スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第十章 開道 三人旅1

前回

ノン吉達は桃吉の行方を知り、喜び勇んで迎えに行こうとした。だが、茂吉に押しとどめられる。確かに言われることは頷(うなづ)けない訳ではなかった。断腸の思いで二人は猫宿で待つことにした。

話は少し前に戻る。

記憶をなくしている桃吉は自分を探している者がいることすら知らない。オロときゅー助との暮らしに満足をしていた。そんなある日。


はじまり、はじまり


tabinokitukake.jpg

挿絵参照↑↑↑  絵をクリックすると大きくなります

「ねえねぇ、きゅー助って魚を捌(さば)くの本当に上手いね!」

きゅー助は爪を上手に使って、魚を次から次へ捌いていく。

「だってきゅー助、小さい時からのお仕事だもの。上手にもなるょ~」

「小さい時からやってるの?」

「うん。母ちゃんのお手伝いしてたもの」

「ふぅーん、偉いね~え」

「桃吉は?」

「なぁーんもしてないなぁ」

「そうなの?オロは蜆(しじみ)採りをしてたょ」

「そうだよなぁ、オロだって魚獲るの上手だし」

「どうしたの?桃吉」

「俺さぁ、、、なんか二人のお荷物みたいで肩身が狭いよ」

「なんでそんなこと言うのよ~ぉ、きゅー助悲しいよ~ぉ」

「あッ、ごめん!そうじゃなくて・・・このまま、二人に迷惑掛けてるのはいけない気がして、、、」

「きゅー助もオロも迷惑なんて思ってないぃぃ・・・
うッ、うわぁぁーーーん(泣)」

「(ニ"ャ!?)おッ、おいってばッ!

