スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大相撲 53 どアホ四人組

前回

ガスと大助はちゃっかり宇宙(そら)川の水に浸かり、若返ろうとしたり。セロとキロの親子は太陽だか、番傘だか皿だかがバラバラバラーーっんとなって気絶していたり。なんのこっちゃ?

喧嘩をしている二人に心温まるまま子と川太郎、二人はそんな親子をひしと抱きしめる。


はじまり、はじまり


「何なんだろぅ...?」

キュー助、不思議でならない。

「そりゃ、甲介の一世一代の最後ッペじゃねえのかな」

「だって、あいつは猫なのに?」

ノン吉が言う。

「まっ、狸じゃなくて良かったなあ」

ははは~、わしだったら死者が出てるわな」

狸兵衛が言う。


あははは


「あいつは今頃、死にもの狂いで逃げているだろうよ。どうするかな~」

挿絵参照↓↓↓  絵をクリックすると大きくなります

doaho.jpg

「あのぉー、五黄」

「うん?何だい、まま子」

「あたしが言うのも何だけど、甲介の奴きっと利根川を越えると思うの」

「人間界に逃げ込むしかないものな」

「うん。あたしも甲介には騙されて馬鹿な物を大分買ったわ」

「俺もだよ、姉様」

あたしもよッ!

お蜜が口を挟む。

「あいつには過ぎたるものを与えてしまった。もう少し、分を考えればよかった」

「この際だから利根の門を閉めるのはどうかしら?」

「それは構わないが、それをすると今現在に繋がっている人間界との道は閉ざされる事になる。そうすると大助が戻れなくなるぞ」

大助はそれを聞いて五黄の前に躍(おど)り出た。

五黄様!あたしは大助と申しますッ」

「ああ、オロの弟だろ?これでお前も想い残す事はないだろう、人間界に戻るが宜しかろ」

それを聞いてオロもガスもキュー助までも躍り出てきた。


五黄様ッ!


皆して口を揃える。

「どうしたんだよ?大助、言ってみな」

「はい、あたしは人間界には何の未練も執着もありません。兄ちゃんと離れるのは金輪際嫌です!!

それに初めてガスという親友が出来たんです。だから、絶対に戻りたくありませんッ!
絶対にイヤですッ!

「お前はオロみたいに残り河童じゃねえのに、、、」


お願いしますッッ!!


皆して大声を上げる。

「だけどこの世界に居るのなら人間のままじゃ駄目なんだよ、どうするの?」

「かッッ、河童がいいッ!

「ふふ。まま子、川太郎、国民が若干一人、増えるようだぞ」

「うれしや~」

「ありがたいこと」

「そうか、良し、わかった!それじゃ河童にしてやるよ」

「あのぉぉ、、、」

「何だ?大助」

「出来るのなら、兄ちゃん並みにピチピチに、、、」


わははははぁ~!


大爆笑になる。

「だって、弟の方がヨボヨボなんて、おかしいです!」

「仕様もねえなあー、年が年だから程々にしかならねよ」

「それでも今よりいいです」

「よし、いくよ」

「ちょっと、ちょっと待ったァーーーーガしゅもッ、ガしゅもー!」

「何だあ?ガスは河童だろうが」

「ガしゅも大助しゃんと一緒に『ピチピチ』の
ぴっちぴっち』にして下しゃーい!」

「ふふ。困った爺たちだねえ~」

「五黄しゃまには言われたくありましぇんッ」


ワハハハハー!


皆可笑しくて仕方ない。

「それじゃ、一辺にいくよ!」

五黄に『ふーっ』と、息を吹きかけられると大助は程々の爺河童に、ガスも程々若くなった。

わぁーーい!

ばんじゃーい!

喜んで騒いでる、この世界に良き河童が増えた。

「それでは、利根の門は後で閉めに行くとするか?」

「はい、それから川太郎」

「はい、姉様」

姉弟は五黄達に平伏(ひれふ)し深々と頭を下げる。

「此の度の事、われら姉弟の不徳が招いた結果、真に持って申し訳なく、、、」

「川太郎の命をお救い下され、此のまま子、幾重にもお礼申し上げまする」

「気にしてねえよ!なっ、それより頭を上げな。このまま終いにしてもいいが我らがここに居るのは良い機会と思い、色々な話しをしてみよう」

「はい」

「はい、お願いします」

「俺達が天宮に居た頃、『おもう様』『おたあ様』は本当に分け隔てなく育てて下された。そして我らに兄弟(姉妹)で治めよと国をお与え下された。

俺は藤平と、狸兵衛は狸七と、お風はお蜜と、そしてまま子と川太郎よ。だが、この河童国だけは他の国と根本的に違っていた。

なぜならば我らのように男兄弟でもなく姉妹でもない。違う葛藤が最初から存在をしていたのだ。そうであろう?川太郎」

「はい、俺は、俺は・・・何で俺だけ『兄様じゃないんだ?』って、ずっと思っていた。喧嘩は負ける事もあったけど頭じゃ負けない、それなのに・・・

どうして姉様を急に王として支えなきゃいけないのか?俺はどうしても納得出来なかった。これが五黄の兄様だったり、狸兵衛の兄様だったらそんな事は微塵(みじん)も思わなかった.....」

