スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大相撲 30 孤独なまま子  

前回


朝まで喧嘩をしていた二人はご飯の匂いで目覚める。貞達や村の者の心づくしの膳に舌鼓(したつづみ)をうつまま子。お蜜と子分たちのやり取りに大笑いした。


はじまり、はじまり


最初は貞達の子供じみた行動にひどく驚き、呆気にとられ笑うしかなかったまま子。笑っているうち段々、笑えなくなって来る。

『あんな風に家来達はあたしを好いてくれているのだろうか?あんな風にあたしに甘えて来る者がいたかしら?・・・・いいえ、居ないわ、、、憎まれ口を利いてくれるのはセロだけだわ。他はあたしの顔色ばかりを伺っている、、、』

まま子はなんだか悲しくなってトボトボ歩き出す。お蜜が貞達に目配せをし、まま子の後を追う。貞達は察したのか、そっと引き上げる。

「ま・ま・子、、、」

項垂(うなだ)れるまま子の肩に手をやる。

「放っておいて!・・・ょ・・・」

「まま子、あたしの子分って可愛いでしょ?」

「いいわね、あんなに好かれてて、、、」

「でしょ?けどね、あたしはあいつらに三行半(みくだりはん)をされたのよ」


えっ!?うッそぉーーッ!!


「本当よ『姐御の元には居られねえ!』って、徳なんてあたしのこと『色狂いの女狐!』だってさ」


え゛ーッ!ぇええーーッ!!


「ホントにッ!?だってあんなに好かれているのにッ??」

「本当なのよ」

お蜜は荳傘村での出来事を話す(本編第五章参照)

「あんた、連傘滝だけでなかったのね」

「ふふ。これでも色々あったのよー」

「その上であんな風に子分達とわかりあえたのね?」

「そうよ。あたしはね、我が儘の大馬鹿者だったの。汚い猫になって初めて、初めてね、物の有り難さも他の者の優しさも知る事が出来たの。そして少しはまともになったの。かな?ふふ」

「・・・・・お蜜、少し一人にして、、、」

「いいわよ。お腹空いたら屋敷に戻って来てよ」

「うん、そうする...」

目前にポンポン菊の草原、風に吹かれ気持ちよさそうに揺れている。ボーッと見ながら自分の今までを振り返ってみた。幾ら振り返っても、お蜜たちのような温かいやり取りの記憶がない。

「何もない・・・」

狸兵衛やお蜜から苦労話を聞かされた。狸国にしても狐国にしてもそんなに色々あったことを今の今まで全く知らなかった。国の者は誰も教えてくれなかった。いや、どうでも良い事だったのだろう。

まま子は改めて河童の無関心に悲しくなる。己だけでなく、池の者はそういう者ばかりだ。川太郎池の者も大差ないだろう。河童国の王になってから他国とは殆ど交流をしなかった。考えてみれば寂しいことだ。

王族達は国を神より与えられた時に【百粒の民の種】をもらう。王族達は兄弟で仲良く種を育て自分の国民にする。だから最初の国民は何処の国も百人である。

その後に国民の数が増えている国もあれば、減っている国もある。まま子の河童国がそうだ、減っているのだ。

なぜそうなのか?最近まで気が付かなかった。たまに町に出ると明らかに閑散(かんさん)としている、どこに出掛けてもそんな気がしていた。

そんな時、猫宿での大相撲大会である。まま子は他国もそんなものかと行ってみて驚いた!大変な賑わいなのである。河童も自国より多くいるようにさえ見える。

何しろ猫国の住民は凄い数。どの顔を見ても心底、大相撲大会を楽しんでいる。聞けば、宿も見せ物もタダだったり、招待をされている者も居るという。

今まではお風との相撲や五黄の顔を見るだけだったから、猫国の様子等気にもしていなかった。見ようとしなければ、見えない事が寧(むし)ろ多い。狸国と狐国でも開催されるが、これ程楽しめる大会は猫国だけだそうだ。

まま子は考える。

何故、我が国の民は減ってしまったのか?、、、

答えは簡単だ。

此の世界の者は死ぬと【魂納たまおさめの宮】に行く。そして『次に何に生まれたいか?』と訊かれる。答えは明らかだった。河童になりたいと願う者が少ない、いや、居ないのであろう。

その結果が民の減少だった。このことに気が付いたのも思い出せば、セロのひと言だった。いつものようにセロの注意を無視していると「だから河童が減るんです!」気にかかるひと言だった。

