スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大相撲 49 ガスと大助

前回


セロとキロの大演説のお陰で民衆は蜂起した、これでよしとニヤつくノン吉。そしてオロの優しさが皆の奮起を一層呼ぶ。急いで奥に向かう顔はどこまでも明るい。



はじまり、はじまり    



この屋敷は和洋折衷(せっちゅう)である。

玄関と広間は洋風で天井が高く、大きなシャンデリアがつり下がっている。川太郎が居る奥に行くには広間に出て二階に上がり、大きな樫のドアを開ける。

そして長い廊下を通って行くとやっと奥に辿り着く。先頭のセンが鍵を開けられずに困っている。

「ほらよ」

ノン吉は手もなくドアごと外してしまう。その馬鹿力と一瞬の出来事に皆、唖(あ)然とする。


行っくどーッ!


へえーーいッ!!


今度はノン吉を先頭にして長い廊下を駈けて行く。


ドタドターッ、ドタドターッ


一番奥の部屋に辿り着くとノン吉は鍵も何もお構いなしにドアを蹴破る。


ガッ、シャヤヤーーン


もの凄い勢いで部屋に入って行くと部屋に居た者達が驚いて腰を抜かしていた。

挿絵参照↓↓↓  絵をクリックすると大きくなります
gasdaisuke.jpg


しゃぁッーッ!何しゃぁああーッ!


ガシゅぅしぇんしぇぇーいッ


二つの影がお互い抱き合って震えている。

ガス!助けに来たぞーッ」

ノン吉が声をかける。

あっ!ノン吉しゃまぁーッ!大助しゃん、ノン吉しゃまですよッ怖くないですよッ、だから目を開けて」

何ぃーい?そのよぼよぼが大助?」

後の方にいたオロとキュー助がセン達を掻き分けて前に出る。


大助ぇええーーーッ!


オロが泣きながら大助に抱きつく。

大助は最初訳も分からなかったが、確かに聞き覚えのある懐かしい声。遠い幼い日、自分を呼んでくれた優しい兄の声。

「兄さん?兄さんなの?兄ちゃぁああーーんッ!


大助ぇえーッ、大助ぇえーッ!


キュー助もノン吉もコロも事情の知らないセン達も泣いた。ガスは大助から聞いていたのだろう
およょーん、およょーん」と大泣きしている。

余りにも長い間、会えなかった兄弟。

オロは家族の為に河童になり、大助は兄に会いたくて今まで生きてきた。

キュー助は抱き合って泣く兄弟を見ていて少しだけ寂しくもあったが、それよりもオロの泣いて喜ぶ顔を見て嬉しかった。

ノン吉はそんなキュー助の肩を抱くと微笑んだ。

「キュー助の友達が増えたな」

「えっ?そっか!そだよね~、キュッ」

「そうさ、大助もオロと同じくらい良い友達になるのさ」

「うん、ありがとう!ノン吉兄さん、キュッ」

「ふふ。さてと、、、ガス、いい加減に泣いてないで話しがあるだろ?」

「ふへ?だってだって、オロしゃんと大助しゃんの泪の再会でしゅ、ガスは嬉しゅくて嬉しゅくて、、、」

「ガスはいいねえ~、幾つになっても若くて」

「当然でしゅ。ノン吉様よりずぅーーーん!と、若いでしゅ」

「ふん、皆して俺が年寄りみたいな事言って」

「だって、本当だものね~キュッ」

キュー助が笑って舌を出す。その場に居た者達が笑う、オロと大助も笑う。

「ガスはここで何してたのよ?」

「川太郎しゃまを大助しゃんと一緒に看てました」

見るとその部屋には様々な医薬品に漢方薬、すり鉢、やげん等があってちょっとした研究室のようだ。

「川太郎は?」

「はい、隣のお部屋でしゅ」

「よし行くか!」

ノン吉が隣の部屋に行こうとすると、ガスが思わぬ早さでノン吉の前に立ち塞(ふさ)がる。

「ガス、どうしたのよ?」

「ノン吉しゃま、どこに?」

「どこにって、あの野郎にな」

「そりはなりましぇん

「何言ってるのよ」

「あのお方は今や死の病いに取り憑かれておりましゅる。ガスも大助しゃんも手を尽くし、お救いしようとしましたが無理で御在ましゅた。

何卒、安らかなご最後を...」

「?゛死ぬってことか?」

「はい、王族なのに真に持って不思議で御在ましゅ。ですが確かにあれは死の病いでござりましゅる。なじぇ(何故)そうなったのか...原因が皆目、見当も付きましぇん、、、」

