スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第十章 開道 雪の中3

前回


二人はおーてんに助けられた。話をしているうちにノン吉が必死になって探している猫だと気がつく。記憶があいまいな桃吉はよくわかっていない。


はじまり、はじまり



「良かったですねー、見つかって!」

「おお!泣いて喜ぶぞーッ!」

「そんなに探していたんですか?」

「そうなのじゃよ!【うーてん】も【さーてん】も【ぐーてん】ものおぉ、子分達を総動員してなあぁー」

「そうだったんですかッ!?知らなかったーッ。桃吉は人間だった頃の事は良く覚えていたのに、猫に成ってからの事は【ノン吉】様の名前しか覚えてなくて、、、」

「ボケ茄子じゃのお~」

「俺はボケ茄子じゃありませんッ」

「ほっほー。生意気じゃのお~、ノン吉そっくりじゃ!」

「ふふ、やはり弟分だけありますね」

「これでノン吉の喜ぶ顔が見れると云うもんじゃッ」

「おーてん様も良う御在ました」

「しかしオロよ、【猫宿】とここは余りに離れておるが、、、」

あっ!大変な事を言い忘れていたッ!ボケ茄子の桃吉の事よりも」

「だから俺はボケ茄子じゃないってばぁー」

「五月蝿い、桃吉は黙って!」

「ぶーーッ」

「おい、桃吉!」

「何よ?」

「怒ってる場合じゃないよ。ほら、腹の中に有るもの出しなよ」

「へっ?あっ、そうそう。(ゴソゴソ)これッ!これ、見て下さい!」

桃吉は腹のポケットから桐箱を取り出した。蓋を開けると白く輝く鏃(やじり)が見える。

こ、これは・・・」

十字の顔が曇る。

「なぜ、これをあなた達がお持ちなんですか?」

「あのお・・・これは氷鋼(こおりはがね)の鏃ですか?」

「はい、これは間違いなく私がつくりました」

「うぅむ.....十字、どう云う事じゃ?」

「はい。これは私が狸七様に頼まれてつくりました。だいぶ以前に、、、」

「狸七にじゃと?」

「はい。何でも【まま子川】にいる【大カマス】を退治するとのお話で御在ました。それがなぜここに?」

オロと桃吉はその謎を話し出した。

【九太夫】殺害に使われた鏃である事、【きゅー助母子】の話、そして【開道】と人足達の話。山猫の十字は話を聞き終わると真っ青になり、ワナワナ震える。

おーてんは怒りで益々顔を赤くする。段々と顔の血管が浮き出て、金の目は今にも飛び出しそう。犬歯はズルズル延びてきた。

挿絵参照↓↓↓  絵をクリックすると大きくなります
OutenJuji.jpg


けしからん奴じゃーーーッ!


「私の鏃でそのような恐ろしい事を企てたとは、、、
山家(やまが)の十字を誑(たばか)りやがってッ!!


金色の目の血管がプチプチと切れ赤く染まる、毛は全て逆立つ。爪は黒く伸びていく。二人は【うーてん】と【十字】の変化(へんげ)に恐ろしく声も出ず、頭を抱えて目を瞑(つむ)る。


こッ、怖いよぉーー!


の・のの、ノン吉あじきぃーーッ!


桃吉は十字の変化がノン吉の姿と重なり、そのショックに因り全ての記憶が蘇(よみがえ)る。うーてんと十字は二人の怯(おび)えようを見て、やっと自分達が変化していることに気が付く。

「おっ?これはいかん、いかん」

「つい変わってしまいました」

二人は早速、元の姿に戻る。

「おい、もう怖くはないぞ!」

「ふふ、目を開けなさい」

オロは恐る恐る目を開ける。開けた途端に『ひっ』と言って、又目を瞑る。確かに元の天狗と山猫に戻っているのだが、このコンビ、元から恐い顔。

おーてんと十字が二人を覗(のぞ)き込むようにしていたので、尚一層迫力がある。

「しかし狸七がのお、、、」

「何の為にそのような事をしたのでしょうか?」

「そうじゃ、銭など必要もないじゃろ。狸国で幾らも造っているのだし、、、」

「はい、本当に不思議な事です。不思議と言えばこの鏃は一つだけですね?もう一つある筈ですが・・・」

十字の何気ないひと言にオロと桃吉は素早い反応をした。

十字さん!もう一つ鏃があるって、それって本当ですかッー!?」

二人は怖さも吹き飛んで十字に掴(つか)み掛かる。

「はい。狸七に予備も欲しいと言われていたので、二つこさえました」


たッ、大変だよぉーッ!きゅー助が狙われるーーーッ!!


