スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大相撲 23 頭きた! 

前回


行く先が決まった一行はそれぞれに別れた。ノン吉達は川太郎池に、これから一体何が起こるのだろう。



はじまり、はじまり



何やら、池にさざ波が立って来て、池の中央に一本の線が出来た。其の線が段々と太くなって行く。開道と同じだ。ノン吉は『ボーっ』と見ているセロ達に、茂みに隠れるように言う。


ノン様!


「しっ!静かに。皆、黙ってろ」

池の開道は、まま子川とは比べようもないが、規模は小さくとも立派なものであった。『ザザーーっ』と水面が盛り上がり『スゥーっと』乾いた一本道が現れた。

それなりに凄い眺めだ。池の底から一人の河童が出て来た。其の河童は、少し小太りではあるが、けっこうな年寄り河童に見える。

あ゛っ!あれはセロめの不逞(ふてい)の息子、キロでごさいます!」

「だけど、お前と変わらないような年寄りだよ」

「息子でも、百年も経てばセロめと同じ年寄り河童になります」

「あれはキロだ!」

「あれが意地悪キロなのッ?」

きゅー助は思い出した。キロがオロに対してした冷たい仕打ち、、、きゅー助らしからぬ怒りを顕(あらわ)にし何を思ったのか駆け出す。


きゅー助ぇーーッ!


皆が止めたが既に遅かった。キロは池を出て、のそのそ歩き出していた。


こんにゃろぉおーッ!!


わぁあーーーッ!


ノン吉達も急いでそばに駈け寄る。きゅー助は、キロを処構わず殴っている。


ボコボコボコッ!バチ!バチ!バッチン!


「ひぃッひぃッ、た、助けてーーッ!

皆で止めに掛かろうとすると、セロが止めた。

「いいんです!こいつには此のくらいが調度良いんですッ!」

「でも・・・」

キロは殴られて向けた顔の先にセロがいて増々驚いた。(!?ッ)

「父ちゃん?」

オロがきゅー助を後から抱きとめる。


挿絵参照↓↓↓  絵をクリックすると大きくなります
atamakita.jpg


「きゅー助!もういいから、もういいから止めて」

「だってだってぇーーッ!」

「いいの、俺、いいの」

きゅー助は、オロが何度も言うのでキロを最後にもう一発殴って止めた。

「うッぅ、、、ぅ~ん」

最後の一発が効いたらしく、キロは気絶した。

「あぁ~あ、気絶しちゃったよー。すごいねえ~、きゅー助って」

桃吉は暢気(のんき)である。

「へへ(キュッ)」

「何、言ってんだよッ

ノン吉は怒ってる。

「きゅー助様のパンチは此のセロめも喉の閊(つか)えがおりますわ~」

「セロは息子に厳しいねえ」

「いいんです。セロの言いつけも守らずに、川太郎様の言いなりで、諫言(かんげん)するどころか一緒になってオロ様に酷い事をして、、、このーッ、馬鹿者めが!」

セロは、気絶している息子を容赦なく揺らして起こす。

こらーッ!起きろーッ!起きろと言っておるのじゃーッ!」

「ふあ?止めれぇぇ、、、ヤメレぇ~ぇ、、、」

キロは目を覚ますが早く、セロのもの凄い顔を見て又気絶する。

「セロ!セロ!もう止しなよ」

ノン吉がセロを止める。ようやくセロがキロを揺らすのを止めるとノン吉の方を向く。オロ達がセロの顔を見て『ギョッ』とする。

「セローッ、まるで変化してるみたいだよー!何でお前がそんな風になれるの?」

「はい、ノン吉様。セロめは、『もの凄ぉ~~い』まま子様のお顔に負けぬようにと修練しましたら、やっとここまでになりました。はい」

「へぇーッ?頑張ればあんな顔になれるんだぁッ!」

桃吉が変に感心している。

「バカッ」

コツン!