「そうか、、、やはりな」

「ノン吉しゃまはおわかりなので?」

「狸七(りしち)と同じなのかもな」

え゛っ!それじゃ川太郎しゃまは普通の河童にッ!?」

その時、隣の部屋が開いた。

「そのようだな」

五黄が答えた。


あっ、父ちゃん!


五黄を突き飛ばす様にしてお蜜が前に出てきた。


ガスぅうーーーッ!


あっ!お蜜しゃまぁあ~~~ッ!!


二人が抱き合って泣いている。ちょっとカッコいい事言っていたガスなのに、お蜜の顔を見た途端に子供の様に泣いている。

「お蜜しゃまぁぁ~、ガスはお蜜しゃまの大切な眼鏡をヲーーーッ」

「いいのよ、いいのよ!そのガスの機転でわかったのだもの」

「わぁ~ん!怒らないでしゅか?」

「怒る訳ないでしょ」

「しょんなら、褒めてくだしゃーいッ!」

やってられないのである。この二人は放っておこう。

「父ちゃん、いつ来たの?」

「今だよ。ノン吉おいで、他の者は遠慮しな」

「五黄様!桃吉は?」

オロが言う。

「ふふ、ちゃんと知らせて来たよ。又、落っこちて来たけどな」

「え゛っ!大丈夫なのー?」

キュー助が言う。

「あいつは天宮から落ちたとしても死なねえよ」

「ノン吉」

「はい」

五黄はノン吉と部屋に入るとバタン!とドアを閉めた。


つづく






毎日の1ポチがウルトラ励みになります。
\(^o^)/ 
★ぽちっとお願いしまーーす★

猫国ランキングバナー①
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ぴゆう姐さん、こんばんべ~~~♪
ほぉ、いがった、いがった、みんな無事だった。
しかも、ガス&大助がコンビを組んでいた(?)とは。
オロ&大助の再会の件、涙がチョチョ切れたぞ(古っ!)

なになに、川太郎の看病?
川太郎が死の病・・・王族の身分にも拘らず?
今までの所業が、天の怒りをかい、資格をはく奪されたか。

本来ならば協力し合って国を守る者同士が、道を違えた結末。
狸兵衛&狸七のことの顛末を、彷彿とさせられた。
悲しいのぅ・・・哀れだのぉ…なんとかならんかのー。

五黄ちゃまは現れたけれど、まま子が出てこない。
何をしてるんだろ、まま子。
この事実を知ったら、悲しむだろうに。

・・・・・て、またも、つづくかよ(笑)

ガスも大助も、無事でよかったです。
大助、すっかり歳をとっちゃったんですね。
でも、オロに会いたい一心でがんばってきたんですねえ。
会えてよかった!

しかし、ガス、外見に似合わず、喋り方がかわいい^^
大好きなお蜜さんに会えて、元気を取り戻すでしょうね。

そして、すでにここに五黄さまが!
王族なのに死の病にかかってしまった川太郎。
悪さいっぱいしてきたけど、やっぱりここは助けて、そのあと償わせたいですね。
ノン吉、五黄さま、がんばって~。

おはよ

最後はやっぱり五黄様登場となるんですな~
次はどうなるんだろ?

