スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大相撲 24 キロの話  

前回


きゅー助はキロだとわかると猛然とダッシュして殴った。キロには何がなんだかわからない。懐かしいセロも怒っている。騒ぐ皆を鎮めて河童姿のノン吉が話す。



はじまり、はじまり



挿絵参照↓↓↓  絵をクリックすると大きくなります
kironohanashi.jpg


「キロ!お前はどうして此所に居る?オロの話だとお前は人国にいるはずだが」

「そっ、それは...あのぅ、、、」

「まさか、またオロにしたみたいな事する為に誰か連れて来たのッ!?」

「あ、あの...そうではありません、、、ありませんが.....」

「お前、何かあるな?」

「早く言わんかッ!この馬鹿息子ッ!!

キロは『ばさッ』と土下座するとワナワナ震えながら怯(おび)えている。

「キロ!まだこれ以上罪を重ねるのかッ?われらが河童の姿になってここに居るのは何の為と思うッ!」

「はッ、ハイ.....」

「川太郎がガスを誘拐したからだ!」

え゛え゛ーーッ!?そんなッ、そんな事、、、チキショー!あいつらが知恵をつけたんだッ、そうに決まってるッ!むムム・・・チキショーめッ」

「キロ、何を言ってるんだ?俺達に全てを包み隠さず話せ」

「あ"、、、はい。こうなれば全てお話します」

「良し、そうしろ」

「オロ様、本当に申し訳ありませんでしたッ!!」

「いいよ、過ぎた事だよ。俺はもう気にしてないよ」

「いいえ、違うんです、、、」

「えッ、何?どう言う事?」

もッ、申し訳ありませんゥッ、、、」

キロはそう言うと『わぁーッ』と、泣き出してしまった。

「どうした?どうしたんだ!泣いてないで早く言え!」

「ええーいッ、しっかりせんかッ!キローッ!

「はい、、、あのぉ・・・、大助さんを連れてきました」

「え"?何だってッ!?何て言ったあーッ!」

キロの答えに驚いたのはオロだった。


てめぇええーッ!勘弁ならねえッーーッ!!
俺だけでなく大助までぇえーッ!



ばっこーーーん!


オロがもの凄い剣幕でキロを殴りつけた。ノン吉達が慌ててオロを止める。

オロ!オロっ!どうしたんだッ?どうしたんだよー?」

「ねぇッ、『大助』って、オロの弟の大助なの?」

きゅー助は、オロを止めながらも怒りまくるオロに訊く。

この野郎ぉーッ!セロさんには悪いけど勘弁ならないッ!!」

「ねえ、ちょっと待ってよ。オロ!キロはきっと嘘ついてるんだよ」

桃吉がオロに話す。

「どうしてよッ?」

「だってそうじゃん。オロが人間だった時は俺が人間だった時より二百年位は前の話だよ。えらい昔なんだよ、

人間がそんなに生きてるなんて有り得ない!そんな事ある訳がないよ!」

「いいえ、大助さんは生きていたのです!」


えーーーッ!?


「話してみろ」

「はい、何もかも申し上げます。オロ様を河童にしてから、あたしは人国に戻りました。戻ったのはオロ様の親と契約をする為でした」

「契約?何の契約よッ」

「はい。『不思議膏ふしぎこう』の薬を販売して得た利益のうち半分を川太郎様に差し出す契約です」

「何それ?こっちでは人国の金なんて使えないのに」

「そうなんですが、川太郎様は人国の物が大変お好きなのです。ですから、どうしても人国の銭が欲しかったのです。

『弦兵衛げんべえ』は義理固い男でしたから、キッチリ半分の利益を寄越しました。川太郎様に半分渡しても薬の儲けは莫大でしたので、弦兵衛は大層裕福になりました」

「そうか。それじゃ銭の苦労をしなくても済んだんだ、、、母ちゃんに怒られなくて済んだんだ、、、」

「オロ様には、気の毒ですが、、、」

「何よ?」

「弦兵衛夫婦は別れました」

「何でよッ?どうしてよッ!お金持ちになったのにッ」

「はい。元々そりが合わぬ夫婦のようでした。大金持ちになった所為かわかりませんが、お互いが家庭を顧みなくなり、二人其々に色が出来たようで別れてしまいました」


何だよぉーッ!あんまりだぁあーーーッ!


