スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大相撲 12 よれよれレレ 

前回


まま子の非道に皆が驚いている時、猫宿から遠いガス病院で一つの事件が起きていた。ガスが急に居なくなり、翌日には大騒ぎになる。

探しあぐねたレレは洞窟でガスが大切にしているお蜜の眼鏡を見つける。一体どういうことなのか?


はじまり、はじまり


レレは急ぎ此の事を【月狼つきろう】や【シャナ】達に報告した。狼達は眼鏡を見つけた洞窟を隅々まで調べた。幾ら調べても洞窟に道はなく、行き止まりになっている。

ここからガスがどこに行ったのか?皆目見当がつかなかった。だが、皆の意見は間違いなく何者かにガスが攫(さら)われたのだという事になった。

狼達はもっと丹念に洞窟を調べる事にした。そして何よりも此の事を『五黄様に知らせるしかない!』と。泳ぎの達者なレレが菰傘(こもかさ)村に向かう。ガスが居れば水球に乗って地下水道を一気に行けるのだが仕方ない。

一方、菰傘村では【藤平】が母屋の仕事部屋で、楽しそうに絵図面に向かっている。

街道に印が付いている。藤平は【茂吉】に言われたように、そこかしこの村に【子供預かり所】を設けようとしていた。だが、村よりも街道沿いの方が何かと便がいいのでそちらに決めた。

当初の予定では全て新しい施設を建設するつもりだったが、そんな悠長(ゆうちょう)な事をしている間に子供が捨てられては堪(たま)らないので、既存の建物を利用することにした。

そして隣に大きな建物を建てることにする。何故か?

藤平は【お紺】から宿銭も無い者や病気をした者は困っていると聞いた。そこでそうした者達も安心して泊まれるようにと計画をやり直した。そして屋敷では子供部屋を新しく増築し、いつでも沢山の子供を迎えられようにした。

気が抜けないが藤平は楽しくて仕方ないのである。来週には村巡りをするつもりでいる。ここを巣立って世界中に散っている子供達にも知らせた。

子供達と云っても、今は立派な大人であるが皆、藤平の提案を大層喜んだ。子供達に家や管理人の選定も頼んでいる。仕事を引き受けてくれた子供達が尚更、 嬉しかった。

藤平はわかってはいないが子供達に大変に慕われている。子供達は何より藤平に会えるのを楽しみに待っている。

そんな最中にレレが必死の思いで訪ねて来た。


挿絵参照↓↓↓  絵をクリックすると大きくなります
yoreyoreRere.jpg


お滝と草助が支えている。レレは飲まず食わずで来たのだろう、足下も覚束(おぼつか)ない。いつもの可愛らしく、おしゃれなレレと全く違う状態を見た藤平は驚いて布団を敷き寝かせる。

藤平様!お伝えしたい事があります!」

「レレ。話は聞きますから、とにかく横になりなさい」

「でも、そんなッ、とんでもない事です!」

「いいから、横になったまま話しなさい」

レレは安心したように目を瞑(つむ)り、大きく息をしてひと言も漏らさないようゆっくり話す。藤平は黙って聞いている。

「うむむ...間違いなく連れ去られたにみえる」

「やっぱり、、、ですが、月狼達が洞窟を調べても、どこにも穴なんかなくてどこに消えたのか?さっぱりわからないのです、、、」

「あの洞窟には仕掛けがあるのよ」

「えっ?」

「レレが知らぬ昔の話よ。ガス夫婦は昔、川太郎池からあの洞窟を通って逃げて来たのよ」


えぇーッ!?


「ガスは善き河童よ。

【不思議膏ふしぎこう】を発明出来たのも世間の者に役立てて貰おうという優しい心からじゃ。それに発明出来るだけの技量も頭もガスにはあった。

この膏薬はまさに不思議に何にでも良く効いた。塗れば、やけど・皮膚病・筋肉痛に到るまで。溶いて飲み薬にすれば、解熱にも効く優れた薬じゃ」

「はい!その通りです」

「薬の効能に喜んだのは、ガスだけではなかった」

「もちろん、他の者も喜びましたよ」

「まま子は、褒美(ほうび)に水球の術を授(さず)けた」

「はい。この前はそれでこちらに伺えました」

「おお。今回はガスがいないからの、大変じゃったの」

「とんでもないです!」

「うむ。話しを元に戻すぞ。他に、川太郎も別の意味で大変喜んだ」

「どう言う事ですか?」

「あいつはこれで、銭儲けが出来ると考えたのよ」

「何でそんな・・・」

「ガスは安い値で皆に売れば良いと考えていたので、川太郎と意見が対立した。川太郎は独占販売で儲けようとしたのよ。だが、ガスは頑(がん)として認めなかった。

ある日、あいつはガスに『すまなかった』と詫びをして、今までの功に報いる為に『褒美をやる』と云い騙(だま)して牢屋に閉じ込めた。

妻の【セセ】が、機転を利かしガスを連れ出してあの洞窟を死にもの狂いで逃げて来たのだよ。ガスは元々、此の洞窟をずっと前に発見していて暇をみては夫婦で探検を趣味としていた。

