スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第十章 開道 どうなる?4

前回


狸七の奸計(かんけい)にまんまとハマった九市は、魅せられたように氷鋼の鏃(やじり)に頬ずりをする。

頭の中は弓矢を射つことだけで一杯になっている。白く光りながら真っすぐに飛んでいく鏃・・・


はじまり、はじまり


狸七は国中に屋敷をいくつも持っていて、その内の一つがこの屋敷である。自分が留守の時は九市に管理をさせている。

狸七の屋敷から九太夫の屋敷がある【刺抜き村】まではそれ程遠くはない。二人は屋敷を誰にも気付かれないようにして出て行く。

人目に触れぬよう用心しながら森の中を抜け歩いた。小一時間も経つともう息が上がる。

「おい!まだ着かないのかッ?」

「はい、もう間もなくです」

九市が指差す先に黒いシルエットが浮かんでいる。近づくと立派な屋敷が目に入る。

「ここです」

「ふんッ!獺(かわうそ)如きが生意気な、、、」

「何ですか?」

「何でもないわい!それよりきゅー助を間違いなく狙えるよう、いい場所を探すんだ!」

「はい!」

二人が暗い中をよくよく探すと、ちょうどお誂え向きに『あこうの大木』があった。

「これはいい!ここなら狙うに問題ない」

「本当だ!ここからなら百発百中です!」

「よし。それなら登って待ってろ」

九市は弓を背負って木に登っていく。狸七は九市に持たせていた油入りの大徳利の口を開け、屋敷の板壁に少しづつ掛ける。巾着から襤褸布(ぼろきれ)を出し、火を点けて板壁に向かって放る。


ボッ!!ぼおッーーー!


あっという間に火が燃え上がり、辺りは一気に明るくなる。狸七はニヤつくと、急いで巾着(きんちゃく)から飛び下駄を出して履き、『あこうの大木』にジャンプをする。凄い勢いで大木に達すると枝にしがみ付き、よろけながら九市のそばに行く。

九市はすでに緊張をして、油汗を流している。

「おいッ、しっかりしろッ!初めてじゃなし」

「はい、わかってますから黙って下さいよ!」

「ふんッ」

火はゴオーーーッ!と凄まじい音を立てながら、乾き切った木造の屋敷を嘗(な)めていく。異変に気付いた獺達が集まって来て、その内の一人が火の見櫓(やぐら)にのぼり、半鐘(はんしょう)を勢いよく叩き出す。


カン!・かんッ・かんッ・かんッ・カン!カン!・かんッ・かんッ・かんッ・カンッ!


その音を聞いたきゅー助は寝床から飛び起きる。田平と耳子も慌ててる。

「きゅー助様!火事ですッ!どういうことでしょうかッ!?」

「皆はここに居てよッ、おいら行って来る!」

きゅー助が外に出ると、六助が急いで駆け寄って来る。


頭領ーーーッ!大変でーーすッ!!


六助達はあれ以来きゅー助を頭領と呼んでいる。本人が厭(いや)だと言っても誰もきかない。ざわざわと他の者達も寄って来る。

「案内して!」

「合点でえ!」

一団となって駈けて行く。

挿絵参照↓↓↓  絵をクリックすると大きくなります
kyusukenokiki.jpg

「だ、旦那様のお屋敷がぁーーっ!

ヒコ爺が泣いている。

屋敷を嘗め尽くす火柱が空まで赤く燃やしていた。バチバチ・ガラガラと凄い音がする。男達が竜吐水(りゅうどすい)から一生懸命に水を撒いているが何の助けにもなっていない。

火のまわりは余りにも速く、そばに居るだけで顔も体も熱い。燃え盛る炎が為す術もなく呆然と見守るきゅー助をテラテラと炙(あぶ)る。。

そのきゅー助を憎々しげに見る目・・・弓を番(つが)え思い切り振り絞る。心臓にぴたりと的を定めて息を整えた。

「今だ!撃てーッ!!

はいッ!