オロは悲嘆に呉(く)れる。きゅー助も桃吉も余りな話に言葉もない。

「そして年月が流れ、弦兵衛が死ぬと川太郎様は、気の良い大助さんと契約しました。初め大助さんは厭がりましたが、オロ様に『いつか会わせてやるから』と、言い聞かせました」

「・・・」

「大助さんは、結婚をしなかったので子供がいません。子供が居れば大助さんが死んでも、子供と契約をすればいいのですから、

『結婚をしろ』と言っても大助さんは『嫌だ!』と言って聞き入れませんでした。多分、自分と同じ目に合わせるのが嫌だったのでしょう」

「大助・・・」

「川太郎様は、だんだん歳をとっていく大助さんに困り、試しに自分の甲羅の削(けず)った物を無理矢理に飲ませました。

五黄様の背中の毛の真似をされたのです。此の世界の者には効きはしませんが、人間には効きました」

「それで、大助は長生きでいれたの?」

「はい。よれよれの爺になりながら、大きな大きな屋敷の片隅で、ほんの一握りの会社の重役の者に会うだけで。生きる屍(しかばね)のような日々を、、、」

「ウッ...酷過ぎる、、、どうしてそこまでするんだッ!」

「・・・・・、川太郎様にすれば大助さんが死ねば、又初めからやり直す事になる訳で、それが面倒だったのでしょう。それに妹達の子供はどれも碌(ろく)でなしで、、、」

「あんたに言われたくないよッ!」

「はい、、、すみません」

「だけど、それならどうしてそんな大切な大助さんを連れて来たのよッ!」

きゅー助は腹が立って仕方ない。

「はい。それがそのぉ、、、川太郎様が病いに罹(かか)られまして、その病いが中々癒えず酷くなるばかりだったので、

大助さんに人国の有りとあらゆる薬を持って来るように命令したのです。『言う事を聞けばオロ様に会わせてやる』と、、、それにはここに来るしかなく、、、」

「騙(だま)したんだね?」

「はい、薬が欲しかっただけなのです。最先端の薬は店に売っていないので、あたしには手に入れる事が出来ません。

どうしても、大会社『弦兵衛製薬会社』の名誉会長になっている大助さんに頼むしかなかったのです」

「それなら、正直に言えば良いのに」

桃吉は呟(つぶや)く。

「それが、川太郎には出来ない。キロ!それはお前にも言えてるな」

ノン吉にキロは胸を突く事を言われた。






毎日の1ポチがウルトラ励みになります。
\(^o^)/ 
★ぽちっとお願いしまーーす★

猫国ランキングバナー①

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

キロと川太郎については、われわれにどうか身柄をお預けください。なに、ガムロスひとりが三人になったところでわれわれは(以下略)。

(バルテノーズ家・家令 アクバ・アルクマー談)

・・・・・そういえば、宝くじが当たって分かれた夫婦もいるらしいですね。
実際に。
金というのは結構怖いものではありますね。
相応の金銭感覚というのはやはり必要なんでしょうね。
お金の収益にもバランスが必要なんでしょうね。

おはよ

まあ、今回はなんて胸の痛む展開でありますことか・・・
でも、事実をちゃんと認めなければ先へは進めないんだよね~
次回も気になるな・・・。

むむむ~。
オロがかわいそうだ~~。今になって、そんな話を聞かされるなんて(T_T)
そりゃあもう、殴りつけたって怒りが収まらないでしょう。

どこの世界にも、私利私欲にまみれた人間(河童も)は、いるもんですね。

人間界では、法をかいくぐって罰せられずに生きてゆく輩が多いですが。
この国ではせめて、罪はしかるべき罰を受けてほしいもんです。

ノン吉・・・・河童になって、さらにカッコイイ・・・^^

大金持ちになるのも、困ったものね。
慎ましく、家族仲良くがいいわ~

それにしても、長生きできるなら、
美しいままで、お願いしたい。

キロ、殴られても仕方ないね・・・。おじいちゃんだから、殴られるのはかわいそうだけど。でも、もっとオロのほうがつらいですよね。お金があっても幸せにはならないのは、どこでも一緒なんですね。でも、宝くじちょっとは当たってほしい・・。生きる屍のようにしか生きる事の出来ない大助さんは、とっても不幸です。あんまりです。ますます川太郎が嫌いになってます。

