スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第九章 親子 三吉の長~い一日5


前回


三吉は案の定、撃沈する。店を追い出され仕方なく歩いていると、世の吉が五斗吉の店でおだを上げていた。
迷惑そうな五斗吉に呼び止められる。


はじまり、はじまり


「まあまあ、ここで親子喧嘩しないでさ~。でも、あっしは三吉みたいに頭のいい子は他では知らねえよぉ~」

「えへへ」

「ガキを煽(あお)ってどうすんのよ、阿呆くさッ」

「なんでよぉ~。だっておいら、お紺おばちゃんとお加奈を一緒に暮らせるようにしたんだよ。お紺おばちゃん泣いて喜んでたし、藤平おじちゃんや茂吉おじちゃんはすごく褒めてくれたんだもん」

これには世の吉も五斗吉も驚いた。


もっ、【茂吉】だってーーッ!?


お紺さんだってーッ!?


「あの【茂吉】様がいらっしゃってんのかよッ?」

「あのお紺さんがいるの?」


「これはどうもえらい事だよーッ!


ええーッ?どッ、どうしよう、、、どうしようッ!


二人共バラバラに違う事を言うので答えられない。

「もぉ~、どっちに返事をすればいいんだょー!」


「【茂吉】様に決まってるだろがッ!」


お紺さんに決まってるよ!」


三吉は急にニヤニヤする。とても子猫とは思えない風情。

「父ちゃん、【茂吉】おじちゃんの事は後にするよ。だけどさ、なんで五斗のおじちゃんがそんなにお紺おばちゃんの事を聞きたがるの?

変だよねぇ~、父ちゃんそう思わない?」

世の吉も気が付いて尻馬に乗る。そういう処はそっくりな親子である。

「違いねえ、不思議だよなあ~(チロッ)」

挿絵参照↓↓↓  絵をクリックすると大きくなります
barebaregottokichi.jpg

五斗吉、思わず言ってしまった言葉にどう反論していいかわからない。言葉に詰まっていると益々三吉の独り舞台である。

「そう言えば、、、『五斗吉さんはお元気?』なんて・・・」

「へッ?あっしの事を訊いてたのかい?何かあっしの事を言ってたのかい?
何てっ、何て言ってたんだいッ?

もの凄い勢いで乗り出してきて、三吉にしがみ付く。

「そう言ったらっていう例え話だょ~」

五斗吉、『ニ"ャーーッ!!』と叫んで外に飛び出して行った。

「おい、三吉!大人猫をからかうもんじゃねえよ。五斗の奴、可哀相によ~。あれあれ、あの勢いなら川まで走っちゃうね」

「へへ」

「ありゃ相当の熱だな~」

「そうだなぁ」

「なに生意気言ってんだよッ!」

ゴツン!

世の吉にごつんと頭に拳固(げんこ)をくらう。

「痛いよぉ~」

「いいんだよッ、全くどっからそんな知恵が出てくんだか!」

「ふぅーんだ!父ちゃんはおいらが学校行くの知ってる?」

「何だよそれ、知る訳ないだろが」

「おいら【恵み子】の学校に行くんだょ」

「何を勝手に決めてんだよッ!」

「だって、早いとこ勉強したいもの」

「あ、そぉーですかってんだよッ。そんなに行きたきゃどこにでも行きな!父ちゃんは五月蝿いのが居なくなりゃ、すっきりするわ」

「うそだね、本当じゃないょ」

「本当だよ!こまっしゃくれのガキの相手をしなくて済むんだから、有り難くって有り難くって涙が出るわ~」

「(ウ゛ッ).....父ちゃんの大馬鹿ちぃーーーん!

