スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大山詣り(猫国バージョン) してやったり

前回

堪忍袋の緒が切れたご一行に、頭の毛を剃られた世の吉、凹むかと思えばどうもそうでもない。何を考えているのか?籠を急ぎしたてて菰傘村に走らせる。


はじまり、はじまり


おぅ!今けえったぜ」

『ぬっ』と顔を出した世の吉。

「おやまぁ~随分とお早いお帰りだこと!半月の上も音沙汰なしで、よくもまぁぬけぬけといい加減にしておくれでないかいッ

うるせぇ!御託(ごたく)は後にしやがれのこんこんちきだ!」

「何だってぇ!何だよ、帰って早々、何の剣幕だよッ!

「いいから、つべこべ言わずに女房たちを連れて来やがれっ!つーの

「何でよ?」

「四の五の言ってねえでチャッチャッと呼んでこい」

いつもだったら顔を赤くして怒り出すのに、妙にドスが効いているもんだから、お陽も軽口をやめた。

「誰を呼ぶんだよ」

「お紺たちだよ。ほれ、俺と旅した奴らの連れ合いだよ」

そう言うとそのまま座敷に上がり胡座(あぐら)をかいてだんまり。様子がおかしい。

「変なの・・・」

お陽は言われるままに女房連中を連れてくる。

「兄さん、失礼します」

「おおよ」

「世のさん、何だえ?あたい達は忙しいんだよ~」

「すまねぇ。まっ、皆上がってくんねぇ」

「あら?そう言えば宿(やど)は?」

「あらそうよね」

「そうよ、うちの宿はどこよ?」

口々に亭主が一緒じゃないことを不信がる女房たち。目の据(す)わった世の吉が『ギロリ!』と睨(にら)んで皆を見回す。

不気味である。

皆、『ゾッ』として黙りこんだその時だ!!世の吉『ガバッ』っと土下座をし、


すッ!、すまねぇーーーッ!
堪忍してくれぇえええーーーッ!!



「どっ、どうしたんだよッ!お前さん!」

世の吉は体を震わせ泣いているようだ。

「すまねぇぇ...ウッ...すまね゛ぇ゛、、、」

「どーしたのよッ!?『すまねえすまねえ』ばかりじゃわかんないよ!
はっきりお言いよッ!

世の吉が顔を上げると滂沱(ぼうだ)の涙。





え゛!何?何?女房たちが驚く。


「あれは、、、今から十日も前だと思ってくんな。陽気がいいってんで『川太郎池に漕ぎ出そう!』ってね。陽気はいい、頬を撫でる風は凪(な)いでいる、そりゃー皆、いい心持ちでいたと思いねえ。

ところがだよ、それが一転俄(にわか)にかき曇り、恐ろしいような風が吹いてきた!
ザッパぁあああーーーんッ!!と、

波頭が山のようにそそり立って、船はまるで木の葉だよ。波に
ドォーンッ!』と叩きつけられ船はきりもみしながら池の底ッ!

河童漁師に助けられたのが俺、一ニャンだった・・・」


ええーーーッ!?


「嘘だよ!いやだねぇッ!」

「そうだよぉッ!そんなてんごは止しとくれッ!」

世の吉は下げた頭のまま、深くかぶっていた手ぬぐいを外す。

「詑びにもならねえが気が済まねえから...これこの通り、、、」

世の吉の坊主頭が『キラリ!』と光る。


フンギャぁぁあああーーーーーッ!!!


大騒ぎである。


お前さぁあーーーん!


あんたぁああーッ!


あっちでもこっちでも大泣きである。お紺が泣きながら言う。

「まさか二度目の亭主にまで先ただれるとは、、、この身は呪われているに違いないーッ、尾の毛を剃って一生弔って過ごすわぁあウワァーン

「あたいも!」

「あたいもだよ!『来世もお前と』って誓い合ったんだ!」

「うんうん。それがいい、それがいいよ」

世の吉は笑いを堪えるのに一苦労、いや大苦労。

「さっ、お陽。ああ言ってんだ、さっさと皆の尾の毛をね」

「皆、、、いいのかえ?」

「早いとこやっておくれ!」

そうして皆の尾の毛がすっかり『ツルリんこ』と剃り上がった。ツルツルの尾っぽを抱いて皆、泣いている。

挿絵参照↓↓↓ 絵をクリックすると大きくなります
oonaki.jpg


こんち只今~~!お陽さんに言わなきゃっ、ん?」

村に着いた一行は、置いてきた世の吉のことをお陽に言わなきゃならねえと雁首(がんくび)揃えて顔を出した。目と目が合う女房達。


フンギャぁああッーーー!


お前さぁあーんッ!


あんたぁーーあッ!!


