スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大相撲 45 幸せ~~

前回



目の前に山と積まれた食材にセロとキロは目を丸くした。コロにまで見せる思いやりのある姿に、猫国の本質を見た思いがする。

ノン吉の元、今からすることがきっと河童国のためになると心から思えた。二人は勇躍し一目散に走っていく。



はじまり、はじまり




挿絵参照↓↓↓  絵をクリックすると大きくなります
happy2.jpg

コロは背中にノン吉の温かさを感じて至極気持ち良かった。ノン吉の毛は短毛だが驚く程柔らかい。

『生きてて良かったーっ』と思った。

大変なのはオロときゅー助。もの凄い速さによる風圧と、ノン吉が羽ばたく度に空気が玉になってオロ達を襲う。


ひいーーッ


ぐるびぃー


オロもきゅー助も『二度とこんな思いはたくさんだ』と思う。その内に、騒いでいた二人は黙り込んでしまう。

足にしがみ付くのに必死で口を開けると力が入らないからだ。いくら温(ぬく)もり玉が腹に入っているとはいえ、水の中ではない。

予想外の空を飛んでいるのだ、二人は意識が朦朧(もうろう)として来る。

しっかりしろー!もう少しだぞッ」

オロ様ぁー!きゅー助様ぁーッ、あそこです!あそこまでの辛抱でーすッ!」

コロも二人を元気づけようと必死に声を出す。

「?・・・・」

コロの声に気が付き、きゅー助が目を開けた。黒く大きな屋敷のシルエットが見える、灯りもまばらで幽霊屋敷のよう。

「オロッ、オロッ、見て見てー!後少しだよぉーッ」

「あっ?ああ見えるよ、、、頑張ろぅぅ、がんばろッ・・・」


オロッ!しっかりしてー!


きゅー助は痺(しび)れてガチガチになった手を離し、オロの背中に手をやる。きゅー助の片手の力が抜け、ズルズルとノン吉の足からずれていく。

「きゅー助ッ、きゅー助!両手で持つんだ!
頑張れーッ!



ノン吉様ーッ、あそこに!あそこにッ!