九市の手から弓が放たれた。

真っ白い光線が、きゅー助の胸に向かってまっしぐらに走っていく。その白い光に敏感に反応した者がいた。

桃吉だった。

おーてんと桃吉は燃え盛る炎に気が付いた。

「おーてん様!炎が見えるよー」

「なんじゃ?おーおー、何じゃあ?」

「なんかドキドキするよ、そっちに行ってよぉーッ」

「あいわかった!」

おーてんは死に物狂いで羽ばたいた。ちょうど屋敷の真上に差し掛かろうとした時に白い光を見たのだった。きゅー助にはわかりようがなかったが、空から見ていた桃吉にはよくわかった。

暗い茂みから輝く白い光。桃吉は見た途端に自分の体の力を抜き、手を上に挙げる。おーてんからスルッと体が離れた。すっぽ抜けたように桃吉はおーてんから離れると、自分から白い光に向かって落ちていった。


桃吉ぃーーーッ!!







毎日の1ポチがウルトラ励みになります。
\(^o^)/ 
★ぽちっとお願いしまーーす★

猫国ランキングバナー①

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ぴゆうちゃ~ん、こんばんは^^
なーんて挨拶は、あっちの方へやっておいて・・・

P姐さん・・・な、な、な、なにを書きますの~~~!!!
すももも ももも 桃吉ぃーーーッ!!
いやいや、ボケてる場合じゃなかった。
大変、桃吉が、どーにかなっちゃうっ!

えっと、えっと、まずは人口呼吸だわね。
あと、近くにAEDはないかしらねっ。
あっ、それよりも、おーてん様!!
あれ、そういえば、おーてん様が傍にいるじゃないの・・・ふぅv-356
でも、ホントにどーなるんだろ。

臨場感あふれる挿絵・・・すごいね~!
あれ、落款が右下にきてる・・・誰か失礼な事言う奴でもいるの? ニヒッ♪

カンとかん

カン!・かんッ・かんッ・かんッ・カン!カン!・かんッ・かんッ・かんッ・カンッ!

ぴゆうさんの脳内では。
カンとかんは音として。
どのように違っているのでしょうか?
やっぱり音の高低?^^)/

こんばんわ~

イヤイヤー、何てことするの!!
桃吉~大丈夫?あんたにになんかあったら、ノン吉は? きゅー助は?

この混乱、ちゃんと収めて、お願いします。

おーてんさんも何とかしてね。

おはよ~♪

日の出から、ギラギラ太陽でございますーー;


きゃー!!桃吉!
どうなるの~~~~!!!!!

気に成る!気に成る!
ドキドキするよ~!

おはよ

ウワッ、ウワッ!!!
桃吉!!!
ウワッ、ウワッ、ウワー・・・

スリル満点!

がんばれ桃吉!

矢を叩き落せ!

でもケガしたら許さんけんね。

続きが早く読みたいでごんす。

それじゃポチ。荷物の確認をせねばならんので……。

えっえっえ~~~~~~
桃吉が・・・・・・
大丈夫かな・・・本当にハラハラドキドキ!!
桃吉もきゅー助もそしれ火事も気になるし・・・
大丈夫かな??早く次が読みたい~~~♪

怒涛の展開で、ハラハラ!
もう火をつけちゃったよ、あの悪党ども。腹立たしいな。
うわ~、桃吉達、間に合わないよ・・・・と思ってたら、いた!

上空から現れるところが、魅せますね!
よし、いけ~、桃吉。飛んで!いや、落ちて!

早く続きを~~!

え~~!
なんか、たいへんな展開!
本当にどうなるの~?
何とかしてよ~~、桃吉も、きゅー介も
大丈夫だよね~~(ToT)

どういう展開になるのかなー♪
なーんて思ってたら、まさかまさかの桃吉が!?
意外な展開にビックリ!

