スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第十章 開道 進むべき道3

前回



オロに一喝されたきゅー助、動揺は隠せないが前を向こうとする。桃吉もまた、きゅー助の役に立ちたいと思う。そして夜半に突然訪れた爺獺、泣きながらきゅー助に抱きつく。



はじまり、はじまり



「きゅー助様~!お久しぶりでございますッ。そしてオロ様・桃吉様、私めはヒコと申します」

三人はヒコの丁寧な挨拶に驚いて自分達もお辞儀をする。

「耳子ちゃんから、よくよく話を聞いて参りました。オロ様ときゅー助様のご苦労を聞いて、ヒコめは泣きました(ウッ)、、、」

「大したことじゃないよ」

「きゅー助、オロと暮らしていたから寂しくなかったよ!」

「おぉッ、なんと健気(けなげ)なぁぁ、、、」

ヒコ爺の大体の話の筋はこうだ。ヒコが知らぬ間にナサは屋敷を出て行ったらしい。そして九市が威張り出し勝手に族長だと言い張る。

『きゅー助様こそお血筋!』と頑張ったが、当の本人が居ないので不満だらけの獺達も従わざる得なかった。その内に若い者は【まま子川】の人足をさせられるようになった。

九太夫の時には【葛花(くずはな)川】で漁師をしていればよかったのに九市は『族長命令だ!』と言い一歩も引かない。

不満を言うと葛花川から『出てけ!』と言われる。皆、出て行く自信がなかったので黙って従うしかなかった。

気になるのは狸国の王である【狸兵衛(りへい)】の弟の【狸七(りしち)】と何かあるらしく、今までは寄り付きもしなかった狸七が、度々九市の屋敷に来るようになっていた。

