スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大相撲 27 行って来ゃ~~~す!  

前回


キロの企ては桃吉のマンガ好きで無駄になったが、周りの者はキロの善良な部分に何かホッとした。


はじまり、はじまり


「桃吉さん、あたしはあなたの過去に行きました。

あたしは、いつの間にか変な能力を身につけたようで、『あの人間!』と強く思いながら利根川を渡ると不思議にもその人間の処に行けるようになったのです。

それであたしは、いつでも大助さんと連絡を取り合う事が出来たのです。ならば会いたい人間に会うことが出来るのなら、過去のそいつにも会えるのではないかと思いまして・・・」

「試したのか。随分と危険な事を、、、」

「はい。あたしはこの頃どうでも良くなっていて、次元の狭間(はざま)に落ちたとしても『別にいいかな』なんて思っていましたから」

「なんとッ!、なんと情けないぃ...」

セロは溜め息ばかり。

「試してみると上手い具合に桃吉さんの小学生の頃に会う事が出来ました。桃吉さんは、とても漫画好きだったのであのような事を仕組んでみました」

「あれって、俺専用だったの?」

「勿論です。あなたを誘う為に友達に化けたり、、、とても楽しかったです」


ウッそぉおーッ!?


「あたしの本をあなたにお渡しする事が出来た時は、何か成し遂げたようで本当に嬉しかったです」

「俺、あの後行ったのにぃ」

「あなたに本さえ渡せば良かったのです。それにあんな拵(こしら)えものをするのはけっこう疲れまして・・・」

「それじゃ、あれって本物の貸しまんが屋じゃなかったの?」

「はい。あたしの拙(つたな)い術です」


げぇぇえーーッ!


「キロ、どうしてそんな手間の込んだ仕掛けを考えたんだ?」

ノン吉が言う。

「はい、何度も申し上げましたが、オロ様に対しての贖罪(しょくざい)の気持ちと、桃吉さんがオロ様と『お友達だ』と菰傘で聞いたからです。

あれからお陽の髭結(ひげゆ)いに通う度に色々な話しが聞けました。だからと言って、此の事がオロ様の役に立つわけでも何でもありません。

あたしのたんなる暇つぶしだったのか...あたしもよくわかりません。ですけど、大助さんと話をする度に又、大助さんが歳をとる毎に『兄さんに会いたい!』と聞かされ、いかに冷たいあたしの心でも動かされました。

それで、そのままではいられなくなったのだと思います。ですが、あたしがオロ様を捜す事も出来なかったし、もし、お会い出来たとしても、川太郎様が今だに大助さんを無理矢理に生かし利用している等と聞けば許されよう筈もなく、、、

ましてや片棒を担いでいるあたしが会えようもなく...と悶々(もんもん)としていた時に菰傘の話です。何とか桃吉さんを通じてオロ様と関わりが出来るのではないか?、、、

手前勝手な事を考えました。このことによって、桃吉さんの口から大助さんについての話を知ってもらえるかと、、、」

「じゃあ、あの本にはオロの弟の事が書いてあったの?」

「はい、でも読んでくれなかったのですものね。あたしのやる事は、、、何の役にも立たない・・・ウッ、ぅぅ...」

「・・・・・」

その場に居るものはキロのした事について言葉が見つからなかった。良い事をしたと言える程でもなく、親切という事でもなく、何とも言えない気持ちだった。

ノン吉は、大きく溜め息をついた。

ふぅーぅ、、、

「キロ、お前も苦しんでいたんだな?」

「そんな事、、、」

「無駄だったとは言わないさ。だってな、もしかしたら桃吉の口から大助の話をオロが聞いていた可能性もあったんだものな?」

「はい」

「だけど、桃吉が本嫌いだという決定的な特徴を見逃していたのが残念だったな~」

「はい、漫画にしとけば良かったです」

「ぶぅーッ!俺だって本くらい読みますーッ」


ははははは


皆、大笑い。

「さっ、それじゃこれで桃吉の変な思い出の答えも出たし、、、」

「へ、変な思い出って?それって何かすごーく引っ掛かるー!」

「引っ掛かっていればいいさ」


ぶぅぅーーッ!