おはようございます~~♪
みんないい方向にいってますね。
それにしても挿絵が楽しい~~♪
こんなヨボヨボじいさんなのにこの可愛い言葉とのギャップが(。^p〇q^。)プッ
五黄様 これから川太郎をどうするのか?待ち遠しい~~♪

llamaちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

爺ちゃん同士、気が合うみたいです。
お互い終生の友になりました。

オロも大助も色々あったものねぇ。
感慨深いよね。

知らずにそうなってしまうのが恐ろしい処です。
永遠ではあっても、それはあくまでも理を順守しているからこそ。
例外はないのです。

五黄はどうするのでしょうね。

はいな、またつづくんだわ。
へへ
v-389

limeちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

無事でございました。
ご心配をかけました。
へへ

ですね。
オロも嬉しくてたまらないでしょう。

ガスはお蜜が大好き、元気百倍でしょうね。

やっと皆が一同に会することになりました。

王族とて理の他に生きているわけではないのです。
五黄はどうするのでしょうね。
v-391

かぶちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

最後の締めに出てもらわんとね。
とりは五黄じゃないとね。
へへ
v-392

りんだちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

猫国でござるもの。
やっぱ皆が幸せにならないとねぇ。

ドクター爺ちゃんコンビが結成されていました。
最強のコンビかもしれません。
ぷぷ

五黄はどうするのでしょうね。
v-389

こんにちは~~。^^ノ
いやあ、感動的で、たいへんシリアスなシーンなのですが、
ぴゆうさん!!!!伽羅・・・(いやいや、それはどこぞの可愛いニャンコで・・)
キャラ設定が面白すぎて、もう、しゃべり言葉や、このイラストの感じが笑えちゃって、もう、楽しすぎるんです~~~~~!!
悲しい結末も待っているというのに、マダムは楽しく読ませていただいてますよ~~~!!^^!!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

川太郎は普通の河童になってしまったんですね。だから病気なんかになったんだ。でも、ガスも大助が無事でよかった。大助がおじいちゃんだったのには驚きました。でも涙の場面なんですが、2人のなんか赤ちゃん言葉に、思わず緊張感欠けて、ぷぷぷって泣き笑いになってしまいました。五黄様もきたことだし、解決の時は近いのかな?

マダム、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

同じv-283伽羅でもこっちのキャラはねぇ~
若くないし可愛くないし爺だし・・・
キャハハハ
大助も中々なので、これからも宜しくぴょーーん。

それは何よりでございます。
ありがとにゃーーん。
v-410

むらななちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

王族とて、理の他に生きているわけじゃない。
例外はないんだよね。
死の病に取り憑かれたのも川太郎の行い故。
仕方ないね。

大助も立派な爺ちゃんになっています。
ぷぷ

やっと会えた兄弟ですもの。
皆、泣いていいのか笑っていいのか困りますよね。
へへ

任せましょう。
v-410

おおみんな無事!!

よかったよかった(^^)

でもそれにしても……河太郎の病気が死病だとは。

自業自得、といいきってしまうのはちと気が引ける人間でありました。

自分のブログの登場人物には非業の死を遂げさせてなんとも思わないのに(爆)

あっそうそう、去年話題をさらった「花のズボラ飯」、面白いマンガでした。もう笑って笑って(^^)

オロと大助が再会できたのは、本当によかった(。・ω・)ノ゙
いくつに成っても兄弟は良いねぇ~♪

川太郎深刻な病気なんだ!!
まま子~!

つづき。。。かぁ><
待ちどうしいなぁ

川太郎が病気になるの?
死の病って。
狸兵衛と狸七の時みたいになっちゃうのかな?
みんな勢ぞろいしたのに、まま子はどこにいるの?
どうなっちゃうんだろう?
ポチっと!

こんばんはー

 感動の再会、ですね~
 年は経ても兄弟は兄弟。見えない何かで繋がっているでござんす。

 川太郎さん、既に瀕死なんですね……
 登場した時点でヨレヨレな予感がします。死ぬ間際まで元気だった悪狸さんと比べると可哀そうに感じますねv-292

 

こんばんは♪

やっとオロは大助に会えましたねぇ~
もう二度と会えないと思ってたふたりだけに、
本当によかったと思いました。

ガスも囚われていたのではなく、
川太郎様の病気を治すために、連れてこられていたのですねぇ。
狸七と同じく、ただの河童になってしまったのでしょうか?