ノン吉にこずかれた。

「ぶぅーーッ」

「なあ、セロ。わかったから、落ち着きなよ」

「ノン吉兄さん、ここで騒いでいるのは拙(まず)い気がするよ」

オロが落ち着いて言う。

「そうだな」

「どこかにこいつを運ぼうよ」

きゅー助は鼻息が荒い。

フンガッ・フンガッ

「それなら、もう少し行った所に小屋があったと思う」

「えっ?何でオロが知ってるの?」

「なんかさあ~ここ、俺が人間の時にキロに連れて来てもらった気がする」

「そうなの?」

「うん。何となくだけど思い出してきたよ」

「案内できるか?」

「はい、こっちに」

オロは先だって歩いて行く。

「それじゃ、取り敢えず行ってみるか?」

ノン吉とセロが後に続く。キロは、桃吉ときゅー助に脇をがっちりと抱えられて連れて行かれた。オロの言う通りに、雑草を掻き分けて行くと半分朽ちかけた古い小さな小屋が見えて来た。雑草で覆われた其の小屋は酷い有様だ。

「ここだよーここ!」

オロは其の汚い小屋にさっさと入って行く。小屋の中は、外観よりはまともだった。セロは囲炉裏(いろり)を見ると早速火を熾(おこ)す。キロをその辺に横にさせると皆は囲炉裏端に座った。

「オロは良く覚えていたな~」

「はい。そう言えばキロは『夜遅くここに着くと川番に開道してもらえないから小屋に泊まる』って。俺達がここに来たときも、遅かったから泊まったんだよ」

「そうなの?」

「ぅう、、、ン」

キロは気が付いたようだ。

「気が付いたょ」

きゅー助は見張っていたのか?キロのそばを離れずにいた。セロが猛然とキロに向かって行こうとするとノン吉が止めた。

「セロ!又気絶させたら面倒だから俺に任せな」

「はいぃ、、、でも・・・」

「いいから、セロは俺の後にしな」

「わかりました」

「キロ、突然で驚いたな?」

「はぁー?」

「キロ!ノン吉様じゃッ!ご挨拶せいッ!」

セロが口を挟(はさ)む。

「へっ?でも河童だし、、、」

「ええいッ、説明は後じゃ!ご挨拶をしなさいッ!」

「はい、、、キロです」

「キロ、俺は『天翔猫のノン吉』だ。こいつはお前が騙(だま)して、河童にしたオロだ」

オロをノン吉は手招きした。

「オロ?オロって?」

「【吸い出し岩】で死にそうになったオロだよッ!」

きゅー助が恐い顔をして言う。

「えっ?でも皿が銀色、、、え゛ーっ!?どう言う・・・」

セロが又しゃしゃり出て来る。

「キロ!オロ様は今では狸国の狸兵衛様の弟様じゃ!こちらのきゅー助様も同じ弟様。そして畏(おそ)れ多くも『天翔あまかけ猫』のノン吉様に『羽付猫』の桃吉様じゃ!」

「ちょっと~、何で俺だけ『羽付猫』って、、、なんか軽くない?」

「いいから、黙ってな」

「ぶぅーッ」

オロもきゅー助も可笑しくて笑ってしまった。キロは、良く分からなかったが凄い者達に囲まれているのは理解したようだ。観念したように項垂(うなだ)れている。







毎日の1ポチがウルトラ励みになります。
\(^o^)/ 
★ぽちっとお願いしまーーす★

猫国ランキングバナー①
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

そういえばノン吉が河童になってもイケメンですねw
思わず笑ってしまいました

ぴゆうちん、こんばんは^^

にゃはは、また、い~~~ちばん♪
じゃ、なかった・・・長々書いてるうちに2番だった(笑)
この方が、楽チンでいいわ~!!(マジ)

セロが皆に説明をしている時だった。
↑の、続きはこういう事だったのかぁ。
小さな開道だけど、立派なもんだね。
だってさ、きゅー助がキロをボッコボコに出来るぐらいのスペースが、あるんだもんね(笑)
きゅー助「カワイ子ちゃんキャラ」なのに、なかなか激しい闘争心 いや、正義感の持ち主。
さすが、獺の大代表だけあるニャ。

