スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大相撲 33 縁(よすが)の森   

前回

貞が喜んで来てくれる国にしなくてはと心に誓いながら、まま子はお蜜と共に水球に乗り、井戸の中に消えた。



はじまり、はじまり



話は少し前に戻る。

ノン吉に言われ、菰傘(こもかさ)村に向かって飛んでいる桃吉は暗くなって行く空を眺めながら『ひぃーいッひぃーッ、ぜえぜえ』と声を出している。

「ひぃッひぃッ、しんどいよぉぉ~ッ!こんなことなら、もう少し手羽を鍛えておけば良かったよ~」

ノン吉や桃吉の羽はうーてん達の羽と違い、トンボの羽に似て薄く丈夫である。ノン吉はその羽を思う存分いかし世界一の飛行速度を誇る。

桃吉は羽を貰ってから数える程しか飛んでいない。一人で飛ぶのは今回が初めてと云っていい程なので、まったくもって頼りない事甚(はなは)だしい。

ノン吉先生の教えを理解していれば、二百メートル程上空を飛び西風に乗れば、大して羽を動かさずに菰傘村まで飛んで行ける。

だがそんな事はすっかりこん忘れている。低い所をひたすら羽ばたいているから、疲れて仕様がないのだ。

あ゛ぁ゛~~~ッ、くらくらする~ぅ~羽の元がダルいの~ぉ、マッサージして欲しいぃ~ッ」

ぶつくさ独り言を言いながら、飛んでいる。

「初飛行はうーてんの家に行く時だったけなあ。今はこうして俺だけなんて、、、すげー事だわ!うん!すげーよ。

俺はすげぇえーーーのだ!俺って、かっこいいーーーーッ!『ニャ~☆』なんてメス猫にもてちゃうもんね~。うひひひ」

又はじまった、桃吉特有の自惚れである。変な猫。晩秋の日は短く夜は長い。暗くなっても桃吉に問題はない。深い針葉樹の森が見えてきた、先の尖ったシルエットが等間隔で綺麗に並んでいる。

挿絵参照↓↓↓  絵をクリックすると大きくなります
yosuganomori.jpg


きぃぃーーん!桃吉様のお通りだぁー!


ご機嫌だ。先の方に『ボーッ』っと仄(ほの)かな灯りが見える。

「あれ?この辺に誰か住んでるのかな?腹が減ったから、何か貰えないかな?喉も乾いたし、、、ちょっとだけの休憩ならいいかな~」

一瞬でもそんな事を考えるとお腹が『ぐぅーっ』と鳴り出し、途端に喉がひりひりしてくる。灯りの真上に来て降りようとした。

はたと考える。

「あれ?あれれ??どうするんだっけ?えーとえーと、、、飛び上がるのとは逆にすればいいんだから、、、兄貴はどうしてたっけ?あれ?あれれ??うーてんは、、、羽をこうしてたたむようなあ、、、

『ニ゛ャ゛ッ!』

ぎゃぁぁあ゛ああーーー!

あぁぁーーーーーーーーーーーーー

ふんぎゃぁぁあああーーーーーーッ


桃吉の羽はうーてんのような鳥の羽とは違うので空気を含む事がない。うーてん達は羽の空気を逃がしながら、ばさっばさっと優しく力を抜いて降りて行く。

桃吉のような虫の羽は降りる方向に頭を向け、羽ばたきを止めれば、自然と滑空するように降りて行く。
なのに、もたもたする内に羽を畳んでしまったものだから、真っ逆さまに墜ちていく。