九市は人足の上がりの殆どを取り上げ、今では新しい屋敷を造り優雅に暮らしている。

挿絵参照↓↓↓  絵をクリックすると大きくなります
yuganahibi.jpg

ヒコ爺達は九太夫夫婦への思慕捨て難く、今だに九太夫の屋敷を塵(ちり)一つないように管理しているそうだ。

「ナサ様は何ゆえヒコめにだけでも、お徳にした話をお聞かせ下さらなかったのでしょうか?」

「それは違うよ、ヒコ爺さん!ナサさんからその話を聞けば、ヒコ爺さん我慢出来た?」

できましぇッんッ!九市の奴をふん縛ってボコボコの袋にして【まま子川】に流しますッ!」

「だと思ったよ。だけどそんなことうまくいけば良いけど失敗したらどうすんの?だって九市って奴、相当に狡賢(ずるかしこ)そうじゃん!」

「はぁ...そうですね、、、」

「ナサさんは賢いから、次に命を狙われるのは間違いなくきゅー助と思った筈だよ。だって、きゅー助こそが正当な族長だもの」

「はい、その通りです!」

「九市にしたら、きゅー助が死んでやっと安心するんじゃないの?自分の地位が安定するからさ」

「なぁーる!」

「だからナサさんは敢(あ)えて獺さん達には何も言わずに出て行ったんだよ。取り敢えずきゅー助を『成人させよう!』『きゅー助さえ大人になれば!』って、、、」

「なんとッ!ヒコめはオロ様のお知恵には脱帽です。ナサ様の尊いお考えさえ、気が付かぬボンクラ爺でした(ウッ)恥じかしいぃぃ」

桃吉は、こんなボンクラ爺に大事を話さなかったナサは獺を見る目があると思った。

「あのさぁ~、俺、思うんだけど、、、」

「どうしたの?桃吉」

「うん、これからの事を話し合おうよ!絶対に失敗は許されないからさッ!」

「うん、そうだな!田平さん!氷鋼(こおりはがね)ってなんですか?」

「それはわしも詳しいことはわかり兼ねますが、【極楽山脈】の【地獄山】に住んでいる【十字じゅうじ】と云う山猫がつくる鋼らしいです。

その鋼は氷のように冷たく、白く発光する不思議な鋼だそうです。ここにある鏃は間違いなく氷鋼と思います」

「じゃあ、鏃(やじり)を造った猫は地獄山に居るの?」

「怖そうな名前の山だね」

「はい、でも十字と云う山猫は心清き猫で有名です。それに只の獺が訪ねて行ける場所でもないし、不思議です。ですがこのような品をこさえられるのは十字だけですし、、、」

「ひょっとしたら、狸七様の仕業ではないでしょうか?」

「俺もそう思うよ!良く気が付いたね、ヒコ爺さん」

「ひひ。いえね、ヒコめは前からおかしいと思っていたんです。どうも九市の態度が狸七様に厭(いや)に卑屈なんです。

狸七様の前ではペコペコしているのに、お帰りになると子分達に当たり散らして、、、『あの野郎!いい気になりやがってー!』なんて言ってるんです」

「ふぅーん。それって絶対に何かあるね!」

「あの、、、」

「なあに?耳子さん」

耳子は二人の子を別室で寝かせ付けると話し合いに参加していた。

「狸国の王族なればこそ、【山猫の十字】さんを騙(だま)して鏃を造ってもらえたのではないでしょうか?」

「そっか、、、なるほどねー、そうだ!ヒコ爺さん、九市は九太夫さんが亡くなる前に旅に出掛けていたことあった?」

「いいえ、全くありませんでしたよ」

「決まったね!間違いなく狸七が鏃を調達したんだ!」

「だけど、なんで狸国の王族がおいらの父ちゃんを殺すのを手伝ったんだよぉー」

「人足の事が原因なんじゃないの?」

「そっか!きっと狸七に言われても父ちゃん、断ったんだ!」

「私どもの狸達も好きであんな仕事をしていませんよ」

「そうなの?」

「当たり前ですよッ、日々命掛けなんですよッ!足を折ったり、流されたりして・・・
おまけに【狸兵衛様】に訴えようとすると【狸七様】に捕まるんです!捕まった者は二度と戻って来ませんでしたよ」

「なんなのそれ?」

「わかりませぬ。狸国の村々は今では困りきってます。若い者は人足仕事に補充されるので、寄せ木の仕事をする者や畑の収穫にも事欠く有様ですよ、、、」

「なんでそんな無意味な事を、、、」

「わかりませぬが、とにかく今の【狸七様】は何か変ですよッ」

「狸七も敵なんだから、これはハンパな覚悟じゃ出来ないよッ!」

「そうだね!」

よぉーし!俺に考えがある。この計画は間違いなく命懸けになるッ!できない者は今のうちに降りてもらう!どうする





毎日の1ポチがウルトラ励みになります。
\(^o^)/ 
★ぽちっとお願いしまーーす★

猫国ランキングバナー①



拍手とコメントをありがとうございます。
戴いたメッセージのお返事は拍手欄にしています。
(鍵コメは管理人は読めますが返事ができません)
どうか宜しくお願いします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

九市と狸七と十字
この三人の繋がり・・・深い何かあるねi-234

九市は、ただ族長の座を狙っただけかもしれないけど
狸七は九市を誑かせて何かをしようとしている・・・と思った。
この後の展開、じっくり読見返して待ちたいと思います。

挿絵は九市だよね
酒がねえだとi-180
葛花川の水でも飲んで頭を冷やせってーの

レオの好きなキャラは
桃吉、ノン吉、お蜜かな?
・・・うーん選ぶのは難しいi-227

おはようございます~~♪
今日の挿絵は これは絶対悪者!という感じがでていますね。
でもなんか強そうできゅー助さん達大丈夫かな?

おお、知恵対知恵の、裏をかきあう頭脳戦が始まるのですな。

……もっとも桃吉やヒコ爺は力押しを主張するかもしれませんが。

オロくん、きみの頭脳だけが頼りだ(^^)


ポチしときました。

おはよ

とてつもなく凄い話になって来たね~
これからどうなって行くのかなあ・・・

ぴゆうさん、おはよう~

九市の背後に狸七が絡んでいたようで
これからの展開に益々目が離せませんね。
それにしても九市のふてぶてしい事と言ったら
思う存分こらしめてやりたい悪役キャラだね(笑)

ぴゆうさん、今日もありがとう。

これはなかなかミステリーな話になってきましたね。わくわく。
狸国のトップとの裏取引があったんですね。
駒に使われるのは、何も知らない国民。
む~ん。腹立たしい。
これは慎重に探って、首謀者にひと泡吹かせないと。

ボンクラ(笑)なヒコ爺には荷が重いけど、オロ達がいてくれたら心強いですね!
でも、相手も、かなりずるがしこそう。
気をつけてね!