どーうしよーぉ!どうしよぉーーッ!」


「何じゃ?どうしたのじゃ?ええいッ、説明をせんかーッ!」

「お三方、とにかく落ち着いて下さい!いいですか?オロ、あなたがきちんと説明しなさい。慌てるのはそれからです」

「はっ、はい!えぇとぉ、、、俺達の目的は何としても十字さんを探し出して、この鏃を誰に頼まれてつくったものかを尋ねる事。そして御係所に訴え出る事でした。

だけどこの旅をするには【九市】や【狸七】に知られてはまずいので、俺達は【まま子川】を船で行く事にしました」

「【大洞窟】に流されるかもしれないのにですか?」

「はい!間一髪でしたッ」

「大した度胸だ!」

「本当じゃ!大したものじゃッ」

「へへ、照れちゃうなぁ~」

「俺なんか、オロが水練が達者だから助かったんです」

「おお、河童じゃものなあ」

「大カマスに襲われて、あと少しで食べられるとこで、怖かったよねー!」

「うん、助かったのが信じられないくらいだね!」

「それで今度は凍死寸前か?たまげたのおー!」

「ですが本当に大胆過ぎます。私の住まいも知らないのに」

「はい。でもどの【地獄山】かわからなかったんです。急いでいたし、とにかく一か八かで・・・」

「ふふ。おーてん様が偶々(たまたま)散歩されていたから良かったものの」

「はい、俺は寒さで意識はとうに無くなっていました」

「桃吉は偉かったのお~」

「へへ、照れちゃうよ」

「照れる事ないよ、本当にありがとう!」

オロは桃吉の腹の温もりを思い出してジーンとしてしまう。

「あっ!いけないっ、話を元に戻します。それで俺達は考えたんです。狸七達の目が俺達に向いたら、どんな邪魔をされるかわからない・・・

それで、きゅー助があいつらの目を自分に向けるようにする!という事になりました。

きゅー助は開道の人足達に仕事をサボらせ、開道を渡る旅人達を味方につける為に『タダで旅人を渡らせたいので九市と交渉している、だからこうしてストライキしている事を理解して欲しい』って旅人達に話して味方になってもらうって、、、」

「それは旅人にとっては有り難い話ですが、銭を貰わないのは人足達にとって辛いことですね、、、」

「はい。でもそれを納得させて、一人の欠けもないように人足達を一枚岩に纏(まと)める事が出来なくては、きゅー助は親の敵討(あだう)ちも、ましてや、族長にもなれないと云う事になります。

俺も桃吉もきゅー助には絶対に出来ると信じています!」






毎日の1ポチがウルトラ励みになります。
\(^o^)/ 
★ぽちっとお願いしまーーす★

猫国ランキングバナー①

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ぴゆう姐さん、登場しましたぞ~~~♪
いえね、こんな時期に風邪ひきましたか・・・先ほどからちょっと寝てしまいましたの。
今、目覚めて出没した訳でさぁ・・・m(__)m

いやぁ・・・実に面白い!
まずは一気に読み下って、再びTOPへ。
また下って、ここに辿り着いたって感じ(笑)

おーてんも十字も起こると変化(へんげ)・・・ノン吉もそう。
て、ことは五黄さまも、うーてん、さーてんも・・・そう?
みにゃさん、なにやら不思議な変化(へんげ)を遂げますわねぇ。
これはこれからのポイントかもねφ(..)メモメモ

ヒャハハハ・・・バ~レちゃった、バレちゃった、怖いの二人にバレちゃった~♪
桃吉の記憶も戻ったし、これから楽しくなりそうだわね~v-218
狸七も九市も、首を洗って待つがよいぞ!!

姐さん、たばかる=「謀る」ではなく 「誑る」と表現しますか。
いい感性をお持ちですわ・・・ちょっと尊敬v-398

今日の挿絵、ハッキリした色使いでナイスですね(^^)v
ランキングでも目立ってたよ。
恐ろしい顔に、落款の「ぽよ~~~ん」とした感じが、Goodですわ。

んじゃ、またTOPへ戻ります(笑)

llamaちゃん、いらっしゃーい!

