スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大山詣り(猫国バージョン) 世の吉ご一行

え~~、こんちご機嫌麗しく、老ニャくニャン女の皆みな様にこれから御披露いたしまするのがご存知、菰傘(こもかさ)のアホウ男猫達が、日頃の疲れを取ろうと大山詣りならぬ温泉三昧が顛末(てんまつ)記。

事の起こりは世の吉と義兄弟の貞吉。念願かなって狐国に赴任(ふにん)をするという(猫国相関図、参照)
大層めでたいので歓送会をやるから何が何でも来いとの誘い文。

喜んだ世の吉、誰かれ構わず手紙を見せびらかす。
「どうせ行くなら、一足伸ばしてガス病院にある名高い五黄様温泉につかるつもりよ~ん」

ナぁ~ンテ言うものだから俺も!俺も!と騒ぎ出す。

連れていかなきゃ金輪際、付き合わねえとすごまれたり、泣き落とされたり。到頭、【世の吉ご一行】が出来たというわけ。

日頃から気心知れた者同士。おまけに陽気もいいときたから、あっちでハメを外し、こっちでハメを外し、、、と賑やかなことこの上ない【世の吉ご一行】貞吉と涙の別れを惜しんだのも遠い昔のよう。

ガス病院で体の調子を診てもらったりの嬉しい歓迎にマタマタご一行は大はしゃぎ。そんな楽しい旅も後一日。明日は菰傘村だと旅の土産話に話が咲いたそんな夜更けの出来事。


堪忍ならねえッ


「全くだ!」

「この威張りん坊、どーぅにも腹が立つよッ」

「何かにつけて『オレ様のお陰』と言いやがる!」

「『連れて行け』なんて言わなきゃ良かったッ」

「こいつの酒癖の悪さは並じゃないよーッ」

大酒呑んでくだを巻きに巻いて、寝穢(いぎたな)く寝ている世の吉を囲んで皆がボヤいている。どうも世の吉、道中の間、散々威張っていたようだ。

何をしても『オレ様のおかげ様よ』の一言がある。最初は『そうだ~そうだ~』と頷(うなづ)く連中も度重なると煩(うるさ)くなる。

煩くなっても一向に止めない世の吉。当然のように皆の怒りを買ってしまった。

「ふはぁああ~~~ぁ」

大きな欠伸(あくび)をしてモソモソと世の吉が起きた。

「なんだよ、こんな所で寝ちまったよ~。ゥゥっ、寒いや~」

布団もかけずに寝ていた。

「何だよ皆~、冷てえぜッ、布団ぐらいかけてくれれ、、、れれぇッ??」

誰もいない。

おぉーーい!どこに行ったんだよ~、そろそろ朝飯じゃねえのかぁー?」

世の吉が部屋で騒いでいると

「もし、お客さん!」

「おっ、開けなよ」

「失礼します、、、?゛ぶっハッハッハぁーーッ

「何だ何だ?!顔を見るなり笑うとは何事だい!この世の吉様はいい男猫だと惚れてヨダレを垂らしたメス猫数あれど(そんな猫がいたら見てみたいもんだ)笑われたことなぞ金輪際ありゃあしねぇッ!」


でっもっ、ひっ、ひっ、あはっははははーーッ!


腹を抱えて笑い出す。ギャーギャー騒いでいるもんだから、宿の女将まで顔を出す。

「何を騒いでいるんだい!お客様にしつっ・・・
ギャハハハーーーッ

なんと女将まで笑い出す始末。世の吉は顔を真赤かにして怒っている。いつの間にか、主人も奉公人も混じって大笑いである。

ようやく収まったのは泣きながら主人が『鏡を見ろ』と、どうにか言えてからだ。世の吉は腹を立てながら覆(おお)いがかけてあった鏡を見た。


フんギャーーーーーッ!!


驚いて口を大きく開けたまま。

それもその筈、頭がすっかりツルピカツルリのピッカリンコ
一本の毛もない、毛なし猫になっている。

お見事である。

驚いた世の吉は宿の者を問いただす。どうも朝早く、『よく切れる剃刀(かみそり)はないか?』『早立ちをするから急いでくれ』との注文。

間もなく、一行はさっさと旅立った。

「1ニャン、眠りこけているが疲れが溜まっているから可哀想なので起きるまで寝かしといてくれ」

そう言われ、起きるまで待っていたそうだ。世の吉は合点がいく。

へっクションッ!こんちきしょうめ、このままじゃ寒くていけねえ、手ぬぐいの新しいの持ってきてくれ。

それと籠を頼むぜ!後は握り飯をちゃっちゃっと用意してくんな!」

あれだけ大笑いをしてきまりが悪い宿の者達は、急いで支度をして世の吉を送り出したことは言うまでもない。

その頃、一行はあと半日で村に着こうというのんびりモード。旅の余韻(よいん)を楽しむように茶屋で一服をしていた。

挿絵参照↓↓↓  絵をクリックすると大きくなります
kagokaki.jpg

「全く、あの野郎がいないだけで清々するよ~」

「梅爺さんの言うとおりだよ」

「こんなだったらもっと早いうちにお灸をすえとけば良かったよね」

「全くだ!」


ニャハハハ


大笑いをしている一行の眼前を酒手を弾みに弾んだ籠屋が矢のように走り抜けていった。



つづく






ポールの落語話に触発されまして、できたのがこの顛末記でございます。
古典落語に詳しい御方から文句もあろうかなと・・
まっ楽しければいいかなくらいの軽いお気持ちでお願いします。
コメントは次回に、やはり最後の落ちを読んでから頂こうかなと。
へへ
スポンサーサイト
プロフィール

 のくにぴゆう

Author: のくにぴゆう
猫国の住民達の物語を書いています。
作者はコメを食べて生きてます。
コメくださ~~い!
ブログ内の小説、画像の無断転載、コピー、転用は禁止です。

もくじ
最新記事
リンク
当ブログはリンクフリーです。
最新コメント
いろいろ
今まで紹介をしなかったのですが、それも変だなと 三ニャンを宜しくお願いします。

母のみーです。 mi3.jpg

息子のちーです。 chiko1.jpg

娘のぽーです。 po1.jpg

揃い踏み mcp1.jpg

木登りおーちゃん Ochan.jpg

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ





検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
pictlayer
画像をクリックすると大きく、もう一度クリックすると閉じます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。