桃吉、どうなるのかなぁ・・・・
「桃吉ぃーーーッ!!」
↑全く同じ気分です・・・

こんにちは^^
間に合うのか!!桃吉!!
桃吉!!大丈夫なのか!!
桃吉~~~~~!!きゅー助~~~~!!
えらいこっちゃ!!えらいこっちゃ!!
もうドキドキの日曜日になっちゃいましたですよ。!!
つづき!!つづき!!つづきを~~~~~~~!!!!!!!

え゛ーーーー、桃吉がーーーー!
どーなるんだろー!!!

矢が当たるなら、足の先っぽか尻尾あたりにして~~。
それでも、痛いそうだけど、死ななくて済みそうだし。

燃えている炎が見えるようです。
闇と炎のコントラストに、落っこちていく桃吉の姿。
目に浮かびますね!助かれーーーー!(>ω<)

こんばんはー


 熱中症には注意しよ~な私です。
 ホント、悲惨な事になりました。
 
 カンカンカンって火事になって大騒ぎ、その中で悪者が命を狙ってる、お江戸の暴れん坊な将軍様的展開ですね~そして、正義の味方によって悪者成敗となりそう。


 奸計→悪だくみ
 三国志に出てくる曹操も奸計をよく巡らせたらしいですv-291


 

ぬおっ、またいいところで「つづく」
まさか、桃吉、きゅー助の身に何か起こったりしないよね
大丈夫だよねっ!!

・・・・おろおろして取り乱してしまった・・・

こんばんは^^

 桃吉…すごい勇気あるというのか

とにかく、助けたい一心なんだね。

きっと自分がどうなるのかなんて考えてないんだ。

皆が無事でありますようーに!!

 こっちも暑いよ~

桃吉ぃーーーーー!!!!!

ぎゃーーーーーーー!!!!!
桃吉ーーーーーーーー!!!!!!
頑張ってぇ!!!

しかし、本当に本当に許せないワルイ奴ら!!!
ああ!!桃吉!!間に合うよね???
そしてきゅー助もみんな大丈夫だよね???!!!
うああああああん(´Д⊂。・゜・。
頑張れぇ!!桃吉!!!!!

あ、ぴゆうさん、遅くなっちゃったけど・・・・・・
当たらなくて本当にごめんねm(;m;)m
(いや、矢は当たらなくて良いけど(笑))
また何か企画するから、その時もこれに懲りずに
応募して下さいね!!よろしくお願いします~!!

ああーもーーーそれにしてもーーー!!
桃吉ぃーーーーー!!!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

おはようございます

ぴゆうさん。。。。
ここで 話を 区切るなんて。。。。
気になるじゃないですか

続き 楽しみにしています




オープン?
かなあ やっぱり 
よく言われるけど。。。

ぴゆうさんは すごく 気さくな方ですね
物怖じしないっていうか。。。

ブログの世界って 
自分をつくることもできるし
逆に 自分を みつけることもできるし

だから 好きです

ゆっくり読みにきたよ~
・・・

今ね、心臓がバクバク言ってる。。。

桃ちゃん、もしかして自分の身を盾にするつもり!えーどうなってしまうんでしょう・・。あんだか、胃のあたりが重くなります。ほんと、狸七のしっぽに火をつけてやりたいですわ。ついでに、あほな九市にも。火事ってほんと、嘗め尽くすようにすべて、奪っていきます。周りにも重大な損失を与えます。江戸時代から、火付けは重罪で、火事を出した家も、かなり重い刑が出されたと読んだことがあります。それだけ大変な事なのに、この2人、ほんと頭にきます!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

llamaちゃん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

今日もあづかったぁ~~
やっと涼しくなったでござーーる。

落款はどこかの誰かさんがスゴい事を言うので右下にしました。
にゃははは

挿絵は大人数だったから、大変だったニャ。

桃吉はどうなる?
ヒッパレーー
v-441v-441

waravinoさん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

最初のカン!
これは一番始めに聞いた驚き。
早く皆に知らせようと焦りながらのかんッかんッかんッ
そして叩き手の気合いを込めたカン!カン!

