スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

落語「待った」泡亭鰤津

ぴゆうさんが休養を終えてブログに戻ってこられてまずはめでたしでございます。

 贈るものとてないので、代わりにわたくしが、馬鹿馬鹿しい話を一席。

 ええ、昔から、囲碁と将棋はニャン間の間で面白い知的ゲームとして楽しまれて参りました。知的ゲームですから、運はいっさい絡まない。実力だけがものをいう世界でございます。

 同じくらいの腕の持ち主どうしがやればこれ以上楽しいものはないですが、中にけっこう強いやつがいる。無人の荒野を行くがごとく勝ちまくり、誰もかなうやつがいない。

 腹吉というこの猫も、そういった、将棋に病膏肓なニャン間のひとりであります。ありますが、その嫌みったらしいこと。

「ニャンですかこの駒は。あれほど、柘植の木を使いなさいといっているのに」

「待ったは許しませんよ。待ったなんてするのは、よほどの猫でなしです」

 しまいには、家の戸口に看板を立てて、「村一番の名人腹吉。待ったをしたものはかつおぶし二十本を置いていくこと」なんて書く始末。

 こんなやつでもこの村では、村に一軒しかない雑貨屋の主、なくてはならないニャン間でございます。将棋を除けば悪いニャン間でもない。

 とはいえなんとかしてぎゃふんといわせたいのも事実。村の猫たちはない知恵を絞って考えましたが、ない知恵はない。

 そうしていると、外から子猫たちの遊ぶ声が聞こえてきた。

「じゃーんけーんぽん! あっ、また作坊の勝ちだ。作坊、じゃんけんだけは強いなあ」

 そのとき、大人猫の頭に、なにか稲妻みたいなものがびかびかっと走った。これだっ、てんで周りの猫たちに相談をします。これは面白い、と周りの猫たちも賛成し、含み笑いをしながらそれぞれの家に帰る。

 次の日。作坊の家にでっかい看板が立てられた。

「将棋ではこの村でいちばんの名人作吉。待ったをしたものはかつおぶし三十本を置いていくこと」

 さあ、この看板を見た腹吉、大いに怒った。作吉というとあの、五つにもならぬ子猫ではないか。将棋名人を名乗るとは片腹痛い。こてんぱんにやっつけてやる、と戸をがらがらっと開けた。

「作吉! 将棋名人だったら、わしと勝負せい!」

 そういったとたん、どこに隠れていたのか、大人猫たちがわらわらと入ってきた。

「おっ! 腹吉、勝負をするのか!」

「名人戦だな!」

「決まりは当然、読んだんだろう?」

 少しばかり不安になった腹吉が後ろを振り返ると、馬鹿でかい字で、

「じゃんけんに勝ったものが一手指す」

 と書いてある。

 はめられたのか、と気づいた瞬間、将棋盤を挟んだ上座に作坊が座った。

 腹吉はええい、と下座に座り、じゃんけんに勝てばいいんだろう、と覚悟を決めた。

 作坊は手を振り、

「じゃーんけーんぽん!」

 作坊の勝ち。歩を進めて角道を開けた。

 腹吉が駒に手を出す前に、またばかでかい声で。

「じゃーんけーんぽん!」

 作坊の勝ち。角が三列の、敵陣の歩を取りました。馬になります。

「王手!」

 じゃんけんに勝てばいいんだろう、勝てば! と、腹吉はこぶしを握りしめた。

「じゃーんけーんぽん!」

 またも作坊の勝ち。角に手を触れた瞬間、腹吉、思わず、

「まっ、待った!」

 そう叫んではっと気づく。見物ニャンたちは大爆笑でございます。

「かつおぶし三十本! 三十本だぞ!」

「忘れたたあいわせねえ」

 腹吉はぶるぶる震えました。

「おじちゃん、かつおぶしはなしでいいよ」

 作坊はそういうと、盤から手をどけました。そのまま腹吉の前で頭を下げ、

「かつおぶしの代わりに、おじちゃん、おいらに将棋を教えておくれよ。おいらも、普通の将棋で強くなりたいよ」

 腹吉は、自分のしてきたことを思い出し、はらはらと涙をこぼしました。

 翌日、作坊の家に、極上のかつおぶし三十枚の入った箱が運びこまれ、腹吉の家からはあの看板が消えました。そのかわりに、「将棋教えます」と書かれた紙が貼られ、雨の日には子猫たちでいっぱいになったそうでございます。