皆、ノン吉と桃吉の話が可笑しくて仕方ない。

「桃吉は、急いで菰傘に行くんだ。西に向かって、とにかく飛んで行けッ!」

桃吉はノン吉の口調に『ピッ!』として、真剣になる。

「五黄様に伝える事は?」

「『川太郎池に急いで来て欲しい!』それだけで十分わかるさ」

「桃吉、頑張ってな!」

「うん!任せてよ-!」

「きゅー助、心配だよぉ~」

「セロめも心配です」

「【羽付猫】の底力を見せてやるさぁーッ!」

「根に持っています?」

セロが言う。

「当たり前だよ。なんか俺だけ【おまけ付きの猫】みたいでさッ~フンだ」

「いいから、行ってきな」

「はーい!よぉ~しッ、頑張るぞーッ!!」

桃吉は背中に力を入れる。

んぅうグッ、ぐぐぅううーんッ

ばさッ!』っと甲羅が割れ羽が生えた。


お"、おぉーーッ!!


セロとキロは初めて見るので驚いた。


行ったるどぉおーッ!


桃吉は、両手も羽のように振ってバタバタやっている。

「どうして、手まで振るのかなあー?」

ノン吉は呆れてる。

「桃吉の飛び方って可笑しいね~」

うるニャーい!こっちは真剣なんだ!黙っててよ~!」

「はいはい」

「行くど~ぉ!」

バサンッ!・バサンッ!』と勇ましく音を立てる。少しづつ体が浮いていく。

桃ぉ~~、浮いたぞぉーッ!その調子で頑張れーー!」

「ニャーい!」

増々力を入れて羽ばたく。気が付けば二十メートル程高く上がった。

「行けるぞぉーッ!よぉおーしッ!」

「桃ぉ~ッ!もっともっと、高くまで上がるんだよおーーッ!」

ノン吉が一生懸命に言うが、桃吉は羽ばたくのが、精一杯なので聞こえない。


そいじゃ、行って来やぁーすッ!!

hanetukikattupa.jpg

挿絵参照↑↑↑  絵をクリックすると大きくなります

大して高く上がらずに飛んで行ってしまった。

「あ~ぁあーッ、何回も言ってるのになあ~。あいつは物覚えが悪くて仕様がねえなあ」

「大丈夫なのぉ?」

きゅー助は心配そう。

「まっ、体で覚えるしかないさ」

「そしたら、俺達も行こうか?」

「はいッ!!」皆、真剣な顔になる。

「キロ、案内しろ」

「はい、わかりました!」

ノン吉達一行は辺りに気を配り、ソロソロと川太郎池に向かう。さて、お蜜とまま子はどうしているだろうか?








毎日の1ポチがウルトラ励みになります。
\(^o^)/ 
★ぽちっとお願いしまーーす★

猫国ランキングバナー①



この場をお借りしまして、りん友様達にありがとうと感謝したいです。
いつの間にか優しい友達ができていました。嬉しい。
訪問をしてくれる方達もとても優しい。
ぴゆうは愚痴愚痴していたり、文句を言ったり勝手放題なのに支えてくれる。
幸せです。
近頃はコメヘンが遅くなったり、訪問出来なかったりとダラしない。
でも、無理はするなと言ってくれる・・・泣ける・・・
なんか吹っ切れた気がする。
のんびりと続けられそうな気がしてきました。
頑張り過ぎす、自然体でいきます。
本当にありがとう。

のくにぴゆう
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ふふ・・・フェイントかけて現れてみた(笑)
五黄ちゃまがね、やっぱ行って様子を見て来いって。
やっぱり気になるんだわね。
自分はまったりしてるのにさ・・・ぷん
次回、そろそろお呼びがかかりそうだから、早めに帰すわ~。
デカくて、邪魔になった・・・いえ、滅相もない(爆)

羽付猫・・・字面から見ると地味~な感じだけど、カラフルな羽を持ってる。
しかも「イケ河童」のまんま飛ばすんか(笑)
ノン様の「身体で覚えろ」という低空飛行での障害はなんなのか。

なんか物語が佳境に差し掛かったのに、楽しい~~~♪
もう、もう、ハマりまくってまする。


んま・・・のくにぴゆうが「お礼」書いてるわ。
あら、わたしなんかも、含まれちゃうのかしら?

へへ・・・んな訳、ないわなv-390
アフォllamaで、すんまそ~~~んv-397

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

虹色の羽を生やして空を飛ぶ桃吉河童の姿に感動……。

いいもの見せてもらいました!(^^)/

今日は命に代えても部屋の片づけをすると誓った!

