スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第九章 親子 三吉の長~い一日4

前回

三吉の魂の執念にも似た願いを聞き入れる茂吉。晴れて恵み子になった三吉は二人の心配もよそに親を説得すると勇んで家路につく。


はじまり、はじまり



三吉は藤平屋敷内の子供部屋に寄ることも無く、そのまま雨の中を真っ直ぐ家に帰った。雨だったので世の吉はふらふら出歩くこともなく家に居た。

お陽は髭結(ひげゆ)いを生業(なりわい)としている。この世界の者は自分の体毛の柄を気にする。体毛を染めたり、髭にコテをあてたり、おしゃれをするのが大好きである。

お陽は腕がいいので商売は繁盛している。そんな世の吉は髪結いならず髭結いの亭主なのである。[お陽の髭結い床]と大きな看板が出てる。珍しく客も居ない、閑古鳥(かんこどり)が啼(な)いている。


父ちゃーん、母ちゃーん、ただいまぁ~!


こら三吉!店から入るんじゃないって何度言ったらわかるんだよ。裏から周りなね」

「いいじゃんかよぉ~、客なんか猫の子一匹、居やしないじゃないかぁぁ」

「もう!口ばっかり達者で困るよ~、どこかの誰かにそっくりだよ!」

挿絵参照↓↓↓  絵をクリックすると大きくなります
higeyuidoko.jpg

ごろり煙管(きせる)をふかしながら横になっていた世の吉がすかさず文句を言う。

「誰かって誰よ?まさか、この世の吉様の事じゃねえだろうなッ」

「あんた以外にここに誰か居ますか?ってんだよ~っ、このうすらトンカチ!


このアマぁーッ!勘弁ならねえッ!!


「何さっ!朝っぱらから、ずーっとゴロゴロしくさって、どうしてこうも働かないのかねぇっ。ちったぁ~やる気になったって三日と続かないし。どうしようもないダレ猫だよっ!」


ニャんだとーッ、ダレ猫だとぉーーッ!?


「父ちゃん、母ちゃん!いい加減にしてよっ!おいらは話をしたくて、、、」

「あっ!そういや、お種はよ?」

「お屋敷にいるよ」

「なんでお種を連れて帰って来ないのよ」

「島吉も小吉もいないじゃんかよ。てめえが一番の年嵩(としかさ)なんだから、ちゃんと連れて帰って来いってんだよ!全く責任感もないのかね」

「お前にそっくりだよ」

ニャんだとーぉ!?お陽ッ!もう一辺言ってみろ!」

「あーぁ、何度でも言ってやるよっ!責任感がないのはお前んとこの紛れもない血筋だよ!」

「あのさぁ~、そんなのどっちのも混ざってんだからどうでもいいじゃんよぉぉ~、それよりもおいらの話を聞いておくれよ~ぉ」

「ニャぁニャぁ五月蝿いガキだねえ。じゃ、聞いてやるからさっさと言いなよ」

「うん。おいらやっぱり【恵み子】だったんだって!」

「また始まったよ~」

世の吉とお陽はうんざりした顔をする。

「てめえの躾(しつけ)が悪いから、こんな阿呆みたいなことを自慢げに言うガキに育つだよッ!」

「何であたいなのさ?あたいよりお前の『ふらふら』の『ぶぅーら・ぶぅーら』がいけないんだよっ!