あ~あ、やっぱり品のない人がトップだと、
下の者たちは大変だ。。。

きっちり計画をたてて、九市をなんとかして欲しいわ。

時代劇の悪代官と悪徳商人といった風ですね
こういう輩は、コテンパンにたたきのめして、反省させてやって下さい

でも、最後にはみんなが反省して、いい関係になってほしいなぁ

うむうむ・・・・
陰謀の予感が濃厚すぎる程、濃厚ですね~
狸国、獺国どちらにも悪者がいる様で。
この後の展開、ますますワクワクしそう!

こういう緊迫した場面なのに
ヒコ爺の存在が、ほのぼのしてて笑いを誘います^^
ヒコ爺の方言(?)もいいですよね~
人柄がすごく出てる♪ 

うほ~~、、、益々、映画のようになってきましたね!^^

悪いヤツには、それを助けて自分の欲を満たそうとする
同種のヤツが近づいてくるんですよね。お互いが引き合うように。

それにしても、嫌~~なタイプのヤツの挿絵も上手いです!(笑)

氷鋼造りの山猫十字、、、どんな顔してるんだろー。(≧▽≦)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

何だか「わるよのお~!」の集まり風ですね。
お酒飲んでくだまいてる九市・・・手強そう!!!
これからの展開が楽しみ!

携帯のお気に入りに入れて、ぽちぽち読んで行きます。

レオ、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

あるねぇ~~怪しい。

じっくりと付き合って下さいねぇ~~
にゃははは

まったくだわさ。
やな顔をしているよねぇ。
描いていてスゴく楽しかった。
v-389

ふむふむ。
正当派でござるなぁ。
けっこう楽しいね、マジに考えよう。
v-410

りんだちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

悪人顔だよねぇ。
九市の顔は性格の侭に描きました。
へへ

たよりないけど頑張らないとね。
オドオドしていたら勝てないね。
男一番やる時はやらないとね。
「◯◯玉、ついてんだろうがぁ~~」
と言われるな。
誰に?
りんだちゃんにです。
ニャハハハ
v-391

悪役の上下関係

ぴゆうさん、こんにちは!!

敵の存在がが具他的になって、さらに面白くなって来ましたね~~v-411
悪役も一人じゃなくて複数出てくるのはたまりません。
九市が狸七に「菓子折り」を持っていく様子を想像して勝手に盛り上がっています。
(すっかり頭は水戸黄門)