「まま子は川太郎の気持ちがわかっていたのだな?」

「はい、、、」

「だからといって、こうも暴走するかと思うが、、、まま子はお前に酷い事をしたな?」

「はい。『破裂』させられ『揚げ』られ、、、お陰で黒く縮んでしまいました」

「まま子はお前に己の力を見せたのよ」

「どういうことですか?」

「まま子なりに考えたのであろうよ。他国のように国造りをしなくてはならないのに、自分の言う事に一々反論し少しも協力しない、、、そんな処だったのではないか?」

「その通りです。俺は何でもかんでも逆らっていた」

「だから『あたしは王なのだから、お前をこうする事も出来るのよ』とな」

「やり過ぎました」

「ふふ。でもお前は妖力で川太郎を変えた訳ではなかったじゃないか」

「はい、妖力を使ったら元に戻せる自信がなかったし・・・」

「川太郎が泣いて謝ると思ったのだな?」

「はい。そうしたら治せばいいかなって」

「処がお前の予想外に川太郎は捻(ひね)くれ、まま子池と断絶した」

「はい」

「川太郎、お前はなぜまま子が王であるかわかっていなかったようだ。それが何より根本にある。思い出さないか?遠い昔、我らが此の国に参った時、兄弟(姉妹)で最初に行ったことがあるだろう」




つづく



毎日の1ポチがウルトラ励みになります。
\(^o^)/ 
★ぽちっとお願いしまーーす★

猫国ランキングバナー①


昨日から熱ブーで、訪問もままならずスミマセン。
今日も下がらないので寝ています。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

姐さん、こんばんは^^
おぉ・・・アルバム使いだしたかぁ!
さすがに手が早いのぅ。

挿絵の甲介がボッコボコの赤タンだらけ。
カン・ツリ・ゴリもボッコボコじゃ~!(笑)
河童たち、相当頑張ったんだね・・・感心、感心。
う~~~ん、利根川が分水嶺なのか。
今度行ったら、どの辺りなのか見て来るわ。へへへ

そうだったのか、川太郎の心得違いだったんだ。
姉様に従う事に納得がいかなかったんだね。

姉様に逆らうと、どれほど恐ろしい目に遭うか・・・判ってるね、ぴゆうリーヌ。
さりげな~く、脅しておく。
これも、年かさの姉様のテクニックじゃ(笑)

もしもし、作者さん!
この場所での「つづく」は、唐突に過ぎる気がする。
・・・・・最初に行ったことがあるだろう、つづく。
なんでやねん!!(爆)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんばんは

もはやどうでもいい
「どアホ四人組」の行く末も
気になるといえば気になりますw

川太郎~。ちゃっかりしてるなあ。
河童・・・だけじゃなく、若い河童にしてもらっちゃうなんて。
いや、便乗して若くしてもらっちゃう、ガスも流石w
でも、河童が増えて、よかったね、まま子。

五黄との話し合いで、こんがらがった間違いの根源が、ひも解かれていきますね。
今まで見えなかったものが、姉弟にも、見えてくるかな?

お!
ぴゆうさんちには、こんな美人の3にゃん子がいらしたのですね!
みんな、かわいいなあ~^^
よろしくね♪

おはよ

それから、それから・・・
次、待ち遠しいな~

おはようございます~~♪
大介さんには人間界より河童の世界の方が魅力的なのかな~~。
私ももっと若くて美人の河童にしてくれるなら そちらのほうが~~って嘘ですよ~~人間で満足です(。^p〇q^。)プッ

ぴゆうさん おはようございます

ちゃっかり ぴかぴか河童にしてもらうなんて。。。
挿絵に入るのを 楽しみにしています

五黄さまの力って 本当に凄いですね

わかっていても 見守ることの大切さは
わかっていても なかなかできないのに
見守るべきときは 見守る
助けるべきときは 助ける
この先が 楽しみです^^

>『ピチピチ』の『ぴっちぴっち』
私もお願いしたい。。。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ちゃっかりしてるなぁ~ 大助とガス(笑)
五黄さま!
私にも ふうーーっ ♪ と、プリーズ★
ほどほどでもいいので、ピチピチになりたいわ^m^

まま子の行動にも、
ちゃんと考えがあっての事だったんですね。
でも川太郎には なかなか、伝わりにくかったのね・・・
一緒に行った最初の事って何だろ?
気になりつつ続きを待ちます(^^ゞ

ぴゆうさん、こんにちは♪

ふむふむ・・・ん?『最後ッぺ』ってなんだろう・・・???
最後に何かしでかしたって事でしょうか?