得意である。針葉樹の葉にガサガサ当たり引っ掻き傷を沢山こさえ『ドサッ!』と地面に落ちた。

「いッ、痛いニャー、痛いニャー」

「あれ?河童だよ!」

「え?あら本当だわ」

桃吉が目指した灯りは小天狗達が熾(おこ)した焚(た)き火だ。

「へっ?誰なの?・・・・あれれれ!【煤煙坊すすけむぼう】に【墨姫すみひめ】だよ」

桃吉の目の前に居るのは二人の小天狗だった。

「どうして、河童が空から降って来るの?」

「どーして、二人で居るのよッ?」

・・・・・・

お互いが無言である。

「羽の生えてる河童なんて聞いたことないよ」

「不思議ねえ」

「えっ!俺?俺だよー桃吉だよ!あっ、そうだ!今は河童なんだ」

「何言ってるの?あんたは見るからに河童だよ!」

煤煙坊は疑っている。

「へへ、良いオス河童かな?」

「・・・・」

「このノーテンキ振りは桃吉そっくりだよ」

「本当ねえ、話し方も似ているし」

「ぶぅーーッ!どうせノーテンキですよーだ!」

「お墨ちゃん、どうやら桃吉に間違いないようだね?」

「そのようね」

「だけど、何で桃吉さんが河童になってるのよ?」

桃吉はこれまでの経緯をかいつまんで話した。

「それでもって兄貴に言われて、俺はさあ~菰傘村に用事があって・・・(?ちろッ)む・む・む・む・む、、、あっ!手なんか繋いでるう~」

煤煙坊と墨姫は『パッ!』と手を離し、もじもじしている。怪しい。
すごーーーーく怪しい

小天狗達のおよそ三分の一は女である。女だと言われないと見た目は全く同じなので分からない。名前に『姫』か『子』が付くのでそれで判断をする。

桃吉も全ての小天狗達の個体識別が出来ている訳ではないが、天狗達と仲良しなので大分覚えて来ている。

【煤煙坊】はうーてんの子分【墨姫】はさーてんの子分。比較的良く会うので桃吉とは顔見知りだ。

「何かあるもんねぇ~~~怪しいもんねぇーーー!」

桃吉、すり傷の事も腹減らしものど乾きも全て忘れている。気になって仕方ない。

「二人だけでぇえ~、そりも、こおーんなにこぉーんなに深ぁーーーい森で何してるのかなぁ~~~?なぁ~んて!」

「・・・・」

「いいよ、教えてくれなくても。うーてんとさーてんに言付けちゃうもおーん」


ダメーーーーッ!!


やめてぇーーー!








毎日の1ポチがウルトラ励みになります。
\(^o^)/ 
★ぽちっとお願いしまーーす★

猫国ランキングバナー①
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

あら、今日は早めに来れたかな?

そうそう、桃吉、忘れてたよ~。
こっちもどうなるのか、わからないねぇ。
ん?
何だか、仲良しの小天狗カップル?
あやしい~~~ヽ(*>∇<)ノヤッホーイ♪

桃吉そういえば飛んでたんですね。
ノン吉の教えも忘れ、飛行初心者の
桃吉は苦労してるけど、その割りに余裕あること
考えてるね。性格なんだね。

小天狗のカップルの行く末は?桃吉からかいすぎ・・・。

桃吉、主人公だろお前(^^;)

なにしとるんじゃまったく(^^;)

こんなことしていたら愛想尽かされちゃうぞノン吉たちに(笑)

でも烏天狗さんがついていたらひとっとびですな……って、それもそれでなんだなあ(^^;)

桃吉くんは最後にはやりぬいてくれることを信じていますが……。

イケメンが空から降ってきた~
これは驚くだろうな。。。って
イケメンじゃあなくてもびっくりするわね。

それにしても、飛べるのに、思うように
飛べないってもどかしいですね。。。

んまっ・・・針葉樹の森の素敵な挿絵に見とれていたら!!
この灯りは『あいびき』の灯りかぃv-343 ←く~っ、表現が古いねぇ!
しかも、うーてんにもさーてんにも内緒!?
むふふふふ・・・益々、あーやしぃぃぃぃぃv-402・・・ポ

それにしても、桃吉の危なっかしい事。
本来の目的、達成できればいいけどね。

あぁ、鳥の羽&虫の翅の違いなんだね。
飛び方も止まり方も、考えたことなかったよ。
確かに構造が違うからねぇ。
これは、面白いねぇ!

・・・てか、ガンバレ桃吉!!!!!

こんにちは

 桃吉、久しぶりですね。
 でも、見た目が違っても、すぐ桃吉だって信じてもらえるのは
余程、桃吉の個性が強いのか、それとも、この世界の動物たちの
考え方が、違うのかなあと羨ましく思います。
 今、はまっているゲームが見た目の違うの2つの種族の争いがテーマで
こういう世界なら、きっとこのゲームは成り立たないなあと比べてしまいました。

桃吉、ノン吉の教えは・・・^m^
右から左だったみたいね~
でもなんとなーく、桃吉らしくて面白い(笑)

しかも落ちた場所が
明らかに、小天狗達のお邪魔虫だよねー^m^
気がつかないのも、桃吉らしくて(笑)

この調子で、無事に飛んで行けるのかな?
ちょっと心配だけど、行き先が楽しみです!

