スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ある日のきゅー助 3 狸兵衛と赤子 

前回

田平に打ち明けられた赤子の秘密。戸惑うばかりの家族にきゅー助はどこまでも明るい。いい知恵でもあるのだろうか?


はじまり、はじまり


「いいよ、そんな事気にしないでよ。それよかおいらにこの子を良く見せてよ、それに名前は?」

「はい、出来るならば、きゅー助様にお願いしようと前から決めていました」

「おいらが?・・・・それは荷が重過ぎるよ~、この子の名前は兄様にお願いしよう!」

「そんなー、もったいない事です」

「ううん、普通の狸ならおいらでもいいかも知れない、だけど、何か狸七(りしち)に関係がある子なら話しは別だと思う」

え゛っ?いまだに皆から憎がられている狸七と?!やっぱり・・・どうしよう、、、」

「皆も気付いていたんでしょ?だからそんな事をしていたんでしょ?でもきっと深い意味あっての事だと思うよ。

それにあの子は何も知らない可愛い赤ちゃんなんだよ。
親や田平がそんなにピリピリしてたら、勘の強い神経質な子になっちゃうよ」

「その通りです」

「だから安心してね。おいらが兄様を連れてくるから待っててよ」

きゅー助は赤ちゃんの尾を確認すると、狸兵衛(りへい)の屋敷へと向かう。狸兵衛がきゅー助とやって来たのは翌日だった。

きゅー助はそんなに速く飛べない。だから、来る時はしっかり狸兵衛の尾に乗って来た。狸兵衛に甘えん坊と言われても知らんぷりである。

二人が家に入ると大人狸は緊張して平伏し項垂(うなだ)れる。

対照的に元気よくきゅー助に怒ったのは、駒と花だ。

「あ~ッ!兄ちゃん!昨日黙って帰ってバカぁー!」

「キュウキュウの馬鹿ぁ」

そう言って二人は外に駈けって行ってしまった。

「あっ、いっけなーい!そうだったよぉ~」

「ふふ。きゅー助、後でしっかり謝らないとな」

「本当だね。あっ!簪(かんざし)も忘れたぁ~あ」

「小さくともおなごよ、これをやるがいいぞ」

狸兵衛はポケットから赤い珊瑚玉(さんごだま)を出すと手の平に乗せ『ふっ!』と吹く。あぁ~~ら不思議!あっという間に二本の簪になった。

ひゃぁー!便利だなあ~」

「ふふ。きゅー助も頑張って術を覚えればいいのよ」

「こんなに巧くいくかなあ~?」

「さてな」

狸兵衛が田平に言う。

「田平、耳子、戸平、顔を上げなさい。わしに赤子を見せてくれぬか?」

「はっ、はい!こちらで御在ます。こんなむさ苦しい所に態々御出で頂きまして、田平、恐縮の至りでございますッ!」

「田平、よいのよ、気にするでないわ」

流石に狸兵衛である。威風堂々としたその姿には、民の頭を自然と下げさせるだけの威厳がある。その子はすやすやと寝ていた、耳子が急いで狸兵衛のそばに連れてくる。

「ふふ、可愛い子よ。男狸と聞いたが?」

「はい」

「さて、尾を見せてもらおうかの?

挿絵参照↓↓↓  絵をクリックすると大きくなります
riheiakago.jpg

おー、よちよち。おじいちゃんに可愛い尾っぽちゃんをちょっとだけ見ちぇてねえ~
べろべろばぁ~~♪

その場に居た者はあまりの狸兵衛の変わり様に唖然とし言葉も出なかったが、威厳もへったくれもないその姿に皆、嬉しく、心楽しくなる。

ぴりぴりしていた耳子は、狸兵衛の愛情深い姿に胸が一杯になった。

「ほほぉー、これでちゅねぇ~?たちかに銀色でちゅねー」

「あぅあぅ」

子狸は尾っぽを触られていて気持ちよくなったのか、勢いよく狸兵衛におしっこを掛けた。


ありゃーーッ!?