そんなことを考えつつ脳内妄想でございます。

近場の火事の半鐘は短くも参考にしています。
v-410

まりんママさん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

ごめんちゃーーい。
最初に謝っとこう・・・

知りまシェン!
へへ

おーてんがいて良かったです。
v-410

メルロンさん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

まったく今日もギラギラでござった。
干物化しそう。

きゃーーどうなるかしら?
ヒッパレーーー
v-441v-441

かぶちゃん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

かぶちゃんの脳内半鐘が鳴り響いているのね。
ぷぷ
いけてるお方よ。
v-389

ポール、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

今回はスリルでございます。
おーーなんかスゴい事を要求している・・・
これまた、桃吉も大変やなぁ~~
へへ

昨日はお疲れちゃん。
楽しんだのかな?
v-410

りんだちゃん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

まさにえーーーなのでございます。
桃吉もやる時はやる、男桃吉でござった。

むふふ
嬉しいお言葉。
ヒッパレーーー
v-441v-441

limeさん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

はい、付け火の悪党になり下がりました。
情けない奴らです。

おおーありがとござーーる。
ウレピーー
羽がないから・・・

ヒッパレーー
v-441v-441

きらたるさん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

今回はけっこうキツい展開です。
ヤマもなくては・・・

今は言えまシェーーーン。
ヒッパレーー
v-441v-441

★すももママ★ちゃん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

ビックリしたでござるか。
むふふのしてやったり。
楽しイーーー(^^)

ヒッパレーーーv-441
何回も書いてるなぁ~~
ニャハハハ
v-391

マダム、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

えらいこっちゃの桃吉ときゅー助でございます。
マダムの優雅な日曜日にスンマソ。
どうなるのかなぁ~~
ニャンて!

ヒッパレーーー
v-441v-441

ルビィさん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

どーなるのでしょう?
ニャンて・・

おおーー目に浮かんできますか。
嬉しいお言葉。
ガンバらニャイと。

桃繋がりで、桃ちゃんが幸せオーラをくれるかな。
v-398

由ちゃん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

本当だよね。
よくよく気をつけて欲しいぞ。

私はクーラーの当たり過ぎで夏バテ、なければなければでバテている。
どうすりゃいいんじゃ!
今日は扇風機で過ごした。
大汗かいてシャワーでスッキリ。

ニャハハハ、勧善懲悪って好き!
v-391

kyoroさん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

ロクデナシという梨が頭に生えているぴゆうです。

ニャンとも言えないニャーー

ヒッパレーーー
v-441v-441

どーちん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

桃吉の行動はまさにその通りだと思う。
後先なんて考えてないね。

暑くて干物化しそうだよ。
そう云えば蝉が鳴かない。
ニャンだろ?
v-403

かじママちゃん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

かじママちゃんのテンションがぁーーー
MAXしているぅ~~
ぷぷ

「やどかり」に念力パワーーを送り損ねたのが敗因と思われる。
冷静に分析するぴゆうであった。
ニャハハハ

とんでもない、ヤドカリ抽選は最高に楽しかった。
素敵な星砂、ありがとう。
v-398

あゆみちゃん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

はいな、ロクデナシと云う大きな梨が頭に生えているぴゆうザンス。
ニャハハハ

物怖じするわよ。
威張っている割にナノサイズの肝っ玉なの。
ぷぷ

おおーーいいことをオッシャルではあーーりませんか。
本当だね。
本当にその通りだね。
v-410

Mieさん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

v-405ありまぁ。

パクパクしないで、桃吉の一世一代。
応援して下され。
v-410

むらななさん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

捨て身なんだね。
とっさにそうしたと思います。
カッコいいじゃねぇの!
ニャンて。

火付けの獺コロシ。
最低ですね。
ここまでなり下がりました。
情けない奴ら。
v-390

こんばんは。
わあ、胸がドキドキ、はらはら。
桃吉どうなるの?きゅー助は?次早くみたい・・・。

桃吉は 何か策があるの?
それとも 思わず飛びおりちゃったのかなぁ。
おーてん様 天狗の葉ウチワの大風で
矢の軌道をずらしてくださいよ~~

こんばんは^^

え? え? 桃吉?
何か考えがあってのことなのでしょうか、
それともただ助けたい一心なのでしょうか・・・。
ここで切れてしまうとは、何とも気になる終わり方です。
続きを楽しみにしております。