 後に猫国でも歴史に残る将棋の大名人、作吉が初めて将棋を指したときのお話でございました。

 



クリスタルの断章のポール・プリッツ様から頂きました。
なんて粋で楽しいのでしょう。
ブログに戻ってきたァ~って気がします。
本当に有難うございます。
泣いちゃいそうでござる。

ランキングは復活していませんので、カテゴリーのバナーは外しました。
紛らわしくてスミマセンでした。
もう少しのんびりしたいのでございます。
皆様のポチはしてますよぅ、安心してねぇ~
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

おはようございます。^^
いやあ、このお話、大好きです。^^すてきないただきものですね。^^
というか、いつもの、ぴゆうさんのお話も読むたびに、自分を振り返ってあれこれ考える機会になります。
小さい頃の作吉、なでなでしてやりたいです。^^ノノ

おはようございますにゃあ。
何かに突出した者も天狗になってはいけません。
誰かにたたかれるものです。たたかれる事によって
初心に戻ればまたこれも良し。幼子の言葉には心打たれるものかも。
私には突出した物もございませんが初心は忘れないようにしないと・・・。

ぴゆうちゃんのお話し楽しみにしてるよ~v-218

こちらこそUPしていただいてありがとうございました。

今回はショートショートを書こうと思っていたのですが、なぜか落語に(^^)

あのまったりとした世界がぴゆうさんのそれと通じるものがあるのかな。

またなにかあったら、ない知恵で贈り物を考えますのでそのときもぜひ(^^)

読んでくださった皆様もありがとうございます~。

ポールさんからのいただきものですか。
ぴゆうさんのワールドに馴染むお品ですね☆

人の振り見てわが振り直せとはいいますが、
相手が子供ですと、
自分の凝り固まった何かが実はつまらないもので、
そのつまらないものを振りかざしていたと気づかされ、
なんともこっぱずかしい気持ちになりますね。
そして、初心も戻る。
そういうこともありますね。
何事もうまくいったからと言って、天狗にならないように、
気をつけなければ!!と思ったさやいちです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 こんにちは。
ああっ いいですね 猫国の どこかにありそうな 小さな教室。
雨の日 将棋でひとしきり戯れた子猫達に お陽さんが しかたないね とか言って
おやつを作り 運んでくれる。
此の 将棋教室 こっそり混ざりたいよ。

なかなか、深いお話ですね。でも、小さいのに、作坊は人間?が出来てる。見習わないきゃいけない大人がたくさんいそうです。あんまり勝ちばかりにこだわるのは、いい事でもあり、悪い事でもあるんですね。ちょっと考えさせられました。

おお、なんと(@o@)いただきものとなっ

世界観ぴったり、
小説の書き手の方たちは 感性がすごいのね~

それにしても猫国はいいところだ。
パスポートが欲しいにゃん。
ぴゆうさん、かつおぶし3枚ほどで何とかなりませぬか。
m(_ _)m なんならカニカマも付けます。。。

いいお話・・・
心が暖かくなる・・・。
子供ってあなどれないのよねぇ~^^;
大人よりもずっと厳しい目を持っていたり、
優しい部分を持っていたり・・・。
ふと、思い出させる一話でした!

さすがポールさん、素晴らしい「お噺」だこと。
一気に読み切ってしまいました。
泡亭鰤津で、吹き出しましたが(笑)

素晴らしい贈り物・・・姐さんは、果報者よのぅ!

まさに 『負うた子に教えられ 浅瀬を渡る』 の落語版。
驕ることなく人の道を生きろという、素敵なお話でした。
あらためて初心に立ち返ろうと、思い直した次第です。

ポールさん、こちらからも感謝ですm(__)m


 将棋、最近やってないけど、以前はよくやりましたね~

 父親とさす時事もあったんですが、父は手加減と言うものをしない人なのでほとんどの場合コテンパンにやられまくってましたね。あまりにも容赦ない手を使ってくるので、それに耐えられずは私がプンスカ怒ってしまったり、勝負を投げて喧嘩になった事も……懐かしい思い出です。そういえば、オセロでも同じような事になったっけ(汗)