ねぇ、キロってなんで「赤い角」があるの?
これじゃ、まるで鬼の・・・・・あっ、鬼に「魂」を売ったのかな?
いや、魂を売るのは悪魔だよなぁ・・・うぅぅぅぅ、脳内混線・・・(^_^;)
ただいま混線を修復中です。
いましばらく、お待ちくださいませ(笑)

イケ河童4ユニット・・・まるでジャ○ーズじゃん♪
ノンさまのイケメン振り、お美しいこと~~~♡
桃吉&きゅー助、おパンツがオソロだ・・・ぎゃはは~!
こんだけ書いて、最後が下ネタって・・・どうよ!?(笑)

PS. ♡五黄さまに、伝言を・・・
バラの香りで、眠れません。
邪魔者は追い払いました。
御成りを、お待ち申し上げております。  ←ギャハハ、更に下ネタ!

おはよ

あ~、そういえばオロは河童になるときに大変だったんだよね!
思い出しちゃった。
キロはみんなに説教されちゃうのかな~

桃吉は、『羽付猫』っていう名称だったんですね^^
はは。なんか、かわいい~。
本人は不満そうですが。

しかし、キロもびっくりしたでしょうね。
いきなりポカポカ殴られて、起きて見れば凄い面々。
このあと、しっかり諸々を反省してくれるといいですが。
親のセロよりも、他の者がしっかり叱ってくれたほうが、身に沁みることってあるでしょうしね。

いやあ、しかし、大人になって他人に叱られるって、実際ひどく身に堪えますよね^^;
(叱られないように生きていこう)

どんどん、役者がそろっていきますね。
キロも何か、重要な役目を果たすのでしょうか?

でも、ほんとに親子に見えないな~、百年以上生きてると
あまり変らなくなっちゃうんですね(笑)

きゅー助の純粋な真っ直ぐな性格がカワイイですね♪

キャラが違う4人の道中が楽しみですっ!=^ェ^=

こんにちは^^
いやあ、今日のイラストはツボですよ。^^
なにせイケ河童だらけ。♡
おパンツの柄も、ノン吉の☆柄!!^^!!
それぞれのキャラが、おパンツで表現されているようで、
けっこうな時間見入っちゃいましたですよ。^^
しかし、きゅー助、やりますな。^^

イケ河童揃いでかわいいわ~❤
どの子にしようか迷っちゃう(← ?!)
オロの息子、キロはちょっとタイプが違うけど^m^

突然、ポカスカされてキロはびっくりでしょ!(笑)
しかも父親までが登場~
気絶したくもなっちゃいますね^m^
まぁ、やった事を考えると
当然の結果なんでしょうけどねぇ。

続きの物語、どうなるのかな?
楽しみにしています!

いいぞきゅー助くんもっとやれ。

♪ チンだボディだボディだチンだ ♪

でもこの手の輩は自己正当化についてはこれ以上ないくらいうまいからなあ。

きゅー助くんもっとやれ(^^)

こんばんはー


 ノン吉のトランクス(?)が素敵だと思いました。

 河童は老いると年齢がわかりにくくなるんですね~
 絵で見るからに年の差が分からないです。

 しかし、きゅー助怒ると恐いなー
 バッチン! って音が実に痛そう……顔が蜂に刺されたみたいに腫れそうな予感……
 猫国に行った時は、怒らせないように気を付けますv-291 

キューは怒ると怖いですねぇ。しかし、河童になってもノン吉はかっこいい~。100年たつと、親子でもあまり変わらなくなってしまうんですね。キロもここでみんなと会ったのが最後です。しっかり油を絞ってもらって、今までの事反省してもらわないといけませんね。だいたい、親にこんな思いさせてはいけないですよね。セロがかわいそうです。ちゃんとわかってくれるといいのですが・・。そうは簡単にいかないかな?