コロは屋敷の裏庭と思われる場所を指差す、手入れが行き届いていた時にはさぞや美しい庭園だったのであろう。

今は空から見ても木や草が枯れ見る影もない。ノン吉は急いで急降下したい処だったが、足に掴まっている二人を思いやり、ゆっくり優しく降りて行く。

『そっ』と地面に着地した。三人とも直ぐには立てなかった。オロときゅー助は凍え、足首をずっと強く掴まれていたノン吉は足に感覚がない。

「皆様ッ!大丈夫ですかッ!?」

「ああ。、、、へっ、平気さッ」

「おッ、おいらも、へッ、へッ、へ平気だだよッ」


ぶるぶる


「おッれ、れ、れ、もももッ...」


プルプル


「ここは裏庭ですから誰も来やしません。少しお休みしてて下せえ、あっしは門番のセンを呼んできますから」

「大丈夫なの?」

「へい、あいつは今日は徹夜のはず。信用出来る仲間です」

「それじゃ、頼むよ。少し休まねえと俺達使いものにならねえものな」

ノン吉は足を擦りながら力の入らない足を見せる。コロは張り切って走っていった。

「ノン吉兄さん、桃吉はちゃんと出来たかな?」

「そだよね、心配だよね~」

「大丈夫だよ、あれでもやる時はやるんだから」

「そだよね!おいら改めて桃吉に感謝したの」

「どうして?」

「うん。だってこんなに短い間、空を飛んでいただけなのに、おいらったら、からきし意気地がないよ。

其れに比べて桃吉は何日もおーてんと空を飛んで来たもの。その上おいらを助けてくれたんだもん」

「そうだったよなー、あいつすげえよな」

「ふふ、そう言うお前達だって中々だよ。おまえら、本当にいい友達だな」

「へへ」

「俺、河童になって本当に良かった!大助に誇れる」

「そうだな。まずは大助を救いに行こう!」

「でも、ガス先生は?」

「オロ、あの爺は元から乾涸(ひから)びてんの。吸い出し岩に引っ付かれても変わんないよ」

「ぷぷ」

「おいら、会うの楽しみー!干物先生に、、、」


ははは


三人が休んでいると走りよって来る影。二人だけかと思っていたら、意外にも大勢がこそこそとノン吉達の元へとやってきた。コロが嬉しそうに挨拶をする。

「ノン吉様、思わぬ嬉しい事が有りました」

「どうしたのよ」

「めったに集まらない味方たちが、不思議なことに今日は全員揃っています」

「まさに天の計らい、やれってことだな」

コロは大きく頷くと一際大きい声を出す。


こちらが『天翔猫のノン吉』様、
狸国の弟様の『オロ』様に、同じく『きゅー助』様だ!



「へいッ!」

返事をした河童はとても大きな体をしていた。顔は何だか岩みたい。

「へへーぃ、お初にお目にかかりやす。センと云うケチな河童です」

センは言ったきり、黙り込む。コロに言われて来ているのだろうがノン吉達に心を開いてない様子。そんなセンの心が分かるノン吉は琴線に触れることを言う。

「ふふ、俺はノン吉だよ。センは大きくて立派な体をしてるね。力も強そうだー」

「え?そんなあ~、照れちまいやすよ、、、」

照れて笑う顔は中々愛嬌がある。センは一辺でノン吉が好きになった、単純である。コロは他の者達を紹介するとさっそくノン吉達に報告をする。





毎日の1ポチがウルトラ励みになります。
\(^o^)/ 
★ぽちっとお願いしまーーす★

猫国ランキングバナー①

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ぴゆうリーヌ、こんばんは^^
やっとこさ、やって参りました(笑)

あらためてノンさまの大きさ、懐の深さに驚嘆!
心を閉ざした相手を懐柔させる術など、わたくし持ち合わせませぬ。
そんな奴には「なにを突っ張ってるんだぃ!いいさ、それなら放っとくさ!」
吐き捨てる様に言って・・・はい、おしまい。へへへv-356

一応この歳まで生きてますのでね、表面を取り繕う事ぐらいしますわよ。
ですが心の中は・・・チョッキ~~~ン♪
氷の様に「冷たい婆ぁ」でございます。
10分の1でいいから、この度量が備わっていればねぇ・・・(笑)

さてさて、河童の国の今後を頭の中で予想しつつ、今夜はそろそろ休みます。
今日は疲れた一日でした・・・ふぅv-355



管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

おお~~!
展開してる~、お話が・・。
わくわく、ドキドキ。
簡単コメントで申し訳ありません~~!
ゴメ─(lll-ω-)─ンね!
ぽちっと!!(急ぎ足~~笑)

ああ!ほんとうだ、前回見たかったシーンが、挿絵に。
迫力のある、イイさし絵です~。
イケメン河童もいいけど、やっぱりノン吉は猫の方が好きです^^

しかし、コロと二人の待遇の差ww
ひとっ飛びするのは、楽では無かったですね、足の二人には(笑

さあ、到着そうそう、また新しい河童くん。
彼はどんな河童さんなんでしょう。
ノン様に惚れるなよw

ハラハラ・ドキドキ・・・無事にたどり着いて
よかった。途中で落ちちゃったらどうしよ~
なんて思って読みました。

ノン吉さまは、容姿だけでなく、心も素敵。
だから相手から好かれるのね。。。
私も、あのお顔で、あの心で
褒められたら、とろけちゃう。

おおおおおおお。。。。。。

新しい仲間
いいなあ
どうなる


どうなる


どうなるんだあああ

すっごく 気になる^^
まず 相手を 褒める
大切なことですね。。。さらりとできるなんて
やっぱり凄い^^

ちいーっ。llamaさんいそがしそうだったので、llamaさんより先にコメント出来るかなって思ってたら、もう、コメントしてあったぁ~。足を持たれてるノン吉も大変だけど、もろに風を受けてる2人もきっと大変だったでしょう。だって裸なんだもんなぁ。ガス先生、確かに干からびてるけど、そのうちもろくなって、衝撃でぼろぼろにならんかなぁ?心配だ。

