スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いただきもの ポール・プリッツ様より

落語「一六」


 えー、申し上げるまでもありませんが、われわれ猫族というのは神様ではございません。である以上、それなりの楽しみというものがないと生きていけないわけでございますな。

ことニャン間の三大悪徳とでも呼ぶべきものといったら、飲む、打つ、食うの三拍子でございまして、酒を飲んでばくちを打ち、うまいものを食ってすごせたらどれだけいいだろう、とは一度くらいは誰でも思うことでございます。

まあ、これも天下泰平のおかげでありまして、この天下が傾きでもしたら、ニャン間、「食う」こと以外に何も考えられなくなってしまうものであります。遠く人界では、なにか大変なことが起こって、まさにそういう状態になってしまったそうでありますな。

わたくしもよそから聞いただけなのでよく知りませんが、人界の騒動が早くおさまってくれる事を、向こうに住むわれらの親族である猫たちのためにも神様に祈る次第でございます。

 さて、ここからしばらく離れたところにある平傘村というこれといったこともない村に、コロ吉という猫が一匹住んでおりました。

 この猫、腕のいい畳職猫なのですが、名前からもおわかりのとおり、三大悪徳のうちでなにが好きといって、さいころを転がすのが大好き、というやつでございます。もっとも、三度の飯が食えなくなったらさいころを転がすこともできない、ということくらいは心得ていましたから、賭場へ行っても深入りはしない。

さいころを振って楽しく遊んだら、ほどほどに負けたところでさっと帰る、という、このままでは落語の主役にもなれないような猫でございます。

「ふら吉兄貴、団栗銭がなくなっちまったんで、あっしはそろそろ帰りますぜ。最後に残ったこの銭で、あっしのかわりに、みんなに酒をふるまってやっていただきてえんですが」

「おっ、それじゃ預かっとくぜ、コロ吉。おれは今日は馬鹿みたいにツイてるから、もうちょっと勝負する。月が出ているたあいえ、夜道は暗えから、気をつけて帰るんだぜ」

 帰り支度を始めたコロ吉にそう答えたのは、目の前に団栗銭を山のように積んだぶち猫、ふら吉でございます。この猫も腕のいいふすま職猫で、コロ吉の三軒隣の家に暮らしておりました。

昔、コロ吉がさいころ遊びに夢中になり、借りちゃいけないようなところから金を借りようとしたときにぶん殴って止めた男でもございます。それ以来、コロ吉はふら吉を兄貴と呼んで、猫生の師のように慕っておりました。

 賭場で飲んだ酒の酔いに、春の風が心地よい。空には月が白々と輝き、勝手知ったる田舎道、帰るのにもなんの心配もございません。

 いや、ひとつだけ心配事がございました。

「お幾……」

 コロ吉の隣の家に住んでいる、幼馴染の娘猫、お幾のことでございます。小生意気な子猫と思っていたところ、いつの間にやらたいそう美しい娘になっていたお幾に、コロ吉はすっかり惹かれていたのでございました。

 それとなく言葉を交わしてみたものの、どうもその思いがわからない。自分にまんざらでもないような気もするし、ほかに誰か思っている猫がいるようにも見える。どうやら、お幾は、結婚相手を誰かほかの猫とどちらを選ぶか、迷っているらしいのでございます。