その言葉が少しずつ、まま子の心を締めていく。じわりじわり黒くネバつきながら広がっていく・・・ふいに涙が頬を伝う。拭いても拭いても涙が溢れていく。

「なっなによ・・どうしたのよ、涙がとまんなぃじゃない・・
うっうわぁ~~ウワァーーーーうわぁぁ~~ん・・・」

まま子は慟哭(どうこく)した、王女になって初めて大声で泣いた。どうすればいいのかもわからずに、、、ただ、ただ、泣き続けた。


挿絵参照↓↓↓  絵をクリックすると大きくなります
kodokunaMamako.jpg

「ねぇ~ねぇ~、おっかない顔のおばちゃん」

泣いているまま子に声を掛けて来た者がいる。振り向くと小さな子猫。年頃は三つか四つだろうか。

「・・えっ?」

「なんでニャいてるの?」

「な、泣いてないわよッ」

「うそニャもん。『えーんえーん』って聞こえたもの。誰かに怒られたの?だからニャいてるの?」

「ぇッ?・・・」

「あたいなんか、父ちゃんや母ちゃんに怒られるとお美奈ちゃんがニャぐさめてくれるよ」

「そうなの?いいわね、、、」

「うん!ニャからね、あたいもお美奈ちゃんが怒られてニャいている時はニャぐさめるの」

「友達なのね?」

「うん、そうニャの!おばちゃんには居ニャいの?」

「えっ・・・」

「いニャいの?可哀相だね。でも元気出して!これ上げるから。じゃぁねぇ~、ばニャニャ~ぃ」

子猫は行ってしまう、まま子は名前を訊くのを忘れてしまった。

「後で、誰かに訊こう」

手のひらには桃色の可愛らしい飴(あめ)がある。駈けって行く子猫に微笑むと大事そうにポケットに一旦はしまう。が、飴は握ったまま。

考え直し、手から放さずにいた飴を口に含む。『心がとろける』ほど美味しい。舌の上から喉に流れ込む甘さが、ささくれた心の刺を溶かす。

『あたしにあんな小さな子猫が持っている・・優しい心が少しでもあったら.....こんな風には.....』

やり切れなかった。今まで何をしてきたのか、何をして来なかったのかわからない。駄目な事だけは明らかだ。だけど『どうすればいいのか...?』『どうしたらいいのか...?』『何をすればいいのか...?』

途方に暮れるばかりだ。









毎日の1ポチがウルトラ励みになります。
\(^o^)/ 
★ぽちっとお願いしまーーす★

猫国ランキングバナー①
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ぴゆうリーヌ、おばんですm(__)m

・・・・・今回は、胸に沁みわたる「いい話」だ。
そうなの、子ニャンでもね「心がとろける飴」を持ってるのよ。
なんかね、身につまされたわ。
だ~れも一人じゃ生きて行けない。
そんな深~い心の話だね。

まま子さん、これからでも遅くないって!
生き方の「やり直し」は、心が決まりさえすれば、いつだって出来る。
読んだ後で、思わずそう呟いてしまった・・・まま子に。

姐さん、とってもいい話を聞かせてもらったわ。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

おはようございます

まま子にとってはつらいかもしれないけれど、とても素敵なことに気がつきましたよね。
まだ全然間に合います。これからもう1度人生(河童生?)やり直せるんですね。
セロや猫族も助けてくれるでしょう。
私事ですが、今日はわたしの○○回目の誕生日。ちょうど更新されていて何か得した気分です。

100粒の種か・・。その国が繁栄するか、滅びて行くか、その種をもった王できまるんですね。こもままだと、まま子の国から人がいなくなってしまいますよね。それに気づいただけでも、良かったと思います。お蜜だってそれに気づいたから、こうやって立ち直っていけたし、みんなに慕われる、姉さんになったんですから。これからまま子が、どうやって自分の道を進んでいくか楽しみです。疲れた時には甘い物ですね。きっと今まで食べた、飴の中で甘くて、優しい味がしたと思います。

改心するのが遅すぎた、なんてことはないですよね……(汗)

踏ん張れまま子姫! 目の前の崖っぷちから引き返せ!

あのおんニャの子が奈落から救い出してくれる、伸ばされた手になりますように……。

おはよ

おおおおお、ままこ、変身?の真っ最中でござりますな!!!