ぴゆう様
改めまして私は鈴子です、宜しくお願い致します。
有り難うございます<m(__)m>

毎日訪問しましたら必ずランキングバナーをチェックしますね!
挿絵もとっても可愛いです♬

俳句や川柳の方も楽しみに読ませて頂きます。勉強になります。
こちらの方も宜しくお願い致します。

こんにちは^^
岩みたいなセン。見た目よりも神経はデリケートだったりね、するんですよね。^^
きっと使える男なんでしょう。^^
誠実で思いやりのある、この軍団の魅力。増えて行く仲間もまたしかり。^^
頼もしい。^^
ささ、集まりましたよね。^^
益々楽しみですよ~~~。^^ノノ

私もコロになりたいかも^m^
足につかまって飛ぶのは勘弁だけど、
抱っこ状態だったら、空も飛んでみたいなー♪
オロにきゅー助は・・・ 
落ちなくってよかったわ! お疲れ様でした(笑)

ノン吉、さすがに心を開かせるツボをわかってらっしゃる^^
本当にすごいなぁ~
私もそのパワーが欲しい物です(笑)
さてさて、これからの展開
ますます目が離せなくなっちゃいそうね^^

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

おおっ七人の侍か十三人の刺客か。

がんばれいいもの軍団!

おぉ~!新しい仲間!!
どうなるんだろう?!
目が離せないなぁぁぁ^^

私もノン吉に抱っこして貰って空を飛んでみたいにゃ~♪

きゃぁ~~!!私の大事なオロ様!・・
凍えてしまった・・大丈夫かなぁ~(T.T )( T.T)心配ダァ~
でも・・なんとか無事に着いたようで・・あ~良かった♪

河童国のこれからは皆のその腕にかかっている!!
頑張れ~!!

こんばんは~~(^0^*)ノ

無事に着いて良かったあ!!!
コロさんも、幸せが感じられて本当に良かったね!!
これから本当に幸せがみんなの手で
実現する・・・・・・
みんな頑張ったもんね!!!
これから、ワクワクすることが起こる!!!
楽しみだあo(≧Д≦)o

おはようございます~~♪
凄い!!両足にしがみつかれても飛べるんですね~~♪
オロときゅー助が必死でしがみついてる表情がよくでてますね。
私はコロみたいに抱っこされて飛んでみたいです~~(。^p〇q^。)プッ

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

今回も、ものすご~い臨場感で!!!

一緒に飛んでるような気分になりました!(≧▽≦)

シャガールのあの有名な絵を思い出しましたが、、、
抱きかかえられているのがコロじゃね~。(≧m≦)

ガスはいつ登場するんだろー?

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんにちは

まるでコロだけが
ファーストクラスな
空の旅ですねw

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんにちは

いろいろありがとうございます。
しばらく十二国記読破やまだやっていないゲームクリア目指して頑張ります!
(いえ…それは趣味で、ほかにやることはたくさん…)

これから、ノン吉の腕の見せ所でしょうか?
河童国も猫国のようにあったかくて優しい国になれますように

こんちは

いよいよだね~。
それにしても空を飛ぶっていうは難儀なんだね~。
桃吉って凄いね~。

こんばんは……

 熱が下がらない……
 今回の風邪はかなり長引いて厄介ですね。人生最悪クラスかもv-292

 ああ、空が飛びたい。
 しっぽ生える葉っぱでも、赤いマントでもいいので空を飛ぶ道具をください~
 フワフワしてるから言ってる事もフワフワ~ああ、気分的には飛んでるかも~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ラマリーヌ、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

ノン吉は五黄と同じで、基本、皆が好きなのね。
それに爺だし、河童の甲らより年の功なんちって。

何をおっしゃいますことやら。
わたしは怪獣じゃない!
懐柔されております。

人って毎日、仏になったり鬼になったり忙しい。
死ぬ前に人生を振り返って凡そ平であればいいと思う。
私の理想。

だよね。
本当にお疲れ様、でも一安心だね。
猫国の皆も一安心しました。
v-398

きらたるちゃん、いらっしゃーい!


