スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜矢 2 あやしい

前回

紅葉の十日はやるせない、縁があるやらないのやら
夜空は今日も美しい、冷たい風が頬を撫でて

会いたくねぇと口が言い、会いたいんだと心が言う。
切ないノン吉、飛んでいく。


はじまり、はじまり


ノン吉は『風に流され産海(うみ)に出るのもいいやあ』と思いながら飛んでいた。

夜矢は溜め息をつきながら、空を眺めていた。

「はぁ~ぁ~あの鳥、、、もう一度見たいなぁ」

ノン吉は夜矢を見かけると迷いなく近づく。


おーーい!


「えッ?・・・」

「お前だよ~お前に言ってんの」

「あたいかい?」

「他に誰がいるってんだよ」

「あんた、鳥かい?どう見ても猫にしか見えないけど、、、」

「猫に決まってるだろ」

「ふーん、そうかい。飛ぶ猫なのか、、、それで、何よ?」

「ここはどこだ?風に流されちまって、狐国は一年ぶりでよ、何だかさっぱりわからねぇ」

「ここは外れ(はずれ)宿だよ。二、三年前に出来た町らしいよ」

「ふーん、どうりで知らねえ筈だ」

「だけど前も飛んでいたろ?」

「そうだっけ?」

「しらばっくれてるよッ!先(せん)の宿であたいは確かに見たよ」

「物覚えは良いなー、そっか、、、で、この店は何て言うのさ」

「ここは『海流楼かいるろう』って言うのさ」

「ふーん、違う意味で流れ着いたのかな?」

「何言ってるの?」

「こっちのことさ」

「それはいいけど、飛んでいるのも疲れるだろ?少し休んだらよ。お茶くらい出してやるよ」

「お、悪いな~そんじゃ少し休んで行くか」

夜矢は飛んでいる猫に興味をそそられたのだろうか、した事のない親切をする。

「お茶、持って来るから待ってて」

「すまねえなあ~姐さんは部屋持ちかい?」

「まあね。客はいないから、寛いでてよ」

「そんじゃ遠慮なく横にさせてもらうぜ」

「そうしなよ」

ノン吉は横になると寝てしまった。

いつもなら有り得ない事だが、何故か心地好く寝てしまう。起きると布団が掛けてある。
そばに疲れた顏をした夜矢が寝ている、魘(うな)されているようだ。

「うッ...うぅん・・・ぃゃぁ、

イヤぁだあーーッ、、、

おいッ、しっかりしろ!大丈夫か!」

「えっ?、、、あらいやだ!あたい寝てたの?男の前で寝たことなんてないのに、、、」

「まっいいじゃんか。姐さんのお陰で楽になったぜ、ありがとよ」

「いいよ、別に何もしてないしさ」

「そうはいくかよ。商売の邪魔したろ、これで足りるか?」

「何がよ?」

「銭だよ、泊まりの相場は幾らだ?」

「・・・・」

「ほら、これ位で良いかな?俺、ここんとこさっぱり知らねえからよ」

「いいよ、いらないよ、何もしてないんだもの」

「まっ、添い寝代だよ。じゃあな、おーっといけねえや、名前はよ?」

「あたいはツバメだよ」

「違うよ、本当の名前」

「夜矢」

「ふーーん、じゃあな~!」

「ちょ、ちょいとッ、ちょいとったらぁー!

ノン吉は夜矢が止める間もなく、窓を開け夜空に飛んで行ってしまった。手元には沢山の団栗餞(どんぐりせん)
夜矢自身、少し不思議に感じる、客に本名を言うなんて一度もなかった。

「あたい、熱に魘されたのかしら、、、」

ノン吉は酔いが冷めていたとはいえ、やはり残っていたのだろう。フラフラして帰って桃吉を心配させた。

「兄貴、兄貴ってばッ!

ふわぁ~~あ!よく寝たあー」

「寝たなんてもんじゃないですよ、夜中にふらふらして帰って来たら
バタンキューですもん。

俺が声かけてもグースカピースカで心配しましたよ!
それでお二方はお元気でしたか?」

「ああ、元気だったぜ。相変わらずよ」

「ふぅーん、、、何か疚(やま)しいことあるでしょ

挿絵参照↓↓↓  絵をクリックすると大きくなります

ayashi.jpg

「何でよ?」

「だって、体中からいい匂いがしてる。

あーーーッ!

お蜜様とホニャラララしたんでしょ?
だからあーんなに遅くなったんだ、

違いない!