きゅー助は何を勘違いしたのか、オロの側に泣きながら行ってしまう。桃吉は困ってしまった。するとオロがプンプンして怒りながら来る。

桃吉!どうしてきゅー助を泣かせんのぉッ!」

「困ったなぁ、、、きゅー助勘違いしてるよ」

「桃吉どっか行こうとしてるぅ~、(ひぃっく、ひぃっく)」

「違うよッ。俺はさ、二人の役に立ちたいのよ」

「そうなの?(ひぃっく)」

「どういうことなの??」

「あのね、二人はいつも忙しく働いてるでしょう。俺も手伝いたいけど、二人がしてる事は俺には出来そうにないのよ」

「そうかな~?」

「少しは出来るようになるかも知れないけど、多分二人みたいに上手にはなれないよ。それで俺なりに考えたのよ」

「何を?」

「うん、俺は少しは手先が器用なのよ。プラモ作りだけは自信があったもの」

「何よ、それ?」

「うぅーん、、、表現しようがないなぁ、、、まっ、それは置いといて。でね、笊(ざる)とか篭(かご)を作ってみようなんて思ってるわけよ」

「ふんふん」

「それなら出来そうな気がするのよ。篭も笊も売れるし、工夫した篭を作れば、もっと楽に魚も沢山獲れると思うんだ!だけど残念な事に作り方がわからないんだわ・・・」

「なるほどね。ほら、きゅー助!桃吉はどこかに行ちゃう訳じゃないよ」

「そうなの?(ひぃっく)」

「そうだよ、きゅー助の早とちりだよ。俺は笊作りを教えてもらいたいんだ!」

「んーんッ、俺もきゅー助も出来ないなぁ」

「そうなの?あの笊はオロが作ったんじゃないの?」

「あれは俺が【狸国】に居た時に魚と交換してもらったんだよ」

「そうなの?とても良い笊だね!」

「そうだろ~、あれは笊作りの名狸がこさえたものさ!」

「俺、その狸に習いたいなぁ~。どうせなら一流処にさッ!」

「頼んでみるか?」

「えっ、本当に?」

「どこに行くのぉ?」

「【狸国】にはきゅー助も行った事ないからいいかもよ~」

えぇーッ!【猫宿】はどうすんの?」

「その後でもいいじゃん!団栗餞(どんぐりせん)は沢山あるから、当分はおまんまの心配はないし、いざとなれば川で魚を獲れば良いしさ!」

「嬉しいなぁぁ」

「そしたら今から行こうぜッ!」

「だってお魚はどうするのぉ?」

「途中のどこかの村で売れば良いよ!」

「そっか、そうだね!」

「俺、荷物を運ぶよ」

「猫宿用の旅支度してたから楽だぜ!」

「きゅー助、わくわくするよ~ぉ♪」

こうして三人の旅は桃吉のひと言から始まった。






到頭、十章になりました。
去年、初めた頃、続くのかしらと自身でも半信半疑でした、それが1年以上になります。

どうして続けられたか。

それははっきりしています。皆様との交流があったればこそと胸を張って答えられる。具合が悪くなれば心配して下さる、拍手をこんなに戴きましたと報告をすれば、おめでとうと逆に祝福して下さる。わたしは本当に幸せ者です。

コメントでおはよう、こんにちは、こんばんはと皆様に挨拶をする。会ってはいなくても昔からの知り合いのように交流をして戴いている。
皆様のお陰で十章まで来ました。

猫国はとても長いです、まだまだ本編。控えがゾロッと待っています。
どーーーか末永くよろしくお願いします。



毎日の1ポチがウルトラ励みになります。
\(^o^)/ 
★ぽちっとお願いしまーーす★

猫国ランキングバナー①


拍手とコメントをありがとうございます。
戴いたメッセージのお返事は拍手欄にしています。
(鍵コメは管理人は読めますが返事ができません)
どうか宜しくお願いします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは^^

交流がなくちゃ、ブログを続ける張り合いはないよね。
確かに、コメント欄を閉じて、ただ毎日更新をしている人もいる。
そういう人は、凄いな~と感心してしまうし、何が楽しみなのかな?と疑問を持つ事もある。
人それぞれのスタイルなのだろうけど・・・・・・・

こうやってたくさんの人に愛されるのは、ちゃんとぴゆうが交流をはかるから。
そして、自分からは裏切らないからだよ。
どんなに長くやってようと、どんなにたくさんの人とリンクしていようと、簡単に人を裏切ったり足蹴にしたりする人は、絶対同じ目に遭う。
どんなにそれを後悔してすり寄って来ても、一度なくした信用は絶対に取り戻せない。
そしてそんな人間ほど、己を省みらず恥知らずな事をする。
私はそんな人間を何人か知ってるよv-290

いよいよ十章だね~。
やっと桃が出て来た~~v-411
まだまだ記憶が戻ってないみたいだけど、これからどういう展開になって行くのか楽しみですv-345

応援ポチ☆して帰ります~~e-343

桃吉登場~~~i-101

挿絵を見て、
『きゅー助、開き作るの上手いなあ』
と思ってたら、桃吉も同じ事を思ってたとはi-229
悩んでる桃吉、旅が楽しいきゅー助、の表情が挿絵から凄く分かります。
桃吉の不安な目・・・早く晴れるといいな

第10章突入(祝)ですi-73
「五黄猫国往来記」は章1個1個にテーマがあって、その主人公が成長していく姿が見れてメッチャ楽しく読ませていただいています。
これからも末永く宜しくです。

おはよ

こ、こちらこそ宜しくでござりますよ!
久しぶりに桃吉登場でござりますな。
3人の成長がまたまた楽しみ!