こんばんはーv-411

そうなのよ。
やっと走りだした感じ。

ムリはしなくていいよん。
いつもありがとにゃん。
v-392

limeちゃん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

ムフフ
どわってぇ~ノン吉は猫国のv-354スターですもの。
ホッホホホホ
ふむふむ、それは言えてるね。

この二人は王族だもの。
落ちても死なないもんね。
けけ

男河童が惚れるだに。
変な意味じゃなくて、センは良い奴です。
ご贔屓してね。
v-392

Mieちゃん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

一度落ちたのがいるものね。
今は羽があるけどね。
へへ

あれまぁ!
そんな事を知ったらMieちゃんを夜中にかっさらいに行きますよ。
内緒にせねばーーー
旦那ちゃまに恨まれちゃう。
v-404

あゆみちゃん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

センは中々良い奴なんですよ。
ご贔屓にしてね。

何つったって爺猫だもんね。
けけ
皆でこの河童国を良くしようとしていること。
それには河童達が支えてくれなくてはね。
センは若手のリーダー的存在。
アタマと仲良くなれば、これからが遣りやすくなります。
v-389

むらななちゃん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

ぷぷ
姉さんはいつもいの一に駆けつけてくれますねん。
全く有難いことです。

そうなんだよねぇ。
だけどこの二人は王族。
落ちても死にませんからね。
少々、手荒くしても平気です。
けけ

キャハハハ
むらななちゃん、マジオモロイなぁ~
腹が痛いよ。
ガスに言っとこう。
それ以上ボロボロになるなって!
v-389

鈴子さん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

こちらこそです。
とてもステキな俳句。
金銭じゃない!
琴線に触れましたわよ。
ホッホホホ

宜しくお願いしますね。
少ないとやる気が無くなりますねん。

勉強になんて全くなりませんことよ。
キッパリんこ。
ニャン族は酷いものです。
会長のお夏はいつも嘆いています。
v-390

マダム、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

そうそうそうなのよね、よくわかってらっしゃる!
使えます。
ていうかデカイから居るだけで存在価値があるみたいな。
へへ

ノン吉達も嬉しいでしょう。
やり甲斐を感じますよね。

ガンバリやーーす。
v-391

★すももママ★ちゃん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

コロがメロメロ嬉しそうだものね。
フワフワのモコモコなんだってさ。
夜中にノン吉に抱かれて星空のランデブー
どう?
ニャハハハ

落ちても平気よ。
王族だから死なないもんね。
けけ

ノン吉に聞きましたわよ。
コツは煽てるのでなく、褒めること。
煽てるには嘘が混じるけど、褒めるのは本当。
だってさ。
お試しあれ。
v-392

ポール、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

怒れる河童軍団というのはどう?