おっはーv-411

疲れからだと思うよ。
あんまり無理をしないようにね。
ゆっくり養生してください。
本当に風邪って怖いし、しつこいから。

いつもながらありがとうでやんす。

はい、歳経た者達は感情が弾けるとそうなってしまいます。
揃いも揃って・・・
見たかねぇ~~
へへ

ノン吉の変化が怖かったから、トラウマだったんだね。
でもショックで治りました。

「たらす」とも読むのだろうけど、狸七には「謀る」よりも「誑る」方が似合う気がした。
十字のように真っすぐな良い猫を騙すのは面白かったでしょうね。

怖い顔になっていたら良かった。
自信なし。
v-393

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

おはようございます~~♪
本日の挿絵 迫力ありますね。
白目が血走ってるのが怖さを増してますね。
鏃があと一つ・・・きゅー助大丈夫かな?

おはよう^^

曇ってるけど、雨は落ちていないよ~(嬉)

ちょっとちょっと、ドキドキするじゃないですか?!
「鏃」がもう一つ有るなんて!!
どこまで悪なの!狸七!!

続きが待ち遠しい~♪

おはよ

おおおおお、桃吉の記憶が戻った!!
それにしても・・・この絵は!!!凄い迫力!!!
怖いぜ!!!

挿絵・・・怖くてクリックできなかったよ~
そりゃあ記憶も戻るわねぇ・・・って感じでしたね。

強力な味方ができましたね
こんな怖い人たちを騙すとは、狸七、ふてえ野郎です
ばれた時のこと、ちっとも考えていなかったんですかね~

うわーー、今日の絵は迫力ありますねー!
色使いもスゴイです!

で、、、えーーーっ!鏃はもう一つあったんですね。
きゅ~助が危ないんですね!

あーーー、メールで教えてあげたいぃぃぃぃぃ!
それが出来ないのが、いいところでもあるんですけど。

ど~やって、知らせるんだろー!( ̄□ ̄)

こんにちは^^
まず、ガ!!!!って目に飛び込んで来たのは、
猛烈なイラスト!!!!(落款がかわゆいので、ほっとします~~。^^ノ)
「ひえ~~~~~~!!」って思いながら、一気に読ませていただきましたです。
桃吉も、ショック療法で、思い出したんですね。(≧∀≦)ノ
そして、もう一山、ありそうな展開が、いいじゃないですか!!!!
続きが楽しみ!!!!
今日は、興奮しちゃいましたです~~。(*^_^*)ノノ

ひや~~。
表現も、挿絵も、大迫力でした~。
でも、そこまでして二人が怒ってくれて、よかったです。
十字にも、ちゃんと事実が伝わってよかった。
きゅー助の危険も、ちゃんと予想してくれて、読者も嬉しい限りです。
さあ、どんどん大詰めになってきますね。
先がたのしみです(*^_^*)

怖いよー(゜o゜;
スゴイ挿絵だね。

ポッチ完了♪

絵の迫力がすごい~~
オロじゃなくても怖いよぉ(-o-||)
でも この二人は不正に対して怒っているんだもん、
一緒に来てもらったら どんなに心強いか!

でも もう一本の鏃がきゅー助を狙うかもしれないから
ここはひとつ どこでもドア並の速さで
戻っていただかないと(笑)

びゆう姐さん、こんばんは
(↑真似してみたアハ・・なんか自然・・)
暑い日がつづきますの~

うぁおー!!うーてんと十字の変化・・・キャー!ビックリ!! (*゜ロ゜)ノ☆迫力の挿絵ダ!
なんだか涼しくなったかも( ̄ー ̄; ヒヤリ

鏃がもうひとつある事が、オロと桃吉にも分かって良かった!!
きゅうー助を守らないと!!
なんだか((o( ̄ー ̄)o)) ワクワクするこの展開!

なんだか・・とっても元気な、さるびあでございますダv-286

うう~~!うーてんと、十字の顔、怖い~~!
すごい迫力~~!!
お話も、迫力ある~~!
どうするんだろうねぇ・・・狸七と九市。
どうなるのかな?

・・・怖いけど・・わくわく、次が楽しみ。。。

ひえー


 天狗様すいませんでした~
 私が悪かったです~もうしませんガクガクブルブルv-12


 と、心当たりが無くても土下座してしまいそうな感じの絵です。
 
 
 お二方
 怒りの形相
 怖いぜよ


 思わず575まで出来てしまいましたよ~ガクガク  

こんばんは^^

まずイラストが目に飛び込んできて、思わず「ひぃ~・・・!」と
なってしまいました^^;
このお二人の迫力が凄いです。
敵に回すと恐ろしそうですが、味方だととても頼もしいですね。
桃吉の記憶も戻ったようですが、確かにこれだけの迫力の形相を
見たらショックで戻るだろう・・・と納得です。

りんだちゃん、いらっしゃーい!