おはようございます。

ぴゆうさん、十章おめでとうございまぁす!
拍手の数、桁違いですね。
それもこれも、ぴゆうさんのお人柄
私も含めてみなさん、ぴゆうさんと猫国の大ファンですから~
これからも、どうぞよろしくお願いします。

さてさて、久しぶりの桃吉の登場
この3人旅は安心して読めますね。
それぞれが、みんな優しくて思いやりがあって
読んでいても心がほっこりします。

オロもきゅー助も心底優しいし
桃吉もそれに甘えるだけではすまないと
自分に出来ることで役に立とうとする。
かくありたいと思います。

ぴゆうさん、今日も楽しいお話ありがとうございます。

おはようさん^^

  久しぶりの桃ちゃんだ^^

 ますます3匹?の絆は深まりそうだね。

 お互いを必要とするバランスの取れた良い関係に

 なることで桃吉もさらに幸せに暮らせそうだね

 10章突入、おめでとう!!

 すごいな~の一言に尽きるのです。

 何年でもお付き合いしますよ^^
 
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんにちは

桃吉とキュースケとオロ、この三人のこれからが
やっと始まるのね。
たぶん物吉、人間だったときはきっとだらだら生きていたんだろうな。
キュースケや、オロのように苦労も、寂しさも知らずに。

でも二人の本質的な優しさに築いてきっと、自分も役に立ちたいと思うようになったのね。

今度、ノン吉に会うときはきっと見違えるような立派な猫になってるね。
・・・キットね

おお、久しぶり!きゅー助、オロ、桃吉、
懐かしく感じちゃう!
また、楽しみが出来ました。
いつも、コメントにコメ返しをもらうのが
とても、うれしい!
いつも、ほんとうに、ありがとう!
これからも、おつき合いよろしくです~~!
(*^_^*)

こんにちは^^
わあ!桃吉!!
考えながら、役に立ちたいと思っているところが、素敵です。^^
そして、マダムには、お魚の開きの絵がツボです。^^
これから、どうなるのかな・・いつもながら、とっても楽しみです。^^

ここんところ、マダムさんのコメントの次に書かせて頂く機会が多くて
追いかけてるみたいで面白いです♪^^

私も~~、お魚の開きが並んでいるのが、可愛い~~と思いました。^∀^

そうですか、、、一年、まだ一年なんですね。こんなに長い物語を書いて
いらっしゃるので数年間くらい経っているのかと思ってました。驚きです!

猫国物語、そ~と~に大作なのですね!!まだまだ、これからなんですね!
スケールが大きいな~♪素敵です♪ぴゆうさんの頭の中って、どうなって
いるのでしょう?私には想像できませんよ!

これからも楽しみにしておりますぞーー♪^^/

蘭、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

交流って大事だと思う。
特に小説だから、私はとても感想が知りたいの。
人それぞれ、千差万別の感想がある。
ここに食いつくのとか、あー私と同じだぁとか。
それはそれは楽しい。
はじめの頃はコメがなくてとても寂しかった。
今はとても幸せ。
蘭とも知り合えたし、ありがとうね。

はいな、十章は怒濤の展開と思うています。
今までののんびりモードとは違います。
v-410

レオ、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

二人ともよく働くから、のんびりやの桃吉でも申し訳なく思ったのね。
ぷぷ

あー嬉しい。
わたしもレオと知り合えて本当に良かったと思っています。
お互い、なんとしても完成させましょうね。
挿絵を頑張らないと。
へへ
v-410

かぶちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

ありがとうねぇ~~
かぶちゃんは一章からガンガンのスピードで読んでくれたよね。
嬉しかったなぁ。

十章では桃吉が本気で生きることを学びます。

これからも宜しくニャン。
v-410

あこさん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

ありがとう~~
幸せだよねぇ、拍手の数を見るといいのだろうかといつも思う。
私に出来ることは精一杯、猫国を続けていくことだけです。
こちらこそです。
あこさんと知り合えて良かったです。
これからも宜しくニャン。

十章は怒濤の展開になります。
のんびりモードじゃないのよん。
ププ

いつも嬉しいことをこちらこそです。
v-410

十章おめでとうございます!

いよいよ本編ですか!

桃吉の長い旅が始まるんですね!