「ああ……お幾と添い遂げられたらなあ……いいんだけどもなあ……」

 月を見ながらため息をつくと、ふとその耳に、なにやら音が聞こえてきた。

 ちりいん……。

 ちりいん……。

 何かと思ったら、なんでもない、ついさっきまで、自分がやっていたさいころ遊びの、丼にさいころを投げ入れるときの音でございました。

 はて。月夜とはいえこんな夜に、いったい誰がこんなさびしいところでさいころ遊びを。

 面妖に思ったコロ吉は、音がするほうへ足を向けました。

 ちりいん……。

 ちりいん……。

 音はまだ聞こえてきます。

 コロ吉が目を凝らすと、古びた小屋の軒先で、筵を敷いて座っている真っ黒な老猫が、目の前の丼に、さいころを投げ入れては拾っていたのでございます。

 その背後には、大きな字で、「一天地六」「無損勝負」と書いた白いのぼりが立ててありました。

 コロ吉は、怪しいと思うより先に面白くなりまして、

「おい爺さん、こんなところで賭場を開いたって、誰も来やしないよ。賭場は、もっと向こうの、蔵の中でやってるんだからな」

 老猫は、ちりいん……と丼にさいころを投げ入れながら答えました。

「お前は来たではないか」

 コロ吉は、ちょっと言葉に詰まりましたが、

「でも、あっしは、すかんぴんだ。団栗銭一粒たりとも、持っちゃいないよ」

「わしも持っとらん」

 老猫は、ちりいん……と、丼に、拾ったさいころを投げ入れました。

「じゃが、わしは別に、団栗銭などほしくはない」

「じゃ、爺さんは、なにが楽しくてさいころ遊びをしてるんだい」

「願いじゃ」

「願い?」

「さよう」

 老猫はうなずきました。

「わしは、道行くものと、『願い』を賭けてさいころの勝負をしている。わしに勝ったら、願いをかなえて進ぜよう」

「負けたら?」

 コロ吉は、ちょっとぞくっとしたものの、聞き返しました。

「なに、わしはしがない爺じゃ。お前をとって食ったりはせん。金もいらんし、物もいらん。そしてすべてはなるようになる。お主はなにも損することはないのじゃよ」

 コロ吉は、老猫の背後ののぼりを見ました。

「爺さん、願いをかなえてくれるというのは、ほんとうだろうな」

「もちろんじゃ。勝負してみるか?」

 コロ吉は、老猫の前に座り込みました。

「いいだろう。爺さん、あっしは、お幾って娘に惚れている。あっしが勝ったら、お幾と添い遂げさせてくれ」

「ほう。そのようなものでよいのか。では、さいころを取れ。わしが振ったら、いかさまを疑われるからな」

「どうすればいい?」

 コロ吉は、受け取った三つのさいころを手に、尋ねました。さいころに、なにかが仕込んであるようには見えません。

「この三つのさいころを振り、六の目が出たら、わしの勝ち。一の目が出たら、お前の勝ちじゃ。どちらも一つずつ出るか、一も六もまったく出なかったら、勝負なしでもう一度振る。ただし、六六一は、わしの勝ち。一一六は、お前の勝ちじゃ。いいかな?」

「いいとも」

 コロ吉は、威勢よく、丼にさいころ三つを投げ入れました。

 ちりいん……。

 老猫は低く笑いました。

「二二五か。もう一度振れ」

 空に浮かぶ月には、ゆっくりと雲がかかりつつありました。

 コロ吉は振りました。

 ちりいん……。

 ちりいん……。

 何度振っても、なかなか一も六も出ません。たまに出たとしても、一と六が一緒に出て、勝負なしになってしまいます。

 ちりいん……。

 ちりいん……。

「そういやさ、爺さん」

 ちょっと苛立ってきたコロ吉は、老猫に話しかけました。

「お幾のやつ、あっしと、だれを天秤にかけているんだろう」

 老猫は、くつくつと笑いました。

「なに、お前、知らんかったのか。ふら吉だよ」

 コロ吉は、ぎょっとして、さいころを取り落としました。

 ちりいん……。

 さいころは、丼の中に落ちたようです。

「ふら吉兄貴……?」

「二三四か。これ、さいころを振らんかい」

 コロ吉はさいころを取りました。

「ふら吉兄貴が……」

「さよう。お幾はふら吉のことを好いておる。そのまま行けば、似合いの夫婦になったじゃろうなあ」

「知らなかった……」

 コロ吉はさいころを振り入れました。

 ちりいん……。

「お幾がお前に教えなかったのも、ふら吉とお前との仲を考えてのことじゃ」

「それじゃあ、あっしは、こんな勝負やってられねえ。ほかならぬ兄貴と、お幾ちゃんが幸せになれるのなら、あっしが横から入っていい筋合いはねえ」

「いや、お前はこの勝負を始めてしまった」

 老猫は顔を歪ませて笑いました。

「もう遅い……」

「こんなもの!」

 コロ吉は、さいころを後ろの茂みに投げ捨てました……。

 ちりいん……。

 投げ捨てたはずのさいころは、丼の中に落ちていました。

「一五六。まだ勝負はつかんな」

「爺さん! あんた、なにが楽しくて、こんな勝負をやっているんだ!」

 老猫はふっと遠い目をしました。

「わしは、猫の想いを食って生きておる……もし、お前が負けたら、お幾とふら吉の心から、お前を思う気持ちを食う……そうすれば、お前に対する思いやりなどなにも考えずに、お幾はふら吉と結ばれる」