首っ玉にかじりついて喜んでいる。世の吉旦那が後ろも見ないで逃げ出したのは言うまでもない。事情を知った旦那連中が怒りまくって大騒ぎになった。

そこに通りかかった藤平。事情を聞くと一言。
 

「皆の者が無事のお帰り、おめでたい。まこと、

 
 尾毛がなくておめでたい
                    
                     
 お怪我なくておめでたい
 


チャン♪チャン♪




蛇足


馬鹿馬鹿しくて阿呆らしいがその後を書いとこう。一時は腹を立てた男連中、よくよく考えれば女房がこれほどまでに好いていてくれたと気がついて、冷たいすきま風が吹いていた夫婦仲もピッタリおさまる。

尾に毛が無いのも妙に色っぽく見えてくる。ニャ~ンてことで皆夫々に仲良く帰る。収まらないのがお陽。とんだ猿芝居の片棒を担がされ面目丸つぶれ。

その後世の吉の顔が、ぶんぶくれになったことだけは報告をしておこう。

この元は落語の大山詣りでございます。

最後の決めセリフ「お怪我なくておめでたい」が私にはどうも尾の毛と聞こえる。ならばとこんなのはどうかしら?と、猫国バージョンで書いてみました。

これから大山詣りを聞く機会がございましたら、猫国バージョンを思い出してくださいね。

ぷぷ




megane5:18
マスク&雑貨♪気ままにステッチ日記のむらななちゃんの作品です。
妹とお揃いなんですよ。
注文以上の可愛らしいメガネケースなのでござる。
バッグの中でもかさばらなくて最高です。
素敵な作品をぜひ見に行って下さいねぇ~


llama5:18
aunt llama's photoのllama姉さんに頂きましたァ~
妹にも頂きましたの。ありがとにゃーー
マッシュポテトは大好きなので楽しみでござーーる。
llama姉さんのブログは季節の花や珍しいお花で一杯です。
そして愛らしい伽羅姫のお姿をぜひ見に行って下さい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ぴゆう姐さん、こんばんは^^

大山詣り・・・大好きな噺を、また、見事に上手くパクるもんだわぃ。
あ、パロディーね、失礼(笑)
やっぱ、こう来やがったかと、大笑いしながら読ませていただきました。
一気、一気、一気読み~!!
暑気払いのビアホールみたいなもんですわ。
はぁ、楽しかった♪

それにしても、尾の毛を剃るとは・・・にゃはは~!
尾毛がなくて、よろしゅ~ございましたm(__)m ぶふっ

古典落語で表現される、江戸っ子のボキャブラリーの素晴らしさ。
学生時代から、大ファンでございます。
楽しい時間を、ありがとうニャ^^

目出度くオチも決まり、さてさてコメを・・・と思い、驚いた!
ご丁寧に写真まで、あにゃがとさん♪

今一気読みしました!!
もう、爆笑しすぎて涙出てきました(笑)。ひいぃぃお腹くるしー。
これで腹筋鍛えられるかな!

「お怪我」が「尾毛が」に聞こえたことからここまで作ってしまうぴゆうさん、さすがです☆
あーやっぱそうなるよねって、調子に乗りすぎるの良くないよねって思いながら楽しく読ませていただきました。
頭の毛がさびしくなって世の吉さんもちょっとは考えるようになったかな。お後がよろしいようで~♪

江戸っ子は洒落好きですよね(*^ ^*)
古典落語によく見ます。
芝浜とか明烏とか、まんじゅうこわいも好きです。もう、手放しで笑える☆

おはようございます。
おお、これまた、なるほど。
これは、もう頭に刷り込まれちゃったです。
「尾毛がない」って、これからは、そういうふうに聞こえちゃうですよ。
でもって、みょうに色っぽく見える、それぞれの奥方にゃんず。
楽しい発想。いかにも落語っぽくていいわあ。

おはよ

落語が聞きたくなった!

あっはっは(^^)

この落語で、今日の朝も楽しく始まりましたわい(^^)

また機会があったら、わたしも猫国落語を書きますね~(^^)

今度はどんなネタにしようかな(^^)

落語に端を発した小噺だったんですね^^
世の吉がこのあと、酷い目に会う姿が目に浮かびますが。
妻猫たちの愛の深さにほっこりしますね。
まあ、こんなうそなら、許されますでしょう。
世の吉は結局、何されても懲りないにゃんですね^^


ふふふ^m^
世の吉、やりますね~
一杯食わされたはずなのに、
結局一杯食わしちゃって^m^ププ
その後、ぶんぶくれ なお顔になっちゃったみたいだけど~(笑)

本当に楽しく読ませてもらっちゃいました♪
またこういった感じの物、
ぜひ書いて欲しいなぁ~ 面白かったです^^

なんで、尾の毛を剃ってしまうのかと思ったら・・・
尾毛がなくて・・・お怪我なくてとなるのね。
うまいっと思ってしまいました。

落語の大山詣り、機会があったら聞いてみたいです。
このお話が頭をよぎって、真剣には聞けなかったりして。。。

毛がない。
怪我ない。
はよく縁起物で使われますよね。
それと上手く混ぜるのは流石ですね。
この巧妙さが昔話の妙なのでしょうね。

ぴゆうさん。
こんにちは♪

世の吉はどうしても仕返ししないとむかっ腹が
おさまらなかったんでしょうねぇ~

自己顕示欲が強いって言う事は、
同時に関わってるものたちに
冷ややかな目で見られるのもセットですからね。

何事も引き際が肝心で、
それを間違えると、
感謝も賛美もなにも失ってしまいますよね。。。

勉強になるなぁ~

女房たちは旦那の大切さがわかって、
旦那は女房の愛情が再確認できて、
猫国はしばしラブラブムードですね(笑)