めざせ百章! 二百章!

どんな世界が広がっていくのか楽しみでなりません!

がんばれ~!!


桃吉、そう簡単に笊職人にはなれないだろうなあ。狸たちに化かされて有り金全部持ってかれた、なんてことがなければいいけど……。


これからポチするでやんす。

どーちん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

書いているうちに六時になっていた。
こんばんはだよね。
へへ

それぞれに出来ることを精一杯する。
誰にも役割があり、ないものはいない。
そんな章かな。

おーー泣くぞー
耳元でそれもだみ声で。
ニャハハハ
v-283

カギコメちゃん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

ありがとうねぇ。
とても長いからのんびりでいいの。
読んだ時にできれば感想が知りたいなぁ~~
その気になったら宜しくニャン。

こちらこそです。
わたしも楽しみに通っています。
○○○ちゃんと○○○ちゃんのコンビニ癒されルーー
v-410

まりんママさん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

大当たりでもあるし、少しだけ違うかもね。
微妙な奴かも。

人の本質ってなかなかわからないよね。
こんな人だったのと驚くこともある。
自身も気づかない一面があったり、だからおもしろいのかも。

まりんママさんに褒められる桃になるといいよね。
ムフフ
v-410

きらたるさん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

忘れてんじゃないだろうなとピンポンダッシュ攻撃にあいました・・・
それで仕方なく・・・
ニャハハハ
嘘ピョン。

とんでもない、わたしこそ。
はじめの頃と何も変わらずに付き合って戴いてる。
幸せだと思います。
これからも末永く宜しくニャン
v-283

マダム、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

それぞれに役割を持って生まれて来ているのよねぇ。
桃吉ができること。
桃吉にしかできないこと。
そんな章になります。
宜しくニャン。

ツボがあって良かったぁ~~
へへ
v-410

ルビィさん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

それはニャカ良しだからだと思うニャ。
v-398

ルビィさんのツボなのねぇ~~
わたしも鯵の開きが大好きで・・えっそれじゃなく・・・へへ

長いです。
もーー未だに本編が終わらないってどうよ!
あれあれでございます。
懲りずに末永ーーく付き合ってね。
v-392

はじまり、はじまり~

ぴゆう姐さん、ついに始まりましたね、第10章。
胸躍るってのはこういう事で、llamaも踊っております。 ←アフォなだけ~

あれだけのショックを受けたら、記憶の一部が吹っ飛んだって不思議じゃない。
マジで、忘れたい事って山ほどあるし。
朝起きて「あぁ、夢だったんだなぁ」て、思えるようだったらどんなにいいか。

さてさて、桃さんのこれからを、更にワクワクしつつ読ませて貰います。

気さくにお話が出来て、そして、誰より優しい心を持つぴゆう姐さん(この呼び名、私が定着させちゃるからね)・・・これからも、よろしゅ~にv-22









ポール、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

はいな、やっとこさ十章になりました。
感慨深いです。
振り返ればポールと喧嘩したり(一方的に怒っていたのは私だけ・・・)
ニャハハハ
v-283
それでも懲りずに付き合ってくれている。
本当に幸せ者だと思います。

ププ
その不幸スパイラルはやめなはれ。
だけど今回はキツいことが多いいかもね。
それも猫国なりかニャ
v-391

llamaちゃん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

ありまぁv-405
じゃわたしめも、五黄と一緒にv-341サバ読みサンバでも踊らないと。

桃吉は人だった頃の記憶こそ忘れていたかったかもね。
いつか桃の過去をお話しできるといいなと思います。

照れるなぁ~~
嬉しいこと、山の如しだに。
llamaちゃんにそう呼ばれ続けられよう頑張らないとね。
バッフン・・・鼻息あらーー
v-391


こばんはー

 私も、一回だけ魚を開いた事があります。
 漁村でやらせてもらったんですよ。懐かしい。
 開いたものはかなーりあとになってから食べましたv-290


 プラモも作った事は何度もあります。
 作るだけならそんなに大変じゃないけど、凝って色を塗ったり合わせ目を消したりするまで
に至ると結構な作業量になりますね~

 ノン吉君も器用と言うだけに、そこまでやっていたんだろなぁ。と、思ってみました。

 