いろいろに世界をみて、いろいろな人に
会って、気がついたのね。
これから素敵な人になるわね。

ちいさい猫ちゃんの優しいこころ。
私のことも とろけさせてくれました。

そうか、そういうわけで河童たちは減ってるんですね。
これは、怖いことです。

人間にも同じシステムがあったら、日本国民は減っちゃうかな・・・。
(私はまた、日本人に生まれたいけど^^)

まま子、いまやっと、いろんなことに気づきはじめたんですね。
遅くなんかないよ。
飴ちゃん、にぎりしめて、すてき河童になろうね♪

まま子☆がんばれ!

寿命が長いから、少々の遅れは取り戻せると信じたい!

子にゃんのやさしさは誰の心の中にもあるんだよ~♪
表面に近いか埋まって居るかの違いでさっ!

待つのは繁栄かあるいは滅びか。。。
・・・というのはこういう住んでいるものたちにとって永遠の命題ですよね。
ある出来事があると待つのは滅びだけかもしれない・・・。
と思ってしまうのは心理ですからね。
それでも負けずに進み続けた結果・・・どうなるのかは誰も分からないですからね。
勉強になります。

完全復帰、おめでとうございます!
コメントが遅くなってごめんなさい!


自分の国に誇りを持てない国民は可哀そう。
まま子の気づきはとても大切だったね。
取り返しがつかなくなる前に気づいてよかった。
今はどうしたらいいのか分からなくても必ず道は開けると思うな。
まま子にはその力量があると信じてる。

ささくれた心を溶かしてくれた幼子がくれた飴。
暖かな気持ちになれそうね。

こんにちは^^
気づくまで見えないものなんですよね。
心が蓋をしてしまっていたのかもしれませんね。
そして、気がついてしまったら、もう、戻れません。
これから、どうなっていくんでしょう。
とても楽しみです。^^

まま子の涙に、ちょっとうるっと来ちゃいます・・・
河童が減っている理由、
なるほどそういう事なのね。
でも、まま子はいろいろな事に気が付いたみたいだから
まま子自身、そして河童国の
これからの変化が楽しみ^^

やり直しに遅い早いはないからね~
気が付いた時がやり直し時なのよね。
今回の物語は特に
なんだかいろいろ考えさせられました^^

遅くなりました~!

まま子さん、気付いたのね・・。
やっと、自分自身にたどりついたのかな・・。
今まで、他人から言われたことを受け入れられなかったのに、
受け止めることが出来るようになったんだね。
すごい進歩!
それをお蜜なら、誰よりもわかってあげられるかも・・。

いいお話・・・。
じわ~~っと。

はーい^^

 遅くなりましたが、復活おめでとうございますi-179

うっかり、寝過ごしていましたよ^^

何もせずに滅びていくよりは、まま子には何としても改心して

もらいたいものです^^



こんばんはー


 まま子さんも、結構繊細な一面があるんですね~
 私は、いつでも繊細ですが……
 
 悩んで悩んでみんな成長するもの……だとつくづく思います。
 それには年も関係なくv-291

 生まれ変わる先がしゃべる猫か河童かどちらがいいかと聞かれるとやっぱりしゃべる猫を選んじゃうかも……
 

まま子の気持ちを考えると・・辛いねぇ・・
人生、順調に自分の思う方向に進んでいる時には
気がつかない事ってたくさんあるんだよねぇ・・
まま子だけじゃないんだ・・
それが・・何かの出来事で、偶然知ったり、気がついたりする・・
「何故?今まで気がつかなかったのか!どおして分からなかったのか!」って悩むさ・・
でも!気がついた所から、きっと新しい何かを始められるんだよね!

まま子にもきっと新しい何かがね(・o・)


せつなくて 涙がとまりませんでした

まま子がどうだとか そんなことではなくて
なぜかな
泣かずには いられませんでした

そのことに気がつくかどうかで、その後の生き方が
大きく変わるって、ありますよね!

まま子は、こんなに素直な気質を持っていたんですね~!