こんにちは^^
うほ!!
なんだか可愛らしいロマンスですね。^^
そしてそして、ほんとに、まあ、今日のイラスト、素敵!!
桃吉。頑張って飛ぼうね。^^ノノ

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

桃吉のジタバタした飛び方がカワイイです♪^^

そして、森の中の「ぽっ」と灯った暖かい光がいいですね~♪

そーなんだ!小天狗は子供の天狗で、大人になると天狗に
なるんだと思ってましたが、違う種類なんですね!!

そして、このカップルの微笑ましい~こと♡♡ラブですね~♪(*^^*)
なにか重要な役割があるんでしょうか!

そっか、今は河童なんですねぇ。つい私も忘れてました。でも、せっかく飛べててるのに、落ちちゃダメですよね。もっと上手になって、すいすい気持ちよく飛べたら・・・。うらやましい。私も飛びたいです。この2人怪しいですねぇ。もしかしてラブラブ。手をつないでるの見られてた、もう言い逃れはできないですねぇ。桃ちゃん、白状させてください。

ひさびさの桃吉^^
そうだ、今は河童の姿だったんですよねえ。
うーてんといっしょに、お使いの途中でしたね。

しかし、相変わらずだなあ。
人の恋路を邪魔する奴は、馬に蹴られちゃいますよ~~^^
まあ、そういうところが可愛いんだけど。

今回は、旅の途中のエピソードでしょうか。
くれぐれも天狗の迷惑にならないようにね。桃吉。

きぃぃ―ん

 と、今日も飛んできました。
 なんだか、どこかのロボット少女みたいな気分になったよ~

 小天狗は性別の見分けが難しいんですね~
 名前で判別と言う事は服も同じ……天狗ソムリエ初心者の私には判別は無理そうですv-12

ハマっちゃった♪

こんばんは\(^▽^)/!

手羽を鍛えるってツボです♪

ポチ!

針葉樹の中の灯り・・・暖かそうで素敵。
私も空を飛んでたら絶対降りてみる(。^p〇q^。)プッ
それにしても河童が空を飛ぶって・・・考えただけでも面白い。
桃吉くん今回の飛行でかなり羽根にかなり筋力ついたかしら?
カップル これからどなっていくのかも興味深々~~~♪