 

 

 

こちらこそ、ほんとに励みになってます。ブログを始めたときは、ほんとこんなに交流が出来るとは、想像してませんでした。これからも楽しみにしてますので、よろしくお願いしますね。新しい章の始まりですね。記憶のない桃ちゃん。どうなるかなぁ~。私も、たまに記憶が無い時があります。たとえば、旦那にお金を借りたとき~。そういえば、ずっと前に、キノコヨーグルトって流行りませんでした?あれ、ネーミング違ってましたけ?早く、ヨーグルト食べれるといいですね。

由ちゃん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

そうなんだぁ~~
それはいい経験をしたよね。
何事も経験って大事なんだよねぇ。

ぷぷ
そうかもね。
プラモって根気がいるよね。
v-410

むらななさん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

本当にねぇ~~
顔は知らなくても旧知の間柄のようだよね。
末永くよろしくお願いします。

桃吉にとっての正念場の章かもしれません。
やる時はやる。
ノン吉に教えられた筈です。
ププ

それって紅茶きのこかな?
不気味な飲み物だよね。
飲んだことないけど・・・
わたしも大得意だにゃ。
聞こえないフリもよくやるv-389

ヨーグルトはジャジャーーーン!
旦那がヨーグルトメーカーを購入しなさった。
カスピ海らしい・・・
まさか、冗談で作るしかないと言っていたのがv-404
v-403あれあれ

たのしみ~~!!!

こんばんは~~(^0^*)ノ
昨日、読みに来て・・・・

こ・・・これは・・・・・・!!

まだ、河童のオロさん達が出てくるとこまで読んでなかったから
桃吉っつあんとの関係が分かんない!!!

と、この間まで読んでいた続き、
第六章と、第七章を読んできましたo(^0^*)o
面白かった~~~!!!
一気にここまで追いついちゃおうかと思ったけど
第八章は今後の楽しみのために取っておきますv-238

なるほど、なるほど!!
だいぶ繋がりましたよ~~~!!!
三人の旅!!楽しみです~~o(≧Д≦)o
それにしても、オロさん・・・・・
イケメン・・・・・・・・

惚れてまうやろーーーーーv-238v-238v-238

あーー・・自分のブログ放置プレーだった(^0^;)\
今から、10日の分、タイムスリップ投稿してきます~(笑)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

かじママちゃん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

かじママさんのとこでコメをしていたら、地震。
怖かったぁ~~
今日は十一日だから、余計に怖い。
雨が降っているのに外にみーを抱えて出ちゃった。
早く終息して欲しい。

読んでくれたのねぇ~~ありがとう。
具合はどうなの?
無理しないでネ。
かじママちゃんは家族の太陽だものね。
いつも明るく輝いているもの。
v-398

オロはいい男河童だようーー
むちゃイケテルねん。
v-415

また大きな余震が!!

わあ!!!
本当だ!!!
大丈夫ですか???
もうあれから1ヶ月なのに
いつまで続くんでしょうか・・・・・・

もう、なんと言ったらわからないけど・・・・・
気を付けて下さいね。
としか言いようが・・・・・・
本当に、気を付けて下さいね(;m;)

かじママちゃん、ありがとう。

おおーさっそく・・・
優しいのぉ~~
泣いちゃいそうだ。
怖いよねぇ。
地面がゆらゆらしてるんだもの。
窓全開にした。
みーは足下にへばりついてます。
この子を抱いている時に気がついたけど、震えているの・・・
かわいそうにv-409
今日は服を着て寝ます。
かじママちゃんも気をつけてね。

まったくひどい目にあった。

生きてる証のためポチ。

鹿島神宮の要石(かなめいし)からナマズが逃げ出したらしいとほほほ。

ポール、いらっしゃーい!