そんな中、洞窟が猫国の連傘(れんがさ)滝に続いている事を見つけたのだ。そして誰にも知られないうちに、密かに秘密のドアを付けた。

取っ手を動かすと大きな一枚岩が動くようにな。連傘の水を利用したものだそうだ。そして夫婦はわしらに助けを求めた。あれから何十年と経つものなあ、、、セセも【魂納めの宮】に逝ってしまったわい、、、」

「だから、先生はご恩があると言っていたのですね?」

「それどころか、私達の方がどれほど有り難かったか知れないというのに、、、ガスらしい物言いよの」

「でも、なんで連傘滝に居たんです?直ぐにも見つかってしまいそうに思えるのに」

「ガスはな、川太郎池の国民達のなるべく近くで仕事がしたかったのよ」

「どうしてです?」

「苦しむ者を皆、救いたいのよ。ガスは・・・ガスは川太郎池の心ある者に『病いで辛くなったら内緒で此の洞窟を越えて連傘に来るように』と言っておったのよ」

「そう言えば、、、つい最近、川太郎池の【ゲン】とか云う河童が来てました。酷い皮膚病になっていて・・・
少し良くなったんだけど、父子家庭で子供を置いて来ているから

心配だから一度、家に戻って子供を連れて来るって、、、でも、戻って来てないわ・・・」

「うむ。その辺に何かあるのかもしれぬ。レレよ、安心して休むが良い。何としてもガスは救うからな!」


はい!宜しくお願いしますッ!


レレは青い顔で布団から起きると座り直し、丁寧に頭を下げた。藤平は『ニャコリ』と笑い、部屋を出た。





毎日の1ポチがウルトラ励みになります。
\(^o^)/ 
★ぽちっとお願いしまーーす★

猫国ランキングバナー①
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ぴゆうちゃん、こんばんニャ~♪
ありゃま、誰もいない・・・ま、いいか。

川太郎、私利私欲の権化になっちまっただか。
竹筒で「ぷーーー」だもんなぁ・・・そのあと唐揚げ。
金儲けにでも走らなきゃ、やってらんない気持ちもわかる。
でも世の中ってさ、善と悪とが絡み合った揚句、泥沼になるじゃん。
だから、やっぱ、よくないわな~~~、川太郎さん。

なんか面白い展開をみせてきたぞ・・・大相撲でもなんでもないがの~(爆)
話が広がってきたので、楽しさ倍増じゃ!

レレさん、甲羅が おピンク♪
あくまでも、どこまでも、色っぺ~~~おなご♡ ・・・ニャコリ!

こんばんは。ぴゆう様。
善き河童のガスさんはやはり川太郎に・・・。
唐揚げにされてお尻から空気入れて膨らまされて可哀想だなんて
思ったけど、悪い奴。
話しは相撲と関係なく複雑になって行くみたいですにゃ。
先が楽しみですにょ。

おはよ

ガスと川太郎の過去の確執。
ガス、無事に救出されるように・・・

これからどうなっていくか目が離せん。

それにしても藤平さん、かっこいいですなあ。

さて、真の敵は誰だろう……? 絶対、裏にはなにかある……。

レレさま、こんなか細い身体で
よくがんばりました。
ガスさま、無事に見つかるといいんだけど。

まま子さま、なんてことを川太郎さまに
したのかと思えば・・・こんなことが
あったからか。。。



ガス誘拐の影には、川太郎がいたんですね。
まま子にあんな扱いをされて、心が荒んでしまったのか、
それとも、もともと度量の狭い男だったのを、まま子が懲らしめたのか。

それにしてもガスが気の毒。
なんとか助けねば。

藤平さん、かっこいいです。
最後のは、余裕の笑みと見た。
たのみますよー。

そうなんですね

そういう裏事情があったんですね。
ガスさんお年を召していらっしゃるようだし
早く助けてあげて欲しいです。

ポッチ完了(^^)

あらま・・
川太郎って、そんな河童だったんですね・・・
まま子に、膨らませられた
唐揚げにされたりしてて
ちょっと同情しちゃったのですが(ーー;)
まま子の方が、素直なのかも?!

