スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第十章 開道 狸七と九市2

前回

狸七(りしち)に呼び出されても九市は長持(ながもち)に隠れ出てこない。今では木箱だけが九市の安心できる唯一の場所になっていた。そんな木箱ごと燃やしてやると脅され、九市は飛び出す。まんまと騙された九市、いつものように狸七と不毛な言い合いを始める。


はじまり、はじまり



「九市よ~。考えてもみろよ~、お前は俺の言う事を聞くしかないんだよ」

「どうしてですッ?」

「だってそうだろ?俺とお前は立場が違う。立場がね~。俺は【陽の神様】に愛されている【王族】だけどお前はよ?

思い出してみな、あの頃をよ。人望もない、嫌われること山の如くのつまんねえ獺(かわうそ)。九太夫ばかり陽に当たり輝いていた。

『ヒネク』れ『イジケ』るお前によッ、燦々(さんさん)と光が当たるようにしてやったのは何処のどなた様のお陰よ?え?」

「ングッ......」

「いくら恩知らずのロクデナシのお前だって、ここまで言われたら気がつくよな?どなた様のお陰で族長なんて分不相応な立場になれたのよッ!え?聞こえねえよッ」

「ぅッ・・ぅ゛う゛・・・・・」

「まだ言えねえのかよッ!まっいいさ。そのお前はこのままだとどうなるのかね~?どうなるのかなぁ~?人足どもの怨嗟(えんさ)の的(まと)!!唯の小汚い獺に逆戻り、、、

あ~~あ、それどころか命を狙われる身だったりして~~ぇ。あッ!もうそうなっていたっけ?ヒヒ」

「うっうぅ・・・」

泣いている。狸七は優しげに九市の肩に手をやる。

なっ!ここで一発逆転の案が俺様のここにあんのよッ」

狸七は自分の頭を指差す。

「聞きたいだろ?堪んなく聞きたいよなーぁ?今まで通りの暮らしを取り戻す機会を逃す程、馬鹿じゃないよな~?」

「・・・」

「どうすんのよッ、悩む事はないだろう!俺様にお願いしてみなッ。俺様だって、可愛いお前がみすみす奴らに殺されるのを見ているのは辛いよ。

あ~~辛いッ、あ~辛い!辛くて泣ける~

「でも私が兄を殺したって証拠がどこにあるんですッ?絶対にばれるもんですかッ

「なぜさ?これを見なよ」

狸七はいつも首にぶら下げている巾着袋から何かを取り出した。それを見た九市は声もない。

「そッ、そ、それは、、、」

「そうさ、お前が九太夫を殺した矢の先に付いてた鏃(やじり)だよ」

「あの時、、、あんなに探ったのに見つからなかった鏃.....どッ、どうしてここにッ!?」

「ふふ、蛇の道はなんとかだよ。あのナサが九太夫から離れてお前がナサを白々しく慰めていた時に、後ろで九太夫の死体から引っこ抜いたんだよ」

「だけどあの時は私と子分だけだったのに、、、」

「お前が首尾よく出来るか、陰で見ていたのさ~」

「そうだったのか・・・」

狸七はまんまと嘘をついた。元々、二つあった内の一つに過ぎない鏃に勝手に物語をこさえたのだ。九市はすっかり騙された。

「ふふ。これを奴らに見せたらどうするよ?それも物語付きでだ。お前はすぐにも地獄行きだよ。

あ~ぁ哀れだねえ~、可哀相な獺が葛花(くずはな)川に浮いてるよッ!ヒヒ」

「あんたって、、、あんたという狸は、、、悪戸(あくど)過ぎる....ッ」

「ふふ、九市~そこで相談だよ。このままじゃ辛いだろ?だからもう一度、此の鏃を使うんだよ」

え"ーーーッ!そんな、そんなーッ

「何だよ?親に出来たんだもの、子供にも出来るだろーが」

きゅー助をッ!?