皆して驚く。

まあッ大変ッ!申し訳ございませんッ!」

耳子は急いで子供を抱くと、勢いよく発射されているお股にタオルを充てる。田平と戸平は真っ青になって慌てた。
きゅー助は笑いながらポケットから狸兵衛にタオルを差し出す。

「ぷぷ~、はい兄様」

「ふふ、楽しいの~」

顔を拭きながらも嬉しそう。

「兄様って、子供が好きなんだね」

「無論よ、国の宝よ」

「それで、どうすればいいの?」

「うむ、この事を他に知っている者は?」

「はい、産婆のシャケ婆です」

「ふーん、そうではないな、、、村の者は全て知っているだろう」

「えっ?あれだけ口止めしたのに!あの婆...」

「田平、それは無理な事よ。その証拠に店に客があまり来てないようだの」

「そういや、おいら店番していても誰も来ませんでした」

「ふふ、それ程に狸七は憎がられているのよ」

「だけど、この子は・・・」

「さて、この子は【一平】と名を付けよう、『一回目』だからの」

「なあに?一回目って、、、」

きゅー助不思議そう。

「後で、わかることよ。どうかなこの名は?」

「はっ、はい!ありがとう御在ます。何と誉れな事でしょうか」

「では、一平を村の者に紹介をしよう。皆を呼んで参れ」

よぉーし!おいらが呼んでくるから待っててよ~」


つづく

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ぴゆう姐さん、こっんばんは~っ♪

にゃるほろ・・・恵み子ではなかったか。
これは、少々先走りしたかのぉ(-_-;)

ふむふむ・・・狸兵衛・・・狸七・・・1回目???
も、もしかして、1回目の生まれ変わりか?
ダメ、ネズミ脳には推理不能じゃわ。
う~む、なぞは深まるばかり。
だからこそ、ここは楽し~~~いの♪

それにしても、「一平」。
いい名前だわ~。
白銀(しろがね)の一平・・・へへ、二つ名にしてみたわさ!
男の子らしくて、凛々しくて、い~ね。
爺さんになっても語呂がいいや(笑)

それにしても挿絵の素晴らしいこと!!
狸兵衛の嬉しそうな表情もさることながら、モフモフ感も満載だね。
そして一平の白銀の美しいこと!
この絵を見て、白銀の名が浮かびましただ。
ふふふ・・・戯言じゃ、お気になさらぬようにの~(^_^;)

おはよ

さてさて、次はどうなる?
ふっふっふ・・・
次が楽しみですにゃん。

狸兵衛の登場で、なんとも場に安心感が漂いますね。
本当にいい人・・・いや、いい狸ですね。

狸兵衛に名づけられたら、そんなにこの子に悪いことが起きないような気がしてきました。
でも、・・どうかな?

さて、一回目って、なんでしょうね。

狸兵衛さまの赤ちゃん言葉~いいですね。
このギャップがたまりません。

一平・・・一回目・・・???
またまた謎が・・・

ぷぷぷ^m^ 狸兵衛って、本当にいい狸なんですね~
イカツイ見た目とは、全然違って(笑)
上に立っても、こういう優しさがあるから
皆に好かれるんですな♪

この子は何かの始まりの子なのね~?
1回目って事は、後に続くって事でしょ??
さてさて、理由がますます気になります。
でも口ぶりからすると、そう深刻ではない様子^^
次回更新を楽しみに待ちます!!

こんにちは。
おお、謎が謎をよぶぞな。
「一回目」とな。
むむむ。狸七といい、数字がポイントなんですな!!!
そして、まあ、今日のイラストは、ほんとかわいらしいですね。^^
赤ちゃんの伸び伸びした感じが最高です~~。^^ノノ

ぴゆうさん。
こんにちは♪

あらら。
おしっこかけられちゃいましたか?
開放感があるとそうなるって聞いたことがありますよ。
一平・・・いい名前ですね。
それにしても、
誰も田平のお店にこないだなんて・・・
そんなことしなくてもいいのに・・・
なんとなく意地悪だなぁ。。。
狸七が嫌われてても、
産まれたこのこは関係ないのに。。。と
思いました。

きっと狸七の生まれ変わりだ!やり直すために生まれ変わって来たのかも!違うかな~。きっとそうだといいなぁ。そしたら、狸兵衛の心の傷が少しは癒えるかも。狸七にさんざん苦しめられてしまった者も、一平がすくすくそだっていくと、何かが変わっていくかもしれないです。あくまでも私の願望です。でも、もし生まれ変わりだったら、耳子と田平はちょっとプレッシャーがあるかもしれないかな・・・。私だったら、結構神経質になって、いい子に育つようにと力んでしまうかも。子育ってて難しいなぁ。

 こんにちは。
おおっ 一回目だから 銀色の毛が 一本 二回目だと 二本と 増えていくのかな。
やがて 銀色の尾っぽになるとき 何かが変わるのかな。
村の皆が知っていると言う事は 村の皆に見守られて 育って欲しいな。

それにしても 柔かい色彩の 癒されるイラストです。

おしっこピューッ!のイラスト・超可愛い~♪
生まれ変わりかぁ・・・私も生まれ変わりたい・・・ネコに^0^
お肌スベスベの超・イケメンでも良いなぁ
(又、横道にそれた・失礼)
さてさて、どうなって行くのか
「つづき」が楽しみです!(^^)!