ぴゆうちゃん、こんちは~

おぉ~開道だぁ~懐かしいなぁ・・
私が猫国に来てまだ間もない頃、開道にビックらこいたんだ・・凄いよねぇ・・
きゅー助はオロの事を思ったら、止められなかったんだね・・
仲間を思う気持ち素晴らしいな!

セロったら『もの凄ぉ~~い』まま子の顔に負けないように修練したなんて・・
変顔負けたくないんかぁ~(笑)

キロはしばらく訳がわからないよね・・
イケ河童がいきなり沢山いるんだからねぇ♪(^_^)

こんにちは

こんな最中にも桃吉ののほ~んとしたセリフ、
にや~っとしてしまいます。いいキャラだな~。桃ちゃん

かっこいい。。。癒されます。
そこに行くとキロさまは・・・ははは・・・
かっこいい風貌になったら、心もかっこよくなるかもね。
あっ、心がかっこよくなったら、かっこいい風貌になるのかしら。。。

河童がいっぱい!しかも、イケ面河童ばかり!
お話はどういう方向に進むでしょうか?
キロはどんな役目を果すのだろう・・・。

何回見てもイケメン河童だね♪
ポチリンコ

いや~~んo(´Д`*)oしゅてき~~!!

きゃーーー\(≧Д≦)/
イケ河童カルテット!!しゅ!しゅてきいいい!!!
可愛い~~!!かっこいい!!!

でも、セロとキロ親子も可愛い!!!
もちろん違った意味で(笑)

キロはちゃんとオロに謝ってくれるのかな・・・・・
結果的にオロは幸せをつかめたけど
ひどい目に遭ったんだものね。

羽付猫!!(爆)でも、可愛いよ!!
桃ちんに似合ってる称号だ!!!

ぴゆうさん おはよう

イケメンなだけじゃなく
正義感がつよいんだなあ

かっこいい^^

この挿絵
素敵v-344
うまいなあ^^

大阪ちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

ニャハハハ
当然であーール。
もーーーー力入れてるもんね。
顔だけ何度描き直したことか。
ホッホホホホ
v-389

llamaちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

のんびりでいいんだよ。
いつもありがとにゃーー

これは説明不足かな。
五河童は開道を見ていたのです。
開道から出てきたキロをきゅー助が殴ったわけなのね。
場所は広いです。

混線しているな。
殴られた「こぶ」だよ。

美しいでしょ、特にノン吉・・・
もっともっとドアップになるといいのだけど、ならないから残念だわ。

キャハハハ
伝言、確かに承り候。
ニャンでもすごいらしい・・・
㊙お蜜談
v-415

かぶちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

そうなのよね。
いろいろあったのよ。
思い出してくれたァ~

はいバッチリとね。
v-391

limeちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

キャハハハ
ぴったりだよね。
セロっておもろい爺河童だよね。

キロはしっかり反省をすることになります。
それなくしては道はありません。

教えをたれる歳になって怒られたら情けないよね。
キロには喝を入れる意味で必要でした。
v-389

ルビィちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

すでにやっていました・・・・

ですね。
どっちにしてもどんぐり体型の親子河童ですね。
ぷぷ

可愛いよね。
オロは友達以上ですものね。
オロの悲しみや辛さを知っているきゅー助ならではですね。

ノン吉が居るので大分違います。
v-392

マダム、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

ホッホホホホ
喜んで戴けて何よりざんす。
イケメンにはやたらと力を入れてますから。
パンツはけっこう悩みましたが、こんなものかと・・・
本当はカルバン・クラインとかにしたかった。

きゅー助にとり、オロは大切な家族。
許せなかったのでしょうね。
v-391

★すももママ★ちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

どれがお好みかしら?
夜中に御寝所に配達させようか。
キャハハハ

ですね。
ここでセロと共に反省をするのも良い機会なのです。
この二人なくしてはまた河童国は有り得ない。
どちらも大事な者たちなのです。

ありがとニャン。
v-410

ポール、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

キロはそこまでのズルさもなく、若くもない。
今度は二番手に殴られるな。
ぷぷ
それも仕方ないべさ。
v-389

由ちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

由ちゃんにプレゼントをするかね。
へへ

だってぇ~
爺河童なんてビジュアル的にどうでもいいもんね。
ニャハハハ

それが正しい。
猫国には手の早いのが揃っている。
v-391

むらななちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

ニャハハハ
でしょ、力入れてるもんね。
けけ

そうねぇ。
セロが居てくれて良かったのですよ。
キロだけでなく、セロもまた反省をしなくてはならない。
そうでなければ河童国に未来はありません。
要の者たちが間違っていて、どうして良い方向に向きましょうや。
まずは反省。
v-403

ぶるーさるびあちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

久しぶりの開道です。
規模は小さいけどね。

きゅー助にとり、オロは大切な家族。
黙ってはいられなかったのでしょうね。

まま子とセロ。
どっちもどっちです。

わたしこそ囲まれたいわ!
へへ
v-392

kyoroちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

桃吉って・・・・
しょうもないボケキャラでした。
ある意味、取り柄かもね。
へへ
v-389

Mieちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

でしょう。
イケ河童は見ているだけで気分いいよね。
ホッホホホホ

爺河童たちは関係ないかもね。
今更、モテなくてもいいだろう。
冷たい作者であった。
へへ
v-391

きらたるちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

イケ河童達は描くのも楽しゅうござったよ。
ぷぷ

キロはもうしでかしています・・・
v-393

kazkolineちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

ニャハハハ
何回見てもいいよん♡

いつもありがとニャン。
v-415

かじママちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

ホッホホホホ
いいでしょ。
並んでチーズくらいさせようかな。
へへ

どんぐりみたいな親子だよね。
そっくりなの。

オロの苦労話は後でじっくり聞いたほうがいい。
それはキロの為にもなる。

ぷぷ
セロならではだよね。
よく見てるわ。
v-391

あゆみちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

いいでしょ。
このカルテットは最強河童だと思う。

美味しそうじゃろ・・・
ホッホホホホ

ありがとにゃん!
ノン吉のお顔なんて三回も描き直したもんね。
力の入れるところが違うって?
いいーーーんです!
きっぱりんこ
v-389

おこんばんは~♪

出遅れてるなり~^^;
こんな男前の若い坊やに囲まれてみたい!
可愛いなぁ(*^_^*)←そこばっかりか!?
4人も要らない、仕方ない・ノン吉を引き取るよ!(何様?)

きゅー助熱いですねえ。仲間思い。
キロはいきなりボコボコニされて意味がわからず
ビックリですね。
父親も怒りまくっているし・・・。
これからどうなるの?
カッパちゃんたちかっこいい。みんなイケメンだねえ。

メルロンちゃん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

気にしなくていいなり~
ぷぷ

でしょ
妄想MAXでござーーる。
いいでござるよ、今回はそこだけでいいでござる。
ホッホホホホホ

絶対にあげません!
ノン吉とオロはあげません。
レンタルも拒否だす。
桃ときゅー助はレンタルOK
セロとキロは返さなくてもいいよ。
キャハハハ
v-389

うにゃままちゃん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

いい子だよねぇ。
きゅー助にとり、オロは大切な家族だものね。

キロにはいい薬です。
セロも怒りながらも反省をしているでしょう。

ホッホホホホ
イケ河童ざましょ。
デレデレ
v-398
プロフィール

 のくにぴゆう

Author: のくにぴゆう
猫国の住民達の物語を書いています。
作者はコメを食べて生きてます。
コメくださ~~い!
ブログ内の小説、画像の無断転載、コピー、転用は禁止です。

もくじ
最新記事
リンク
当ブログはリンクフリーです。
最新コメント
いろいろ
今まで紹介をしなかったのですが、それも変だなと 三ニャンを宜しくお願いします。

母のみーです。 mi3.jpg

息子のちーです。 chiko1.jpg

娘のぽーです。 po1.jpg

揃い踏み mcp1.jpg

木登りおーちゃん Ochan.jpg

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ





検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
pictlayer
画像をクリックすると大きく、もう一度クリックすると閉じます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。