ガスはやっぱり、川太郎に捕まっちゃったのかな?
それともまだまだ裏が?
無事に助け出されるといいんだけど。
レレちゃん、がんばったねー!

こんにちは。^^
まあ、レレちゃんヨレヨレ・・。
でも、もう大丈夫!!!
これからの展開も、ここまでくると、楽しみになっちゃう。
しかし、よくこういう展開思いつきますなぁ・・。m(_ _)m

こんにちは~♪

やっと晴れたから、忙しかった~^^

あらまぁ!
川太郎って、まま子のせいで根性がゆがんでくっ付いちゃったのかなぁ?!
悲しい事だねぇーー;
ガスがあんまり酷い目に合わないと良いんだけど、
早く無事に帰って来てほしいものです。

↑あ、マダム・・・同感です!!
私も以前から、ず~~~~~っと、不思議に思っております。

今度、頭カチ割って中身を写真に収め、転送いたします。
お楽しみに、お待ちくださいまし~♪

あ、なんか、独り言書いちゃった・・・ひひひ

ムムムッな、展開になってますね!

藤平様の余裕の態度に安心しちゃいます。
いつもながら素敵です♡

また、手元を巣立っていった子供達が今度は
仕事を手伝ってくれるって、、、こんなに嬉しいことないですね♪^^

そして、、、私も同感ですよ~(笑)

なんで次から次と、こんなことが思いつくのか、、、
不思議でしかたありません!

私にも転送お願いしま~すっ(≧ω≦)

子供達に慕われている藤平様・・頼りがいがあって素的ですね♪

それにしてもガスは何処に?昔、川太郎池からあの洞窟を通って逃げて来たんだ~
へぇ~と云う事は・・・やはり川太郎が??
そして秘密のドアがあるらしい・・
う~~んヽ(~~~ )ノ?どお展開するのか楽しみだにゃ~v-283

こんばんワン

いや~参った。
昼間、ここにきたらpcがフリーズしちゃって、どうにもこうにも動かなくなって、最初マウスが動かなくなって、電池切れかと思って、そのまま買いに行ったの。電池交換してもぜんぜん動かないじゃない。仕方ないから強制終了させて、電源入れたら変な音がして真っ暗なまま、仕方ないからまた電源引っこ抜いて、ほっといたらやっと動き出しました。
そういえば、昨日からおかしかったのよ・・・

物語りも、進んできたね。私、川太郎河童は、最初のオロの件からどうも「嫌なやつ」ってイメージ強くて、今度のこともどうせあいつだろうなんて思ったりして・・・
レレさん頑張ったね、いかにも疲れきってぐったりした感じが、妙に色っぽい。
ガスも早く助けてあげてほしいよ。

籐兵様の新しい子供部屋にクルリンもいるんだね。
お世話になります。

昨晩、耽美なカルト作家ということで敬遠していた赤江瀑先生の短編集「ニジンスキーの手」に収録されていた短編を二篇読み、

ころりと信者に(笑)。

いままで読まずに悪口言ってすみません赤江先生。

この興奮を誰かに伝えたかっただけで、猫国とは関係ない話ですみませんぴゆうさん(^^;)

llamaちゃん、いらっしゃーい!

おはよーv-411

ぷぷ

泥沼も過ぎているような・・・
困ったものです。
川太郎は変わってしまったのか、それとも元からなのか?
どうなんでしょうね。

きっかけだね。
意味のあるきっかけかな。

キャワイイでしょ。
女河童ちゃん達は皆、色を塗っています。
花柄とか。
けけ
v-392

うにゃままさん、いらっしゃーい!

おはよーv-411

ですね。
何故なんですかね。

同情の余地なしになっている。
ぷぷ

これから本番ですにゃーー
v-392

かぶちゃん、いらっしゃーい!

おはよーv-411

あったのですねぇ。
やっぱりいろいろとね。

ガス河童がこれ以上干物にされませんように。
ニャハハハ
v-391

ポール、いらっしゃーい!

おはよーv-411

嬉しいお言葉じゃ。

こっちの爺様猫はお品もあって優しくて、すごくいい猫様じゃ。

誰にゃんだ?
出て来ーーーーイ!
v-389

Mieさん、いらっしゃーい!

