スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大相撲 32 水玉  

前回

泣きながら話すまま子、黙って聞くお蜜はどこまでも優しい。泣き止んだ時、毅然(きぜん)と諭(さと)される。このままでなるものかという王女のプライドがまま子を立ち直らせる。


はじまり、はじまり


「それなら、五黄のとこにすぐにでも行かないとね!」

「そうね、そうしましょう!また、張り切ってまま子を乗せて行くか?ふふ」

「お蜜、もういいよ。あんたに乗れたのはいい想い出にしとくよ」

「どうしてよ?」

「だって、、、のろいんだものー」

ブッホホホホ

「まっ、失礼しちゃうわ!」

「ごめんね、でもここから菰傘(こもかさ)に行くのにあれじゃあ大変だもの」

「そしたらどうするのよ?」

「ここら辺に川は?」

「三笹川だけよ」

「じゃ、井戸でいいわ」

「どうするのよ?」

「井戸から行けばいいさ」

お蜜に井戸まで案内をさせる。この井戸は豆腐に最適な美味しい水が出る、商売用の大きな井戸と屋敷用の井戸の二つがあった。

「あたしのサイズから言うとこっちの大きい井戸にしたいけど、、、遠慮しとこう」

「どうするのよ?まま子」

「ここから菰傘の鈴音川に行くのよ」

「どうやってよ」

「井戸も川も底の方では繋がっているのよ。あたしは世界中を『川から井戸へ、井戸から川に』と好き自由なのよ」

「あんたはいいけど、あたしは息が出来ないわよ」

「心配要らないわよ」

まま子は井戸の釣瓶(つるべ)から水を汲(く)む、一口だけ水を口に含む。含んだ水を『プゥーーッ』と吹き出すと『あぁ~ら』不思議!水が球体を作り出す。


挿絵参照↓↓↓  絵をクリックすると大きくなります
suiQ.jpg


見る見る内に膨(ふく)らんでいく水の玉は、屋敷の庇(ひさし)に届く程の大きさになった。仕事場から貞達が驚いて駆け寄って来る。

ひやぁーッ!何ですかッ!?」


水が玉になってるよーッ!


「蓮の上の水でげすなあ、コロコロしてるでげすよ」

まま子は感嘆している貞達に気が付くと振り返る。

「貞、さっきはご馳走様。忘れられない美味しい食事だったわ」

「とんでもないでげす」

「貞に徳に亀、そして村の者にもお礼をしたいわ。何かないかしら?」

「貞、まま子がこんな事を言うなんて滅多にないから、遠慮しないでいいな」

「へい!そしたら、そしたら、、、まま子池の中で流れていると云う【宙川(そらがわ)】のお水が欲しいでげす!」

まま子の国はまま子池にある。途方もない大きさの巨大湖である。池は水で覆われているのだが、まま子の屋敷や町や村は空気ですっぽり包まれ、外と変わらぬように息が出来る。