桃吉にできたんだから自分にできないはずがない!(そんなシーンあったか?(^^;))

こんにちは

いつの間にか上手(?)に飛ぶことができるように・・・
桃ちゃ~ん。母ちゃんはうれしいよ~!(いつ母になったんだろう・・・)

『あの人間!』って思って、過去の自分と会いたいな~
そうね~20歳ぐらいがいいかしらね~(∩.∩)

キロさまね、とっても頑張ったけど、
全部まんがにしておいたらよかったわね~
あっ、でもそうしていたら、お話が随分違ったものに
なってたわね~
まんがにしなくて・・・それはそれで、いいことをしたかも。

キロのやった事って、きっと良かれと思ったんだろうけど・・
やっぱり今度は漫画にしなきゃですね^m^
根本的な見誤りが(笑)
ちょっと抜けてる感がイイです^m^
きっと悪い奴じゃないんでしょうね~

羽根付猫・桃吉の羽は
レインボーカラーなのかぁ^^
なんとなく、桃吉のイメージにぴったり(ピースな感じが)
何事もなく五黄さまの元にいけるのかしら!?
ちょっと心配かも^m^;

コメレスや訪問、遅れちゃってもOKなのよ~
私なんて、日々遅れちゃってますもん(*^m^*)
自分の好きな様に、マイペースでいきましょ♪
寒くなってきちゃったから、風邪ひかないようにね!!

こんにちは^^
イケ河童になっても、桃吉の飛びっぷりは、桃色猫が重そうに飛んでる感じがして、ものすごく心配。^^
でもって、羽の綺麗なこと。^^
いやあ、これからが、益々楽しみ~~~。^^ノノノ

桃吉のドン臭い飛び方が、また、可愛らしくていいね~(笑)

人間だったときの謎が解けてよかったね。

これから、いよいよ川太郎池が出てくるのかなっ!
どんなヤツなんだろーー?興味深々。。。

創作活動している人は、繊細なあまりに辛いときがあるんですね~。
私には分からない部分ですが、、、そこは才能がある人の辛さ、
マイペースで長~~く続けてよね~♪=^ェ^=

なんか、しみじみと温かいお話でした。

結局人は変われないのさ、という説は根強いですが、
キロは、変わろうとしたんですよね。
いや、今まで本当の優しさが、周りの悪影響で隠れていただけなんでしょう。

結局は役に立たなかったけど、(桃吉~、漫画ばっかりじゃなく、本も読みなw)その行為がうれしいじゃないですか。
この世は、結果が全てじゃないんだなあ~って、気付かされます。

みんないい奴だな~。

よし、いけ、羽付き猫(笑)
みんな期待してるよ~~。

手も一緒に羽ばたいちゃうところ、すごく想像できて、笑ってしまいました。
かわいいなあ~、桃。

おや、そうだった!
まま子と、お蜜、どうなったんだろう!
こんどは、そちらも気になってきた!
桃吉が、ちゃんと飛んでいけるかも、気になるし・・・。

桃吉の羽根、綺麗じゃ~~ん!!

メッセージ、入れました~。
見てね~~!

桃吉が空に浮いてホッとしたよ!
がんばれ!そうだ、体で覚えた事は忘れないんだぞ~!最強だ!

家の娘も「日本の歴史」は漫画で読みましたぞ^0^
漫画の方が頭に入りやすいのかなぁ

このイラスト・好きv-238

キロさんも色々考えたうえでの行動だったんですね。
でもちょっと調べが足りなかったと(^ ^;)次からは漫画にした方がいいですね(笑)。
ノン吉さんのフォローが泣けます。
このお話は、どんなにつらいことがあっても、最後には誰かが笑いをとるのがいいなぁ~と思ってます(*^ ^*)。

飛んだ~!いってらっしゃーい!!
虹色の羽がとっても美しい☆です。

気にしなくていいと思いますよ。
わたしも最近、訪問やコメントが遅くなってしまっています。。。
何とかしたくても、難しいときもありますよ。
マイペースでいきましょう(^-^)/

イケ河童の桃吉~♪トランクス姿で飛ぶんだなぁ~
羽がとっても綺麗だ~e-420

キロは色々考えていたんだねぇ・・・


ぴゆうちゃん、そうだそうだ!自然体でね♪
「猫国」・・♪LOVE♪(*^_^*)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