前回のコメントでは、私の戯言にお応え下さってありがとうございました(^∇^)
とっても楽しく拝見しましたe-266
ぴゆうさん、サービス満点ねv-218

ポール、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

だねぇ。
オロの知恵、きゅー助の底力。
桃吉の勇気。獺や狸たちの団結力。

全てが発揮されないとこの問題は解決できないと思うな。
v-391

あっ日記を書きに行かネェと・・・
ニャハハ

九市の陰に獺族あり。。。さて、その繋がりは?ってところですね♪
どんな裏話があるんだろう?
楽しみだわぁ~。

かぶちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

本編最後の章なので、
力入れまくりでござる。
次回からあーなってこーなってそうなるんだな。
はぁ?
へへ
お付き合い下さいね。
v-410

あこさん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

憎たらしいキャラだよね。
なのに描いていてスゴく楽しいから不思議。
もしかして旦那様も悪キャラを描いていた時、楽しかったと思ったりする。
へへ

こちらこそでござーーる。
豆が育っている・・・
おびっくりだい。
v-405

limeちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

limeちゃんみたいなミステリーはないない。
まんま。
v-529モーーーーー単純明快。

一泡も二泡も吹かせて絞りきらないとね。
勘弁ならねえーーーーって言われるな。
誰に?
limeちゃんにです。
v-389

九市と狸七の関係・・・利用された(?)山猫の十字。
九兵衛とナサときゅー助。
複雑に絡み合いながら、物語が進んでいくドキドキ感とワクワク感。

うん、オモロイッ!
とっても、オモロクなって来やした!!
こういう展開かぁ・・・さすがだね、ぴゆう姐さんv-218

困ったなぁ・・・敢えて作らないでいる『尊敬』する人が出来ちゃったよv-398

で、最後に質問・・・
>「よぉーし!俺に考えがある。この計画は間違いなく命懸けになるッ!できない者は今のうちに降りてもらう!どうする?」
↑これは、だれの台詞でしょう・・・。
私は頭脳明晰イケ河童の「オロ」だと思って読みましたが。
ありっ、桃吉なのかな?? 
ほえっ、まさか、まさかの「きゅー助」じゃないよね???

姐さん、この「ぼんくら婆」に、ちょっくら教えてくださいませな(笑)

Mieさん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

お夏、カモーーーン

「なんざます?わたくしはつまんない俳句を選ぶのに大変なンざます。なんざます?」

「品のない奴がトップだと下は苦労するって」

「本当ざます。それは間違いないざます、だけど品のない奴らばかりの俳句を選ぶ私の気持ちを考えて欲しいざます」

「いや、俳句のことじゃなくてね」

「いいえ、一に俳句、二三が十四も俳句ざます。
わたくしこれから Mie様のお宅に行くざます、お夕食を戴きながら四方山話をするざます」

「勝手に決めて」

「前から行きたいと思っていたざます、五斗の干物を手土産にするざます」

「 Mieさん、チョー迷惑だろうけどよろしくね」

v-283「ふん!」

kyoroさん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

勧善懲悪が理想にゃんだもの。
悪の栄えた試しはねぇよ。
ニャんちゃって。
へへ

そうだね。
そうなるといいけどね。
v-410

★すももママ★ちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

困ったものだよね。
濃厚すぎてベッタベッタになっているかも。
うっきゃーーーー

ヒコってカワイイ爺獺。
菰傘村の爺猫連中と共に宜しくニャン。
v-410

ルビィさん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

本当だよねぇ。
悪い奴らって磁石みたいに引き合う。
だけどけっしてお互いを好いてないのよね。
イヤな関係だよ。

楽しかったの、にゃんだろ?
悪役って描いてるのがおもろいのよねぇ。
不思議。

むふふ。
ヒッパレーー
v-441v-441

メルロンさん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

ぷぷ
越後屋って看板をかけたくなるよ。
ニャハハハ

ありがとうねぇ。
長い物語だからのんびりとね。

わたしもリンクさせて戴きますね。
よろしくお願いします。
v-410

ローガンさん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

ぷぷ。
それいいねぇ。
九市ってイヤな奴だからなぁ。
ぴったりだ。
また輪をかけているのが狸七。
紹介するのが楽しみだい。

戯言って・・謙遜し過ぎだよ。
そんなことあーーーりませんから。
キッパリンコと言っておく!
v-391

mimozaさん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

どうしようもないのよねぇ。
こう云う奴はまったく己を知らない。
他を見ない。
見ているのは己のみ。
情けないよね。

それがもう一人いる。
お手上げだわ。
v-403

こんばんは^^

 悪役登場ですね!

しかも、かわいげのない相当な悪。

いざ、鬼退治!!

llamaちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

ありまぁv-405
そんだらこと書かれたら、オラ穴があったら入らななるめい。

世の吉 「そんなデカイ穴はネェよ」

「ニャンダとーーー喧嘩売ってんのか」

世の吉 「ドテラが入る穴なんて・・・猫国にはねえ、他もねぇ」

「むかつく!世の吉にいいことを書いてやろうと思っていたが、絶対に止める」

世の吉 「ニャンダとーーー」

ごめんあそばせ、醜い猫国の内幕を見せてしまったざんす。
ニャハハハ

最後のセリフはモチのロンでオロよん。
イケ河童に相応しいでしょ。
ムフフ
llamaちゃんがボンクラなら、ヒコの立場はどうなる?