【宙川】は屋敷の中庭だけに存在する不思議な川である。ふいに川が出現している。何処から流れ来て、何処に流れ行くのか、まま子でさえ知らない。

「よく知ってるわね」

「へい。あっしの、ひいひいひい爺ちゃんの口伝の中に『まま子様のお屋敷には宙川という真に不思議な川がある』『その川には星が流れている』と、、、」

「キラキラしていて綺麗なのよ。わかったわ、後で届けるわね」

「ひゃあー!夢のようでげすよ~!それで豆腐を作るのがあっしの夢でげした」

「それなら、あたしの屋敷に来て豆腐を作ればいいじゃない?」

「ニャっ

困った顔をした貞を見たお蜜はニヤニヤしてる。

「あら、そうね~まま子の言う通りだわ!貞の支店が増えるわよ」

あッ、あっしは別にそこまでは...」

「それがいいでやんすよ!兄貴は豆腐作りに熱心ですもの」

調子に乗る徳と亀。

「兄貴、頑張ってくだせい!後はあっしらでやりますから」

ニャんだとぉおー??な、ニャにを言ってるんでげすッ!あっしはそこまではッ、、、」

お蜜もまま子も子分達も貞の話は無視して賑やかだ。

「伊佐の兄ぃはくじ引きでズルして、さっさと姐御の国に行っちまって帰って来ねえ」

「兄いは汚えッ!」

「ふふ。伊佐は狐国にたくさん支店をこさえて頑張っているわよ」

「ニャら、あっしが伊佐の代わりに狐国に行ってでげすねえ、それで伊佐をまま子様のお国に行かせるというのはどうでげすか?」

「駄目」

皆して言う、貞のまま子国行きは決定なのである。

「・・・ニャ?、ニャんで?、そんなのニャだぁー

一人騒いでいるとお蜜が怖い顔で睨(にら)む。

「さてと、貞!早いとこお出でよね。楽しみにしてるわよ」

貞は口を尖らしてブツブツ言っている。

「・・・宙川の水が欲しいニャんて言わニャきゃよかっだでげす・・・」

「何か言ったあ?」

「いいえッ、何も、、、その内...行かさせてもらいますぅ...」

「お蜜、問題が片付いたら貞を迎えに来るわ」

「いいわね、そうしてやって」


ぅゎわわぁーーーッ!
ご、勘弁をぉおーーーーッ!!


貞は逃げて行く、皆笑っている。

「お蜜、貞が喜んで来てくれる【まま子池】にしないとね」

「そうね」

「徳、亀」

「へい!」

「なるべく、大きな盥(たらい)を持って来て」

まま子は二人に大きな盥を持って来させ、何やら呪文を唱える。空中からキラキラした水が滝のように流れ、大きな盥は直ぐに一杯になる。

「これが、【宙川】の水よ。貞に上げてね」

「ありがとうごぜえやす」

「ふふ。いい豆腐が出来るかどうか試してみて。あッ!忘れるとこだった。お美奈ちゃんという子猫と仲良しの子猫って誰かしら?」

「ああ、それなら伊佐の娘の美々ですよ」

「あっしの娘の美奈と大の仲良しですよ」

「あたし、美々ちゃんに優しい心を教えてもらったのよ。

美々ちゃんと美奈ちゃんの『友情に感謝を込めて、おっかない顔のおばちゃんから』って、これを上げて頂戴」

「へい!」

まま子はキラキラ光り輝く大粒のダイヤを二つ、亀の手に乗せた。

「それじゃあね、皆に宜しく。貞にもね」

「へい!まま子様もお気をつけて」

「お蜜、行こうか?」

「はいよ。お前達、達者でね」

「姐御も一緒にお帰りなので?」

「仕事が残ってるのよ、又こそっと帰って来るわよ」

「へへ、楽しみにしてます!それから伊佐の兄いに『亀と交代する番だ!』とキツく、キツーく言って下せえ」

「わかったよ」

まま子はお蜜の手を取り、きらきら輝く大きな水玉の中に入る。玉は『ふわりッ』と浮き井戸の中に入っていった。

姐御大好き貞は戻って来てショックを受けるだろう。すでにお蜜が旅立ってしまっていたのだから、、、不憫な貞・・・
ぷぷ







毎日の1ポチがウルトラ励みになります。
\(^o^)/ 
★ぽちっとお願いしまーーす★

猫国ランキングバナー①
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

貞、藪蛇だったでしょうかね^^
まま子池に支店かあ~(笑

まま子も、まっすぐ前を向いて再出発ですね。
お蜜の背中に乗るのもいいけど、あの球体で水の中を行くのも面白そうです。
いってらっしゃーい。
がんばって!

井戸から川へ川から井戸への移動 凄い発想。
しかもなにやら球体まで作れちゃうなんて・・・まま子素敵!!
こんな球体欲しいな~~~ぽんぽん弾んでどこまでも行けそう。
あっ水の中だけか!?