「そうだよ。あいつさえ居なけりゃ、後は烏合(うごう)の衆だよ。今までだって言う事を聞いていたんだ。幾らでも丸め込められるさあ。そうだろ?俺だって勿論手伝うし、後押しもする」

「だッ、だけど、きゅー助の奴をどうやって呼び出すんですよ?」

「任せなよ。だけどなんだねぇ~、こうお頭(つむり)の弱い奴を相手にしていると疲れるよ」

「?"・・・・」

「肩が凝るさぁねぇ~」

九市はせっせっと肩を揉みだす。

「なんだか喉もカラカラしてきたなぁ~~」

「そうですか?」

「そうですかじゃねえッ!てめえの長持に取って置きがあんだろよ!みなまで言わせるんじゃねえよッ」
挿絵参照↓↓↓  絵をクリックすると大きくなります
bakashiai.jpg

「はっ、はい。すみません、気が利かなくて」

「フン!早くしなよッ、お前にもわけてやろうよ」

(私のですが・・・)

「あいすみません」

九市が取って置きの酒を注いではお代わりと言われる。

「あの...注いでばかりじゃ、私は呑めませんよ、、、」

「誰が呑んでもいいと言った?」

「分けてくれるって・・・」

「余ったらだよ、馬鹿だぁねぇ~~」

「ひどいッ、、、」

狸七は楽しくて仕方がない。

「首も凝ってきた」

「首なんかありゃしないでしょ?」

「へえーーー、そんな口をきいていいのかね~~?」

「お揉みします!」

「黙ってやりゃいいんだよッ。まったく、みなまで言わせるんじゃないよッ!」

狸七に散々にこき使われ、へろへろになった九市はいつしか逆らう気力もなくなっていた。何もかも狸七の思うがままになる。




毎日の1ポチがウルトラ励みになります。
\(^o^)/ 
★ぽちっとお願いしまーーす★

猫国ランキングバナー①



拍手とコメントをありがとうございます。
戴いたメッセージのお返事は拍手欄にしています。
(鍵コメは管理人は読めますが返事ができません)
どうか宜しくお願いします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

おっはよーごぜーます♪

昨夜はこっ早くから寝ちまって、今朝は明るい農村です。
似あわねぇ~~~(笑)

ぬふふ・・・思ったとおり!
やっぱり「あの馬鹿ども」は、きゅー助を狙ってきましたね。
そうか、気になっていた狸七の「緑色の巾着」の中身。
例の「鏃(やじり)」でしたか。
しっかしまぁ、いつの世も「アフォ」は何処まで行っても「アフォ」のまんまだ。

ま、そんな輩の手に乗るような きゅー助ではないでしょう。
これからの展開に期待大ですわ~♪

でもさ、人の使い方って実に難しいね。
それが判っていない狸七の今後も、これまた難しいやね。
「使うよりも使われろ」・・・で生きた方が、ある意味人生「楽」だよね。
な~んかね、今回はそんな事を思いながら、読ませて貰いましたですv-390

おはよ

おおおおおお~
悪党共、狸七と九市の悪巧みだ!!
きゅー助のピンチ!!!

おはようございます

ただいま曇り空、昼頃から雨に成るそうです。

九市・・・なんとも哀れな展開に
絵もどよどよして良い感じでございますなぁ

朝からお酒飲んでるのを見て、無性にビール飲たくなったよ~!
(喉かわいてるだけ?!)

続きが楽しみだー!!

llamaちゃん、いらっしゃーい!

おはよーv-411

ほっほほほ
わたしも明るいジャングルしております。
草がまぶしいぜ!

巾着、いいでしょ。
へへ
後生大事に持っていました。
何かの役に立つだろうと・・・

狸七は補佐が役目なのにね。
自分の方が分不相応な真似をしている。
わかってないよね。
v-390

かぶちゃん、いらっしゃーい!

おはよーv-411

本当に悪だくみをせずにはいられないのだろうね。
これも性なのかね。

きゅー助は気がついてもいないよね。
v-393

メルロンさん、いらっしゃーい!

おはよーv-411

まじぃーー
晴れて欲しいのに・・・
ぶぅv-16

どよどよしてますか。
良かったなぁ。
へへ

ぷぷ
そういえば猫国にビールがないなぁ。
あってもいいよね。
v-389

おはようございます。

ナンなんでしょうね、
悪いヤツらって!

きゅー助負けるな!!

ポチっと完了です♪

kazkolineさん、いらっしゃーい!

おはよーv-411

本当になんなんでしょう。
こいつらって二人寄れば悪だくみ。
あんなだけど、九市も同じでござる。
情けなし。

ありがとうよぅ~~
嬉しいぞよ。
v-410

今回は狸七と九市の関係にスポットが当たってますね。

実に、嫌らしいヤツですね、狸七は!あー、嫌だこと。
でも、差し出された目先の誘惑に負けて、自らの魂に泥を塗っている
九市の弱さがにじみ出ていますね!