ガスもどうですが、みんな男子はお蜜様の前では赤ちゃんか幼稚園児のように
なってしましますね(笑)?
それだけ魅力的で寛容な人(狐)になったんでなぁと感心(何様?私)して
しまいました。

五黄様やノン吉では手の施しようがないのでしょうか?
河童国はこの後どうなっちゃうのか・・・
先が気になります♪

良かったよーー(´Д⊂。・゜・。

ああ!!良かったーー!!!
大助もガスもひどい目に遭って無くて
本当に良かった(´Д⊂。・゜・。

で、
川太郎さん・・・・・・・
川太郎さんは狸七みたいに手遅れにならなくて済むのかな??
みんな幸せになって欲しいよ・・・・・・
悪い奴らは改心して欲しい。
ああ、どうなるのかな???
すっごく続きが楽しみです!!!

かっぱ好きな梶には、いつもいつもたまらない挿絵です(^^)

お~~!!とうとう屋敷の奥に着いたね・・
オロと大助の再会・・・皆の涙がすべてを語っている・・
それぞぞれの思いが、湧き出てきたんだね

川太郎が普通の河童に??
五黄達も現れて・・何が起きるの??

和洋折衷のこのお屋敷・・なんかとても興味あるなぁ~
そういうの好きなの、なんかレトロな雰囲気がする・・・

そーかー、、、良かったな~、無事に出会えて。

でも、え゛ーーーーっ!大助しゃんって、こんなに老人だったの??
そっか、、、月日が経ってたんだもんね。

ガスも、なんか性格が変わってる?
でも、苦労したり驚いたりしたんだから仕方ないよね。(笑)

和洋折衷のお屋敷の挿絵、よろしく~~♪興味深々ですもん♪=^ェ^=

遅くなりました~

これから戦いが・・・とおもったら、
違う展開にびっくり。

またまたびっくりする展開になるのかな?

こんにちは

つかのまの
∃ヨヨョョ。+゚(ノД`)゚+。ョョヨヨ∃
で、
また次どうなるんでしょうね~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ポール、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