三吉は五黄屋敷の方へ駈けて行ってしまった。途中、川に突っ込んで濡れ猫姿の五斗吉とすれ違ったのだが、気が付かないで行ってしまう。

「あれ、三吉・・・何だろ、、、?泣いてたよ」

五斗吉がびしよ濡れで店に戻ると世の吉が煙草をふかしてる。

「三吉泣いてましたよー、又なんかしょうもない事を言ったんでしょ?」

「ふん!学校に行くって言いやがんのよッ」

「どこのですか?」

「【恵み子】様のよ」

え"ぇーーーッ!?やっぱりねえー!やっぱねーッ!『栴檀(せんだん)は双葉より芳(かんば)し』って云いますものねえー!」
                                    
「何だよ、その芳しってのは?」

「立派な猫に成るような子猫は、小さい時から違うってな事ですよ」

「はなからそう言いなよ!ちっとばかし俺より学があると思って、ひけらかすんじゃないよッ」

「皆、知ってますよ」

「(ぶーッ)とにかくだよ、俺とお陽の間に出来た子が【恵み子】だったらどうすんのよ?あり得ないよッ、全くもって阿呆話よッ!」

「だけど、あっしも三吉に物の見事に引っ掛かりましたよ。あれは並の知恵でねえですよ。あれが六つのガキの言う事ですかね?」

「確かになあ、、、お陽の奴、浮気したかね?」

「違いないね」

馬鹿たれ!何をとんでもねえ事言いやがるッ」

自分で言っておいて、五斗吉に猫パンチをする。

ニ"ャっ

「あいつは昔から俺にゾッコンなのよ」

「へいへい、そうですよね」

「そういや、お前も相当なお熱ですこと」

「へっ?誰にですよ」

「まーぁ、イヤだね~~五斗ちゃん!水臭いよ~」

「(?)・・・」

「お紺はいい女だものね~~」

「へい~」

「あの黒くて『綺麗なお耳』『つぶらな瞳』『すらりとしたお姿』」

「良くわかってますね~」

「当たり前よー。あんなにいい女、滅多に居ねえよ」

「そうですよねえ~。その上に気立ても良いんですから、もう堪(たま)んないですよね~~」

「へへ、白状してやんのー。どうにも嘘の付けない猫だね」

「(アニ゛ャ?)放っといて下さいよッ!」





毎日の1ポチがウルトラ励みになります。
\(^o^)/ 
★ぽちっとお願いしまーーす★

猫国ランキングバナー①


拍手とコメントをありがとうございます。
戴いたメッセージのお返事は拍手欄にしています。
(鍵コメは管理人は読めますが返事ができません)
どうか宜しくお願いします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは^^

はぁ~あ・・・・愚かな親だわ、世の吉・・・・・・v-13v-13
そりゃ~ね、自分の息子が「恵み子」だなんて考える親の方がよっぽど珍しいのかも知れないけど、もう少し子供の言う事を真剣に受け止めてあげれば良かったものを・・・・

藤平・茂吉の出番が濃厚・・・って事かな。
あの二人(匹)が出て来た時、世の吉とお陽はどうなるんだろう。
「次回を待て」ですかねi-229

やだ、五斗ちゃん。
そんな事だったの??v-398
こりゃぴゆう、五斗ちゃんにもそろそろ花道を準備してあげてぇなv-300
いつまでも、チョンガーは可哀想だよ~。

親って、有り得なくても子供には夢を見るもんなんだけど、世の吉は逆に低く見ちゃってますな。
出来る子である三吉に何時気が付くのかな?

・・・それより、五斗吉く~ん
顔、赤いよ~
どうしたの~
ふふふっいい恋話になればいいな~i-176
豪快にふられても面白いかもi-282

・・・五斗吉ゴメンi-229

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

おはようさん^^

 親なんだからもう少し考えてからもの言ってよ。

お陽との痴話喧嘩と一緒かよと突っ込んでみた。

 五斗吉ったら、そういうことだったのね。

恋愛にはめっぽう不器用そうだけど・・・がんばれ!

 雪はほとんど解けたので、通うには楽になったよ。i-179

おはよ

五斗吉って正直なんだね~
それにしても三吉、このまま学校へ行っちゃう?

おはようございます~~♪
ついに三吉君いっちゃいましたね。
でも世の吉本当だときづいてない!大丈夫かな・・・・
五斗ちゃんはそんなことだったのですね~~~
お紺さんとうまくいくといいな~~♪

こんにちはぁ~

五斗吉ったら見かけによらず純粋なんですね^^
苦労してきたお紺さんにも幸せになって欲しいな。
それにしても三吉の賢さには大人も敵いませんね。

世の吉に恵み子の話を聞いて貰うのは
賢い三吉にも難しかったようですねぇー
親子だから余計に難しいのでしょうねぇー

ぴゆうさん、今日も楽しいお話ありがとうございました。

三吉の純粋に子供の部分と、どうしても隠しきれない成熟した大人の部分が
同時に表現されていて、感心しちゃいます!