こういうの書くと、ぴゆうさん、ほんっっっっとに上手いですね!^^
舞台の脚本とか、いけそうですもんね!ブラボー♪(=^^=)

ルビィさん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

全くその通り。
恥の上塗りどころか罪の上塗り。
一度塗ってしまうとどんどんと
厚くなっていくものなのよねぇ。

あれまぁ。
v-402
ありがとうござーーる。
照れマクリーヌ・ド・ボン女
v-389

なんとも、聞くに堪えない、二人の悪党の会話。
悪党にもいろいろありますが、このふたりはもう、最低のレベルですねえ。

きゅー助にまで手を出すとは思いませんでした。
そう来るか~。
でも、この二人、頭悪そうですから。
こんな奴らに、絶対やられて欲しくないです><
がんばれ~、きゅう助。
オロや、桃吉たちも、これを知ったら怒るでしょうね~~。

追記)
おお、アルファポリスのランキングに、今まで気がつきませんでした!申し訳ないです!
私も昨日登録したばかりで・・・それで、今日、はっと気付いた次第。
こちらもがんがん、ぽちりますね^^

limeさん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

全くだよねぇ。
最低レベルだわ。
狸七なんて嬉々としているものね。
お手上げでござる。

二人はまだ何も知りませんねぇ。
話が前後します。
二手に別れてはいますが、同時進行のつもりです。

アルファはポチしなくていいのよ。
limeさんも登録したんだ。
このバナーは貼るだけでいいの。
楽なのよね。
v-410

こんにちは~。^^
いやあ、はてしなく悪いですね。^^;
どうなるんだろうきゅー助。!!
きっと、素敵に展開していくんだよね!!とか思ったりしながら、それでも心配になっちゃいます。^^

うーん・・・ とことん悪いヤツラですね~
九市は、引きずられ型の悪人タイプなのかな?
なんだかちょっと、かわいそうにも・・・^m^;

今度はきゅー助に危険が及ぶんですね。
きゅー助たちはどう切り抜けるのか、
ソレもまた楽しみです!
どうなるのかな~ ワクワクの展開です♪

やっぱり思っていたとおりの展開に・・・。
悪い狸だぁ!
きゅー助は、もうわかってるのかなぁ・・。
この二人がどう出てくるのか・・・。
だめだめ、おてんとさまはお見通し!
だと思うんですけど・・・・。
でも、心配・・・(>_<)

ヒールって好きなんです

ぴゆうさん、こんにちは!!

小悪党の上下関係がどことなくユーモラスで、楽しく拝読しています(^^)
九市も狸七も人間臭くて憎めないなぁv-411
正真正銘の悪役(ヒール)なのにね!

北九州は冷たい雨が降っています。
こんなに肌寒いのに、明日は小学校のプール開き(>_<)

梅雨の時期は寒暖の差が激しいので、ぴゆうさんもお身体ご自愛下さいね☆

悪い奴に番号つけたら一番は狸七だな。
これはもう 救いようがない。
せっかく王族に生まれながら、
いや 王族だからこそ 許されないことだよね。

きゅー助 油断しないでね!
同じ作戦なんか 通用しないことを教えてやりなよ~

おおっやってきましたね。敵の陰謀!

これから熾烈な頭脳戦が!?

きゅー助くんがんばって!! 別働隊もがんばってるんだから!!(^^)

あっ怒涛の展開で忘れてましたがポチしたでやんす。

こんばんは

あ~あ、またまた悪巧みしてる。
今度はきゅー助を・・・
同じ手は二度使えないよ。ねー

オロと桃吉がついてるんだもの。
しかし狸七も懲りないやっちゃね。

天はすべてを見てるのよ!

こんばんはー



 狸の親分、最早清々しいとすら感じるほどの悪台詞の連発ですね!
 証拠品で脅すあたりも悪の典型。陽の神様に愛されてるって言っているけど、寧ろ天罰受ける確率大。

 ギリシャ神話でも行い悪い方は大概神様の目に留まって、海の藻屑になったり、雷がピシャンと落ちたり、怪物に食べられたり、おじいちゃんにぎゃふんと言わされたり……トホホ……
  
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

困ったもんだ・・・

なんという困ったやつなんでしょうか・・・
首長がこれでは狸国は可哀想なもんです。
やっぱり、いつかは膿を出すためにも
なにか起こらなくちゃいけなかったんですね・・・・・
それで犠牲になってしまった、
きゅー助のお父さんお母さんのことは本当に切ない事だけど・・・

頑張れきゅー助!!獺国と狸国のみんな!!
凶弾に負けるな!!!

オロと桃吉!!首尾良く運んでるとは思うけど、
あちらもどうなってるか気になる!!!
あああああーーー

マダム、いらっしゃーい!