「なんだあぁ?その『ふらら・うららー』ってのは?」

「そうじゃないよ、『ふらふら』してて『ぶらぶら』してる事だよっ!」

店先でいつものように大声で口喧嘩。客が来ているのにも気がつかない。


いい加減に終わんないのかねえ~


業を煮やした近所の梅吉爺さん、大きな声で割って入る。

「あらやだよぉ~、梅吉おじさん、来てるんならそう言っておくれよ」

「さっきから、言ってるよ。お前達の夫婦喧嘩は菰傘の名物だよ」

「すんません」

世の吉コソコソ出掛けてく。

「ちょいとあんた!晩飯までには帰ってくんだよーぉ」

お陽は菰傘で育って母親の仕事を継いでいる。チャキチャキの菰傘っ子である。

「本当にお前の父ちゃんもそうだったけど、いつの間にか世の吉も髭結いの亭主だよ」

「本当にねぇ~。母ちゃんの苦労をあたいまでするなんて思わなかったよ」

「ねぇ、母ちゃーん」

「なんだい、まだ居たのかい?早いとこお種達を連れておいでな」

「だからぁ~、おいらの話がさぁ、、、」

「五月蝿いねぇー、お客様なんだよ。しっし!あっちに行きなっ」

三吉はプンプンして店から飛び出る。いつの間にか雨はあがっていた。ふらふらと五黄屋敷に向かう途中、五斗吉の店の前を通りかかる。

中を覗(のぞ)くと案の定、世の吉が五斗吉にしょうもない愚痴を零(こぼ)してる。いい迷惑なのが五斗吉である。

あれ以来、世の吉は五斗吉をたいそう気に入ったらしく三日にあげずに遊びに来ては愚痴を零して帰って行く。

「父ちゃんだ!」

「お、三吉か?お前の父ちゃん、連れて帰っておくれよ」

「うん。仕様がないなぁ~、父ちゃん!五斗のおじちゃんの迷惑でしょう」

「何を生意気言ってんだよ!もう【恵み子】のつもりでやんの!」

「だって本当なんだもん」

「へッ?そうなの!?そりゃ三吉はすごいねえーー!」

「えへへ。でもそうばかりは言ってらんないの」

「五斗!こいつに騙(だま)されんなよッ。ガキのくせしてよ、知恵だけはまわりやがるからよッ」

「まわんない父ちゃんよりましだよ」


何をぉーーッ!






毎日の1ポチがウルトラ励みになります。
\(^o^)/ 
★ぽちっとお願いしまーーす★

猫国ランキングバナー①


拍手とコメントをありがとうございます。
戴いたメッセージのお返事は拍手欄にしています。
(鍵コメは管理人は読めますが返事ができません)
どうか宜しくお願いします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんはー

最近伸び放題で季節はずれの
サンタみたいになっているから
お陽に髭結いやってもらいたーい。

猫国でも髪結いの亭主は人国と同じなんだ。

ぴゆうさん落語も書けそうだね!

fuseさん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

ププ
いつでも大歓迎してくれるよ。
髭は黙っているとクルクルにされるから、
気をつけてねv-392

だよねぇ~~
世の吉は髭結いの亭主で有名でござるよ~~

猫国落語みたいなのは菰傘便りがそうかも。
v-405
まじぃ~~まじざんす。

こんばんは^^

ほぼ会話文だったねv-290

こりゃ、三吉のこれからの苦労が窺われるなぁ・・・・・・・・
今回は「さわり」の部分みたいっぽくて、どこに観点を置けば良いのか掴めなかったe-330

ただ、この一連の会話で、三吉が決して「簡単に説得」出来ないって事がよ~くわかったよ(笑)。
お陽はもっとしっかり者のイメージだったけど、肝心な時に子供の言葉に耳を傾けられないのか・・・と、悲しくなっちゃったよv-409v-409

まぁ・・・これからこれからv-398

蘭、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

そうなのね。
一筋縄でいく両親ではないと言うことなのね。

子供の話を真剣に聞く。
これは意外に難しい。
まして恵み子だと三吉は年中言っているから。
日常の些細な出来事で終わりがちだね。
これからなのね。
ムフフ
v-391


おはよ

三吉、両親の説得が一番難しいみたいだね!
この先が思いやられるって(笑)

この平穏が……。

この家族から去ってしまうんですね……。

淋しくなることも知らずにこの夫婦は……。

運命ってある意味残酷ですね……。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

おはようございます

さすがの三吉も お陽と世の吉が相手だと
話をする間もないですねぇー

「髪結いならず髭結いの亭主」って
世の男性の憧れではないでしょうか~
私はそんな人嫌いですが(笑)