『ねえ、ノン吉。ちょいとぉ〜もっとお寄りよ~』

『そうかい、お蜜』

とか何とか言っちゃって、

キャーーッ、不謹慎!エロ猫!

許せないッ!チキショーーっ




馬鹿


桃吉は思いっ切りの猫パンチをくらった。


バッ、チーーーン!


「馬鹿たれ、そんな事をしたら五黄の父ちゃんに勘当されるわ」

「ふぅーん、本当かな?・・・」

「全くよ、他はいたってボケ茄子の癖にそっちだけは聡いよ」


フンだ!


「しょうがねえなあ」

ノン吉は昨夜のことを話そうとしたが止めた。どうせ内緒にした処で知れること、桃吉をやきもきさせるのも一興かなと考える、今にこいつと恋話の一つもできるのかなナンテ思ったり。

「ありゃ?忘れちまった!歳かなあ~」

「歳には違いないです」

「又、猫パンチ貰いたいの?」


ニ゛ャだぁーっ!


相変わらずの二人だった。
ノン吉と桃吉はこの頃、別行動が多い。それは五黄の発案で、王達が頻繁に交流をすることにしたからだ。

王族達はそうそう自国から離れる訳はいかない、五黄は別だが充てにはならない。
そこで羽のある二人にお鉢が廻って来た。

二人は其れぞれの担当を決めて廻っているのだが、桃吉が何カ所も廻るのは到底無理なので今の処は狸国だけになっている。後は全てノン吉だけなのだから大変である。

そして中日(なかび)に猫国に戻り、五黄と藤平に報告をする。屋敷の中庭に相変わらずテントを張ってあるので、其処に帰って来ている。

ノン吉は『ボーっ』としている。
桃吉は何かあると言い、付きまとって離れない。五月蝿い目を逃れ、鈴音川の辺(ほと)りにいた。



つづく
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

う~ん、ノン吉のLOVE STORYらしき様相・・・v-344
春にピッタンコの「恋ばな」だ~ね。
夜矢・・・粋な名前だこと。
しかも、何やら訳ありの粋女。
粋だけで帰りはない・・・あ、これは違うな。

ノン様、相当舞い上がってるにゃ。
だってさ、口笛が七色だも~ん♪
季節も春めいて、お話も春めいて、なんだか浮かれ気分で読んでます^^

はいな、遠い昔の夢を見ている感じでなぁ(笑)
ふふふ、私にだってあったのさ、ホニャララな時代がにゃ。

「ホニャララ」・・・久々に聴くフレーズに 吹き出したわv-398

意外にも桃吉、そういうことに興味深々みたいですねw
お年頃ですもんね。桃吉にはそういう浮いた話はまだなさそうですが。

ノン吉は色男(色猫)だから、その気になればモテモテだろうけど、
本人はどうなんでしょうね。
色っぽい話につながっていくのか。
いいな~^^ 

おはようございます。
紅葉の十日・・・私の誕生日近く♪
なんて思っていたら、ラブロマンス???
続きがたのしみね〜

桃ちゃん、どんな妄想してるのかしら~。桃ちゃんの方がエロいんじゃないかいな。鳥に会いたいって言ってますが、鳥に恋してるのかな?でも、夜矢はなんだかノン吉の事が気になってる様子ですね。優しくされた女の人は弱いからねぇ。さて、さて、どうなるのかなぁ~。うなされてる夜矢も気になってしまいます。廓にいるのだから、きっと深い事情があるのかな。

ふーむ♪
ノン吉と、夜矢の恋バナに発展しそうな予感^^
春に向けて、バッチリなお話になるのかも?!
ノン吉と夜矢、美男美女で
お似合いになりそうですけどね~

桃吉はまだまだそういうお話は、
きっと先だね^m^
なんとなーく、そういうイメージじゃないもん(笑)
とか書いてたら、ネコパンチかしら?!

夜矢って、響き的に黒猫なイメージだけど
真っ白な美人ちゃんですな♪

ノン吉と夜矢の恋ばなへ発展?
どうなるのやら。楽しみ。夜矢の
気持ちの変化はどういうことに
なるのかな。早く続きがよみたいですにょ。

スイートな話になるのだろうか、

ビターな話になるのだろうか。

どっちなんだろう? ノン吉には幸せになってほしいけれど、そういう形の幸せな人生は歩けなさそうな男なような気もするし。

うむむ……。

なんだか深い事情がありそうな夜矢。
ノン吉はどういうふうに関わっていくのかな?

お蜜とお風は脇役だったのか・・。(=^・^=)
うう~~ん、読みが浅かったかな?