五黄様にぴちぴちのぷりんぷりん(ちょっと違うか?)にしてもらった、
ガスと大助の挿絵、見たかったです(笑)

川太郎とまま子が仲直りして、
大助も河童国にいれることになって、よかったですね。
そもそもどうして兄弟で国をおさめることになったのか・・・知りたいですねぇ。
次回も楽しみにしています♪

こんにちは。
そりゃね。みんなピチピチになりたいわよね。^^
して、どうしてもマダムはアテレコってのをしてしまうのですが、
ガスは完璧に「ヤッターマン」の「ボヤッキー」ですよね。^^
マダムは、毎回色んな声色を使って声を出して読ませていただいてます。^^
ええ、ボケ防止にも良いのでごじゃいます。^^ノノ

私も、ぴっちぴっちのギャルにしてください。そうだよなぁ。大助はもう、離れたくないだろうなあ。程々に若返った、大助河童みてみたですねぇ。しかし、兄弟、親子、こじれると血がつながってても、なかなか修復がいかないものです。人間なんてお金が絡むと、ほんと骨肉の争い。その前に川太郎も、まま子も気づいて良かったと思います。が、やはりまま子が、川太郎にやった事はひどいですよね。破裂なんて、ほんと信じられないですわ。考えただけでも、鳥肌です。あげられるのも、フライじゃないんだからさぁ~。さて、続きが楽しみです。

「かわに ごみを ながすのは やめましょう いばらきけん」(笑)

こんばんはー

 毎日遅くなってへろへろ~
 眠気を押して感想書きます。

 川太郎とまま子にはどんな秘密があるのでしょう~
 私も、忘れている自分の秘密があるかもしれません。
 急に、思い出す日が来るのでしょうかv-521
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

う~ん・・大助と川太郎はそれなりのイケ河童になっったんだな・・
見て見たいよぉ~♪

国を任されるという事は・・・みなそれぞれに葛藤があったんだろうね・・
心の中に色々な思いがあったんだね・・

ぴゆう家の3ニャン♪とってもプリティー☆
こちらこそ(*・.・)ノ ヨロシクニャン(=^・^=)・:*:・゜'★.。・:*:・゜'☆♪

真夜中の訪問者~~!(笑)
いよいよ、核心のところにきてるかな?
まま子と川太郎、何故、兄妹で国を治めるのか・・。
ん・・・・どうして?

それぞれの国・・・でなくても、場所場所で違いますよね。
それと相容れぬかそうでないか・・というところはありますけど。
それとは別に個々の感情が入り混じっていて面白い見どころになっていますよね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

挿絵の傷が痛々しいです~v-356
ぴっちぴちになれてよかったな(^^

そうよねー大助は帰りたくないよねーとか思わず声に出ちゃいました。
まま子の「うれしや~」が素直な言葉ですごくよかったです。

川太郎たちの秘密も気になるところ。うひー。


コミュニティにお知らせをアップしていますので
またご覧くださいね。

どもども( ^-^)∠※.。・:*:・°`☆、。・:*:・°`★
遅くなりました~_(._.)_

いや~、そういえば居ましたねぇ。。。おバカちゃん達が

どうなるんかなぁ(・・*)。。oO(想像中)

まぁ、それはぴゆうちゃんに任せて

やっぱり、ピチピチのピカピカが良いよねぇ

うんうん・すっごく解るよ~!

ついでにキレのいい動きも出来ると良いなぁ(=^・^=)

自分で出来るって・・・クリームたんまり塗るぐらいだもんねぇ・はぁぁぁ

いつも楽しく読ませていただいています☆
今年の風邪は本気でつらいです・・・(TωT)

なにとぞお大事になさってくださいませ><

おはよ

そ、寝てなさいよ!
ちゃんとポチだけはしにきたよっ!

風邪ですか!風邪は万病の元。ちゃんと暖かくして、寝ててください。おなかも冷やしてはダメですよ。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんにちは。

熱ブーはいかがですか?
この時期、季節の変り目は体調をくずしますよね。('Д`)
休養をして、美味しいものを食べて、元気になって
ちょ~だいね~!!!