「あ、あっしが勝ったら?」

 コロ吉は、さいころを丼に投げ入れました。

 ちりいん……。

「お幾とお前の心から、ふら吉を思う気持ちを食う……そうすれば、ふら吉のことなどどうでもよくなって、お幾とお前は結ばれる。簡単な話じゃろう?」

「そんなのどっちも嫌だ!」

 コロ吉は、さいころを老猫にぶつけようとしました。

 ちりいん……。

 さいころは、丼に落ちました。

「まだ、出ないのう……なかなか、面白い勝負ではないか」

 コロ吉は、顔色を真っ青にしながら、さいころを振り続けました。

 ちりいん……。

 ちりいん……。

 ちりいん……。

 ちりいん……。

 もう、何十度振ったかもわかりません。コロ吉が震える手でさいころを振ったとき、、雲が月をすっぽりと覆い隠しました。

(客席と舞台の明かりがふっと消える)

「あっ……出たっ……」




「クリスタルの断章」ポールからの戴きものでございます。
猫国を取り入れつつは中々難しいと思いますが、ちょっとゾッとして楽しい作品を戴きました。
怪談ものも楽しいなぁ~~
彼の作品はバラエティーに富んでいます。
紅蓮の街(長編)も終了したばかりなのに創作意欲はまるで衰えない。
すごいの一言でございます。
皆様も是非、遊びに行って下さい。
ゾッとしたり、笑ったりのショートショートも沢山あります。
私的にチョーお薦めは「輪ゴム」でございます。「ゴムひも」じゃなかった・・・へへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

今日は早めに来れましたー^^

わっ、面白いですね!猫国に絡んでるストーリーだけど
人間国にも通じますし。。。どきどきしながら読んじゃいました。
最後を明かさないのが、怖いですね。

しかも、とても深いお話ですこと。
人の運命は、神様たちの悪戯で、些細なきっかけで大きく変る
のかも知れない。。。。いや、でも、それさえも最初から決まっているとも思えるし。

この手の不思議なお話しは大好きなので、ポールさんのところの
「ゴムひも」・・・・、読みにいってみよっと。^^/

こんにちは^^
ちょっと最後が怖い・・そういうのも味ですね。
知らないままが良かったのか、
知ってしまったからには・・。

いやあ、なんだか、深いです~~。

お褒めにあずかりましたポール・ブリッツでございます。

毎日がんばってなにかしら更新したいと思っております。

えー、そんな中なんですが、ぴゆうさんが気に入ってくださったわたしの作品のタイトルは、『輪ゴム』でございます。うちのブログの「ショートショート」→「ホラー」から飛んでいただければと思います。

まあゴムひもも輪ゴムも似たようなものでございますが(^^)

ポチしときました。

ルビィさん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

うんうん、流石ルビィさんね。
運命って本当はこんな風に決まるとしたらイヤだよね。
努力とかが絡んで来ないと頭に来るよ。
さじ加減や時の運みたいんじゃ納得できないよね。

ゴムひもじゃなくて輪ゴムでした。
キャハハハ
いかんなぁ、忘れっぽでござる。
v-389

マダム、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

味ですよねぇ~~
スパイスが効いていて、ポールの作品は面白いですよ。

遊びに行って下さいね。
輪ゴムがお薦めです。
ゴムひもって覚えてました。
ニャハハハ
v-391

ポール、ありがとう。

こんにちはーv-411

ニャハハハ
ごめんちゃい、作品名を間違って覚えていました。
すんませんです。

毎日のように更新をする。
それもクオリティの高い小説。
感心するしかない。
v-410

この物語もおもしろかった~^^
こういう短編も、すごくいいですね~!!
最後は・・・
うむ(ーー;) どうとでもとれるのがすごい!
どっちに転んでも、怖い・・・・ ホント、みなさん書かれてますが
深いお話ですよね。

読むことが大好きなので、私も
ぴゆうさんのおススメのお話、読みに行ってきます(^^ゞ

★すももママ★さん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

おもろいよねぇ。
ポールの作品群は楽しいものが一杯です。
毎日のように更新しているんですよ。
★すももママ★さんと一緒。
二人とも努力家なのね。

「ごむひも」じゃねぇ「輪ゴム」怖いですよ。
ゾゾッーーとします。
v-399

真剣に読んじゃったよ~
こうゆーシリアスな猫国物語もいいもんだね。
サイコロの行方が気になるけど
知りたくないような…

ぴゆうさん、ポールさん
ありがとう~ヽ(='▽'=)ノ☆゜'・:*☆

なぜか、「思い浮かんだこと」を飛ばしておりました。紹介していただいて、ありがとうございます。
小さい事しかできませんが、これからもがんばろうと思ってます。私がやってることなんて、ほんと些細なことなんですが、これぐらいしかやれないし。これしか作れないし・・。でも、ぴゆうさんの気持ちがちょっとでも、温かくなっていただけたら、やってて良かったって思います。とっても嬉しいです。しかし、なんだか、怖い話ですね。気持ちを食らうて・・・。食べられたら、気持ちがなくなってしまうってほんと怖いです。どうしても忘れてしまいたい思いはあるけど、でもそれも人生の勉強だから、必要な物だとおもうんですが・・。