「ヒコを呼びましたか?」

「爺はすっこんでなさい!」

「キィーーーー許せんドテラ!ヒコが三枚におろしてやるーーー」

v-12「ひぇーーー」

どーちん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

イヤな顔をしているよね。
だけど描いている時は楽しいのよ。
不思議だよねぇ。
ぷぷ

今日は雨ザンス。
その上、寒いザンス。
どーちん地方はどう?
寒暖の差が激しいから、風邪をひかないようにね。
わたしはv-16ってるから大丈夫。
心配は脂身の処分よ。
もらってくれないかしら?
v-389

こんばんはー


 
 九市さんは、悪者感抜群ですね。
 絵の態度からすると結構ガードが甘そう。何か、三国志の張飛を何故か思い出します。


 何やら黒い野心が渦巻いている感じ。
 人の国の政界を何故か思い出します。あそこも黒そうですから……


 今日は何故か色々と思い出す私です。

こんばんは^^

狸七・・・狸だけに腹に色々抱えていそうですね。
九市もうまく利用されているような・・・?
裏で暗い思惑が蠢いていそうですね。

そしてヒコ爺さん、ちょっと単純で愛らしい爺さまですね。

>桃吉は、こんなボンクラ爺に大事を話さなかったナサは獺を見る目があると思った。

間違っていないけれど桃吉、きつい(笑)

こんばんは~~(^0^*)ノ

わーい!!!
おら!!なんかわくわくすっぞ!!(笑)
なんていうか、こう・・・・・・
水戸黄門で、悪代官の陰謀で窮地に陥ってる人を助けて
話を聞いて
風車の矢七が悪者の何かを探って来て
助さん格さんが、「御隠居!!」って言って
御隠居が(あ、東野英治郎さんの御老公でお願いします!(笑))
何かを決意した様に「うむ!」って言って
どーーん・・・ってCMに入った時の様な(まわりくどーーい(爆))
ワクワク感がありますう~~o(≧Д≦)o

ああ!!早くCM明けないかな!!
もとい、早く続きをーーー!!!!!!
続きをお願いしますだあ~~!!!

ナサ様は本当に頭の良い、強い方だったんだな~
先の先の事まで考えた。
その時の感情だけでは駄目なんだ、それだけ大きな事・・

命懸けの計画・・オロの考えは何だろう?
大きな壁だ・・・凄い展開だ!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんにちは!

初出勤、今日は午後からです!
帰りはかなり遅い可能性も…
すでにお弁当も用意して準備万端♪
とは言え、条件や勤務形態があやふやなので
色々聞いて合わないようなら早めに辞める予定です^^
仕事が続いてしまうとネット出来なくなりますが
仕事が楽しいんだなって思って頂けたら嬉しいです。

ヒコさんは、きっと素直なんですよね。だから、ナサさんも何も言わずに出て行ったんだと思います。それに、キューが小さいのに争いごとが起きると、きっと危ないし、みんなにも危険が及ぶって思ったんだろうね。でも、キューが生きてるって、バレるのも時間の問題ですね。これから、にんながどんな知恵を出して、どんなふうに事を進めていくのか楽しみです。ずるがしこい狸もいるようですし、用心しないといけないですね。最近、天気がころころ変わって、体調がいまいちです。なんだか、すごく眠くて、だるいです。なまけ病かしら?ぴゆうさんは大丈夫ですか?気を付けてくださいね。

由ちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

スゴく分かり易い悪キャラだよね。

描いているのがおもろかったよ。
ププ
v-391

今は狸国に暗雲が降りて真っ黒毛状態かもね。
v-37

Ken&Naoさん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

うまいなぁ~~
抱えていると思うな、
ドス黒いのを・・・おーやだやだ。

ほら、ふだん自分が言われているから、ボケ茄子とか。
うすら猫、ボケ猫、脳みそすっからかんとか。

桃吉 「そこまで言われてませんから、それも増えてる・・・」

「あら、いたの?」

桃吉 「いたのじゃありません、今後のこともあるのでとっくりと話し合いましょう」

「ふん!やなこった」

桃吉 「また逃げたよ、ドテラの癖に逃げ足だけは早いんだ。 Ken&Naoさん、俺は賢いですから言っときますけど。それもイケ猫です。お目目もぱっちりしているし、色も中々でしょそれに、、、、」

こうして Ken&Naoさんは桃吉の愚痴に付き合わされるのであった・・・
v-403

かじママちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411


わくわくするっぺか?
そりぁまんずまんず、よかったべさ

ふむふむ。
おらも東野黄門か西村黄門まででござるよ。
渋い処で月形黄門でござるなぁ~~
むふふ

ニャハハハ
そこで切るかぁーーーみたいな。
嬉しいなぁ~~
なんて幸せなお言葉を頂戴しただろう。
泣いちゃうぞ。
v-406

ぶるーさるびあさん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

ナサは賢かったし、よい母でした。
ですが今ひとつ運がありませんでした。
きゅー助にはあるでしょうか?
ありますよね。
彼を思ってくれる友達がいる。
何より力強い。
独りより二人、二人より三人です。

なかなかだよん。
ヒッパレーーー
v-441v-441

フレーフレーでも使うのであーーる。
ニャハハv-283

あこさん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

あこさんが楽しむことが一番だもの。
ネットは楽しみでいいと思う。
愚痴こぼしの場所でもいいし。
いいと思うよ、全国に友達がいて愚痴を聞いてくれる。
こんなのネットだけだよ。
そう思えば気楽でしょ。

身体だけは無理しないようにね。
v-410

むらななさん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

「大ナマケ」と云う物の怪にとりつかれて早ウン十年。
いつものことながらズルズルとやっております。

テイッシュ曰く、じゃねえ亭主曰く。

「痛くない所を言いなさいよ」

とか

「丁度いい日はないんかい?」

等と失礼千万なことを申します。
ふふん!です。

これからはどんどん動いていきます。
どっちかに・・・
ニャハハハ
v-283

こんにちは^^
昨日は、うまくコメント欄に書けなくて、拍手のところに書き込みさせていただいちゃいましたです。^^
今日は、書き込んで送信出来るのかな・・・心配しつつペチペチしています。
お話、深くなってきましたね。
のめりこんじゃいます。
そして、すこし笑えるイラスト、もう、最高です。^^

マダム、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

おおーー申し訳ないでござーーる。

お手数をかけてしまった。
なんでだろね。
コメントが入れられなかったり、送信手前で消えたり・・・
ガッカリするもの。
今日はコピーで予防したもの。
あーーあだね。

いつもありがとうでござーーる。
本編の最終章なので力を入れました。
バッフン
なんちゃって
v-392

雨・・・雨も必要だけど
雨にぬれたバラの花びら
茶色のしみだらけに成りました。。。
今までは、そこまで酷くなかったのにと、ちょっとため息

犬猫はぬらさないようにしているけど、
メダカがねぇ・・・完全に雨水が入らないようにできてないから・心配

ちょっと、お話しと関係無い事を書いてしまいました。

ああ、猫国にはあり得なくて
人間界には ざらにありそうな話だわ、
情けなや(涙)

桃太郎にはキジ、サル、イヌがついていたけど
獺きゅー助には ネコ、タヌキ、カッパがついてるぞ!