どんな姿でも 桃吉は 桃吉なんですねえ^^
イケメン河童が 傷だらけって。。。




小天狗ちゃん達が この先 どうからんでくるのか


すうっごく 楽しみ^^

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

きらたるちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

v-314パンパカパーン
一番乗りだよぅ~

そうそう居たのよ。
ニャハハハ
私も忘れていた。
にゃんてね。

フッフッフ
外は寒くても二人はラーブラブ♡
v-398

うにゃままちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

そうなんですよ。
あれからずーっと飛んでました。
ニャハハハ

何があってもノーテンキは相変わらずです。

さてと・・・
秘密だよぅーーーー
v-392

ポール、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

ホッホホホ
そうざんした。
影薄ぅーーー
ニャハハハ

このエピはずっと先の長編の前振りみたいな?
へへ
きっと皆忘れるな、へへ

やる時はやれる子だと信じましょう。
v-389

Mieちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

我が家にもいつかイケメンが降ってこないかと・・・
カモーーん
へへ

手羽でも鍛えろだよね。
しょうもない奴。
同情しなくていいから、調子にのるからね。
v-389

llamaちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

うっきーー
ありがとうーーー
緑だらけなのに意外に大変だったんねん。
涙のあとザマス。
ホッホホホ

このままだと、どこに飛んでいくやらの桃です。

トンボはホバリングも自由自在だものね。
ノン吉は何でもOKなのにね。
桃は羽付き猫だし・・・
けけ

そうだ!ちったあ頑張れ!
取り敢えずは主人公だったんだぞーー
v-389

ふんわり♪ちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

忘れるよね。
けけ
誰が?
私が!
ニャハハハ

桃吉のキャラの所為ですね。
のほほんとしている処が愛されています。

まだまだ先があるから答えられないよぅ。
争いって永遠のテーマだよね。
v-390

★すももママ★ちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

その耳はお飾りみたいな。
へへ

そうなのよねぇ~
桃吉って・・・
いたしかたあるまい・・・

ですよねぇ。
しっかりしろと口が酢漬けになるほど言っても無理みたい。
期待そこそこで応援してやってね。
v-392

マダム、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

でしょ。
煤煙坊も煤だけに炭におけないみたいな・・・
スベリーヌ・・

アリガトニャーーん。
意外に大変だったノォ~
グチグチ・・・
嬉しいよーー
v-410

ルビィちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

全くその通り!
ノン吉と比べられないレベルの低さ・・・
先生泣かせだわ。

ムフフーーん。
いいでしょ、わたしめも気に入っていますねん。

へーーい、そうなんですねぇ。
別種族ですね。
天狗達より数が多く、妖力も少ない。
民の生まれ変わりらしいです。

ラブラブでございます。
ラブリーはいいのぉ~
そんなこと言わにゃいよぅ~
v-393

むらななちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

そーなのよ。
すっかりこんと忘れていた。
ニャハハハ

ノン吉に百年くらい教わらないとダメかもね。
ダメダメ生徒だもんね。

桃吉、こういう処だけはうまいからね。
ぷぷ
v-392

limeちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

忘れていた間、
桃吉はずっと飛んでいました。
へへ

まったくねぇ~
何も態々、そこに落ちなくてもねぇ。
デートのおじゃま虫です。

キツく言っときましょう。
耳があれば・・・
あれはどうもお飾りらしい。
きっと耳型カチューシャじゃないかと・・
v-15

由ちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

桃は元人間だから、言いたいんだな。
へへ

見分けなんてつきません!
じつはわたしも「ソンナノ無理エ」です。
v-389

kazkolineちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

鍛えどころだよね。
へへ

アリガトニャーーん。
v-410

りんだちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

でしょ。
暖かいよねぇ~
描いていてふんわりしていました。
もうーー時間がかかったんだーーー
挿絵に触れられると反応しまくりだわ。
へへ

どわってぇ~ニャンタジーだもの。

どうかなぁ~

幸アレ~だに。
v-392

あゆみちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

はいその通り。
ニャハハハ

可愛がってやってねぇ~
頼むと買い物をしてくれるよう。
お駄賃はお気持ちで。
けけ
v-389

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんばんは~~(^0^*)ノ

うふふふふ・・・
こちらは何やら楽しいハプニングが起こりそうな予感!!
って、もう起こっちゃってるか(^0^;)(笑)
桃吉ったら、せっかくイケ河童にしてもらって
おまけに、かっこいい羽まであるのに
やっぱり桃吉は桃吉だ(笑)
この、調子のいいとこがみんなを和ませるって、
得な性質を持ってるね、桃吉は(^v^*)

これから何が起こるのかな???
楽しみ楽しみv-238

二人きりの時間を邪魔するとは桃吉はいけませんね
そのままシケこませてあげないと(*´д`*)ハァハァ

かじママちゃん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

猫国も少しはラブの彩りがないと。
むふふ

はいな、どこまで行っても桃吉ザマス。
だよね。
癒し系のなごみキャラだな。
それしか似合わないような・・・
へへ

この二人にはホンワリした時が流れているような。
桃吉もしばし忘れるかな。
・・・・
使命を忘れるなぁーーー
v-391

大阪ちゃん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

まっv-16
なんてレトロな言葉を知っているの!
知っているだけじゃダメよ!
大坂ちゃんもレコとしけこみなさい!
ニャハハハ
v-389

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

そおだぁ~イケ河童達のこと忘れてたぁ~(^^;)

羽にも色々あるんだね~
気持ち良さそうに飛んでいいなぁ~
でもさ!やっぱ着陸は難しいんだな・・

河童の桃吉♪これからどおするの?
頑張ってちょうだ~いp(*^-^*)q ♪

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ぶるーさるびあちゃん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

キャハハハ
実は飛んでいたのよ。
ブブ

難しくしているのは桃でござる。
ノン吉なんて華麗に決めているもんね。

どうするんでしょ?
いつかは五黄屋敷に着くだろ・・・
多分・・・
v-403
プロフィール

 のくにぴゆう

Author: のくにぴゆう
猫国の住民達の物語を書いています。
作者はコメを食べて生きてます。
コメくださ~~い!
ブログ内の小説、画像の無断転載、コピー、転用は禁止です。

もくじ
最新記事
リンク
当ブログはリンクフリーです。
最新コメント
いろいろ
今まで紹介をしなかったのですが、それも変だなと 三ニャンを宜しくお願いします。

母のみーです。 mi3.jpg

息子のちーです。 chiko1.jpg

娘のぽーです。 po1.jpg

揃い踏み mcp1.jpg

木登りおーちゃん Ochan.jpg

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ





検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
pictlayer
画像をクリックすると大きく、もう一度クリックすると閉じます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。