おはよーv-411

良かった、描けば描くほど変になって来たようで・・・
ありがとニャン。

どうだろう?
v-392

メルロンさん、いらっしゃーい!

おはよーv-411

今日は朝から雨降り、晴れると思っていたのに。
今時の天気予報って充てにならないよね。

狸七が後生大事にぶら下げている巾着の中味。
悪だくみを画策しているようだけど、
ほら、皆にばれた。
v-391

かぶちゃん、いらっしゃーい!

おはよーv-411

ノン吉の変化がトラウマになっていたんだねぇ。
ぷぷ
何が役に立つかわからないものだ。
v-389

Mieさん、いらっしゃーい!

おはよーv-411

まじですか。
なんか今一バランスが悪いような・・・
描き込むほど遠くなるみたいな・・

あんなの度々は見たくないよね。
v-391

kyoroさん、いらっしゃーい!

おはよーv-411

はい、おーてんと十字が味方についた。
それは自分達の行為が正当であるとお墨付きをもらったようなもの。

まったくふてぇ野郎です。
過去もない未来もないあるのは今だけなんだと思う。
v-403

ルビィさん、いらっしゃーい!

おはよーv-411

描き込んでいたらこんなになりました。
へへ

狸七が画策している鏃のことです。
ぷぷ
携帯がないものねぇ。
持っていたとしても、とっくに無くしているね。

・・・・ヒッパレーーー
v-441v-441

マダム、いらっしゃーい!

おはよーv-411

猛烈でした。
描き込んでいたらこうなりました。
だけど足んないよね。
もっとねぇ。
難しいです。

落款を褒めて戴いて最高でございます。
マダムみたいにオサレに出来ない・・・

嬉しいなぁ~~
頑張らねば!
v-398

limeさん、いらっしゃーい!

おはよーv-411

ほんまでっか!
もーーlimeさんはぁ~~
単純だから豚木昇になりますよぅ。

本当に、
不正とはまるで縁なしの二人だから。
がんばります。
v-391

kazkolineさん、いらっしゃーい!

おはよーv-411

カズコリーヌを怖がらせてしまった。
ほっほほほ
度々はないから・・・
まるでないわけじゃないけど・・
へへ

ありがとニャン太郎
v-410

園長さん、いらっしゃーい!

おはよーv-411

ありがとう。
なんかね。
も一つね、足んないような・・

どこでもドア、欲しいよぅ~~
桃吉はそう思うよね。
携帯もないし・・
困ったね。
v-391

ぶるーさるびあさん、いらっしゃーい!

おはよーv-411

もー勘弁しテェナ。
llamaちゃん、止める気がなさそうだし。
困ったニャ

これで涼しくなったらエコだわ。
ぷぷ

悪い事はいつかはバレるのにねぇ。

良かった、良かった。
でも無理しないようにね。
v-410

きらたるさん、いらっしゃーい!

おはよーv-411

怖い顔にちゃんとなっていたかな。
なんか描く程、遠くなりそうで・・
難しい。

きらたるさん家のニャンズの手を借りたい。

考える事はろくでないこと、それだけは間違いない。

頑張りマス。
v-410

由ちゃん、いらっしゃーい!

おはよーv-411


何か疚しい事があるのかいな?
今のうちにキリキリ白状せい!
ぷぷ

普段から
変化なくとも
怖い顔

v-391

Ken&Naoさん、いらっしゃーい!

おはよーv-411

おおーー「ひぃ~・・・!」は褒め言葉だい。
嬉しいぞよ~~
素直に喜ぼう。

それは言えてるよねぇ。
納得してもらって桃吉も納得だろうね。
へへ
v-391

こちらこそ、ほんとにありがとうございました。お風呂が楽しみになっております。しかし、今回挿絵は、ちょっと怖いですね~。まさに鬼の形相だ。おかげで、桃ちゃんの記憶が戻ったけど、また見たら、またまた、記憶がなくなってしまうかも。こんな怖い絵もぴゆうさん書けるなんて、絵心のない私は、羨ましい。でも、なんでぼけ那須っていうんでしょうね。なすとってもおいしいのに。きゅー助の危機に、オロと桃ちゃんはどうするのかな?楽しみだ~。そういえば、最近また地震が多くなってきましたね。ちょっと怖いです。ぴゆうさんも気を付けて。保存食、少し足しておこうかなって思ってます。

むらななさん、いらっしゃーい!