さて、たのもしいオロは
どんな作戦を練っているんだろうね、ぴゆうさん♪

メルロンさん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

「♪薔薇が薔薇があ~~」

ベルバラ風に言ってしまった。
なんとまぁ、残念じゃないか。
雨ってイケズやなぁ。
可哀想に、丹誠込めているまさに作品なのにね。

ニャンとメダカ様もいるのか!
今や希少種だものね。
メダカの学校なんて見れないんだもの。
メルロンさんちのメダカちゃんが無事でいますように。

気にしないでね。
私も好きなの、日常の話って。
寒い雨だから、風邪ひかないようにね。
明日は暑いらしい。
どうにかしてくれだよ。
v-403

園長さん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

だよねぇ。
ザラザラだよね。
情けない。

まったくであーーる。
きゅー助には百万の味方と同じだよね。

むふぅ
オロが絵図を描いて、きゅー助が本当にします。
ムフフ
v-410

こんばんは。
昨日は、失礼にあたったら、どうしよう???と、
思いながらメールを送信させていただいてしまったのですが・・
そんな不安を吹き飛ばすような温かなコメント、本当にありがとうございました・・

これからは、堂々とイラストを拝見しに参上させてくださいませ・・m(__)m

llamaさんに言わせると、このイラストの
「酒がねえぞ!」と、騒いでいるのは・・
bunrumamaだ!!!と、言われてしまいそうでーす!(笑)^^

bunrumamaさん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

ぷぷ
それでいいのよ。
気にし過ぎなんだもの。

気楽にね。
楽しんで戴くことが何よりなのでごザーール。

皆、お酒は大好きなんだよね。
狐国には金狐酒と云う名酒があるんですよ。
ムフフ
v-410

ありがとう~♪

良く解りました^^
mimozaさんにも宜しくお伝えくださいませ!

メルロンさん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

バナーの「陽だまり家族」がmimozaさんのブログの「木漏れ日」なの。
ややこしいことを書いている・・・
ぐふぅ・・・

遊びに行ってみて下さいな。
スゴいお花の種類なの。
見るだけでも楽しいよん。
v-410

お久しぶりです!

やっと復帰して来ました~!

まだまだすっきりはしてないけど、またこれからボチボチ頑張りますv-290

どの辺りで止まってたっけ??と思って、十章の頭くらいから読んだけど、ここで止まってたi-229
たくさん更新されてるので、毎日時間を取りながら読みに来ます。

とりあえず、ご報告まで・・・。

蘭、お帰りーー!

おはよーv-411

そうか、ここからか。
5/11からだ。
長かったような、短かったようなだね。

無理しないように。
のんびりとね、ボチボチと。
コメは気にしなくていいからね。
v-410

こんばんは

 きゅー助を取り巻く陰謀がついに暴かれるのですね。
 これからどうなるんだろう。

 でも兄弟での争いって、いやですね。歴史的にも多いみたいだし、
 仲良く助け合っていけばいいのに・・・・・
 狐様や猫様のようにみんな仲良くなれる世界がいいですね。

ふんわり♪ちゃん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

きゅー助は厳しい現実を受け止めることになります。
でも彼は独りじゃない。
心強いよね。

補い合えるように兄弟で生まれているのにね。
私なんか妹がいて大助かりだもの。
v-410

 こんにちは。
兄弟の争いか 何か 近い存在だから 相手の考え方や癖が解るし 行動パターンを
読めるし
だから 御互いに厄介な相手になったりするよな。
でも 何も言わなくても 相手のことが読めるのも兄弟。
取り合えず オロ君 頑張れ。

ウゾちゃん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

どこで違うのだろうね。
それなりの理由があるのだろうが、
今となっては仕方ない。

この場合はどうだろう。
権力者対の構図だろうね。
何もない普通の者たちがどう戦うのか。
これからだね。
v-410
プロフィール

 のくにぴゆう

Author: のくにぴゆう
猫国の住民達の物語を書いています。
作者はコメを食べて生きてます。
コメくださ~~い!
ブログ内の小説、画像の無断転載、コピー、転用は禁止です。

もくじ
最新記事
リンク
当ブログはリンクフリーです。
最新コメント
いろいろ
今まで紹介をしなかったのですが、それも変だなと 三ニャンを宜しくお願いします。

母のみーです。 mi3.jpg

息子のちーです。 chiko1.jpg

娘のぽーです。 po1.jpg

揃い踏み mcp1.jpg

木登りおーちゃん Ochan.jpg

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ





検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
pictlayer
画像をクリックすると大きく、もう一度クリックすると閉じます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。