 こんにちは。
こんなに愛されているとは 女房猫も 亭主猫も 愛情の深さが確認できたね。
流石 お陽さん きっちりと 落します。
世の吉が 愛のキューピットになったのか…
長編とは また一味違った 面白さでした。
 
 
 

なんてテンポが良い会話なんでしょ~♪
私は落語の元ネタを知らないんだけど
この話 どうなるんだろうって見ていたら
最後のオチで大笑いだったよ(*^▽^*)あはははっ

おやぁ~ツルツル尾っぽ・・
お毛がなくておめでたい・・・ヾ(@^▽^@)ノわはは!

世の吉には困ったもんだねぇ~
でもさ!夫婦仲がよくなって・・良かったにゃ~
そんなもんだよね・・夫婦ってね♪

すっきり爽快!楽しませてもらいましたよぉ~
お後がよろしいようで~なーんちゃって(。・_・。)

アップしてくださってありがとうございます。なぜかぴゆうさんおメガネケースだけ、写真撮るの忘れてしまっていたんです。昨日の赤レンガも、たくさん買っていただき嬉しいお話もきました。みなさんのおかげで、なんとかがんばれてます応援ありがとうございます。猫のしっぽ、毛がないとどんな感じなんすかね?ま、みなさん夫婦仲がさらに良くなったからいいような物ですが、下手するとみんなから、つるし上げですよね。あ、うちの旦那も頭の毛が・・・。これ以上は言えません~。

あら~、かわいいメガネケース。
それに、マッシュポテトなのですか?
お味はいかがかな~?
美味しそうだけど・・・。

こんなショートも楽しいなぁ~( (ミ`エ´ミ)) ククク・・

こりゃこりゃ、『尾毛が無くて、おめでたい』!
おあとがよろしいようで・・・・・(笑)
ぽちっと!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

頑張れ、ぴゆう!!!

「おぅ!今けえったぜ!!」
そう言って元気に戻ってくるのを、一日千秋の思いで待ってます。

まだまだ人生これからさ・・・しっかりとメンテしてきなせぇ!

大丈夫、頼りになるllama姉さんが付いてるさ。
泥舟に乗ったつもりで、覚悟しなっ(爆)

おはよ

そうだよ!
自分の身体がシャンとしてないとね。
ちゃんと養生するんだよ!!!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

お大事にしてください

 治療は大変なところもありそうですが、ゆっくり体を休めてくださいね!
  

 ……と、言う私も、実は絶賛治療中だったりします。
 精神の病は、中々判断と対処が難しくて、時にとんでもなく調子悪くなって困っていますが、徐々に快方には向かっている感じはしています。

 お互い体のメンテナンスに励みましょうv-291
 

  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

おはようございます~~♪
お怪我が尾毛がに・・・言われてみれば・・・(。^p〇q^。)プッ
でも普段何にも感じなくても
いないとなると大切さがわかるというものですね。
ちょっと連れ合いを大切にした方がいいかな!なんて思っても見たり・・・
ぴゆうさんメンテですか。
どうぞゆっくりして秋にお目にかかれるの楽しみにしています~~~♪
お大事にね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

皆様、お久しぶりでございます。

m(_ _;)m
もう、本当にご無沙汰をしました。
コメ返もこんなに遅くなってぇ〜
ごめんなさい。
いろいろありましてぇ〜と言い訳がましいのですが・・・
まとめてコメをするのも気が引けますが、どうかご寛恕下さいますよう。
久しぶりにパソの前に座り、
何か実感もわかないような不思議な感じです。
全く離れていたので余計にそう感じるのだと思います。
皆様への御挨拶もボチボチとしているような有様。
アップしてから伺えると思いますが、何せ慣れるまでにはマダマダなもので、
のんびりと待ってやって下さい。
コメやメール、
本当にありがとうございました。
元気に1/23に復活しようと思っています。
いち、にっ、さん!
語呂もいいもので、へへ
これからも宜しくお願いします。
プロフィール

 のくにぴゆう

Author: のくにぴゆう
猫国の住民達の物語を書いています。
作者はコメを食べて生きてます。
コメくださ~~い!
ブログ内の小説、画像の無断転載、コピー、転用は禁止です。

もくじ
最新記事
リンク
当ブログはリンクフリーです。
最新コメント
いろいろ
今まで紹介をしなかったのですが、それも変だなと 三ニャンを宜しくお願いします。

母のみーです。 mi3.jpg

息子のちーです。 chiko1.jpg

娘のぽーです。 po1.jpg

揃い踏み mcp1.jpg

木登りおーちゃん Ochan.jpg

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ





検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
pictlayer
画像をクリックすると大きく、もう一度クリックすると閉じます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。