う~~む、ノン吉の優雅さはある意味憧れですね。
まあ、人は人で一生懸命目の前のことに尽力してますからえ。
こういう神のゆとりは非常に大切ですね。
風のおもむくままというのもいいですね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

やっぱり、夜矢はいい~感じですね♪
今、頭の中で、人間の女優だったら誰が合うかな~と想像中です。
アバズレっぽいんだけど、どこかに品も残したような、、、色白で
首が細くて、癒し系とは違う、、、誰だろ~~?

ノン吉は出張疲れだったんですね。
いずこも、大変だな~。
桃吉の想像力はすごいです、女性っぽいキャラなんですね。(笑)

いいな~、と遠い昔を思い出しつつ、、、午後の仕事にもどらねば。。。^^/

こんにちは(^0^*)ノ

ステキな展開、希望!!!
絶対絶対絶対!!!(笑)
夜矢、幸せになれると良いな・・・
もう、うなされることなんてない様に
いつでもそばには・・・・・・

いつだったか、ものすごく怖い夢を見て
夜中に目が覚めたら旦那が隣に寝ていて
(いや、いつも隣で寝てるんですけどね(笑))
この時ほど結婚というものが
ありがたいと思ったことはなかったです(^-^*)
隣りに旦那が居てくれるだけで
なんにも怖くなくなった・・・・・
夜矢にもそうなって欲しいな・・・・・

おはようございます~~♪
なんとなく謎めいた夜矢さん 素敵ですね。
桃吉の想像逞しい事(。^p〇q^。)プッ

ぴゆうさん。
こんにちは♪

いよいよご対面ですね☆
どちらも気にかけていたのですから、
出会うべくして出会ったと言う感じですね☆

ただ一緒にいるだけで満たされる関係。
なかなかないですよね。
そういう関係に憧れます☆
ノン吉はきっと恋に落ちたでしょうねぇ、
夜矢も。。。

こんばんはー


 寝言って自分で聞こえないから不安なんですよね。
 何かとんでもない事を言っていたらと思うと……他の人と寝るときは特にv-292

 夜矢さんの寝言は何か意味ありげですが、私も気付かぬうちに「……なるほど、そういう仕組みか……わかったぞ……わはは!」とか行ってたりするんですかねアワワv-12

一夜を共にするというのは何ともいやらしいですね(*´д`*)ハァハァ
ホニャラララとは具体的には何のことなんでしょうか(*´д`*)ハァハァ

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

llama姉さん、いらっしゃーい!

ぷぷ
そうなんでござるぅ〜
春なのよねぇ〜
にゃんこ達が五月蝿い季節、恋猫だね。

むうぅ〜
言い得て妙

虹のように七色になりました。
へへ
嬉しいのぉ

ホニャララ・・・
なんともいい言葉だよね。
綿でくるんでしまうような、感じね。

そりゃそうだ!
遠い昔だってぇーーー
言いつけてやりたいわ!
v-389

limeさん、いらっしゃーい!

まだまだ無いですねぇ。
有りそうでなさそうな・・・
大体、桃はいざ恋愛になると優柔不断バリバリになりそうです。
おにゃごに肘鉄喰らいますな

永遠にモテモテです。
そんないい男猫がいるのも楽しい。
惚れるに値する男っていいよねぇ〜
むふ
そんな男と女の物語ミタイナ〜
へへ
v-392

Mieさん、いらっしゃーい!

こんにちはー

そうにゃのね〜
紅葉月なのかにゃ?
山々が染まる月なのよねぇ。

だす!
たまにこんな物語もいいかなと
ありがとにゃーー
v-410

むらななちゃん、いらっしゃーい!

エロ猫にまちがいはないです!
きっぱりんこ
ぷぷ

ノン吉の飛んでいる様子を鳥と例えたのでしょうね。
気になるのが当然なのですねぇ。
なってもらわんと困ります。

ありますねぇ〜
へへ
v-391

★すももママ★ちゃん、いらっしゃーい!

そうですにゃーー
春に別れを惜しむ名残雪ミタイナ
へへ

先も先、おお先だぁーー
桃はまだまだだなぁ
皆から見たら産まれたばかりだものね。
ぷぷ
気分だけは生意気です。
どさくさに紛れて、すももママちゃんに抱きつくな・・・
間違いない!

そうだわねぇ〜
宵闇に光る朧月みたいな白さかな
ポエムゥーーー
ニャハハハ
v-16

うにゃままちゃん、いらっしゃーい!

ですねぇ〜
こんな物語も猫国にあってもいいかな・・・

ありがとにゃん。
頑張りやす!
週一にしたからとてもいいの
へへ
v-410

ポール、いらっしゃーい!