こんにちは。
分相応・・・それを超えるとお金は怖い・・・。
オロ、気の毒に・・・。
遠く離れた家族の心配・・ちょっとした事でも、猛烈に心配しちゃうものなのに、これは、厳しい状況ですね。
お話を読むのが苦しかったりしますが、しかし、続きをすぐにでも読みたくなっちゃいますですよ。^^

あぁ・・・・ なんだかオロが・・・
気持ちを考えると、すごく切ないですね。
家族の為にと思った事が、
逆に家族をばらばらに、そして縛っちゃってたなんて(;_;)
この先、どうなるのかなぁ・・・
オロは弟、大助とは無事に会えるのかな?
まったくもう、ろくな事を考えない人って
ドコにでもいるものなんですねぇ(=_=)

こんにちは

金銭欲。。。。
本当に いくら お金があっても 一緒に分かち合える相手がいなければ
本当の意味での裕福さなんて 味わえないように思えます

お金がなくていい
なんてことはないけど。。。。

使うために 生きるのは なんだか 違うような。。。

自分ばかりが 生きながらえても 悲しいよなああ

ぴゆう姐さん、こんばんはっ!

あ、あ、哀れじゃ・・・オロ(涙)
家族のためを思い、人間界を断ち切ったのに。
死ぬる想いで、河童になったのに。
父母が夫婦別れとは!
しかも弟を徹底的に利用されたとは・・・正に「骨の髄までしゃぶられた」訳だ。
でも、これが悲しい現実なのかもね。

利権が絡むと、どんな穢い手をも使う。
私利私欲を貪り食らう。
これも、人間界と同じなんだ。
架空の世界だからこそ、そこら辺の改革を、切に願うよ。
現実の世界じゃ「時すでに遅し」の感があるでね。

おや、今日はキロに赤い角がないぞ・・・あ、コブでしたのね~(爆)

オロ可哀想。
大金を持つと人間てだめなんかなあ。
悲しい事です。
川太郎の行いは許せませんね。オロの弟まで
騙してひどいことして。許せないv-359

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

何か胸が痛むよ・・・e-263

お金って、沢山は要らないね!

こんばんはー


 今日はやたらと眠たいけれど、感想は欠かさず。ポチも欠かさず。

 大助さん、ずっと籠の鳥で可哀そうですね。
 世の中には彼の様な人が他にもいるんですよね。大事な時間を他の者によって台無しにされてしまう事が実際にもあります。無実の罪で、青春を失った人もいました。何とも心苦しい話ですv-292

ひどいよ・・・・・

ひどい!!!
ひどすぎる!!!
(;m;)
オロが・・・大助が可哀想すぎる・・・・・
どうして、そんなに酷いことを・・・・・・・
絶句です。

でも、ちゃんとみんな笑顔になれる日が来るんですよね。
そう信じてます。

すごくつらい話ですね。
そんなになっても無理に生かされるのって…
結末が気になる。

(/□≦、)エーン!!あんまりだ~
オロが可哀想だよぉ~!

そうか金持ちになっても・・幸せになれないかぁ~
でも・・・やっぱり宝くじ当たって欲しいよぉ~!

オロが河童になってから200年も経つのですね・・
う~ん・・おじいさん?・・いや長老?・・・いやいや化石かぁ??

なんでもいいや~・・イケ河童なんだもんヽ(〃^・^〃)ノ LOVE♪

だんだんと、話しがつながってきましたね。

川太郎、、、悪党であるのは間違いないけど、それ以前に、幼稚な子供ですね!