確かに、、世の吉でなくても、こんな子供を持った親は当惑しますよね。
それにしても、いつ気がつくんだろ~。その時が楽しみです。(≧m≦)

そして、五斗さんの恋は成就するんでしょうか?
三吉に見抜かれちゃうほど、分かり易いのもどうかと思いますが
応援したいです!^^

p.s.琥珀ちゃんの写真が来ました~。^^/

こんにちは^^
こんなにのびのびと子どもを育てた親・・みたいな感じもしなくもなく。^^;
それだけに親子ともに愛は深そうで、別れの時を思うと、いっそう悲しいです。

そして、まあ、五斗吉!!そうだったのね。^^
どうなるのかな。楽しみにしてます~~~。(≧ω≦)ノノ

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

蘭、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

ププ、蘭が怒ってる。
世のも形なしじゃ。

だねぇ。
だけどまだまだなのねぇ~~
引っぱるぅーー
v-441v-441

チョンガーなんて古い言葉を良く知っているね。
五斗にも桜咲くといいよね。
v-410

レオ、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

そこが世の吉なんだろう。
きっと認めた後が怖いのかもね。

五斗も真剣なようで・・・
本当に恋話になればいいねぇ~~
愚痴とマーキングばかりじゃ、
かわいそうかな。
v-389

どーちん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

おおーー久しぶりな気がする。
雪も溶けて来たの。
良かったねぇ~~
何よりだぁ。
これからは暖かくなっていくね。

どーちんが怒ってる。
ププ
認めたくないんだと思う。
複雑な親心かな。

そういうことなのね。
一途な五斗。
見守ってあげてな。
v-410

かぶちゃん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

三吉のことはまだまだこれからだに。

五斗吉は恋愛慣れしてないの。
菰傘の男猫の中じゃ、
チョーー珍しい純情猫なのね。
v-410

りんだちゃん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

言っちゃいました。
世のは困ったものだよね。
だけど三吉の気持ちを
本当にわかっているのも世のなのかもね。

男五斗に春は来るのか?
むふぅ~~
ヒッパレーーー
v-441v-441

あこがれや妻さん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

春よ来い来いだよねぇ~~
五斗もいい加減独りは飽きてるらしい。

五斗
「らしいじゃなくて!飽きているんです!!何度訴えたらわかるんです!!」

ドテラ
「・・・用事があった。またねぇ~~」

五斗
「また逃げた」

三吉もお手上げだよね。
さすが三吉の親と言っとくか。
ニャハハハ
v-410

こちらこそ、いつもありがとうニャン

ルビィさん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

v-10琥珀ちゃんの写真が!
さっそく見に行きますでーーす。

恵み子になったので、何度も転生した魂の知恵が我がものになっています。
益々、普通の大人猫は敵いませんね。

五斗の気持ちが通じるといいですよねぇ~~
どうなるのかニャ。
放っときましょ。
v-410

マダム猫柳さん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

親達自体がノビノビしてますよねぇ~~
子供の前でも照れもなく、仲がいいとこを見せたり、
痴話喧嘩したり。
自然体なのでしょうね。

はい、そうだったのですねぇ~~
ププ
男やもめ五斗、いい加減飽きてるんですって。
あらまぁ、お気の毒だこと。
ニャハハハ
v-283

う~ん 新たな恋物語が・・・
五斗吉さん頑張ってよ。

三吉、なんか可哀想になってきた。
親はなぜわかってあげないんだろう。
それともわかりたくないの?

まりんママさん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

五斗にもピンクの話題が少しはないとね。
春も近づいて来る頃だし。
ニャハハハ
v-283

むふぅv-398
するどいニャ~~
それもあると思うなぁ~~

知らぬフリする親心
v-410

きれいなお耳、つぶら・・・がこの世界での美人さんなのね
五斗吉さん、メロメロですね。

三吉も気になりますが、こっちもどうなるのか・・・

kyoroさん、いらっしゃーい!

おはよーv-411

五斗吉、けっこう長い間思い続けています。
純情猫なのね。
顔に似あわず。
ププ

三吉のことはこれからです。
まだまだじっくりとお付き合い下さいな。
v-410

五斗吉さん、三吉さんにからかわれて川に突っ込んでしまうとは、可愛げ
がありますね。^^
お紺さんと仲良くなれるように応援したくなりました。

三吉さんが恵み子だということは、世の吉さんにはどうしても信じられない
ことのようですね。

五斗吉さんの方が冷静に三吉さんのことを見ているのが面白いと思いま
した。

本当のことを知ったら、世の吉さんはショックを受けそうで心配です。

こんにちは^^

父ちゃん・・・話聞いてあげて^^;
でもここまで完全否定するのは、そうであってほしくないからこそ
信じないようにしているのでしょうか。
そう考えると、かわいそうですね・・・。

五斗吉さん、そうだったのですか。
うまくいくといいですねe-266
楽しみにしています♪

この親からどうしてこの子が生まれた?!
みたいな優秀な子がたまにいるけど
それは学業の面にとどまってしまうことが多い。
品格となるとやっぱり 親に教えられないことは
身につかないような気がするなぁ。