狸七の罪を償うため、七回生まれ変わらねばならない、とか厳しい試練があるのかなあ?

うーん、降参です。

土曜日楽しみ。

こんばんは~


 更新が相変わらずままならない私です。
 時間の融通が上手くいかない感じv-292

 名前その付けられ方は、それぞれですね~
 じっくり考えて付ける人もいるし、「一郎」「次郎」みたいに流れでつける人もいる。私の名前は、ある光景から思いついたと聞きました。私にとっては少し重荷ではありますが、大切な名前です。

狸兵衛が登場すると、なんだか安心するなぁ~
とっても優しい挿絵のお顔がいいねぇ♪

1回目??どおいう意味なんだ?
一平君・・・君はこれからどおいう道を歩くんだい?

ぴゆうさん、こんにちは~
お~!赤ちゃんは一平君に決まりましたね)^o^(
うん!良い名前ですね(●^o^●)

それにしても、初っ端からオシッコを引っ掛かるなんて頼もしいですね~(^m^♬)
そう言えば私も昔、甥ッ子に掛けられましたよ。
勢いのない噴水みたいでした・・(^m^♬)

一回目??・・・ってなんだろう・・??

一回目の一平ちゃん。
うーん、どういう意味だろう・・・
でもきっと良い未来が待っているね。

どんなに間違った道を歩んでも
必ず やりなおしができるっていう希望が
ぴかぴか光ってみえるよ♪

おぉ、、、一回目だから一平君ですか???

ますます、分らないですね~。

でも、特別な仔であることは確かみたいですね!!

狸の仔ってカワイ~だろ~な~♡
挿絵でも、将来の大物ぶりが予想できますね♪=^ェ^=

あ~~。
狸が素晴らしい。
可愛がっているのが良く分かります。
ある意味美しい絵ですよね。
それだけでも人情が伝わってきます。

お久コメントです☆
ようやく少しずつ読んでますが、脚本って感じがして親しみを感じます(^^)/
読んでて楽しいものはみな共通してるのかな☆
しかし、挿絵のかわいいこと!
おしっこって本当にひっかけられるしね(笑)

ご無沙汰しちゃいましてごめんにゃさいi-230

赤ちゃんの秘密。嫌われ者の狸七の生まれ変わり?
周りの慌てぶりもわかりますが、店に誰も来ないなんて・・・。
戸平が捨てようとした気持ちもわからなくはないかな。

狸兵衛の赤ちゃんに対する優しさにホッとするけど、
一回目だから一平というのはどういう意味?気になるよう~。
次回わくわくして待ってます。


llamaちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

なんの、嬉しいものであ~~る。

そのもしかしてだにぃ。
何がネズミ脳だよ。
吹き出すわ!
ぷぷ

カッキィーーー
白銀なんていいのぉ。
二つ名をいただくような稼業に行くか。
それとも名も無き草のように埋もれゆくか・・・
どちらだろう。
へへ

ウッキーー
大好きな挿絵でございます。
一平の嬉しそうな顔は描いていても楽しかったよ。
特にその白銀の毛が目立って欲しかったから、
なお嬉しいよん。
ありがとにゃん。
v-410

かぶちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

どうなるだろう・・・
なんて次回が最終だよん。

でっしばらくしてから、一平のその後をアップします。
v-391

limeちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

デカイし、王様だものねぇ。
ぷぷ
それにいい爺ちゃん狸。

ですね、そうなってほしいです。

にゃんでしょう?次回が最終です。
v-392

Mieちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

ぷぷ
皆、何故かそうなるのよね。
そこが赤ちゃんのすごいとこだよね。

次回が最終になりますです。
v-410

★すももママ★ちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

ですね。
狸兵衛は今では、国の色々をオロやきゅー助に任せることができるので安心しています。
そんな穏やかな気持ちが表にも自然と現れるのでしょう。
すっかり好々爺になっていますね。

その通りですね。
長い長い旅の始まりだと思います。
ありがとニャン。
v-410

マダム、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

ぷぷ
そんなすごいものではニャイから・・・
へへ

嬉しいノォ~
きゃわいいでしょ。
私も大好きな挿絵になりました。

次回が最終でしばらくしてから、その後をアップします。
その時に狸七の名前の由来もわかります。
v-410

さやいちちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

ぷぷ
赤ちゃんならではだよね。
シーンを思い浮かべた時にこれしかないなと思ったんだ。
へへ

ですよね。
本当にそのとおりです。
理屈でわかっていても感情が邪魔をする。
そんなところでしょう。
罪を償わなかった故ですね。
仕方なし。
v-390

むらななちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

鋭いですニャン。
むらななちゃんはお見通しかな。
そうであってほしいです。

この物語は次回で最終ですが、その後のことも書いています。
しばらくしてからアップしようと思っています。
それで納得をしてくれるかな?どうだろう。

ですね。
耳子と田平にとり重すぎる荷なのか。
それとも違うのか。
二人にもよい経験だと思います。
v-410

ウゾちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

ぷぷ
鋭いノォ~
それは間違いなく変わっているだろうね。

だよねぇ。
次回で納得してくれるかにゃ?