これから、三吉がどうやって二人を説得するのか楽しみです。
ぴゆうさん、今日も楽しいお話をありがとうございました。

こんにちは^^
いいですね、この憎めない夫婦。^^;
子どもの苦労が忍ばれます・・。なんてね、これからが、この夫婦の正念場というところかしら・・・。
三吉のこと、心の中で頼りにしてると思うもの・・。
そして、そして、今日のイラスト!!いやあ、雑誌が「猫の友」って。^^
こういう細かい芸!!
ぴゆうさん!!大好きよ~~~!!♡

猫国でも、いろんな毛の子がいるんですね。私は、超くせっ毛で、湿気が多いと憂鬱になります。三吉いつ、ちゃんと話ができるかなぁ。とうちゃん飲んだくれてる場合じゃないよ~。

かぶちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

だよね。
本当に、スゴい難関。
三吉が説得なんて無理だと思う。
v-410

ポール、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

その通りだよね。
日常の何気ない会話。
これほど大切なものもないのよね。

二人には確かにそうかもしれません。
v-390

あこがれや妻さん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

多分無理だと思います。
ププ

世の吉はまさに王道でしょうか。
自覚があるのかないのか?
まったくわかりません。

旦那様と比べちゃダメダメ
ニャハハハ
v-410

マダム猫柳さん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

この夫婦は年中です。
それなのに別れもしない。
ナンダカンダ言っても仲良しなんです。
アホ臭いです。

その通りなんですよ。
でき過ぎた我が子と自慢でもあったりします。

気がついてくれましたか。
けっこう描き込みました。
しょうもないことに頑張ってしまう。
けけ
v-391

むらななさん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

皆、オサレが大好き。
色とりどりに染めています。
髭はすぐ伸びるし、その時だけみたいなんですけど、
おデートやハレの日には皆クルクルしています。
v-410

世の吉はねぇ~~
どうもねぇ~~
v-403

おー
あー言えばこー言う犬も食わない夫婦喧嘩
二人は仲いいのねi-235

そんな二人を三吉は説得できるのか?
この後の展開が楽しみです。


・・・でも、猫の髭結いってどうすんだろうと、いらん事を思ったり?
スマンです
愚問でしたi-282

レオ、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

けけ
髭結い。
あーしてこーして・・・そんなとこです。
v-389

痴話喧嘩だよね。
仲がいいことだけは確か。
愛が溢れている家庭で三吉は育ちました。
v-410

ふふふ・・・、
三吉の話はなかなか聞いてもらえないの。
何時になったら、本気で聞いて貰えるんだろう?
実際、我が子がこんな話を持って帰って来ても
多分、私も一緒かな?
小さな子の話は本気で聞いた事がない・・。
小さな子供でも、ちゃんと聞いてあげなくちゃいけない、
と、ちょっと反省!
一番はじめに本気で三吉の話を聞いてくれるのって、
誰だろう?^_^;

テンポのいいセリフ運びに見とれちゃった。
でも三吉 やっぱりすぐには話聞いてもらえなかったね。
しかたないよ、きっといつもの事だ(笑)
これで引きさがるようじゃ あの夫婦の子供はやってられないもん、
どうにかして話を聞いてもらわなくちゃね。

 




三吉さんが、本当に恵み子だとは、お陽さんも世の吉さんも
気付いていないのですね。

身近過ぎて見えないことも多いのでしょうね・・・。

三吉さんは、この楽しそうな家族から離れて、目標に向かって
頑張るのだと思うと感慨深いものがあります。

きらたるさん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

本気に聞かないのもいつも。
世の吉とお陽の痴話喧嘩も毎度。

それがこの家族の楽しさでもあり、仲の良さだと思います。

多分、無理だと思う。
三吉の話を聞かないのは、お加奈の親探しの時もそうでした。
ある意味、世の吉も筋金入りかも。
ありゃまあでござるよ。
v-403

園長さん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

ププ
だよねぇ。
この夫婦の言いたい放題の痴話喧嘩は日常茶飯事。
さすが三吉の親というか、
ある意味、筋金入りかも。

多分、無理だと思う。
聞く耳がないもの。
まったく・・・
あれあれ
v-403

リュリュママさん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

まったく気づいていません。
何せホラ蕗が生えてるなんて言うくらいです。
スゴい親ですよねぇ。
自分達の子供がそんな立派なわけがないと云う
妙な自信があります。
ププ
v-389

ですねぇ。
辛いところです。
v-390

三吉も苦労してるのね。

鳶が高を産むってこういうこと?