ぴゆうさんこんばんは

カン!・かんッ・かんッ・かんッ・カン!・・・って半鐘の音凄いなぁ~リアルだ~

桃吉~!!白い光に向かって行って・・どおなるの~??

((o(б_б;)o))ドキドキ!!しちゃう~


やはりこの暑さは厳しい~ねぇ~
ゆっくり体休めて、頑張らねば( `ー´)ノ

おはよう~♪

今はどんより雲って居るけど・・・夏だものねe-256

今年は急激に暑いから、無理したら駄目だよ~!

いつもより、ちょっとゆっくり休憩と適度に水分取りながら
ボチボチやって行きましょう^^

朝起きても、シャキン!とできないわ!!

こんにちわ

健康ランドが先か

買い物が先か。。。。


なんて 思いつつ こちらに来たよ
仕事がお休み
夏休み前に(稼ぎ時) 強引に連休を とりました

この後は 一ヶ月 かなりハードになるからね

うにゃままさん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

今日も暑いねぇ~~
アイス最中を食べていますニャン。

どうなるでしょうか?
わかんニャイ。
ヒッパレーーー
v-441v-441

園長さん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

何も考えてないと思うなぁ。
身体が自然と動いた。
多分、そうだと思う。
おーてんも桃吉の行動に驚いたと思う。

本当だよねぇ~~
せめて火事くらいは消してもらおう。
v-218

Ken&Naoさん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

ただ助けたい一心だと思います。

考えていたら間に合わない。
考えていたら恐れが出てできない。

そんな行動かなぁ。

ヒッパレーーー
v-441v-441

ぶるーさるびあさん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

名前がないけど、ぶるーさるびあさんに違いニャイ!

まじですか。
良かった、近場の火事は短く打ち鳴らすと聞いていました。
やったー
嬉しいザンス。

どうなるのかにゃ?

本当にキツいよ。
ゆっくり休めて体力を温存してくだされ。
v-410

メルロンさん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

こっちはスカッ晴れだよ。
あじいーーー

はい、わかりやした。
なるべくできる事は朝に済ませてるよん。

本当、ぼーーっとしてる。
v-403

あゆみちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

楽しい悩みじゃ。
暑いからねぇ。
だけど身体は冷えていたりするから健康ランドだな。
ニャンて。

お休みなのか。
そうだよねぇ。
夏休みはお客さんも増えるものね。
v-410

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

エーッ!!
桃吉どうなるんでしょう???
まさか桃吉に胸に突き刺さるなんてことないですよね?
ふだんはおっとりしてる桃吉。
とっさにとった行動は吉とでるのでしょうか?
続きを読むのがこわくなりました・・・

さやいちちゃん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

意外に男らしいのかもね。
私も知らんかったわ。
へへ

桃吉の一世一代だね。
v-391
プロフィール

 のくにぴゆう

Author: のくにぴゆう
猫国の住民達の物語を書いています。
作者はコメを食べて生きてます。
コメくださ~~い!
ブログ内の小説、画像の無断転載、コピー、転用は禁止です。

もくじ
最新記事
リンク
当ブログはリンクフリーです。
最新コメント
いろいろ
今まで紹介をしなかったのですが、それも変だなと 三ニャンを宜しくお願いします。

母のみーです。 mi3.jpg

息子のちーです。 chiko1.jpg

娘のぽーです。 po1.jpg

揃い踏み mcp1.jpg

木登りおーちゃん Ochan.jpg

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ





検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
pictlayer
画像をクリックすると大きく、もう一度クリックすると閉じます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。