いい時期にお蜜達に出会ったんですね。

それにしても、まま子の風貌、、、パーフルとブルーとグリーンって
私の大好きな組み合わせなのにな~。。。(≧m≦)

llamaちゃん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

姉さんの傍には可愛い伽羅がいるものね。
あの子達はすごいよね。
純真な心に癒される。
そんな出会いがあるのが猫国かも。

遅くないよ。
まだ川太郎と二人だけになっていないからね。
これから、これから。

ありがとニャン。
嬉しいぞーー
v-410

ふんわり♪ちゃん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

ふんわりちゃん、
v-339お誕生日おめでとう!v-314

年を重ねることは人として深くなることだと思う。
それってステキなことだよ。

ですね。
トップが気がつくのが一番です。
時間はかかりすぎたけどね。
それでも気が付かないよりいい。
v-391

むらななちゃん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

そうなんですねぇ。
最初はどこも同じ。
なのに何故か?
いつの間にか差がついてしまう。
そこに気がつけば、何故なのかと疑問になる。
疑問を持てば解決しようとする。
それが大事な事だと思う。

心にしみた一粒だね。
v-410

ポール、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

ないない。
ハッピーエンドが大好きなわたしめだもの。

蜘蛛の糸より猫の手。
猫の手も借りたいじゃなく借りてるな。
へへ
v-410

かぶちゃん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

真っ最中でござるよ。
これからだね。
v-392

Mieちゃん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

そうね。
現実を受け止めるのも
何をするにもよくよく眼を開かないとね。

猫国ならではだね。
お子の純真さが救ってくれたのだと思う。
Mieさんちのお子ちゃまもいい子達だものねぇ。
v-410

limeちゃん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

如実に出ているね。
選挙より怖いね。
減らないと思うよ。
だって日本っていいもの。
いろいろと嫌なことも起きるけど、皆、概して親切。
それに横入りをする人がいない。
黙って並んでいる人達ってすごいと思うよ。

だね。
まま子は大阪のおばちゃんみたいになるかも。
バッグに必ず飴が入っているみたいな。
ぷぷ
v-389

メルロンちゃん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

ありがとーー
まま子が泣いて喜ぶね。

だね。
ないも同然だものね。

流石に言いことを云うなぁ~
確かにそうだよね。
その通りだね。
v-410

LandMさん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

お加減は如何ですか?
無理されないようにね。

国は民があってこそ。
そのことを肝に命じているかそうでないか。
大いに違う。
まま子はこれからですね。
v-391

家人ちゃん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

ありがとうございます。
気にしないデェな。

本当にね、本当にそう思う。
まま子はいろんな事を知ることになりますね。
辛くてもまずは受け止める。
消化できても、できなくてもしなければね。

純真な心に癒されるって幸せだよね。
ポカポカしたろうね。
わたしもぴり姫のポンポン触ってホカホカしたい。
v-410

マダム、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

その通りですね。
心に重たい蓋があったのでしょうね。
蓋があることも忘れ、開けることも忘れるほどね。

いいことを云うにゃーー
少しでも開けたら、元には戻れませんよね。
全開!夜露しくーーーみたいな
へへ
v-389

★すももママ★ちゃん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

初めての慟哭だったでしょうね。
それも王だからこそ
気がつくことからです。
大事なステップですね。

そうなんですよね。
遅いも早いもないのです。
これから、これからですね。

ありがとうニャン。
v-410

きらたるちゃん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

気にしないデェな。
全くきらたるちゃんは可v-392愛いのだから。

そうだよね。
お蜜ならわかってくれる。
他人様の気持ちを理解できるようになったのも苦労があったからだね。
まま子は大事な民をわからなくてはね。
きっとできるようになると信じたいね。

ありがとニャン
v-392

どーちん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

ありがとござーーる。

今日もお仕事、お疲れ様~
偉いノォ~
温かいコーヒーでも飲んで下され。

ですね。
それが出来なくては国を預かった意味もない。
これから、これからです。
v-389

由ちゃん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

身体は人何倍も太いのにね。
ぷぷ

幾つになっても悩みは尽きず
それも生きている証だと思うしかなし。
翌檜だな。

わたしはイケメン河童かイケメン猫のどっちでもいいな。
女子をなぎ倒すのだーーーー
ニャハハハ
v-389

ぶるーさるびあちゃん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

民に全否定されていたことにやっと気がついたのだものね。
今は泣くだけでいい。
沢山溜まっていたろうからね。
だけどそれだけでは何も始まらない。
泣いた後が大事。
これからだよね。

そうだよね。
新しい何かがあるよね。
v-410

あゆみちゃん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

きっとあゆみちゃんの琴線に触れたのかな。
人にはいろいろある。
あるから人なんだものね。
泣くことも時には必要だものね。
v-410

ルビィちゃん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

ですね。
出会いもまた然り、まま子はとても幸せ者です。

素直な心には染み渡るように響く言葉があるでしょう。
その言葉を語りかけてくれる友がいる。
嬉しいよね。

ニャハハハ
文句はまま子にね。
けけ
v-389

行商

えー、バター飴~、バター飴~、聖レリス教会謹製のバター飴はいらんかね~ そこのかわいい河童さんひと粒どうかいらんかね~(笑)