おはよーv-411

狸七なんか企んでいること自体が楽しいのだろうね。
なんというか、しょうもないよね。

これからまだまだ、いろいろあります。
v-410

★すももママ★さん、いらっしゃーい!

おはよーv-411

九市みたいのが一番悪人かもしれませんよ。
いざとなれば逃げ道を用意しているからね。
「唆された」って云うね。

きゅー助も用心しないと、かなりマズいです。

おおーー嬉しいです、頑張りマス。
v-398

きらたるさん、いらっしゃーい!

おはよーv-411

本当に悪狸だよね。

きゅー助もやはり九大夫の子です。
お人好し=脇が甘いのもあるかもね。
気がついてないと思います。
v-388

ローガンさん、いらっしゃーい!

おはよーv-411

まったくね。
ヒールらしいヒールだよね。
本人は思ってもいないだろうね。

今日はプール開きなのか。
寒そう・・・
大丈夫なのかな。
昔、寒い日にプール開きで皆、震えてクチビルが紫になっていた。
思い出した。

ありがとうございます、ローガンさんも無理しないようにね。
v-410

園長さん、いらっしゃーい!

おはよーv-411

けけ、番号制にしたくなるね。
いなさそうで居たりするのが猫国だったりして。
全くその通り、考え違いも甚だしいよね。

きゅー助って良い子だからなぁ~~
悪い奴の考え自体が理解できないものねぇ~~
v-388

ポール、いらっしゃーい!

おはよーv-411

陰謀バリバリでござるよ。

別働隊に頑張ってもらうしかないのよねぇ~~

怒濤のポチ、ありがとざんす。
v-391

まりんママさん、いらっしゃーい!

おはよーv-411

そうなの、それしかすることがないのかね。
多分、ないのだろうね。

この二人の頑張り次第だよねぇ。
懲りないよ、だって好きなんだもの。
思い通りに操ったりすることが楽しいみたいだよ。
困ったもんだ。

本当だよね。
v-410

由ちゃん、いらっしゃーい!

おはよーv-411

まったく清々しいほどだね。
その通りだと思う。
だけど、わかっていないから、自分はスペシャルらしいよ。

ぷぷ
碌な末路はないのよね。
それでもやるのはなんだろう。
性なのかね・・・
v-390

かじママちゃん、いらっしゃーい!

おはよーv-411

まったくね。
はい、これはまさに膿だしになると思います。
そうね。
九大夫やナサは辛いけど、無駄にはなっていないものね。

きゅー助もわかってはいても、ここまでとは思わないでしょうね。
そこに油断もできる。

二人ともがんばっていると思いたい。
v-410

おはよ~♪

やっと雨が上がったね!
まだ曇っているけど、洗濯物が乾いてくれそうで助かるわ~♪
しかし庭の木や草も伸び伸び育ってしまって、藪蚊は凄いし・辛!
フランスパンはいかがでしたか?
家はアレっきり、当分してくれそうに無い雰囲気ですよ^0^
今日もニコニコ・ファイトですねぇi-179

狸七からウソつきのの匂いがぷんぷんしてきますね~
悪者の会話なのにどこか可愛さを感じてしまいます
ワタシにとっては愛すべき悪役達です

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

メルロンさん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

今日は朝から、ちーがお土産を運んでいたので大騒ぎでござった。
何がとは・・・言えない。
v-12

一気に疲れてしもた、朝から脱力でござる・・・

フランスパンモドキみたいだった。
また挑戦するんだと・・・
「あれない、これない」
でっ結局、側についていることになる。
すんごく疲れる。
v-403

kyoroさん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

優しいなぁ~~
ぷぷ
狸七や九市をかわいいと言ってくれるのはkyoroさんだけだと思うよ。
奴らは幸せだよね。
v-410

こんばんわ~~♪
親子共々消してしまおうと思ってるのですね。
悪い事するともっともっとと連鎖しちゃうのかしらね。
ぴゆうさんの絵 本当にいいわぁ~~~♪
二匹とも本当に目が悪者そうで・・・なんか笑っちゃいます。
いつも楽しみです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

りんだちゃん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

一度かけ違ってしまうと修復できないのかねぇ。
直す気もないか!
困ったもんだよね。

ありまぁ!
嬉し恥ずかしでござーる。
ガンバらネバーーーーザ納豆!
v-391

こんばんは

おやおや・・悪党二人の悪巧みですね・・
狸七は本当に悪知恵が働くなぁ(-o-;
きゅー助に狙いが行ってしまった・・大変だ~!!