おおー
無事で何より、良かったよ。
生きてんぞーっでほっとした。
いつまで余震が続くのかしらね。
怖いよねぇ。
もう震度が何だかにだと云われるより、自分震度で動いてるよ。
流石の大鯰も参った状態だろうね。
きっと猫国に避難していると思う。
つまんないことを書く余裕が出て来た。
v-391

こんばんは

またすごい地震だったね。
家のところは、民放では震度5弱、NHKでは震度4だって・・・

まりんとゆずがすごく怖がってた。
まだ頻繁にゆれてるから、今夜はまた服着たまま寝なきゃ。

いつになったら終わるんだろう?????

こんばんは~

ぴゆうさん、無事ですよ~!
でも、まだ小さい余震が続いてますね…
引き続きお気をつけ下さい。

9時からキャンドルナイトなのに~
~(=ρェ;)ウゥ・・

まりんママさん、良かったぁー

わかるよぅ。
みーがへばりついているもの。
怖いんだと思う。
まりんちゃんもゆずちゃんも可哀想に・・・
せめて一緒にいるだけだよね。
気をつけてね。
私も服を着て寝ます。

あこさん、良かったよぅー

あこさんも無事で何よりです。
今日はキャンドルナイトなのにね。
怖くて・・・
いつになったら治まってくれるのか。
とにかく気をつけてね。

こんばんはー

 また、地震ありましたね。
 私はひとまず無事です~

 震源は遠かったけどウチの近隣の県は結構揺れたところもあった様子。
 不安ーv-12

由ちゃん、いらっしゃーい!

おおー
無事で何よりでした。
もう不安。
いつになったら止むのだろう。
みーを抱いて外に逃げたのだけど、あの子ったら震えていたもの。
本当に怖いよね。
気をつけてね。


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ああ!!もう!!!

また大きな余震がありましたね・・・・・・
怖いでしょう。ストレスもたまっちゃうし、みーちゃんもトラウマになっちゃうよねえ・・・
こんなに頻繁に余震が起こるんじゃ、
真剣に地震の及ばないところに疎開できるようシステムを構築してもらいたいけど・・・

出来る事なら家に来てもらいたいけど(ものすごくばっちい家で良かったら(笑))
生活があるし、いつまで?っていうのも今では全く予測も出来ないし・・・・・

気を付けてね。って言うしか出来なくて本当にごめんなさい。
本当に気を付けてね!!!

j地震、ほんと収まらなくて、嫌になりますよね。落ち着いて対応できるようになりましたが、被災地はまた、大きな余震。自然の事なんですが、もうやめてくださいってお願いしたくなります。昨日は、結構揺れて怖かったですよね。娘、夕寝してて、全然おきなくって、どついて起こしました。もう、しっかりしてほしい・・・。キノコヨーグルトじゃなかったかな?ヨーグルトメーカ買ったんですか。すごーい。どうやって作るんですか?これから新鮮なヨーグルトが食べれますね。良かった。
これだけ、余震が続くと、また、ヨーグルトは買えなくなってきますよね・・・。