おはよーv-411

よく頑張りました。
普通の女河童なのにねぇ。
よれよれになるのも仕方ありません。
ですねぇ。

それはなる前ですにゃん。
黒く縮んだ後の話なのねぇ~
黒く縮んでからは、まま子とは殆ど断絶をしています。
兄弟喧嘩もここまで来るとねぇ。
v-390

limeさん、いらっしゃーい!

おはよーv-411

おおーー流石に鋭いですなぁ~
座布団三枚を上げましょ。

ガスが干物にならなければいいですけどね。
すでにカラカラなのにね。
へへ

藤平は頼もしいしね。
五黄に助けを求めた事自体が正しい判断でした。
v-391

kazkolineちゃん、いらっしゃーい!

おはよーv-411

過去にはいろいろありました。

ガスは爺ですけど、意外に丈夫でしょう。
カラカラにされなければ平気でしょう。
ぷぷ

ありがとニャン。

★すももママ★ちゃん、いらっしゃーい!

おはよーv-411

そんな河童でした。
まま子なりの理由もあったのかな・・・
でもやり過ぎ。
過ぎたるは及ばざるが如しだね。

犯人は川太郎のようですね。
何を今更です。
レレはよくやりました。
後は藤平達に任せましょう。
v-392

マダム、いらっしゃーい!

おはよーv-411

はい、よれよれになってしまいました。
よく頑張りました。
レレもやる時はやるんですねぇ。
へへ

勝手にそうなっていくみたいな?
おもろい感覚です。
マダムもそうだと思います。
こうして欲しいとキャラが言ってるみたいな感覚。
v-410

メルロンさん、いらっしゃーい!

おはよーv-411

今日もいい天気だよ。
昨日は暑かったァ~
なんだろうね。

お疲れちゃん~

なんつうか、わかっていないと言うか・・
困った奴なことだけは確かだわね。

これ以上、カラカラにはして欲しくないよね。
ぷぷ
v-389

llamaちゃん、いらっしゃーい!

おはよーv-411

またぁ~
何が同感だわ。

なんでやねん。
スッカラカンのカーーーンって言ってるだろが。
もう仕方ない。
今度、パッカーンと開けてやるわ!
フニャフニャしとるで、いやカチカチかもしれん。
えーーーーい!
怒るでしかし!
やっさんになってしもた。
v-389

ルビィちゃん、いらっしゃーい!

おはよーv-411

ムムムっな展開でござる。

藤平はいいよねぇ。
いつも変わらないからねぇ。
頼りになります。

でしょ。
いい子たちなのよ。
愛情を注ぐだけ注がれているから、溢れているのね。

何が?
まったく、ここにも不届き者が・・・
だからスッカラカンなのぉーーー
納得してくれよぅ~
頼むでしかし!
又、やっさんになってしもた。
v-389

ぶるーさるびあちゃん、いらっしゃーい!

おはよーv-411

藤平の愛情を一杯もらって育ったからねぇ。
いい子達ばかりなのよねぇ。

そうなんですねぇ。
夫婦で逃げてきました。
仕掛けを作っているのがガスらしいです。
予感があったのでしょうね。

ありがとニャン。
v-410

まりんママちゃん、いらっしゃーい!

おはよーv-411

ありまぁ!
ここはめったにフリーズしないのにねぇ。
不思議じゃ。

PCの調子もそうだけどFC2もこの頃おかしいものね。
挿絵なんか勝手に変わっていたり、頭来たもんね。

ふむふむ。
鋭いにゃーー
確かに脳が縮んでますます悪太郎になっています。

レレもよう頑張りました。
褒めてあげたいです。
そんな事言われたら喜ぶぞーー
ぷぷ
後は藤平たちに任せましょう。

勿論です。
これから沢山、子供たちが来ますからクルリンちゃんも楽しくなりますね。
がわいいーーー
藤平がメロメロですもの。
v-410

ポール、いらっしゃーい!

おはよーv-411

ぷぷ

しょうがないのぉ~
なんて言いながら、わたしも好き勝手書いているもんね。
ホッホホホホ
昨日はv-294してきたし・・・
ニャハハハ
まだlimeさんのとこではしてないのだ。
けっけけけけ
v-389

ガスは川太郎につれていかれてしまったってことですかい。誘拐じゃないですか。ガスはほんといい人なんですね。お金が絡むと、どこに国でも、いろんな思惑が絡んでくるんですねぇ。なんだか、人間とおんなじですね。無事にガスが見つかって、藤平の子供預かり所が進むといいですね。きっとたくさんの子供たちが待ってると思うので。レレも気が気じゃないだろうに・・・。