おはよーv-411

雨が上がったら暑い・・・
まったく・・・

良かった、こちらこそでござーーる。

桃吉も慣れないとね。
変化する奴らばかりなんだからね。
へへ

ダメダメですよ。
わたしの渾身と思うのは六章の二人旅のスサの絵。
あれは大好き。
絵心がない人はあんなステキなアップリケはできませんよ。
ぷぷ

ボケ茄子ってね。
オモロい言葉だよね。

気をつけますです。
怖いよねぇ。
v-12

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ついつい引き込まれてしまって、頭の中で勝手に画を描いてしまいます。
次が楽しみです。挿絵も迫力満点v-363

おお~~、絵に迫力があっていいですね~~。
こういう起こったか顔の臨場感があってすごい良いですね。
味があって良いと思います。
作風とも合っていますし。

あつ~!

暑くてそうでなくても、回転のゆるい頭が回りませんーー;

颯太が横で「はっ!はっ!はっ!」とせわしなく言うから
余計暑い~!今からこれで節電なんてできるのか・日本人!(わたし)
でも、扇風機で頑張ってるんだよ~^^;

うにゃままさん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

紫陽花がきれいだったぁ~~
生き生きとしているものね。

なんか描き込むほど迫力から離れるような・・・
へへ
v-389

LandM(才条 蓮)さん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

ほんまかいな。
描き込むほど遠くなるような感じなのよ。
元の顔が赤いのは難しいです。
白ければ青黒くしたり、赤黒くができるけど、
赤は・・・無理だった。
へへ
v-391
頑張りマス。

メルロンさん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

えーーメルロン地方で扇風機だけは辛いよ。
そりゃ颯太ちゃんはキツい。
ワンコって熱中症になりやすいぞよ。
そういえば昔だけど、夏の盛りにクーラーつけていても熱中症になった子がいたよ。
湿度がやばいみたい。
無理しないでね。

ニャン族はどう?

こっちはいい風が吹いていて気持ちいい。
窓全開の扇風機全開です。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

おはようさんです

昨日は結局、コメント入れた後すぐにクーラー入れましたよ^0^
水分補給は2時間毎にって言われてるけど
もっと頻繁に飲んでる気がします。。。家の中もだけど
買い物に車で出かける時も近くでも飲み物は持って出た方が良いね!

今日も暑くなりそうな朝の光・・・今の時間は気持ち良いのにね~;;

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

メルロンさん、いらっしゃーい!

おっはーv-411

水分は沢山取らないとダメよん。
わたしなんか水浸しみたいに飲んでる。
大げさーー

夏は水分を多くとるでしょ。
漢方でいうと身体が湿気るらしい。
なので利尿作用があるものを取るようにするんだって。
夏野菜は抜群だよね。
タラコとかの魚卵は湿気るから夏場は控えるんだってさ。
v-391

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

怖いお顔だあ~~

うえええええええo(´Д`;;)o怖いよお~~~!!!!!
でも、その怖い顔が頼もしい!!!!!
絶対にみんなを助けてくれる、その怒りの顔!!
大魔神みたいだねえ~~!!!

それにしても、狸七達は、本当に許せない!!!
絶対にぎゃふんと言わせないと!!!!!

だから、その正義の怒りが頼もしい!!!!!

みんな!!急いで!!!きゅー助が危ない!!!

次へ参りますぅ~~~!!!

かじママちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

描けば描くほど変になりそうでござったよ。
へへ

愚かだよね。
だけどもうわからないんだよね。
きゅー助が憎い、それだけなのね。

おおーー
連コメをありがとうね。
疲れているだろうに・・
もうーーマジメちゃんなんだから。
いつもありがとうね。
v-410

プロフィール

 のくにぴゆう

Author: のくにぴゆう
猫国の住民達の物語を書いています。
作者はコメを食べて生きてます。
コメくださ~~い!
ブログ内の小説、画像の無断転載、コピー、転用は禁止です。

もくじ
最新記事
リンク
当ブログはリンクフリーです。
最新コメント
いろいろ
今まで紹介をしなかったのですが、それも変だなと 三ニャンを宜しくお願いします。

母のみーです。 mi3.jpg

息子のちーです。 chiko1.jpg

娘のぽーです。 po1.jpg

揃い踏み mcp1.jpg

木登りおーちゃん Ochan.jpg

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ





検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
pictlayer
画像をクリックすると大きく、もう一度クリックすると閉じます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。