どっちになるかなぁ〜
秘密じゃ

うぅ・・・
言いたいが言えない。
辛いノォ〜
ぷぷ
v-389

きらたるちゃん、いらっしゃーい!

ありますねぇ〜
ありありなのですねぇ〜
ぷぷ

残念ですにゃ〜
こんな感じでちょっこっと顔を出すミタイナ
そうしないと怒りますねん!
五月蝿いというか、なんちゅうか・・・

v-528「あぁ〜なんか言った?」

v-16「言ってませんよ!」

LandMさん、いらっしゃーい!

ですね。
そんな羽が欲しいものです。
何よりいいのが、
羽を出したり引っ込めたりが自由!

なるほどそう云う見方もあるか。
ふむふむ
v-391

ルビィちゃん、いらっしゃーい!

誰かなぁ〜
うぅーー悩む。
品があるというのが難しいのよね。

桃はそういう事だけ、頭がクルクルと回転するようです。
妙に鋭いのはおにゃごのようですよね。
ぷぷ

♡いろいろありそうな・・・

頑張って下され!
だけどあんまり無理をしないようにね。
v-392

かじママちゃん、いらっしゃーい!

おおーー
頑張ります
ノン吉と夜矢の幸せを願ってやって下さいませ。

わかるーー
そういうことがあるよね。
私なんてラブゥも枯れているからねぇ
違う意味でホッとするんよ。
こっちがヒィヒィもんなのに
隣で気持ちよさそうに寝てる。
その様子で現実に引き戻される。
v-403
ぷぷ
素敵な♡かじママちゃん夫婦のようになれるといいですよね。
v-410

りんだちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはー

いろいろとある夜矢なのですねぇ〜
へへ

桃吉の妄想ツアーでもしたいくらいですわ
ニャハハハ
v-16

さやいちちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはー

その通りですねぇ〜
その言葉は言い得て妙でござるよ。
ぷぷ

あれあれ、旦那様とさやいちちゃんがそうでしょうが、
とても幸せそうですよん。
4にゃんずといつまでもお幸せだに〜

ですね。
恋っていいものだもの
空気まで違ってくる。
そんな恋を若い人にはたくさんして欲しいなぁ〜
にゃんてオバハンは思うのですよ!
へへ
v-391

ゆうちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはー

他の人ってのを突っ込んで聴きたくなるわいなぁ〜
へへ

寝言なんて気にすることないよ。
旦那なんて一人ツッコミ一人ボケを寝言でやっているもんね。
マジ笑えるよ。
他愛ないものだね。

何でも日中に話し足りないと出るらしいよ。
ならば無口な人の寝言はすごいだろうね。
ぷぷ
v-389

大阪ちゃん、いらっしゃーい!

ゴラァーーーー!
ここで(*´д`*)ハァハァ すんなボケぇ〜

大阪ちゃんの可愛いイメージが台無しになるだろがぁ〜
全く以て困った奴じゃ。

事細かく説明をしたいとこだが!
説明なんてするかーーーい!
v-16

ンフフフフ(^m^)フフフッ
・・・・・・・・・・・・・・・・・

恋すりゃ犬も詩人っていうけど
猫は?
それも天がける猫となれば何になるんでしょう。
ここはひとつ 成り行きを見守ろうじゃありませんか。

この世界では 苦労には必ずきれいな花が咲くんだよ~♪

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

園長さん、いらっしゃーい!

ニャハハ

にゃんは暴力団でしょうか。
「ゴルラァ、俺のシマにいる猫の子一匹、みんにゃ俺のもんだァ〜ゴルラァ〜」みたいな
おお怖〜

是非とも見守ってやって下さいな。

おお~~~ありがたく、
そして肝に銘じなくてはならないお言葉。
v-391
プロフィール

 のくにぴゆう

Author: のくにぴゆう
猫国の住民達の物語を書いています。
作者はコメを食べて生きてます。
コメくださ~~い!
ブログ内の小説、画像の無断転載、コピー、転用は禁止です。

もくじ
最新記事
リンク
当ブログはリンクフリーです。
最新コメント
いろいろ
今まで紹介をしなかったのですが、それも変だなと 三ニャンを宜しくお願いします。

母のみーです。 mi3.jpg

息子のちーです。 chiko1.jpg

娘のぽーです。 po1.jpg

揃い踏み mcp1.jpg

木登りおーちゃん Ochan.jpg

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ





検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
pictlayer
画像をクリックすると大きく、もう一度クリックすると閉じます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。