大助も気の毒に~、川太郎の欲望に翻弄されて生かされているなんて!
冗談じゃないですよね!!でも、ここまで来たら、兄弟を会わせてあげたいですね~。

ほんっとに、、、色んな奴が次々に登場するな~。。。人間界と同じですね。

どうなるんだろー?もう、12月なのね~、、、今年中に解決するといいね~。

今回、ちょっと、辛いお話ですね!
お金で買えない物って、あるんですよね。
身に沁みるお話です・・・。今回は。

お久しぶりになってしまいました。
今 前の分から読ませていただきました。
凄い展開になってるんですね。
それにしても自分の都合で大介をただ生かすだけなんてせつないです。
お金がからむととんでもない事がおこりますね。
でも3億円は当たって欲しい~~~って無理よね(。^p〇q^。)プッ

ポール、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

それでは河童国が成り立たなくなるもんね。
修行に出すほどいいとこでもないし・・・
変な食い物を覚えたら河童国に戻れなくなる。
謹んで却下
v-389

LandMさん、いらっしゃーい!


こんにちはーv-411

だねぇ。
生活苦の枷が外れた。
夫婦の間に残っていたのは憎しみだけだったかも。
よくある話だね。
分相応の三文字、けっこう言い得て妙なんだと思う。
v-391

かぶちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

悲しいよね。
オロは遣り切れないと思う。
それでも前を向かないといけないんだよね。
辛い事実でした。
v-409

limeちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

残酷な事実でした。
オロの一発はキロに効いたでしょうよ。
またそうではならない。

いますね。

茂吉が控えています。
この世界の如何なる者も裁かれます。
だから、身を慎むのです。
悪行を隠し通すことはできません。
死んで裁かれるのが一番の不幸。
だからこそ、罪を償える肉体があるうちに償う。
だけど忘れている輩も多いい。

だしょ、たまらんね。
デレデレ
v-398

Mieちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

本当にね。
仲がいいのが一番だよね。
なくちゃ困るものだけど、難しいね。

ぷぷ
言えてるねぇ~
不老不死は王族と天授子(ノン吉、茂吉)、恵み子だけの特権だね。
v-391

むらななちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

殴ったオロの哀しみは計り知れませんね。
お金って不思議だよね。
目標があってコツコツ一生懸命貯めて買う。
宝くじが当たって、買う。
同じ物を買ったとしても、きっと価値が違うだろうね。
弦兵衛夫婦は宝くじが当たったようなもの。
価値のない金に翻弄されたのでしょう。

大助は哀れです。
v-409

マダム、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

ですね。
翻弄されキリキリ舞う木の葉のようになる。
人って弱いものだもの。

オロにはキツすぎましたね。
でも事実、受け止めて強くなってほしいです。
今のオロにはきゅー助がいる、狸国の皆が居る。
大丈夫です。

ありがとニャンで御座ーール。
v-392

★すももママ★ちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

ですね。
良かれと思ったことが違う方向にシフトさせていた。
でもそれは弦兵衛夫婦の問題なのです。
オロのせいじゃない。

どこにでもいるんです。
落とし穴を掘るのが好きな人がね。
怖いわ。
v-403

あゆみちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

その通りだねぇ。
分かち合える人といなくてはね。

なくちゃ困るしね。
なんだろうねぇ~

大助もまた、苦しんだろうね。
v-409

llamaちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

オロは受け止めないとね。
あの時は子どもらしい決断だった。
間違っていたわけじゃない。
元々、オロは残り河童だったのだからね。
その後は弦兵衛夫婦の問題。
オロに責任はないものね。
v-389
河童は人に似ているだけに、惑わされやすいのかもしれない。
そうね。
ここは神々様の世界。
いつまでもそれは通らないです。

だつてかっこ悪いでしょ。
引っ込ませときました。
へへ

うにゃままちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

オロには辛い事実だよね。
でも受け止めないとね。

川太郎はアホですね。
何が大切かを完全に見失っていますね。
目の前の道はきっと暗いだろう。
v-391

メルロンちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

そうね。
なくても困るけど、ありすぎても惑うだけなのかもね。
経験がないからわからんけど。
へへ
v-391

由ちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

いつもありがとニャン。

人は孤独だと驚くほど無力で弱い。
だから群れるのだと思う。
普段から、分かり合う人を作るように心がけないとね。
人に沿うには我慢もいる。
大助は孤独だったから、格好のターゲットにされたのだろう。
v-403

かじママちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

ですね。
オロと大助の兄弟残酷物語になっていますね。
それも事実。

内緒だに。
v-392

kazkolineちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

シワシワでヨタヨタになっても生き長らえる。
何一つ楽しくないよね。
v-393

ぶるーさるびあちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

オロには辛すぎますね。

ぷぷ
それとこれとは別問題みたいな。
へへ

ピチピチの化石爺河童と言いたいが、絶対に言わない。
どわってぇ~お肌だってツルツルのすべすべなのよ。
王族になったからキレイになるばかりよん。
お皿だってピカピカしているの。
たまらんーーーー
v-415

ルビィちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

おおーー鋭いノォ~
重要なことに気が付かれました。
ルビィちゃん、恐るべし。
座布団十枚。

これはすでに大助の執念になっています。

いろいろいます。
へへ

無理ザマス。
きっぱりんこ。
ホッホホホホ
v-389

きらたるちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

「人の心は買えない」言い得て妙ですよね。

世の中、買えるものばかり、
だけど大切な物ほど買えなかったりする。
v-410

りんだちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

お久しぶりーーー
寂しかったぞーーー

大助は辛かったでしょうね。
ここに来たのもある意味、運命が呼び寄せたのでしょう。

りんだちゃんがトラタヌになりませんように。
ぷぷ
v-392

ううう…オロの気持ちを考えると切ないです(TT)
きゅっそー!きゅっっっそー!

早く大輔を助けてあげて欲しい。
続きも楽しみにしています。

(コミュニティにお知らせをアップしましたので
またご覧くださいね。)

のりちゃん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

切なさすぎるよね。
結果を知っていればと悔やむのもまた、人。
仕方ないよ。

いつもありがとにゃーー

了解しました。
v-410

 こんにちは。
お金は 確かに 紙切れだもんな… 溜め込んでいれば 単なる紙だよね。
大金は 如何に使うかだと思うよ。
丁度 僕のじいちゃんの実家と ばぁちゃんの実家が対照的なのよ。
じいちゃんの実家は 大金のせいで 兄弟バラバラになり
ばぁちゃんの実家の方は 大金を 書生 売れない画家 小説家 陶芸家等のパトロンになり
多くの人を住まわせて 食べさせていたとか。
そして いまは どちらも 貧乏。
そして 売れない画家や小説家が残していったモノを 子孫の僕が楽しんでいる。 

ウゾちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

そうよねぇ。
無くてはならないもの。
なのに何だろう。

ウゾちゃんも好きな横溝正史の本に
題名は忘れたけど、こんな内容だったなぁ~

ある日、パタリと連絡がなくなった友達がいた。
彼はその友達が心配になって家を訪ねた。
今までの住まいと打って変わって間借りをしている。
その友達は全てにおいて極力お金を使わずに貧しく切り詰めていた。
なのにマニキュアだけはしている。
理由を尋ねると
貯めたお金で毎月、ステキな女性と遊ぶことを楽しみにしているそうだ。
その為に汚い爪では嫌なのでマニキュアだけはしているという。
その友達にある日、途方もない財産が転がり込んだ。
それ以来、その友達は本当の守銭奴になってしまい、一歩も外に出なくなったらしい。

本当の話では押入れに沢山の缶詰があるのに餓死した人がいた。
その人は株長者だったらしい。

金とは恐ろしいものだよ。
囚われたらお終いだね。

対照的なお家だけど、子孫のウゾちゃんにはいい教えなのかもね。
それに残されたもので楽しんでもらえるだけでも甲斐がある。
そう思うなぁ~
v-410
プロフィール

 のくにぴゆう

Author: のくにぴゆう
猫国の住民達の物語を書いています。
作者はコメを食べて生きてます。
コメくださ~~い!
ブログ内の小説、画像の無断転載、コピー、転用は禁止です。

もくじ
最新記事
リンク
当ブログはリンクフリーです。
最新コメント
いろいろ
今まで紹介をしなかったのですが、それも変だなと 三ニャンを宜しくお願いします。

母のみーです。 mi3.jpg

息子のちーです。 chiko1.jpg

娘のぽーです。 po1.jpg

揃い踏み mcp1.jpg

木登りおーちゃん Ochan.jpg

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ





検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
pictlayer
画像をクリックすると大きく、もう一度クリックすると閉じます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。