おお、虹色の蝶々の葉が美しいですね。
それと河童という組み合わせは正に和風の芸術ともいえますね。
年末もありなかなか大変な時期ですが、お互いがんばっていきましょう。

私も羽がほしい~。飛んで行きたい。現実逃避ではありませんよ。キロはリサーチ不足ですね。ちょと調べたら、ももちゃんがマンガしか読まないってわかったかもしれないのに。もし読んでたら、なにかが変わってたのかなぁ?でも、今は後悔しても仕方ないから進むしかないですよね。強い味方もいますから。五黄様がきてくれれば100人力でんなぁ。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんばんはー

 旅先で皆既月食が見れました。
 月の一部がぼんやりと黒くなっていく。
 何だか不思議な気分でもありちょっと得した気分でもありましたv-291

 時を駆ける能力ってすごいなぁ。
 自分にそんな能力があったら宝くじをああしてこうして……ああ、そんな悪意を持ってたら次元の狭間に飛ばされますね~そんなところに落ちたら『別にいいや』とは思えそうにありません……ブルブルv-12

 自分の歩幅で歩いて行きたいなぁと私も思います。
 どうしても無理してしまう時もありますが、出来る限り。

ウケる

ストーリーには関係ないんだけど、
プロフィールの
「作者はコメを食べて生きてます。
コメくださ~~い!」
ってウケます(^O^)

llamaちゃん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

まだまだいらないから、逗留させといてぇな。
身がもたないのはllama姉さんの勝手だわ。
ニャハハハ

ニャんだろうねぇ~

佳境じゃないよ。
まだまだだわさ、早々には終わんないよん。
へへ

当然だろが!
間違いなくインしてるわい!
ぴゆうからのラブぅを受け取ってくれーーー
v-415

ポール、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

ほんまかいな。
良かった。
ノン吉とお揃いなんだ。

大掃除ってするまでが・・・
わたしもやらネバーーーー
v-389

kyoroちゃん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

こんなひょうきんで美しいママがいたのか!
桃吉が知ったら、人国に里帰りするかもしれん。
ぷぷ
v-392

Mieちゃん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

フムフム、なるほどね。
わたしは小学校がいいな。

本当、漫画だったらどうなんだろう。

良い事とをしたと言われたらキロも喜ぶね。
何もしないよりは良かったかもしれない。
何もね・・・
v-391

★すももママ★ちゃん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

そうね。
悪い奴と言い切れないけど、良い奴でもなかった。
これからだね。

ノン吉とお揃いなのね。
トンボのように薄い羽。
天狗たちとは飛び方も違うのね。
行かないとねぇ~
どうなることやら・・・

おおーー
ありがとニャン。
すももママちゃんにはいつも励ましてもらって・・・
泣くぞーーー
v-406

マダム、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

ぷぷ
本当だね。
いつか桃吉本体が飛んでいるのをお目にかけられると思う。
決して美しくない・・・
ホッホホホ

ありがとにゃーー
頑張るニャーー
v-410

ルビィちゃん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

おおっと、的確なご指摘!
ニャハハハ
本当にピッタリな言葉じゃ。

モヤモヤがなくなったね。

どんなんでしょ?
内緒だに。

繊細なんてとんでもない。
なんだろう・・・
お好み焼きを焼いて、鉄板を掃除していたのにいつのまにかゴミが隅に溜まっている。
見ないふりして、ほっといたらゴミが臭くなって異臭を放っている。
片付けたいのに方法がわからない。
そんな感じ・・・
どんな感じだーーーー
へへ
一時より、大分元気になりました。
v-410

limeちゃん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

ありがとうござーーる。

確かにそう言うよね。
だけど、どんな人も誰かに影響を与えたり与えている。
それがあるから社会生活を営めるのかもしれない。
キロは川太郎から見放され、初めて影響を受けない素の自分に気がついたのかもしれない。
まだ気がついた程度、これからだね。
本当の自己を確立するのは大変だろう。
でもやらないとね。