がんばれ貞吉くん。これも定めじゃ(^^)

それに河童国にもきちんと美女が。豆腐食ってくれるかはわからんけど(^^)

しかしこの想像力には敬服の至りでございます。わたしもがんばらんとなあ。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

何だか、、、最近、まま子が可愛く見えてきた♪
情が伝わると、外見まで違って見えるんですね~(発見)

そして、☆が煌く宙川の水で作る豆腐って!!!
うわ~~~、この想像力が素敵♪(^∇^)

ここの物語には、こういうファンタジーな要素が毎回出てくるので
大好きです~~~!!(≧▼≦)

こんにちは^^
盥(たらい)という漢字、恥ずかしながら知りませんでした。^^;
現在、繰り返し練習中です。^^
そして、なんでしょう、この素敵なグッズ!!
こういう球体の登場って、もうわくわくです。^^

ぴゆうリーヌ、こんつは~~~♪
伽羅母ちゃん、どぇ~~~すっ!
夕べ、遅くまで待ったのだけど、睡魔には勝てず・・・・・にゃごにゃご

凄い、すごい、これはもう「ファンタジア」だ♪
こういうの、大~~~好き♡
そうか水の球体で、井戸から川へ行くのか・・・水脈ってやつだにゃ。
なるほど 「蛇の道は蛇」 だわね~(笑)

でも、まま子さま・・・上手くやっていけそうな予感。
優しい心を取り戻したし、自分の事を「おっかない顔のおばちゃん」て言えてるし。
きっと、大丈夫だね。

美々ちゃんの飴玉がダイヤモンドに化けたぁ!?
ちょっと伽羅、ぴゆうおばちゃんにも「飴玉」あげてきなさい。
お礼のダイヤ忘れるんじゃないよっ!!(爆)



これぞファンタジー~♪

まま子成長してるなぁ☆やっぱり根っこは可愛い子だったのね^^

わたしもふわふわ水の中を移動したい!

それからそれからv-352楽しみだ~~~♪

いいなぁ!
まま子の球体、入ってみたい!
まま子、自分で行動することを学んだのね!
すごい進歩だ~。
宙川のお水、私も飲んでみたいので、
一盥、届けてくださいな!と、お願いしたいなぁ。(笑)

お~!!素晴らしいねぇ~
これから・・まま子パワーの炸裂だなぁ~!

水の球体かぁ・・いいなぁ!私も一緒に中に入りたいよ~
井戸から川へ・・そうだねぇ、水は命の源・・すべて繋がっているんだね!
うん!まま子頑張れ!

こんばんは~~(^0^*)ノ

わあ!!
なんて楽しいんでしょう!!!
ワクワクする旅立ちですね~~!!!
でも、貞の運命や如何に??(笑)

大丈夫!!!
問題が片付いて素敵な国になった河童国のまま子のとこには
貞の大好きなお蜜の姐御が
きっと四六時中遊びに来るからね!!!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

まま子さま、前を向いて、そして自分の力で
進もうとしている、かっこいい~
前のまま子さまとは、ずいぶん違ってきたね。
これでこそ、王女。

おはよ

さすがっ!まま子!
ただのデブ河童ではないのね!
すごいな~

おはようございます

まま子が すっごい美人さんになるんじゃないか。。。
そんなことを 願ってしまいました^^

水の中も すいすい
なんていいアイテム

前を向いていると 読んでいて
こっちも楽しくなってきますね

がんばれ まま子

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

まま子、どんどん変化してきてますね~
でもいい方への変化は、
読んでても楽しいから大歓迎^^
みんなが喜んでくれる、河童国に出来るのかな?
そして、美々ちゃんに
ダイヤのプレゼント!!!!!
私にもオクレー❤ と思った私は、汚れた心でしょうか(笑)

水玉の中に入ってみたいな~
コロコロ転がって楽しいでしょうね^^

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんにちは ぴゆうさま

次回も面白くなって来ますね。ままこの国もすばらしとこあるではないですか。
ままこも見かけはひどくみえても実はかわいげだし。

私も頑張らねば。 
この頃生活感がですぎて、ファンタジーが無くなったら、やばいな、
なんて思ってます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんにちは

貞さん、宙川のお水で美味しい豆腐が作れるんですかね~
これで成功したら、自ら進んでまま子様の所に行ったりして(笑)
支店も夢の話じゃなくなりそうですね~

こんばんはー


 宙川……ロマンティック名前ですね~
 まま子の屋敷が大きいのが伺えます。

 何処から流れてきたか分からぬもの。
 私達もそうなのかもしれません。
 果たして何処へ流れて行くのかv-291

すんごーーい。
時間かけて作っただけあって、すばらしい。
水の玉の透明感もよく表現されてます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんばんは!