ウッキー
ありがとニャン。
私も大好きな挿絵でござる。
v-410

メルロンちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

ありがとにゃーーん。
嬉しいぞーー

どっちもいいね。
わたしはワイルド系のイケメンになって
群がる女子をなぎ倒すのだ。
・・・・
キャハハハ
v-389

ポール、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

甘そうで甘くないのがこの世界。
罪を償わずに魂沈めをされ、未来永劫この世と別れ、塵芥になるを選ぶか。
九市は前者を選び、露と消えた。
狸七は?

へへ
v-391

由ちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

気にしない、気にしない。
続けていさえすればいいんだもの。
私なんてそうだもの。

私はどうだろう。
まっいいか!
へへ
v-389

ぶるーさるびあちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

ありがとニャン。
好々爺丸出しの顔になっているね。
へへ

どんな道でしょう。
茨の道か歩きやすい道なのか。
さて、どうなるでしょう。
次回が最終ですが、その後もしばらくしてからアップします。
v-410

鈴子さん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

だね。
わかりやすくて、呼びやすいね。
へへ

おおーー
実体験ありなのでござるね。
しょごるように出るのかな。
「しょごる」って方言だった。
意味分かるかな?
チョロチョロみたいな・・・

父は座間弁でしたのでそんな面白い言葉をよく言いました。
強いことを「がとき」とか。
相馬弁とか足利弁でもあるらしいです。
一度も行ってないのに不思議ね。
v-410

園長さん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

そうあってほしいですね。
未来は一平自身が切り開くものですね。

全くその通りだよね。
選んだ道がたとえ厳しくとも、そればかりではない。
手を差し伸ばすものもあれば、背なを押してくれるものも居る。
独りで生きているわけじゃない。
v-410

ルビィちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

ですね。
ぷぷ
ルビィちゃんならお見通しだと思うよぅ~

確かに特別ですねぇ。

きゃわいいでしょ。
アトムちゃんか虎ちゃんの半分くらいの重さかしら?
けけ
可愛らしさは同じだにゃ。
デレデレ
v-410

LandM(才条 蓮)さん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

ありがとうございます。
挿絵のシーンがまんま頭に浮かんだのですよ。
絶対にこれがいいってね。
嬉しいですニャン。
v-410

kaziさん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

ぷぷ
お忙しいのに嬉しいでござる。

ホンマでっか!
光栄でございますの。

ぷぷ
いいでしょう。
このシーンしかないと思ったのです。
大好きな挿絵になりました。

経験者は語るだね。
v-392


うにゃままちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

おおーー気にしないデェな
それより元気でいてくれるのが嬉しいぞ~

それだけ罪深いことをした。
理屈でわかっていてもそうさせない程ね、仕方なし。
ただ、救いは耳子の母としての深い深い愛情だね。

狸兵衛も感慨深いものがあるでしょうね。
次回で最終だよん。
へへ
嬉しいにょ~ん。
v-410

こんばんは~(^0^*)ノ

遅くなっちゃって、ごめんね(;m;)
可愛いね~~!!
一平ちゃん・・・・・・・
そっかあ~~~そういう訳だったのね・・・・・
狸兵衛も嬉しいよね!!絶対!!!

かじママちゃん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

そんなことは気にしないでくれーー
ね。

嬉しいよね。
つまらぬ死に方をした狸七だっただけに
省みる心があった事に
ホッとしたでしょう。
v-410
プロフィール

 のくにぴゆう

Author: のくにぴゆう
猫国の住民達の物語を書いています。
作者はコメを食べて生きてます。
コメくださ~~い!
ブログ内の小説、画像の無断転載、コピー、転用は禁止です。

もくじ
最新記事
リンク
当ブログはリンクフリーです。
最新コメント
いろいろ
今まで紹介をしなかったのですが、それも変だなと 三ニャンを宜しくお願いします。

母のみーです。 mi3.jpg

息子のちーです。 chiko1.jpg

娘のぽーです。 po1.jpg

揃い踏み mcp1.jpg

木登りおーちゃん Ochan.jpg

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ





検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
pictlayer
画像をクリックすると大きく、もう一度クリックすると閉じます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。