かじママちゃん、ありがとう。

こんにちはーv-411

またあったよ、本当に・・・もう。
余震って名前がよくないよね。

お邪魔したいけど、家にはみー、ちー、ぽーと3ニャンがいるからダメなの。
この子達のことを考えると不安になる。
何もわからずにおびえているのだもの。

かじママちゃんも気をつけてね。
わたしは騒いでいるだけ、騒いでいると逆に安心したりする。
癖の悪い女です。
へへ
いつもありがとう。
v-410

むらななさん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

怖かったよねぇ~~
雨が降っていたのに、飛び出したもの。
あの時の揺れとは全然違うのに、もう反射的にそうなっている。

どついたの・・・ぷぷ
もうーー爆v-411
みーなんかね、震えているのよ。
怖いのよ、おニャも。

そうなのです。
デンと鎮座ましましていらっしゃる。
ヨーグルト様と呼びたくなる。
まだ種菌が来てないから、待ちの状態です。
少しだけ楽しみです
v-410

ナマズが疲れてどこかよそへ行くか要石(かなめいし)に押さえられてくれればいいのですが、いまだに元気らしくぐらぐらぐらぐら……。

ちなみに、鹿島神宮の要石の伝説によると、暴れて地震を起こす大ナマズが悪さをしないように、要石がその頭を押さえているのだそうです。説明不足ですみません(^^;)

ポチしときました。いったいいつまで続くのこの余震とほほほ。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ポール、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

地震が日に何度もあるし・・・

テレビで見たら鹿島神宮で宗教を問わずにお祈りをしていた。
こうなると縋りたくなるよね。
ポールも気をつけて下さいね。

要石もずれたのか?
怖すぎ。
プレートがガタガタになっているらしいよ。
蘭が言うてた。
v-399

江戸時代にはやった、神様が地震を起こす鯰を押さえつけている、「鯰絵」を載せた面白いブログ記事を見つけました。

http://uzo800.blog.fc2.com/blog-entry-23.html

もう恵比寿様でもタケミカヅチでもいいですからなんとかしてえ~!!(^^;)

こんばんわ~~♪
やっぱりお世話になってるばかりというのは誰でも気にかかるのですね。
本当にどんなことでも役にたつとなんか自分で安心しますよね。
これからどんな旅がはじまるのかワクワクです。

ポール、いらっしゃーい!

見てきたよ。
なんかいいね。

要石でか!v-405

今回のオオオオ大鯰にはとてつもなく大きな要石が必要だよ。
昔の人は辛いことも洒落にするんだよね。
その心意気を見習わなくては。
v-389

りんだちゃん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

二人とも気にもしてないのよね。
それがまた、桃吉には申し訳がないのかも。

ノン吉には甘えているだけだったのに、不思議よね。
少しは成長しているのかも。
v-410

わ~~い^^
久しぶりの桃吉だ~~♪
桃吉の続きも、とっても楽しみでしたよ。

オロときゅー助と元気に旅をしてたんだねえ。
3人のやり取りがとってもかわいらしくて好きです。

桃吉の願いをあっさりと受け入れてくれるオロ、素敵だな~~。
桃吉の、「役に立ちたい」って言う気持ちも、すっごくわかる。
そこが一人前への第一歩ですよね。

どんな旅になるのか、楽しみにしていますね^^

limeさん、いらっしゃーい!

おはよーv-411

v-339十章到達おめでとうござ~~るv-314

丁寧な感想をいつもありがとうございます。
嬉しいです。
この章は本編の最終章になります。
桃吉というフワフワとこれといって特徴のない男。
五黄に猫にされ、ノン吉に連れ回され。
いつも従でしかなかった。
そんな桃吉の一言から始まる旅。
見守ってやって下さい。

v-410

プロフィール

 のくにぴゆう

Author: のくにぴゆう
猫国の住民達の物語を書いています。
作者はコメを食べて生きてます。
コメくださ~~い!
ブログ内の小説、画像の無断転載、コピー、転用は禁止です。

もくじ
最新記事
リンク
当ブログはリンクフリーです。
最新コメント
いろいろ
今まで紹介をしなかったのですが、それも変だなと 三ニャンを宜しくお願いします。

母のみーです。 mi3.jpg

息子のちーです。 chiko1.jpg

娘のぽーです。 po1.jpg

揃い踏み mcp1.jpg

木登りおーちゃん Ochan.jpg

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ





検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
pictlayer
画像をクリックすると大きく、もう一度クリックすると閉じます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。