でもこの夫婦、吉本にでも入ったら売れるんじゃないかしらね。
猫国にはそういうのないの?

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

まりんママさん、いらっしゃーい!

おはよーv-411

三吉は自分でも言っているくらいだから・・・
親は形なしだよね。
ププ

猫国の女房達は、ほぼ長屋のカミサン状態です。
まれに上品なのも居ますが、稀です。

猫宿に寄席があります。
猫生が一番人気の落語家です。
v-410

こんにちは

説得が出来るまで、まだまだ先は長そうですね

って、まずは信じてもらえるのか?三吉、がんばれ!

アハハハハ、、、何気ない日常の夫婦の会話にも村での
人々の暮らしぶりが想像できて、まるで、落語の世界ですよね!=^ェ^=

いや~~、それにしてもこの夫婦、自分達の子供が本当に
恵み子だと知ったら、腰を抜かすんでしょうね♪今から楽しみ♪(^^ゞ

ほんと、、、挿絵が細かいところに拘ってて凄い!
働き者のおかみさんと、ぐ~たら亭主、、、でも、二人いつも一緒で仲がいい。
表情にも出てますね~!(=^^=)

それにしても、髭結でオシャレをするなんて、、、江戸の文化みたいで面白い♪(≧m≦)

kyoroさん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

できるのかなぁ~~
多分無理と思われまする。
だって三吉の親ですもん。
へ理屈も年季が入っている。
ププ。
v-410

ルビィさん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

猫国のオカミサンは大概あんな感じです。
知っとけの案内猫のけぇい吉とお染め夫婦も似たり寄ったり。

間違いなく腰が抜けますね。
ププ

江戸文化バリバリ大好きでございますもの。
髪結いの亭主=怠け者=髭結いの亭主
v-405なんと!
同じでした。
ニャハハハ
v-283

もうじき・・・

ぴゆうさん、こんにちは!!

三吉の話しっていうか告白を聞かずに次回になりましたね~
息子の話を聞いてるとき、聞き終わったときの親達のリアクションがどんなものか・・・
とっても気になります!!

「涙の展開」なんてありますか?
ドキドキ・・・・・

ぴゆうさんのお話は、『地に足のついたファンタジー』という感じで、親近感が持てるんです。
私のように活字離れの激しい者にも読みやすい、とても素敵なお話ですv-398

続きが待ち遠しい~~~

ローガン渡久地さん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

多分、説得はできないと思われます。
何せ、親達に聞く耳がありません。
キッパリ
v-391
三吉も苦労です。

これからですね。

きゃーーーv-402
そんな照れまくりです、お恥ずかしい。
ローガンさんの温かいお言葉に恥じぬよう、精進いたします。
ありがとうございます。
v-435

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんばんわ~~♪
これは三吉さん説得するのはなかなか難関ですね。
話聞くどころかすぐ他の話にそれちゃうし・・・・なんか笑っちゃいます。
もし本当に恵み子でもう会えないと分かった時の両親が心配です。

りんだちゃん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

その通りだよねぇ~~
毎度の事だからと諦めるわけにもいかない。
三吉も悩むよねぇ~~
v-391

これからになります。
二人が何も知らないだけに辛いです。
v-390

こんばんはー☆

父ちゃん母ちゃん、子どもの話聞いてあげて!!
って思っちゃいました(^ ^;)。
でもこういう夫婦ってどこにでもいますよね(笑)。
三吉くん、説得に相当時間がかかるのでわ。。。

