっしゃーい!

こんばんはー

おお~~そうかそうか
にゃらば是非、猫国に連れて行こうぞ
色々と教えてもらえるぞ
しょうもない事をおあ兄さん達がニャンニャンと教えてくれる。

ぷぷ
v-392
プロフィール

 のくにぴゆう

Author: のくにぴゆう
猫国の住民達の物語を書いています。
作者はコメを食べて生きてます。
コメくださ~~い!
ブログ内の小説、画像の無断転載、コピー、転用は禁止です。

もくじ
最新記事
リンク
当ブログはリンクフリーです。
最新コメント
いろいろ
今まで紹介をしなかったのですが、それも変だなと 三ニャンを宜しくお願いします。

母のみーです。 mi3.jpg

息子のちーです。 chiko1.jpg

娘のぽーです。 po1.jpg

揃い踏み mcp1.jpg

木登りおーちゃん Ochan.jpg

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ





検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
pictlayer
画像をクリックすると大きく、もう一度クリックすると閉じます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。