あこさん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

ポールならではなんだよねぇ。
ゾクッとするのがうまいのよねぇ。
楽しんで戴けたら、ポールも大喜びするね。

サイの行方は・・・
いい方に考えよう。
ニャハハハ

こちらこそだよん。
v-410

むらななさん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

なにかね。
モヤモヤさせている思いを吐き出す機会を得たようでした。
こちらこそありがとうございます。
とても心穏やかな気持ちになりましたもの。

むらななさんの気持ちが作品に伝わっている。
その作品が子供達を喜ばせる。
善いことだよねぇ~~

えらいなぁ~~
わたしなんかちゅーーっと吸い取って埋めたいことばかりですよ。
v-404

こんにちは

ちょっと怖くて面白いお話
楽しませていただきました。

コロ吉の優しい心根にめんじて、この勝負
引き分けでおわりにしてほしい・・・

でもばくちって怖い・・・

まりんママさん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

楽しんで戴けて何よりです。
ポールもめちゃ、喜んでくれます。

余韻が残りますよね。
良い方に考えましょう。

全くその通り。
「場に食われる」と云われる場食ち(博打)
ろくな遊びじゃないです。
v-403

ぴゆう姐さん、こんばんは~^^

あ~~~、面白かったぁ!!
一天地六・・・サイコロの事ですもんね。
比較的好きですよ、あの世界・・・ぎゃはは!v-31

ショートショートって、すんご~~~く、好き♪
その昔、星新一さん(字合ってる?)のショートショートにハマりまくった事があります。
ポールさんの処で、こっそり読み漁って来ましたぁ!(まだ、ホラーだけですが)
また、こっそり、忍び込んで来ます(笑)

こんな素敵な物語を楽しめるなんて・・・連休万歳で~すv-411


ポールさんへ
猫国絡みのホラー、とっても楽しく読ませていただきました。
また新しい世界が拡がりました。
「輪ゴム」も恐ろしいけれど、ワクワクして、楽しかったです。
ありがとうございましたm(__)m


て、ここに書いちゃダメか(笑)  ←超・人見知りなもんで失礼をば・・・みんなは違うと言いますが m(__)m

>llamaさん、ほかのみなさん

わたしのほかの作品までお読みいただきありがとうございました(^^)

わたしも人見知りなのでお気持ちよくわかりますよ~。

またいつでも遊びに来てくださいね~。

llamaさん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

「一六天地に命を賭ける、しがない渡世」なんてね。

私も大好きだった。
何十冊も読み漁ったもの。
特に好きなのが七福神の話とか地獄の話。
何とも謂えないシュールな世界観。

平気だよ、ポールは毎日遊びに来てるもの。
でもよければ、感想コメを書いてきてね。
とても喜んでくれるよ。
そして交流が広がる。
すばらしいことだね。
v-410

びゆうさん、こんばんは

最後にさいころは、何がでたのか( ̄ー ̄; ヒヤリ
知りたいような・・でも知るのが怖いような・・・

心にひそむ・・深いお話・・楽しめましたv-7


ぶるーさるびあさん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

ぷぷ。
楽しんで戴けて何よりでごザーール。
ポールが泣いて喜ぶぞ。
見てみたいもんだ。

さいの目は良い方に転がったと思いましょうね。
へへ
v-410

こんばんはー


 ギャンブルは都市伝説だと痛感する私です。
 GWは記念小説を真面目に書きます~


 自分のせいで他人の人生が変わってしまったと感じた時の罪悪感はとても重いもの。
 腹水盆に返らず……それが後悔しても手遅れであったときは更に重い。

 登っても登っても戻される記憶の苦しみ。
 コロ吉さんのサイコロは如何なる目を出し如何なる結果を得るのでしょうv-291


 
 

 

由ちゃん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

これはちょうど良い機会。
是非、ポールと交流をしなされ。
とてもいい勉強になるよ。
ポールの作品群に触れるのはとてもいいと思う。
コメを沢山しあって下さい。
それが一番です。
ね。

そりゃいい、3000ヒット記念を待っとるぞよ。

重すぎる話題だね。
頭がフリーズしそうだ。
v-399

ポールさんトコで読んできました。

わー、やだやだ

コロ吉・・・本当はどっちを願ってたんでしょうね
一が出ること?六が出ること?
死神のような、おじいさんに心を見透かされてるようで、嫌ですね・・・おー怖っ

レオ、いらっしゃーい!