ですね。
例え無駄だとしてもね。
見ている人はいる。

桃吉も頑張らないとね。
ぷぷ
v-392

きらたるちゃん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

いたんですよ。
デカイのが二人ばかり・・・
ニャハハハ

どうだろうね。
頑張らないとね。

ありがとうねぇ~
きらたるちゃん・・・優しすぎだーー
泣いたよ。
v-406

メルロンちゃん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

おだてすぎ。
なんたって相撲は最弱だし・・・
うーてん達にビシッと鍛えられたほうがいいんだわ。

漫画っていいよねぇ~
ドラマだもの。
今だに涙流して笑ったりしています。

ありがとニャン!
嬉しいぞーーー
v-410

ゆささん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

考えたけど、漫画にしとけば良かったよね。
けけ
おおーー
嬉しいことを云うてくれる。

ノン吉とお揃いなのよん。
だけどノン吉みたいに大きくないね。
程々かな。

そうだね。
のんびりと続ければいいものね。
ゆささん、優しい・・・
幸せ者でござるよ。
v-409

ぶるーさるびあちゃん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

ちょっとした見物だね。
へへ

そうねぇ。
暇になったことが良かったのかもしれないね。
他人を気になりだしら、今度は自分。
自分のことを考えるようになる。
キロにはそれが必要なのね。

ありがとニャン。
のんびりと自然体で・・・
無理しないよん。
v-410

LandMさん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

残念ねぇ~
あれはトンボの羽だよーーー
へへ
違いはがわからん!
仰せごもっとも!
ニャハハハ

おおーー嬉しいぞーーー
そんな事書かれたら、張り切っちゃうもんね。

ですね。
のんびりと続けていきます。
続けることが大事だものね。
いつもありがとう。
v-410

むらななちゃん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

変わんないよ。
だって桃吉ってボケナスだもの。
へへ

いいよね。
羽があったら便利だよね。
それも格納出来る羽。

皆の協力があるって河童国は幸せだと思う。

横浜も引越しも大変だろうなぁ~
無理しないようにね。
お昼ご飯を食べるの忘れないように。
v-410

由ちゃん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

フムフム。
見過ごしちゃったよ。
もったいなかった。

欲に限りなしだよね。
宝くじって当たったらどんなだろう。
経験してみたいもんだ。

だよね。
のんびりと歩き続けられるよう。
無理しないでいく。
ありがとうね。
v-410

kazkolineちゃん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

ほんまか!
何よりだわさ、自分でも密かにイケてると思っていたんねん!
嬉しかーーー
v-391

ももちん~~!!!

なんだか悲しいし、切ないですね・・・・・

でも、今まで上手くいかなかったすべての歯車が
きっとかみ合って
幸せな日々がオロと大助兄弟に訪れ、
キロの贖罪も叶う日がきっと来る。
そう信じてます・・・・・

羽付河童桃吉!!
めっさ可愛ええ~~~o(≧∀≦)o
惚れてまうやろーーーーv-238

ごあいさつ

リンクをしていただいてから
まだ マトモなコメントも出さないのに休載で残念です

本日はご挨拶に伺いました

時が経てば 猫国の猫たちも元気に暴れだすでしょう

その時を楽しみにしています

良い年をお迎え下さい

かじママちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

これも久しぶりのコメ返しでござる。

ですね。
いろんな思いがありました。
大助の兄を思う気持ちが切ないです。
オロの哀しみをわかってくれる友達が回りにいるのが救いですね。

いっそ、桃吉を宅配しますかね。
夜間特急便てのはどう?
v-389

Plateau さん、いらっしゃーい!

v-411明けましておめでとうございます。

本当にすみませんでした。
やっと元気になれました。

これも皆様の優しい心に癒されたからだと思います。
こうしてコメヘンが書ける。
嬉しい限りです。
これからも宜しくお願いします。
v-410

リンクカンバックしに参りました。
プロフィール

 のくにぴゆう

Author: のくにぴゆう
猫国の住民達の物語を書いています。
作者はコメを食べて生きてます。
コメくださ~~い!
ブログ内の小説、画像の無断転載、コピー、転用は禁止です。

もくじ
最新記事
リンク
当ブログはリンクフリーです。
最新コメント
いろいろ
今まで紹介をしなかったのですが、それも変だなと 三ニャンを宜しくお願いします。

母のみーです。 mi3.jpg

息子のちーです。 chiko1.jpg

娘のぽーです。 po1.jpg

揃い踏み mcp1.jpg

木登りおーちゃん Ochan.jpg

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ





検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
pictlayer
画像をクリックすると大きく、もう一度クリックすると閉じます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。