そんな中、梅吉おじいさんの少しの登場がいい味出してますねvvv
ほわんとします(*^ ^*)。

こんばんは^^

やっと流れに追いつきました。
色々な展開があって、わくわくしながら読み進めているうちに
最新話になってしまいました。
特にお蜜の話は目頭が熱くなってしまいました。
大円団で終わって、本当に良かったです。

そして今回の三吉くん、苦労していますねe-263
両親でお互いに責任を擦り付け合いしているのが、
見ていて心が痛みます^^;
でも、実際に本当に恵み子だと知ったときの両親を考えると
受け入れられるのかな・・・と心苦しいです。

ゆささん、いらっしゃーい!

おはよーv-411

ですねぇ~~
どこにでもある家庭のワンシーンかもしれません。
どちらも口が達者と云うオマケ付き。
三吉は紛れもなく二人の子ですね。
v-391

梅吉もたまにはまともなシーンに出さないと・・・
イメージが悪くなるって怒るんですよ。
あんな句ばかり発表してる癖して、
言うことだけは生意気な爺猫です。
v-403

Ken&Naoさん、いらっしゃーい!

おはよーv-411

ありゃーお疲れさまでした。
v-410
ありがとうございます。

あれからお蜜も頑張っているようです。
お風とお蜜、二人揃った狐国はこれから万々歳だと思います。

Ken&Naoさんは優しいのね。
あれは日常茶飯事。
何にもないのは具合が悪い時くらいなもの。
三吉もある意味、慣れっこです。
産まれた時からですものね。

すべてはこれからですね。
v-398

この世界にとって毛を整えるのは、服を整えるのと同じなんでしょうね。
重要な文化の一つですね。
それを考えると、多少は客が来てもいいんでしょうけど・・・・・
なかなか大変なんでしょうね。
どうも、LandMです。
ようやく次回作の目途が立ちました。予定通り2月からです。またよろしくお願いします。

すいません。2月ではなくて、3月でしたね。
スイマセンでした。
しかし、定期的に絵と小説が続くのは素晴らしいですね。
私も休養期間を作っていますからね。本当にすごいことだと思います。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

LandM(才条 蓮)さん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

普段は繁盛しているんですよ。
たまにこんな日もあるのかな。
ププ

休養期間。
作りたいけど、それをすると終わらない。
未だに本編も終わらず・・・
先が長いでござるもの
v-14

三月からですか。
頑張って下さいね。
応援しています。
v-410

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

むお~~、ダメダメ父ちゃんと母ちゃんですね・笑
でも、ありそう~~。こんな親子。
子供の話って、忙しい時って煩わしかったりするんですよねえ・・・汗
まさか三吉の話が本当だとは思わないですもん、仕方ないです。
三吉は強い子ですね。何の迷いも無い。若いって・・・若いって・・・いいなああ~~。

でも、ちゃんと真実を知った二人が何って言うか・・・・。ショックでしょうね(T^T)

イラストの中の「猫の友」、じ~っと見入ってしまいました!
芸が細かい^^

limeさん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

ですよねぇ。
それが普通だものね。
この一家の日常に触れてもらいたかったので。
へへ

おおーー流石でござる。
お気がつかれましたか!
猫国のゴシップ誌です。
v-391

妙な所にやたらと時間をかける・・・
アホな奴です。
プロフィール

 のくにぴゆう

Author: のくにぴゆう
猫国の住民達の物語を書いています。
作者はコメを食べて生きてます。
コメくださ~~い!
ブログ内の小説、画像の無断転載、コピー、転用は禁止です。

もくじ
最新記事
リンク
当ブログはリンクフリーです。
最新コメント
いろいろ
今まで紹介をしなかったのですが、それも変だなと 三ニャンを宜しくお願いします。

母のみーです。 mi3.jpg

息子のちーです。 chiko1.jpg

娘のぽーです。 po1.jpg

揃い踏み mcp1.jpg

木登りおーちゃん Ochan.jpg

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ





検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
pictlayer
画像をクリックすると大きく、もう一度クリックすると閉じます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。