さっきは失礼!

突然の事でビックリしてしまいました。

王女のプライド・・・

プライド・・・ 時として人を阻み、時として人を立ち直させる...

ある種「諸刃の剣」のような「プライド」という言葉...

んー...ちょっと何を言っているのか分らなくなってきた....

 もうちょっと慣れが必要かも・・・

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

limeちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

だね。
でもまま子には一般の者が河童国を嫌っているってわかって良かったと思う。
それが現実。

気持ちいいよねぇ~
夏場にお願いしたいわ。
へへ
v-410

りんだちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

まま子がほめられたァ~

間違いなく繋がっているだろうしね。
きっと「どこでも水玉」だと思うねん。
へへ
海も自在だしね。
だけど井戸がないと・・・
v-389

ポール、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

ぷぷ
貞に定め。
キッツゥーー

それは居ると思われる。
きっと、多分・・・

ありがとうごザマス、
だけどポールには敵いませんよ。
v-392

ルビィちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

そりはルビィちゃんが優しいからだろ。
見慣れたのかな。
へへ

ウマそうだよね。
アリガトニャーーん。
どわってぇ~ニャンタジーですものぉ~
v-398

マダム、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

わたしめも書けません。
この漢字は面白いですよね。
土筆と同じで見て作ったミタイナ

素敵グッズは想像するのが楽しいでございます。
まま子のまん丸体型に相応しいかなと。
v-391

llamaちゃん、いらっしゃーい!

こんちーv-411

気にしないでくだされ
此の頃のFC2は12:00ジャストに新しくならないんだもの。
全く。

その通りだよん。
便利でしょ、欲しいよ。
すると一家に一河童になるな。
ニャハハハ

優しさが今のまま子には一番必要なこと。
わかれば違うと思うのです。

まっ伽羅姫をダシに使うとは・・・
そんな事をせんでも、まま子の河童国に行けば貰えるよ。
えっ?遠慮しとく
・・・
ニャハハハ
v-389

メルロンちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

どわってぇ~ニャンタジーーだもん。
へへ

根っこにはあったのね。
良かったよ。

でしょう。
夏場限定でお願いしたいよね。
v-410

きらたるちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

夏場限定で営業してもらいたやね。
へへ

ですね。
誰の国でもない、己の国の為に他者が働いている。
何もせずには居られないでしょう。

まま子に言っときましょう。
待っててね。
v-392

ぶるーさるびあちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

楽しいよねぇ。

夏場限定で遊びに行こうぞ。
お泊りグッズを忘れずに。
へへ

むむ
この鋭さ
恐るべしさるびあちゃん。
v-391

かじママちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

今の河童国に行けと言われても
貞を独りやれば間違いなくお蜜の元に直行ですね。
お目付け役に誰を付けても同じ気がする・・・

おおーー
かじママちゃんは見ているとこが違うでござーール。
きっとそうなりますね。
間違いニャイ!
v-391

Mieちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

ですね。
真っ直ぐ視野を広くして見れば、どこもかしこも見渡せる。
河童国の暗雲もよく見えるでしょう。
この先、五黄たちが取り払っても
二度と暗雲がかからぬようにするには、まま子の努力無くしては無理。
Mieちゃんによくやったと言われるように頑張らないとね。
v-410

かぶちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

タダのデブてはなかった。
ニャハハハ
それに緑だし・・・
けけ
v-389

あゆみちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

なれるといいけど・・・
多分ないかと・・・
どわってぇ~美人を描くのはツマランもの。
ニャハハハ

いいでしょ。
あゆみちゃんもまま子池ツアーにでも行く?
夏季限定でさ。

ですね。
広大に広がる王道なのに、端を通ったり転んだり躓いてばかり。
友に泥を払ってもらったら、後は一歩一歩行くしかないものね。
本当にガンバレだわ。
v-391