ただいま戻りました~

 バスに揺られて帰ってきました~
 お土産は「空想老人」です。想像にお任せします。
 休んでいる間も来てくれたみたいで、ありがとうございますv-290


 優しさは、色々なものを発明してきたと思いますね。
 乗り物だって、薬だって、施設だって、発光ダイオードだって、バファリンだって、単純に利便性や探究心だけでなく、人を思いやる優しさが合わさった結果出来上がった。そう思いたいです。そうでないものが、あるとはわかっていても……

誰であろうとも過去があり、過去があるからこそ現在があるということですね。
それが善き者であろうとも、悪い者であろうとも・・・。
と言うことですね。
とてもためになります。

藤平さん かっこいい

どんな 展開になるんだろう


レレさんの一途な思いが伝わってきて
思わず どうにかしてーーーーーーって 叫んでしまった^^

ガス。。。無事を祈ってます

むらななちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

誘拐ですね。
河童皿い!
ニャハハハ

ガスは素晴らしい賢河童ですね。
お蜜のメンターです。

藤平には中編を用意しています。
いつかじっくりたっぷりね。

レレも藤平に話せてよかったです、これで安心だに。
v-392

由ちゃん、お帰りーー

こんにちはーv-411

バス旅行か。
それもいいねぇ。
「空想老人」・・・

猫国には爺ばっかりだからいらないニャン。

v-283「ニャンだとーーー!!」

しかも元気がいい・・・

v-283「お陰様で!!」

しかも可愛げもない」

v-283「ふんだ!!」

「コラァーーーー!!コメに一々合いの手を入れるなーーー」

だよねぇ。
本当にそう思いたいね。
ガスの思いは猫国で叶ったかな。
v-392

LandMさん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

その通りですよね。
消えることはない。
良くも悪しくも心のなかに澱のように沈んで重なっていく。いずれ墓場に持っていくのかな。
途中で一皮、ツルッと剥きたいもんだ。
ぷぷ
なことは出来ない。
同じ事を繰り返していても何故か澱む。
ならたまには温泉でも行って命の洗濯ですかねぇ。
v-389

あゆみちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

藤平は頼りになる爺猫だもんね。
品がいいよね。

どうなるのかにゃ?

レレも今回はよく頑張りました。
褒めてあげたいです。

まさか干物にはしないだろう・・・
v-399

おはようございます

今日は雨に成るようです?
良い一日に成りますように!!!

メルロンちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411
遅くなってごめんちゃい。

昨日はお墓参りに行ってすっきりしたよ。
雨にも降られなかったの。
やっぱカモーーーンって呼ばれていたのかね。
へへ
v-410

うっぎゃああああ!!!

なんと!!川太郎氏も非道なことをしていた!!!
話が複雑になってきましたよ!!!
うわ~~!!!
今度のお話はどんなふうに治まるんだろう???
ガスさん、どうか無事で!!!

レレさん、お体大事にね(^-^*)

かじママちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

困ったもんだよねぇ。
ガス夫婦の判断は正しかったと言うべきだよね。
一番いいところに頼ったからね。

レレも大好きなガスのために必死でした。
v-410

 こんばんは。
うん 本筋から 凄く外れた感想ですが…
まま子さま あんなに はじけた性格なのに しっかりと功績のある者には 褒美を取らせているんだ。
流石と 感心してしまった。
普段が 少々 ガサツでも 抑えるところは しっかり抑える まま子さまって 結構
いい執政者なのかな。

何としても ガスは救う 実に頼り甲斐のある 嬉しい言葉だね。

ウゾちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

まあ、いいとこもあるのよねぇ。
わかっていることはわかっているのよね。
・・・・
困ったもんだ。

ガスは大切な爺河童。
救わなくてどうするですね。
v-410
プロフィール

 のくにぴゆう

Author: のくにぴゆう
猫国の住民達の物語を書いています。
作者はコメを食べて生きてます。
コメくださ~~い!
ブログ内の小説、画像の無断転載、コピー、転用は禁止です。

もくじ
最新記事
リンク
当ブログはリンクフリーです。
最新コメント
いろいろ
今まで紹介をしなかったのですが、それも変だなと 三ニャンを宜しくお願いします。

母のみーです。 mi3.jpg

息子のちーです。 chiko1.jpg

娘のぽーです。 po1.jpg

揃い踏み mcp1.jpg

木登りおーちゃん Ochan.jpg

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ





検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
pictlayer
画像をクリックすると大きく、もう一度クリックすると閉じます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。