ポール、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

バター飴だろうが生姜飴だろうが、何でもくれーーー
疲れた心と体に糖分は必要だーーい。

トラピストのクッキーはいいけど、聖レリス教会のは遠慮しとく。
お襟とお波が過去を思い出したら大変や!
v-396

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんばんは、

まま子って顔も心もブスだと思っていたけど、
実はそうじゃないかもしれないんだね。
続きが楽しみ♪

ポチリンコ

ちょっとお久しぶりです。
お、更新されてる^^
「ばニャニャ~ぃ」ってかわいい、飴ちゃんくれる子猫私にもプリーズ^^
まま子がんばれ!

こにゃにゃちゅわ~。
良いお話だったです。
まま子も自分を振り返る心が芽生えたし、
セロの注意やまわりに目を向けなかった反省も生まれるし、
お蜜のお陰だね。小さい子猫の優しさに触れて温かい心が
育ってるし、良い傾向だよね。うるうる・・・。

kazkolineちゃん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

そうだね。
酷い奴は王にはならないと思いたいね。

ありがとニャン。
v-410

HappyFlowerPopさん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

お久しぶりでーす。
復活しましたです。
へへ

猫国にカモーーん。
いつでも誰かがくれるかもよ。
大阪みたいだ。
v-392

うにゃままちゃん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

元気そうだーー
安心したぞーー

そうだよね。
大事な一歩だよね。
触れ合うこともなかったろうからね。
まま子はこれからが大切だと思う。
v-410

コン・コン・コン・・・しゅみまっしぇ~~~ん!
脳みそがオープンのラマリーヌでございます(爆)

今日は、この一言が、どーしても言いたくて、参上いたしました。

あっかんべ~~~~~だv-397

ガキの喧嘩の様相を呈してきておりますわな~(笑)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんばんは~(^0^*)ノ

こんばんは(^-^*)ノ
コメントに来るのが遅くなっちゃってごめんなさいm(_ _)m

まま子は、やっと自分の孤独に気付くことが出来たのね。
それにさえ気づかなかったのは自分しか世界に居なかったから。
世界には自分以外にたくさんの心を持った者たちがいることに気付いた
まま子の始まりはここなのね。

良かったねえ~気付けて・・・・・・
気付かずに生を終える人もたくさんいるよ。
幸せだね。甘い心づくしの飴みたいに・・・

llamaちゃん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

コンコンコン!
咳三回はルルですよーー

負けずにオープンなピユウリーヌです。
スベリーヌの別名も出来たようだ。
ほっとけ
v-391

かじママちゃん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

気にしないデェな。
大丈夫になったのかな?
無理しないでね。

うまいのぉ~
全くその通りなの。
今回は皆の名台詞が多くて感心しまくり。
自分しか世界にいない。
ぐーっときたわ。

心づくしの飴。
くぅーーーー来たーーーーー
心にズンと来たわ。
v-391

 こんにちは。
まま子が 気付いた そして 泣いた。
かっぱ国を 憂いて涙を流せる 引き返せると やり直せると 信じておこう。

それにしても 次に生まれたい国を選べる制度 執政者の実力が 具に解る。
執政者にとっては 恐ろしい 通知表の様な制度。
でも 人の上に立つ者には 其の程度は受け入れる度量は必要 そして 厳格であるべきか。

ウゾちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

そうだね。
信じるに足る河童だと思いたいね。

わかりやすいでしょ。
勝手気ままをしていれば、民はいなくなる。
自由意志なんだよね。
民も別にご機嫌を取って欲しい訳じゃないんだよね。
そこが難しいのかもしれない。
v-410
プロフィール

 のくにぴゆう

Author: のくにぴゆう
猫国の住民達の物語を書いています。
作者はコメを食べて生きてます。
コメくださ~~い!
ブログ内の小説、画像の無断転載、コピー、転用は禁止です。

もくじ
最新記事
リンク
当ブログはリンクフリーです。
最新コメント
いろいろ
今まで紹介をしなかったのですが、それも変だなと 三ニャンを宜しくお願いします。

母のみーです。 mi3.jpg

息子のちーです。 chiko1.jpg

娘のぽーです。 po1.jpg

揃い踏み mcp1.jpg

木登りおーちゃん Ochan.jpg

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ





検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
pictlayer
画像をクリックすると大きく、もう一度クリックすると閉じます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。