無事でしたぁ。
バトルはなしでござる。

仕方ないですね。
理を無視していればそうなります。
狸七も生きていたとしても、いずれそうなっていたと思います。

気分がノリノリだから、今はラブゥ路線なのだな。
納得。
v-391

メルロンちゃん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

いいもんだよねぇ。
二人共、良い魂の持ち主だったから尚更だよね。

命が尽きようとしています。

嬉しいお言葉でござる。
頑張りやす。
v-410

きらたるちゃん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

もう尽きようとしています。
ギリで間に合ったみたいな。
このままだとそうなります。

まま子ーー呼んでいるぞーー
へへ

いつもありがとニャン。
v-410

由ちゃん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

その通り。
血肉を分けているのだもの。
分かり合えるのが本当なんだよね。
この二人を見習って欲しいよ。

ぷぷ
ここは敢えて何も言わないよう。
v-389

さやいちちゃん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

ですね。
良い魂を大助は持っていたのでしょう。
だから再会ができたのだと思います。

その通り!
やり方が間違っている。
そうしかできない。
キロと同じですね。
頼めばいいのに下げる頭も知恵もない。
愚かです。

お蜜は光り輝いているもの。
粋な姐御なんじゃないかな。

がんばります。
v-410

かじママちゃん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

はい、爺ちゃん達は長の年月を生きているだけあって図太い。

どうでしょう?
苛々させて、最後が不幸になったら読んだのが損だわよね。
そんなわけねえって!
すんぱいすないでぇな。

がんばりやす。
v-391

kaziさん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

河童族はお好き?
私も大好き。
こんな素敵な種族はないよね。
自前の皿があるから、バイキングが楽だわ。
ホッホホホホ
v-389

ぶるーさるびあちゃん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

ですね。
会いたくて会いたくて仕方なかったのですものね。
良い兄弟です。

どうなりますやら?
ヒッパレーーー

私も大好き!
レトロがいいよね。
もう少し画力がアップしたら描けそうな。
v-388

ルビィちゃん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

無事に会えました。
やっとだものね。

百年は生きているかと・・・
骸骨よりはマシみたいな。
へへ

あれが元々です。
特に気を許した相手には可愛くなるみたい。
可愛いかどうかは・・・
疑問だけどね。

ごめんちゃい。
今に描けるようになりたいです。
画力がそこまでいかないのよ。
スンマソ。
v-409

Mieちゃん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

どういたしましてぇ~

バトルはナッシングだね。

微妙・・・
へへ
v-410
とにかくガンバルゾーー

広報ミヨっちゃん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

もうクライマックスだからねぇ。
そんな大したことはないような・・・
へへ
v-389

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

きゅー助がオロたち兄弟を見て少しだけ寂しかったっていうの
なんか わかる気がする!
でも それでもオロの気持ちに寄り添って嬉しかったというところが
とっても偉いよ。
もう こういう存在ばかりになったら
それこそ みーんな兄弟姉妹になれるよねぇ。
ついでに私も混ぜて~(笑)

何時も面白おかしく拝見してます・・・・(*^u^*)

出会いはドラマチックに。
そこに戦場など場所は関係ない。
それを教えてくれる絆のシーンですね。
再会はドラマチックな方がいいですからね。どのような状況でも。
勉強になります。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ご無沙汰でした。ごめんねi-230

それにしてもガスと大助無事で良かった、良かった。
みんなの喜ぶ様子が浮かぶよう。
川太郎は瀕死の状態。何故?自業自得なのかな?
普通の河童になってしまったの?それに何故大助とガスは
川太郎の看病をしているの?疑問だらけ・・・。

五黄とノン吉が部屋に入っていってこれから何がおこるのかな。
わくわくするよ。

園長さん、いらっしゃーい!

おはよーv-411

なんかいじらしいよね。
気持ちが何となくわかっちゃうよね。
へへ
オロが大好きだから、オロが嬉しいことは自分も理解をしようと思ったのでしょうね。
キュー助にとり、オロは大切な兄さんですものね。

だよねぇ。
何かあっても分かり合えるよね。

いつでもいらっしゃーーい!
v-392

ohagiyamaさん、いらっしゃーい!

おはよーv-411

ありがとうございます。
頑張りやす!
v-91

LandMさん、いらっしゃーい!

おはよーv-411

ですね。
絆って大事ですものね。
オロと大助には長い年月がありましたが、
ようやく会えました。
そして、ガスも大助という親友ができて嬉しいでしょう。

そんなとんでもよしこさん!
古すぎーー
こちらこそ勉強をさせて戴いてます。
v-410

うにゃままちゃん、いらっしゃーい!

おはよーv-411

気にしなくていいよん。
来てくれるだけで嬉しいよん。

川太郎の病の原因は、間違った行いをしていたから。
本編で神様が語っているように王族は理の具現者なのね。
民は間違っていれば裁かれたり、償うことも出来る。
だけど王族にはもっと厳しいのかもしれない。
知らないうちに永遠の魂でなくなり、病もするようになる。
また運も尽きてくる。
狸七が九市と刺し違えて死んだのも行い故、唯の狸になっていたから。
大助は父親が亡くなった後を継いでいた。
生き長らえさせられていた。
オロに会いたい一念もあり、会わせてくれるというキロの言葉を信じてついて来たのね。
川太郎の病は、人国の大助が持ってきた薬では効かず、ますます病が重くなり、
頼めばいいのにそれができずにガスを誘拐した。

筋は本編の七章で川太郎の行い、オロが河童になった理由。
十章で狸七の行いと結果。
そして大相撲では24のキロの話で詳しく書いてあります。
それで疑問は解けると思うにゃ。
長いけど読んでみて下さいね。

山場ですね。

v-410

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

 のくにぴゆう

Author: のくにぴゆう
猫国の住民達の物語を書いています。
作者はコメを食べて生きてます。
コメくださ~~い!
ブログ内の小説、画像の無断転載、コピー、転用は禁止です。

もくじ
最新記事
リンク
当ブログはリンクフリーです。
最新コメント
いろいろ
今まで紹介をしなかったのですが、それも変だなと 三ニャンを宜しくお願いします。

母のみーです。 mi3.jpg

息子のちーです。 chiko1.jpg

娘のぽーです。 po1.jpg

揃い踏み mcp1.jpg

木登りおーちゃん Ochan.jpg

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ





検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
pictlayer
画像をクリックすると大きく、もう一度クリックすると閉じます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。