 将棋は、楽しくやるのが一番ですね!
 と言いたいところですが、どうしても熱くなってしまうんのが人の性……



 

( ^-^)ノ(* ^-^)ノこんばんわぁ♪

私、新参者でして、なんとコメントを残して良いのか。
良いお話しでした!大人猫が仔猫にしてやられる、と言う
寓話的なお話しですね。

はじめまして

お初にお目にかかります。aries327というものでございやす。

私は読書が趣味なので、楽しく拝見させていただいてます。

このお話にも、思わず顔がほころびました。

これからもちょくちょくお邪魔させていただきますので、よろしく
お願いいたしますー(❀ฺ´∀`❀ฺ)ノ

いろんなことに「運頼み」の私。
勝負の世界は、自分で勝利を勝ち取るものなのね。
そのためには成長が第一・・・天狗になっては
いけませんね。

ほんと、素敵なお話ですね♪^^

どこの世界でも、いつの世界でも子供の素直さに勝るものは無いですもんね!

作坊、猫国にも登場して欲しいです~=^ェ^=

皆様へ

こんばんはーv-411

マダム様、うにゃままちゃん、さやいちちゃん、ウゾちゃん、むらななちゃん、園長さん、きらたるちゃん、llama姉さん、由ちゃん、toitoiのママさん、aries327さん、Mieちゃん、ルビィちゃん。
皆様、嬉しいコメをありがとうございます。

今回はまとめてコメヘンをさせて頂きます。

ポール様から・・・ありまぁ!くすぐったいのでいつもの様に
ポールと呼ばさせていただきましょう。
とても素敵な作品を頂きました。
独りで楽しむのは反則なので、こちらでアップしました。

私も読者の一人として、皆様の感想にウンウンと頷くばかり、
そしてコメヘンを書こうとしたら、
考えれば自分の作品でもないのにコメヘンをするのは変だなと思いました。

それなら、何故コメ欄を開けたのかと申しますと
作者であるポールが知りたいだろうと思ったからです。
私もそうですが、皆様の感想は何よりの励みです。
ああこんな所が気になるのかとか、ウンウンそうだよねぇ~とか
それがとても嬉しい。

ポールは猫国の有り様をよくよく咀嚼して飲み込み消化した作品を作ってくれます。
こんなにありがたいことはないです。
幸せ者です。

かなり触発されましたので、大好きな古典落語猫国バージョンを作りました。
彼のようになるほど納得なんて為になる話では全くありまへん。
どうかすると馬鹿馬鹿しいと言わるお話。
へへ
この「ある日のきゅー助」の次にアップします。

宜しくニャンv-283

うまい!!カツブシ五十本!!

まあ!!楽しくて、とても良い教訓が含まれた
しゅてきなお噺!!!
良かったですねえ~~~!!!
いいもの頂いて~~~~o(^0^*)o

古典落語猫国バージョンだって・・・うわっほ~~~ぃ♪
古典落語だ~ぃ好き!!

なんの噺を遣うのかな?
まさか「廓話」ってことは、ないだろうしね。
ぐふふ、もしかして「与太郎シリーズ」かぃ?
今から、わくわくじゃ~!!

早ぅ、早ぅ、ランダムに2題並行UPしても、一向に構わぬぞぇ~!!(笑)

ポールさんからのいただきもの・・素敵だねぇ~
なんて気のきいた贈り物なんだろうか・・

それにしても・・古典落語猫国バージョン・・
わ~~どんな風になるのか?
楽しみだにゃ~(=^・^=)


プロフィール

 のくにぴゆう

Author: のくにぴゆう
猫国の住民達の物語を書いています。
作者はコメを食べて生きてます。
コメくださ~~い!
ブログ内の小説、画像の無断転載、コピー、転用は禁止です。

もくじ
最新記事
リンク
当ブログはリンクフリーです。
最新コメント
いろいろ
今まで紹介をしなかったのですが、それも変だなと 三ニャンを宜しくお願いします。

母のみーです。 mi3.jpg

息子のちーです。 chiko1.jpg

娘のぽーです。 po1.jpg

揃い踏み mcp1.jpg

木登りおーちゃん Ochan.jpg

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ





検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
pictlayer
画像をクリックすると大きく、もう一度クリックすると閉じます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。