そうだったんだ~。
姉と弟との葛藤がね、、、どんな問題にも、表面上の問題と
本質的な問題がありますもんね。
後のほうをまず知ることが改善につながりますよね。

おーー、いいな~いいな~、ピッチピチにはなれなかったけど
それなりに若返ったガスと大助を早く見たいぞ~~~♪(=^^=)

熱だしてます? 早く治るといいですね(^_^;)
梶は股関節が痛いです(笑)
今回も河童の挿絵がかわいすぎる☆

だいじょうぶ???

ええーーー?!大丈夫ですか??
また無理しちゃったんでしょ???
ゆっくり寝て元気を取り戻して下さいね!!!

へんじとか気にしないでね(^v≦)v

大助もガスもほどほどの爺河童にしてもらえて
本当に良かった!!!!!
すっごくすっごく嬉しいです!!!!!!

本当にお大事にね!!!
無理は禁物だよv-238

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

おっはようv-278良い天気ですニャぁ。

人間を捨てた大助とガス憎めないキャラですねえ。
どれだけピチピチ河童になれるのかな(笑)
川太郎の思い違いとまま子のやり過ぎ。今は
お互いに心がつながり良い姉弟になれたのですね。
後は甲介を捕まえて河童国を変えていくだけ?

llamaちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

手が早いんじゃなくて間違って押したら、解除が出来へん。
全く。
アルバムの場面にいらないコマーシャル。
物語の雰囲気をぶち壊す。
現実に戻ってしまうよ。
すごく迷惑な機能。
登録しなおしたらいつも通りになった。

ぷぷ
利根川はまま子の縄張りなんよ。

ありそうだよね。

全くでござるわ。
川リーヌはしないもんねぇ~

これぞ作者のテクニック。
一応言っとこう。
ニャハハハ

お見舞いコメをありがとう。
嬉しいぞーー
v-410

広報ミヨっちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

まっ頭の片隅にでも置いといてくだされ。
その程度で。
へへ
v-389

limeちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

川太郎は焦げる前の姿になっただけよん。
いい男河童だったの。

ガスも大助も程々ね。
ぷぷ

ですね。
兄弟喧嘩なんて、つまらないことがきっかけなのですよ。
長く一緒にいるものだから、そう言えばあれもこれもと怒りが増してしまう。
五黄に解いてもらえばいいです。

ありがとうございます。
今まで面倒臭がって紹介もしていませんでした。
へへ
少し反省しています。
宜しくご贔屓して下さいませ。
v-410

かぶちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

嬉しいノォ~
なんかしみじみと嬉しいわ。

お見舞いコメをありがとう。
ポチも嬉しいぞーー
v-398

りんだちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

ですね。
人の世はもう沢山なのでしょうね。
戻っても知り合いも縁者もいませんものね。

ぷぷ
知らにゃイぞ。
朝起きたら、眉目麗しい女河童になっていても。
v-392

あゆみちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

最後に皆を登場させようと思っています。
程々、若くなっています。
ぷぷ

五黄が動いたのも
今回はセロのお願いがきっかけでした。
そして王であるまま子からの要請。
そこまで辛抱をしていたのも陽の神様の言葉があればこそです。
河童の数が減っていくことを見ていたのは辛かったでしょうね。
やっとの出番だと思います。
v-391

Mieちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

私もーーー
一緒にまま子池ツアーでも行きましょう。
宇宙川のシャワーを浴びるのだ。
v-391

★すももママ★ちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

すももママちゃんも一緒に行こう!
たっぷり宇宙川の水を浴びるのだ。
夏季限定だね。

最後に程々の二人をお見せ出来ます。
へへ

姉弟が仲直りをすれば河童国も明るくなります。
ありがとうございます。
頑張りやす。
v-410

さやいちちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

これには少し説明を、
甲介は城から逃げ出すために、目くらましをしたのです。
それを狸兵衛は「イタチの最後っ屁」のように甲介が悪あがきをしていると言ったわけです。

最後にお見せできると思います。
皆、見たいのかね。
爺河童を
ニャハハハ

この世界で大切なのは助け合うこと、想い合うこと、労り合うこと。
王族とて同じなのです。
けっして他ではないのです。
v-410

マダム、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

ぷぷ
皆の琴線に触れているようでござる。
おもろい。

おおーーボヤッキー。
私も大好きです。
ぴったりですねぇ~
お蜜なんてマンマ、ドロンジョ様だわ。
ニャハハハ

この小説は清書→音読をしてアップしているのでとても嬉しいです。
報われるノォ~
v-406

むらななちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

すかたねぇ!
むらななちゃんはピチピチだと思うが、まま子池ツアーに連れていこう。
娘ちゃんみたいになるかもしれん。

最後に見せるよん。

全くその通りだね、何故なのだろう。
争うエネルギーって凄いもの、それを仲良く楽しむことに使えない。
争えば足らず、分けあえば余る。
仕方ないね。

まま子も過激だよね。
ぷぷ

お見舞いコメをありがとう。
嬉しいぴょん。
v-410

ポール、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

利根川はそうだわねぇ。

甲介も到頭、ゴミ扱い。
ニャハハハ
このゴミ、どこに流れていくのやら
v-389

由ちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

無理しないでおくれ。
寝てくれ。
体調が戻って間がないんだからさぁ。

秘密という程でもないよん。
由ちゃんの場合はしまい込まれた記憶なのかもね。
私もきっと沢山あると思う。
自然と忘れているのか、無理やり忘れたのか。
それすら忘れている。
v-389

ぶるーさるびあちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

最後に見せるよん。
爺河童を皆見たがっとる。
不思議じゃ。

他者から見れば、つまらないことなんだろうけどね。
川太郎は拘った。
それが間違いの始まりなんだよね。

ロッキーにも宜しゅう伝えといてな。
v-410

きらたるちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

ぷぷ
大昔、そんな映画があったような。

この世界は助け合うこと、想い合うこと、労り合うことが大事。
王族とて同じ、他ではない。
川太郎もよくよく分かると思います。
v-410

LandMさん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

国によって治める王族が違います。
種族の違いはあっても、理を守ることや兄弟で治めること。
その大前提があり、そうするしか上手くいかない。
まま子も川太郎も気づいたでしょう。
v-410

のりちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

痛々しくていいんですよ。
もっと腫らしとけばよかったです。
ぷぷ

大助もオロと同じ世界の住民になりました。
これからも、たまに出てきますのでヨロシクです。

秘密なんてものじゃないのよん。
へへ

いつもお誘いをありがとうございまーーす。
v-410

メルロンちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

いたのよねぇ~
悪漢グループがね。
ぷぷ

はいな!任せてくらはい。

メルロンちゃんもまま子池ツアーに連れていこう。
夏限定でね。
ピカピカになるのであーーる。
ニャハハハ
v-391

たゆさりさん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

お見舞いコメをありがとうございます。
なんとか早く治したいです。

嬉しいことを言うて下さる。
頑張りやす!
v-410

ルビィちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

ありがとう。
いまだに熱ブーでございますよ。
でも下がってきたからだいぶ楽になりました。

ですね。
つまらないことなのですけどね。
わかりあえば、これほど仲が良くなることもない。
そう思います。

最後に出てくるよん。
何故か爺河童がモテモテなのだ?
不思議じゃ。
v-410

kaziさん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

たまに出るんだすよ。
用もないのに・・・
だいぶ楽になりました。
ありがとうございます。

おおーー
私もだぁ~
しかし、鍛えている梶さんもそうなの?
辛そうだ・・

ありがとでござーーる。
v-410

かじママちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

ありがとうです。
だいぶ楽になりました。
風に吹かれないようにするですよ。
ぬくぬくしとります。

そうはイカの塩辛!
へへ

程々の爺河童でございます。
あくまでもホドホドです。
ぷぷ

うえーーんv-406
優しいぴょーーん。

うにゃままちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

いい天気なのよ。
花見日和なのよ。
なのに寝てる私って・・・アホやーーー

ガスも結構大切な爺キャラになりました。
ありがたや。
へへ

姉弟ならではですね。
川太郎もまま子も決して独りで国を治めることはできない。
身にしみてわかったでしょう。
二人でするしかないのです。

はてどうなるやら
v-389
プロフィール

 のくにぴゆう

Author: のくにぴゆう
猫国の住民達の物語を書いています。
作者はコメを食べて生きてます。
コメくださ~~い!
ブログ内の小説、画像の無断転載、コピー、転用は禁止です。

もくじ
最新記事
リンク
当ブログはリンクフリーです。
最新コメント
いろいろ
今まで紹介をしなかったのですが、それも変だなと 三ニャンを宜しくお願いします。

母のみーです。 mi3.jpg

息子のちーです。 chiko1.jpg

娘のぽーです。 po1.jpg

揃い踏み mcp1.jpg

木登りおーちゃん Ochan.jpg

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ





検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
pictlayer
画像をクリックすると大きく、もう一度クリックすると閉じます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。