体調良好です~♪もうすぐですね(*^_^*)

こんばんわ

狸七があくどくって、ちょっと頭の弱い久市はなんか可哀そうにも思えるし・・
それに今日のイラストの久市はなんか面白い、
かわいいところもありますよ。
う~ん、何と言ったらいいか、・・挿絵の存在が冴えてますよね。


ぶるーさるびあさん、いらっしゃーい!

おっはーv-411

悪知恵って働くものだよねぇ。
まさに独り舞台、狸七の真骨頂。
こんな二人にいいようにされていた狸国。
困ったもんだ。

おおーー
槍が降っても行くゾーーー
v-391

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

tokosantanさん、いらっしゃーい!

おっはーv-411

いえいえ頭はけっして弱くないですよ。
小狡い奴ってのはね。
ただ、狸七が何枚も上手なだけ。
しょうもない二人です。

おおーーありがとうござーる。
がんばって描いてきた甲斐があります。
v-406

越、お前もワルのよお・・・・いえいえ、お代官様ほどでは・・・・アッハッハッハッハ~~。
・・・という下りは最近水戸黄門でもやっていないですよね。
しかし、物書きというもの、一度はそういう展開を描いてみたい!!
・・・と思ったりする下りで感服いたしました。
さすが、ぴゆうさんですね。

どうも、才条 蓮でした。

LandM(才条 蓮)さん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

あんらぁ~~
v-402
照れまくりです、ありがとうございます。

本当、悪人どもの会話って面白いですよねぇ。
特にこの二人はステロタイプですからね。
楽しかったです。
v-391

こんにちは

梅雨の晴れ間は疲れますなぁ~~~^^;
かなりバテバテ・ちょっと一休みで遊びに来させてもらいました。

後一踏ん張り、がんばりま~~~す♪
夜、繋がりにくくない?

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

メルロンさん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

疲れた~~
Mieさんのとこで豚汁が美味しそうだったから、真似して豚汁を作ったり・・
何の次いでもないけど、混ぜご飯の種を作ったり・・・
立ちっ放しで足が痛いヨーーー
なぜ今なのか?
意味フの料理ばかりでござる。

そうそう、言えてる。
困るヨ、全く・・・

洗濯物が乾かなーーい
v-403

こんばんは^^

今日はここまで~~v-290

多分今、一番嫌~なトコだなぁ・・・・・。
読んでてめちゃ胸くそ悪くなって来るe-262e-262

早くこういう部分はやり過ごしたいけど、慌てずグッと我慢。
また月曜日にゆっくり続きを読みに来ま~すv-222v-411

蘭、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

ぷぷ
確かにねぇ。
わたしは楽しかったのでござーーる。
悪者って書いていると楽しいのよね。
にゃーー
性格が悪いからか・・
へへ
v-389

こんばんは

 狸七あくどいです。ひどいです。
 どうしてそんなに、贅沢したいのかしら?
 でもそんな狸七にいいように使われている九市はもっと頭にきます。
 
 神様たちはどうしてほかっておくのかなあ?
 

ふんわり♪ちゃん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

この二人はどうしようもないです。
何故ああも曲ってしまったのですかね。
曲がった者同士は曲がるばっかり。

もう少しのご辛抱を
v-392

 こんにちは。
懲りない奴らだな…
清々しいまでの 何処か 捨て台詞を吐いて見事にやられてくれそうな 悪です。
僕は 悪 二人組みって 書いてて 結構楽しい。

でも 其の悪巧みするだけの時間と能力 別の方向に使えよと 言いたくなる…
きゅー助 それに 桃吉も 頑張れーーーー

ウゾちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

ぷぷ
懲りないねぇ~
ヘコタレないねぇ。

私も楽しかった。
描くのも面白かったよ。
意地悪そうな顔が面白くてね。

全くその通り!

応援をもらったんだから、
しっかり頑張れーーー
v-391
プロフィール

 のくにぴゆう

Author: のくにぴゆう
猫国の住民達の物語を書いています。
作者はコメを食べて生きてます。
コメくださ~~い!
ブログ内の小説、画像の無断転載、コピー、転用は禁止です。

もくじ
最新記事
リンク
当ブログはリンクフリーです。
最新コメント
いろいろ
今まで紹介をしなかったのですが、それも変だなと 三ニャンを宜しくお願いします。

母のみーです。 mi3.jpg

息子のちーです。 chiko1.jpg

娘のぽーです。 po1.jpg

揃い踏み mcp1.jpg

木登りおーちゃん Ochan.jpg

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ





検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
pictlayer
画像をクリックすると大きく、もう一度クリックすると閉じます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。