がんばりやーーす。

大分落ち着いたのかな。
しかし寂しいノォ~
v-390

メルロンちゃん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

ニューフェイスというには余りに岩みたいかも。
次回はセンのドアップで行きます。

そんなお誘い文句を言うたら
夜中にかっ攫いに来るわよ。
旦那ちゃんに怒られルゥ~
ニャハハハ
v-410

ぶるーさるびあちゃん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

きゃーーーそうだったわーーー
だけど二人共王族だから、落ちても死なないよ。
心配しないデェ~
あれでも逞しいのよ。
ホッホホホ

がんばりやーーーす!
任せてくらはい!
v-391

かじママちゃん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

その通ーーーりだい。
そうでなくちゃならんもんね。

艱難辛苦を耐えて来た河童達。
とても辛抱強いよね。
その労苦が無駄でなかったと思えるようにならなくてはね。

その為の力添え、ノン吉達もやる気満々だよ。

ガンバリやーーす。
v-391

りんだちゃん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

ですね。
けけ
考えれば、お紺を入れた籠にでも入れてあげればいいのに。
男には厳しいノン吉です。

勿論、りんだちゃんならお姫様抱っこでしょう。
ムフフ
v-392

ルビィちゃん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

ほんまでっか。
ヨカッタで御座ーーる。

キャハハハ
嬉しいような申し訳ないような。
へへ
コロは夢心地ですね。

内緒だよーー
ヒッパレーーー
v-441v-441

広報ミヨっちゃん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

どわってぇ~
コロは普通の河童だもの。

オロもきゅー助も王族。
落ちても死なないよん。
へへ
v-392

ふんわり♪ちゃん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

とんでもないよぅ
しかし寂しいノォ~

ふむふむ。
十二国記は長いし楽しいよね。
しかし、泰麒はどうなったんねん!
そりゃないだろうだわ。
十二国記のことを話したいにゃーー

その通りだね。
まっノン吉のことだから・・
へへ
v-392

かぶちゃん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

だよね。
桃吉は意外に意外と男らしいのかもね。
知らんかった。
キャハハハ
v-389

由ちゃん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

マジか!
困ったノォ~
私も去年に酷いのに罹ったからよくわかる。
とにかく安静にするしかない。
お大事に。

飛びたいよねぇ。
何故に人は樹上から降りたのか。
始祖鳥のように飛ぼうと思わなかったのか。
残念。
v-403

ぴゆうちゃんこんばんは。
ノン吉は本当に心優しい猫(今は河童だけど)ちゃんなのですね。
みんなの心も優しくしてしまう思いやりの深い猫。
心を開いてないセンの心すら虜にしてしまうのだものね。

屋敷に着いてコロの仲間も集まった所でどうなるのかな。
楽しみだよ~。

こんばんは!
 
先日はご来訪頂き、ありがとうございましたっ。
引き込まれるようなお話、そして素敵な挿絵、
いつもワクワクしながら拝見させて頂いております。
 
次の記事も楽しみにしています!
今後も仲良くしてくださいね~。
 

こんばんは、

空を飛ぶのって思ったより大変なんだね。
みんなお疲れ様(_´Д`)ノ~~オツカレー

ポチ☆彡

うにゃままちゃん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

ノン吉にしてみれば、皆、可愛い弟のようなものです。
大昔に沢山の幼い兄弟と暮らしていたので扱いは慣れたものなのでしょうね。
へへ

これからです。
皆の頑張りを見守ってやって下さい。
v-410

mamemocci さん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

こちらこそ、余りに可愛いお目目にドキューンでした。

ありがとうございます。
嬉しいです。

私もどんどん遊びに行きますので宜しくお願いします。
v-410

kazkolineちゃん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

ぷぷ
寒いし、風は強いし。
二人にはきつかったね。

いつもありがとにゃん。
v-410

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

 のくにぴゆう

Author: のくにぴゆう
猫国の住民達の物語を書いています。
作者はコメを食べて生きてます。
コメくださ~~い!
ブログ内の小説、画像の無断転載、コピー、転用は禁止です。

もくじ
最新記事
リンク
当ブログはリンクフリーです。
最新コメント
いろいろ
今まで紹介をしなかったのですが、それも変だなと 三ニャンを宜しくお願いします。

母のみーです。 mi3.jpg

息子のちーです。 chiko1.jpg

娘のぽーです。 po1.jpg

揃い踏み mcp1.jpg

木登りおーちゃん Ochan.jpg

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ





検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
pictlayer
画像をクリックすると大きく、もう一度クリックすると閉じます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。