★すももママ★ちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

だよね。
良くなっていくのは楽しいよね。
不幸なのは嫌だもの。

そんな事あるわけないじゃん。
ニャンて可愛い女心と言いたいやね。
その内に誰かが猫国からでっかいダイヤを持参してプロポーズに来ても知らんよ。

楽しいことだけは間違いないよ。
すももママちゃんもまま子池ツアーに参加しなされ。
へへ
v-410

tokosantanちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

様ニャンて恥ずかしいノォ~
ぴゆうでいいよん。

良い所なんですよ。
水の都ですしね。
街並みは素晴らしいのです。
ガランとしているけどね。

可愛い処もあるんだけどね。
へへ

コメにも書いたけど、苦しい時こそだと思うよ。
真面目ちゃんなんだからァ~
もっと気楽にね。
まず自分が楽しいことが大事だものね。
v-410

kyoroちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

どうでしょうねぇ~
不思議な水なのですねぇ。
けっこう意味があったりして・・・
へへ

きっと支店は出来ると思います。
騒動が収まればきっと、
河童国から修行に来る者もいるだろうしね。
v-392

由ちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

けっこう気に入っているでござーール。
皆も喜んでくれて嬉しい限りじゃ。
デカイだけは間違いないね。

ですね。
永遠に逗まるを知らず、彷徨い続ける。
それが魂というものなのでしょう。
v-283

オム、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

ありがとうーー
透き通っているように見えるウエットのブラシを使うのが大好きなんだ。
嬉しいぞーー

オムもたくさん描いて下され。
それもブログを訪ねる楽しみになるものね。
v-392

すとす、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

昨日はたまげたわ!
何だったんだろうね。

プライドって厄介だよね。
なくても困るし、ありすぎても邪魔になる。
難しいね。

何を言うんだか。
とそおかまそおが階段を上がってくる。
まさに効果音。
だだだ
素晴らしかった。
すとすならではだね。
v-392

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

まま子素直になって、しっかり立ち直って
国を建てなおすために頑張ろうとしている姿は
依然とは別人。楽しみだなあ。
それに水の球体凄いね。入ってみたい。

貞はからかわれたうえにお別れも出来ずに可哀想。
だけど、宙川の水で美味しいお豆腐作るのかな。

うにゃままちゃん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

ですね。
随分と気持ちが変わったようです。
独りじゃできないことに気がついたら、
独りじゃなかった。

うにゃままちゃんもまま子池ツアーに行こう!

貞はきっと泣いたね。
けけ
v-391

 こんにちは。
面白いね 特別可愛く描かれている訳でも ないのに まま子が段々と 可愛くなってきているように
思える不思議。
おそらく 同じ顔立ち 同じ表情でも 読み取る此方の感情により 左右されてしまう。
当たり前のことだが 人の感情って 凄いね。

でも カッパ国の民の為にと思える まま子 きっと 美カッパになれなくても
人に好かれる 愛嬌のある可愛いカッパになれそう。

ウゾちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

だね。
見慣れるというのもあるかもよ。
美人は三日で飽きるが
ブスは慣れるって言うじゃない。
ニャハハハ

姿に囚われることなんてないのよね。
特に王であるまま子はね。
慈愛を持てば穏やかになる。
自信を持てば輝いてくる。
まとうものが違ってくるんだよねぇ。
v-410
プロフィール

 のくにぴゆう

Author: のくにぴゆう
猫国の住民達の物語を書いています。
作者はコメを食べて生きてます。
コメくださ~~い!
ブログ内の小説、画像の無断転載、コピー、転用は禁止です。

もくじ
最新記事
リンク
当ブログはリンクフリーです。
最新コメント
いろいろ
今まで紹介をしなかったのですが、それも変だなと 三ニャンを宜しくお願いします。

母のみーです。 mi3.jpg

息子のちーです。 chiko1.jpg

娘のぽーです。 po1.jpg

揃い踏み mcp1.jpg

木登りおーちゃん Ochan.jpg

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ





検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
pictlayer
画像をクリックすると大きく、もう一度クリックすると閉じます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。