ここで世の吉夫婦が辛い気持を抑えて
三吉を預けることが出来たら
猫国すべての益になるほどの大物が育つんだけど。

まだ三吉の言葉を信じてないくらいだから
道は遠いかな(~_~;)



悲喜劇というやつですね……。

別れの瞬間、世の吉はどんな取り乱し方をするんでしょう……。

ポチいたしました。

リュリュママさん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

まったく、子供にいいようにカラカワレて・・・しょうもないですよね。
v-403
五斗はツッコミ担当なんですよ。
自分の事はダメだけど世の吉にはするどいのでござるよ。
ププ

世の吉は違う風に捉えているのかもしれません。
ホラ蕗が生えていると云うくらいですから。
あれあれですよ。
v-391

Ken&Naoさん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

鋭いニャン。
複雑な世の吉心もあるのかもしれない。
肯定をする心と否定をする心。
そこまでも考えてないかもしれないし。
わかんニャーーーイ。
v-404

五斗に春は来るのだろうか?
独り身も飽きたらしいし・・・

五斗v-283
だから飽きてるって何度言ったらわかるんです!

「・・・・」

園長さん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

三吉が
「鳶が鷹を生んだって有名なんだよ」
まさにそれ状態ですね。
困ったものです。
でも、世の吉夫婦は選ばれたのです。
ここまでアホならば選ばれないと思うけど・・・
ムフぅ~~
ニャンだろ?
例外か・・・
あれあれv-403

道遠し。

ポール、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

お帰りーー楽しかったかな。

そうね。
まだまだイロイロあるのよね。
これからだね。
ヒッパルーー
v-441v-441

あらら・・五斗吉さん、そういうことだったのねぇ~^^
まぁ、可愛い~~!
三吉ったら、大人を誘導尋問するなんて、
やっぱり、ただの子供じゃないのよね~。
気づかないこの親もあきれちゃうけど・・・。

このあと、どうなるの?
ぴゆうさん!
教えて~(+o+)・・気になる・・・。

きらたるさん、いらっしゃーい!

おはよーv-411

五斗吉も素直と云うか、わかり易いと云うか。
嘘がつけない奴ということで・・・
ププ
この親子には敵いませんねぇ~~

ありがとうございます。
そう云うお言葉はチョー励みになります。
がんばるです。
v-410

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

そっか~~、五斗吉はお紺さんを・・・。
うんうん、色っぽいですからねぇ。わかります。薄幸な感じがまた・・・。
お紺さんはどうだろうなあ。
いい感じなんだけど、ふたり。

それにしても世の吉ww。
ほんとうに三吉のお父さん?
お陽さん、浮気・・・するわけないですね^^

子供は意外とデリケート。
世の吉も、もっと言葉を選んであげないといけませんねえ。
いつかは三吉に愛情は伝わると思いますが。

まあ、親って、「何言っても、愛情があるから大丈夫」って心の底で思って喋るもんなのかも・・・。
子供も、大変ですよね(^.^;)

limeさん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-410

五斗の恋が成就するといいよね。
長過ぎるチョンガー生活・・・
半分腐っている気がする。
ニャハハハ

どうかな。
例え注意をしたとしても、
世の吉は平気のへの座だと思う。

「ガキに気を使って世の吉様をやってられっかっての」

言いそうでしょ。
お手上げでござるよ。
v-403

 こんにちは。
認めたくないよね 自分の子供が 特別とは
別れって 出て行くものより 残るものの方が 辛いし…
薄々 解ってはいたが はっきりと言葉にはしたくない。
此処で お陽さんだ あの人として賢い お陽さんが 支えてくれる。
しかし 一番辛いのは お陽さんなのだろうな。 
プロフィール

 のくにぴゆう

Author: のくにぴゆう
猫国の住民達の物語を書いています。
作者はコメを食べて生きてます。
コメくださ~~い!
ブログ内の小説、画像の無断転載、コピー、転用は禁止です。

もくじ
最新記事
リンク
当ブログはリンクフリーです。
最新コメント
いろいろ
今まで紹介をしなかったのですが、それも変だなと 三ニャンを宜しくお願いします。

母のみーです。 mi3.jpg

息子のちーです。 chiko1.jpg

娘のぽーです。 po1.jpg

揃い踏み mcp1.jpg

木登りおーちゃん Ochan.jpg

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ





検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
pictlayer
画像をクリックすると大きく、もう一度クリックすると閉じます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。