おはよーv-411

ププ
怖いよねぇ~~
自分だけが幸せになるのも気が引ける。
そんな事をしていい訳ないと良心が疼く。
じゃ止めようと思っても手が勝手に動く。
怖いなぁ~~

物の怪と対峙したら余程じゃないと勝てないよね。
v-389

スピンオフですね!!

うーーわーー・・・・
よく分からないものに手を出しちゃダメですねえ~・・・
出目はなんだったんでしょうか・・・・・
うわ!!怖っっ!!!

・・・・・夜道は怖いです・・・・

かじママちゃん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

怖いよねぇ~~
知らないお方と賭け事なんてするもんじゃないよね。
って?当たり前か。
だけど怖いよね。
v-12

忘れられたころに続きを書いてみるテスト(笑)

「あっ……出たっ……」

 その声に目を思わず目をつぶってしまったコロ吉がおそるおそる目を開けてみると(ゆっくりと客席に灯りが戻る)、目に飛び込んできたのは、ふたつの血のように真っ赤な一の目でした。

「ああっ!」

 コロ吉は叫びました。……が。

「あれ?」

 なぜか、六の目もふたつ見えるではないですか。

「なんと……」

 老猫は、苦笑いしました。

「サイコロが割れて……一の目と六の目が両方出ておるわ、ははは。古かったからのう。一一六六の組み合わせなど、考えたこともなかったわい」

 コロ吉はぼーっとしておりました。

「さて、ものは相談じゃが、サイコロを取り替えて、もうひと勝負行こうではないか、のう?」

「いやだいやだいやだーい!!!」

 コロ吉はくるりと振り向くと、脱兎のごとくその場から離れ、走り、走り、逃げに逃げました。

 ようやく、自分の家にたどりつくと、ふとんに潜り込み、ひたすらぶるぶる震えていました。

 それ以来、コロ吉は、あれほど好きだったサイコロ遊びを、ふっつりとやめました。

 それもそのはず、コロ吉がサイコロを握ると、あのときのことが思い出されて、手が震えてサイコロを取り落としてしまうのですから。

 こうして、コロ吉は、一でも六でもないはっきりしないやつ、ということで、「一六」と呼ばれるようになったそうでございます。

 「一六」という、バカバカしいお話でした。

ポール、いらっしゃーい!

おはよーv-411

あれまあ、ごきげんちゃんなのね。
これはいいことでアーール。

創作意欲がバリバリなのね。
この部分を足した意味は奈辺にあるのやら?
v-391

いえ、「結末」がどうなってるかわからんので不安だ、という声が予想外に大きかったので、うーむこれは、なんとかしなくてはならん、と思いまして。

考えるのに3ヶ月かかったという……(^^;)

ちなみに、猫国ではここまで演じられることはまれで、たいていは「あっ、出たっ」で終わってしまいます。

なにせ放送時間の制約が(何だよ放送時間って(笑))

ポール、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

自分のブログなら、気にしないのに。
いい奴じゃのう~~
ありがとうね。
そこまで気を使ってくれる、幸せでござる。

大馬鹿者だわさ。
両手だぞ。
ありえん!
それも切っている最中なら、納得もできるが洗っている時なんだもの。

気を抜くな、指切るな

旦那にそう言われたよ。
まったく、新米主婦でもないのにさ。
情けなーーーい。
薬を飲んでいます。
怖いもんね。
v-404

プロフィール

 のくにぴゆう

Author: のくにぴゆう
猫国の住民達の物語を書いています。
作者はコメを食べて生きてます。
コメくださ~~い!
ブログ内の小説、画像の無断転載、コピー、転用は禁止です。

もくじ
最新記事
リンク
当ブログはリンクフリーです。
最新コメント
いろいろ
今まで紹介をしなかったのですが、それも変だなと 三ニャンを宜しくお願いします。

母のみーです。 mi3.jpg

息子のちーです。 chiko1.jpg

娘のぽーです。 po1.jpg

揃い踏み mcp1.jpg

木登りおーちゃん Ochan.jpg

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ





検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
pictlayer
画像をクリックすると大きく、もう一度クリックすると閉じます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。